地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

電磁波

イギリスに住む15歳少女が電磁波で首吊り自殺!遺書には、「これ以上Wi-Fiの電波には耐えられない」

やはり電磁波で人は死ぬ!? 15歳少女が「Wi-Fiアレルギー」で死亡するまで

2015.12.14

2015-12-16_170059

今年6月、イギリスに住む15歳のジェニー・フライが、自宅近くの木で首を吊って死亡しているのが見つかった。少女を自殺へ追い込んだのは、学校でのイジメやドメスティック・バイオレンスではない。原因はWi-Fiだ。今、こうして記事を読んでいるあなたの周りにも、当たり前のように飛び交っているWi-Fiの電磁波が、ジェニーを苦しめ生きる気力を奪ってしまったのだ。

「ジェニーは電磁波過敏症で苦しんでいました。彼女はWi-Fiや携帯電話、携帯の基地局などから放射される電磁波を感じ取ってしまい、頭痛や疲労、集中力の低下に悩まされた挙句、肉体も精神も衰弱してしまったのです」

母親のデブラ・フライは、何とかジェニーを電磁波から守ろうと苦心したが、その想いは報われなかった。

フライ家では、ジェニーに悪影響を及ぼすWi-Fiや携帯電話を徹底的に排除した。その結果、自宅にいる時の彼女は普通に生活することができた。

だが、再三にわたって両親が改善を要請したが、彼女の通っていた学校が電磁波への対策に乗り出すことはなく、ジェニーの担任教師からは最後まで理解を得られなかったと言う。

ジェニーが残した遺書には「これ以上Wi-Fiの電波には耐えられない」と書かれていた。

2005年にWHOも電磁波過敏症の存在を認めているのだが、なぜそのような症状が現れるのか、科学的根拠は見つかっていない。そのため、患者が電磁波による苦しみを訴えても、医師から適切な処置を受ける事は難しい。

ただし、ある産業医学グループの調査によれば、100万人当たり数人は電磁波による健康被害を受けていると推定している。

今年8月には、アメリカのマサチューセッツで暮らす家族が、12歳の息子はWi-Fiの影響で体調を崩したとして、通っていた学校を告訴している。学校が2013年に、それまでよりも強力なワイヤレス環境を導入したことによって、少年は症状が深刻になったと訴えているのだ。

ちなみに、電磁波過敏症による主な症状として報告されているのは「目の痛みや見にさ。皮膚の乾燥や炎症。鼻づまり、鼻水。顔のほてり。口内炎。歯や顎の痛み。頭痛やうつ。異常な疲れと集中力の欠如。吐き気。肩こり、関節痛。呼吸困難。手足のしびれ」などである。

これまで、電磁波過敏症を解明するために数々の検証実験が行われてきた。例えば、電磁波過敏症を訴える患者が、本当に電波の飛び交っている電磁場と、それらを一切遮断した偽の電磁場を区別できるかの検証だ。結果はどの実験でも、患者と電磁場の間に相関関係を見つけることはできなかった。

つまり現在の医学的見地では、健康を害する電磁波が飛び交っているという恐怖心が、電磁波過敏症の原因なのではないかという心因性説が有力だ。

一方、抗電磁健康活動家として有名なアーサー・フィステンバーグは、電磁波過敏症について真剣に考えていかなければならないと訴えている。

「電磁波過敏症の子どもにとって、Wi-Fiは常に全身へ毒物を浴びているようなものです。学校は子どもたちの健康に責任を追わなければならない」

原因が何であれ、電磁波過敏症で苦しんでいる人達がいるというのは紛れもない事実である。それはある日、身の周りにいる家族や知人、自分自身を苦しめる原因となるかもしれない。

参照元 : TOCANA


第12回「電磁波に近づいてはいけない」

●電磁波は人口削減の“最後の公害”だ。

電磁波で気づかれぬよう人口を減らす。利益を上げる。やはり“人殺し”と“金儲け-”。これも人口削減、利益収奪がセットになっている。電磁波には「発ガン性、催奇形性-、精神障害、免疫異常、ホルモン障害など一〇項目の有害性がある。(R・ベッカー博士-)。

携帯電話で脳しゅよう五倍、IH調理器で流産五・七倍……暮らしのホットスポットに注-意しよう。オール電化、高圧線、携帯電話、電化製品、IH調理器、パソコン、電気カミ-ソリ、ホットカーペット、中継タワー、放送タワー……。「距離をおく」「時間を短く」-がポイントだ。






スマホが放出している電磁波はガラケーより人体へのダメージが10倍 「脳腫瘍」のリスクは4倍超

発症率は4倍以上!?悪夢!「スマホで脳腫瘍」

2014年6月6日07時00分
 
01_m

最近、スマホを持ったという、そこのお父サン!もしかしたら、判断を誤ったかもしれませんよ……。

「スマホが放出している電磁波は、ガラケーの電磁波より、人体へのダメージが10倍もあるとも言われています」(医療ジャーナリスト・船瀬俊介氏)

電磁波と言われてもピンとこない人もいるだろうが、海外ではこんな恐ろしい研究結果が発表されている。
 
「フランスの研究者らが、"1日30分以上、携帯電話で通話を続けると、脳腫瘍が発生する危険性が2〜3倍に増加する"と発表したんです」(全国紙記者)

