地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

911

熊本大地震は日本が核武装することを許さなかったイスラエル諜報特務庁「モサド」の仕業!?パナマ文書のフル開示が日米崩壊に繋がる?

9.11報告書とパナマ文書のフル開示は日米崩壊の導火線 / 熊本大地震は日本が核武装することを許さなかったモサドの仕業

2016/04/28 9:30 PM

7dd4c3f74f006b34bb1d70d7adebd54e129

竹下雅敏氏からの情報です。

フルフォードレポートの冒頭の九州の地震関連の部分のみ引用しています。これ以降の部分は、これまでのレポートとあまり変わっておらず、目新しい所では、ドイツが“「東に向く」決定をした”ということです。これまでのアメリカの横暴に、終に堪忍袋の緒が切れたようです。

またオバマは9.11の報告書の28ページ分を公開するつもりのようで、事実上、アメリカはサウジアラビアを見放したわけです。おそらく文書が公開されるとイスラエルの関与も明らかになると考えられます。この報告書の公開は最終的にアメリカ政府自身にブーメランが返ることになり、ブッシュ・ジュニア、チェイニーなどの当時の政権の関与の決定的証拠、あるいは証言が出て来るものと考えています。

加えてパナマ文書の問題があり、クリントン家がパナマ文書に繋がっているとのことで、こうした様々な事件がアメリカ合衆国の崩壊に繋がると予想されます。ただ、フルフォード氏がジョセフ・ダンフォード将軍に助言しているのは、アメリカが破産し、新しく新共和国として復活する際、現在のアメリカの“債務を負う必要はない”としていることです。

その通りだと思いますが、これは日本もアメリカと共に破産するということではないでしょうか。  ジョセフ・ティテル氏の予言にも、確か金融システムが崩壊し、人々は物々交換で生き残って行くとありました。レポートでは、最後にダンフォード将軍を“ハザールマフィアの米国乗っ取りを決定的に終わらせることが出来る男”として位置づけています。

さて冒頭の地震の部分ですが、フルフォード氏は、日本が核武装と共に中国との戦争に前のめりになっていることから、“日本の企みを防ぐために、未知の力による先制攻撃”だとしています。

残念ながら、ここの部分は私の見解とは異なります。仮に未知の力が光の側だとすると、彼らは一般の市民が巻き添えになるようなこのような方法は取らないと思います。私の考えでは、この地震はモサドによるものです。イスラエルは、日本が核武装することを許しません。フルフォード氏自身が、3.11をイスラエルのネタニヤフによるものとしていたはずです。

宇野正美氏は、先日紹介した動画の中で、3.11は日本の核武装を咎められ引き起こされたと主張していました。これらのことを考慮し、今回も九州全域で日本が核武装に傾いていたこと、すなわち、“ここ数か月日本政府によって軍事材料の蓄積が極度に行われていること”から、今回も同様の攻撃を受けたと考える方が自然ではないでしょうか。

イスラエル、そして彼らと同調するアーミテージやマイケル・グリーン等は、親イスラエル派だと考えられ、日本が核武装することを許さないと思うのです。今後も彼らの意向に反して核武装を秘密裏に続けるならば、次は南海トラフだという恫喝なのではないでしょうか。

(竹下雅敏)

注)以下、引用文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

――――――――――――――――――――――――

フルフォードレポート英語版(4/26)
引用元) 嗚呼、悲しいではないか! 16/4/27
ハザールマフィアが地球のいたる所でで攻撃を受けているように、日本の地下軍事基地攻撃によって複合型戦争が続いている。

地球の為の戦いは、ハザールマフィア寡頭勢力の逮捕、軍産複合体とアジアの秘密結社他との間の大博打金融交渉を加速する3大日本の地下基地の破壊によって劇的な転機を迎えた。

最初は地震について;それは、最近の南日本の相次ぐ地震は全て人工地震であることが日本のインターネット掲示板にあるように、既知のことである。提示された証拠は、突然の巨大衝撃に、着実に減衰する余震が続く爆発によって引き起こされた地震に全く似ている。この証拠は以下のリンクをご参照ください。

