地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

顔面

【閲覧グロ注意】米国で銃口を自らに向けて死のうとした少女は、滅茶苦茶な顔とともに生還

自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

2018年08月17日(金)17時30分

2018-08-25_165930

👆顔面移植手術を受けるケイティ・スターブルフィールド Cleveland Clinic-YouTubeより

<銃口を自らに向けて死のうとした少女は、滅茶苦茶な顔とともに生還した。顔面移植手術を受けた彼女は今、2度目の人生を生きている>

世界で行われている顔面移植はわずか40回。アメリカ史上、最も若い患者となったケイティ・スターブルフィールドはその、39人目だった。

ケイティの物語の始まりは2014年3月25日に遡る。米CNNによると、当時18歳だったケイティはライフルを手に取り自ら人生を終わらせようとした。ミシシッピ州の自宅の浴室から銃声が響き、兄のロバートが駆け付けた。そして彼女は生き残った。以前の面影すらないまでに滅茶苦茶になった顔で。その1カ月後にはオハイオ州にあるクリーブランド・クリニックに行き着き、同院として3例目の顔面移植患者になろうとしていた。

2018-08-25_170014

👆明るく美しい少女だった Cleveland Clinic-YouTubeより

2018-08-25_170102

👆移植手術前の様子 Cleveland Clinic-YouTubeより

ケイティが移植手術を受ける候補者として待機リストに載るまでに、2年を要した。そこにたどり着くまでの評価プロセスはとても厳しい。同院は顔面移植手術の成功実績があるため、数十人もの患者が手術を望んでいる。だが、選ばれることは非常に稀なのだ。

患者の心理も大きな要素
「(顔面移植手術は)解剖学の観点からだけではなく、物理的、生物学的、心理学的な立場からみて全ての条件を満たさなければならない。そうすると適合する患者はほんのわずかになってしまう」と、ケイティを担当したクリーブランド・クリニックの外科医、ブライアン・ガストマン博士は語る(タイム誌)。

一度は自ら命を絶とうとしたケイティは、いかにして心理的評価基準をパスしたのだろうか。

「事が起きた当時彼女はとても若かったし、稀に見る軽率な決心だった。慢性のうつ病ではなかったようだ」それでも、心理的な評価はかなり厳しかったとガストマン医師は加えた。

ケイティの両親ロブとアレシアは住み慣れたミシシッピ州を離れ、ケイティのいるクリーブランドに来て一緒に過ごした。当初は、市内にある一家の友人の家に泊まっていたが、数カ月後には病院の向かいにある、病気の子供とその家族が利用できる滞在施設ドナルド・マクドナルド・ハウス(RMH)に引っ越した。そして彼らはいつしか、施設で1番長い住人になった。引っ越しから、実に4年が経とうとしていた。

「彼らがいなければ、これほどまでに長い行程は実現できなかっただろう」ドナルド・マクドナルド・ハウスについてこう語るロブの言葉には、ケイティの治療に際し、長い道のりのなかで途方もない数の人々に助けられたことへの感謝が滲む。

2018-08-25_170156

👆顔面移植手術から約1年後のケイティ Cleveland Clinic-YouTubeより

「新しい顔」を得たケイティ
ケイティの基準に合致するドナーが見つかるまでに、14カ月かかった。同時に、彼女は移植の準備をするための外科手術を数回受けた。

米wkycによると、最終的に2017年5月4日、11人のクリーブランド・クリニックの外科医と専門医が31時間をかけ、ケイティに新しい顔を与えた。

英ザ ・サン紙によると、ドナーはアドレア・シュナイダーという、薬物の過剰摂取で死亡した31歳の女性。アドレアの祖母が、孫娘の顔を提供することに同意し、術後にケイティと対面を果たした。アドレアの顔を移されたケイティは、不思議なことにアドレアにはまったく似ていなかったという。

「誰かの利他的な行動のおかげで、ケイティが今日ここにいられる」と、母親のアレシアは言う。

手術で彼女の視覚は奪われてしまったが、医師は自然に戻る可能性があると考えている。彼女はまもなく、発音が難しくなっている口蓋の補綴の手術を受ける予定だ。ケイティは医学の恩恵を受けるには十分に若い。

「眼球の移植手術は未来の話であり、舌の移植手術において免疫抑制剤の使用を減らしていくことこそが必要だ」とガストマン博士は言う。

顔面移植はまだ実験的であると考えられている。そのためケイティの外科手術は、国防総省の資金提供を受けた。彼女の年齢と障害は、いつか戦場で負傷した兵士の治療に役に立つ可能性のある貴重なサンプルとなる。

