大宮「風俗店ビル」火災、ゴミ置き場で出火か ビルは2階と3階の南側が激しく燃えていた

2017年12月18日

2017-12-20_115553

17日、埼玉県の大宮駅近くの風俗店が入るビルで4人が死亡するなど12人が死傷した火事で、火元が、2階のゴミ置き場付近の可能性があることがわかった。

警察によると、17日午後2時頃、さいたま市大宮区の風俗店が入る3階建てのビルから火が出てビルが全焼した。この火事で、風俗店の従業員の女性2人と客とみられる男性1人、性別不明の1人の計4人が死亡。女性1人が意識不明の重体となっているほか、7人が軽いケガをした。

自治医大さいたま医療センター・守谷俊救急部長「6名受け入れを行いました。かなり、すすがついておりました。1名の方はかなり損傷が激しい状態でした」

ビルは2階と3階の南側が激しく燃えていたということだが、捜査関係者への取材で、2階南側の階段付近には、ゴミやたばこの吸い殻を捨てておく場所があり、焼け方から、そこが火元の可能性があることがわかった。

警察と消防は18日朝から現場検証を行い、詳しく調べていて、可燃性のゴミやたばこの不始末が出火原因の可能性もあるとみて捜査している。

参照元 : 日テレNEWS24



2017-12-20_115613

2017-12-20_115622

2017-12-20_115643

2017-12-20_115700

2017-12-20_115715

2017-12-20_115735

2017-12-20_115747

2017-12-20_115757

2017-12-20_115811

2017-12-20_115855


大宮の風俗店火災、男女3人の死因は一酸化炭素中毒だった

2017年12月19日 11時05分

「建物が古く、部屋や階段は周囲の風俗店に比べて狭かった」 これまでに判明したことは?

さいたま市大宮区の風俗店で12月17日に火災が発生し、男女4人が死亡した。FNNニュースによると、その後の調べで、死亡した4人のうち、性別がわからなかった1人の遺体が男性と判明したほか、2階の南階段付近が火元とみられることや、男女3人の死因が一酸化炭素中毒だったこともわかった。

サンスポによるとさいたま市消防局は18日、市内の同様の風俗店17店舗への特別査察に着手。避難経路や消防設備の管理状況などを確認した。

12月19日午前11時現在、各社の報道で判明したことをまとめた。

▼火災のあった風俗店を現場検証する警察と消防=18日、さいたま市大宮区

2017-12-20_120403

■発生場所は歓楽街「大宮北銀座」

火災が発生したのは、JR大宮駅東口から北へ徒歩5分ほど離れた「大宮北銀座」と呼ばれる歓楽街だった。周辺には風俗店が約20店舗ある。

飲食店、雑居ビル、民家などが密集しており、車が1台やっと通れる程度の狭い道が多い。

■「ドーン」という大きな爆発音

▼火災が発生した風俗店の入るビル(奥)=17日午後、さいたま市大宮区 ※一部、画像処理(車のナンバープレートと店の電話番号にモザイク)をしています

2017-12-20_120503

12月17日午後2時ごろ、同店から「煙が充満していて逃げられない」と複数の119番通報があった。消防車など延べ38台、約160人が出動して消火に当たり、約7時間後の午後9時5分ごろに鎮火した。

火災が発生した風俗店は鉄筋コンクリート3階建てビルに入居しており、全て同店が占めていた。1階と2階に個室が5部屋ずつ、3階に客の待合室と女性従業員の待機室があった。3階建て延べ約170平方メートルが全焼したという。

日刊スポーツは、出火当時の状況を以下のように生々しく報じた。

「ドーン」という大きな爆発音が周囲に響いた。黒い煙も強い風にあおられて広がる。すすで顔が真っ黒になった人たちが次々と救急車で搬送されていった。髪の毛が焦げてちりちりになった男性や、毛布にくるまった男女が慌てて外に飛び出し、道路に座り込んでいた。

この火災では、20代とみられる女性2人と40代とみられる男性が死亡。搬送された人たちとは別に、3階から性別不明の遺体が見つかった(後に男性と判明)。他に女性1人が重体、男女7人が軽傷だ。

■出火場所はゴミ置き場か?