Evidence: Denver and DC Quakes Caused by Nukes

PostScript file download

防災科学技術研究所

地震が起きた時、大きな爆発音の報告もありました。さらに全ての地震は10km以下の浅い震源であり、自然の地震としては非常に稀である。これに付け加えて、日本政府地震予知センターは、それらが自然の地震のパターンに当てはまらないので、地震の予測は諦めたと述べている。しかし、決め手は3つの大地震の震源は全て日本自衛隊の基地の場所であったということです。

あなたが、グーグルアース上で「1812小谷、益城、熊本県」と入力すれば、最初の地震の震源地として自衛隊基地を見ることができる。地下基地への入り口と思われる普通ではないいくつかの構造物が見られる。

また、日本の財務大臣の麻生太郎が最近アメリカの経済学者ポール・クルーグマンに経済を救うために第三次世界大戦を始めるトリガーを探していると言う旨の発言を思い起こす価値がある。

Japan's Finance Minister Accidentally Reveals How It All Ends: "War"

北京の中国政府筋は、ここ数ヶ月日本政府によって軍事材料の蓄積が極度に行われていることを確認していると、この著者に語った。

検索された基地は全て朝鮮半島の近くに位置しており、中国との戦争の為にアジア大陸へ大軍隊を移動させるのは容易である。従って、第三次世界大戦を始める日本の企みを防ぐために、未知の力による先制攻撃があったものと思われる。

(以下略、続きは引用元でご覧ください)

この記事には英語版があります:
≫ English version of this article "9.11報告書とパナマ文書のフル開示は日米崩壊の導火線 / 熊本大地震は日本が核武装することを許さなかったモサドの仕業"

参照元 : shanti-phula

【関連記事】
パナマ文書で発覚!イギリスの銀行家が北朝鮮の武器販売、核兵器増強を支援していたことが判明

【パナマ文書】日本企業の税金逃れ61兆円 消費税7%分に相当

【パナマ文書】タックスヘイブン利用者リストに載っていた主な日本企業(税金逃れ)や人物

アーロン・ルーソが友人のニック・ロックフェラーとの会話内容を暴露 「そうしたら彼の言った通りに911が起こって...」

アメリカの政府と情報当局が、911同時多発テロへのサウジアラビアの関与を明らかにする文書の公表について検討

ドナルド・トランプ氏の重大発言「ジョージ・W・ブッシュが米国にいたビン・ラーディン一族を機密に国外に逃亡させた」

911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

今まで見たことがない911アメリカ同時多発テロの驚くべき映像

2062年から来た未来人が南海トラフ地震を予言?次は5月17日

アメリカの政府と情報当局が、911同時多発テロへのサウジアラビアの関与を明らかにする文書の公表について検討

アメリカ、9.11へのサウジ関与の文書の公表を検討

2016/04/11(月曜) 17:35

4bhj951a979a211i96_620C350

アメリカの政府と情報当局が、2001年のアメリカ同時多発テロへのサウジアラビアの関与を明らかにする文書の公表について検討しています。

インターネットサイト・ヒルによりますと、13年間機密扱いになっていたこの文書の公表に関する議論が、アメリカのオバマ大統領のサウジアラビア訪問を前に持ち上がっています。

2003年、アメリカ同時多発テロに関して公開された公式な報告では、この事件へのサウジアラビアの関与の可能性に関する28ページの文書が削除されています。

28ページ文書として知られるこの文書は、国家安全保障を理由に、機密扱いになっています。

同時多発テロに関する報告の作成に関わっていたボブ・グラハム元上院議員は、10日日曜夜、CBSテレビに対し、「機密文書は、アメリカ国内で9.11の実行犯を支援していたネットワークの存在を明らかにしている」と述べています。

