地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

IS

バルセロナで車突入テロ!13人死亡、5人の容疑者を射殺!イスラム国が犯行声明(現地映像あり)

バルセロナでテロ 車突入13人死亡か 武装男が店侵入との情報も

2017.8.18 02:45

2017-08-18_161723

【ベルリン=宮下日出男】スペイン北東部バルセロナで17日午後5時(日本時間18日午前0時)ごろ、群衆に小型トラックが突っ込み、地元警察によると1人死亡、32人が負傷し、うち10人が重体という。死者は13人との報道もある。警察当局はテロとみて捜査を始めた。

地元メディアによると、銃を持った男が近くのバーに侵入し立てこもっているとの情報もあり、車で群衆をはねた後、逃走した容疑者の可能性がある。

現場はバルセロナ中心部のランブラス通り。カタルーニャ広場に通じる約1・2キロの並木道でレストランやホテル、商店が並ぶ。バルセロナは、世界遺産サグラダ・ファミリア(聖家族教会)などで知られる建築家、ガウディの作品が建ち、世界中から観光客が訪れ、日本人観光客も多い。

在バルセロナ日本領事館によると、これまでのところ日本人が被害に遭ったとの情報はないが、確認を急いでいる。

スペイン国内では2004年3月、マドリード市内で191人が死亡し、1800人以上が負傷する列車爆破テロ事件が発生。イスラム過激派が犯行声明を出した。同テロ事件以降、スペイン国内でイスラム過激派によるテロ事件は起きていない。

一方、欧州では近年、トラックや自動車を使ったテロ事件が頻発している。16年7月にはフランス南部ニースで、同年12月には独ベルリンで、今年3月と6月には英ロンドンでも車両を使用したテロが相次ぎ発生した。

参照元 : 産経新聞




バルセロナでテロ 歩道に車突入 13人死亡

2017年8月18日 00時54分

2017-08-18_162020

【パリ賀有勇】スペインからの報道によると、北東部バルセロナの中心部のランブラス通りで、17日午後5時(日本時間18日午前0時)ごろ、歩道に小型トラックが突っ込んだ。ロイター通信などによると、13人が死亡、多数が負傷した。警察当局はテロとみて捜査を開始した。警察は現場付近を封鎖した。

武装した男2人がレストランに侵入したとの情報や、運転していた男が徒歩で逃走したとの情報もあるが、詳細は不明。

現場は、世界的な観光地のランブラス通り付近。救急車が多数駆け付け、救助作業を続けた。

欧州では最近、フランス南部ニース、ドイツの首都ベルリン、英ロンドンなど、通行人をはねるテロが相次いでいる。

参照元 : 毎日新聞







2017-08-18_162044

2017-08-18_162054

2017-08-18_162104


バルセロナで大量轢殺テロ事件 イスラム国「IS」が犯行声明を 死亡者13名に

2017年 08月 17日 17時 24分

バルセロナの人気スポットであるランブラス通りで白いライトバンが普段、歩行者しか使えない中央部に乗り、600メートルぐらいに亘って数十人を轢いて、走行の末にキオスクと衝突した。また、利用されたライトバンの中にはアフリカ北部、モロッコ出身のDriss Oukabir氏のメリリャ発行スペインパスポートが発見されたが、本人自身はジローナ県・リポイ基礎自治体の警察署に出頭し、パスポートを盗まれたと訴える。

加害者は1人逮捕されたが、攻撃に参加した容疑者は他に2人がおり、そのうち1人が射殺され、1人が逃亡中。封鎖された中心街の交通は非常に制限されて、バルセロナ市へのアクセスに検問も敷いている。

2017-08-18_162543

*Driss Oukabir氏のパスポートを利用してライトバンがレンタルされたが、本人が実行犯ではない模様。

既に現地メディアでは テロ攻撃として扱われており、現在まで死亡者13名、負傷者80名が確認されている。現在はメトロ、州立鉄道とRenfe鉄道はランブラス通りやグラシア通りなど付近の駅には止まらない。なお、イスラム国(IS)傘下のメディア、Amaq(アマック)によると、ISが攻撃を認めると伝えた。

2017-08-18_162624

現在、州警察の「Mossos d'esquadra」が エリアを立入禁止にしており、救急車は負傷者の手当に向かっている。

今件のテロ攻撃は近年、ヨーロッパ他国にも発生した同様攻撃と酷似している。そのうち、最大の惨劇となったのは2016年7月14日、フランス南部・ニース市の遊歩道「プロムナード・デ・ザングレ」において、花火の見物をしていた人々の列にトラックが突っ込んだ事件である。少なくとも84人が死亡し、202人の負傷者が出た。



事件現場はこちらになります

2017-08-18_162849

参照元 : pressdigitaljapan







トルコ・イスタンブールのナイトクラブで銃乱射テロ事件!外国人15人を含む39人が死亡、65人がけが「イスラム国」が犯行声明

サンタクロース姿の男が銃乱射 39人死亡 テロか

2017/01/01 17:56

2017-01-03_184442

トルコ最大の都市イスタンブールのナイトクラブで、サンタクロースの格好をした男が銃を乱射し、これまでに39人が死亡し、69人がけがをしました。

イスタンブールのナイトクラブで1日未明、サンタクロースの格好をした男が突然、銃を乱射しました。現地のメディアは、容疑者がアラビア語を叫んでいたと伝えています。地元当局はテロ攻撃だと断定し、これまでに39人が死亡し、69人がけがをしたことを明らかにしました。

容疑者は現場から逃走したとみられています。また、容疑者は2人組だったという情報もあり、治安当局が捜索を続けています。現場はイスタンブールでも人気のナイトクラブで、事件当時は新年を祝うパーティーが開かれ、約600人が参加していたとみられています。

参照元 : テレ朝ニュース

2017-01-03_184458

2017-01-03_184514

2017-01-03_184521

2017-01-03_184533

2017-01-03_184541


トルコ銃乱射事件 容疑者逃走で厳戒態勢続く

2017/01/02 05:51

2017-01-03_184245

トルコ・イスタンブールのナイトクラブで39人が死亡した銃乱射事件で、容疑者は依然、逃走を続けていて、市内では厳戒態勢が続いています。

トルコ最大の都市イスタンブールのナイトクラブで1日、男が突然、銃を乱射し、イスラエルなどからの外国人15人を含む39人が死亡し、65人がけがをしました。容疑者の男は現場から逃走していて、市内では厳戒態勢が続いています。

これまでのところ、犯行声明などは出ていませんが、トルコのエルドアン大統領は、今回の事件を非難したうえで、テロとの戦いを続ける考えを強調しました。トルコ政府は、容疑者の男がサンタクロースの格好をしていたという当初の情報を否定し、男の身元の特定を急ぐとともに行方を追っています。

参照元 : テレ朝ニュース

2017-01-03_184310

2017-01-03_184319

2017-01-03_184326

2017-01-03_184346


トルコ銃乱射事件 「イスラム国」が犯行声明

2017/01/03 05:54

2017-01-03_183646

トルコ・イスタンブールのナイトクラブで起きた銃乱射事件で、過激派組織「イスラム国」が犯行声明を出しました。

「イスラム国」は2日、「『イスラム国』の英雄が手投げ弾と銃で攻撃し、十字軍の喜びを悲しみに変えた」などとする犯行声明をインターネット上に出しました。事件では、これまでに外国人25人を含む39人が死亡し、65人がけがをしました。容疑者の男は店の入り口で警察官と市民を撃った後、店内で客らを至近距離から次々と銃で撃ったとみられています。

警察は2日、実行犯とする男の顔写真を公開しました。地元メディアは警察が実行犯を25歳前後の中国・新疆出身の男とみて行方を追っていると報じています。また、これまでに事件に関わったとして12人の身柄を拘束したほか、男の関係先とみられるイスタンブール市内の住宅周辺の捜索を続けています。

参照元 : テレ朝ニュース



2017-01-03_183655

2017-01-03_183709

2017-01-03_183720

2017-01-03_183730

2017-01-03_183738

2017-01-03_183756

This terrorist scum killed more than 40 people in Istanbul

Part of channel(s): Syria (current event)
Turkish police issued a photograph of attacker on nightclub in Istanbul, in which more than 40 people were killed and more than 70 injured during New Year's Eve.

According to Turkish news agancy Dogan, police arrested eight people connected with terrorist attack in Istanbul. Terrorist is still on the run.

Turkis police also arrested two people who attack Hasan Pasha mosque in Istanbul

2017-01-03_183211

2017-01-03_183229


イスタンブールのナイトクラブ犠牲者のために開催された葬儀

First funerals held for victims of Istanbul nightclub shooting

As the hunt continues for the gunman who killed 39 people in a New Year’s shooting rampage in a nightclub in Istanbul, relatives of the victims are organising funerals.

In a mosque in the city of Mersin, a service has been held for a policeman shot in the early moments of the assault, 21-year-old Burak Yildiz.

In Istanbul, family and friends paid tribute to 35-year-old security guard Fatih Cakmak, another one of the first victims to be buried.

The owner of the Reina nightclub, Mehmet Kocarslan, spoke to mourners.

“How did he manage to get in despite all the intelligence and security measures?” he asked.

“I can only call this creature a demon. I can’t even say he’s a terrorist. I don’t know how he managed to get in.”

People have also been laying flowers outside the nightclub, which has been covered over with curtains.

Police say eight people are being questioned in connection with the attack but the gunman is not among those arrested.






死んだふりをしていたので助かったという男性。

Nightclub killings: “I pretended to be dead, so he wouldn’t keep shooting at me”

Survivors of the New Year nightclub shootings in Istanbul have been recounting what happened, with some saying they were lucky to escape.

Lebanese national Francois al-Asmar was one of those injured, suffering a gunshot wound to his shoulder.

He spoke to reporters from his bed in the Okmeydani Hospital.

“He fired just one shot, so I thought it was some angry or drunk man who fired his gun,” he said. “But a few seconds later we heard a machine gun.

“We were already lying on the floor from the first shot. I was hiding behind the table, sitting on the floor, but my shoulder must have been exposed.

“He was shooting us on the floor, he wasn’t shooting in the air but towards the floor where we were lying.

“If I’d been lying down completely, with my whole body on the floor, I would have been shot right along my body. I was actually sitting when I was shot.

“I had to get myself down lower. I pretended to be dead, so he wouldn’t keep shooting at me.”












イラクの首都バグダッドで自動車を使った自爆テロ発生!少なくとも32人が死亡、数十人が負傷「イスラム国が犯行声明」(映像あり)

イラク首都で自爆攻撃、少なくとも32人死亡 ISが犯行声明

2017/1/2(月) 19:02配信

2017-01-03_000946

【AFP=時事】(更新、写真追加)イラクの首都バグダッド(Baghdad)で1日、自動車を使った自爆攻撃が発生し、少なくとも32人が死亡、数十人が負傷した。警察と医療関係者らが明らかにした。

警察幹部によれば、過去3日間で2度目となるバグダッド市内での大規模な爆発により、少なくとも32人が死亡し、61人が負傷したという。

爆発については、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」がIS系通信社アマック(Amaq)を通じて犯行声明を出し、「殉教作戦」により40人前後を死亡させたと主張している。

現場は同市北東部に位置し、イスラム教シーア派(Shiite)が多数を占めるサドルシティー(Sadr City)地区。犠牲者の多くは、仕事を求めて街の交差点に集まっていた日雇い労働者らだったという。【翻訳編集】 AFPBB News

参照元 : AFPBB NEWS


Deadly car bomb attack in Baghdad claimed by ISIL

ISIL militants in Iraq are claiming responsibility for a suicide car bomb attack that has killed more than 20 people in Baghdad’s Sadr City.

Various reports put the death toll at between 24 and 37, with more than 60 wounded.

A statement on a website linked to ISIL says the attack targeted a gathering of Shi’ite Muslims.

The blast comes as the French President Francois Hollande visits the Iraqi capital and it is the latest in a series of bombings.

In Iraq, Hollande hopes for ‘year of victory against terrorism’ https://t.co/V5yJm3sJds— Reuters Top News (@Reuters) January 2, 2017

On Sunday nine people, including four security personnel, were killed at a checkpoint south of Baghdad.

