地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

陰謀

ロスチャイルドが所有地内で、飛行機とヘリの衝突事故で4人死亡?

ロスチャイルド卿がバッキンガムシャーで飛行機事故で死亡した

2017年11月17日

2017-11-20_002452

金曜日の午後、バッキンガムシャーのロスチャイルド邸宅で、飛行機とヘリコプターが空中で墜落した後、ジェイコブ・ロートシルト卿と他の4人が死亡する恐れがあります。

地元の住民が昼明けの直後に大きな音を聞いた後、両機の残骸が空から落ちた。当局によると、ヘリコプターのパイロットとその一人の乗客だけでなく、パイロットと飛行機の乗客はすべてクラッシュで死亡した。

地元の住人は、記者に語って、言った:"私の父は大きな音を聞いた。私の母親は、近所を歩いていた人だったと思っていた男性が、暴動が起きていると言うためにマナーに上って行ったと語った。

"それは敷地のすぐ上ではなく、近くの森林で起こった。私の父は現場まで走った。誰もが緊急サービスを支援しています。


▼ジェイコブ・ロスチャイルドが乗った飛行機が墜落した現場の生中継


ナサニエル・チャールズ・ジェイコブ・ロートシルト(Rothschild、4th Baron Rothschild)は、強力なエリートのロスチャイルド銀行家の一員です。

2017-11-20_003113

ロスチャイルドは、1917年にイギリス政府に Balfour宣言に署名することによってイスラエルを創造 させるために、第一次世界大戦を設計したと一般的に信じられています。

ロスチャイルド卿は、2018年までに彼の家族が率いる新世界秩序が成立することを誇示しました。

デイリーメールの報告:最初の999回の電話が12.06pmに到着した後、少なくとも7台の消防車と3台の捜索救助車両が急いで現場に突入した。

警察の乗り物が衝突場所に到着し、役員は森林に証拠テントを張った。クラッシュエキスパートは、起こったことをまとめようとしています。

救助隊員は、生存者を特定するために墜落した残骸の上で消防隊の無人機を発射したが、誰も病院に運ばれなかったことは理解されている。

フライトデータは、2人乗りヘリがその時に1,025ftで飛行していたことを示していますが、突然12時間後には突然レーダーになりました。それは空気中に15分間しかいませんでした。

墜落した飛行機は、1人のパイロットと1人の乗客のためのスペースしか持たない人気の訓練機であるCessna 152と考えられています。

Cessna 152は、ヘリコプターと同じ時期にWycombe Air Parkから離陸しました。それはヘリコプターと同時にレーダーから姿を消した。

この飛行機は1982年に作られたものだと考えられていた。今年初めに墜落しそうなヘリコプターが建設された。

著名なロスチャイルド家によって設立された財団によって管理されているWaddesdon Estateのスタッフは、警察が現場を保護するために大規模なコードを投げつけたため、緊急車両を悲劇の場面に誘導するのを助けました。

ヘレン・ミレン主演の「クラウン」と「クイーン」の撮影に使われた壮大な邸宅は、クラッシュ時にクリスマスマーケットを開催していたと考えられています。

航空事故調査班のスタッフが、空中衝突を引き起こした原因を調査するための草案が作成されました。

AAIBのスポークスマンは、「航空事故調査班は、Aylesbury近くの航空機とヘリコプターを含む空中衝突を調査するチームを送っている」と述べた。

約10マイル離れたRAFハルトンは、軍用機は関与していないと言いました。

スポークスマンは、「関係する航空機のいずれも空軍と軍のどちらとも関係していないことを確認することができ、これは私たちが現時点で知る限りである」と述べた。

参照元 : yournewswire.com


エアクラッシュ:4人が飛行機として死亡し、ヘリコプターが衝突する

2017年11月17日

2017-11-20_004457

4人が飛行機で死亡し、ヘリコプターがバッキンガムシャーの空中で墜落した。テムズバレー警察は、各航空機で2人が死亡したと発表した。

警察と大気事故調査拠点(AAIB)は、Aylesbury近くのWaddesdon Estateで昼休みに衝突の原因を明らかにする共同調査を開始したと語った。

ワイコブ・エア・パークのスポークスマンは、両航空機は飛行場から来たと語った。テムズ川警察のレプカ・ミアーズ容疑者は、現段階で被害者の身元や性別について詳しくは伝えられず、彼女の「最優先事項」は親戚の一人だったと語った。

彼女は、クラッシュを引き起こした可能性があることを「あまりにも早い」と言っていた。AAIBは、関係する航空機はセスナだと言った。

緊急サービスはWaddesdon Manorの近くのUpper Winchendonに12:06 GMTと呼ばれました。

2017-11-20_004651

義務の消防士のミッチ・ミッセンは、彼の庭からの墜落を目撃した。

彼は言った: "私は見上げて、両方が空中で衝突した後、大きなバンと落ちる破片が続きました。

「私は急いで私の車の鍵と途中で緊急サービスと呼ばれるルートを取得し、私はその場所について最新情報を提供し続けました。

「残念なことに、実際の事故現場を特定することはできませんでしたが、可能な限り警察、火災、救急車を指示しました。

Aylesburyの教師であるAndy Parryは、クラッシュ時にWaddesdon Manorの学生と一緒にいたと語った。

彼は "大規模な打撃"を聞いて、空に破片を見たと言いました。

2017-11-20_004730

クラッシュ後にいくつかの道路閉鎖があったが、その後解体された。Aylesbury、Haddenham、Oxfordshire、Berkshireからの7台の消防車が現場に送られた。Bucks Fire and Rescue Serviceのスポークスマンは、消防車や都市捜索救助車両の30人のメンバーが出席したと語った。

彼は次のように付け加えた。「私はそれが荘園の近くの森林地帯にあると理解している。テムズ川救急車、2人の救急車乗務員、2人の救急隊員、迅速な対応車も現場に送られました。

2017-11-20_004804

Bucks Heraldの Hayley O'Keefe 氏は、TwitterでWaddesdon Hillの近くで「煙の煙」が見られたと発表した。

ウィンチェンダー川上聖メアリー・マグダレン教会のRev Mary Cruddasは、彼女が何か助けになるかどうかを知るためにサイトに行っていたと語った。

彼女は言った: "それが起こった区域は道から離れて、そして得るのが難しいです。"

プレゼンテーショングレーライン
BBC Newsのオンライン記者フィル・シェッカが現場に私が現場に着いたとき、地方と国家のすべての店舗のメディアが組み立てられたので、それは狂っていました。

森林地帯は非常に密集しているため、クラッシュサイトは見えませんが、光がぼやけているので、AAIBと警察がどこに立っていたかの光が見えます。

警察の存在は日中非常に目に見えており、大規模なコードラインが設置され、道路が閉鎖されています。

プレゼンテーショングレーライン
ナショナル・トラストが所有するWaddesdon Manorのスポークスパーソンは、事故は起きていないと述べたが、スタッフは緊急サービスを現場に向けるのを手伝った。

ブッカーエアフィールドとしても知られているウィルコムエアパークは、クラッシュの現場から約20マイル(32km)離れており、飛行訓練を提供しています。

2017-11-20_004955

2017-11-20_004506

2017-11-20_004519

2017-11-20_004538

参照元 : BBCニュース


Horror in the skies leaves four dead: Light plane and helicopter take off from flight training school moments apart only to smash into each other 1,000ft above the Rothschild family's Buckinghamshire estate just 15 minutes later

PUBLISHED: 14:11 GMT, 17 November 2017 | UPDATED: 18:43 GMT, 18 November 2017

Four people have been confirmed dead after a light aircraft and a helicopter crashed in mid-air over the Buckinghamshire countryside this afternoon.
The aircraft collided just 15 minutes after taking off from Wycombe Air Park which trains rookie pilots. Wreckage landed near the Rothschild family's Waddesdon Manor, 16 miles north-west of the airfield, just after midday.
Residents in the nearby village of Upper Winchendon heard a loud bang and could see and smell a plume of black smoke from the crash scene.
The pilot of the helicopter and its single passenger, as well as the pilot and a passenger of the plane, died in the crash, which happened at around 1,000ft.
Pictures from the scene show fragments of the helicopter's rotor-blades and the plane's fuselage scattered around the woodland floor.

▼Aerial footage from above the site where the helicopter and plane collided in mid-air this afternoon. Four people, two from each aircraft, are dead following the crash at 1,000ft

2017-11-20_031156

▼Those on the scene say no one survived the crash, which left smouldering wreckage near the grounds of the Waddesdon Manor. Police have now set up evidence tents at the site

2017-11-20_031309

▼A piece of fin, thought to be the tail-end of the small, Cessna plane involved, was visible

2017-11-20_031353

▼A plume of smoke was seen over the woodland shortly after the two aircraft came down

2017-11-20_031450

▼The aircraft came down near Upper Winchendon near Aylesbury, to the north west of London

2017-11-20_031600



A local resident told MailOnline: 'My father heard a loud bang. He ran up to the scene. It was clear pretty quickly that no one has survived.'
'My mother said a man, who I think was someone who had been out walking nearby, went running up to the manor to say there had been a crash. Everyone is now helping the emergency services.' At least seven fire engines and three search and rescue vehicles rushed to the scene after the first 999 call came in at 12.06pm.
Police vehicles arrived at the crash site and officers have put up evidence tents in the woodland. Crash experts are attempting to piece together what happened.
Rescue workers had launched the fire brigade's drone over the fallen wreckage in a bid to locate any survivors, but no one was taken to hospital.

None of the victims had been named last night, but the dead helicopter pilot's friend and former colleague Captain Phil Croucher said: 'He was probably the most respected instructor in the country. 'He achieved a very high position in the Army. If you wanted a training instructor there's no one more highly qualified.
'Almost everybody in the country has been instructed by him – most instructors have been trained by him. Everybody in the industry looked up to him.'
He was said to have been training a foreign flying student on a beginners' course when the helicopter crashed.
Captain Croucher, 65, of Ayrshire, said the pilot, who worked for Helicopter Services flying school near Aylesbury, was in his sixties and had a partner and family,
He added: 'I was shocked and surprised to hear what had happened. He was a real gentleman. Of course it is an industry where this does happen. We don't stop, we just get on and do the job, he wouldn't have wanted me to stop flying.'
Flight data shows a two-seater helicopter was flying at 1,025ft in the area at the time, but suddenly went off radar shortly after 12 noon. It had only been in the air for 15 minutes.
The plane that crashed is believed to be a Cessna 152, a popular training aircraft which has space for only one pilot and one passenger.



▼Police close to the crash site in the Buckinghamshire woodland today. No one on board either aircraft survived the crash

2017-11-20_031917

▼Police have accessed the woods and set up a cordon around where the two aircraft came down

2017-11-20_032030

▼Photos from the scene show police tents have been set up where the two planes came down

2017-11-20_032117

▼Fire engines and police were seen at the entrance to the estate as crash investigators took over

2017-11-20_032207

A Cessna 152 took off from Wycombe Air Park around the same time as the helicopter and disappeared from radar at the same time.
The plane thought to have been involved was made in 1982. The helicopter feared to have crashed was built earlier this year.
Both the aircraft feared to have crashed made successful loops this morning, suggesting that they were being used repeatedly for pilots' training.
Staff from the Waddesdon Estate, which is managed by a foundation set up by the eminent Rothschild family, helped direct emergency vehicles to the scene of the tragedy as police threw up a massive cordon around the area to preserve the scene.
Waddesdon Estate gardener Len Bellis described how he found the wreckage minutes later after hearing a 'horrendous noise'.
He said the Cessna was 'non-existent' but for a 5ft section of burning fuselage.
Two men he met at the scene told him they'd heard the plane 'stuttering' just before the crash.
The grand country manor house, which was used in the filming of The Crown and The Queen starring Helen Mirren, is understood to have been hosting a Christmas Market at the time of the crash. The Cessna 152, built in 1982, is owned by Airways Aero Associations. It needed extensive repairs in 1993 after a crash in Cornwall.
Staff from the Air Accident Investigation Branch have been drafted in to begin an inquiry into what led to the mid-air collision.
One pilot said it was easy to be distracted by the estate.
Writing on an internet flying forum, the 36-year-old added: 'I've been guilty of paying too much attention to pointing passengers to the Rothschild palace and not enough to a lookout.'

▼This helicopter disappeared off radar at 12pm today whilst flying over Waddesdon 15 minutes after it took off from Wycombe Air Park, which has confirmed its aircraft were involved

2017-11-20_032315

▼This Cessna 152 took off from the same airfield around the same time as the helicopter

2017-11-20_032358

▼This was the scene at the airfield where the planes took off this afternoon. A helicopter similar to that feared to have been involved in the crash remains on the ground

2017-11-20_032424

How did the mid-air crash happen?
The helicopter, a 2017 French-built Guimbal Cabri G2, took off for its second flight for the day from High Wycombe at 11.47 am.
According to data from Flight Radar 24, the aircraft had earlier successfully completed a 30-minute flight.
The aircraft took off and routed north over the Chiltern Hills Area of Natural Beauty. Within five minutes it was flying at 1,025 feet at 60kts approaching Princes Risborough.



▼The helicopter, a 2017 French-built Guimbal Cabri G2, took off for its second flight for the day from High Wycombe at 11.47 am

2017-11-20_032744

The helicopter, which can carry two people, continued towards Waddesdon. At 12 noon the aircraft was last seen at 1,025 feet to the east of Upper Winchendon.
Three minutes before the crash, a Cessna 152 which was built in 1982, was north west of Princes Risborough at 2,800 feet and travelling at around 70kts.
The flight tracking radar did not record the Cessna leaving Wycombe Park Aerodrome, although it is believed it departed shortly after the helicopter.
One minute before impact, the Cessna is believed to have increased its altitude to 3,700 feet, but it its final radar return moments before the accident showed it dropped down to below 2,800 feet.
Flight crash investigators will want to determine how an aircraft apparently 1,700 feet above the helicopter shortly before the crash could have been ended up being involved in a collision.
Like the helicopter, the Cessna was also on its second flight of the day.



A spokesman for Thames Valley Police said: 'Officers are currently at the scene of an air accident near the village of Waddesdon near Aylesbury.
'The force is coordinating the response to the incident which was reported at 12.06pm today.
'The Air Accidents Investigation Branch has been informed and staff are en-route to the scene. Fire and ambulance services are also in attendance and preservation of life is first priority.
'In consequence of this incident it is expected that there will be some disruption to the road network around Waddesdon for the rest of the day.'
The spokesman later added: 'We're aware of a number of casualties following an incident this afternoon in Waddesdon, Aylesbury.
'There were a number of road closures following the incident, which have now been lifted. We will provide further updates when available.'

▼Police vehicles surrounded the scene this afternoon as the investigation got underway

2017-11-20_032959

▼Fire crews and rescue workers raced to the scene after the first reports of the crash came in

2017-11-20_033045

▼An air ambulance landed on a nearby field although it is not thought anyone went to hospital

2017-11-20_033507

▼Aerial footage shows police activity in woodland set back not far from a local road

2017-11-20_033548

A spokesman for the AAIB said a the time of the crash: 'The Air Accidents Investigation Branch is sending a team to investigate a mid-air collision involving an aircraft and a helicopter near Aylesbury.' RAF Halton, which is around 10 miles away, said no military aircraft had been involved.
A spokesman said: 'We can confirm that neither of the aircraft concerned has a connection with either our air force nor the military, and this is as much as we know at this time.'
Country residence starred in films: The history of Waddesdon Manor and its billionaire owners Today's mid-air crash happened above the grounds of a manor built for one of the world's richest families - the Rothschilds.

The billionaire banking dynasty owned Waddesdon Manor from when it was built in 1889 until they gifted it to the National Trust in 1957.

The family's banking business was established by Mayer Amschel Rothschild (born in 1744) in Frankfurt in the 1760s.

▼The aircraft came down near the grand Waddesdon Manor. A man believed to have been walking nearby ran up to the manor to tell staff what had happened

2017-11-20_033709

▼Waddesdon Manor, shown here in 1890, was built between 1874 and 1889 in the Neo-Renaissance style of a French chateau for Baron Ferdinand de Rothschild

2017-11-20_033812

The name Rothschild is derived from the House of the Red Shield ('Rot Schild') which was built by Mayer's ancestors in one of the first Jewish ghettos in the German city in the 16th century. Through Mayer's five sons - Amschel, Salomon, Nathan, Karl and Jakob - he set up an international banking enterprise with branches in London, Paris, Vienna and Naples, as well as Frankfurt, by the 1820s.

2017-11-20_033859

Nathan, in particular, made huge profits via the Napoleonic Wars. He provided financial support to the Duke of Wellington and went on to loan money to English troops fighting Napoleon - netting healthy profits when the debts were repaid.
In the 19th century, the Rothschilds owned the largest private fortune in the world.
The dynasty's wealth today has been divided among various descendants - and, in addition to banking and finance, has its interests in mining, energy, real estate and winemaking.
The Rothschild family is also known for its charitable activities, particularly in the arts and education. The last time Waddesdon Manor was owned by a member of the family was in 1957, when it belonged to James de Rothschild.
He bequeathed the house and its contents to the National Trust and today it is managed by the Rothschild Foundation chaired by Jacob Rothschild, 4th Baron Rothschild.

▼Boris Johnson met Lord Rothschild at the manor in 2014 for the opening of an exhibition

2017-11-20_033934

Beth Rothschild, Jacob's daughter, still lives on the estate.
Born in 1964, she is a Vice President of the Wiltshire Blind Association, and she is a trustee of the Rothschild Foundation. Beth married Antonio Goffredo Tomassini in 1991.
With 390,000 visitors annually, Waddesdon Manor is one of the Trust's most visited properties.
It has featured in several films and TV shows, including The Queen, which starred Helen Mirren; Downton Abbey, where it stood in for the exterior of the fictional Haxby Park; and The Crown, the biographical TV series about Queen Elizabeth II.

▼Mrs James de Rothschild outside Waddesdon Manor in 1979

2017-11-20_034028

参照元 : dailymail

ロックフェラー家が所有する3軒の邸宅を売却

ロックフェラー家が3邸宅を売却へ、総額83億円

2017/10/9(月) 12:30配信

2017-10-09_200546

米国の富豪デービッド・ロックフェラーが101歳で死去してから半年ほどがたち、一家は所有する3軒の邸宅を売却することを決めた。

フォーブス電子版の寄稿者でもあるアリアナ・ロックフェラーが語るそれぞれの邸宅と祖父デービッドの思い出とともに、3軒について紹介する。

1. 立地:ニューヨーク州ウエストチェスター郡スリーピーホロウ(1938年竣工)
・売却価格:2200万ドル(約24億8000万円)
・面積:約1054平方メートル(11ベッドルーム、12バスルーム)
・その他設備など:ハドソン川の眺望、広大な庭、3ベッドルームのゲートハウス(使用人用)、6ストールバーン(家畜用)、温室3棟、リンゴ園、ヘリポート
・隣人:投資家ジョージ・ソロス、ヘッジファンド運営会社「オクジフ・キャピタル・マネジメント・グループ」CEO、同「スタインハート・パートナーズ」創業者など
・逸話:ニューヨークのエリート層に好まれた建築家モット・シュミットが手掛けた。デービッドの祖父ジョン・ロックフェラーが所有していた「カイカット」の邸宅からわずか3kmほどの場所にある。

また、亡くなった妻を称えてデービッドが創設した農業教育施設「ストーンバーンズ・センター・フォー・フード&アグリカルチャー」も近い。

・アリアナが語る思い出:よく祖父と並んで芝生の上に座り、ホタルが飛んでいるのを眺めた(デービッドは昆虫学に詳しかったことで知られている)。ホタルは「鞘翅(こうちゅう)目カブトムシ亜目の昆虫だ」と教えてくれた。

2. 立地:メーン州シーハーバー(1972年竣工)
・売却価格:1900万ドル
・面積:約468平方メートル(7ベッドルーム、5.5バスルーム)
・その他設備など:花こう岩のスイミングプール、バラ園、果樹園、ゲスト用コテージ、近隣にアーカディア国立公園
・隣人:実業家マーサ・スチュワート、靴製造大手デクスター・シュー・カンパニー創業一族のスーザン・アルフォンドなど
・逸話:同世代のその他の多くのエリートたちと同様、デービッドの両親もまた、メーン州のマウントデザート島にある港町バーハーバーで夏を過ごした。デービッドの父親ジョン・ロックフェラー2世は1913年以降、延長およそ72kmの公園内の道路整備を支援した。

デービッドは2002年に出版された回顧録で、メーン州では「船の操縦の仕方を学び、自然に対する関心を深めた」と語っている。回顧録の大半は、港が見えるこの家の書斎で執筆された。

・アリアナが語る思い出:「クリスマスはいつも、メーン州の家で過ごしていた。クリスマスの朝には皆が暖炉の前に集まってプレゼントを開け、一緒に昼食を取った」

3. 立地:ニューヨーク市マンハッタン(1924年竣工)
・売却価格:3250万ドル(約36億6800万円)
・面積:約908平方メートル(8ベッドルーム、8バスルーム)
・その他設備など:温度制御機能付きワインセラー 、使用人用ベッドルーム6部屋、ライブラリー、エレベーター
・隣人:富豪チェース・コールマン、ロウズ・コープ共同会長ジョナサン・ティッシュ
・逸話:チェース・マンハッタン銀行に入行した後、デービッドは1948年に妻ペギー(マーガレット)とともにアッパーイーストサイドにある住宅を購入。夫妻はこの家で6人の子供を育てた。

この家には、ピカソやマティス、ゴーギャンなどの作品およそ2000点のアートコレクションがあり、多くが壁に飾られている。

・アリアナが語る思い出:「私がコロンビア大学に通っていたころ、よく祖父のこの家に泊まったり、一緒に夕食を取ったりしていた」

「私の勉強のことや、祖父がチェース・マンハッタン銀行で働いていたころのことをよく話した。混雑した地下鉄の車両の中で半分の長さに折った新聞を読みながら、マンハッタン南部のオフィスまで通勤していたそうだ」

参照元 : forbes japan




2017-10-09_200852

【関連記事】
●【国際金融マフィア】D・ロックフェラー(99)の息子で医師のR・ロックフェラー氏(65)が飛行機事故で死亡

●CFRのボス・米大富豪の大物デイヴィッド・ロックフェラー氏が101歳で死去

●フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ氏(CEO)はデイヴィッド・ロックフェラーの孫だった

●デイヴィッド・ロックフェラー茶飲み友達・苫米地英人と康芳夫対談・本当のNWO(新世界秩序設計計画)「クリントンの旦那はロックフェラー家の隠し子だった」

●ユダヤ金融マフィア(CFR)の大物、デイヴィッド・ロックフェラーに「We Are Change」のルーク氏とジャーナリストが直接抗議

●【金融マフィア】デイヴィット・ロックフェラー自身が「世界政府を作るために働いてきた」と自著で告白

●石油王ロックフェラー兄弟財団、化石燃料に対する投資を止めると発表

公安警察OBがスパイ天国日本の実態を暴露!