グラハム氏は、「9.11のハイジャック犯はサウジアラビア政府や同国内の慈善団体、富裕層から支援を受けていた」と語りました。

さらに、「アメリカ政府はサウジアラビアとの関係を擁護するために、同時多発テロへのサウジの関与に関する文書を機密扱いにした」と強調しました。

参照元 : iran japanese radio


ドナルド・トランプ氏の重大発言「ジョージ・W・ブッシュが米国にいたビン・ラーディン一族を機密に国外に逃亡させた」

ブッシュとビン・ラーディン一族との関係が暴露! 選挙討論会の席でドナルド・トランプ氏はブッシュ候補に向かって真相を語った

2016.01.16

o0376049011071732042

ジョージ・W・ブッシュが米国にいたビン・ラーディン一族を機密に国外に逃亡させた。


ドナルド・トランプ氏の重大発言

ブッシュ一族の陰謀を明らかに

16-message11-01


9・11同時多発テロ

16-message11-02

アメリカ国民にとって最も悲劇的な事件の真相が明らかとならない限り、多くの犠牲者たちの霊は浮かばれない。

2001年に発生した9・11同時多発テロ。マスコミを信じ、NHKの伝えるニュースや学者の言うことは全て正しいと信じ込まされている我が国の国民は、今でもなお、 あのツインタワーの崩壊はアルカイダのビン・ラーディン一派が起こしたテロと信じて込んでいる。

「闇の勢力」配下の計画の下に、ブッシュやチェイニー、ラムズフェルドなど時の政権と手を組んだ武器商人たちが、金儲けと中東の混乱を狙って起こした 、計画的な犯罪であるなどとは夢にも思っていない。

なんとも情けない限りであるが、先進国や新興国の中で日本ほど洗脳されてしまった国民は他にはいない ことは紛れもない事実だ。

ところで、米国では今、共和党の大統領予備選挙が真っ最中である。 そんな中、先月15日に行われた選挙討論会の席でドナルド・トランプ氏は、IS(イスラム国)に対する対応を巡り舌戦を繰り広げている最中、 ブッシュ候補に向かって、あなたは大統領選に立候補する資格はないと、同時多発テロ事件にいついて、その 真相を語ったことを、読者はご存じだろうか。

ドナルド・トランプ氏は同時多発テロ当日に、当時の大統領であったジョージ・W・ブッシュが米国にいたビン・ラーディン一族を機密に国外に逃亡させたことを明らかにし、これまで、陰謀説とされてきたブッシュとビン・ラーディン一族との関係を明らかにしたのである。

ビン・ラーディン一族の国外逃亡については、10年も前の2005年には既にAFP通信は、 「FBI flew Saudis Out After 9・11」の記事の中で、「新たに公表された資料によると、米 FBI捜査官たちは、アメリカからサウジアラビアの2つの著名な家族を空港まで付き添い、国外に護送した」と述べている。

この情報は米国の非営利政府監視団体のJudicial Watch が米国情報公開法(FOIA)によって、入手した非公開の報告書に基づいているものであるからして、確かな情報である。

9・11テロ事件直後、連邦航空局(FAA)から全米における全面的な飛行禁止命令が出ていたにも関わらず、オサマ・ビン・ラーディンの家族24人が当時滞在していたロスアンゼルス、ボストン、ヒューストン、ワーシントンDCなどを含む全米10ヶ所に、ブッシュ大統領の要望で飛行機が迎えに行き、国外に護送したのである。

テロが誰によって引き起こされたかどうかなど、事件の詳細がまだ分からない時点においてである。

16-message11-03

ドナルド・トランプ氏によって、ブッシュ一前大統領の同時多発テロへの関わりや、ビン・ラーディン一族との関係が明らかにされた今、よもや次期大統領にブッシュ氏(写真右)が当選することはないだろう。

さらにその後も数日間にわたて、約140人のサウジアラビア国籍の王室メンバーやビン・ラーディン一族たちも、大統領命令によって国外に護送 されていたのである。19人のテロリストのうち15人がサウジアラビア国籍でテロ事件に関与していたことが明らかになっていたのにも関わらず、聞き取り調査が一切ない行われないまま、彼らは皆、アメリカ国外に出ることができたのである。