And on Saturday two suicide bombers killed at least 28 people in a market in Baghdad. ISIL said it was also responsible for that attack.




シリアの首都ダマスカス近郊と中部ホムスで連続爆弾テロ!127人死亡 ISが犯行声明

連続テロで127人死亡=政権標的、ISが声明―シリア

2016年2月22日(月)5時9分配信

【カイロ時事】シリアの首都ダマスカス近郊と中部ホムスで21日、連続爆弾テロが相次ぎ、AFP通信によると民間人多数を含む少なくとも計127人が死亡した。

いずれもアサド政権の支配地域が標的となっている。過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出した。

ダマスカスでは、郊外にあるイスラム教シーア派の「サイエダ・ゼイナブ廟(びょう)」付近で4回にわたって自爆や自動車爆弾による爆発があり、少なくとも68人が死亡した。アサド大統領が属するイスラム教アラウィ派の住民が多いホムスのザフラー地区では、2度の爆発により59人以上が犠牲になった。

参照元 : 時事通信


Bloody Sunday in ‪Syria's ‪‎Damascus, ‪Homs‬

resized

Four deafening blasts rocked today, Sunday, the Shia-populated district of Sayyidah Zaynab in the southern suburbs of Damascus, leaving more than 46 people dead, 100 injured in latest poll.

Local witnesses reported that at least two of the four explosions were carried out by suicide bombers.

The Sayyidah Zaynab district is where Imam Ali’s daughter is buried, and is one of the most significant iconic places for Shia Islam.

On January 31st, more than 50 people were killed, scores injured in a twin suicide bombings in the same district. ISIS claimed responsibility for the attack.

The stricken neighborhood is home for thousands of internally displaced people who fled the war in surrounding towns, as well as Shia fighters defending the shrine.

Hours earlier, two explosions hit the central city of Homs leaving at least 58 civilians dead, many others wounded in one of the city’s busiest streets at rush hour.

参照元 : liveleak


シリアレポート

21 Feb 2016

Four deafening blasts rocked today, Sunday, the Shia-populated district of Sayyidah Zaynab in the southern suburbs of Damascus, leaving more than 46 people dead, 100 injured in latest poll. Local witnesses reported that at least two of the four explosions were carried out by suicide bombers. The Sayyidah Zaynab district is where Imam Ali’s daughter is buried, and is one of the most significant iconic places for Shia Islam.
On January 31st, more than 50 people were killed, scores injured in a twin suicide bombings in the same district. ISIS claimed responsibility for the attack.
The stricken neighborhood is home for thousands of internally displaced people who fled the war in surrounding towns, as well as Shia fighters defending the shrine.
Hours earlier, two explosions hit the central city of Homs leaving at least 58 civilians dead, many others wounded in one of the city’s busiest streets at rush hour.

945277_1156275134409300_5058507074648986902_n


12743633_1156275177742629_1891475373528501447_n

CbvuCO0UYAEvNRN

参照元 : syriareport


Up to 80 people are feared dead and around 200 are believed to be injured after several blasts rocked Damascus, Sunday.

Syria: Up to 80 dead as multiple blasts rock Damascus



【衝撃映像】イスラム国による自爆テロ失敗 自爆トラックが近づく前に爆破される

イラクにて、イスラム国による自爆テロ失敗。

爆弾を積んだ自爆トラックが近づく前に爆破される映像。イラクのキルクークで撮影されたイスラム国による自爆テロ失敗の映像。爆弾を積んでるので、物凄い爆発を起こす。

2016-01-25_204442

Iraqi PMU Forces shoots wheel of an approaching ISIS car bomb and fails

Date: 24-01-2016



イスラエル国防軍兵士とイスラム国の戦闘員が会話

ゴラン高原:イスラエル国防軍兵士がISIL戦闘員と会話している理由は何だ?

25 November 2015
 
IDF_Soldiers_Salaries_To_Increase_in_2015

石油と地政学の専門家ウィリアム・イングドールは、2013年にイスラエルが占領し続けているシリア領ゴラン高原で油田を盗んだニュージャージー州の『目立たない』ユダヤ系石油企業『Genie Energy Ltd.(ジェニ・エナジー)』の採掘権をイスラエル政府が承認したが、今年の10月に同社の子会社『Afec社』が新たな油田を発見し、権限もないのに不当に触手を伸ばしている件について、詳細な記事を書いている。 

★ジェニ・エナジー社の戦略的諮問委員会の役員は、アル中の人殺しディック・チェイニー、元 CIA長官ジェームズ・ウルジー、ビル・リチャードソン、ジェイコブ・ロスチャイルド卿、メディア王ルパート・マードック、ラリー・サマーズ、マイケル・スタインハートが名を連ねている。

なお、D.チェイニーは、世界最大の石油掘削機販売企業『ハリバートン社』の元 CEOで最大の株主。同社は、イラク復興支援事業で巨額な支援金を盗んだ外道でもあり、イスラエルの巨大兵器産業『アイゼンベルグ社』、アメリカの兵器産業『レセイオン社』の幹部でもある。

★戦争を煽り、テロリストを利用して他国を侵略させている主要な黒幕が上記の面々ゆえ、日本国民は、『安倍晋三が石油泥棒』でロシアから糾弾されている事実と共に、よく覚えて置くようにこの事実が世界中でばれてしまったので、最近→『Daesh (ISIS=ユダヤ国)』に変更したわけ。

★モサド=『Israel Secret Intelligence Service :ISIS(イスラエル秘密諜報局=ユダヤ国)』の略

参照元 : sputniknews


Golan Heights: Why is Israeli IDF Military Talking to ISIL?

21:15 25.11.2015
 
o-ISIL-facebook

Since the beginning of the Russian operation in Syria, details have emerged of the 'very dirty role' of Washington's close allies, including Turkey, the Gulf States and Israel, F. William Engdahl emphasizes.

Incredible as it may seem, an Israeli high-ranking military man was "caught with IS pants down" in late October, American-German researcher, historian and strategic risk consultant F. William Engdahl notes.

"In late October an Iranian news agency, quoting a senior Iraqi intelligence officer, reported the capture of an Israeli army colonel, named Yusi Oulen Shahak, reportedly related to the ISIS [ISIL] Golani Battalion operating in Iraq in the Salahuddin front," Engdahl narrates in his latest article for New Eastern Outlook.

According to a Commander of the Iraqi Army, quoted by the media outlet, the IDF colonel "had participated in the Takfiri ISIL group's terrorist operations."
The researcher stresses that since the beginning of the Russian military operation against the Islamic State in Syria lots of inconvenient truths about the US-led anti-ISIL coalition and its partners have ultimately come to light.
Netanyahu's Likud and the Israeli military work closely with the US neoconservative warhawks, Engdahl notes, adding that with the help of Washington's neocons Jerusalem is solving its own geopolitical problems in the region. The name of one of these problems is Hezbollah. Interestingly enough, Hezbollah has been spotted fighting fiercely against ISIL.
"Since at least 2013 Israeli military have also openly bombed what they claim were Hezbollah targets inside Syria. Investigation revealed that in fact Israel was hitting Syrian military and Hezbollah targets who are valiantly fighting against ISIS [ISIL] and other terrorists," the researcher continues.
Israel is not the only power who has been chasing its own adversaries under the pretext of an anti-terror war. Much in the same vein Turkish leader Erdogan jumped at the opportunity to bomb the Kurdish militants of the Democratic Union Party (YPG) and Kurdistan Workers Party (PKK) under the pretext of the anti-ISIL war.
Needless to say, Washington's year-long air campaign aimed against ISIL also raises a lot of questions.
The researcher draws attention to a largely neglected report released in 2014 by the UN Disengagement Observer Force (UNDOF) since 1974 stationed along the Golan Heights border between Syria and Israel.
"The UN documents showed that the Israeli Defense Forces (IDF) were maintaining regular contact with members of the so-called Islamic State since May of 2013. The IDF stated that this was only for medical care for civilians, but the deception was broken when the UNDOF observers identified direct contact between IDF forces and ISIS soldiers, including giving medical care to ISIS [ISIL] fighters," Endahl elaborates.

According to the researcher, the observers revealed that the IDF had long been working closely with various factions of Syrian terrorists in the Golan Heights, including ISIL and al-Qaeda's affiliate al-Nusra Front.
Since 2013 Israel has repeatedly launched attacks on Syria along the Golan Heights under the pretext of its counter-terror operations against Hezbollah. Furthermore, UNDOF has also been attacked by the Islamic State and al-Nusra Front.
It seems that "someone obviously does not want UNDOF to remain policing the Golan Heights," Engdahl remarks.
Why do Israeli IDF military have such a passionate interest in Syria's Golan Heights?
"In 2013, when UNDOF began to document increasing contact between Israeli military and IS [ISIL] and al-Qaeda along the Golan Heights, a little-known Newark, New Jersey oil company, Genie Energy, with an Israeli daughter company, Afek Oil & Gas, began also moving into Golan Heights with permission of the Netanyahu government to explore for oil," Engdahl narrates.

In October 2015 Afek Oil & Gas' chief geologist Yuval Bartov announced that the company had found a huge oil reservoir on the Golan Heights.
As Engdahl elaborated in his previous article on the matter, the International Advisory Board of Genie Energy includes, amongst others,  such prominent figures as Dick Cheney, former CIA head James Woolsey, Jacob Lord Rothschild and media mogul Rupert Murdoch.
"Of course no reasonable person in their right mind would suggest there might be a link between Israeli military dealings with the ISIS [ISIL] and other anti-Assad terrorists in Syria, especially in the Golan Heights, and the oil find of Genie Energy in the same place, and with Netanyahu's latest Golan Heights 'rethink' appeal to Obama," he notes with an unconcealed sarcasm, adding that it seems that 'Ol Netanyahu' and his military men have got caught "with their hands in a very dirty cookie jar in Syria."

参照元 : sputniknews日本語版

【関連記事】
ブラック上院議員、アメリカと同盟国のテロ支援認める「シリアの正規軍と戦うためにテロリストを訓練し、彼らを装備させている」

イスラム国(ISIS)を指揮していたイスラエル軍大佐がイラクで逮捕される

イスラム国のスポンサーはイスラエルとサウジ?米財務省がトヨタ自動車に対し、ISに車が渡った経緯について情報提供求める!