それだけではない。前出の船瀬氏は続ける。
 
「すでにスウェーデンの研究所が"10年間以上、携帯電話を使用すると、脳腫瘍のリスクが3・9倍に増加する"と発表しています。普通のガラケーでこの数字ですから、スマホで実験したら、もっと高い数値が出ることになるでしょう」

となれば、スマホ使用による脳腫瘍のリスクは、4倍を優に超えそうだ。

「各社から出されているスマホの説明書には、"体から15ミリ離して使用するのが好ましい"と記載されています。その理由はほとんど説明されていませんが、世界各地でスマホの電磁波が脳腫瘍などの病気を引き起こすと問題視されています」(医療関係者)

ここまで聞いたら、スマホをやめたくなってしまうが、それでも簡単に解約するわけには……。

「何もやめなくていい。電磁波にはメリットもある文明の利器。ならば、デメリットを消せばいいんです。そこで、スマホにイヤホンを必ず付けてください。これで電磁波の強さが100分の1以下になりますから」(船瀬氏)

上手につきあうべし!

週刊大衆06月09日号

参照元 : 日刊大衆








携帯電話の脳への影響の研究「脳腫瘍が増加」とフランスで発表

2014-05-14 10:47

sumahomimi1

携帯電話の脳への影響の研究において「脳腫瘍の危険性が増える」ということがフランスでの研究で明らかになったようです。

1. 日に30分以上5年間で

パリの新聞およびニュースによると、携帯電話の使用が脳腫瘍をひきおこすとのことです。なんだか恐ろしい話題ですね。

こんな内容です。

「スマートフォンや携帯電話で、1日30分以上の通話を5年間続けると、脳腫瘍が発生する危険性が2倍から3倍に増える」という研究結果なんだそうです。

1日30分以上使用する人なんていうのは、かなり大勢いると思います。特に仕事で使っていて外出の多い営業マンなどは、ほとんどが該当しそうですね。詳しくはどういう研究結果なのでしょうか。

2. フランスでの研究結果

フランス南西部のワインで有名な「ボルドー」という地域があります。そのボルドーにある公共衛生研究所(ISPED)によると次のような実験をしたそうです。2004年から2006年にかけて、脳腫瘍の一種である「グリオーマ」や「髄膜腫」を患った約450人を調査したようです。

そして、他の健康な900人と比較したところ、携帯電話の利用が少ない人ほど脳腫瘍の発生が少ないという傾向が認められたといいます。

グリオーマというのは、脳の神経細胞と神経線維の間を接着剤のようにつなげている細胞に腫瘍ができることなんですね。その接着剤のような細胞は「神経膠細胞(しんけいこうさいぼう)」と言います。

またの名を「グリア細胞」と言うんですね。そこにできる腫瘍なので「グリオーマ」というそうです。一方、「髄膜腫」というのは、脳や脊髄を保護している膜(髄膜)にできる腫瘍ですね。

どちらも脳腫瘍そのものではないですが、脳腫瘍のグループに入ります。研究結果はちょっとショッキングな内容ですが、私たちができる対策や予防法などはあるのでしょうか。

3. スマホ・携帯電話の脳への影響の対策は?

携帯電話が脳に影響を与える、ということは以前から言われてきました。特に1990年代後半では、携帯電話が出始め、まだ所有する人は少なかったですが、世の中で騒がれ始めました。

その当時は「パソコンの電磁波の問題」も盛んに言われてました。携帯電話も同様に、「電磁波が脳に悪影響を与える」ということで話題になったんですね。パソコンについては、昔はディスプレイがほぼ立方体で、大きな「ブラウン管」という、特に電磁波を発する機器でした。

そのため、電磁波についてうるさく言う人が多かったですが、液晶ディスプレイに移行してからは、あまり言われなくなりましたね。携帯電話の電磁波も、一時はかなりニュースになったのですが、いつの間にかあまり大きく取り上げられなくなったような印象があります。

というよりも、これだけ携帯電話やスマホが普及してしまうと、そんなことは言ってられない、というのが現状なんだと思います。ですが、今回のフランスの実験ではそのように恐ろしい内容でした。

どうしても気になる人は「携帯電話を使わない」ようにすれば良いのだとは思いますが、なかなかこの便利な文明の機器を、手放せませんよね。

対策としては、やはり「ハンズフリー」のイヤホン・マイクのセットがいいでしょう。電話本体を直接、耳に当てることがなければ防げるのだと思います。最近は、Bluetooth(ブルートゥース)を使用した無線のものも増えています。

長さが3〜4cm、幅が1cm程度、厚みも数ミリ、という小型のイヤホンタイプのものです。これを片方の耳にセットすることで、無線で電話ができるんですね。音楽も聴けます。そしてマイクも付いているんですね。

これをスマホなどに取り付ければ、完全なハンズフリーで会話ができるのでとても便利です。値段も安いものは2000円前後からあるようですので、是非お試しください。

参照元 : BRV News --- 3 steps news






【関連記事】
女性に警告!携帯電話をブラジャーに入れてると乳がん発祥の原因になる

最新記事






楽天トラベル




人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