今回、トランプ氏が討論会の席でその経緯を語ったのは、一連の措置はブッシュ大統領一派が事件の発生を事前に知っていたことを明らかにし、そんな一族からまた大統領候補が出ることはおかしいではないかという点を、主張しようとしたためである。

確かに、全便欠航の中で特別機を飛ばし、大統領命令でサウジアラビアの王室メンバーとビン・ラーディン一族を国外脱出させたことは、ブッシュが同時テロを事前に知らされ、容認していたことの動かぬ証拠であることは確かだ。

それではなにゆえ、大統領権限で彼らを国外に脱出させたのかというと、彼らとは以前から付き合いがあり、政治献金を受けるなどの利益を得ていたため、その後も関係を維持しようとしたからである。

それは、事件後、ブッシュ政権が早速サウジアラビアにおける数十億ドルの軍事設備拡張の契約を結び、「闇の勢力」一族に多額の利益をもたらしている ことを見れば明らかである。なんともはや カネに目がくらんだ、おぞましい姿であるが、これが闇の力にコントロールされた米国政府の一面であることは知っておいてもらいたいものである。

それにしても、親子二代が「闇の勢力」の手先となって、湾岸戦争、アフガン戦争、イラク戦争を次々起こしただけでなく、アメリカ国民にとって最も悲劇的な同時テロまで起こして多くの犠牲者を出しているというのに、未だにブッシュ一族はノーノーと暮らしているばかりか、さらに一族から3人目の大統領を出そうとしているのだから、呆れて物が言えない。

しかし、こうした一面が今の米国という国の実体であることを知れば、覇権国家・米国がこれから先遭遇する可能性が大きい恐ろしい世界が想像出来ることだろう。

米国の初代大統領、ジョージ・ワシントンが幻視させられた、黒い天使が長く恐ろしいラッパを吹いた後、1000個の太陽を合わせたような眩しい光が上空で炸裂し、全てを粉微塵にする場面が、現実となるのはそう遠い先のことではないかもしれない。

16-message11-04

米国の初代大統領、ジョージ・ワシントン

独立戦争中の1777年の冬、聖母マリアは執務室にいる大統領に、米国で起きる三つの大きな戦争の場面とその後の世界を鮮明なヴィジョンで幻視させている。その最後の一場面が、上段に記した核弾頭の炸裂と思われる恐ろしい映像であった。

出典 ドナルド・トランプ氏の重大発言





1789年、初代アメリカ合衆国大統領にジョージ・ワシントンが就任したことにより独立国としてのアメリカが誕生した

さかのぼること13年前、フランス、スペインの軍事的支援を受けたアメリカ軍の進撃でアメリカ独立戦争は始まっている。それが1776年。その後、アメリカの歴史はまさに血で血を洗う血で塗りつぶされた歴史の連続である

血に飢え、血を求めて、血を流し続ける国・・・それがアメリカの実態である

その事実を知らないのは日本だけではないのだろうか?

911もアメリカがアルカイダを作り演出した自作自演である

イラクのフセインもリビアのカダフィーもアメリカの誹謗中傷で悪者にでっち上げられ殺戮されている。アラブの春も黒幕はイスラエルとアメリカだ

この一連の陰謀を未だに知らないのは能天気な日本人のみ

プーチンは2016年の新年スピーチで、これらの動きの黒幕であるイルミナティを潰すと宣言した。平均的な日本人はプーチンが言ったイルミナティという言葉すら知らない。まるで国際情勢に無知な戦前の日本人が今日誕生している

参照元 : Spotlight

img_0

large-4ecb6c4a4ae8d




共和党上院議員がオバマ政権に、サウジアラビアが直接9.11の資金提供していた事を示す極秘報告書の公開要求

共和党上院議員がサウジアラビアの融資攻撃を示す「9/11報告書」の秘密ページを解放せよと圧力

resized

日本語自動翻訳

オバマ政権は、伝えられるところでサウジアラビアが直接9.11の資金調達のために役立っていることを示している。極秘報告書を解放するために、新たな圧力に直面している。ランドポール、ケンタッキー州からリバタリアン共和党上院議員は、オバマ氏から編集された28ページを機密扱いを解除することを要求しています。