【選挙前に知るべき真実】「日本人作家Xはスパイ」元公安が“スパイ天国日本”の実態暴露! 思想専門諜報員の活動とは?

2017.10.03

「スパイ天国日本」。世界のインテリジェンス関係者の間でそう呼ばれている日本。だが、北朝鮮弾道ミサイル発射や核実験の裏で、密かに日本に潜入し、日本社会に紛れ込んで各種の工作を実行している中国、北朝鮮、ロシア工作員の実態について、リアリティを感じている国民は少ない。

2017-10-06_181508

だが、今月ついに衆議院総選挙に突入する日本で、外国諜報機関がただ指をくわえて傍観しているはずはない。彼らスパイにとっては被潜入国の選挙が最も活動しやすく、大量の情報を得る機会であり、エージェント獲得の絶好のチャンスでもある。究極の目的はもちろん、自らが影響力を及ぼすことができる政府を作ることで、そのための極秘ミッションを実行するわけである。

米国大統領選では、ロシアがトランプ陣営に接近し、クリントン陣営をサイバー攻撃するなど、選挙後もトランプ大統領に多大な影響力を行使することができる土壌を作り上げることに成功した。その後、FBIによってロシアゲート疑惑として捜査されることになったことは記憶に新しい。

2017-10-06_181543

しかし我が国では、このようなスパイ事件は他国の出来事だと片付け、現実味を持って捉えられていない。そのような無関心が「スパイ天国日本」という汚名がつけられる一因となっているのである。しかし現実は甘くなく、例えば、日本の政治家や官僚が中国・北朝鮮のハニートラップに引っかかったという事例は、非常に多い。そのハニートラップの実態については、時を見て報じることとしたいが、今回は、総選挙におけるスパイ工作の一端を紹介しよう。

「もはや、スパイ小説や映画の世界ではなく、実際に今この瞬間も水面下で行われている工作活動の実態について、国民に周知させ、警鐘を鳴らすことが必要な時期に来ているのではないでしょうか」そう語るのは、長年インテリジェンスの世界で、北朝鮮などの工作機関と対峙して来た公安警察OB。

公安警察OBは「かつて北朝鮮の工作員は工作船で日本に潜入し、日本人拉致を実行したことは広く知られていますが、実は拉致以外でも数々の工作を日本国内で行なっています。まず、日本国民がミサイルや核実験に気を取られている裏で、日本のインフラはどのようにすれば麻痺させることができるか情報を収集しています。また、例えば、3.11東日本大震災での原発事故後の日本社会の混乱を精密に情報収集していたこともわかっています。さらに、秋葉原など売られている精密機器をハンドキャリーで北朝鮮に持ち込み、ミサイル技術に使っていたり、韓国を偵察するドローンに日本製品が使われているなど、枚挙にいとまがありません」

そして、中国国家安全部の情報活動について、氏は「北朝鮮工作員が主に非合法活動を行なっているのに比べ、中国の情報機関は合法的にスパイ活動を行なっている場合が多く見受けられます。例えば、留学生として日本で学ばせ、その後、高度科学技術情報が集まる企業に就職させ、情報を抜き取るというような場合です。その他にも、日本人エージェントを使い、中国に有利な日本世論を形成するというアクティブメジャースを積極的に行なっています。そこで、一例を紹介したいと思います」

そう言って氏は「日本の首相をことごとく批判した本を出版しているF氏(ジャーナリスト)はフリーメイソンメンバーにしてCIAのエージェントだと推認しています。その後、どのような経緯かは不明ですが、中国スパイに転じ、現在は海外に拠点を置き、中国情報機関の意向を受けて日本政府批判を展開するなどのミッションを行なっている可能性があります」と語った。

2017-10-06_181632

F氏は、小泉純一郎をはじめ歴代の首相批判が目立つ。自身のプロフィールによれば、もともとが地質学のプロであり、一環してオイルビジネス周辺に関わってきたと明らかにしているが、これは、もうメイソンのメンバーだと自ら認めているようなものだ。

いうまでもなく、オイルビジネスはメイソンが利権を握っていることは周知の事実であり、メンバーでなければオイルビジネスなどできないであろう。

公安警察OB氏は、「彼の書籍は“脱藩”がひとつのキーワードになっています。彼はアメリカに長く居住し、その後、台湾に居住するなど、海外に拠点を置いて活動しているようなので、事実上の『脱藩』状態。つまり、現代風にいうなれば『亡命』しているようなものですね。さらに、我々が注目したのは、F氏とI氏(有名健康法の提唱者)との関係です。I氏は、中国各地で事業を行なっている人物ですが、中国のスパイだと指摘する人もいるように、我々も同様の見解でした。そのI氏は、鹿児島県にF氏の本を大量に保管しているという情報があり、F氏が行なっている世論操作をI氏がサポートしている構図になっているとみています」

自身は海外にいて、執拗に日本政府を攻撃し、「脱藩」を勧めるF氏の意図はどこにあるのだろうか。陰謀論の専門家に話を聞くと、

「F氏は、CIAの手先となって対日世論工作を遂行したり、中国スパイに転身して日本政府パッシングを行ったりしていますが、その根底はフランス系のメイソンに属し、その意に沿わない政治家、官僚などを叩くという古典的なミッションを行なっていると思われます。彼らが特に嫌うのは(日本国内での)権力が強くなりすぎた者や、メイソン別組織に連なる者です。そういう者に対しては、あらゆるメディアを使って攻撃するという特性があります。F氏に関していえば、まず、主に海外を拠点にミッションを行なっているという点が巧妙です。S島氏(評論家)がF氏に対して、『なぜ日本で運動しないのか?帰れない理由でもあるのか?』と疑問を呈したことがありますが、まったくその通り。

2017-10-06_181744

総選挙は彼らが暗躍する絶好の舞台ですから、記事や本に暗号を混入させて発信し、時が来るまで活動を停止しているスリーパーを目覚めさせて一丸となって思想戦を展開するという手法をとるでしょう。F氏は、ミャンマーに子どもに会いに行く機会を利用して中国スパイと極秘接触し、資金提供を受けているものと思われます。このような動きからしても中国が育てた思想専門のスパイと言えるでしょう。これは想像ですが、もしかしたら、彼らは日本に思想戦専門のスパイ教育機関を作ろうとしているのかもしれません」

このように、日本は海外の情報機関から「スパイ天国」だと見られ、野放し状態で工作活動を許している実態である。ようは「ナメられている」のである。「それもこれもスパイを取り締まる法規が我が国にないのが致命的」と指摘する専門家が多い中、このような実態で本当に日本は守れるのであろうか。

いくら防衛予算を積み増しし、アメリカから高価な武器を購入しても、工作員による破壊活動や世論操作に対して、なすすべもなく指をくわえて傍観しているようでは、誠に心もとない国防と言わざるを得ない。

参照元 : TOCANA







フリーメイソンなる秘密結社が米国を、そして世界を支配している?「フリーメイソン」は何故アメリカで発展したのか

「フリーメイソン」はなぜアメリカで発展したのか――新書時評

2017/9/18(月) 11:00配信

2017-09-21_095249

朝鮮半島危機に今まで以上に不安を感じるのは「北」の独裁者なみに何をしでかすかわからない大統領に米国が率いられているからだ。とはいえ私たちはトランプ以前の米国であれば理解できていたのか。今回はより深層から米国を考える助けとなりそうな三冊を選んでみた。

フリーメイソンなる陰謀集団がアメリカを、そして世界を支配している、そんな俗説がある。橋爪大三郎『フリーメイソン』(小学館新書)は、この種の誤解をひとつずつ丁寧に解いてゆく。中世イングランドの石工組合が起源のフリーメイソンは確かに新大陸で大きく発展したが、それは出自や宗派の異なる移民同士が団結する仕組みを必要とした米国社会に適合したからだ。初代大統領ワシントンに始まりセオドアとフランクリンの両ルーズベルトやマッカーサーも会員だったし、今も百七十万人の会員がおり、堂々と活動している。

注目すべきはその思想だろう。フリーメイソンは人間理性を信頼する理神論が特徴。それは米国のリベラルの立場と通じ、米社会で一大勢力を形成する。

山口真由『リベラルという病』(新潮新書)によればリベラルが生命工学などの進歩を歓迎するのも理性を信頼するからだという。そして日本でリベラルといえばハト派だが、米国のリベラルは己の信じる正義のために武力行使も辞さない。攻撃は国外に向くだけでない。平等を重んじるリベラルは少数者の権利保護にも熱心だが、たとえば守るべき性的少数者の頭文字を連ねてLGBTとしていたのは過去の話。

今やLGBTQQIAAPPO2S…と保護対象はインフレ状態だという。まるで落語の寿限無だが、多様な少数者に無神経な発言を少しでもすればこっぴどく糾弾されるのだから笑えない。他者との共生を謳いつつ不寛容を極めてゆく、まさに「リベラルという病」と呼びたくなる姿勢に呆れた人たちが“逆張り”で差別的言辞を弄するトランプを大統領に選んだ面もあったはずだ。

かくして国内でも差別主義者対リベラルの緊張の高まる米国はどこに向かうのか。北野圭介『新版ハリウッド100年史講義』(平凡社新書)は白人中心主義だったハリウッド映画が、世界中のどこでも、どの年齢層にも観せられるグローバルフィルムを作るに至った軌跡を辿る。

いかなる価値観とも抵触しない映画は経営上の必要で作られたのか、それとも米国が未だに手放していない「寛容への夢」の結実なのか。そんな観点でハリウッド映画を鑑賞吟味すれば、それも米国の今と今後を考える機会となろう。

参照元 : 文集オンライン


【関連記事】
金正男の息子、ハンソル氏とみられる男性がYou tubeで、「父が殺害された」と主張

東京タワーと秘密結社「フリーメイソン」、天皇の繋がり!スカイツリー666メートル

トランプ氏当選の背後に「秘密結社フリーメイソン」の存在を指摘

相模原事件の植松聖容疑者は安倍信者でフリーメイソン信者のネトウヨだった!?

イルミナティとフリーメイソンの元構成員が暴露する秘密結社の真実

水木しげるは、フリーメイソンの広告塔だったから売れた?

秘密結社フリーメイソンの190年分、200万人の名簿がインターネット上で公開された

CIA・世界平和統一家庭連合・フリーメイソンのテレビ局「フジテレビ」が、悪霊祓いに500万円を投資

フリーメイソン会員の高須院長「マイナンバーこそが徴兵制度をスムーズにするものなんだから」

世界の悪魔崇拝者たち『悪魔教・フリーメイソン・イルミナティ』まとめ

任天堂の岩田聡社長が胆管腫瘍のため、亡くなったショックからか、LINEに「フリーメイソンに暗殺された」という怪文書がバラ撒かれる

フリーメイソンが都市伝説だって?日本支部は東京のど真ん中にあります

日本で国際銀行家(ユダヤ金融資本)やフリーメイソン・イルミナティが話題になるワケ

【フリーメイソン】アメリカ極秘文書の謎 日本との関わり 「11」「46」「666」という数について

かつては「フリーメイソン」の集会場やクラブ兼ホテルだった建物が高級分譲マンションとして売られる

天皇の金塊は誰の物か?3つのグループが、現在、第三次大戦を引き起こそうとトランプ大統領に働きかけ?

“天皇の金塊”は誰のものか…敵対していた2つのグループは協調関係に 対峙すべきは第三次大戦を画策する勢力

2017/06/30 9:40 PM

竹下雅敏氏からの情報です。
動画の1分9秒〜4分56秒をご覧ください。4分10秒以降では、ゴールドマン・ファミリーズ・グループが世界に配分したといわれる4京3000兆円について触れ、そのような配分は無意味だと言っています。ゴールドマン・ファミリーズ・グループの主張では、世界の金塊の約80%は天皇に所有権があるとのことですが、私には到底信じられません。ドラゴン・ファミリーから金塊の大部分を日本が略奪しなければ、このような割合にならないと思うのです。

要するに、ゴールドマン・ファミリーズ・グループは、インドネシア、フィリピンに埋められた、いわゆる“天皇の金塊”は全て日本のものだと主張しているように思えます。しかし、これらの金塊の大部分は所有者がハッキリとしており、法的にドラゴン・ファミリーのものだと思うのです。

もし、ゴールドマン・ファミリーズ・グループが自分たちのものでない金塊を裏付けとして4京3000兆円を配分したとするならば、フルフォード氏が主張するように、このような配分は全く無意味です。フルフォード氏は彼らに味方する軍隊はいないと言っていますが、これはその通りだと思います。

下の記事は、GCRに関するこれまでの記事をいくつか抜粋したものですが、これを見ると、ドラゴン・ファミリーと新共和国、そして米国、中国、ロシアの軍部が、協調的に世界通貨改革に向けて動いているのがわかると思います。おそらく、白竜会はこの動きに協調していると思われます。これらのグループに敵対しているのがゴールドマン・ファミリーズ・グループだったわけです。

しかし、ヘンリー・キッシンジャー氏が現在はプーチン大統領の下で動いていることと、ロスチャイルド家、ロックフェラー家がゴールドマン・ファミリーズ・グループから排除されたことを考えると、現状では、対立する必要はなくなって来ているように見えます。ロスチャイルド家を権力の座から排除することに合意出来れば、この2つのグループは協調関係になると思います。おそらく、1週間以内に話し合いの場が持たれるのではないかという気がします。

そうすると、これらのグループが協調して対峙すべき敵は、ロスチャイルド派、ロックフェラー派(ネオコン)、イエズス会ということになります。この3つのグループが、現在、第三次大戦を引き起こそうとトランプ大統領に働きかけているわけです。

(竹下雅敏)

加計学園獣医学部は生物兵器工場? 自民のシャブ議員 X 逮捕間近か?【ネット TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2017/06/29
配信元) YouTube 17/6/26



ニール・キーナンからの最新情報 2014年10月16 日
転載元より抜粋) GFLサービス 14/10/16
American National Militia

[7:42:15 AM] ニール・キーナン: やあ、やあ、米国共和国よ???UNITED STATES OF AMERIKA CORPORATIONと大文字で表記される米国株式会社)はついに解散した?これは私がこれまでに得ている情報である。

[2:28:08 PM] ニール・キーナン: これが本当かどうかは分からないが、 私は本当だと思う。

(中略)

――――――――――――――――――――――――

デイブ・シュミット特別報告 2014年10月16日
転載元より抜粋) GFLサービス 14/10/16
NESARA- REPUBLIC NOW - GALACTIC NEWS

(中略)

IMF(国際通貨基金)、世界銀行、BIS(国 際決済銀行)の運営主体が交代し、ドラゴンファミリーが主導権を握ることになった。

(中略)

ドラゴンファミリーは、現在支配的立場にある金融諸機関を手中に収めるが、この ことはカバールの力と支配を排除する事でもある。

(中略)

この変化は通貨交換がただちに始まると言うことを意味するのではない。

(中略)

これは私たちが待ち望んでいた変化の第一段階である。

(以下略)

――――――――――――――――――――――――

世界通貨改革(GCR) 2015年12月14日
転載元) たきさんのホームページ 15/12/15

(中略)

RV(イラクディナール、ベトナムドンなどの通貨の評価換え、つまり評価価値の急騰)ニュース Sunday 12.13.15

(中略)

温情ある中国の長老たちによって、米国新共和国政府がアメリカ人の手に復帰する。2016年には、RV宣言と共に、共和国宣言が行われる。

新共和国の暫定大統領はジョセフ・ダンフォード将軍(Joseph Dunford ) で、ある種の混沌を予想しているので、着実で忍耐強く、予測可能な反応に対して軍隊を待機させる。

(以下略)

――――――――――――――――――――――――

共和国軍の世界通貨改革(GCR)への動き 転載元より抜粋) GFLサービス 16/2/20 The Republic Military Moving Into Position for the Global Currency Reset - February 20, 2016

(中略)

Saturday, February 20, 2016

The Republic Military Moving Into Position for the Global Currency Reset - February 20, 2016

暫定大統領のジョセフ・ダンフォードに率いられ、中国、ロシア、ペンタゴンのホワイトハットと協力している新共和国軍は、世界通貨改革と新/復活共和国宣言に向けて配置を固めているように見られる。

(中略)

平和がほしければ新共和国軍と米国企業軍との間の戦争に備えなければならない。

新共和国、ペンタゴン、中国、ロシアはすべてがこの”イベント”に協力している。

(以下略)

(続きはここから)

————————————————————————

連合艦隊
転載元) Now Creation 15/4/1
3月31日付
The Alliance Fleet

(中略)

光の側では、ほとんどのライトワーカーがプレアデスとシリウスから来ました。多数の光の戦士は、アンタレスかアークトゥルスに起源をもちます。ドラゴンファミリーのほとんどの代表者は、ドラコニアン種族のポジティブ派が起源です。レジスタンス・ムーブメント及びポジティブミリタリーの多数のメンバーは、アンドロメダの出身です。

(中略)

私たちの太陽系内にいる、光の勢力の全宇宙船は、タキオンの膜でクロークし、地上から見つからないようにしています。このような宇宙船の多くが、小惑星帯における小惑星、カイパー・ベルトにおける天体と同じ軌道にいます。

(中略)

小さ目の船は、アシュターコマンド、ジュピターコマンド、プレアディアン、シリアン、アンドロメダン、アークチュリアン、レジスタンスの艦隊です。大き目の球形バイオサテライトはセントラル文明のものです。

(中略)

地球外勢力の連合は、地上のBRICS/東方連合の背後にある、指導者勢力です。

(以下略)

参照元 : shanti phula





秘密結社「イルミナティ」中核組織「三百人委員会」の目的と名簿

現代の秘密結社イルミナティ「三百人委員会」について

イルミナティ中核組織「三百人委員会」組織図

201204271407253dc

三百人委員会の目的

2017-02-05_221008

↑の本のP223から引用。

<地球人家畜化計画>

世界統一政府計画組織「三百人委員会(悪魔<ルシファー>崇拝主義)」の目的

1.教会と金融システムを彼らの管理下に置いた統一世界政府を作りあげる。

2.すべての民族性と民族的な誇りを徹底的に破壊

3.麻薬とポルノを合法化

4.先進国の限定戦争および第三世界諸国の飢餓と疫病の蔓延を促進し「ムダ飯食い」の人間を殺害

5.大量に失業者を作り国民の士気を低下させる

6.世界経済を全面的崩壊に追いやり、政治的混乱を引き起こす

7.アメリカ合衆国の内政外政をコントロール

2017-02-05_220640

↑の本のP60〜61から引用。

<世界統一政府による人類総家畜化計画>


彼ら(三百人委員会)の目指すワンワールドとは何か?