2017-12-20_120731

火災現場のビルと隣接する駐車場に置かれた花束や飲み物=18日、さいたま市大宮区

毎日新聞は18日、捜査関係者への取材結果として、ビル2階南側のゴミ置き場が出火場所とみられると報じた。

ゴミ置き場にたばこの吸い殻などを置いていたという情報もあり、埼玉県警は可燃性のゴミやたばこの不始末が出火原因の可能性があるとみて調べている。

また、同店は2016年6月にさいたま市消防局から指導を受けていた。朝日新聞デジタルによると、消防局がこの店に定期査察をした際に、1階南側にあった出入り口の外に物が置かれていたため、消防法に基づいて処分するよう指導した。店側はその場で改善していたという。

日刊スポーツは「建物が古く、部屋や階段は周囲の風俗店に比べて狭かった」という同店の利用者の言葉を紹介している。

参照元 : huffingtonpost


【埼玉大宮ビル火災】 死亡した3人の身元判明 店舗の従業員29歳と25歳の女性2名、会社員の男性(42歳)

2017年12月19日 18時13分

17日、さいたま市のビルが全焼し4人が死亡した火事で、このうち3人は、店舗の従業員の女性2人と、会社員の男性とわかりました。警察は、残る男性1人の身元の確認を進めるとともに、建物の2階にあるごみ置き場が火元とみて、出火原因を詳しく調べています。

17日、さいたま市大宮区にある3階建てのビルが全焼し、男女4人が死亡したほか、女性1人が意識不明の重体になり、男女7人がけがをしました。警察が死亡した4人について確認を進めたところ、このうち3人の身元がわかりました。

警察によりますと、死亡したのは、このビルに入っている店舗の従業員で、埼玉県志木市の後〇舞さん(29)と、東京・豊島区の日〇祐希さん(25)、それに、さいたま市西区の会社員小〇昭裕さん(42)だということです。

警察と消防のこれまでの調べで、焼け方から建物の2階にあるごみ置き場が火元とみられ、警察は、残る男性1人の身元の確認を進めるとともに、出火原因や火が燃え広がった状況などを詳しく調べています。

参照元 : NHKニュース

●KWAII大宮・死亡したソープ嬢か?


ソープランド火災、再発防止に向けて業界と地域にできることはなにか?

2017/12/20(水) 8:00

2017-12-20_122655

犠牲になられた方の御冥福をお祈りします。その上で事件から学べることは何だろう?という思いで筆を取りました。

■きちんと事件から学ぶ

今回は関東有数のソープ街(通称:北銀)に店舗を構えるソープランドでの火事であったことに加え、犠牲者が多数出てしまった為社会の関心が高まっていますが、いつもこの記事でお伝えてしてる通り、風俗的な何かが絡むことで注目が瞬間的に高まる現象(所謂、ピンクの火薬現象)がこの事件に対しても発生しています。その結果、事件から学べる点が見えにくくなってしまうことが懸念されるため要点をまとめていきたいと思います。

■国内の火事、最大の原因は
下記の資料を参考にしながら事件を考えます。

【火災の概要】

※消防庁のサイトより

資料を見る限り国内の火事最大の原因は『放火』と『たばこ』です。平成28年時点で各原因で約3500件ずつ、全火災件数に対する上記2つの原因の割合は、約20%を占めています。前述の記事を見る限り、今回の火元はボイラーなどがある箇所ではなくゴミやタバコの吸い殻を捨てておく箇所からの出火と見られているため、最終的な調査結果が出るまでは断定はできませんが、放火またはタバコが原因と推測されます。

放火やタバコが原因だったとしたらソープランド特有の火元とはいえず、今回は性風俗業界特有の体質や環境が原因となった火事だとは言えません。所謂一般的な火事の原因が今回はソープランドという場所で発生した状況だったと言えます。決してソープランドが入っている建物がそのまま火事発生の確率が高い建物ということにはなりません。