9/11攻撃に2002米上院レポート。不正なセキュリティ業者エドワード・スノーデンによって明らかにし、2016年に大統領に実行されている。バルクNSAのスパイプログラムを攻撃にボーカルされて、今の改正を提出することを約束したポール氏、ページを機密扱いを解除するためにオバマ氏を呼ぶだろう上院の法案。

ブラックアウトさページ、9/11陰謀論にはほとんど神話品質に撮影した、彼らは確認投機につながる、ジョージ・W・ブッシュ大統領の命令で分類しましたサウジアラビア関与。ボブ・グラハム、レポートの時点で上院情報委員会の議長であった元フロリダ州上院議員によると、彼らはサウジアラビアが攻撃の「原則資本家」があったことを示している。

ホワイトハウスは1月に述べています。それは、その審議の結論にはタイムテーブルを設定しなかったことを言った。ファイルを見直した。9/11犠牲者の一部の家族は28ページの機密解除のために数年前から運動を行ってきた。

今高入隊した氏グラハムでサポートされています。彼の原因にポール氏のプロファイルを作成します。「情報は、長年にわたって明らかにについての質問[サウジアラビアの]サポート、または彼らのサポートは、これらのアルカイダのテロリストに支援していないかどうかを上げない、"ミスターポールは今週ワシントンでの記者会見で語りました。

「私たちはこれらの恐ろしい行為を囲む追加情報がある場合は疑問にこれらの家族をリードし、ベールの背後に隠され打抜き文書のページの後にページを任せることはできない」 、サウジアラビアからのものであった19人のハイジャック犯のうち15が、以前の研究は、常にのために失敗しました国と2,996人が死亡したテロ攻撃との間の正式なリンクを見つける。

多くの被害者グループは9/11でサウジ関与の全範囲が長い米国サウジ関係を守るためにオバマとブッシュ政権の両方によってカバーされていると信じています。 9/11家族・遺族ユナイテッドのために正義に対するテロをリードテリーストラーダ、想定サウジ資金リンクは驚きではなかったと言った。

「サウジアラビアに9月11日のポイントの攻撃につながったほとんどすべての重要な要素、「彼と述べました。「お金がないと、9/11は起こらなかっただろう。お金はテロの生命線である。」 今年初め、サウジアラビアの関与の理論はザカリアスムサウイ、いわゆる「第二十ハイジャッカー」から新鮮な証言で追加された推進力を与えられました。

飛行訓練を取っていたが、9月11日の攻撃の前に数週間を逮捕された。後でオサマ・ビン・ラディンによって否認したが 昨年2月にリリースニューヨークの裁判所に嘆願で、ムサウイはサウジ王室のシニアメンバーが主要なアルカイダだったと言いました。

1990年代のオサマ・ビン・ラディンのテロネットワークと密接に関与したドナーと。 彼はその後、サウジアラビアの諜報チーフプリンストゥルキ・アル・ファイサルを、命名。プリンスバンダル・ビン・スルタン、米国および王子アル・ワリードビンタラル、著名な億万長者の投資家への長年のサウジアラビア大使は 、「しようとしている"狂った犯罪者」として妄想統合失調症と診断された。しかしサウジ大使館はムサウイを棄却しました。自分自身のために注目を取得し、彼がテロ行為を通じて行うことができませんでした。何をしようとする「サウジ米関係を弱体化」させます。

本文

Obama under pressure to release secret pages of 9/11 report 'showing Saudi Arabia financed attacks'

The Obama administration is facing renewed pressure to release a top secret report that allegedly shows that Saudi Arabia directly helped to finance the September 11 attacks.

Rand Paul, the Libertarian Republican senator from Kentucky, is demanding that Mr Obama declassify 28 pages that were redacted from a 2002 US Senate report into the 9/11 attacks.

Mr Paul, who been vocal in attacking the bulk NSA spying programmes revealed by the rogue security contractor Edward Snowden and is running for president in 2016, has now promised to file an amendment to a Senate bill that would call on Mr Obama to declassify the pages.