まず、世界政府の頂点には当然、終身・世襲制の地球支配階級が君臨する。そして支配者は、国民の人口を出生率、病気、戦争、飢餓などで人工的に調節し、政府に服従を誓ったほぼ10億人だけを支配下に置いて生存させる。

また、貨幣は統一され、ワンワールド教会による悪魔崇拝(※堕天使である邪神ルシファー崇拝を示す。「地震兵器・気象兵器・HAARP・ケムトレイル」と言う本で、イルミナティは、地球外生命体のことを悪魔、天使と呼ぶと書かれている。つまりルシファーとは、地球外生命体のこと)

だけが正規の宗教として認められる。そして、国民は個別にIDチップを体内に埋め込まれ、





行動を厳しくコンピューターで管理される。結婚は禁止、子供は国有とされ、政府の管理下に置かれる。食料品にはドラッグが混入され、マインドコントロールがなされる。

以下、ベンジャミン・フルフォード氏のサイトから。

02/23/2009

300人委員会について
先日300人委員会のメンバーより、その委員会についての詳しい情報を得た。300人委員会とはやはりある家族群れの代表であった。始まりは800年前のヴェネチアのメディチ族だという。そして思想の大元は古代バビロニア王室だ。彼らはアジアや中近東、ヨーロッパ間の貿易によって富を築いた。その後仲介するビザンチン帝国を避けるため、ヨローパの港町アムステルダムに本部が移行された。そこで東インド商会を作り、直接アジアと取引することにより更なる富を得た。

彼らは三つの原則によって社会を管理してきた:火薬、金、ペン。要するに暗殺、賄賂、プロパガンダの組み合わせだ。現代彼らは三つの小さな独立都市から世界を支配している。先ず「火薬」である戦争の担当はアメリカから独立をしている都市Washington D.C.。そして「金」である賄賂担当は独立都市であるロンドン。最後に「ペン」であるプロパガンダ担当はバチカン帝国だ。

更に300人委員会のメンバーは悪魔教の信者である。彼らの配下に存在するのがユダヤ人やアングロサクソン民族。そしてこの人達は現在でも人間を生贄にする儀式を定期的に行っている。この委員会のメンバーの名簿はおそらくガーター騎士団、マルタ騎士団やテンプル騎士団とかなりの確立で一致する。

彼らは人類に許しを願っているみたいだ。彼らを許すべきだと思いますか?

ベンジャミン・フルフォード氏が調べた三百人委員会メンバーリスト↓

<300人委員会の名簿 >

Abergavemy, Marquis of.
Acheson, Dean.
Adeane, Lord Michael.
Agnelli, Giovanni.
Alba, Duke of.
Aldington, Lord.
Aleman, Miguel.
Allihone, Professor T. E.
Alsop Family Designate.
Amory, Houghton.
Anderson, Charles A.
Anderson, Robert 0.
Andreas, Dwayne.
Asquith, Lord.
Astor, John Jacob and successor, Waldorf.
Aurangzeb, Descendants of.
Austin, Paul.

Baco, Sir Ranulph
BalFour, Arthur.
Balogh, Lord.
Bancroft, Baron Stormont.
Baring.
Barnato, B.
Barran, Sir John.
Baxendell, Sir Peter.
Beatrice of Savoy, Princess.
Beaverbrook, Lord.
Beck, Robert.
Beeley, Sir Harold.
Beit, Alfred.
Benn, Anthony Wedgewood.
Bennet, John W.
Benneton, Gilberto or alternate Carlo.
Bertie, Andrew.
Besant, Sir Walter.
Bethal, Lord Nicholas.
Bialkin, David.
Biao, Keng.
Bingham, William.
Binny, J. F.
Blunt, Wilfred.
Bonacassi, Franco Orsini.
Bottcher, Fritz.
Bradshaw, Thornton.
Brandt, Willy.
Brewster, Kingman.
Buchan, Alastair.
Buffet, Warren.
Bullitt, William C.
Bulwer-Lytton, Edward.
Bundy, McGeorge.
Bundy, William.
Bush, George.

Cabot, John. Family Designate.
Caccia, Baron Harold Anthony.
Cadman, Sir John.
Califano, Joseph.
Carrington, Lord.
Carter, Edward.
Catlin, Donat.
Catto, Lord.
Cavendish, Victor C. W. Duke of Devonshire.
Chamberlain, Houston Stewart.
Chang, V. F.
Chechirin, Georgi or Family Designate.
Churchill, Winston.
Cicireni, V. or Family Designate.
Cini, Count Vittorio.
Clark, Howard.
Cleveland, Amory.
Cleveland, Harland.
Clifford, Clark.
Cobold, Lord.
Coffin, the Rev William Sloane.
Constanti, House of Orange.
Cooper, John. Family Designate.
Coudenhove-Kalergi, Count.
Cowdray, Lord.
Cox, Sir Percy.
Cromer, Lord Evelyn Baring.
Crowther, Sir Eric.
Cumming, Sir Mansfield.
Curtis, Lionel. d’Arcy, William K.

D’Avignon, Count Etienne.
Danner, Jean Duroc.
Davis, John W. de Benneditti, Carlo.
De Bruyne, Dirk.
De Gunzberg, Baron Alain.
De Lamater, Major General Walter.
De Menil, Jean.
De Vries, Rimmer.
de Zulueta, Sir Philip.
de’Aremberg, Marquis Charles Louis.
Delano. Family Designate.
Dent, R.
Deterding, Sir Henri.
di Spadaforas, Count Guitierez, (House
Douglas-Home, Sir Alec.
Drake, Sir Eric.
Duchene, Francois.
DuPont.

Edward, Duke of Kent.
Eisenberg, Shaul.
Elliott, Nicholas.
Elliott, William Yandel.
Elsworthy, Lord.

Farmer, Victor.
Forbes, John M.
Foscaro, Pierre.
France, Sir Arnold.
Fraser, Sir Hugh.
Frederik IX, King of Denmark Family Designate.
Freres, Lazard.
Frescobaldi, Lamberto.
Fribourg, Michael.

Gabor, Dennis.
Gallatin, Albert. Family Designate.
Gardner, Richard.
Geddes, Sir Auckland.
Geddes, Sir Reay.
George, Lloyd.
Giffen, James.
Gilmer, John D.
Giustiniani, Justin.
Gladstone, Lord.
Gloucestor, The Duke of.
Gordon, Walter Lockhart.
Grace, Peter J.
Greenhill, Lord Dennis Arthur.
Greenhill, Sir Dennis.
Grey, Sir Edward.
Gyllenhammar, Pierres.

Haakon, King of Norway.
Haig, Sir Douglas.
Hailsham, Lord.
Haldane, Richard Burdone.
Halifax, Lord.
Hall, Sir Peter Vickers.
Hambro, Sir Jocelyn.
Hamilton, Cyril.
Harriman, Averill.
Hart, Sir Robert.
Hartman, Arthur H.
Healey, Dennis.
Helsby, Lord.
Her Majesty Queen Elizabeth II.
Her Majesty Queen Juliana.
Her Royal Highness Princess Beatrix.
Her Royal Highness Queen Margreta.
Heseltine, Sir William.
Hesse, Grand Duke descendants, Family Designate.
Hoffman, Paul G.
Holland, William.
House of Braganza.
House of Hohenzollern.
House, Colonel Mandel.
Howe, Sir Geoffrey.
Hughes, Thomas H.
Hugo, Thieman.
Hutchins, Robert M.
Huxley, Aldous.

Inchcape, Lord.

Jamieson, Ken.
Japhet, Ernst Israel.
Jay, John. Family Designate.
Jodry, J. J.
Joseph, Sir Keith.

Katz, Milton.
Kaufman, Asher.
Keith, Sir Kenneth.
Keswick, Sir William Johnston, or Keswick, H.N.L.
Keswick, William Johnston.
Keynes, John Maynard.
Kimberly, Lord.
King, Dr. Alexander.
Kirk, Grayson L.
Kissinger, Henry.
Kitchener, Lord Horatio.
Kohnstamm, Max.
Korsch, Karl.

Lambert, Baron Pierre.
Lawrence, G.
Lazar.
Lehrman, Lewis.
Lever, Sir Harold.
Lewin, Dr. Kurt.
Lippmann, Walter.
Livingstone, Robert R. Family Designate.
Lockhart, Bruce.
Lockhart, Gordon.
Linowitz, S.
Loudon, Sir John.
Luzzatto, Pieipaolo.

Mackay, Lord, of Clasfern.
Mackay-Tallack, Sir Hugh.
Mackinder, Halford.
MacMillan, Harold.
Matheson, Jardine.
Mazzini, Gueseppi.
McClaughlin, W. E.
McCloy, John J.
McFadyean, Sir Andrew.
McGhee, George.
McMillan, Harold.
Mellon, Andrew.
Mellon, William Larimer or Family Designate.
Meyer, Frank.
Michener, Roland.
Mikovan, Anastas.
Milner, Lord Alfred.
Mitterand, Francois.
Monett, Jean.
Montague, Samuel.
Montefiore, Lord Sebag or Bishop Hugh.
Morgan, John P.
Mott, Stewart.
Mountain, Sir Brian Edward.
Mountain, Sir Dennis.
Mountbatten, Lord Louis.
Munthe, A., or family designate.

Naisbitt, John.
Neeman, Yuval.
Newbigging, David.
Nicols, Lord Nicholas of Bethal.
Norman, Montague.

O’Brien of Lotherby, Lord.
Ogilvie, Angus.
Okita, Saburo.
Oldfield, Sir Morris.
Oppenheimer, Sir Earnest, and successor, Harry.
Ormsby Gore, David (Lord Harlech).
Orsini, Franco Bonacassi.
Ortolani. Umberto.
Ostiguy, J.P.W.

Paley, William S.
Pallavacini.
Palme, Olaf.
Palmerston.
Palmstierna, Jacob.
Pao, Y.K.
Pease, Richard T.
Peccei, Aurellio.
Peek, Sir Edmund.
Pellegreno, Michael, Cardinal.
Perkins, Nelson.
Pestel, Eduard.
Peterson, Rudolph.
Petterson, Peter G.
Petty, John R.
Philip, Prince, Duke of Edinburgh.
Piercy, George.
Pinchott, Gifford.
Pratt, Charles.
Price Waterhouse, Designate.

Radziwall.
Ranier, Prince.
Raskob, John Jacob.
Recanati.
Rees, John Rawlings.
Rees, John.
Rennie, Sir John.
Rettinger, Joseph.
Rhodes, Cecil John.
Rockefeller, David.
Role, Lord Eric of Ipsden.
Rosenthal, Morton.
Rostow, Eugene.
Rothmere, Lord.
Rothschild Elie de or Edmon de and/or Baron RothschiLd Runcie, Dr.Robert.
Russell, Lord John.
Russell, Sir Bertrand.

Saint Gouers, Jean.
Salisbury, Marquisse de Robert Gascoiugne Cecil. Shelburne, The Salisbury, Lord.
Samuel, Sir Marcus.
Sandberg, M. G.
Sarnoff, Robert.
Schmidheiny, Stephan or alternate brothers Thomas, Alexander.
Schoenberg, Andrew.
Schroeder.
Schultz, George.
Schwartzenburg, E.
Shawcross, Sir Hartley.
Sheridan, Walter.
Shiloach, Rubin.
Silitoe, Sir Percy.
Simon, William.
Sloan, Alfred P.
Smuts, Jan.
Spelman.
Sproull, Robert.
Stals, Dr. C.
Stamp, Lord Family designate.
Steel, David.
Stiger, George.
Strathmore, Lord.
Strong, Sir Kenneth.
Strong, Maurice.
Sutherland.
Swathling, Lord.
Swire, J. K.

Tasse, G. Or Family Designate.
Temple, Sir R.
Thompson, William Boyce.
Thompson, Lord.
Thyssen-Bornamisza, Baron Hans Henrich.
Trevelyn, Lord Humphrey.
Turner, Sir Mark.
Turner, Ted.
Tyron, Lord.

Urquidi, Victor.

Van Den Broek, H.
Vanderbilt.
Vance, Cyrus.
Verity, William C.
Vesty, Lord Amuel.
Vickers, Sir Geoffrey.
Villiers, Gerald Hyde family alternate.
Volpi, Count. von Finck, Baron August. von Hapsburg, Archduke Otto, House of Hapsburg-Lorraine.
Von Thurn and Taxis, Max.

Wallenberg, Peter or Family Designate.
Wang, Kwan Cheng, Dr.
Warburg, S. C.
Ward Jackson, Lady Barbara.
Warner, Rawleigh.
Warnke, Paul.
Warren, Earl.
Watson, Thomas.
Webb, Sydney.
Weill, David.
Weill, Dr. Andrew.
Weinberger, Sir Caspar.
Weizman, Chaim.
Wells, H. G.
Wheetman, Pearson (Lord Cowdray).
White, Sir Dick Goldsmith.
Whitney, Straight.
Wiseman, Sir William.
Wittelsbach.
Wolfson, Sir Isaac.
Wood, Charles.

Young, Owen
-------------------------------------------------------------------------------
Some major world-wide Committee of 300 institutions and organizations are as follows:
Americans for a Safe Israel.
Biblical Archaeology Review.
Bilderbergers.
British Petroleum.
Canadian Institute of Foreign Relations.
Christian Fundamentalism.
Council on Foreign Relations, New York.
Egyptian Exploration Society.
Imperial Chemical Industries.
International Institute for Strategic Studies.
Order of Skull and Bones.
Palestine Exploration Fund.
Poor Knights of the Templars
Royal Dutch Shell Company.
Socialist International.
South Africa Foundation.
Tavistock Institute of Human Relations.
Temple Mount Foundation.
The Atheist Club.
The Fourth State of Consciousness Club.
The Hermetic Order of the Golden Dawn.
The Milner Group.
The Nasi Princes.
The Order of Magna Mater.
The Order of the Divine Disorder.
The RIIA.
The Round Table.
Trilateral Commission.
Universal Freemasonry.
Universal Zionism.
Vickers Armament Company.
Warren Commission.
Watergate Committee.
Wilton Park.
World Council of Churches.

ちなみに、911テロ事件にもこの三百人委員会は関与している模様。
未だに911は、アルカイダがやったと思っている方は以下を見るべし↓

(『アルカイダ』とは、どうやら元々はCIAの作戦名。アメリカのヒラリー・クリントンは、公式にアルカイダは我々が作ったと認めている。アメノウズメ塾 911CG説(CGで作った映像を当時生中継で流していた説)

アメリカ合衆国は、映画ハート・ロッカーの監督にまたイラク侵略正当性を示す新作を作らせるプロパガンダ活動をやめてくれ。



参照元 : ザ・エデン


組織図 コレクション

イルミナティ(拡大図)

2844

※イエズス会のトップは変わりました。

三百人人委員会

o0300060013761225836

ダヴィストック人間研究所(図)

2017-02-05_224831

2017-02-05_224855

日本の支配図

300人委員会 名簿

日本語


電通(アメリカの背後には黒貴族)

2017-02-05_225135

o1240175413779024776

2017-02-05_225330

2017-02-05_225411

フリーメイソン 図

随時増やしていきます。

(管理人コメント)
一見、正確に見える組織図も基本ミスがある。参考程度にしてほしい。

参照元 : ウォーカーのブログ

トランプ新大統領就任前、SNSで「殺害予告」した男を訴追!トランプホテル前で自分に火を付けて抗議

トランプ氏の「殺害予告」 SNS投稿の男を訴追

2017/01/19 11:23

2017-01-20_083600

アメリカ南部フロリダ州で、トランプ次期大統領の殺害予告をソーシャルメディアに投稿した男が訴追されました。

逮捕されたのは自称・ホームレスの男(51)で、就任式でトランプ次期大統領を殺害すると述べた映像をソーシャルメディアに投稿したとして、公人を脅迫した罪で訴追されました。男は映像を投稿した17日に飲食店から出てきたところを警察に逮捕されましたが、裁判所は弁護側の求めに応じて精神鑑定を行うことを決めました。

男の母親はアメリカ同時多発テロで世界貿易センターに突っ込んだ飛行機に乗っていて、死亡しています。逮捕された17日は男の51歳の誕生日でした。

参照元 : テレ朝ニュース


元CIA工作員が証言 「トランプ暗殺計画」が水面下で進んでいる

2016年6月7日

img_be2f51de0d4b7ee94bdc277a67f5c0a3101813

横暴な言動から「最も危険な大統領候補」と呼ばれるトランプだが、ついにその身にリアルな危険が迫ってきた。米国の中枢・ワシントンの触れてはいけない内情に手を突っ込んでしまったようで……。

「殺害予告」はもう出ている

「ドナルド・トランプにはすでに多くの『殺害予告』『殺害の脅迫』が来ている。レバノンの諜報機関が拘束した数人のサウジアラビア人が持っていたラップトップ(ノートパソコンのこと)には、トランプの詳細なスケジュールが入っていたとの情報もある。もしトランプが大統領になってしまえば、警護が厳重化する。トランプの殺害を企てる者たちは選挙期間中のいまのうちにやってしまおうと考えている」

元CIA(米中央情報局)工作員のロバート・ベア氏はそう明かす。

米大統領選で共和党候補指名を確実なものにしたドナルド・トランプにいま、「暗殺計画」が急浮上している。

ベア氏が続ける。

「セキュリティが発達しているこの現代に暗殺などあり得ないと思うかもしれないが、それは楽観に過ぎない。実はバラク・オバマが大統領選を闘っていた'08年にも、オバマ暗殺がいくつも計画されている。白人至上主義者が自爆攻撃を仕掛けようとした計画などがあり、当時は事前に情報機関が察知できたが、今回も同じようにいくとは限らない。

なにせトランプはこれからも大統領選挙運動のためにいくつもの演説会場に登壇し、大衆に生身の身体をさらすことになる。暗殺者からすれば、何度でも彼を狙うチャンスがある」

いまやトランプ人気の勢いはとどまることを知らず、「次の大統領」を問う直近の世論調査では、民主党のヒラリー・クリントンよりも高い人気を勝ち取っている。

1年前には誰も想像しなかったトランプ大統領の誕生がいよいよ現実味を帯びてきた中で、同時に「トランプ暗殺」という不穏な動きが急浮上してきた形である。

元FBI(米連邦捜査局)捜査官のチャック・ダー氏も言う。

「FBIはトランプの暗殺について、複数の計画の情報を掴んでいる。シークレットサービスもすでにトランプの警護を始めた。しかし、選挙期間中の警備態勢は万全ではない。暗殺者がその気になればトランプを殺すことは難しいことではない」

実際、トランプ自身も、身の危険を感じて、警戒を始めている。

在米ジャーナリストの肥田美佐子氏が言う。

「トランプの『暗殺計画』がまことしやかに語られるようになってから、トランプはさすがに本当に襲撃されかねないし、このままでは大統領選の本選にも影響が出ると思ったのか、露骨に態度を変えてきている。

たとえば、トランプは予備選中に対立候補のテッド・クルーズの父親がケネディの暗殺に一枚かんでいたなどと陰謀論を吹聴していた。しかし、テッドの父親は共和党の強固な支持基盤であるキリスト教福音派の牧師。福音派の中にはこういう発言に過剰に反応する人もいるかもしれない。トランプは指名が確実になってからは、『クルーズの妻を攻撃するようなツイートを後悔している』などと発言し始めた」

これまでは「放言王」として言いたい放題。誰彼かまわずに敵を作ってきたが、どこから命を狙われるかわからなくなると一転、反省や恭順の意を示し出したのだ。

麻薬犯罪者呼ばわりして敵対視したヒスパニック系にも媚び始めた。

「先日は、トランプタワーのレストランで作ったタコスを自分のオフィスのデスクに置き、これまで見せたことがない満面の笑みの写真をツイッターに載せた。そこに、『アイ・ラブ・ヒスパニック!』と、歯の浮くようなツイートまでしていた」(前出・肥田氏)

ウォール街が動き出した

しかし、こうしたその場しのぎの取り繕いはあまり意味がない。トランプを消したいと真に願っている「巨大権力」は別にいるからである。

まずは、政治と密接な関係を持ってきたアメリカの金融資本家たち。

かつてCIAでカウンターテロリズムなどに従事したケント・クリズビ氏が言う。

「共和党内の主流はネオコン(新保守主義者)ですが、ネオコンの力の源泉はウォール街の投資家や実業家などによる莫大な資金提供。言い方を換えれば、金融資本家たちは主流派の最大の資金提供者となることで、政治家を自分たちの意のままにコントロールできる態勢を築いている。

そのため、トランプの大躍進には青ざめている。トランプは超富裕層であるため、彼らから資金提供してもらう必要がない。彼らにとっては、最もコントロールできない政治家が大統領になりかねない状況なのです」

しかも、トランプはそうした政治家と金融資本家の癒着を大批判。それがワシントンの腐敗に辟易してきた米国民の喝采を浴びている。

「トランプが大統領になることは、アメリカ史上で『最もクリーンな大統領』が誕生することを意味する。これまで多かれ少なかれ資本家と癒着してきた政治家たちからすれば、トランプがその政治とカネの実態を暴き出す事態を最も恐れている。