■ソープランドと火事の関係
少し複雑な話なのですが、日本国内において性風俗産業はキャバクラやホストクラブの様に国や自治体から『許可』を受け営業をしているのではなく、あくまで『届出』による営業を行っています。簡単に言うと

「国として認めて(=許可)いないが、状況を把握する必要があるので営業するなら届出を」

という理屈です。風営法の不思議な面については一冊本が書けるくらい深いので触り程度の共有とさせていただきましたが、こうした状況から『性風俗に関する公的なレポートは存在しにくい』のが現実です。当然、性風俗店での火災件数も消防の資料に記載がないのですが、興味深いことに『火災種別・建物用途別における死者の発生人数別火災件数』においては『性風俗施設』の項目が確認できます。

データを参考にすると今回同様、性風俗店内の火事が発生し死亡事故に至ったのは9年ぶり。平成20年から継続している施設型性風俗店は約8100件(警察白書 参照)なので約10年火事による死亡事故を性風俗業界は起こしてこなかったといえます。もちろん小火(ぼや)の件数は不明ではありますが、性風俗店の火事で死者が出る事件はかなり珍しいことだったのです。

■法律より厳しい店内ルール
ソープだから性風俗だから火事が起こりやすい状況だったのではないか?と思われた方もいたかもしれませんが、前述の通りソープランドでの火事による死亡事故は約10年間発生していませんでした。ではその理由は何だったのでしょうか?

▼ソープランド内廊下

2017-12-20_122800

性風俗の運営者の方々にヒアリングをしている立場である私の仮説ですが、性風俗産業の中でも特にグレーな領域にあるソープランドは運営に関しては細心の注意を払っています。整理整頓、情報共有が徹底された運営が店舗内で行われています。これは彼らの仕事における僅かな落ち度が即営業停止の理由になりうる状況があるためです。「店内ルールのほうが国の法律よりも厳しい」という言葉も現場スタッフから聞こえてくるほどです。こうした店内でのルール徹底が放火やタバコの消し忘れ等の火事の発生原因の予防になっていたのではないかと推測できます。しかし一方で悩ましい問題も現場からは聞こえてきます。それはルールを徹底しても施設老朽化へ抗うことが困難だという点です。

■ソープランドは修繕困難という現実
ルールや振る舞い運営の適切さを徹底したとしても、建物や施設が老朽化することは避けられません。聞いたことがあるかもしれませんが、ソープランドの様な施設型性風俗店は、建替えはもちろん修繕や補修をすることが難しいのです。前述の通り『許可』を受けて運営しているのではなく、昔からやっているから認められている形態のため(既得権営業)修繕等を建物に施してしまうと建築物として昔から存在してなかったと扱われる可能性があり、防火対策や耐震補強、設備の入れ替えなどを積極的に行えない現実があります。

▼埼玉にあるソープランドのボイラー

2017-12-20_125020

今回の火事は性風俗業界にとっても間違いなく大きな出来事として映っています。風俗産業には業界団体こそありませんが自浄機能はありますので、ルールに厳しい運営をしている各店舗は独自の対策を検討すると予想されますが、防火対策を充実させるため、ルールの徹底こそできても、施設修繕や改修に踏切ることは難しいのです。しかし最終的には施設の修繕はいずれ必要です。では今回の火事を踏まえて業界と社会はどのように変化していけばよいのでしょうか?

■文化として受け入れられる動きを
参考になるのが2016年4月に発生した『歌舞伎町ゴールデン街火災事件』です。業種こそ異なりますが、ゴールデン街も既得権営業であり実質グレーゾーンを踏まえた営業が行われている地域と言えます。

路地を歩いた方ならおわかりかと思いますが、火災が起きたら危険な構造となっている地域なことは事実です。しかしながら火事が発生した後の反応は意外なものであり、文化として受け入れている方々から応援の声などが多く、クラウドファンディングなどによる焼失した店舗を支える動きも盛り上がっていました。これは普段からゴールデン街の各店舗が連携しており、さらに防火訓練や地域の祭り等を積極的に行っていた結果、顧客や周辺の店舗や行政と顔の見える関係性が生まれていたことが大きいのです。