イスラム国(IS)「全ての日本人を殺害し、彼らの財産を消失させるつもりだ。日本はアメリカ率いる国際連合を支持している」

シリア全土から集まったクリスチャン戦闘員数百人が、聖書の時代から続くシリアの町が「イスラム国」に制圧されることを防ぐため結束

イスラエルの傭兵部隊”イスラム国”(IS)が「ユダヤ人を絶滅させる」とヘブライ語で茶番動画を公開

シオニスト政権「イスラエル」が、イスラム国(IS)から買い取った原油を精製して転売

トルコ大統領の息子がイスラム国の原油密輸を担当か ISと一緒にいる写真流出

イスラエルの傭兵部隊”イスラム国”(IS)が「ユダヤ人を絶滅させる」とヘブライ語で茶番動画を公開

イエメンで爆発、付近を車で走っていた州知事ら7人死亡

イエメン 爆発で州知事死亡 IS名乗る声明

2015年12月6日 22時16分
 
K10010331991_1512062300_1512062302_01_03

内戦状態が続く中東のイエメンで爆発があり、付近を車で通っていた州知事ら7人が死亡し、過激派組織IS=イスラミックステートを名乗る組織が、知事を狙った攻撃を行ったとの声明を出しました。

現地からの報道によりますと、イエメン南部の都市アデンで6日、爆発があり、付近を車で通っていたアデン州のサアド知事や護衛の部隊など少なくとも7人が死亡しました。これについて過激派組織ISを名乗る組織が「知事を狙うため、周到に計画をしたうえで道路脇に止めていた車を爆発させた」と犯行を認める声明を出しました。

イエメンでは、首都サヌアを掌握したイスラム教シーア派の反体制派と首都奪還を目指すハディ政権による戦闘が続いています。ISはこの内戦の混乱に乗じて活動を活発化させていて、敵視するシーア派の反体制派だけでなくスンニ派のハディ政権にも攻撃を繰り返していて、死亡したサアド知事は政権側が10月に任命したばかりでした。

国連は内戦を終わらせるため、年内の和平協議の再開を目指して政権側と反体制派との間の調整を進めていて、5日には国連のアフメド特使がアデンを訪れてハディ大統領と会談を行っています。

参照元 : NHKニュース



2015-12-07_202639

2015-12-07_202650

2015-12-07_202658

2015-12-07_202713

2015-12-07_202724

2015-12-07_202734


初詣は警戒か?イスラム国が日本の主要神社の警備情報を入手

「イスラム国」が日本の主要神社・警備情報を入手か? 初詣が危ない! 〜日中テロ対策比較〜

2015.12.01

img_f5cb393445c58c7df22ee2e7d02f2324196678

中国共産党の機関紙「人民日報」の国際版「環球時報」では、11月19日、「イスラム系過激派組織ISの攻撃対象の出身国に法則性はない」とする記事を掲載した。これはISが先日、中国人とノルウェー人の人質2人を殺害したと発表したことを受けてのもので、中国がターゲットになってはいないとしたもの。しかし、これに軍事評論家の青山智樹氏は「実際にはその逆」と反論する。

「たしかにISは中国に対して表立って宣戦布告などはしていませんが、中国が公的には信教の自由を認めておらず、新疆ウイグル地区でイスラム教徒に対する弾圧を行なっていることに注目し始めているという情報があります。中東方面のネット上でも原理派寄りな連中が中国批判をしていたりするので、ターゲットにならないということはない」

欧州の新聞などでは、中国側の声明に対し、表立ってISとの対立を避けようとしているのではないかという解説も見られる。その理由は中国人が世界各国で展開しているチャイナタウンにあるともいわれている。もし中国がターゲットとなれば困るのは世界中のチャイナタウンでのテロ危機。チャイナタウンは中国にとって各国の情報収集の役割を果たしてもいるだけに、ここを攻撃されるのは絶対に避けたいというわけだ。

そもそも中国国内でもISと無関係な国内テロ事件が頻発しており、その脆弱性が世界に知れ渡ってしまっている。それだけになおISのような大規模組織から狙われるのは避けたいところだろう。さらに中国ではネット上で「ISから敵視されている認識が広まるのは中国政府にとって都合が悪い。なぜなら反日感情などを煽れなくなってしまうから。本当の脅威が別にあることを国民が知ってしまう」という意見も見られた。

一方、日本のテロ危険度について青山氏はこう語る。

「日本はそもそも銃器類の所持に非常に厳しく、入国管理に関してもフランスなどと比較にならないほど緻密ですから、フランスのような大規模なテロは日本では起こりえないでしょう。入国に対すること、国内で銃器類を入手すること、この2つのハードルでテロの実行が困難なのです」

ただ、海外では東京の有名神社の警備についての詳細な情報がISに渡ったという怪情報も伝えられたりしている。

「もし危険があるとすれば局地的なテロで、火炎瓶のような原始的なものを使ったもの。特に日本では初詣に明治神宮や川崎大師など人気神社に数百万人が集まるとかあらかじめ判明している神社があるので、警備さえくぐれればテロは可能。来場者を全員ボディチェックするわけにはいきませんし、火炎瓶であればペットボトル1本分のガソリンに火をつければいいだけ。現段階では実行せず、情報だけは握ったことを匂わせて右往左往する日本政府を手玉に取ったとPRしているようにも見える」

ISからすれば日本に対しては大きなリスクをとって爆破などするよりも、人質を取っての身代金をとるような形の方がいいということか。

「もっとも日本はこれをうまく利用して防衛省や警察の対テロ特殊部隊を強化したいという思惑もあります。実際、アメリカから特殊部隊用の武器を増やすよう迫られているともいわれているので、軍事力強化という流れになりやすいでしょうね。日本が軍事力を増大させれば、アメリカの駐留負担が減るので、表向き平和的な方向性を見せることにもなります」

ISをめぐっては日本も中国もテロ撲滅というより、自国の利益を考えているということか。

(ハイセーヤスダ)

参照元 : TOCANA

f0139447_13392673

CIMG7100

【閲覧注意】イスラム国に斬首されたシリア人男性、生首の状態で口が動く(R18指定)

【超・閲覧注意】「イスラム国」に斬首された男の口が動いた!! 生首になっても何かを訴える凄惨映像=シリア

2015.11.30
 
2015-12-02_141216

昨年6月、イスラム教スンニ派の武装組織「イスラム国(IS)」が一方的に国家の樹立を宣言した。その後、征服地域を広げた「イスラム国」は、彼らへの従属を拒むシリア政府軍兵士や反体制派、少数民族クルド人、さらに各国のジャーナリスト、そして女性や子どもを含む多数の一般市民を残虐な方法で殺戮してきた。今月29日、英国に拠点を置くシリア人権監視団が発表したところによると、犠牲者の数はすでに3,500を超えたという。

そんな「イスラム国」が処刑の方法として頻繁に用いる行為が“斬首”だ。言わずもがな、刃物で首を胴体から切断するこの手法は、古代から近代にかけて世界各地で行われていたが、現在はサウジアラビアなど一部の国で採用されるのみとなっている。「イスラム国」が斬首を好む理由として、宗教的理由や恐怖心を煽るイメージ戦略などの指摘があるが、いずれにしても前時代的な行為であることに間違いないだろう。特に今年5月に「イスラム国」がインターネット上に公開した斬首映像は、極めて衝撃的な内容を含み、この組織の野蛮さと残虐さを如実に示す内容となっている。

後ろ手に縛られ、地面を引きずられるようにして運ばれるシリア人男性。そして、黄色いベンチに座らされた彼の髪の毛を、「イスラム国」兵士が無理矢理掴む。男性は必死に何かを主張し続けていたようだが、それが受け入れられるはずもなく、やがて狂気の瞬間は訪れる――。次に登場した男性の首は、すでに胴体から切り離されたあとだった。今まで斬首によって殺された人々と同様、男性の首は無残にも胴体の上に鎮座している。しかし本当にショッキングな光景は、その次の瞬間にやって来た。なんと斬首された男性の口が、動いた。死してなお何かを訴えるかのように、口をパクパクさせているのだ。

まだ彼に意識があるのか、それとも単なる筋肉の痙攣だったのかはわからない。しかし、男性の無念を物語る極めて悲惨な映像だ。「イスラム国」の非道に対する怒りと同時に、なぜ人はここまで残虐になれるのか、人間という存在の恐ろしさに戦慄を覚える読者も多いのではないだろうか。
 
(編集部)

■「イスラム国」に斬首されても何かを訴えるシリア人男性



参考:「TBS News i」、ほか

参照元 : TOCANA


「イスラム国」3500人以上処刑、民間人が過半数

2015年11月30日(月) 10時29分

2015-12-02_141918

過激派組織「イスラム国」が、国家樹立を一方的に宣言した去年の6月以降、シリア国内で3500人以上を処刑していたことが明らかになりました。過半数は戦闘に参加していない民間人だということです。

これは、AFP通信が、イギリスに拠点を置くシリア人権監視団の集計として報じたものです。

集計によると、過激派組織「イスラム国」は、去年6月に国家樹立を一方的に宣言して以降、シリア国内で3591人を処刑し、そのうち、過半数の1945人は民間人で、女性と子ども180人が含まれるということです。過去1か月だけでも53人が処刑され、そのうち35人が民間人だったとしています。

民間人以外では、シリア政府軍の兵士が975人、反体制派や少数民族クルド人の兵士が247人処刑され、「イスラム国」のメンバーも、脱走を企てたり、スパイの疑いで、415人が処刑されたということです。

「イスラム国」は、処刑に加え、拉致やレイプなどを行っており、国連は人道に対する罪を犯しているとして強く非難しています。

参照元 : TBSニュース

img_f5cb393445c58c7df22ee2e7d02f2324196678


トルコ大統領の息子がイスラム国の原油密輸を担当か ISと一緒にいる写真流出

トルコ大統領、ロシアへの謝罪拒否=「イスラム国」からの密輸疑惑一蹴

2015年11月26日(木)22時50分配信

erdogan-turkey

【エルサレム時事】米CNNテレビ(電子版)によると、トルコのエルドアン大統領は26日、トルコ軍によるロシア軍機撃墜について「謝罪しない」と述べ、ロシア側への謝罪を拒否した。

ロシアのプーチン大統領はトルコから謝罪がないことに不快感を示している。大統領は、首都アンカラでのCNNのインタビューで、「謝罪の必要があるのは私たちの領空を侵犯した者だ」とロシア側を非難。トルコ軍は「単に任務を果たしただけ」と撃墜の正当性を改めて強調した。

一方、エルドアン大統領は大統領公邸で演説し、過激派組織「イスラム国」からトルコが石油を密輸しているとのプーチン大統領の発言を念頭に、「恥を知れ。その事実を証明しろ」と憤慨。シリアのアサド政権およびロシアなどの支援国こそが「イスラム国」に資金と武器を供給していると反論した。

今回の事態を受け、ロシアがトルコとの一連のプロジェクト中止を示唆していることについては、「感情的」「政治家失格」と激しく批判。その一方で、「われわれが強い関係を築いているロシアを狙う理由がない」と述べ、ロシア軍機だと知っていて撃墜したわけではないと改めて訴えた。

参照元 : 時事通信


[Sputnik 他]プーチン大統領:シリアにおけるロシア機スホイ24への攻撃は「裏切り行為」 〜ロシア機撃墜事件は、トルコにとって致命傷となる可能性が高い〜

2015/11/25 7:05 PM

7dd4c3f74f006b34bb1d70d7adebd54e100

竹下雅敏氏からの情報です。
冒頭の写真は、ヨルダンのアブドラ国王がロシア側についたことを示しています。フランスの場合、ロシアについたとする見方がありますが、私はそうは思いません。ただ、核による第三次大戦を避けることと、ハザールマフィアを排除することに関しては、ロシアと合意が取れているように見えます。フランスの場合、破産の危機を何とか軍需景気で先延ばしにしたいところでしょう。

今回のトルコのロシア機撃墜事件は、トルコにとって致命傷となる可能性が高いと思います。プーチン大統領はトルコを“テロリストの共謀者”と非難しており、今後トルコが犯して来た様々な国家犯罪が、ロシア経由で次々に暴露されて行くことになると思います。

トルコはNATOを引き込み、“ギャンブルに出た”のだと思いますが、今後トルコの犯罪行為が明るみに出れば、今は肩を持っているNATOもいずれトルコから離れて行くことになるはずです。現在のエルドアンは、プーチン大統領が言った“地獄へ落ちろ”の言葉が耳から離れないのではないかと思います。(竹下雅敏)

プーチン大統領:シリアにおけるロシア機スホイ24への攻撃は「裏切り行為」
転載元より抜粋) Sputnik 15/11/24

1217757-480x259

ロシアのプーチン大統領は24日、ヨルダンのアブドッラー2世国王と会談し、ロシア機スホイ24をめぐる事件について、次のようにコメントした。

「シリアでのスホイ24の墜落は、テロリズムとの通常の戦いの枠外であり、これはテロリストの共謀者たちによるロシアに対する裏切り行為だ。」

1217860


プーチン大統領「スホイ24はトルコにいかなる脅威も与えていない」

「ロシア機は、トルコとの国境から1キロのシリアで攻撃され、(国境から)4キロの場所に墜落した。」

「シリアで撃墜されたロシア機は、「IS(イスラム国)」との戦いに関する公然たる任務を遂行し、テロリストに対する予防的攻撃を行っていた。」

「ロシアは、ISが管理下に置く油田から(採掘された)原油がトルコ領内にたくさんあることを、ずいぶん前から確認していた。」

「トルコは、ロシアが米国とこのような出来事を防止するための合意を締結したにもかかわらず、ロシア機を攻撃した。」

「シリアにおけるロシア機をめぐる悲劇は、ロシアとトルコ関係にとって深刻な影響を持つことになるだろう。」

プーチン大統領は、「トルコがロシア機をめぐる事件についてNATOのパートナーに訴えたことについて、NATOをISのために役立たせようとしているかのようだ」と指摘した。