実際、共和党のあるコンサルタントはテレビ番組で、『多額の献金をしている人は、トランプに銃弾を撃ち込む方法を見つけなければならない』などと語っている。トランプが『真実』を話し出す前に、暗殺する動機は十分にある」(前出・ベア氏)

カネでコントロールできない政治家が大統領になってしまっては困る。ならば、消してしまおう—。物騒ではあるが、そんな発想が浮かんでもおかしくはないわけだ。

「一部の資本家勢力は巨大メディアを使ってトランプの情報をかき集めて、彼を『抹殺』できるスキャンダルを必死に探し始めている。20人以上のプロによる調査態勢を組んで、『どんな細かい情報でもいいから上げろ』と発破をかけていると聞いている。その策が行き詰まった時に、トランプ暗殺という最後のカードが切られる可能性はある」(前出・クリズビ氏)

手榴弾搭載のドローンで

トランプを敵視する「巨大権力」はほかにもいる。米国政治に絶大な力を持つ軍事産業従事者たちである。

「湾岸戦争やイラク戦争を主導したのがブッシュ親子だったように、米国の軍需産業はもともと共和党と結びつきが強い。ところが、トランプはイラク戦争の遂行は誤りだったと、ブッシュ元大統領の判断を批判。アメリカ国民の中には『戦争によってアメリカ国民は傷つき、儲かったのは軍需産業だけではないのか』という怒りの声があり、トランプはそうした国民感情の理解者としても振る舞っている。軍事関係者からすればこうした言動は目に余る」(早稲田大学大学院政治学研究科客員教授の春名幹男氏)

アメリカは国防予算が60兆円にも及ぶ軍需大国であり、軍事でメシを食う人の数も莫大。彼らからすれば、トランプはそのカネと仕事を奪う脅威でしかないわけだ。

'63年に起きたジョン・F・ケネディ大統領の暗殺についてはいまだ多くの謎が残るが、「真犯人」をめぐってはケネディの軍縮政策で利権が脅かされた軍事関係者によるとの説も語られている。

「仮にトランプ暗殺が大統領選の本選前に実行されれば、共和党は臨時党大会を開いて新たな候補を選ぶことができる。そうなれば軍需産業の既得権益者にとっては与しやすいポール・ライアンやマルコ・ルビオに差し替えられます。彼らであれば思惑通りに動かしやすいし、ヒラリーが相手であれば本選で勝てる可能性も高まる。メリットは十分にある」(独立総合研究所社長の青山繁晴氏)

トランプはイスラム教徒に対して「入国禁止にする」など過激発言を連発していることから、イスラム過激派による暗殺も懸念されている。

「イスラム過激派のテロリストからすれば、トランプは最大の敵アメリカのいま最も人気のあるヒーロー。その男を倒せばテロリストの間で最大の英雄になれる。

いまアメリカは無人飛行機ドローンを使ってイスラム国を空爆しているので、テロリストによる暗殺は『報復』の意味を込めてドローンでやってくる可能性がある。手榴弾を搭載したドローンが高高度から演説中のトランプの至近距離まで急降下したところに、遠隔操作で起爆するのです」(軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏)

公安調査庁時代に9・11や洞爺湖サミットでの国内危機管理の陣頭指揮をとった経験のある、日本大学危機管理学部の安部川元伸教授も言う。

「注目すべきはアルカイダの機関誌『INSPIRE』の最新号において、『アメリカの要人を暗殺せよ』という特集が組まれていることです。明確に『誰を殺せ』と書かれていないところが逆に厄介で、アメリカ国内のシンパたちに『誰でもいいから自分で選んで殺しなさい』と言っているわけです。

これではアメリカの保安機関も対策を立てられない。あれだけ過激な発言をしているトランプが標的として選ばれてもなんら不思議はない」

共和党大会が危ない

トランプ暗殺の「Xデー」については、すでに具体的な日時さえ指摘され始めている。東洋英和女学院大学大学院客員教授の中岡望氏も言う。

「アメリカの報道を眺めていると、『大統領になれば厳しい護衛体制がつき、暗殺は不可能だ。暗殺があるとすれば共和党大会の前後だろう』『トランプ暗殺があるとすれば、共和党支持者の中からでてくるだろう。なぜなら、トランプは既得権を打ち破ろうとしているからだ』などという話が飛び出している。何が起きてもおかしくない不穏な空気が漂っている」

歴代44人のアメリカ大統領のうち、暗殺されたのは実に4人(上表)。そんな血塗られた歴史に、新たな犠牲者の名前が刻まれるリスクが高まっているのだ。

外交ジャーナリストで作家の手嶋龍一氏は言う。

「トランプの主張については賛成しかねるところが多いが、だからといってトランプを力によって葬り去るということはあってはならないことです。ただし、『米国の政治の奥底には暗殺という要素が埋め込まれている』という言葉があるのも確か。ホワイトハウスを目指そうとする者には暗殺が非常に身近なところにあるわけだし、とりわけ大統領選をめぐる死というのは、日本で考えられているよりもずっとリアルに存在している」

これがアメリカの現実なのである。

「週刊現代」2016年6月11日号より

参照元 : 週刊ゲンダイ


トランプ氏に抗議か ホテル前で自分に火をつける

2017/01/19 09:34

2017-01-20_083408

アメリカのトランプ次期大統領が経営するホテルの前で、男性が自分の衣服などに火を付ける騒ぎがありました。

17日夜、首都ワシントンの大通りで男性がライターなどを使って自分に火を付け、大やけどをしました。病院に搬送されましたが、命に別状はないということです。 地元メディアは、男性は40代で、目撃者の話としてトランプ氏に抗議するようなことを言っていたと伝えました。騒動があった道路は20日の大統領就任式の日にパレードが予定されています。

参照元 : テレ朝ニュース

2017-01-20_083417


ボイコットも…トランプ氏、就任式前の“異常事態”

2017/01/18 17:07

2017-01-20_082423

主要メディアに「少なくともこの40年で最も不人気な大統領」と評されました。トランプ次期大統領の就任式は目前ですが、異様な状況が続いています。

参照元 : テレ朝ニュース

2017-01-20_082434

2017-01-20_082442

2017-01-20_082454

2017-01-20_082502

2017-01-20_082518

2017-01-20_082556

2017-01-20_082536

2017-01-20_082637

2017-01-20_082653

2017-01-20_082705

2017-01-20_082715

2017-01-20_082723

2017-01-20_082750

2017-01-20_082802

2017-01-20_082821

トランプ氏当選の背後に「秘密結社フリーメイソン」の存在を指摘

陰謀論研究、トランプ当選の背後にフリーメイソン?

2017.01.10 07:00

2017-01-10_144902

陰謀論界で、米国のドナルド・トランプ次期大統領の人気が急上昇しているが、一部ではトランプ氏当選の背後に「秘密結社フリーメイソン」の存在が指摘されているのだという。

フリーメイソンは、中世ヨーロッパの石工組合が起源とされる組織で、現在、全世界に約600万人の会員がいるとされる。その実態は外から見えにくく、古くから「世界を牛耳る秘密結社」「世界史の真の支配者」などと噂されてきた。

先の大戦時にはナチスが「フリーメイソンが世界征服を企てている」と陰謀論を主張し、日本のオウム真理教も「闇の世界政府」の中心にフリーメイソンがいると喧伝していた。

陰謀論や不思議科学などを扱うオカルトニュースサイト『TOCANA』編集長の角由紀子氏が「トランプ=フリーメイソン説」の根拠を解説する。

「トランプ氏の長女、イヴァンカ氏は実業家のクシュナー氏と結婚しています。このクシュナー氏がフリーメイソンと密接な関係にあるというのが説の根拠です。フリーメイソンよりさらに秘密度が高く、メンバーが選抜されている秘密組織『イルミナティ』の一員という説も根強くあります」

前述の通り、フリーメイソンは古くから陰謀論の文脈で語られてきた。時代が変われどもその都度、復権したり形を変えたりして語られ続ける陰謀論の典型だ。

昨年7月、神奈川県相模原市の障害者施設「やまゆり園」で起こった殺傷事件で逮捕された植松聖容疑者は、大島埋森・衆院議長に宛てた手紙にこう記した。

〈フリーメイソンからなるイルミナティが作られたイルミナティカードを勉強させて頂きました〉

イルミナティカードとは、陰謀論をもとに作られたカードゲーム。戦後最悪の凶悪事件の犯人も、少なからず陰謀論の影響を受けていたと考えられる一文だ。

以前は謎のベールに包まれていたフリーメイソンだが、最近は広報活動なども進み、組織の実態が見えつつある。それでも現在も「フリーメイソンが世界を支配する」という説は根強く囁かれている。

安倍晋三首相がケネディ駐日米大使と握手を交わした際、「握手の方法がフリーメイソン式だった」として、安倍首相がフリーメイソンの一員だと言われたこともある。日米両大統領は、本人たちは一切言明していないにもかかわらず、一部ではどちらも「フリーメイソン」と根拠なく見なされているのだ。

※週刊ポスト2017年1月13・20日号

参照元 : NEWSポストセブン


日本にも徴兵制が……? トランプ次期大統領“米軍撤退”実行後のシナリオとは

2016.11.21 月

2017-01-16_184100

沖縄県の翁長雄志知事は、アメリカ大統領選に勝利したドナルド・トランプ氏について、祝電を送るほど大歓迎の姿勢を見せている。トランプ氏が日本に対して駐留米軍の経費負担増額を求め、応じなければ日本から撤退することを公約していたからだ。

ただ、本当に撤退した場合、手放しで喜べるかといえば、そうでもなさそうだ。大統領選前、軍事ジャーナリストの青山智樹氏は「トランプ氏が大統領になって米軍が撤退したら、日本でも徴兵制が必要になる!」と本サイトでも明言しているからだ。

掲げた公約の多くが実現可能なのかは実際のところ半信半疑ともいわれるトランプ氏だが、ともあれ日本政府は在留米軍にすでに巨額の費用を払っていることを伝えて考えを改めてもらうよう説得する意向で、政府関係者からは「日本の基地があることでアメリカが受ける恩恵はかなり大きいはず」と自信の声すら聞かれるのだが、アメリカ国民の前でタンカを切った手前、トランプ氏がそうやすやすと撤回するとも思えないのが現実。

「その権限で負担金の増額を求めてきた場合、これに日本が応じれば国内世論の猛反発は避けられず、かといって撤退となれば、日本は独自に戦力を構築しなければならないので、徴兵制の実施は不可欠」と青山氏。

「自衛隊の総兵力は24万人で、在日米軍は約3万7,000人なので駐在人数は多くはないんですが、内訳を見ると、おおよそ陸軍2,500人、海軍7,000人、空軍1万2,500人、海兵隊1万5,000人で、大きく不足するのは空・海となります。さらに陸上自衛隊に関しても15万人の人員はあるものの、極東有事に米軍が出撃した後の留守番役としての機能しか持たず、すべてが有事の際に即戦力となるわけでもないんです。米軍の撤退で必要になる国防規模は現在の2〜3倍にのぼると思います」

国防費はGNP(国民総生産)の2%が世界標準だとされるが、アメリカの加護にあった日本は0.9%程度で、世界的に見て格段に低い。アメリカ5%、ロシア3.5%、中国2%に及ばないため、この数値からみても「2倍以上」は必要となる。青山氏は「予算と兵員数が正比例するわけではないが、かなり大きな動員が不可欠」と見る。

「この見立て通りなら、18歳から26歳の若者を今の倍、30万人を集めなければならなくなります。幸い陸自の候補生試験の募集倍率は3.6倍で、すぐ徴兵制を検討しなければならないほど切迫しているわけではないんですが、少子高齢化を考えると将来的には徴兵制以外に手立てはないでしょう。その前段階でまず採用年齢枠を広げ、女性の採用を増やして賄うでしょうが、ゆくゆくは徴兵は避けられません」

ただ、アメリカが撤退を決めても、直後に米軍のすべてがいなくなるわけではなさそうだ。

「米海軍横須賀基地は世界有数のメンテナンス基地ですし、三沢基地には核ミサイルの監視システムがあります。そもそも国際条約である日米相互安全保障条約をトランプ大統領が一方的に破棄することはできません。安保条約は10年に一度、見なおす協定が結ばれていて、次回は2020年まで待たなければなりません。来年1月、トランプ氏が大統領に就任して、すぐに日米間で事前協議が開始されたとしても、破棄できるのは4年後、つまりは次の大統領選の年になってしまうんです」(青山氏)

現実的にはすぐに米軍撤退となることはまず難しそうだが、だからといって不可能とは言い切れない。この勢いで4年後もトランプ氏が再選確実となるぐらい支持を得ていれば、その方針は堅持されるとみるべきだ。 「いずれにせよ、こうしたことを踏まえて日本の国防の在り方も考えるべきだろう」と青山氏は語っている。

(文=片岡亮/NEWSIDER Tokyo)

参照元 : 日刊サイゾー


▼片手で666ポーズを取るトランプ。

2016-12-26_044843

▼サタニストポーズ

2016-12-26_044830



【関連記事】
●デイヴィッド・ロックフェラー茶飲み友達・苫米地英人と康芳夫対談・本当のNWO(新世界秩序設計計画)「クリントンの旦那はロックフェラー家の隠し子だった」

●【911同時多発テロ】ついに大手メディアや学者が次々と米の自作自演を暴露

●預言者ババ・バンガ「オバマ氏はアメリカ最後の大統領になる、トランプの就任前に何かが起こる」

● トランプ新大統領、専門家からは暗殺の可能性があり得るとの意見も!銃撃の標的に…公の場では防弾チョッキ着用

●トランプ大統領で米国が日本を守ってくれなくなる?米国が日本を守る気なんて最初からないが正解

●トランプ大統領の誕生は完全に予言されていた

●ドナルド・トランプ氏の重大発言「ジョージ・W・ブッシュが米国にいたビン・ラーディン一族を機密に国外に逃亡させた」

●スターバックスのクリスマス向けカップのデザイン巡り論争!スタバ側「あらゆる宗教を信じる顧客を受け入れる」トランプ氏「不買運動!」

預言者ババ・バンガ「オバマ氏はアメリカ最後の大統領になる、トランプの就任前に何かが起こる」

【海外発!Breaking News】「ドナルド・トランプの就任前に何かが起こる」 ババ・バンガの不吉な予言

2016年11月14日 14:30

6ef78e519edfe468d245e0dbe4046d72

アメリカ大統領選で勝利を収めたドナルド・トランプ氏の大統領就任式は、2017年1月20日に予定されている。しかしこれまでアメリカの同時多発テロ事件や、ISIS(イスラム国)の誕生、2009年のオバマ大統領就任などの予言を的中させてきたブルガリア人預言者ババ・バンガさん(Baba Vanga、1911〜1996)が「オバマ氏はアメリカ最後の大統領になる」と不吉な予言をしていたようだ。

ババ・バンガさんは12歳の時に竜巻に巻き込まれて宙に舞い、その後地面に叩きつけられたことで視力を失い、この時に予知力を身につけたという。16歳の時から予言を始めると「バルカンのノストラダムス」「ブルガリア政府の国家機密」とも呼ばれるようになり、85歳で亡くなるまで数々の予言を残した。その予言の的中率はなんと85%で、ロシア政府も彼女の予言を信頼していたと言われている。

その彼女がアメリカの政治に関し「第44代大統領はアフリカ系アメリカ人である」との予言を残していた。しかし彼女の言葉はこれだけでは終わらない。

「第44代大統領はアメリカ最後の大統領である。」

「経済危機により第45代大統領就任は阻まれる。景気は不安定となり、アメリカ国内は北と南で衝突が起こるであろう。」

何とも不吉な予言だ。ドナルド・トランプ氏の就任は来年の1月20日。これは何かの警告なのか? それまでに何が起こるのか?

トランプ氏の勝利に対して各地で抗議デモが行われる中、反トランプ派の中にはひそかにこの予言が的中することを願っている者もいるという。

一方で「ババ・バンガさんの予言など当たらない、気にする必要は全くない」という意見も多く聞かれるが、アメリカ国内で混乱が生じていることは確かなようだ。

今回の大統領選に関しては中国のサルもその勝利を予言し話題になったが、参考までに盲人の預言者ババ・バンガさんのいくつかの予言を紹介しよう。

2130年 エイリアンの助けを借りて人類は水中生活をスタート
2283年 タイムトラベルが可能 異星人と接触
3005年 火星で戦争が勃発
4599年 人類が不老長寿実現
5079年 世界が終わる

出典:THE SUN

(TechinsightJapan編集部 A.C.)

参照元 : techinsight

uk1611141359




世界最大のゼネコン「ベクテル社」はCIAと組んでいる!? 日本政府に圧力をかけて東京五輪参入か

CIA御用達、世界最大のゼネコン・ベクテル社の陰謀! 日本政府に圧力、東京五輪参入か!?

2016.10.16

2016-10-18_105443

「ベクテル社」――。建設業界でこの名を口にすると、誰もが一瞬凍りつく。

そんなベクテル社と日本のただならぬ関係について、みなさんはご存じだろうか? 本記事では、ほとんどメディアに名前が挙がることもなく、建設・政治畑の人物でもその実態について詳細に知ることは不可能といわれる“陰謀的建設会社”ベクテルについて迫りたい。

■世界最大のゼネコン・ベクテル社とは?

米・カリフォルニア州サンフランシスコに本拠を置くベクテル社は、総合建設業(ゼネコン)を営むロックフェラー系の多国籍企業だ。世界各地で石油コンビナート、発電所、ダム、空港、港湾などの建設を請け負い、莫大な利益を上げているが、“非株式公開”の同族会社であるため実態は謎に包まれた部分も多い。歴代の重役には、米政府の要人らが名を連ねており、その政治的影響力は計り知れないとの指摘もある。

さて、今ひとつベクテル社の実態についてピンと来ない読者も多いのではないだろうか? そこでトカナ編集部は、グローバルコンサルティングファームに勤務し、ビジネスの裏を知り尽くしている人物・王山覚氏に、より詳しい解説を依頼した。そして若干ためらいながらも、王山氏の口から語られたベクテル社の真実とは、次のようなものだった。

2016-10-18_105536

「ベクテル社」――。建設業界でこの名を口にすると、誰もが一瞬凍りつく。

そんなベクテル社と日本のただならぬ関係について、みなさんはご存じだろうか? 本記事では、ほとんどメディアに名前が挙がることもなく、建設・政治畑の人物でもその実態について詳細に知ることは不可能といわれる“陰謀的建設会社”ベクテルについて迫りたい。

■世界最大のゼネコン・ベクテル社とは?

米・カリフォルニア州サンフランシスコに本拠を置くベクテル社は、総合建設業(ゼネコン)を営むロックフェラー系の多国籍企業だ。世界各地で石油コンビナート、発電所、ダム、空港、港湾などの建設を請け負い、莫大な利益を上げているが、“非株式公開”の同族会社であるため実態は謎に包まれた部分も多い。歴代の重役には、米政府の要人らが名を連ねており、その政治的影響力は計り知れないとの指摘もある。

さて、今ひとつベクテル社の実態についてピンと来ない読者も多いのではないだろうか? そこでトカナ編集部は、グローバルコンサルティングファームに勤務し、ビジネスの裏を知り尽くしている人物・王山覚氏に、より詳しい解説を依頼した。そして若干ためらいながらも、王山氏の口から語られたベクテル社の真実とは、次のようなものだった。

■ベクテル社はいかにして日本の公共事業に入り込んだか?