自殺生還者のロールモデルとして
彼女はまた、自殺生還者のロールモデルでもある。父親のロブは、「ケイティは、信じることの強さと強靭な心を体現している。なぜなら、そのどちらかが欠けていれば今のケイティはないからだ」と考えている。

「私たちはケイティにとても感謝している。なぜなら彼女はファイター(戦士)であり、周囲の人に与えることもできる。多くの人々の生活を変えることができるはず」と、アレシア。

2018-08-25_170252

👆父ロブ、母アレシアとともに Cleveland Clinic-YouTubeより

彼らは様々な物事を人々に伝えることを望んでいる。顔面移植手術の科学、臓器提供者の必要性、またケイティはいつか自殺志願の子供たちのカウンセリングをしたいと考えている。ニューヨーク・ポストによると、彼女はオンラインで授業を受けることのできる大学へ入学する予定で、リハビリの合間に点字を学んでいる。

スターブルフィールド一家はアメリカのナショナル・ジオグラフィック誌に一連の記録を許可し、ケイティは9月号のカバーになった。

ケイティの顔はまだ完全ではないし、この先も手術の予定を控えている。それでもケイティは果敢にも、大きな夢を叶えるつもりだ。人々のモチベーションを後押しできるようなスピーカーになりたいと考えている。彼女は今、過去の自分にこう伝えたい。

「あなたに何が起きても、それは一時的なことだと信じてほしい。物事は良くなっていくから」



参照元 : newsweekjapan


絶対に手を出さないで――死に追い込むゲーム『モモ自殺チャレンジ』が無料サイトに登場し不安広まる

2018年08月24日(金)17時35分

2018-08-25_173443

「MOMO」をコンタクト先に追加しないように filadendron-iStock

<130人がプレイ後に自殺したとされるロシア発の『ブルーホエール』に続き、『モモ自殺チャレンジ』に注意が必要>

10代の子供に人気の無料オンラインゲームサイト「マインクラフト(Minecraft)」に現れた『モモ自殺チャレンジ(Momo suicide challenge)』という名のゲーム。(ニューヨーク・ポスト)鳥のような体と人間の女性が掛け合わされたような気味の悪いアイコンに思わずぎょっとする。

FOXニュースによると、この『モモ自殺チャレンジ』はModder(ゲーム製作者)によってマインクラフト上に追加された。このゲームはロシア全土で少なくとも130人の死亡者につながったロシア製の自殺教唆ゲーム『ブルーホエール(青い鯨)』に追随する恐れがあるとして、懸念が高まっている。

『ブルーホエール』は、自傷したり、ホラー映画を観るといった、タスクを課され、要求は徐々にエスカレート。そして、50日目には自殺を勧める卑劣で忌まわしいゲームだ。『ブルーホエール』を開発者のフィリップ・ブデイキンはロシアで「自殺グループ」を運営していた。2017年7月、若者に対する自殺教唆の罪で有罪判決を受け、3年間の拘禁刑に服している。

「自殺チャレンジ」ゲームは広がる恐れ
『モモ自殺チャレンジ』はチャットアプリ「ワッツアップ」を介して、管理人から犠牲者に暴力的な画像が送られてくることからスタートする。指示に従わないとプレイヤーは「夜にあなたのところに行く」や「呪いをかけてやる」などと脅されるという。ちなみに、表示されている不気味なアイコンのモデルは日本のLINK FACTORYの相蘇敬介氏の作品とされるが、『モモ自殺チャレンジ』のアカウントとの関係は一切ない模様。


親たちからは、動画共有サイト「ユーチューブ(YouTube)」に『モモ自殺チャレンジ』の宣伝広告が登場しているとの声も上がっている。ニュースサイト「WTOL NEWS 11」に掲載された記事で、オハイオ州在住のデイブ・カーターは、7歳の息子がユーチューブで他のゲームのコンテンツを見ていた時に『モモ自殺チャレンジ』の広告が映し出された瞬間を「恐ろしい」と振り返る。

「息子は『モモ』について、見た目がいかに不気味かを話し始めた」という。最終的に、それが自殺挑戦ゲームだと理解し、息子に二度とこのゲームに接触しないよう言い聞かせた。カーターは、他の親にも注意を促す。子供たちはこの広告をきっかけに、『モモ自殺チャレンジ』のプレイ方法を学んでしまう、そして画面に検索エンジンが現れたら......次の行動は想像に難くない。