プーチン大統領はまた、「ロシア機スホイ24に対する攻撃のような犯罪が実行されることを、ロシアはこれ以上許さない」と指摘した。

――――――――――――――――――――――――

トルコは国境を一方的にシリア側に移動させていました。
転載元より抜粋) 日本や世界や宇宙の動向 15/11/25

Russia “Violated” Turkish Airspace Because Turkey “Moved” Its Border

(概要)
11月24日付け

今回、ロシアの爆撃機がトルコの領空を侵犯したとトルコを煽ったのはアメリカです。では、なぜ、ロシアの爆撃機はトルコ国境を越えてしまったのでしょうか。

2015-11-27_060046

トルコは2012年6月より、シリア国内にトルコのバッファーゾーンを設けるために一方的にトルコの国境をシリア側に移動させました。トルコの元々の国境から5マイル(8km)、シリア側に移動させバッファーゾーンを勝手に設置したことにより、トルコ空軍はバッファーゾーンに侵入してくる標的を場合によっては撃ち落とすことができるようになりました。

もしシリアが勝手にシリアの国境を北方向(黒海へ)に移動したとしたなら、トルコの東側ではシリアの領空を侵犯することになるのでしょうか。そんなバカげたことはありません。誰もこのようなナンセンスに納得いかないでしょう。中東ではアメリカとトルコのデタラメを受け入れる者は誰もいません。

2015-11-27_060327

(斜線範囲がトルコが勝手に設置したバッファーゾーン)

ロシアの戦闘機はほんの一瞬、トルコの領空に侵入したかもしれませんが、それはアメリカとトルコがトルコの国境をシリア側に数マイル移動していたからです。

トルコが設定したバッファーゾーンにはシリア⇔トルコの密輸及び密入国の主要ルートがあります。そしてアメリカやアメリカの連合国がこのルート経由でシリアの反政府武装勢力に武器を運んでいったのです。

(続きはここから)

――――――――――――――――――――――――

転載元より抜粋) 日本や世界や宇宙の動向 15/11/25

(概要)
11月24日付け



トルコは何年も前からISISに武器や活動資金を提供してきました。このようにトルコはテロを支援する国家なのです。2ヶ月前からロシアはISISを全滅するために空爆をし続けてきました。ロシアのこのような軍事行動はトルコにとって大きな打撃となっています。トルコはイスラム過激派と戦っているアサド政権を倒すためにイスラム聖戦士、アルカイダ、ISISと手を組みました。

何年も前からトルコはISISから石油(ISISが奪い取った油田)を購入し、ISISの石油密輸を促してきました。 証拠資料に基づきトルコ政府とISISの幹部との繋がりが確認されています。

元ISIS通信技術者は、シリアで活動をしているISISのフィールドキャプテンらや司令官らとトルコ国内の要人らとの連絡係だったと述べました。ISISの司令官は、ISISはトルコと連携しているため何も恐れるものはない、と述べたそうです。

ヨルダンの安全保障担当者によると、ISISはトルコから軍事訓練を受けていました。またエジプトの安全保障担当者によると、トルコはISISに直接機密情報を流し、また、物流の支援を行ってきました。さらにトルコはISISと戦っているクルド人の勢力を空爆し殺害しています。

そんな中、NATOはISIS支援国であるトルコをかばいました。もしろんNATOもアメリカもトルコと同じく、ISISを消滅させるようなことはしたくありません。なぜなら、彼らは中東を不安定化し、アサド政権を倒すためにISISを利用しているからです。

――――――――――――――――――――――――

NATO加盟国のトルコ軍がロシアの戦闘機を撃墜、NATO対ロシアの構図を作ろうとしている可能性
転載元より抜粋) 櫻井ジャーナル 15/11/24

シリアとトルコの国境近くでロシア軍のSu-24が撃墜された。ロシア側はシリア領空を飛行中、地上からの攻撃で撃ち落とされた可能性が高いと発表、ロシア側は記録が残っているとしている。



現在、ロシア軍の空爆で壊滅的な打撃を受けているIS(ISIS、ISIL、ダーイッシュなどとも表記)と最も密接な関係にあるのはトルコ政府。これまでISを含む反シリア政府軍に拠点を提供、兵站ラインはトルコからシリアへ延び、その兵站ラインをトルコの軍隊や情報機関が守ってきた。

ここにきてロシアはISの石油関連施設や燃料輸送タンカーを破壊、アメリカ軍も警告つきながら、攻撃を始めた。その石油を扱っている会社としてサウジアラビアのARAMCOやアメリカの会社でカタールに大きな影響力を持っているエクソン・モービルといった名前が挙がっているが、盗掘から業者まで運んでいるのがトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領の息子が所有するBMZ社だと言われている。

トルコのジェイハンからタンカーでイスラエルへ輸送し、そこで偽造書類を受け取ってEUで売りさばくという仕組みだともいう。ロシア軍やアメリカ軍の空爆でエルドアンは個人的にも厳しい状況に陥っている可能性が高い。

これまでもトルコはNATO軍対ロシア軍という構図を作ろうとしていた。トルコ政府はギャンブルに出たのかもしれないが、そうした展開になる可能性は小さいだろう。ギャンブルは失敗することが圧倒的に多い。

参照元 : Shanti Phula


[ロシア・トゥデイ]トルコ政府とISISの石油の取引について 〜トルコ大統領息子とISが一緒にいる写真が流出〜

2015/11/26 11:00 AM

7dd4c3f74f006b34bb1d70d7adebd54e105

昨日の記事で"盗掘から業者まで運んでいるのが…エルドアン大統領の息子が所有するBMZ社"とありましたが、そのエルドアン大統領の息子が、大虐殺に関与していると言われているISISリーダーと一緒にいる写真が暴露されています。またメドヴェージェフ首相によると、トルコの仲買業者にはトルコ政府当局者も含まれているとのことです。(編集長)

トルコ大統領息子とISが一緒にいる写真が流出
転載元より抜粋) 世界の裏側ニュース 15/11/26

トルコ政府とISISの石油の取引について
Ankara's oil business with ISIS

Ankara's oil business with ISIS11月25日【RT】

ISISのテロ活動の主な資金源は違法な石油取引によるものであるが、トルコ政府がISISの違法な石油取引の手助けを行っているとロシア政府が批判している。

シリア国内でのロシアの空爆により、トルコの仲買人に利益をもたらしている石油取引が阻害されていることが分析から明らかにされている。そして、トルコの仲買人にはトルコ政府の職員も含まれているという。

トルコのソーシャルメディア上には、トルコのレジェップ・エルドアン大統領の息子、ビラル・エルドリアンがイスタンブールのレストランで、ISISのリーダーとされる人物と会食しているところを撮影した写真が投稿されている。このISISのリーダーはシリアでのホムズやロジャヴァでの大虐殺に関与していると言われており、この人物の名前はシリアのクルド人や西洋に住むクルド人の名前だ。

▼ISIS主導者と会食するトルコ大統領の息子

o0600045013494401750-480x360


ビラル・エルドリアンは、闇市場でのイスラム国との石油取引に直接的に関与しているという疑惑が持ち上がっている。

昨年10月、イスラム国は石油の密輸から、一日あたり100万ドルの収益をあげていると米国財務省内のテロリズム・財政に関する諜報部門に所属するデイビッド・コーエン氏が話している。

「私たちが入手した情報によれば、先月の時点ではISIL(現在では一般的にISISとされる)は様々な仲買人に対し大幅な割引価格で売却していたことが明らかになっています。その仲買人にはトルコの業者も含まれますが、このトルコの業者がオイルを転売するために購入後に輸送しています。また、ISILの統制地域から産出された石油の一部は、イラク国内のクルド人に売却され、さらにトルコに転売されているようです」

さらにロシアのミートリー・メドヴェージェフ首相によると、トルコの仲買業者には民間の企業家だけでなく、トルコ政府当局者も含まれているという。

トルコ政府がイスラム国を保護しているのは、「ISISが統制している石油プラントで精製される石油製品の供給に、トルコ政府職員の一部が直接的な金銭的利害関係を持っている」ことが原因とのこと。

ロシアのNational Energy Security Fundの政治分析官Igor Yushkov氏は、シリア国内のロシアの反テロリズム軍事作戦によって、このような取引が非常に困難になっていると話している。

「最近では、(石油運搬の)トラックの隊列は消散し、最大積載量は小さくなっています。ロシアの軍事作戦の始まる前は、買い手は自身で油田を訪問していましたが、今では彼らも新しい場所を組織化させる必要が出てきました」(Gazeta.ruより)

同氏によると、ISISには充分な能力のある専門家が不足しているため、石油抽出は減少するだろうとのこと。

ロシアの石油産業の専門家によると、イスラム国の石油の販売価格は1バレルあたり$15〜25で、北海を中心に採鉱されるブレント原油の取引価格$45〜50と比較するとずっと低価格だ。

ロシアの石油産業の専門家:「転売することにより、トルコ政府には追加所得を受ける機会が生まれ、さらに過激派を爆撃しているという名目のもと、クルド人に対して爆撃を継続し続けることが可能になります」

(翻訳終了)

(続きはここから)

o0598032313494402950-480x259

「おっす!元気?」「まあまあかな〜」 という声が聞こえてきそうな写真が昨年のツイッターで出回っていました。


ツイッターには、

「トルコ=ISIS、 エルドリアン=ISIS トルコ軍兵士が、ISISテロ戦闘員と仲良くおしゃべり中」とあります。

その他にも、至近距離にISISがいても何もしていないトルコ軍の写真とされるものも。

o0800047913494405699-480x287

Turkey’s Treatment of Kurds No Different Than Israels Treatment of Palestinians. Torture & Murder is Reality

シリア国内のISISの大好物である錠剤の覚醒剤、Captagon(カタゴン)の多くも、ヨーロッパやトルコから入ってきていますし(the Guardian)、トルコとの国境近くでISISがロシア軍に本気で攻撃されると・・・ISISとしてはさらに困るんでしょうね。

参照元 : Shanti Phula


[YouTube 他]トルコ大統領息子がISIS原油密輸を担当 / トルコがISを守るのは驚くべきことではない−露首相 〜今後逐一情報として挙げて行けば、この連中の居場所が無くなる〜

2015/11/26 8:00 PM

7dd4c3f74f006b34bb1d70d7adebd54e108

竹下雅敏氏からの情報です。
冒頭の動画は、ネオコン勢力にとって大変都合の悪いものです。こうした情報は大変な速さで世界を駆け巡ります。ロシアのメドヴェージェフ首相は石油の密売に関して、“トルコの複数の人物の直接的な金銭的利害”を考えると、今回のトルコによる撃墜事件は“驚くべきことではない”と発言し、石油の密売にトルコ政府が関わっていることを示しています。

トルコ諜報局元局長によれば、米国もロシアも、“ISの原油販売に関わっている人物や、原油の供給先に関するしかるべき情報を入手している”とあり、このことで“トルコはハーグにある国際司法裁判所で責任を問われる”ことになり、トルコは“正真正銘の困難な状況に陥る”としています。

“続きはこちらから”以降の、ロシアの立場は明瞭です。この記事では、はっきりとエルドアン大統領は“一家そろってISを相手に石油を取引している”と大統領一家を名指ししています。トルコとの戦争は考えていないが、“エルドガン氏がトルコ大統領であるということはもう適さない”と言う立場です。

エルドアンにロシア機を撃墜させたネオコン連中は、ロシアが感情的になり、トルコとの開戦から第三次大戦を誘発するつもりだったと思いますが、ロシアはそのような挑発には乗りません。連中の悪事を今後逐一情報として挙げて行けば、この連中の居場所が無くなることをロシアはよく知っているのです。(竹下雅敏)