「べクテルはアメリカの共和党政権と接近して急速に勢力を伸ばしたゼネコンです。ニクソン政権の財務長官、つまり閣僚だったジョージ・シュルツを1974年に社長に迎え、同じく行政予算管理局長だったキャスパー・ワインバーガーを法律顧問兼副社長に迎えました。この社長・副社長コンビは1981年にレーガン政権が誕生すると、こんどはシュルツが国務長官、ワインバーガーが国防長官と、閣僚の中でもさらに重要ポストに横滑りします。そして、レーガン政権からパパブッシュ政権へと続く共和党支配の12年間に、べクテル社は政治案件の受注を次々と獲得しながら勢力を広げました。アメリカの公共事業もそうですが、この時期、アメリカの同盟国の公共工事にも進出を始めたのです。

特に有名なのは、ギネスブックが『世界一高価な空港』に認定した香港国際空港プロジェクトですね。これは、イギリスが香港を中国に返還するイベントのための政治プロジェクトだったのですが、べクテル社がアメリカ企業として食い込み、おいしい部分を受注しています」

「中曽根元首相とレーガン元大統領が『ロン・ヤス関係』として親密だった時期は、レーガン政権が日本に対して圧力をかけやすかった時期でもあり、べクテルも日本政府に相当な圧力をかけましたよ。これは当時、日本の新聞報道ではかなり話題になったものです。結果的に閉鎖的な日本の公共事業にべクテルは食い込むことに成功し、香港同様に羽田空港の新ターミナルビルや関西国際空港、中部国際空港のような特殊ノウハウが必要とされる公共工事に入り込むことにも成功しました。ほかにも日本では、六ヶ所村の核燃料再処理施設のように、政治家が影響力を及ぼしやすいプロジェクトにはべクテルの影がちらついています」

「日本は2020年に東京オリンピックを控えていますね。やはりそこで、またもベクテルが食い込んでくることになるのかという点ですが、空港などは基本的にメンテナンスや改修が多いでしょうから、べクテルはおいしいところを握っているといえます。ただしベクテル自体、クリントン政権の誕生後に日本での勢力はだいぶ弱まっており、今もそのままだと思います。そのため、新規にオリンピック施設に絡んでくるとは思えないのですが、直接関係なくても、世界中でテロの危機が高まって各国の空港に新たなセキュリティ施設(ゲートやら、検問所やら、X線設備やら)を一斉に新規導入させるなどの方法で儲けようとする可能性もあるのではないでしょうか?」

王山氏への取材によってベクテル社が米政府と密接な関係にあり、世界各国の国家プロジェクトともいうべき大事業の数々に関わり続けていることがわかったが、ベクテル社と日本の関係はこれだけにはおさまらないようだ。次に編集部は、某国の超大規模建設プロジェクトにも深く関わったことのある、業界の中心的人物への取材にあたった。

2016-10-18_105658

■ベクテル社はCIAと組んでいる? 東京五輪にも参入か

すると、前述の王山氏とは異なり五輪では積極的に参入するとの見方が返ってきたのだが、一言目はこうだった。

「トカナさん、本当にベクテルを書くの? ……。」

微妙な時間が流れた後、この人物は語り始めた。

「ベクテルはCIAと組んで、さまざまな国家プロジェクトを行っていることは業界内では誰もが知っている。国の開発や戦争における建設事業を通じて、侵略行為を行っているとみる者もいる。だが、陰謀論者が喜ぶような、詳しい内容まではわからないとしか言えない。なぜならそのプロジェクトのほとんどが極秘に行われているからだ」

「ベクテルは国家までをも動かす力を有するといわれていて、日本の建設業界にも深く関わっている。もちろん、その名を隠して参入しているが」

「彼らは、日本の国土交通省における指名競争をすり抜けて参入するために、その名を隠し、裏から入る手法をとっている。つまり、日本の建設企業を裏で支え、コントロールしているということだ。だから、どの企業に絡んでいるのか正確にはわからない。だが、東京五輪では施設や道路の建設など、必ずどこかで絡んでくるとみていいだろう。米国が弱体化した今、ベクテルの関心は米国と関わりが深い『韓国・日本』などに向いていると聞くからだ。ちなみに、沖縄米軍海兵隊のグアム移転を進めているのも、ほとんど彼らだと聞く。とにかく、日本政府や、政商であり軍需企業でもある三菱、さらに自衛隊などと組んでさまざまな計画を推し進めている可能性がある」

2人の証言によって少しだけ掘り起こされたベクテル社の秘密。全貌を知るにはあと100年以上かかりそうなほど、深い闇を感じざるを得ない重みがそこにあった。

(編集部)

参照元 : TOCANA


世界最大の陰謀個人企業『ベクテル』とは

世界最大の個人企業である「ベクテル」という会社をご存知でしょうか。日本ではあまり有名ではない会社ですが、様々な設計開発を行っている建設会社です。この会社、様々な陰謀に関係していると言われています。一体どのようなものか、そしてそれは本当なのでしょうか。

2016-10-18_111725

ベクテル
アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコに本拠を置き、総合建設業を営む多国籍企業。石油コンビナート、発電所、ダム、空港、港湾などの建設を請け負う世界最大級の建設会社。

創業者ウォーレン・べクテル(1872年9月12日 – 1933年8月28日)は、オクラホマ州で牧場経営に失敗した後、1898年、急成長中であった鉄道産業の使用人として事業を開始した。それから20年間、ウエスタンパシフィック鉄道をはじめとして鉄道や高速道路建設を請け負った。1919年以降、共同事業者とともに高速道路・水道トンネル・ダムなどを建設した。

出典 : golden-tamatama.com

会社の所有と経営はべクテル一族に担われており、ライリーやステファン・ジュニアはいずれも総資産30億ドル(2009年)を有するアメリカを代表する富豪の一人である。

出典 : ベクテル - Wikipedia

「ベクテル社」は年間実質売上5兆円を超す世界最大の企業であり、IBMとAT&Tを合わせたよりも巨大で、日本の16の建設会社を合わせた規模の巨人企業でありながら、株式非公開の“個人の会社”のため、日本での知名度はあまり高くない。世界では「謎の巨大政商」と言われている。

出典:世界最大の個人企業「ベクテル社」 - 浮世風呂



出身有名人

ジョージ・シュルツ

2016-10-18_112131

アメリカ合衆国の政治家。シュルツは1969年から1970年までリチャード・ニクソン大統領の下で労働長官を務めた。その後彼は行政管理予算局局長に就任し、1972年5月から1974年5月まで財務長官を務めた。1974年、社長に就任。その後1982年7月16日第60代アメリカ合衆国国務長官に指名された。

キャスパー・ワインバーガー

2016-10-18_112301

アメリカ合衆国の政治家、法律家。リチャード・ニクソン政権で行政管理予算局局長、保健教育福祉長官。ロナルド・レーガン政権で第15代国防長官(在任期間、1981年1月21日から1987年11月23日)を務めた。

ジョン・マコーン

2016-10-18_112418

ベクテル・マコーン社の社長(1937-1945)を務めた後、トルーマン政権で国防次官(1948)、空軍次官(1950-1951)、アイゼンハワー政権下で原子力委員会委員長(1958-1961)、ケネディ・ジョンソン両政権下でCIA長官(1961-1965)を務めた。

手がけた仕事

フーバーダム

2016-10-18_112539

フーバーダム (Hoover Dam) は、アメリカ合衆国の多目的ダム。アリゾナ州とネバダ州の州境に位置するコロラド川のブラック峡谷にある。007シリーズの『ゴールデンアイ』など、映画にも登場している。

【鉱山拡張工事】

2016-10-18_112642

ベクテルは世界最大の露天掘り銅鉱山、エスコンディーダの拡大のためのエンジニアリング、調達、建設を2002年に完了した。2010年4月にはIFC(International Finance Corporation、国際金融公社)が所有するMinera Escondidaの権益所有分2.5%を日本企業(三菱商事、日鉱金属、三菱マテリアル)が取得することで合意している。同じくチリのコジャワシ鉱山、ロスペランブレス銅鉱山も担当しています。

【LNG(液化天然ガス)開発】

2016-10-18_112718

・ダーウィンLNG
オーストラリアのバユ・ウンダン・ガス油田の計画で開発を行っていました。東京ガスと東京電力はここの燃料を買っています。

・赤道ギニアLNG
2007年には、ベクテルは、アフリカの西海岸オフ赤道ギニアのビオコ島の液化天然ガスプロジェクトを完了した。

東京ガス : プレスリリース / ダーウィンLNGプロジェクトのLNG売買契約書の締結について/〜ガス田の開発・生産から自社消費に至る一貫したLNGバリューチェーンの完成〜

オリンピック施設

2016-10-18_112848

1984年ロサンゼルスオリンピック、1992年バルセロナオリンピック、1996年アトランタオリンピック、1998年長野オリンピック、2002年ソルトレイクシティオリンピックの5大会にて、会場設営やコスト管理などを担当。

マッカラン国際空港

2016-10-18_112931

マッカラン国際空港はアメリカ合衆国ネバダ州ラスベガス市にある国際空港である。カジノで有名なラスベガスらしく、この空港はターミナル内に1,234台以上のスロットマシンを置いている。エリア51 (Area 51)、ネバダテストサイト (The Nevada Test Site) 、及び他の政府施設にサービスしているジャネット・ターミナル (JANET Terminal) もあると言われている。

香港国際空港

2016-10-18_113007

ギネスブックが「最も高価な空港」と認定するように、6年の歳月と200億ドルの巨費を費やした新空港の建設は、古今を通じて史上最大の空港建設プロジェクトとなっている。

ハリケーン・カトリーナ救援

2016-10-18_113050

ハリケーン・カトリーナ (Hurricane Katrina) は、2005年8月末にアメリカ合衆国南東部を襲った大型のハリケーンである。ハリケーンの強さを表すシンプソン・スケールで、最大時で最高のカテゴリー5、ルイジアナ州上陸時でカテゴリー3である。 時間は全てアメリカ合衆国・カナダ中部夏時間、(UTC-5)である。

ベクテルと米国政府による大規模な努力がハリケーン・カトリーナで家を失ったミシシッピ州の人々に避難所を提供した。カトリーナは人工ハリケーンとも言われる。

【国立研究所】

ロスアラモス国立研究所

2016-10-18_113134

アメリカ合衆国ニューメキシコ州ロスアラモスに、第二次世界大戦中の1943年に、マンハッタン計画の中で原子爆弾の開発を目的として創設されたアメリカの国立研究機関である。

アイダホ国立研究所

2016-10-18_113214

アイダホ国立研究所(Idaho National Laboratory)は、1949年の創設から長い原子力開発の歴史を経て、1997年にはDOEの下でアイダホ国立工学環境研究所となり、2005年には、本名称に改称された。施設はアイダホ州アイダホフォールの890平方マイルの敷地にあり、新型試験炉コンプレックス、物質・燃料コンプレックス、および研究・教育キャンパスの三地区に大別できる。

2009−2018年の新研究計画が始まり、先進的な原子炉と燃料サイクルの研究・開発と実証(RD&D)、国と国土の保安に関する研究開発、炭素消費が少なく安定で清浄なエネルギーのRD&Dなどが進められている。 出典 : アイダホ国立研究所(INL) (13-01-02-14) - ATOMICA -

スリーマイル島原発事故の廃棄物はここに保管されているようです。

ローレンス・リバモア国立研究所

2016-10-18_113348

ローレンス・リバモア国立研究所(Lawrence Livermore National Laboratory:LLNL)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州リバモアにある、アメリカ合衆国エネルギー省(DOE)が所有する国立研究所である。1952年に核兵器の研究開発を目的として設立され、物理学、エネルギー、環境、バイオテクノロジーなど研究を行っている。

2012年、116番元素は、当研究所の名にちなんだ「リバモリウム」と名付けられた。
出典 : ローレンス・リバモア国立研究所 - Wikipedia

1980年代 - 1990年代にUFO陰謀説がもてはやされた際、ボブ・ラザールは116番元素がUFOの燃料であると主張した。その説によると、核子を打ち込むことにより、116番元素は他の元素からステップアップさせることで発生し、116番元素が崩壊することで反物質を産むというものであった。
出典 : リバモリウム - Wikipedia

オークリッジ国立研究所・核兵器工場 "Y-12"

2016-10-18_113551

後にオークリッジ国立研究所となった施設は、1943年にマンハッタン計画の一部として建設された。研究施設とその近くの町であるオークリッジは、一年弱でアメリカ陸軍工兵司令部によって建設された。オークリッジには、約2年間 75,000 人が住み、その存在は秘密にされていた。Y-12 ではウラン235とウラン238の電磁気的分離が行われた(Y-12サイトは、Y-12国家安全保障複合施設 として現存している)。

例えば、2012年にはテネシー州オークリッジで、核兵器や核燃料を保管するエネルギー省のY-12国家安全保障複合施設に反戦活動家3人が侵入するという事件が発生している。しかも1人は82歳の修道女で、拘束されるまでみんなで星条旗を掲げて歌を歌っていたばかりか、警備員と一緒になって飲み食いしていたというから、あきれた話だ。

日本支社「オーバーシーズ・ベクテル・インコーポレーテッド(株)」の仕事

【日本の空港】

2016-10-18_113729

・羽田空港
1989年度、羽田空港西側旅客ターミナルビル建設工事を日本企業との共同企業体の1社として受注した。

・関西国際空港

1991年度、関西国際空港旅客ターミナルビル(南工区)新築工事を日本企業との共同企業体の1社として受注した。

六ヶ所再処理工場


2016-10-18_113953

六ヶ所再処理工場 (ろっかしょさいしょりこうじょう) は、日本原燃が所有する核燃料の再処理工場。1993年から約2兆1,900億円の費用をかけて、青森県上北郡六ヶ所村弥栄平地区に建設が進められている。現在試運転中である。

東京湾横断道路川崎人工島

2016-10-18_114030

川崎人工島は、トンネルの中間地点に位置するドーナツ型の縦穴基地であり、シールドマシンを発進させるため最初に木更津人工島とともに建設された。川崎人工島は供用開始後換気塔のためにも使用され、その中心には排気ガスと新鮮な空気を入れ替える設備がある。

ベクテル『陰謀説』

2016-10-18_114105

ベクテル社が関与している工事には、地震源がなくとも地震が起きると言われています。
出典 : 巷のウワサ!!株式非公開の“個人の会社” ベクテル社|kaoriのブログ

誰でも阪神・淡路大震災は天災であると思う。

でも下記のことも事実。
明石海峡大橋のボーリング工事を行なっていたのは「ベクテル社」
阪神・淡路大震災の震源地は明石海峡大橋の真下。
「ベクテル社」は原子力企業。
震源地で過去に大きな地震は全くなかった。
ベクテル社はイラクの復興大規模事業を受注。
震災後にベクテル社は神戸医療産業都市構想に選定された。
出典 : 世界の真実の姿を求めて! 原子力のベクテル社

日本でベクテル社が関与した工事は、関西国際空港、南トラフ湾岸の工事、東京湾にもかなりの数のベクテル社による、工事着工履歴があります。
出典 : 巷のウワサ!!株式非公開の“個人の会社” ベクテル社|kaoriのブログ

この他、アメリカ軍が破壊した中東の都市復興なども行っています

余談

2016-10-18_111725

旧五千円札

2016-10-18_114434

旧五千円札に描かれている地球はベクテル社のロゴと同じです。

参照元 : naverまとめ


モンサントとベクテル社

ブッシュ一族、ロックフェラー一族が大株主として君臨するモンサント社は、人類史上最凶の「悪魔の企業」だ。モンサントの狙いは、種子からエネルギー産業、さらに水ビジネスへと進化し、人類の命運を握ろうとしている。

この恐ろしい事実を知っておかないと、ある日、わたしたちはは飲み水さえも完全に支配され、雨水を利用する権利さえ失う事態だってありうることを思い知ることになるかもしれない。

(以下、ななしの言いたい放題から引用)

モンサントが、「未来の中核ビジネス」として位置づけているのが、水をいかにしてコントロールするかということである。

同社のウォーター・ビジネスは1996年に新しい展開を見せるようになった。そのきっかけとなったのは、バイオテクノロジー企業を次々と買収し始めたことである。

モンサントは米国のみならず、世界のバイオ関連企業を次々に傘下におさめるようになった。1997年にはブラジルの大手種子メーカーのセメンテス・アグロセラスを買収。翌98年には同業のライバル会社であるカーギル社の種子部門を14億ドルで手に入れた。(註、カーギル(当ブロブ「笑う穀物メジャー」参照)もモンサントもロックフェラー一族の中核企業)

デルタやファインを18億ドルで買い取り、デカルブを23億ドルで買収した。さらにユニリーバの欧州の小麦部門を5億2500万ドルで買収。人口爆発が続くインド大手ハイブリット企業であるメイコ社も獲得した。破竹の勢いで進める企業買収M&Aの狙いについて尋ねられたロバート・ファーレイ取締役は、次のように答えている。

「我が社が取り組んでいるのは、世界各地の種子企業にとどまらず、食物連鎖のすべてのプロセスに関わる企業を一本化することである。その観点からとらえれば、種子の次に重要なターゲットになるのは水である。なぜなら水がなければ、生命は維持できないからだ」

モンサントが世界の水支配に本格的に取り組み始めたのは、1999年のことである。多くの人口を抱えながら水不足に直面している国々を相手にした、新たな水ビジネスを立ち上げたのだ。最初のターゲットになったのは、インドとメキシコである。

地球規模で深刻化する水不足の状況は、今後も悪化する一方で、国家の枠組みに縛られない国際機関やNGOが、資金面で大きな役割を果たすに違いないと分析した。

モンサントが掲げたスローガンは「我が社は世界の人々に食糧と健康、そして希望を届ける」というものである。このスローガンの下、同社はインドとメキシコの水関連ビジネスからだけで2008年までに6300万ドルの利益を生み出す計画を打ち出した。

同社の予測では、2010年までに世界では25億人の人々が安心して飲める水へのアクセスが不足するという。

なかでも中国やインド、メキシコ、そして米国でさえも少なくても人口の30%程度は水不足、言い換えればウォーターストレス状態に陥ると予測した。この予測は米国CIAが2000年にまとめた「グローバル・パターン」の分析と合致している。(モンサントはCIAと兄弟のように深く結びついた企業である)

特にインドの状況は深刻で、2025年までに、インドにおける水の供給量は年間700KM3になると予測されるが、需要はその倍近く晴れ上がると思われた。このような分野で確実なサービスが提供できれば、モンサントにとっては莫大な利益が保証されたに等しい。

欧州復興開発銀行EBRDのジョン・バスティン理事は「ウォーター・ビジネスは世界の民間投資分野において、最後の未開拓地といえる」と語った。

この発言に真っ先に飛びついたのがモンサントであった。同社はインドやメキシコにおける水関連施設の建設に向けて、安全な水道水の供給プロジェクトなどの数十億ドルの投資を始めた。

計算高いモンサントは、これらの初期投資は世界のNGOが各途上国の水不足を改善するために調達した資金を利用できれば、十分ペイするとの見通しを立てた。要は、公的な資金やNGOの国際的な影響力に早くから着目し、その資金を自分たちに呼び込もうともくろんだわけだ。

確かにインド政府の場合を見ても、モンサントが本格的に水ビジネスへの参入を始める以前、1992年から1997年の6年間だけでも12億ドルもの資金投入を行ってきた。また世界銀行も、インドの水資源確保に向けて9億ドルの資金提供を行ってきた。

モンサントの戦略は、まずは地元の政府や住民を味方につけることから始まった。具体的には、インドの地元企業とジョイント・ベンチャーを組み、安全な水を供給するビジネスに参入した。インドを代表するイウレカ・フォーブスやタタなどの有力企業と提携する形でモンサントはインド市場への参入のとっかかりを手にすることができた。

また、インドのウォーター・ヘルス・インターナショナルの株式を取得することでインド国内のウォーター・ビジネスへの影響力を強化しようと試みた。

モンサントが提携したインド企業は、いずれも同国内の水道事業や水関連のビジネスに一定の実績をあげてきた。しかし資本力、技術力が効果を発揮した結果、同社はインド国内のウォーター・ビジネスを独占的にコントロールできるようになった。

その成功の足ががかりに、モンサントはインドから他のアジア諸国にも触手を伸ばし始めた。すでに同社は種子ビジネスを通じてアジアの農業には深く食い込んでいたが、新たに確保したインドの産業基盤を通じて、周辺国における漁業や養殖業にも参入するようになった。

従来の農業分野に加え、モンサントはこれら新しい分野で2008年末を目標に16億ドルの収益を上げようとする計画している。

またモンサントはその政治的影響力をフルに働かせ、世界銀行に対して上下水道の民営化と水利権の売買を、民間企業の民営化に資金提供と技術指導を約束するようになった。

それまで天から降ってくる無償の贈り物であった水資源を、商品として管理することを世銀・国連に要求し、それを自分たち民間に請け負わせるように要求し、莫大なリベートと引き替えに、腐敗官僚からそうした権利を入手していったのである。

世界銀行の傘下にある国債金融公社8(IFC)では発展途上国における農業や漁業、そして水関連のビジネスに対して積極的な融資を行っている。その受け皿は決まってモンサントというわけだ。同社にとって確実に水から利益を生み出すことができるビジネスモデルを確立したといえよう。

ここに、モンサント社とならぶ、もう一つの悪魔、ベクテル社が登場する。第二次大戦前後のベクテル社とモンサント社の幹部には、核物理学者ローレンスなど共通メンバーが多い。いずれもロックフェラーの兄弟会社と断言してもよい。

「ベクテル社」は年間売上4兆円を超す世界最大の企業でありながら、株式非公開の個人企業であるため、日本での知名度は高くない。

主に初期の核開発にモンサントと共に携わり、ベトナム戦争後はサウジアラビアやイランなど中東オイルマネーの利権と結びつき巨利を得てきた会社である。

主力はエネルギー利権で、わけても原発建設が大きい。CIAと完全に結びつき、アメリカの闇権力と指摘されていて、ケネディ暗殺やベトナム侵攻などの背後にベクテルの姿がかいま見えている。まさにロックフェラーの本質を体現した中核会社なのである。

モンサントはベクテルと協調して、世界の水利権を手中に収め続けてきた。それが、どのような姿勢だったのか、ここに端的な例を紹介する。

1999年、ベクテル社と、ボリビアのコチャバンバ市民との間で紛争が起こった。元々ロックフェラーから幹部を送り込まれている世銀やIMFは、破綻管理国家のインフラを民営化することを要求してきた。

ボリビアの水道事業も「民営化」されベクテル社が水道事業を買い取った。その途端、住民の生活を一切考慮せず、自社の金儲けだけを目標に、水道料金が2倍にハネ上がり、ボリビアの平均的なサラリーマンの収入の4分の1が、水道料金の支払いに消えて行く状態になり、最悪の地域では収入の3分の1が水道代で消えて行った。

しかも雨水を貯水し生活用水に使うと言う、ボリビアでは伝統的な水の利用方法に対してさえ、ベクテル社は、「天から降る水の利用権は契約上、我社にある」として、料金を徴収し始めた。

今晩食べる食料の無い、スラム街の貧しい市民がバケツに雨水を貯め、それを飲むと、、数セントの金を、ベクテルは請求したのである。

民衆は怒り、ベクテル社に対して水道料金の値下げを要求して、街頭デモを行った。これに対して、ボリビア政府はベクテル社との契約を守るために軍隊を出動させた。一人の一七歳の少年、ビクトル・ヒューゴ・ダザは記者の目の前で銃に打たれ、殺された。数百人以上の人々が重症を負った。現場に居合わせた記者は、そこで起こった出来事を目撃していた。

抗議デモを起こしたボリビア市民の当然の怒りに押され、コチャバンバ市当局はベクテルに契約解除を要請した。すると、南米の、この貧しい国に対し、ベクテルは国際法廷に提訴し、違約金・賠償金として2500万ドル(約30億円)を要求し、支払わせたのである。

ボリビアで、ベクテル社の水道事業に反対した市民は語っている。「この2500万ドルがあれば、2万5000人の教師を雇用し、貧しい子供に教育を受けさせ、12万世帯に水道を敷き、雨水でない衛生的で安全な水を提供する事が出来た。」

140億ドルの純利益(売上高ではなく、そこから経費等を引いた純粋な利益)を誇るベクテルが、ボリビアから、金を奪う必要が、どこにあるのか?