The blacked-out pages, which have taken on an almost mythical quality for 9/11 conspiracy theorists, were classified on the orders of George W. Bush, leading to speculation they confirmed Saudi involvement.

According to Bob Graham, the former Florida senator who was chair of the Senate Intelligence committee at the time of the report, they show that Saudi Arabia was the “principle financier” of the attack.

The White House said in January that it was reviewing the file, said that it had set no timetable for the conclusions of its deliberations.

Some families of 9/11 victims have campaigned for several years for the declassification of the 28 pages, supported by Mr Graham who has now enlisted the high-profile Mr Paul to his cause.

“Information revealed over the years does raise questions about [Saudi Arabia’s] support, or whether their support might have been supportive to these Al Qaeda terrorists,” Mr Paul said at the press conference in Washington this week.

“We cannot let page after page of blanked-out documents be obscured behind a veil, leading these families to wonder if there is additional information surrounding these horrible acts.”

Fifteen of the 19 hijackers were from Saudi Arabia, but previous investigations always failed to find a formal link between the country and the terrorist attack, which killed 2,996 people.

Many victims groups believe the full extent of Saudi involvement in 9/11 has long been covered up by both the Obama and Bush administrations to protect US-Saudi relations.

Terry Strada, who leads 9/11 Families and Survivors United For Justice Against Terrorism, said that the supposed Saudi funding link was not a surprise.

"Nearly every significant element that led to the attacks of Sept. 11 points to Saudi Arabia," he said. "Money is the lifeblood of terrorism. Without money, 9/11 wouldn’t have happened."

Earlier this year, the theory of Saudi involvement was given added impetus by fresh testimony from Zacarias Moussaoui, the so-called "twentieth hijacker" who had taken flying lessons but was arrested weeks before the September 11 attacks – although was later disowned by Osama bin Laden.

In a plea to a New York court released last February, Moussaoui said that senior members of the Saudi royal family were major al-Qaeda donors and were intimately involved with Osama bin Laden's terror network in the 1990s.

He named Prince Turki al-Faisal, then the Saudi intelligence chief; Prince Bandar Bin Sultan, the longtime Saudi ambassador to the United States and Prince al-Waleed bin Talal, a prominent billionaire investor.

However the Saudi Embassy dismissed Moussaoui – who was diagnosed as a paranoid schizophrenic - as "a deranged criminal" trying to "get attention for himself and try to do what he could not do through acts of terrorism – to undermine Saudi-US relations".

参照元 : LiveLeak


CFR ⇒ 外交問題評議会(がいこうもんだいひょうぎかい、Council on Foreign Relations)はユダヤ金融悪魔の巣窟。

米国市民「俺たちはCFRが911テロを指揮したってことを知っているんだ!」



【関連記事】
ビンラディンが殺害された当時の状況めぐり、米国の著名ジャーナリストが暴露「米政権の発表は嘘だった」

アーロン・ルーソが友人のニック・ロックフェラーとの会話内容を暴露 「そうしたら彼の言った通りに911が起こって...」

911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

今まで見たことがない911アメリカ同時多発テロの驚くべき映像

スーパーボール記者会見中に、We are changeの活動家が乱入!マイクを奪い「911は米政府の犯行」 テレビ放送をハイジャック

シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

戦争は自作自演の茶番劇 目的は略奪と金儲け

アーロン・ルーソが友人のニック・ロックフェラーとの会話内容を暴露 「そうしたら彼の言った通りに911が起こって...」

911を予告していた、ニコラス(ニック)・ロックフェラーは何者か?