トルコ大統領息子がISIS原油密輸を担当
転載元より抜粋) YouTube 15/11/25



ロシア機スホイ24 トルコがISを守るのは驚くべきことではない−露首相
転載元) Sputnik 15/11/25

1220613

メドヴェージェフ首相は、東南アジア訪問後にエカテリンブルグを訪れた際に、ロシア機スホイ24をめぐる事件についてコメントし、次のように語った−

「常識はずれだ。ロシア機を撃墜したトルコ当局の犯罪行為は3つの結果を引き起こした。一つは、ロシア・NATO関係の危険な緊迫化。これは国境保護を含むいかなる関心によっても正当化できない。

2つ目は、トルコが、自らの行動によって、事実上、「IS(イスラム国)」の戦闘員の保護をデモンストレーションしたことだ。これは、ISに属する企業で生産された石油製品の供給と関連しているトルコの複数の人物の直接的な金銭的利害に関する情報を考慮した場合、驚くべきことではない。

3つ目は、経済や人道分野におけるロシアとトルコの長期にわたる善隣関係が損なわれたことだ。この損失の埋め合わせは難しくなるだろう。その直接的な結果として、一連の重要な共同プロジェクトが拒否されたり、トルコ企業がロシア市場で自社のポジションを失う可能性がある」。

プーチン大統領は24日、ロシアは、ISが管理下におく油田で生産された原油がトルコ領内にたくさんあることをずいぶん前から確認していると述べた。 プーチン大統領は、次のように語った−

「我々は、占拠された地域から大量の原油と石油製品がトルコ領内へ送られているという事実をずいぶん前から確認している。そこから、徒党集団の多額の金銭補給が行われている」。

――――――――――――――――――――――――

トルコ諜報局元局長:ロシア機はトルコの安全保障に脅威を与えなかった
転載元より抜粋) Sputnik 15/11/25

トルコ軍参謀本部諜報局の元局長イスマイル・ハッキ・ペキン氏は、通信社「スプートニク」のインタビューで、トルコ空軍に撃墜されたロシア機スホイ24は、トルコに対して敵意に満ちた意図を示さなかったと指摘した。

なおペキン氏によると、現在シリア北部のバイィブジャク地区に住んでいるトルコ系民族の数は非常に少ないという。ペキン氏は次のように語っている−

「そこに住んでいるのはトルコ系民族の2パーセント未満だ。この地区の主な住民はウイグルとチェチェンのテロリストたちだ。テロリストらに対する作戦を遂行していた航空機を撃墜したのは大きな過ちだった。航空機はトルコの安全保障にいかなる脅威も与えず、敵意に満ちた意図も示さなかった」。

ペキン氏はまた、ロシアは、オランダのハーグにある国際司法裁判所でトルコの有罪を確定するために、トルコ経由で行われている「IS(イスラム国)」の原油販売に関する情報を用いることができると指摘し、次のように語ったー

「米国は、地域におけるトルコの活動に関する情報を持っている。ロシアもトルコでISの原油販売に携わっている人物や、原油の供給先に関するしかるべき情報を入手している。米国が恐喝戦術を選ぶ可能性があるが、プーチン大統領はトルコに、『もしあなた方がそのような行動に出るのであれば、IS戦闘員が生産している原油があなた方の領土を経由してどのように供給され、そこから得た資金が誰に流れているか話すのをお許しください』と言うだろう。今日明日にもトルコはハーグにある国際司法裁判所で責任を問われる可能性がある。もしそのようなことになったら、トルコは正真正銘の困難な状況に陥るだろう」。

ペキン氏は、トルコ国内におけるISの原油の供給と販売をトルコが認めない可能性もあるか?との問いに対し、次のように語っている−

「トルコには、金融犯罪調査委員会(MASAK)と呼ばれる機関が存在している。同機関は、原油の供給先や、販売で得た資金がどこに流れるのか、また誰がそれを受け取るのか、そして彼らがどのようにして資金洗浄を行っているのかに関するたくさんの情報を持っている。これらは全て分かっている。しかし『私たちにはお金が必要だ』といって、見て見ぬふりをしている」。

(続きはここから)

――――――――――――――――――――――――

ロシア機撃墜でエルドガン氏はロシアを裏切っただけではない。トルコの国益も裏切った。
転載元より抜粋) Sputnik 15/11/26

1225067-480x259

アンドレイ イワノフ

モスクワ国際関係大学、国際調査研究所の上級研究員、アンドレイ・イヴァノフ氏は、この件に関して次のような考察を表している。

「背中から襲う裏切り行為。プーチン大統領はロシアの爆撃機Su24がトルコの戦闘機F16に攻撃された事件をこう呼んだ。ロシア軍機はシリア領内のテロリストらを爆撃しており、トルコには何の脅威も与えていなかった。

ロシア人パイロットを少なくとも1人殺害したトルコ空軍のこの行為はロシアを大いに憤慨させた。モスクワにあるトルコ大使館には『人殺し』とかかれたプラカードを手に抗議市民が集まっている。もちろんロシアは前からトルコがテロリストらを支援していることは知っていた。チェチェンでロシア軍を相手に戦うテロリストらもトルコによって支援されている。

それでもロシアはトルコと友好的パートナー関係を築こうと努力してきた。トルコの事業に対してはロシアは、(こういう表現ができるならば)最適な好条件を提供してきた。トルコの建設業者はロシアでうまみの大きな契約を結び、ロシアの市場は農産品から軽工業製品までトルコのメーカーに開かれてきた。

ロシア人ツーリストはトルコのリゾート地に何十億ユーロもの金を落としてきた。ロシアの原子力コーポレーション「ロスアトム」は自分が費用を負担して、現在、トルコで原発を建設している。なのになぜ、トルコはロシアに、信用のおける経済パートナーに対し、卑劣にも抜き打ち攻撃を行ったのだろうか?

そもそもロシアとトルコのシリア情勢の評価は異なっていた。ロシアにとっては「IS(イスラム国)」はテロ組織であり、一般市民、子どもまでを野蛮に殺害し、臓器売買を行い、撤去したり、売り飛ばしてはならない歴史的遺産を破壊し、強奪した領域から石油を採掘、販売することで国債石油価格を引き下げている存在だ。ところがトルコにとっては違う。これは「新たな現実」だった。

この表現はまさについ先日、トルコ政府内のある人物の口からもれた。この人物はISをこう認めるといったのだ。そしてこれはトルコにとっては非常にうまみの大きい現実だ。トルコのエルドガン大統領は一家そろってISを相手に石油を取引しているという報告もある。このほかエルドガン大統領は世俗のアサド政権の崩壊を夢見ている。

どうやらエルドガン氏はアサド政権崩壊後、かつてのオスマン帝国の一部であったシリア領域をトルコは掌握できるのではないかと期待しているらしい。数ヶ月前、IS武装戦闘員らが「シリア穏健反体制派」と共にアサド軍を追い詰めたとき、エルドガン氏はもう少しでこの夢が叶うと思ってしまったらしい。

いうところでシリアでの戦争にロシアが介入してしまった。ロシアはシリアに非常に小型の航空隊を派遣したため、ロシア人パイロットらは当初、ISや他のテロリストの拠点への攻撃に集中せざるを得なかった。ところがこれが成功を収め、テロリストらも兵力、軍事機器、弾薬に深刻な損失を受けた段階でロシア人パイロットらは今度はテロリストの資金源である場所に空爆を開始した。

つまりそれは石油採掘施設、石油備蓄施設であり、タンクローリーだった。このタンクローリーを使ってISは掌握したシリア領内やトルコにあるターミナルに石油を運んでいた。その結果、トルコは、さらに正確を期せばISからの安価な石油で儲けている連中は多大な損失を蒙った。それをエルドガン大統領は我慢できなかった。だからトルコのパイロットたちはロシア機を撃墜した。

ということはエルドガン氏は一家こぞって犯罪的なビジネスを守ろうとして、ISをも擁護していることになる。エルドガン氏のこうした政策はトルコ国民の利益に適っているだろうか? 否。なぜならトルコの国益に適うのはロシアとの善隣関係であり、ロシアとの互恵的な協力だからだ。

これはロシアにも必要なものであり、ロシアはこれを、厳格な措置を採りつつも考慮していく。ロシアにとってはトルコがパートナーであるほうがよい。だがロシアには、エルドガン氏がトルコ大統領であるということはもう適さないようだ。

参照元 : Shanti Phula

【閲覧注意】トルコ国境付近でロシア軍機が撃墜される ⇒ パイロットがパラシュートで脱出 ⇒ IS戦闘員が地上から銃殺

トルコ国境でロシア機が撃墜 モスクワから最新情報

2015/11/24 18:41

2015-11-25_050632

トルコとシリアの国境付近でロシア軍機が撃墜されました。ロシアの反応について報告です。

(陣中文記者報告)
撃墜されたのはロシアの爆撃機1機で、トルコ軍は「F16」戦闘機でこの国籍不明の爆撃機を撃墜したとしていますが、ロシア国防省は、地上からの攻撃で撃墜されたと主張しています。乗員についても、ロシア国防省は、パラシュートで脱出に成功したとしていますが、安否については不明だとしています。

また、ロシア国防省は乗員について、2人以上いることを示唆しています。シリア上空では先月16日にも、無人機「ドローン」が撃墜されました。このドローンについて、ロシア軍のものという指摘もありましたが、この時もロシア軍は否定しています。

参照元 : テレ朝ニュース





2015-11-25_050646


トルコとシリアの国境付近でロシア軍機が撃墜された。ロシア軍パイロットがパラシュートで脱出するも、IS戦闘員に地上から銃撃され、トドメを刺される映像。(R18指定)

2015-11-25_045124

2015-11-25_045035

Russian Pilots SHOT DEAD by ISIS as they parachuted down





لحظة فتح المضادات الأرضية من قبل الثوار على الطيارين الروسيين أثناء هبوطهم بالمظلات في ريف اللاذقية




<ロシア軍機撃墜>プーチン大統領「ロシアは容認しない」

2015年11月24日(火)23時40分配信

2015-11-25_065526

◇「テロリストの共犯者に背中から撃たれた」とも

【エルサレム大治朋子、モスクワ杉尾直哉】トルコなどからの報道によると、トルコ軍のF16戦闘機2機が24日、シリアとの国境付近でロシア軍のスホイ24戦闘爆撃機1機を撃墜した。墜落地点は、シリア北西部ラタキア付近とみられる。乗員2人は脱出したが、シリア反体制派は2人が死亡したと語った。ロシアは強く反発しており、トルコが加盟する北大西洋条約機構(NATO)との関係悪化につながる恐れが強い。

トルコはロシア軍機が領空侵犯したと主張しているが、プーチン露大統領は「トルコ領から1キロ離れたシリア領内を飛行していた」と否定。トルコが過激派組織「イスラム国」(IS)の石油密輸ルートになっていると指摘、「テロリストの共犯者に背中から撃たれた」と、トルコを「テロ支援者」になぞらえて批判した。プーチン氏はさらに「このような犯罪をロシアは容認しない。事件は両国関係に重大な結果をもたらすだろう」と強硬な姿勢を示した。

AP通信によると、トルコのダウトオール首相は、国際法違反の領空侵犯に対して「すべての措置を取る義務がある」と言明。トルコ軍の措置は正当だったという見方を示した。NATOは、トルコの要請を受けて大使級臨時理事会を24日夕に開くことを決めた。

イラク駐留米軍のウォレン報道官は24日、「純粋にトルコとロシアの事件だ」と述べて距離を置く姿勢を示した。NATOとロシアの直接対決にエスカレートさせたくないという米国の思惑を反映し、慎重な姿勢を見せている模様だ。

ウォレン報道官はさらに、ロシア軍機について「本来飛ぶべきでない空域を飛行していた」と述べた。

トルコのアナトリア通信によると、トルコ空軍機は、領空侵犯機に対して5分の間に10回警告を出したが、領空から離れなかったため撃墜したという。

参照元 : 毎日新聞


トルコ機がロシア機を撃墜 緊張高まる

2015年11月24日 22時55分

K10010317891_1511241918_1511241919_01_02

内戦が続くシリアと隣国トルコとの国境付近で、トルコ軍が、ロシアの爆撃機を領空を侵犯したとして撃墜しました。ロシアのプーチン大統領が「ロシアとトルコの2国間関係に深刻な影響を与えるだろう」と述べるなど緊張が高まっています。