このベクテル社の姿に、水道支配を目指し、世界の「水支配」を目指す企業の実態が典型的に良く現れている。このあたり、モンサントの姿勢に実に似ていて、それもそのはず、いずれの会社も、正体はロックフェラーだからである。

ベクテル社は、ボリビア政府に対し、違約金2500万ドルを要求提訴したが、実は、ベクテル社がボリビアの水ビジネスに投資してきた額は100万ドルにすぎなかった。

それまで、国連におけるボリビアの水源地等の保護を目的とした援助事業でNGOなどを通じて巨額の資金援助を行ってきたのは日本や欧米だったが、ベクテルは、そのインフラ整備を利用しただけで、民営化に際してすべての利権を奪い取っていたのである。

それなのに、契約違反を持ち出して25倍の利益をかすめ取ろうとした。こうした姿勢こそが、ベクテル社の本質であり、モンサントと同じ体質なのである。

今、筆者は、ロックフェラーやロスチャイルド系の企業、それに中国企業が世界有数の日本の水資源を買収するために、日本中を回って買い占め作戦を展開していることを知っている。

とりわけ、八ヶ岳周辺や四国剣山周辺などが買い占められているとの情報が寄せられている。西日本の山岳地帯は、すでに、かなり広範囲に買い占めが進んでいるようだ。

ある日、気づいてみれば、破綻した地方自治体が水道インフラをベクレルやモンサント、中国企業などに売り渡し、突如、水道代が数倍になって、自由に水を扱うことさえできなくなる事態が、そこまで迫っていると知る必要がある。

引用はここまで。

文中「四国剣山周辺などが買い占められている」のくだりに、食指が動いた方も多いのではないだろうか。

「剣山」といえば、「アーク」の眠る地のNO.1候補の一つだ。そのうち、「剣山」そのものを買い占めるつもりだろうか。それにしても雨水まで「我の物」とは、ロックフェラー企業のすざましいまでの「金」に対する執念とも言うべきものを感じる。

あなたの水は大丈夫ですか?

つづく。

参照元 : 日本人は知ってはいけない。ないしょの話。

日本には赤、青、緑、白、黒、それぞれ「龍」がつく秘密結社が存在する?この五龍会を仕切るのが八咫烏である

[竹下雅敏氏]白龍会の総長・杉山茂丸と黒龍会の総長・永野重雄 〜日本経済の操縦桿を握っていた日銀総裁経験者が属していた組織〜

2016/04/25 8:30 PM

kokurixyuu

竹下雅敏氏からの情報です。

私が最初に五龍会の存在を知ったブログの記事を引用しています。書かれている内容は正しいと思います。記事によると、この五龍会を“仕切るのが八咫烏”とのことですが、その通りだと思います。

これまでの記事で、五龍会の中心である黄龍会の総長が、大日本皇道立教会の会長であった中山忠英だったのではないか。赤龍会の総長は上原勇作で、緑龍会の総長は上田吉松だったのではないかと説明しました。残り白龍会と黒龍会ですが、下の記事に総長であった人物の名前が出て来ます。

白龍会の総長は、裏天皇・堀川辰吉郎の後見人の杉山茂丸だったはずです。杉山茂丸は島津の出であることが示されており、元記事には“政治結社玄洋社は頭山満・平岡浩太郎を社長に仰いだが、隠れた社主が茂丸であったことは謂うまでもない”とあります。ここから、白龍会の総長が杉山茂丸であり、その実質は玄洋社であったことが理解出来ます。

黒龍会の総長は、自分の息子の嫁が堀川辰吉郎の娘だった永野重雄のはずです。皇室においても天皇との距離の近さが権力の証ですが、これは裏天皇組織も同様だと考えられます。“日本財界の重鎮”であった永野重雄と、財福を司る大黒様のイメージを重ね合わせると、永野重雄が“黒”龍会の総長だったというのは、自然ではないでしょうか。

これまでの記事での内容をまとめると、以下のようになります。

八咫烏総長:堀川辰吉郎
緑龍会総長:上田吉松
赤龍会総長:上原勇作
黄龍会総長:中山忠英
白龍会総長:杉山茂丸
黒龍会総長:永野重雄

私は、永野重雄氏についてほとんど何も知らないのですが、どうも当時の日銀総裁(一萬田 尚登)を含む有力者とグループを形成していたようです。戦後日銀総裁経験者が日本経済の操縦桿を握っていたというのが、リチャード・ヴェルナー氏の見解ですが、その通りだと思います。ただ、彼らがどのような組織に属していたのかがこれまで謎だったのですが、ようやく今回その正体を突き止めることが出来ました。

(竹下雅敏)

地底人の謎について(3)
引用元) 日本と世界の情報ブログ 14/4/1
カール・ハウスホッファーと緑龍会

(中略)

ハウスホッファーは、日本滞在中に、政治的秘密結社「緑龍会」に入会している。緑龍会に入会できた白人は彼を含めて3人しかいない。日本の神秘思想に触れたことで、やがてドイツとの同盟が実現し、かつナチス・ドイツに強い影響を与えた。

(中略)

緑龍会のほかに黒龍会、赤龍会、白龍会、黄龍会が存在する。五龍会の色は、すべて道教や風水で言う四神になぞらえている。北「玄武」の黒、東「青龍」の青=緑、南「朱雀」の赤=紅、西「白虎」の白、中央の「麒麟」の黄に由来する。五龍会は京都の御所を中心にして、それぞれ北、東、南、西、中央に本部が置かれた。

五龍会は決して政治の表舞台には出てこない。徹底した秘密組織である。そして、仕切るのが八咫烏である。内田良平の黒龍会は、五龍会の黒龍会ではない。しかし、無関係ではない。大アジア主義を掲げる黒龍会を通じて、八咫烏は密かに国際的な戦略を実行していく。

(以下略、続きは引用元でご覧下さい)

――――――――――――――――――――――――

引用元) 紀州文化振興会 日付不明

(前略)

京都に残った皇統の中核は、俗姓堀川を称する辰吉郎で、その後見人に杉山茂丸(一八六四〜一九三五)が選ばれて以来、杉山の拠る玄洋社が辰吉郎の支援勢力として台頭した。(中略)…茂丸は龍造寺の男系杉山姓を称したが、実は島津重豪の九男で黒田藩主となった黒田長溥(一八一一〜一八八七)の実子で、島津重豪の実孫でもあるから、島津斉彬・久光兄弟の父斉興とは従兄弟の関係にあった。

(中略)

辰吉郎は、国民党ナンバー2として終始蒋介石を支えた張群の長子に娘の一人を嫁がせたという(中矢伸一『日本を動かした大霊脈』)が、孫文の死去後も国民党との関係が途絶えなかった一証であろう。また、他の娘は富士製鉄(現社長新日鉄)の創業者で日本財界の重鎮となった永野重雄の子息辰雄の室に迎えられた。

(以下略、続きは引用元でご覧下さい)

参照元 : shanti-phula


[竹下雅敏氏]大日本皇道立教会の歴代会頭・副会頭 〜 八咫烏の政界工作組織・五龍会の中枢「黄龍会」の本体は大日本皇道立教会ではないか

2016/04/24 11:21 PM

160424-4


竹下雅敏氏からの情報です。

八咫烏は政治に関与せず、下部組織の五龍会が政界工作をしているらしい、ということを前回説明しました。 明治維新において決定的な役割を果たした天忠党の後継団体に、大日本皇道立教会があることを、何度か紹介して来ました。私の考えでは、大日本皇道立教会は、裏天皇・堀川辰吉郎に仕えていた政治結社ではないかと考えています。

貴嶺会のサイトにある貴嶺会関係組織図によると、

2016-05-04_231804

となっています。

以下に大日本皇道立教会の歴代会頭、副会頭を紹介します。情報元はこちらです。

人物像を見ていると、やはり血の繋がりというか、血筋が優先されるのだと思います。会長の中山忠英は、天忠党の総督中山忠伊の子です。忠伊は実は光格天皇の皇子であったわけで、天皇の孫の中山忠英が会長になっているわけです。

前回の記事で、五龍会の一つの赤龍会の総長が上原勇作だったのではないかということを示しましたが、上原勇作と中山忠英では、血筋の上で圧倒的な開きがあります。五龍会の中枢は東西南北の“中”を意味する黄龍会ですが、おそらく、黄龍会の総長はこの中山忠英であっただろうと思います。要するに、黄龍会の本体が大日本皇道立教会なのではないでしょうか。

(竹下雅敏)

大日本皇道立教会 歴代会頭・副会頭

000-307x480

土方 久元 大日本皇道立教会初代会頭
1833年11月23日〜1918年11月4日
称号 伯爵 従一位 勲一等旭日桐花大綬章
日本の旗 第2代 宮内大臣(在任期間1887年9月16日 - 1898年2月9日)
日本の旗 第2代 農商務大臣(在任期間1887年7月26日 - 1887年9月17日)

001-329x480

千家 尊福 大日本皇道立教会初代副会頭

1845年9月7日〜1918年1月3日
前職 神道大社教管長
称号 従二位 勲一等旭日大綬章 男爵
日本の旗 第14代 司法大臣(在任期間1908年3月25日 - 1908年7月14日)

002-306x480

四条 隆愛 大日本皇道立教会第二代会頭
1880年6月8日〜1938年10月2日
陸軍軍人。陸軍騎兵少佐従二位勲三等侯爵となり、貴族院議員を務めた。元老院議官四条隆謌陸軍中将侯爵の子で、四条隆生の孫。妻の糸子は江戸幕府最後の征夷大将軍である徳川慶喜公爵の娘。家格は羽林家。

003-345x480

三島 彌太郎 大日本皇道立教会第二代副会頭
1867年5月4日〜1919年3月7日
前職 銀行家
称号 勲三等旭日中綬章
日本の銀行家。子爵。三島通庸の長男で、最初の妻は大山巌の長女信子、離別後四条隆謌侯爵の三女加根子と再婚。1897年(明治30年)の第2回伯子男爵議員選挙で貴族院議員に当選。議員生活の傍ら金融業に深く関与。横浜正金銀行頭取を経て、1913年(大正2年)第8代日本銀行総裁に就任。

写真出典: 四条侯爵家 羽林家

四条隆徳 大日本皇道立教会第三代会頭

1907年3月 〜1977年11月 父・四条隆愛

写真出典: 高鍋町名誉町民(推載順)

秋月 左都夫 大日本皇道立教会第三代副会頭
1858年2月24日 〜1945年6月25日
日向国生れの外交官。宮内省御用掛、正三位・勲一等。スウェーデン公使、駐ベルギー公使、オーストリア特命公使を歴任後、大正3年(1914年)に退官。大正8年(1919年)のパリ講和会議では全権顧問をつとめた。読売新聞社の編集顧問(後に社長)、京城日報社長。 政治家の古島一雄らとともに創価教育学会(創価学会の前身)の設立にも尽力した。

以上の画像の出典)
土方久元

千家尊福

四条隆愛

三島彌太郎

秋月左都夫

参照元 : shanti-phula


[竹下雅敏氏]八咫烏の下部組織「赤龍会」の総長だったと思われる陸軍軍人・上原勇作 〜日本の真の支配層は古代イスラエル人の末裔である〜

2016/04/23 10:30 PM

7dd4c3f74f006b34bb1d70d7adebd54e109

竹下雅敏氏からの情報です。

八咫烏は政治に関わりません。政治工作は五龍会と呼ばれる直属の組織が行っていたと考えられています。陰陽五行説では、東西中南北を、青(緑)、赤、黄、白、黒で表します。これに対応して緑龍会、赤龍会、黄龍会、白龍会、黒龍会となります。これらの秘密結社はベンジャミン・フルフォード氏の語るホワイトドラゴン、レッドドラゴン、ブルードラゴンとはまったく別の組織で、あくまでも八咫烏の下部組織です。

今日紹介するのは、上原勇作という人物で、彼は非常に大きな影響力を持った陸軍軍人でした。私は、彼が赤龍会の総長だったと考えています。ウィキペディアにある強力な軍閥(上原閥)が赤龍会ではないかと思います。

次の記事は、上原勇作の部下であった吉薗周蔵について書かれたものです。下の系図を見ながら文章を追うと、わかりやすいと思います。系図の渡辺ウメノと上田吉松に関しては、元記事をご覧下さい。

この文章の中で、吉薗周蔵の祖母ギンヅルは“上原勇作の叔母だった”とあります。要するに一族なのです。元記事の中で、“上田家は、古代に渡来したイスラエル族の子孫”とあります。また系図の渡辺政雄は、“「ユダヤ民族が古代に日本に流れ着いた。自分はその子孫である」と周蔵に教え…上原勇作も…「ユダヤ」だと指摘した”とあります。

これまで何度も、日本の真の支配層は古代イスラエル人の末裔であると言って来たのですが、それが正しいとわかるのではないでしょうか。

(竹下雅敏)

上原 勇作
引用元) Wikipedia 日付不明

bd15a550497767ea687d51af00bce22e-302x480

上原 勇作(うえはら ゆうさく、安政3年11月9日(1856年12月6日) - 1933年(昭和8年)11月8日)は、明治〜昭和期の陸軍軍人。

元帥陸軍大将従一位大勲位功二級子爵、聖マイケル・聖ジョージ勲章ナイト・グランド・クロス(GCMG)。

陸軍大臣、教育総監、参謀総長。

日向国都城(現宮崎県都城市)出身。妻は野津道貫の娘、槙子。山縣有朋、桂太郎ら長州閥の元老凋落の後に陸軍に君臨し、強力な軍閥(上原閥)を築き上げた。 上原閥に属する者に荒木貞夫、真崎甚三郎、柳川平助、小畑敏四郎らがいた。

陸軍大臣、教育総監、参謀総長、元帥の「陸軍三長官」を歴任したのは帝国陸軍史上、上原と杉山元の2名のみである。

――――――――――――――――――――――――

吉薗周蔵
引用元) 紀州文化振興会 日付不明
日本近代史の真相
陸軍の裏側を見た吉園周蔵の手記
落合 莞爾

近代史の核心に触れる第一級資料

『陸軍特務吉薗周蔵の手記』は、元帥上原勇作付の陸軍特務吉薗周蔵が自らの経験と見聞を記した手記を、ある月刊誌のために落合が解読して解説を加えたものである。

(中略)

周蔵の血筋はしかし、吉薗家代々のものではない。父は吉薗家のギンヅルが生んだ公家堤哲長の子で、吉薗林次郎と称した。(中略)…母のキクノは隼人系の木下家から嫁いできたが、その母系は未詳である。

(中略)

周蔵の人生路線の始点は、時の陸軍大臣上原勇作との関わりである。その路線を敷いた祖母ギンヅルのことは今日まで全く世に知られてはいないが、大正・昭和初期の陸軍を二〇年にもわたって支配した上原元帥の叔母に当たり幼少から育てた上原を通じて日本近代史を裏から動かしていた人物なので、ここにその背景を詳述しておきたい。

ギンヅルは天保七年(一八三八)に生まれ、昭和六年(一九三一)に他界した。父は都城藩士の四位次兵衛昌張、母は後妻の岩切氏(名不明)である。(中略)…岩切某女は、双子の女児を生んだため畜生腹として四位家を逐われ、妹娘のツルを抱いて入水を遂げた。

(中略)… 六歳になった天保一二年(一八四一)、ギンヅルは吉薗喜佐に嫁入りする叔母岩切某女の連れ子と成り、喜佐夫妻の養女となった。

(中略)…

翌年、弟の萬助(一八四二〜一九〇一)が生まれた。(中略)…吉薗家に居づらかったギンヅルは、自ら志し、一五歳にもならぬ身で単身京に上り、実家岩切氏の縁を辿って京の薩摩屋敷に出仕した。(中略)…そこで公家の堤哲長と知り合う。直ぐに哲長の妾となったギンヅルは薩摩藩邸を出て京の市中に一家を構えた。

(以下略、続きは引用元でご覧下さい)

38810d22d11bd9006f5735ee13bead5c

PDFデータ

参照元 : shanti-phula


[竹下雅敏氏]皇道立教会・緑龍会(八咫烏直属の結社)・北朝鮮王家との繋がりを示す系図

2016/04/10 11:19 PM

竹下雅敏氏からの情報です。

前回、貴嶺会関係組織図の皇道会総裁の久邇宮朝彦に注目しましたが、今回は、その後継の組織である皇道立教会を加えてみます。

皇道立教会の総裁・伏見宮貞愛と久邇宮朝彦は兄弟です。下の系図をご覧になるとわかりますが、伏見宮貞愛は有栖川宮を介して上田家と繋がります。系図を見ると、半島の王家の人脈とがっちり結びついているのがわかると思います。

系図を見て、この上田音吉という人物は一体何者なのかと思うのが自然ではないでしょうか。私の考えでは、上田音吉は八咫烏直属の秘密結社・緑龍会の総裁です。カール・ハウスホーファーは、日本のドイツ大使館付武官として勤務した際に、緑龍会に入会したと言われています。孫の笹川良一は、ヒトラーとムッソリーニに会っていますが、これは通常考えられないことです。しかし、ヒトラーの師であったカール・ハウスホーファーが緑龍会のメンバーで、総裁の孫が笹川良一であれば、これは可能だったと考えられます。

緑龍会の総裁は、その後笹川良一から現在の笹川陽平へと移っていると考えています。そうでなければ、笹川が、“私的な賭博運営を政府から許可された唯一の人物”なのが不可解です。また、笹川財団の下部組織の日本財団がジャパン・ハンドラーとの会合の場を設定している理由がわかりません。海底掘削船「ちきゅう号」の不可解な動きも考慮すると、上記の推論にかなりの信憑性が出て来るのではないかと思います。

もっとも私の中では推理ではなく、直観的事実です。この辺りのことは、レイノルズ一家にも書いていますので、参考にしてください。

(竹下雅敏)

――――――――――――――――――――――――

貴嶺会関係組織図
記事配信元) 貴嶺会 日付不明 本記事文章は現在公開を停止しております。 (2016/4/23)
記事の提供元にてご覧ください。

――――――――――――――――――――――――

皇道立教会総裁・伏見宮貞愛の系図

160410_fushinomiya

画像の出典:
伏見宮邦家親王

有栖川宮幟仁親王

貞愛親王妃利子女王

伏見宮貞愛親王 有栖川宮 熾仁親王

――――――――――――――――――――――――

伏見宮邦家・有栖川宮幟仁・上田音吉〜金正恩の系図


160410_kimujonun-keizu

PDFファイルはこちら

参照元 : shanti-phula

【関連記事】
【裏天皇】ついに秘密結社「八咫烏」のメンバーが明らかに!12烏の系図

赤い楯混血「八咫烏」の正体 彼らは全員が「漢波羅」とよばれる迦波羅(カバラ)の達人で、陰陽師でもある

裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

【悪魔崇拝】世界は極少数の圧倒的な権力を持つ冷酷な金融マフィアによって支配されている「中央銀行という詐欺システム」

髭の殿下こと、故・三笠宮寛仁親王殿下(皇族)は、崇教真光教徒だった!