2008年01月20日

afec0e3c8e5c2252a7abdd3dd496d52c
アーロン・ルッソとニック・ロックフェラー

アレックス・ジョーンズのサイトをいじくっていたら、ニコラス・ロックフェラーなる人物の名前に突き当たった。この人物、アジアや新興国を中心に活動している人物で、ロックフェラー・チャイナの会長を務めている人物だという。本業は弁護士で、 resort financingに関するクライアントを請け負っているそうだ。このニコラス・ロックフェラーが重役を務めていた、ロックヴェスト社(ロックフェラー・インヴェストの略)はアジアソサエティのパーティーにその重役が参加しているほか、NYTによると東南アジアのリゾートを買収するなどの活動を行っていることが分かった。・・・

・・・別のウィキペディアのログを参照すると、彼はデヴィッド・ロックフェラー本人が認めたところでは、7番目か8番目のいとこに当たる人物だということだ。(WSJの2005年9月25日号に記述があるらしいが未確認)

・・・一応、ロックヴェストという会社は存在するらしいから、彼も全くの馬の骨という人物ではないのだろう。ファミリーの投資会社で働いて、主に不動産ビジネスの代理人を務めているような人物らしい。

・・・彼がアレックスのサイトで取り上げられていたのは、この人物が、911の11ヶ月前に「アフガニスタンで戦争が起きることを予測」し、「人類にマイクロチップを埋めて管理すること」、「フェミニズムをはやらせて家族を崩壊させようとしたのは我々エリートだ」などの話を、911の陰謀を暴いた映画監督のアーロン・ルッソに直接話したから、ということなのだが、この内容には確認がとれない。ルッソ監督をCFRに誘ったのがこのロックフェラーということなのだが、眉につばをつけながら慎重に読んでおいた方がいいだろう。

・・・この人物は、中国では、「グローバル・アゴラ」というキャッシュレス社会の実験のプロジェクトに関わっていることが公式に確認できた。これはお財布ケータイのようなプロジェクトで、2001年から中国で、携帯大手のチャイナ・モバイルやシーメンスと組んで実験を行ったようだ。中国はキャッシュレス社会の実験場にも成っているわけだ。●ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報 : ニコラス・ロックフェラーっ ...から

CFR「米外交問題評議会」● 研究メモ - 日本人が知らない 恐るべき真実



ロン・ポールが「自分はどの”シークレット・ソサエティー”にも所属していない。自分はCFR(外交問題評議会)やTC(三極委員会)に招かれたことがあるが、彼らの会合に行ったことがない」と語っているオーディオ(真ん中あたりの印をクリックすれば、聞ける)。

ニコラス・ロックフェラー


参照元 : 勝手に応援、桃太郎日記


「ロックフェラーの友は、911を事前に予告した」 アーロン・ルッソ


hqdefault

彼は歌手のベット・ミドラーやマンハッタン・トランスファーのマネージャーを務め、映画のプロデューサーとしては、ミドラー主演の『ローズ(The Rose)』や、エディー・マーフィー主演の『大逆転(Trading Places)』などを手がけた。

アカデミー賞ノミネートをはじめ数々の賞に輝いたアーロン・ルーソ(Aaron Russo)が、プリズン・プラネットのアレックス・ジョーンズに友人であるニック・ロックフェラーとの会話内容を語ったインタビューの一部がネット上で公開された。

こちらが実際のインタビュー映像▼




アーロン・ルッソ(Aaron Russo、1943年2月14日 - 2007年8月24日)は、アメリカ合衆国の映画プロデューサー、映画監督、政治運動家。日本語ではアロン・ルーソ、アーロン・ラッソ等とも表記。

略歴
ニューヨーク・ブルックリン区生まれ。24歳のときにナイト・クラブを開業し、レッド・ツェッペリンの米国初公演を興行。その後もグレイトフル・デッド、ジャニス・ジョプリン、ザ・フーなど60〜70年代を代表するロック・アーティストのステージを相次いで打ち、彼らの人気確立に貢献する。

27歳の時には、映画プロデューサーに転身。ベット・ミドラー主演『ローズ』(1979年)、エディ・マーフィ主演『大逆転』(1983年)等を手がけ、特に『ローズ』では、アカデミー賞の主演女優賞、助演男優賞、音響賞、編集賞の4部門にノミネートされる成功を収める。