トルコ軍によりますと、現地時間24日の午前9時20分ごろ、トルコ軍の戦闘機がシリアとの国境付近で国籍不明の軍用機を領空を侵犯したとして撃墜し、軍用機はシリア北西部ラタキアの近郊に墜落したということです。

これについてロシア国防省は、ロシアのメディアに対し、撃墜されたのはシリアの上空6000メートルを飛行していたロシアの爆撃機「スホイ24」だと明らかにしました。これを受けてロシアのプーチン大統領は、24日、南部のソチでヨルダンのアブドラ国王との会談の中で、「テロリストの手先がロシアの爆撃機を背後から襲った」と述べ、トルコをテロリストの手先と呼び強く非難しました。そのうえで、「爆撃機はトルコに脅威を与えていなかった。ロシアとトルコの2国間関係に深刻な影響を与えるだろう」と述べました。

これに対して、トルコのダウトオール首相は24日、「たび重なる警告にもかかわらず領空を侵犯されれば、トルコにはそれに応じる権利がある」と述べ、撃墜は当然の判断だと強調しました。

今回の撃墜を巡ってトルコ側は、「軍用機はトルコの領空を侵犯し、10回にわたって警告を繰り返したにもかかわらず飛行を続けた」と説明しているのに対し、ロシア側は「爆撃機はシリア領内を飛行していた」として、領空侵犯はしていないとの立場を強調しており、両国の間で緊張が高まっています。

ロシア軍によるシリア空爆
ロシア軍は、シリアで過激派組織IS=イスラミックステートなどを壊滅させるためとして、9月30日以降、シリア北西部のラタキア郊外にある空軍基地を拠点に空爆を行っています。こうしたなか、ロシア軍は先月20日、同様にシリアで空爆を行う有志連合を主導するアメリカ軍との間で、双方の軍用機の偶発的な衝突を防ぐ対策を取ることで合意していました。

ロシア軍は、先月末にエジプトでのロシアの旅客機の墜落を爆弾テロと断定したことを受けて、今月17日からは報復攻撃を行うとして、戦略爆撃機やカスピ海を航行する艦船から巡航ミサイルを100発以上発射するなど、ISに対する攻撃を強化しています。

撃墜されたとみられる「スホイ24」とは、ソビエト時代の1970年代半ばに導入された爆撃機です。全長はおよそ25メートル、定員は2人で、最高速度はマッハ1を超え、ロシア軍の主力爆撃機として実戦配備されています。イギリスの軍事専門誌「ジェーンズ・ディフェンス・ウイークリー」によりますと、2000年以降、スホイ24をベースにした性能を向上させた戦闘爆撃機の開発に成功しているということです。

シリア巡るトルコとロシア
シリアではロシアがことし9月から空爆に乗り出しましたが、トルコ政府は、ロシアによる空爆が過激派組織ISだけでなく、アサド政権と戦う反政府勢力も標的にしていると懸念を示し、シリアとの国境付近でロシア軍による領空侵犯を非難していました。そのうえで「何か発生した場合は、責任はロシア側にある」と警告していました。

こうしたなか、先月16日にはトルコ軍がシリアとの国境に近い領空内で国籍不明の無人の偵察機を撃墜しましたが、ロシア側は、撃墜された無人機はロシアのものではないと否定していました。

トルコは有志連合の1国として、アメリカやフランスなどと共に対ISの空爆に参加していて、シリアの内戦についてはアサド大統領の退陣を最優先に求めています。これに対し、ロシアは、ISに対する空爆を強化するという点では有志連合と同じ立場ですが、アサド政権については支持しています。

今回の撃墜は、対ISという目的は同じものの、アサド政権を巡って立場の隔たりがあるトルコを含む有志連合とロシアが十分に連携できていない実態が浮き彫りになっています。

参照元 : NHKニュース


救出に向かったロシア軍ヘリも攻撃受け破壊

2015年11月25日 11時12分

2015-11-29_054341

内戦が続くシリアと隣国トルコとの国境付近でロシアの爆撃機がトルコ軍に撃墜され、救出に向かったロシア軍のヘリコプターも武装勢力の支配地域から攻撃を受けて緊急着陸し、破壊されました。ロシア軍は、これまでに合わせて2人が死亡したことを明らかにしました。

ロシア軍の爆撃機は24日にシリアとの国境付近でトルコの領空を侵犯したとしてトルコ軍の戦闘機に撃墜されました。ロシア軍の参謀本部によりますと、爆撃機が墜落したのは、シリア領内の反政府の武装勢力が支配する地域で、パラシュートで脱出した乗員2人のうち1人が地上から銃撃を受けて死亡しました。

ロシア軍は、爆撃機の乗員を救出するため、ヘリコプター2機を墜落現場付近に派遣しましたが、このうち1機が反政府の武装勢力が支配する地域から攻撃を受けて緊急着陸したということです。その際、兵士1人が死亡し、ヘリコプターは、さらに砲撃を受けて破壊されたということです。

武装勢力側は、ロシアのヘリコプターをミサイルで攻撃して破壊したと主張し、その映像をインターネット上に公開しました。ロシア軍によりますと、ヘリコプターに乗っていた兵士は、シリア北西部のラタキア郊外にあるロシア軍の空軍基地にたどりついたということで、ロシア軍は爆撃機の乗員の救出作戦を続けているとしています。

参照元 : NHKニュース


トルコ人兵士がロシア軍のヘリを爆破!

2015年11月24日、トルコ人の男は、地上にとめていたロシア軍のヘリコプターを爆破した。攻撃の様子を録画し、ネット上に公開した。

2015-11-25_045205

2015-11-25_045243

Turkmen blew up Russian Helicopter 24-11-2015

The Turkmen blew up one of the Russian helicopters who were seeking the two, we know now, killed Russian pilots who's SU24 got shot at by Turks.

As far as i know the pilots of the helicopter survived.
Hopefully this war will end soon by defeating all these so called moderated, but jihadi moron, groups.

RIP Pilots of the SU24. May god be with you and may you not have suffered at all.
My condoleances to the families.



イスラエルの傭兵部隊”イスラム国”(IS)が「ユダヤ人を絶滅させる」とヘブライ語で茶番動画を公開

イスラム国、「ユダヤ人を絶滅」とヘブライ語で初の動画

2015年10月27日10時25分

142239826966130053180_isis-is-jew-terrore

【CJC=東京】過激派組織「イスラム国」(IS)が24日までに、「ユダヤ人を絶滅させる」などとするヘブライ語の動画をインターネット上に公開していたことが明らかになった。朝日新聞が報じた。イスラエルのメディアは、ISによるヘブライ語の動画公開は初めてと報じている。

動画は約2分。銃を携えた覆面の男が荒野に立ち、「今までに起きたことは、これから起こることに比べ、子どもの遊びだ。エルサレムと国中から一人のユダヤ人も残らなくなる」などと訴える内容。イスラエルの地図を示し、「攻撃計画」も語っている。

参照元 : Christian Today

B9ojy7zCMAEsDHQ

イスラム国はアメリカ・CIA、イスラエル・モサドのシオニストが作った傭兵部隊。

2015-11-22_073738

わざとらしい子芝居は辞めなさい。もうバレてるぞ(笑)


新たなイスラム国(IS)の動画、米ニューヨークへの攻撃を警告

新たなISIS動画、NYへの攻撃を警告

2015年11月19日(木)16時27分配信

2015-11-19_192308

(CNN) 過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」は18日、米ニューヨークへの差し迫った攻撃を示唆する動画をネット上に公開した。ニューヨーク市警(NYPD)は動画の存在を確認した上でテロ対策向けに増強した人員を配備。万全の警戒態勢を整えるとしている。

動画では爆発物や自爆ベストを装着した人物などの画像に続き、ニューヨーク中心部のタイムズスクエアの画像が流れる。13日に発生したパリを狙った同時テロでは、少なくとも129人が死亡し、352人が負傷した。

NYPDは声明で「新しい映像ばかりではないとはいえ、今回の動画の公開はニューヨークが依然としてテロリストたちの標的の最上位に位置づけられていることを示す。現時点で具体的なテロの脅威は存在しないが、我々は高い警戒レベルを維持し、連邦捜査局(FBI)などと連携して引き続きニューヨークの安全を守っていく」と述べた。

ニューヨークのデブラシオ市長は動画の公開を受け、テロを未然に防ぐため警察当局があらゆる対策を講じていると説明。その上で「テロ組織の目的は恐怖をあおることだ。しかしニューヨークがおじけづくことはない」と強調した。

CNNでテロ問題を担当する専門家は「当局者らは、動画による警告を深刻に受け止めなくてはならないだろう。現在ISISが最も望んでいることの一つが、米国内でのテロ攻撃だ」と指摘した。

ISISは今週、首都ワシントンへの攻撃を宣言する動画も公開している。

参照元 : CNN.co.jp

問題の動画ページ


▼イスラム国のテントにU.S ARMYの文字(笑)




▼インチキ・イスラム国に隠された陰謀




▼世界は八百長!世界の戦争シナリオ集





【パリ同時多発テロ】バタクラン劇場のテロ事件は、仏政府が劇場にいた人達を殺害し、テロの犠牲者として利用した自作自演だった!?

バタクラン劇場のテロ事件はフランス政府の自作自演だった?

2015年11月17日12:12

以下の記事は、フランス政府がバタクラン劇場にいた人たちを殺害しテロの犠牲者として利用したことが明らかになったと伝えています。

この記事を読む限り。。。どうやら今回の偽旗同時多発テロは、NATOなどがシリアを完全に破壊するために第三次世界大戦を手っ取り早く勃発するための工作だったようです。バタクラン劇場でのテロ事件はフランス政府のねつ造だったとのことですが、実際に多くの人たちが殺害されてしまいました。

しかし他の事件現場では他の国の政府或いは諜報機関が関与したのではないでしょうか。フランス政府だけでこれだけの偽旗事件が作り出せるわけもありませんし。。。

別の記事によると、この事件が起こる2週間前にワシントンDCでアメリカの副大統領とフランス、アメリカ、イギリス、イスラエルなどの諜報機関が秘密会議を開きパリでの偽旗テロの計画を練ったそうですから。。。

9.11テロ事件が起きた時には、世界中の誰もが主要メディアが報道するニュースに騙されましたが、今回は様々な人々が偽旗テロ事件の真相を明らかにしています。

G20では対テロ対策が盛り上がりました。彼らは偽旗テロ事件が成功したことと、これで第三次世界大戦を始める口実ができたと祝杯をあげているのでしょうか?

Busted: Totally Proven Beyond All Doubt: The French Government Staged The Attacks

(概要)

11月16日付け

DHZToSjIN3

BUSTED: TOTALLY PROVEN BEYOND ALL DOUBT: THE FRENCH GOVERNMENT STAGED THE ATTACKS, ROUNDED UP THE FUTURE “VICTIMS” AFTER THEY LEFT THE BATACLAN, MURDERED THEM WHILE THEY WERE IN CUSTODY, AND THEN SET UP THE BLOODY SCENE WITH THE BODIES.

A GLITCH IN THE MEXICAN MEDIA HAS PROVEN THAT THE FRENCH GOVERNMENT MURDERED “VICTIMS” WHILE IN CUSTODY OF THE AUTHORITIES. WE DEFINITELY HAVE A LOT OF DEAD PEOPLE IN THESE “TERROR ATTACKS” AND IT LOOKS LIKE NONE DIED “IN THE NAME OF ISLAM”.

BUSTED: THE ONE MEXICAN GIRL (Nohemi Gonzalez) WHO DIED WAS CONFIRMED ALIVE AFTER THE BATACLAN SHOOTING WHEN HER FAMILY CALLED HER BOYFRIEND’S PHONE AFTER HEARING ABOUT THE SHOOTING IN THE MEXICAN MEDIA.