ヒラリー・クリントン「アルカイダはアメリカが資金援助して作った。目的はソ連を崩壊させる事だった」

[PARS TODAY]アメリカ人活動家、「アメリカはシリアで戦争犯罪」 / ヒラリー・クリントン−私達がアルカイダを作った 〜グローバリズムとは、全世界を植民地支配すること〜

2016/04/27 6:10 PM

7dd4c3f74f006b34bb1d70d7adebd54e121

竹下雅敏氏からの情報です。

動画の中で、ヒラリー・クリントンが、アメリカが資金援助してアルカイダを作ったと述べており、その目的がソ連を崩壊させることだったと言っています。ここから直ちに、シリアのアサド政権を崩壊させるためにアルカイダをダーイシュ(IS)に作り変え、彼らに資金援助、武器援助、そして軍事訓練を施して来たというのは、少し想像力があればわかることではないでしょうか。

上の記事では、アメリカのシリアに対する戦争犯罪の目的が“中東地域の植民地化”であるとしています。これは実に的確な表現です。ブッシュ・ジュニアが確かイラク戦争を始める時、中東を民主化すると言ったはずです。言葉のトリックですね。民主化=植民地化です。グローバリズムとは、全世界を植民地支配することなのです。

(竹下雅敏)

アメリカ人活動家、「アメリカはシリアで戦争犯罪」
引用元) PARS TODAY 16/4/26

4bk4f05bab8be46mwg_800C450

アメリカ人活動家が、アメリカはシリアでトルコ、サウジアラビア、シオニスト政権イスラエルと協力し、戦争犯罪を行っていると述べました。

アメリカ反戦団体≪国際活動センター≫のサラフェランド団長は、プレスTVとのインタビューで、「シリアでの戦争は同国に多くの損害を与えた。アメリカはこの破壊の元凶である」と述べました。

また、サラ団長はアメリカは中東地域を植民地化しようとしており、その目的を成就する為にトルコ、サウジアラビア、イスラエルを利用していると強調しました。

更に、「シリアでの戦争犯罪者(等)は、同国の全てのインフラと設備を破壊しようとしており、シリアで行われたのは人類に対する犯罪だった」と述べ、シリアの人々の抵抗を英雄的な行為と呼びました。

ヒラリー・クリントン−私達がアルカイダを作った
引用元) YouTube 12/5/24



参照元 : shanti-phula


【小和田雅子(皇太子妃)の出自】皇室ジャーナリストが明かす「皇太子妃を辞める」発言と不妊治療の真実

“雅子妃の代弁者”といわれる皇室ジャーナリストが明かした「皇太子妃を辞める」発言と不妊治療の真実

2015.12.09

kunaichou_151209

今日12月9日、雅子妃が52歳の誕生日を迎えた。予想通り会見はなく、宮内庁を通じて文書で談話を発表する形式で、内容も戦後70年ということで、「戦争の悲惨さと平和の尊さに改めて思いを深くいたしました」という言葉が入っていたものの、あとは昨年と大きく変わりはなかった。

雅子妃の肉声を聞くことがなくなっていったいどれくらいになるのだろうか。この十数年、我々が接することのできたのは、宮内庁を通じて出される当たり障りのない談話や動静情報のみ。一方で、週刊誌では雅子妃に対する大量のバッシング情報が流されてきたが、それについて、雅子妃の反応はまったくわからないままだった。

だが、そんななかで1年ほど前、雅子妃の思いや心の裡を代弁しているといわれる本が出版されたのをご存知だろうか。雅子妃の半生を綴ったノンフィクション『ザ・プリンセス 雅子妃物語』(文藝春秋)がそれだ。

同書の著者・友納尚子は「週刊文春」「文芸春秋」などで皇室取材に取り組んでいたジャーナリストだが、2003年、雅子妃が入院した直後から、一貫して雅子妃サイドにたった詳細な内幕記事を書いてきた。ほとんどのメディアが雅子妃の休養を「仮病」扱いしていた時期から、ストレスによる「精神的な病」であることを指摘。公務や宮中祭祀の欠席問題、さらには愛子内親王の不登校や付き添い登校をめぐるバッシングが起きた際も、雅子妃サイドの言い分を代弁するように詳細な反論を書いてきた。

そのスタンスはともかく、情報はきわめて正確で、東宮職はもちろん、雅子妃の実家である小和田家関係者や雅子妃本人にもパイプがあるのではないかと指摘されるほどだった。

その友納氏がこれまでの取材の集大成として出版したのが前掲書『ザ・プリンセス』なのだが、そこには、これまで表には出なかったエピソード、そして雅子妃を「適応障害」にまで追い詰めた原因が綴られている。

それはやはり、宮内庁や千代田(天皇夫妻の側近の俗称)との確執だった。同書はまず、ある事件が雅子妃の心を深く傷つけたと書いている。

2000年の皇太后逝去でのこと。この時、雅子妃は葬儀を欠席しているのだが、その背景に〈雅子妃にとって、適応障害というご病気に繋がる過去の暗い記憶となっているある出来事があった〉と同書はいう。

〈それは、この前後に、千代田側から厳しく叱責されたことだった。(中略)「しきたりに関するやりとりならば納得がいくのですが、その時のご気分による感情的な叱責があったといいます」(宮内庁関係者)〉

友納氏は間接的な表現をしているが、これは前後の文脈から見て、「雅子妃が皇后から理不尽で感情的な叱責を受けた」と読みとれるものだ。当時から、皇后との確執が雅子妃の病気の最大の原因と言われていたが、やはりそれは大きかったようだ。

さらに、雅子妃を追い詰めたのが、お世継ぎのプレッシャーだった。宮内庁はなかなか懐妊しない雅子妃をことあるごとに責め立てたという。

〈ご懐妊されない原因が雅子妃の『考え方』にあると見るようになったのである。雅子妃が世継ぎの重要性を自覚していないという歪んだ話は、宮内庁の中にも広がり始めていた。〉

97年2月には当時の宮内庁長官・鎌倉節が直接、雅子妃を説得にきたこともあったという。通常、長官といえど、皇太子夫妻から「お召し」がなければ勝手に会いに来ることなどできないのだが、鎌倉長官はその禁を破り、強引に乗り込んできた。そして部屋に入るなり、世継ぎの話を切り出したという。

「前置きもなく、いきなりお身体のことを話し始めたといいます。雅子妃殿下は羞恥心と驚きで複雑なお気持ちになったそうです。ひとりの女性が夫婦間のことなどを他人に軽々しく言えるはずがありません。雅子妃はしばらく黙ったままだったそうですが、あまりに理解がないためプライバシーについて言われたところ、結局、聞き入れてもらえないまま話は平行線に終わったと言われていました」(元東宮職)

その後、雅子妃は流産をへて、愛子内親王を出産するのだが、男児ではなかったことで、このお世継ぎプレッシャーは止むことがなかった。

宮内庁内部では、出産直後から第二子の期待が高まり、当時の湯浅利夫宮内庁長官も会見で「やはりもう一人はほしい」と発言。雅子妃の意向に反して早期の公務復帰を決めた。しかし、愛子内親王の子育てに時間をさきたい雅子妃はこれに強い不満をもっており、林田英樹東宮大夫とこんな驚くべきやりとりをしていたことを同書は明かしている。

〈雅子妃はそれまでも、過密な公務の日程について、何度も林田東宮大夫に訴えてきたという。だが、聞き入れてもらえないことから、〇二年頃に「これでは皇太子を辞めなくてはなりませんね」と語ったことがあったそうだ。言葉だけを取りだせば衝撃的だが、信頼できるはずの大夫に、内々に、なかなか聞き入れてもらえない公務委の軽減を訴えている文脈の中での発言だったのが実際だった。〉

そして、2003年10月15日、決定的な事件が起きる。メキシコのフォックス大統領夫妻を迎えての宮中晩餐会でのこと。この晩餐会では主催の両殿下から皇族方が順番に紹介されるのが儀礼となっていた。しかし──。

「まず燕尾服姿の皇太子を紹介されて、次はイブニングドレス姿の雅子妃の番でした。フォックス大統領が雅子妃に向って手を差し出されたのですが、隣の秋篠宮殿下が紹介されたため、一瞬、大統領の手が宙で迷われ、おかしな雰囲気でした。雅子妃は明らかに引きつったようなご表情でした」(元東宮職)

そう、雅子妃は妃殿下として紹介されず、スルーされてしまったというのだ。このことが雅子妃から自信を喪失させ、その後11年間、雅子妃は宮中晩餐会に出席することはなかったという。

同書は東宮御所に戻った雅子妃の心境を「宮内庁関係者」のコメントという形で、次のように解説している。

「ご誕生されたお子さま女の子だったことから、男子を産めない皇太子妃は必要ないというように思われたようです。(中略)雅子妃殿下は皇統の重要性を考えると、もっと頑張らなくてはいけないと思われていた。けれども深い失意は、ご自分を責める方向に向かわせたと言われています」

そして、この直後から雅子妃は体調に変調をきたしはじめ、03年12月、帯状疱疹で入院。休養が発表される。そして04年の適応障害、皇太子の「人格否定発言」に繋がっていったと著者は分析している。

もちろん、本書に対しては「雅子妃に寄り添いすぎている」といった批判もある。実際、同書に描かれた雅子妃の思いは被害妄想と感じられる部分もなくはないし、皇太子妃として公への貢献の意識があまり感じられないのも事実だ。

しかし、同書は、雅子妃の立場に徹底的に寄り添ったからこそ、どのメディアも書くことのできなかった“本音”“肉声”に近い言葉を引き出せたとも言える。これこそが、外務官僚から突然、皇太子妃という立場になった女性からみた皇室の「真実」なのだろう。

そういえば、同書ではもうひとつ、これまでどこも書くことのできなかった「真実」が明かされている。それは、ずっと噂になってきた皇太子夫妻の不妊治療の問題だ。

同書は1998年の秋から皇太子夫妻が不妊治療を受け始めたとはっきり書き、それにそこにいたるまでの経緯について、こう記している。

〈ご懐妊には大きな問題があることに雅子妃は気づいていたが、誰にもたやすく相談できないことでもあった。〉
〈(懐妊しない)そこには深刻な問題があった。しかしそのことを鎌倉長官はじめ宮内庁は把握できていなかった。〉

〈一般的に子どもができないと原因は妻にあると思われがちですが、宮内庁も同じような考え方だったのです〉

さらに、不妊検査が行われた際の雅子妃の気持ちは、意外にも辛いものではなかったとして、元宮内庁関係者のこんなコメントを紹介している。

「これまでお子さまが生まれないのは雅子妃のお身体のせいだといわれてきたことから、この検査結果が出たことで『やっと周囲にわかってもらえる』と安心したお気持ちの方が強かったといわれています」

いずれにしても、雅子妃に起きたことは、雅子妃の個人的な資質の問題ではない。雅子妃の世代の民間の女性が突然、皇太子妃という立場になって、周囲からプレッシャーを受ければ、ささいなことに敏感に反応し、自信を喪失し、自分の身を守ることでいっぱいいっぱいになってしまうのは、ある意味、当然とも言える。

同書も指摘しているが、皇室のあり方そのものを考え直さなければ、次に、民間から妃が入った時も恐らく同じことが起きるだろう。とくに、天皇制墨守を掲げる保守メディアや識者は雅子妃バッシングを繰り返すよりも、そのことをもっと真剣に考えるべきではないだろうか。

(伊勢崎馨)

参照元 : LITERA


雅子妃と小和田家の闇

2011.05.20 Fri 00:00

雅子妃のルーツ

20110519183746781

1993年7月8日 東京サミット晩餐会にて、「ロシア語が堪能」との触れ込みによりエリツィン大統領の隣席に座らされたものの、話が弾むクリントン大統領と紀子妃をなぜか凝視する雅子妃。

参考サイト

小和田雅子さん(皇太子妃)の出自について

出自は本人の意思や責任とは関係ない。皇太子妃としての責務を果たし、その人柄が国民から敬愛され、すばらしい人…すばらしくなくても普通に真面目に生きている人であれば、今更血筋がどうのなどとは言われなかったのかもしれない。

今の世で出自云々を問うこと自体、おかしいのかもしれない。実際、言ってはいけないこととされている。だが、ろくに公務も祭祀もせず、自分勝手な振る舞いをしていれば、やっぱりお育ちが…と言われるのも仕方がない。

しかも、一部では雅子さんの後ろ暗い部分を紀子様にすり替えて噂を流し貶めている。きちんとした家系図が存在する紀子様の出自に関する嘘の噂を嬉々として流している。

医学博士のH・S氏は公の場でこう言った「おい、同和が親王を生んだぞ!」H氏はワールドメイトという団体に在籍している。ワールドメイトは創価学会とともに雅子さんを擁護し、それ以外の皇族方を誹謗中傷している。最終的には皇室の消滅→新しい世(教祖の自分が王となる)を目論んでいるのだろう。

内側から次々と皇室を破壊してくれる雅子さんは皇室を否定する人々にとって重宝な存在だと思われる。紀子様の名誉を守るためにも、皇室のためにも、日本のためにも雅子さんの出自をはっきりとさせるべきだと思う。「富田メモ」で、「真偽を確認する為に全文公開せよ」との声に「皇太子妃の入室について書かれている部分があるから公開出来ない」という回答

反対の理由は、チッソ(雅子さん祖父)、男性関係の他に血筋も関係しているのでは、と言われている当時のお妃候補の中で家系図の無い家は小和田家のみ。宮内庁は皇太子の結婚にあたって小和田家の家系を公表し興信所に身元調査を依頼した。そのとき、部落開放同盟は差別であるという申し入れを行っていた(ニュースにもなった)そのため、身元調査は打ち切りになった。

わざわざ部落開放同盟が抗議。

▼雅子妃の家系調査への抗議を認めた団体のサイト

201105191002545d1

▼雅子妃の家系調査への抗議を認めた記事

20110519095913a63s

『部落解放』1993年6月号「皇太子妃決定に関わる身元調査等の差別助長行為にたいする抗議と申し入れ」の記事(クリックで拡大)

20110519101045e76s

小和田家

一代目 小和田金吉(生年月日、生地、両親不詳)

二代目 小和田毅夫

三代目 小和田恒

金吉の前は不明

金吉の父は道蔵匡利のはずだが、雅子さんの曽祖父金吉が道蔵匡利とはつながらない。宮内庁が公表した家系図は、金吉で終わっていて匡利の名前はない。この事実だけで、金吉は匡利の子供とは断定できない。あるいは金吉の両親(もしくは父)は不明か、表に出せないということがわかる。

地方では割合先祖のことを調べることは容易である。新潟で3代前までしかわからないということは非常に不自然。雅子さんの皇室入りが決まったとき3代前の小和田金吉の父親がわからなくて宮内庁が困り、小和田家が無理矢理でっちあげた家系図の元になったのが同じ地域出身の小和田本家の家系図。

小和田本家では雅子さんの曽祖父金吉のことを「知らない」と言っている。匡利の次男に、確かに金吉(A)なる人物はいる。その本物の金吉(A)と、雅子の曽祖父の金吉(B)が同一人物なのかは不明。

お妃内定のときも結婚の時も本家筋の方は誰一人出てこなかった。本籍地の村上市から新潟へお墓を移すときも金吉しか動かしていない。村上市ですら、よくわからないと言っている。「小和田新六から曽祖父金吉までは不明の点が多く、調査が待たれる」

村上市の西真寺と新潟市の泉性寺の言うことにも食い違いがある

1 村上市西真寺住職、本荘長弘師の証言(現在は兵五郎夫妻と道蔵(匡利)の妻とその子供だけの墓がある寺)

「小和田家の墓について毅夫氏(明治31年生まれ)が新潟市の学校に在勤中、父金吉の墓のみを新潟市の泉性寺に移した」

「なぜ祖父の妻と子及び曽祖父夫妻の墓を残していったのか。普通移すときはそっくりもっていくものなんですがねえ」

昭和61年(1986年or1987年)11月 恒、毅夫の両夫妻が村上に来たがここに墓参していない

2 新潟市泉性寺住職、広沢誠師の証言

「小和田家の墓は明治7年よりうちにあるが金吉と兵五郎の墓はない 匡利(道蔵)の墓だけがあります…30年くらい前に毅夫さんが父金吉の墓をうちに移したということはまったく知りません」

泉性寺の檀家談

お墓は奥の方に非常にみすぼらしいのが建っていました。それが、皇太子のところに嫁ぐのが決まったら、場所もいいところに移動して、大変立派なのが俄かに 建てられました。

3 ご成婚前の小和田家の墓参り

両親と娘が拝んだ墓は新潟市泉性寺にある「匡利(道蔵)の墓」であり「小和田家の墓」ではない(昭和55年(1980)に小和田毅夫(恒の父)がこの泉性寺にある墓の台座だけを新調した結果異様なツギハギの墓)

4 金吉と妻竹野(旧姓熊倉)は毅夫の幼い頃別居し金吉死亡後、竹野のお墓は所在不明

5 専門家の意見

「一説に小和田金吉は小和田道蔵匡利の三男と伝えるも年代齟齬して審かならず、仮に小和田兵五郎の三男の系に継ぐ。おそらくは別流ならん歟」金吉が匡利の子なら匡利12〜13歳の時に生まれた三男となり有り得ない 一言でいえば「この小和田家ではない」と言っている

6 新潟県村上市小和田本家の証言

TVでのインタビューにて老当主が「あちらの小和田家とウチが親戚とは初耳 こちらでもいろいろ調べてみたがわからない」と答えた

以上より

・ 「金吉の墓」または「小和田家の墓」の所在地が不明なのはなぜ?(再婚してない場合毅夫母の竹野の墓の所在も不明)

・ 毅夫は西真寺から泉性寺に父金吉の墓を移すと寺に言いながら泉性寺にお墓を作っていないのはなぜ?

・ 泉性寺の小和田家の墓が「金吉の墓」又は「小和田家の墓」ではなく「匡利(道蔵)の墓」なのはなぜ?

・ 仮に金吉が小和田兵五郎の三男なら西真寺に兵五郎の墓を残したままで恒、毅夫が当地に来ても墓参りしないのはなぜ?

・ 毅夫氏自身はどの小和田のお墓に入ったのだろうか?

江戸時代、犯罪者予備軍の無宿者は新潟の佐渡ヶ島の金山に送り人足として使役、明治維新で解放されたこの人らの戸籍や墓は?(ご先祖流れ者説)

戸籍を誰かから入手した?戸籍売買?(ご先祖は日本人ではない説)

金吉は認知されていない子だった?(私生児説)→母方から先祖はたどれるはず

同じ姓の墓をどこからか入手した?(捨て墓置き場から…説)(墓が個人名でツギハギな点と欠けている点がポイント)

先祖の墓参りをしない家なら先祖を敬うしつけや教育を受けていないので祭祀を無意味としか思えない雅子妃の態度にも合点がいく

▼小和田金吉

・人物像は不明、名前の読みも不明(きんきち?かねきち?かねよし?すら不明)

・どの読みでも「下級武士」の出とは考えられない。(小和田家主張=武士)

・墓がない(それほど昔の人ではない。恒氏の祖父である)曽祖父の墓はあるのに?

▼つぎはぎの墓

墓石つぎはぎの理由→昭和55年(1980)に小和田毅夫氏(=小和田恒の父)がこの泉性寺にある墓の台座だけを新調

墓石には「小和田匡利墓」とある(個人名)→小和田家、ではない。

墓石側面には「明治七甲戌年 七月二十八日 永代経金一圓」

小和田匡利 → 新潟県村上市の小和田本家「分からない」回答

20080904_479081

金吉の墓はどこの寺にあるのかわかっていない。村上市の西真寺には小和田金吉の墓はない。

移したはずの泉性寺にも小和田金吉の墓はない。あるのは匡利の墓のみ

皇室入りのため、急遽作られた家系図によると金吉は道蔵の次男(1867頃出生)

そうなると道蔵が14歳のときの子ということになる。しかも三男。14歳でもう2人(以上)の子??