ヨーロッパでは、若者や両親に向けて『モモ自殺チャレンジ』の注意喚起に情報提供を開始した。


(スペインの治安警察はツイッターで、「MOMO」をワッツアップのコンタクト先に追加しないよう呼び掛けている)

12歳の少女の自殺
『モモ自殺チャレンジ』による死者はすでに出ている。英ザ ・サン紙などの報道によると、アルゼンチン警察は、ブエノスアイレス近郊のインヘニェロ・マスチュウイツ在住の12歳の少女の自殺が『モモ自殺チャレンジ』と関連があるとみて調査を進めている。

「Minecraft」の提供元マイクロソフトの広報は、『モモ自殺チャレンジ』に強い懸念を示している。「第三者により独自に開発されたこのコンテンツは当社の価値観に合致せず、公式のゲームではない。これはプラットフォームの悪用であり、我々は製作者のアクセスを制限する措置を講じる」とFOXニュースに語った。



参照元 : newsweekjapan





【閲覧注意】インドで顔面に腫瘍ができる奇病に苦しむ男

顔から巨大な肉塊が垂れ下がる奇病に苦しむ男/インド
 
article-2585336-1C70E65800000578-852_634x458

顔面から垂れ下がった重さ4キロほどもある巨大な肉塊。

この病気に苦しむチャナ・ラルさん(35歳)は、インド北部ウッタルプラデシ州の州都ラクナウのはずれにある小さな村に住んでいます。医師からは、神経線維腫症1型と診断されています。

腫瘍に覆われているため左目の視力と左耳の聴力を失っています。食べ物の咀嚼にも支障を来たしており、二人の姪っ子に助けられながら暮らしています。姪っ子はラルさんの嫁になってくれる人を探していますが、みな病気が感染するのではと恐れているため、嫁はみつかりそうにありません。

生まれたときのラルさんの顔には小さな傷のようなものがあるだけでした。成長するにつれて腫瘍は巨大化していき、ラルさんが8歳のときに、両親は初めて医者に連れて行ったそうです。しかし、貧しかったため治療を受けることはできず。ラルさんを見世物にする代わりに金を渡そうという旅のサーカス団もきましたが、両親は断ったといいます。

両親はやっと金を貯め、ラルさんが25歳のときに手術を受けさせました。しかし、手術中に出血が止まらなくなりラルさんは死にかけました。医師は、「死にたくなければ二度と手術はしないほうがいい」と忠告しています。

たまに村の外に出ると、人々はラルさんを見て驚きます。そして象の顔を持つヒンドゥーの神ガネーシャの化身だと思って、ラルさんに祈ってくれと頼んだり、足を触りに寄ってくるといいます。しかしこうした反応もまた、ラルさんを苛立たせるのです。「俺、ぜんぜん神様じゃねーし・・・」

ラルさんは今、絶望の中で生きているといいます・・・

参照元 : アマナマ


India's elephant man: Heartbreaking struggle of recluse, 34, who lives in agony with a nine pound face TUMOUR that looks more like a trunk

PUBLISHED: 15:30 GMT, 20 March 2014 | UPDATED: 10:19 GMT, 21 March 2014

An Indian man suffering from a facial deformity lives in constant pain after giving up on ever having surgery to remove his 9lbs ‘trunk’.
Chana Lal, 35, cannot eat or talk properly because of the tumour which has grown from his face down to his chest.
Mr Lal, who lives in a remote village just outside Lucknow, in Uttar Pradesh, northern India, avoids mirrors and lives alone, supported by his two nieces.
Scroll down for video
Deformed: Chana Lal, 35, who lives  in a remote village just outside Lucknow, in Uttar Pradesh, India, can't eat or talk properly because of his large facial tumour
+9
Deformed: Chana Lal, 35, who lives in a remote village just outside Lucknow, in Uttar Pradesh, India, can't eat or talk properly because of his large facial tumour
He suffers from severe neurofibromatosis, which has seen what was once a small facial deformity grow into a 9lbs 'trunk'.
Mr Lal has attempted surgery in the past, most recently ten years ago, but nearly bled to death and doctors told him to never try it again if he wanted to live.
 