法律で定められている以上、修繕が出来ない現実を嘆いても仕方がありません。また運営として最新の注意を払っていたとしても、もしもの火事は起こりえます。建物というものは老朽化は避けられずいつかは消えてしまうものです。それに伴いビジネスモデルも変化していきます。実際に今回の火事が発生したソープランドも派遣型風俗店(デリヘル)の件数よりも圧倒的に少なくなっており性風俗業界としても既に変化は起きています。しかしながら建物が消えても文化は消えるものではありません。

かつての同潤会アパート(現、表参道ヒルズ)がそうであったように、建物として消えても文化やひとの流れを変えない事はできます。建物が既存不適格であり、同時に業態もグレーゾーンだといえる立場にあったとしても、文化として人々の心のなかに残していくことは可能ですし、そういう状況を作り出してはじめて、業界としても生き残っていくことができます。

今回の火事を踏まえて業界間の連携を更に深めると同時に、施設を置いている地域の方や地元NPOなどとのコミュニケーションを積極的に図り、法律の一員より先にまず、街の一員としての立場を確立し、地域の安全及び防災環境の向上に寄与することで、悲しい事件の再発防止にができます。業界としては地域への働きかけを、地域の方々は性風俗店だからというだけの理由で排除しない姿勢を互いに持つことが今回火事の犠牲を無駄にしない唯一の方法なのではないでしょうか?

社会が決めつけや排除を超えていければと思います。

参照元 : 一般社団法人GrowAsPeople角間惇一郎


「まだ女の子が…」 立ちこめる煙、繁華街騒然

2017年12月17日21時11分

2017-12-20_123811

17日、さいたま市大宮区であった風俗店の火災。繁華街に煙が立ちこめ、周囲は騒然となった。

「死ぬんじゃないかと思うくらいびっくりした」

近くの建物にいた女性(24)が異変に気づいたのは午後2時過ぎ。窓のすき間から焦げた臭いが漂った。しばらくすると煙が押し寄せ、女性が働く建物の廊下にも煙が充満。火災報知機のベルが鳴り響き、階段で逃げて外に出た。「逃げる途中、前がかすむほど煙が建物内に充満し、息苦しかった」と言う。

現場周辺は3〜4階建てのビルがひしめき合い、風俗店のネオンや看板が目立つ。付近の風俗店関係者によると、主に20〜30代の女性が働いていたという。

「まだ女の子がいるんだ」。火災直後に駆けつけた男性は、従業員と思われる男性がそう言って、中に入っていくのを目撃した。近所の女性会社員(30)は、すすで真っ黒になった人たちが救急車で運ばれる様子を見たという。

現場近くのレコード店にいた40代男性は「ボンボン」という音を4回ぐらい聞いた。「煙の量がはんぱなくて、全く建物が見えないときがあった。風が吹いて、何が起きたのかはっきり分かった」と話した。

過去の風俗店関連の主な火災
●2008年4月 札幌市中央区のソープランドから出火。20〜36歳の従業員ら男女3人が死亡

●2008年3月 名古屋市南区のビル3階の風俗店から出火。従業員の33〜48歳の男性3人が死亡

●2007年10月 那覇市辻2丁目の雑居ビルから出火。風俗店従業員の女性(17)ら男女3人が死亡 ●2006年11月 長野市鶴賀権堂町の雑居ビルから出火。1階の風俗店の事務所にいた従業員の女性(27)が死亡

●2001年10月 東京都新宿区歌舞伎町の雑居ビル「歌舞伎町三洋ビル」5階の風俗エステ店「ひまわり」から出火。男性(55)ら2人が死亡

●2001年9月1日 午前1時ごろ、新宿区歌舞伎町の風俗店などが入った雑居ビル「明星56ビル」から火災。飲食店従業員ら44人が死亡

※年齢は当時

参照元 : 朝日新聞