HE SAID HE WAS WITH HER OUTSIDE AND THEY WERE BOTH FINE, AND NOW, AFTER THE AUTHORITIES TOOK HER INTO CUSTODY SHE IS DEAD. BUSTED BUSTED BUSTED, THERE WERE NO TERRORISTS, THE FRENCH GOVERNMENT DID THIS JOB, AND IT IS A FILTHY FALSE FLAG.

I MIGHT GET BLASTED OFF THE WEB FOR REPORTING THIS, BUT IT IS A COLD HARD FACT, IT CAME ACROSS THE TELEVISION WHILE I WAS GOING OVER THE PHOTOS OF THE BATACLAN. THE DEAD BODY SCENE LOOKED REAL, BUT WAS TOO LOW RES TO WORK WITH.

THEN THIS REPORT CAME ACROSS THE TV WITH THE GIRL’S FAMILY ON TELEVISION, SAYING IT LIKE IT HAPPENED FROM THEIR PERSPECTIVE. THEY CONFIRMED SHE WAS NOT SHOT AFTER THEY HEARD ABOUT THE SHOOTINGS IN THE PRESS.

THEY GOT AHOLD OF HER BOYFRIEND AFTER THE BATACLAN WAS EMPTY, WHO WAS WITH HER ALIVE AND TOTALLY UNHURT OUTSIDE THE THEATER.

NOW, AFTER BEING TAKEN INTO CUSTODY BY AUTHORITIES TOTALLY UNHURT SHE HAS BEEN CONFIRMED DEAD AND HER FAMILY IS WONDERING HOW, WHEN THEY CONFIRMED SHE WAS NOT HURT AND ALL WAS WELL.

THEY BLEW IT BLEW IT BLEW IT, THERE WERE NO ARABS, THE FRENCH GOVERNMENT DID THIS AND GOT THEIR BODY COUNT BY MURDERING PEOPLE IN CUSTODY!

The fact that the French government murdered victims and then planted them back in the scenes afterwards explains completely why no real shooting ever turned up on amateur cell phone video from the Bataclan, yet there was a significant body count. They took this Mexican girl into custody, murdered her, brought her back into the Bataclan and dragged her to where they left her dead. This explains why blood is dragged all over the floor in the bataclan, because they dragged and dropped the bodies after killing them.

This might be the first time ever the perpetrators of a false flag got busted by their own media, I REPEAT: THE ONE MEXICAN VICTIM WAS CONFIRMED ALIVE AND UNHURT AFTER THE BATACLAN “SHOOTING”, ONLY TO END UP BACK INSIDE THE THEATER DEAD FOR THE PHOTO SHOOT. THE FRENCH GOVERNMENT DID THIS, NO IFS OR BUTS.

Now let’s keep an eye on the distribution of deaths, to find out if the authorities ID’d people before killing them, to get deaths from as many countries as possible. If there are deaths from everywhere, that is exactly what they did – the French checked ID’s to decide who they would kill based upon where they were from, to get as many countries as possible to stand behind a war on Islam after losing one of their own . . . . .

After reporting this, I might as well pop in a movie and wait for a drone strike. And by the way, I am feeling well and not suicidal.

Anything to get their world war 3, ANYTHING. I am actually pissed off beyond belief, of all the gall! They needed a real body count so they murdered people who were PROVEN ALIVE after the “event!”

Ok, after working on this for a while, things are coming into view. Here is what likely happened: Agents, not “terrorists” got a small body count at the scene, and then spiced it with people they detained afterwards. That makes the most sense based on various reports, they did not kill all “in custody”, they spiced it with people they needed dead for the most political gain by murdering people who were selected for their nationality via their ID’s while in custody.

Among the dead, there is quite a list of countries so far.

We have: Michael Jozic, from Belgium Elif Dogam from Turkey OTHER COUNTRIES NAMED, TO CUT TO THE CHASE: France, Sweden, Tunisia, Mexico, United States, Chile, Algeria, Portugal, Italy, Morocco, Spain, England, Germany, and the list is not done yet.

The Mexican victim’s family is questioning how on earth she is dead when she was alive after everything settled down, ALIVE LONG ENOUGH AFTER IT ALL FOR THE MEDIA TO HAVE REPORTED IT, AND FOR THEM TO TRY TO CALL AFTER HEARING ABOUT IT. THIS GIRL’S FAMILY WAS IN MEXICO, THIS NEWS DID NOT BREAK IN MEXICO IN FIVE MINUTES. IT TOOK A LOT LONGER THAN THAT, HOW ON EARTH DID THIS GIRL END UP DEAD WHEN SHE WAS FINE WHEN THIS HIT THE NEWS IN MEXICO, LONG ENOUGH FOR HER FAMILY TO RESPOND TO THE NEWS OF THE ATTACK AT THE BATACLAN AND CALL? This latest event might be what kills false flags, the French government is BUSTED WHOLESALE.

[more…]

————————— Paris Shooting HOAX CRISIS ACTOR REVEALED! Smiling Partner Duping Delight!

フランス政府が今回の偽旗同時多発テロを仕掛けたことが証明されました。フランス政府は、バタクラン劇場から出てきた人たちを一斉検挙し、彼らを拘留した後に殺害しました。その後、劇場内を血まみれ状態にセットし遺体を置いたのです。

メキシコのメディアのミスにより、フランス政府が特定の観客らを拘留した後に殺害しテロの犠牲者を作り上げたことが明らかになりました。 バタクラン劇場で起きたテロ事件により大勢の犠牲者が出たと報道されましたが、彼らはイスラム過激派によって殺害されたのではない事が分かりました。 バタクラン劇場でテロリストに殺害されたと報道されたメキシコ人の若い女性(Nohemi Gonzalezさん)は、事件発生時には生きていました。彼女の家族が、事件直後に彼女の安否を確認するために、彼女のボーイフレンドに電話したところ、彼も彼女も一緒に劇場の外に出て元気でいると伝えました。 しかし、電話で通話した直後に彼女は当局に連れて行かれ殺害されたのです。つまり、バタクラン劇場ではテロ事件は発生していなかったのです。フランス当局が大量殺人を行い、テロの犠牲者をねつ造したのです。

テレビのニュースで、バタクラン劇場で起きたテロ事件が報道された時、ニュースの画像を注意深く観察しましたが、遺体はホンモノのように見えました。

その後、犠牲者の遺族がテレビに出演し、テロ事件が起きた時には娘は殺害されていなかったと語ったのです。事件が起きた時、劇場から人々が出てきて劇場内は空になっていました。その時、彼女も外に出てきました。そしてその後、フランス当局に連れていかれ殺害されたと遺族は語ったのです。

フランス政府は、この劇場でテロの犠牲者をねつ造するために、多くの遺体が必要だったのです。そして彼女も殺害されました。フランス政府は劇場から出てきた人達を一斉検挙し拘留した後に後に殺害し血まみれの遺体を劇場内に戻したのです。

事件が起きた時にバタクラン劇場にいた一般人が携帯電話で撮影した映像が公開されました。その映像によると、劇場では銃撃事件は起きていなかったことが分かります。何の発砲音も聞こえません。

しかし劇場内には多くの遺体が用意されました。当局は特定の人々を殺害した後、遺体を劇場に戻したために、劇場の床には血まみれの遺体が引きずられた跡がついていたのです。

今回、グローバル・エリートが支配する主要メディア(メキシコのメディア)がミスをしたことで偽旗事件の真相が暴かれてしまいました。また、事件現場の画像はフランス政府が撮影・公開したものです。フランス政府は劇場にいた観客のIDを事前に確認し、誰を殺害するかを決めていました。

もしフランス政府に殺害された犠牲者の中に外国人が含まれていたなら。。。殺害する人物の国も特定していたのです。彼らはできるだけ多くの国を巻き込むために多くの外国籍の人たちを殺害した可能性があります。 彼らは第三次世界大戦を勃発させるためなら何でもやってしまいます。

フランス政府は、劇場にいた人たちの中で、政治的利益のために都合の良い人たち(IDや国籍を確認)を特定し、彼らを一斉検挙した後に殺害し劇場内に遺体を戻しました。しかし拘束した人たち全員を殺害したわけではありません。政治的に都合の良い人たちのみを殺害しました。

フランス政府によって、劇場でのテロの犠牲者を創り出すために殺害された人たちの国籍は:ベルギー、トルコ、フランス、スウェーデン、チュニジア、メキシコ、アメリカ、チリ、アルジェリア、ポルトガル、イタリア、モロッコ、スペイン、イングランド、ドイツ、その他(まだ確認中)です。

メキシコの遺族は事件後にどのようにして彼女が殺害されたかを知りたがっています。



こちらのビデオでは、ジャーナリストが今回のテロ事件の真相を暴露しています。



参照元 : 日本や世界や宇宙の動向


ボストンマラソンの自作自演テロでは、劇団員が使われましたが、今回のパリ同時多発テロで話題の4人の女性が同一人物だという説はデマだと分かりました。

11988680_897914193625668_8583916527124257216_n

▼この写真の4人の女性は別人だと発覚。それぞれの身元が判明。

2015-11-16_220025

オーロラ、サンディフック、ボストンテロで同一人物だと言われていた悲劇の女性は別人だった。3人すべての女性の身元が分かっており、同一人物ではない事が確定しました。

▼オーロラの女性

amanda

写真に写っている女性の名前はアマンダMedekです。彼女は2012年7月20日、金曜日、オーロラ、コロラド州でゲートウェイ高校にて、彼女の妹Micaylaを探していた。

▼サンディフックシューティングの女性

carlee

上記サンディフック写真に示すように、女性は彼女の妹ヴィッキー・ソトが死んだことを知らされた時の写真です。この象徴的な写真はCarleeソトは彼女の妹ヴィッキーソトは、学校での銃乱射事件で殺された。

▼ボストンテロの女性

emma3

エマ・マクドナルドと二人の友人はボストンの犠牲者のために徹夜で撮影しました。

2015年パリの同時多発テロの女性は他の3人とは無関係であり、それぞれの女性は別人であることがハッキリしました。

▼パリの同時多発テロの女性1人の身元は分かってません。

201511151151288c2

paris-crying

2015年11月、パリの同時多発テロに遭遇した女性は、4つのすべてのテロ現場に遭遇した悲劇の女性だという話や劇団員(エキストラ)というネタは完全にデマでした。

2015-11-20_074419

2015-11-20_074442

2015-11-20_074518

2015-11-20_074539

4人の女性が別人だと公表した英文の元記事▼
Was the Same Woman at the Aurora, Sandy Hook, and Boston Tragedies?