Mr Lal, the youngest of eight siblings, lives as a recluse, and gets through his day-to-day chores with the help of two of his nieces.
He said: ‘I have an ugly face; I don’t even like looking at myself in the mirror so I don't expect anyone else to look at me either.
‘I would love to have surgery but I have lost all hope. I almost died last time I had surgery so I doubt anything can be done to this face.’



article-2585336-1C70E67900000578-805_634x483

The elephant man: Mr Lal's parents were offered money to display him during shows when he was a child, but they refused

article-2585336-1C70E68A00000578-888_634x475
 
Only family: Mr Lal lives as a recluse in the village, but is helped with his day to day activities by two of his nieces
+9
Only family: Mr Lal lives as a recluse in the village, but is helped with his day to day activities by two of his nieces
Mr Lal was born with a very small blemish on his face at his home in the village where he still resides, but with his parents very poor, and no doctors or hospitals nearby, he did not see a medial professional until he was eight.
‘I knew there was something strange about my face when children would run away from me,’ he said.
‘I remember crying to my mother and she told me directly that I had a scary face. After that I never asked anyone to play with me again.'
That year, his late parents took him to a doctor, but the 15,000 Rupee (£148) fee for treatment was too expensive for the family and they went home.
Mr Lal’s parents were even offered money by a travelling circus to showcase him, but they refused.
He returned to the doctor at the age of 25 after his family finally raised enough money for surgery.
During surgery, doctors cut into a main blood vessel and Mr Lal started bleeding uncontrollably.
He says the doctors advised his parents if they wanted him to live he should never have another operation.

article-2585336-1C70E65E00000578-471_634x896
 
Constant pain: Mr Lal can no longer chew or talk properly and has lost the sight in his left eye and can't hear through his left ear

article-2585336-1C70E66300000578-464_306x535

article-2585336-1C70E66900000578-248_306x535
 
+9
Constant pain: Mr Lal can no longer chew or talk properly and has lost the sight in his left eye and can't hear through his left ear
What was once a small facial deformity grow into a 9lbs 'trunk'
+9
what was once a small facial deformity grow into a 9lbs 'trunk'. He avoids mirrors and lives alone, supported by his two nieces.
+9
No going back: What was once a small facial deformity has now grown into a 9lbs 'trunk'
The tumour has now grown so large that Mr Lal has lost his eyesight in his left eye and hearing in his left ear.
‘I can’t even chew because my jaw has dropped and my teeth can’t do their job. I’d love to know what it’s like to bite into a juicy apple, he says.
Although he takes work as a labourer on building sites when he can, manual work is often painful.
‘I’m in agony. My head hurts when I have to carry heavy things but I don’t complain; the boss wouldn’t give me work if he heard me moan.’
Mr Lal lives alone but is looked after by his niece Suman Verma. She has tried to find her uncle a wife.
Ms Verman, 25, said: ‘I feel very sad for my uncle when I think of him alone.
'I want him to have a normal life like all my other uncles. When I was younger I used to be scared of him but I’ve got used to his face now. He’s a softly spoken caring man; I’ve never seen him get angry.
‘We’re trying to find him a wife, but families turn away when they see his condition. I want a woman to love my uncle for who he is.’

article-2585336-1C70E68200000578-927_634x460
 
Trying hard: Although he picks up work when he can, Mr Lal says it is painful to work with the tumour

article-2585336-1C70E68600000578-469_634x475

Trying hard: Although he picks up work when he can, Mr Lal says it is painful to work with the tumour
No hope: Mr Lal's family managed to raise money for him to have surgery ten years ago, but after doctors failed to stem bleeding during the operation, they told his parents he could never be helped

article-2585336-1C729FA800000578-541_634x535

No hope: Mr Lal's family managed to raise money for him to have surgery ten years ago, but after doctors failed to stem bleeding during the operation, they told his parents he could never be helped
The 'original' elephant man, Joseph Merrick, who lived in the late 1800s

The 'original' elephant man, Joseph Merrick, who lived in the late 1800s
Mr Lal on the other hand has lost hope, saying he would like to get married and have children but that ‘fathers think their daughters are going to catch my disease.’
‘They think it’s contagious and they quickly leave because they’re scared.’
When he travels outside his village people are amazed by his facial deformity and think he is an incarnation of the Hindu elephant God Ganesh.
Mr Lal said: ‘People touch my feet and ask me to pray for them because they say I have the face of a god. But they anger me; of course I’m not a god. I wouldn’t be in this much pain and misery if I was a god.’
 ‘I would love to get rid of this ugly face. If a doctor out there thinks they can do something I’d have no issues. I’d try anything.’
Dr Vinayak Mishra, 34, a general surgeon at Hemkunt Private Nursing Home, in Lucknow, said: ‘This is a severe case of neurofibromatosis Type I. The tumour has completely deformed his facial structure.
'If this disease continues to progress he might develop ulcerations and infectious complications. He will not die from this condition but the consequences of having such a big tumour might eventually kill him.’
Share or comment on this article

参照元 : 
Daily Mail

最新記事






楽天トラベル




人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