その後の活動は徐々に政治色を強めることとなり、2004年にはリバタリアン党から大統領選に立候補する。2006年には、ドキュメンタリー映画『アメリカ─自由からファシズムへ』(America: Freedom to Fascism 日本未公開)を自ら製作・監督。同作では、連邦準備銀行 (FRB) が政府機関ではない民間の銀行であり、そもそも中央銀行の存在自体、合衆国憲法に違反していると主張した。

さらに所得税は連邦準備制度 (FRS) の設立の結果導入されたもので、FRSを廃止すればただちに不要になると説いた。

2007年8月24日、膀胱癌により死去。

ニコラス・ロックフェラーとの会話
『アメリカ─自由からファシズムへ』が話題となった後、ルッソはジャーナリストのアレックス・ジョーンズのインタビューに答え、その中で旧知の友人ニコラス・ロックフェラーとの会話の内容を披露した。ルッソによると、ロックフェラーはアメリカ同時多発テロ事件の11ヶ月前の時点で、米国でアフガニスタン侵攻やイラク戦争のきっかけとなる事件が起こることを、すでに予告していたという。

そしてロックフェラーは同時に、その事件及び後に起こる米軍侵攻の全てが、「巨大なでっち上げ」であるとも語ったという[2][3]。 この会話を発表した半年後、6年前から患っていた膀胱癌により、ルッソは死去した。トークショー司会者のアレックス・ジョーンズは、アーロンが密かに「自分はずっと脅迫されていたから、彼のガンは攻撃によるものと思う」と語った、と明言した。

参照元 : wiki


911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

911事件の嘘をくずせ『Loose Change 2nd Edition』

911

素直に受け入れ難い内容かも知れませんが、落ち着いて御覧ください。冒頭で述べている通り、配布奨励動画です。「Loose Change」で検索すればYouTubeやGoogle Videoでも見つかるはずです。

警告!この情報を所有する者はアメリカ愛国者法、第802条の元、国内テロの容疑で身柄を拘束され裁判抜きでグワンタナボ収容所に拘留される恐れがある。

この動画を貴方の友人や家族や見ず知らずの他人に見せて欲しい。なるべく早く、手遅れになる前に。上映会の開催、無許可のダビング、インターネット上での配布を強く希望する。












ボーイング不在の決定的証拠映像



一般市民が撮影したビルの映像。マスコミが流したCG映像との違いをご覧ください。




これはジミー・ウォルターの「Confronting The Evidence」のダイジェスト版。日本語で編集されていて分かり易いです。

911テロ検証ビデオ Loose Change 2nd Edition japanese(完全字幕版)

911の真実(WTC第7ビルは爆破された、ペンタゴンに旅客機は突入していない?などの数々の疑惑とその反論も)

911同時多発テロにおける真実を追う




これが911に疑問を持つきっかけになってくれれば幸いです。

911はアメリカユダヤの自作自演@国際3

totalindex大型まとめサイト(日本語)







日本人も、そしてアメリカ人も、さらには全世界の人々が騙されているのです。捏造された情報の中に埋もれる真実を、今こそ人類のために広めねばなりません。

いわゆる支配者である彼らは、銀行によってお金を作成し、食料と資源とエネルギーを独-占していくことに専念しています。全ての戦争は広告によって鼓舞されて正当化されてきたということ。戦争はマスコミ、広告PR会社が大衆を扇動することによって作り上げられる。




ベンジャミンフルフォード:「若い時に誓った。もし今までに信じてきた事に、反する事実が現れた時には、世界観を変える。そうじゃ-ないと無知な頑固オヤジになる」






2006年10月07日 ジミー・ウォルター 講演 9.11テロ 南タワーに突入した飛行機は虚像か






仏記者チエリ・メッサンによる9.11検証本の全訳は

9.11テロ検証 偽情報・大衆操作(Resistance.people)




『911の嘘をくずせ Loose Change 2J』より。あの日の4つの事件で一番わかりやすい嘘はペンタゴンで起きたこと。





【関連記事】
今まで見たことがない911アメリカ同時多発テロの驚くべき映像

最新記事






楽天トラベル



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