アノニマスがイスラム国に宣戦布告「世界中でお前たちを追い詰める。お前を見つけ、そして放しはしない」

アノニマスがイスラム国に宣戦布告? 「戦争は宣言された。お前たちを見つける」

2015年11月17日(火)9時18分配信

2015-11-18_190637

【パリ=森浩】パリ同時多発テロをめぐり、国際的ハッカー集団「アノニマス」が、多発テロへの犯行声明を出した過激派組織「イスラム国」に対して、サイバー空間での“宣戦布告”をしたことが17日明らかになった。

動画投稿サイト「YouTube」に投稿された動画では、アノニマスの象徴とも言える仮面をかぶった人物がフランス語で「戦争は宣言された。準備も整っている。世界中からのアノニマスがお前たちを捕らえるだろう。お前を見つけ、そして放しはしない」と宣言。イスラム国へのサイバー攻撃を宣言している。

アノニマスをめぐっては、日本国内で9月以降、イルカの追い込み漁で知られる和歌山県太地町役場や2020年東京五輪組織委員会などの公式サイトが相次いでサイバー攻撃を受けており、関与が指摘されている。

参照元 : 産経新聞


アノニマス、ISに宣戦布告 「世界中でお前たちを追い詰める」

2015年11月17日(火)10時22分配信

2015-11-18_190702

【AFP=時事】国際ハッカー集団「アノニマス(Anonymous)」が16日、動画共有サイトのユーチューブ(YouTube)に投稿した動画で、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」に宣戦布告した。これに対し、IS傘下の組織は好戦的な反応を示している。セキュリティー対策の専門家が明らかにした。

政府や企業のサイトへのサイバー攻撃で知られるアノニマスは動画で、フランス・パリ(Paris)で13日に起きISが犯行声明を出した連続襲撃事件への報復を宣言している。事件では129人が死亡、数百人が負傷、一部が重体になっている。

動画では、黒づくめでフードをかぶり、アノニマスのシンボルとして知られるガイ・フォークス(Guy Fawkes)のマスクを着用した人物が「世界中のどこにでもいるアノニマスがお前たちを追い詰める」と、フランス語で述べている。動画の信ぴょう性は確認できないが、声明と動画には、アノニマスの特徴が表れている。

一方、これに対抗するとみられるメッセージが、メッセージサービス「テレグラム(Telegram)」のツイッター(Twitter)アドレス宛に投稿され、IS傘下の組織に対してインターネット通信のセキュリティー対策を万全にするよう警告した。【翻訳編集】 AFPBB News

参照元 : AFP=時事




アノニマス、「イスラム国」関連アカウント攻撃

2015年11月18日(水)17時54分配信

2015-11-18_192211

【パリ=水野祥】AFP通信によると、国際ハッカー集団「アノニマス」は17日、パリ同時テロを巡り、イスラム過激派組織「イスラム国」に関連する5500個のアカウントを攻撃したことを明らかにした。

「アノニマス」の象徴とされる仮面をかぶった男は16日、動画投稿サイト「ユーチューブ」で、パリ同時テロについて、「攻撃は免罪されない。『イスラム国』にこれまでで最大の攻撃を実施する。宣戦布告だ」と述べ、サイバー攻撃を警告していた。

参照元 : 読売新聞


【超閲覧注意】イスラム国(IS)がシリア・アラブ軍の兵士を戦車で踏みつけ処刑(R18指定)

シリア・アラブ軍の人質をISが戦車で踏みつけ処刑する映像。中国軍の戦車に抗議した市民がぺちゃんこにされた事件を思い出した。ISは、あの事件をパクったのでしょうか?

2015-10-28_083054

New method by savage caveman to take already surrendered hostage life

A new video purportedly released by the Islamic State shows an alleged soldier with the Syrian Arab Army (SAA) being run over by a tank driven by an ISIS militant.

More details with FULL uncensored video can be found HERE

BRUTAL: ISIS Executes Man By Running him over By Tank (FULL UNCENSORED video link)




▼ノーカット、ボカシ無しのフルムービーはこちらのページで閲覧可能(※超閲覧注意!R18指定)

WATCH: ISIS Executes Man by Running Him Over With Tank

イスラム国がロシア打倒を宣言!ISのアブ・モハメド・アドナニ報道官「ロシアは敗北する」

IS、ロシア打倒を宣言 イスラム教徒に攻撃呼び掛け

2015年10月14日(水)8時31分配信

2015-10-14_135404

【AFP=時事】イスラム過激派組織「イスラム国(Islamic State、IS)」は13日、シリア領内への空爆を続けるロシアを攻撃し打倒すると誓う音声声明を発表した。

ISのアブ・モハメド・アドナニ(Abu Mohamed al-Adnani)報道官はインターネット上に投稿した音声メッセージで「ロシアは敗北する」と語った。さらに、「あらゆる場所にいるイスラム教徒に対し、ロシア人と米国人に対する聖戦を開始する」よう呼び掛けた。

ISはシリアのバッシャール・アサド(Bashar al-Assad)大統領を退陣に追い込むだけでなく、同国内で国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)系のシリア武装組織「アルヌスラ戦線(Al-Nusra Front)」の優位に立ちたいという狙いもある。

ロシアは同日、自国の空軍が過去24時間にシリア領内の「テロリスト」の標的86か所を攻撃したと発表した。ロシアが先月30日にシリア空爆を開始して以来、1日に攻撃した数としては最多。ロシアは、そのうちの一部がISの標的だとしている。【翻訳編集】 AFPBB News

参照元 : AFP=時事


ロシアのシリア空爆、対象は全ての反体制派 専門家ら指摘

2015年10月02日 14:37

img_e17c4b0d0d585524e5dd778f3d2cf6a0187117

【10月2日 AFP】ロシアがシリアで開始した空爆について、専門家らは、最も大きな被害を受けたのは同国政府とイスラム過激派組織「イスラム国(Islamic State、IS)」の両者に対抗する反体制派勢力であり、バッシャール・アサド(Bashar al-Assad)大統領をあらゆる敵から守るというロシア政府の決意を示しているとの見解を示している。

また、ロシア政府の攻撃目標からは、アサド大統領を救うため、それが過激派であろうとなかろうと、全ての反体制派集団を攻撃する意図が読み取れると、専門家や監視団体は指摘している。

「ロシアがシリアに介入したのは、ダーイシュ(Daesh、ISのアラビア語名の略称)だけでなく、テロリストとみなす全ての集団を攻撃するためであり、これには湾岸君主国とトルコが支持する組織も含まれる」と、シリア専門家のファブリス・バランシュ(Fabrice Balanche)氏は説明する。

ワシントン近東政策研究所(Washington Institute for Near East Policy)に寄稿した分析記事の中で同氏は「ロシアの空爆の第1波は、アサド政権のアラウィ(Alawite)派中核地域を脅かしている反体制派の地域に集中していたとみられる。これは、ロシアが対テロリスト闘争よりもシリア内戦での主導権の獲得に重点を置いていることを示している」と指摘している。アラウィ派とは、アサド一族が属するシーア派(Shiite)の一派。 ロシア軍がここ2日間で実施した空爆の標的は、国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)系の武装組織「アルヌスラ戦線(Al-Nusra Front)」や、強力なイスラム系反体制武装組織「アフラル・シャーム(Ahrar al-Sham)」、そしてより小規模の穏健派勢力が掌握している地域だった。これら穏健派勢力には、米国やアラブ諸国から直接支援を受けているものも含まれる。

空爆は北西部のイドリブ(Idlib)県、沿岸部のラタキア(Latakia)県、中部のホムス(Homs)県とハマ(Hama)県で実施されたが、これら地域はいずれもISの活動地域とはされていない。

■目的は「アサド政権支援」

アナリストらによると、ロシア空軍は、ラッカ(Raqa)県のようなISが最も強い勢力を維持している地域ではなく、アサド政権が最も脅威を受けている地域に攻撃を集中させている。

独立系シンクタンク「国際危機グループ(International Crisis Group、ICG)」のピーター・ハーリング(Peter Harling)氏は「ロシアの目的は政権の防衛だ。この点において、非イスラム過激派の反体制武装勢力は最も差し迫った脅威となる」と述べている。

また、在英の非政府組織(NGO)「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」のラミ・アブドル・ラフマン(Rami Abdel Rahman)代表は、「ロシアは、アラウィ派地域が脅かされたり、攻撃されたりしているホムス、ハマ、ラタキアの各県で政権を支援するために空爆を行っている」と指摘している。(c)AFP/Rana Moussaoui

参照元 : AFP BB NEWS





【ドローン映像】ロシア軍がシリアの反体制派を攻撃か!?イスラム国以外も空爆

ロシア、IS以外も空爆 シリアの反体制派を攻撃か

2015年10月2日(金)5時8分配信
 
2015-10-02_090510

ロシアが1日、シリア領内で過激派組織「イスラム国」(IS)以外の過激派の拠点を空爆した。AFP通信が伝えた。9月30日に空爆を始めた際には、標的をISに限定すると説明していた。シリアのアサド政権の延命のため、米国が支援する反体制派を攻撃している可能性もあり、米国とロシアの対立が深まる恐れがある。

AFP通信によると、シリアの治安当局者は1日、ロシアが、シリア北西部イドリブ県にある国際テロ組織アルカイダ系組織の拠点を攻撃したと話した。

ロシアのラブロフ外相も同日、米ニューヨークでの会見で「ロシアはISやその他のテロリストを攻撃している」と述べ、空爆の対象を拡大する意向を示した。国際的に理解の得やすいISへの空爆を大義名分に、他の反体制派の拠点を攻撃している疑いがある。

30日にシリア中部ラスタンなどで行った空爆でも、米欧などが支援するシリア反体制派の統一組織「シリア国民連合」のハーリド・ホジャ議長が「ロシア軍はISもアルカイダもいない場所を襲撃し、36人の民間人が殺された」と、ツイッターに投稿した。

米国のカーター国防長官も「恐らくISの軍は存在しなかった」と話すなど、空爆開始の当初から、ロシア側の説明には疑念が出ていた。

参照元 : 朝日新聞

2015-10-02_090637

2015-10-02_090555


ロシア軍のシリア空爆、ドローン映像

Russia has struck eight Islamic State (ISIS/ISIL) targets in Syria, the country’s Defense Ministry said, adding that civilian infrastructure was avoided during the operations.“Today, Russian aerospace force jets delivered pinpoint strikes on eight ISIS terror group targets in Syria. In total, 20 flights were made,” spokesperson for the Russian Defense Ministry, Igor Konashenkov, said.

“As a result, arms and fuel depots and military equipment were hit. ISIS coordination centers in the mountains were totally destroyed,” he added.

Drone footage from todays Russian air strikes in Syria




On the diplomatic front, Russia has mounted a firm defence of its air strikes in Syria.

President Vladimir Putin told a cabinet meeting that the action was legal under international law and fully supported by the Syrian government.

Sentiments echoed at the United Nations by his foreign minister Sergei Lavrov.

“The Russian Ministry of Defence presented a full report on what was hit and what was the targets. We targeted ISIL associated depots, armaments and sites. We would be coordinating with the Syrian army and that is, I think, commonplace, recognised everywhere that airstrikes alone will not solve the problem.”

Lavrov also went on to say that the legal basis for US coalition air strikes was “really flawed.”

Russia defends air strikes in Syria



イスラム国が拘束中の中国人とノルウェー人の写真を公開し、身代金要求

「イスラム国」が2人拘束 公開写真に「セール中」

2015/09/10 10:55
 
Fotolia_75278378_Subscription_Monthly_M

過激派組織「イスラム国」が、拘束中の中国人とノルウェー人だとする2人の男性の写真を公開し、身代金を要求していることが分かりました。

「イスラム国」がインターネット上に発表している機関紙の最新号には、黄色い囚人服のようなものを着せられた2人の男性の写真が掲載されています。2人はフリーコンサルタントの50歳の中国人と48歳のノルウェー人で、「イスラム国」が拘束しているということです。

顔写真の下には「セール中」との記載があり、「身代金を払いたい者は誰でも以下の番号に連絡しろ」とイラク国内の連絡先が記されています。また、中国政府とノルウェー政府は身代金の要求に応じなかったとしています。2人を拘束した経緯などは明らかにされていません。機関紙には「時間は限られている」との記載もあり、身代金が払われない場合は2人を処刑する可能性を示唆しています。

参照元 : テレ朝ニュース

米軍がイラク北部のモスル付近を移動中の車を空爆し、IS(イスラム国)NO.2を殺害

「イスラム国」NO2を殺害 米軍、イラク北部の空爆

2015/08/22 10:55
 
2015-08-23_235220

アメリカ政府は、過激派組織「イスラム国」のナンバー2をイラクでの空爆で殺害したと明らかにしました。

ホワイトハウスによりますと、18日にアメリカ軍がイラク北部のモスル付近を移動中の車を空爆し、「イスラム国」のナンバー2、ファディル・アフマド・アルハヤリ幹部を殺害したということです。アルハヤリ幹部は元イラク軍特殊部隊の指揮官で、「イスラム国」の副官としてイラクでの軍事作戦を担当していました。ホワイトハウスは、「今後の『イスラム国』の作戦が不利になるだろう」と成果を強調しています。

一方、国防総省は、「イスラム国」がイラクで使用した迫撃弾の破片から化学兵器の一種であるマスタードガスの成分を検出したことを明らかにしました。最終的な特定には数週間掛かるとしていますが、「イスラム国」が化学兵器を使用した疑いが高まっています。

参照元 : テレ朝ニュース



2015-08-23_235234

2015-08-23_235301

2015-08-23_235314

最新記事






楽天トラベル



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