明治時代に生きていた金吉以前の戸籍が存在しないというのは不可解。

私生児もしくは捨子とも考えられるが戸籍が存在しない出自とも考えられる。

部落民と言う話もあるし、犯罪者、あるいは半島から新潟へ流れ着いて戸籍を買った、または奪ってなりすましたという話も出てくる。

(成りすまし…元々戸籍を持たない人が、小和田家の金吉と言う人になりすましたということ)

だから現実として年齢が合わないなどのボロが出る。

後継ぎが居なかった小和田金吉の家系を利用してなりすます、このやり方で日本人になりすます朝鮮人は大勢居る。小和田金吉は村上の小和田家とはなんの関係もない。村上の士族小和田家が村上をはなれて戊辰戦争に負けてちりぢりになったのは明治の初年。士族小和田家は明治初年以前も調べがつく

問題は小和田金吉が1867〜1868年頃朝鮮で生れ、新潟に密航して住み着いたのは明治以後。

だから宮内庁は小和田家が1868年以前は何をやっていた人なのかわからないといったのは事実隠蔽のためで本当に士族なら村上を調べたらわかるのである。佐藤朝泰の「閨閥」という本に小和田金吉の代からしか載っていない。(川嶋家は高祖父の代までのっている)

朝鮮から密航してきたX=金吉。明治17年の村上鮭産育養所の漁業権者名簿(736戸)に金吉氏の名前が初出となる。もちろんこの金吉は小和田道蔵の息子で雅子の曽祖父の金吉とは別人。

X=金吉は新潟の吏員になるために(戸籍のない密航者だから)村上士族小和田匡利の息子金吉から家系図を購入し、士族に成りすまして朝鮮参加の男が小和田金吉に成りすました。その証拠に小和田家の世代の年齢があわない

婚約時代の墓前報告の写真によると、にわか作りの墓石の土台の上に苔むした古くて小さな墓石がちょこんと乗っかっている。先祖の供養もしていないことがありありとわかる写真だった。

母方江頭

江頭という苗字だけでピンとくる人はいるかもしれない。

エガシラ → エタガシラ ※全ての江頭さんがそうだというわけではない。

江頭家は村上水軍につながる(と成婚時に発表)ので、さらに部落民に遡る可能性は高い

以前、雅子さんの母優美子さんのいとこで作家の江藤淳(本名江頭淳夫)が自分のルーツ探しに九州へ行った。

そこで知った現実に相当のショックを受けたという。

そこそこの家なら、わざわざルーツを探さなくても先祖のことなら代々受け継がれて聞いているはず。なおタレントの江頭2:50も親戚(2:50の方が本家筋)

優美子さん父は豊(チッソ)、豊の父は安太郎。この安太郎が母親から青山の墓地に埋葬しています。

それ以前の墓地は不明とあります。(結婚記念誌に記載)

江頭家の出身は九州ですが、不思議に父親のお骨は東京へは引き取っていないのです。

彼は九州の自分の出自を恥じてひた隠しにしていた。また安太郎の妻米子が古賀家から嫁いで居ますが、この古賀家も佐賀の阿弥陀寺にながい間無縁仏として放置されていた。

近年になってそれらの無縁仏を一箇所に集めて合祀されている。雅子さん祖父・嘉蔵は明治維新までは鍋島家の家臣だったとされるが明治初年の佐賀藩侍着到(出勤簿)にその名はない。

番太部落出身で「いわれなき差別を受け」、小学校の小使いの職にしか就けなかった江頭嘉蔵。息子の安太郎は、その出自を生涯ひた隠しに隠し、佐賀には一度も帰ることはなかった。

江藤淳は今上陛下を雑誌で批判(1999年7月21日自殺)

「何もひざまずく必要はない。被災者と同じ目線である必要もない…」

その叔父も自殺。遠縁の江頭2:50も精神を一時患った。

正田家は数百年遡れる名家、公家の血筋も入っている。

川嶋家も会津藩士(藩士録にちゃんと載ってる家)&紀州の名士

小和田は不明

海外誌

日本では今日、江戸の最下層民と皇室が縁組をするという異常事態、しかもその最下層令嬢が、実家の親とつるんで皇室を我が物にしようとする異常事態。

許しがたいのは、その下賤な血のなせる業か、マスコミを使って皇室を攻撃する。国民を騙す。

1993年街道の集会で沖浦和光が「小和田雅子さんの先祖は部落民」だと発言。その後、なぜか川嶋家同和説が広まった(何者かによって意図的に広められた)川嶋辰彦氏は同和問題の研究もしていたので、いかにも信憑性をもって悪意のある噂が広められた。

そもそもは家柄ではなく、雅子さん本人と実家の行状が問題。雅子さんの先祖がたとえ部落出身でも、3代前から不明でも、公害企業の社長でも、父親が機密費横領でも雅子さん本人がきちんとしていれば、両親、先祖のことであれこれ言われることはなかったはず。

生まれが卑しい…という言い方をするべきではないが他の皇族方の出自を捏造して貶めるのだから(このやり方、どこかの国に似ている)事実をはっきりさせたくなる。

家系を乗っ取るということをなんとも思わない一族。だから皇統も乗っ取ろうとした。女系、雑系にして、小和田墓のように、ツギハギにしようとした。恐ろしい。

どんなに卑しい素性でも、とりあえず皇太子妃として入内を許されたのだから、身内も身を慎み、本人も謙虚な気持ちでまわりに教えを請うていればここまでいろいろ暴かれることもなかった。あの一族全員がやることなすこと下品。

出自なんて、本人の努力でなんら関係ないという見方もあるが、出自が悪いと育ちも悪いというのは否定できない。

権力と権威を異常に渇望する雅子妃の実父、小和田恒

安達峰一郎記念館に残された異様な石碑


安達峰一郎はあまり一般には知られていないが、明治から昭和にかけて法学や外交の分野で活躍した戦前の偉人である。ハーグ対独賠償会議の際の日本代表を努めたが、この会議でフランスとイギリスが激しく対立したとき、調停の依頼を受けた安達は、日本流の茶会を開いて両国代表を招き和解させ会議を成功に導いた逸話がある。アジア系として初の常設国際司法裁判所の裁判官、所長を努めた。生家のある山形県東村山郡山辺町には記念館が建てられている。

▼当時の風情を今に伝える山辺町の安達峰一郎記念館

20101016092744

安達峰一郎記念館の前に立つ、実物大の小和田恒の手形をかたどった小和田恒の来町記念碑。歴代の首相でもこんな碑を立てた人間はいない。小和田氏は現在、国際司法裁判所の所長を務めているので、安達博士に関係ないとは言えないが、もはや気分は天皇といったところだろうか?

20101016092320

▼雅子妃の実父、小和田恒氏の専用の椅子

200907251829005de

上の画像は、某ブログに掲載された、現在、小和田恒氏が使用している国際司法裁判所の所長の椅子だが、その背もたれに菊の御紋(十六八重表菊)らしき紋章が使用されている。国際司法裁判所の判事の椅子には判事の出身国の国章がつけられているが、こういう場合に用いられる日本の国章は、通例上、首相や政府が主に使っている五七桐花紋が用いられるのが一般的。

▼五七桐花紋

231px-Go-shichi_no_kiri_crest_2_svg

雅子妃の異常性

衣装ストーカーで嫌がらせを繰り返す

20090114164021

20090114164927

▼犬の足で国民にお手振り

20110519120950c84

国民にアッカンベー

20110519123716028

皇統乗っ取りの野望

20090507100252c19

20090507075619320

反日マスコミの援護射撃

9185

結婚パレードで振られる反日朝鮮勢力のシンボル、三色旗

20110519122117391s

ハワイの朝鮮戦争博物館になぜか存在する雅子妃と愛子内親王の像

20110519124955244

Webサイト上で紹介されていた際の画像のファイル名は“KoreanPrincessBaby.jpg”となっていた。

▼東宮所蔵と思われる皇室の宝物がヤフーオークションに流出

201105191807260ba

詳細は下記URLを参照

皇室ゆかりの品ヤフオク大量流出事件の真相はどこに

参考動画(ニコニコ動画)











参考記事

徳仁皇太子夫妻の結婚パレードで振られる創価学会三色旗の怪

反日勢力・反日マスコミの最終目標は万世一系の皇統の断絶

万世一系の断絶を目論む小林よしのりと沈みゆくSAPIO(サピオ)

天皇家と日本の復活
愛子内親王ご優秀伝説の破綻 知られざる高円宮家の真実

(コメント)
今回紹介した記事は、雅子妃の実家のルーツに関しては、恐らく決定版に近いのではないかと思う。雅子妃が皇室内で模範的な行動を保ち、国民や国のために尽くしていたなら、こういう記事は公開しなかっただろう。また、創価学会や統一教会のような雅子妃を支援する反日朝鮮勢力が、秋篠宮家の方々を侮辱する悪質な捏造でっち上げを流布しなければ、こういう記事を書く気は起きなかったかもしれない。

反日朝鮮勢力と連動して、秋篠宮家を誹謗中傷するワールドメイトは神道系の新興宗教で、高円宮家と接点があり、2002年に夭折した高円宮憲仁親王は、皇室内部から雅子妃入内を手引きしたことで知られている。高円宮久子妃は雅子妃の実母とは旧知の間柄。

ワールドメイトの教祖はメールマガジンなどで、過去に雅子妃や愛子内親王を気持ち悪いくらいに褒めちぎっている。御神業と称して、全国各地で祝詞を唱えたりしているのはワールドメイトの信者が多いと言われているが、馬鹿がどこで何を唱えても何の効果もないので、神道系という理由だけで騙されたりしないようにしていただきたいと思う。

前回の記事「愛子内親王のご優秀伝説の破綻」で、コメント欄に祖父が生きていたら、不敬罪だと言って怒っただろうという旨の書き込みがあったが、本当にその祖父が実在していて今も生存していたなら、今回の記事を読んで泡を吹いて卒倒しているかもしれない。

マスコミが反日朝鮮勢力の支配下にあり、ブログで書かなければどこも書くところがないような状況だが、保守系の政治ブログで東宮批判を行うブログは残念ながら非常に少ない。菊のタブーに遠慮しているのかもしれないが、反日朝鮮勢力の手先である雅子妃が入内した以上、菊のタブーを気にしてやりたい放題やらせていたら、皇室そのものが滅んでしまうだろう。

佳子様ご懐妊発表の翌日に、涙目で公務に出てきた雅子妃の写真から、「雅子さま、おかわいそう」というトンでもないマスコミ報道が始まり、雅子妃と反日マスコミのコラボによる秋篠宮家バッシングが始まった。

悠仁親王殿下のご誕生までの10年以上、それまで順調にご懐妊していた秋篠宮家の懐妊がピタリと止まり、徳仁皇太子夫妻がわが世の春を謳歌することになった。万世一系の皇統の危機というのは、人為的に引き起こされたものであり、雅子妃が皇太子妃でなければ、こういった事態は起こらなかった可能性が強い。

内心はどうあれ、表面的にさえ皇室全体の慶事を祝うことも、義妹の懐妊を祝うことも出来ず、皇統の危機も秋篠宮家に跡取りが必要なことも理解しない馬鹿女を形容する言葉を自分は知らない。一般庶民の家庭でも、弟夫婦のおめでたを台無しにするようなキチガイ嫁は御免蒙りたいだろう。

少なくとも、夫婦仲が良く、健康だった秋篠宮両殿下が、一人の女の狂態によって、子供を作る権利を10年以上奪われ、徳仁皇太子夫妻は弟夫婦に無用の犠牲を強いてそれを良しとしていたことは確かである。

マスコミが「皇位継承の危機」について報道する度に、「お前らが一体どの口でそれを言うのか」という思いを強くする。皇太子妃が雅子妃ではなく、ごく一般的な価値観を持つ良心的な女性だったならば、最低でも二人の親王が秋篠宮家に誕生し、皇統の危機自体が発生しなかったように思われる。こんなことで「雅子さまおかわいそう」という道理が通るなら、津波で家や家族を失った被災者は一体何と形容すべきだろうか。

マスコミを使って皇族を攻撃する小和田一族のいやらしい手法は、ネットの普及によって通じなくなりつつあるが、まだまだ皇統の乗っ取りを諦めたわけではないだろう。東宮一家が健在な限り潜在的な皇統の危機は続くのであり、小和田家の国盗物語まだ始まったばかりなのである。

※1994年5月12日 紀子妃殿下第二子ご懐妊発表の翌日に涙目で公務に出てきた雅子妃。この非常識な行動が原因で秋篠宮家の新たな懐妊は10年以上停止する。秋篠宮両殿下のご心情はいかばかりだっただろうか。

20110519190250755

※涙目公務の翌日の1994年5月13日 戦没殉職船員追悼式にて花束を捧げる雅子妃。横目となぜか含み笑いの口元に注目

20110519205621fc4s

img20071025162032s

参照元 : 日本が好きなだけなんだよ





ロスチャイルドやバチカンとの関連まで囁かれる謎だらけの国際的犯罪を追う「邦人が持ち歩いた米国債13兆円の怪」

日本人が持ち歩いた「米国債13兆円」の怪

2016-04-15_225622


財務省の「裏ガネ」説も出たが
ロスチャイルドやバチカンとの関連まで囁かれる謎だらけの国際的犯罪を追う

■「邦人」とは果たして日本人か

それはスパイ映画を見るような謎に満ちた事件だった。事件が起きたのは6月3日、初めて報道されたのは6月14日。

「イタリアの財務省(GDF)は14日までに、1千340億ドル(約13兆1千900万円)相当の米国債を不正に持ち出そうとしていた50代とみられる日本人の男2人をイタリアとスイスの国境近くで逮捕したと発表した。2人はイタリアからスイスに列車で入る際、スイス南部キアッソの税関で『課税品なし』と申告したが、税務職員が調べたところ、2重底のスーツケースから1千340億ドル相当の米国債が発見されたという。

事件に絡んで、イタリア北部コモの財務警察も声明を発表し、額面で5億ドルの米国債249枚などが押収されたとしている」(産経ニュース)

日本円で13兆円、ニュージーランドのGDPに匹敵する米国債、かつ額面が5億ドルの国債とはいったい何なのか。キツネに包まれたような事件である。しかも報道はごく限られたメディアが申し訳程度にふれただけ。6月19日にイタリア政府が押収した米国債は偽物と発表したこともあるが、映像では、テレビ朝日が6月29日夕のニュース番組(スーパーJチャンネル)で放映したのみで、現在までほとんど無視された状態だ。

しかし、米国債が偽物であったとしても13兆円もの債券を持ち歩いていた人物がいたことは確かであり、報道や事件後の対応に腑の落ちない部分が数多く残されている。

最も疑問視されるのは、「邦人」2人が拘束されたのは6月3日で、同日のうちに釈放されている事実だ。偽物かどうかの確認を含め、これだけの巨額な米国債が押収された以上、日米の政府による調査は不可欠なはずだ。本来なら被疑者の拘束は長期間に及んでもおかしくない。

しかも、事件当初はまったく報道されず、6月11日にインターネットのニュースなどで初めて事件が明るみに出た。イタリア当局による発表も14日までずれ込んでいる。事件の発生から報道までのタイムラグがあまりに長く、即日釈放された犯人のその後の行方もわかっていない。

■ネットでは陰謀説が乱れ飛ぶ

007ばりの国際的犯罪に、詮索好きのインターネットのブロガーが色めき立った。ネット上で飛び交った情報や推測を集約しよう。

・米国に対する資金援助として日本が流した財務省の裏金。
・米国の破綻を見越して、日本がこっそり米国債をスイスで売ろうとしていた。
・数日後に開かれる予定のG8で受け渡しが行われる予定であった資金。
・米国の金融資本が、日本の次期総選挙における自民党の活動資金として渡そうとしていた。
・構造改革や郵政民営化などで米国に利する行動をとった政治家への報酬だった。

はてはイルミナティやロスチャイルドの仕業、天皇の隠し財産、ローマ法王への貢物、バチカンの買収資金、北朝鮮の隠し資産まで、まことしやかな陰謀説まで飛び出した。

そして、この陰謀説の筆頭といってもいいのが、「邦人2人」といっても本当に日本人だったかどうかもわからないのに、その1人は元財務省事務次官で、日銀副総裁も務めた武藤敏郎氏の義弟Y氏であると名指ししたブログの存在だ。

武藤氏の関係者が語る。

「ブログで武藤さんらの名前が出ているのは承知しているが、まったくの出鱈目。そもそも武藤さんにY氏という義弟などいません」

事件があった6月3日の翌週の10日に、与謝野財務・金融、財政経済担当相が唐突に「米国債への信頼は揺るがない」と発言したことも謎に輪をかけた。この発言は、金融危機対応で巨額な財政出動を続ける米国で、国債の増発懸念から長期金利が急上昇したことや、中国をはじめとした新興国の一部がドルに代わる基軸通貨構想を提唱するなど、米国債売りが懸念される状況にあったことが背景と説明されている。

しかし、真意はスイスでの邦人拘束が米国債売りであったことを包み隠すための口先介入であったのではないか、という見方である。

■マフィア関与やM資金の噂も 

イタリア警察が拘束した「邦人」2人が、パスポートにより日本の財務省の関係者であるとの情報が海外のメディアを駆け巡った(真偽は定かではない)ことも、信憑性を帯びて語られる背景になっている。

また、押収された米国債13兆円が、期せずして米国が金融危機対応で投じている公的資金(TARP)の残りの利用可能額と同額だったのも、財務省の関与が疑われるもとになった。つまり、米国は日本の財務省から13兆円の米国債を借り受け、残りのTARPを執行するという見立てだ。

そしてもう一つは、世界一の外貨準備高を誇る中国が、米国に警告を発するために仕組んだ事件という見方だ。彼らは、米国に「米国債は売り払うことは出来ないかもしれないが、こういう使い方も出来る」とのサインを送ったという見方だ。

しかし、いずれの推測も、もととなる米国債は現在、現物である「証書」では発行されておらず、電子化された「帳簿記載方式」で管理されていることから、信憑性は低い。

確かに、ネット上に公開されている押収された米国債は精巧な作りであり、一部には古いケネディ債という米国が金本位制時代のものも含まれているといわれている。

また、国家が米国政府に要求すれば、例外的に米国債を券面で発行するケースもあるといわれるが、いずれにしても13兆円もの米国債の現物が日本にあるとは思われない。

やはり、この13兆円の米国債事件は「M資金」の類の詐欺事件であった可能性が極めて高い。その舞台装置として利用されたのが、イタリアのG8であり、スイスの秘密保持であり、「邦人」といわれた犯人の素性であろう。

実際、イタリアでは今回の一件に先立って、同様の事件が2件も発覚している。さる4月、日本人から依頼を受けたというイタリア人の男が、額面総額約2兆円の偽日本国債をスイスに持ち込もうとした事件だ。

5月には、シチリア島を拠点とするマフィアが総額10億ドルの偽造ベネズエラ国債を担保に、英国や米国の大手銀行から巨額の融資を受けようとして、約20人が逮捕されている。

この一連の「国債事件」からすると、今回の事件も、イタリアマフィアとの関わりを持つ日本の犯罪組織が関わったか、関わったように見せかけた巨額詐欺事件である可能性が非常に高い。そこに、国債の知識のある大蔵(財務)官僚OBが関与している可能性も出てきた。

米国債の信用に揺らぎが生じていることは間違いのない事実である。犯人が巧みにその時代的背景を読んでいたことは驚愕に値する。

(2009年9月号掲載)

新日鉄住金世界的鉄冷えに首位奪回へ


参照元 : HEATのメモ

ドナルド・トランプ氏の重大発言「ジョージ・W・ブッシュが米国にいたビン・ラーディン一族を機密に国外に逃亡させた」

ブッシュとビン・ラーディン一族との関係が暴露! 選挙討論会の席でドナルド・トランプ氏はブッシュ候補に向かって真相を語った

2016.01.16

o0376049011071732042

ジョージ・W・ブッシュが米国にいたビン・ラーディン一族を機密に国外に逃亡させた。


ドナルド・トランプ氏の重大発言

ブッシュ一族の陰謀を明らかに

16-message11-01


9・11同時多発テロ

16-message11-02

アメリカ国民にとって最も悲劇的な事件の真相が明らかとならない限り、多くの犠牲者たちの霊は浮かばれない。

2001年に発生した9・11同時多発テロ。マスコミを信じ、NHKの伝えるニュースや学者の言うことは全て正しいと信じ込まされている我が国の国民は、今でもなお、 あのツインタワーの崩壊はアルカイダのビン・ラーディン一派が起こしたテロと信じて込んでいる。

「闇の勢力」配下の計画の下に、ブッシュやチェイニー、ラムズフェルドなど時の政権と手を組んだ武器商人たちが、金儲けと中東の混乱を狙って起こした 、計画的な犯罪であるなどとは夢にも思っていない。

なんとも情けない限りであるが、先進国や新興国の中で日本ほど洗脳されてしまった国民は他にはいない ことは紛れもない事実だ。

ところで、米国では今、共和党の大統領予備選挙が真っ最中である。 そんな中、先月15日に行われた選挙討論会の席でドナルド・トランプ氏は、IS(イスラム国)に対する対応を巡り舌戦を繰り広げている最中、 ブッシュ候補に向かって、あなたは大統領選に立候補する資格はないと、同時多発テロ事件にいついて、その 真相を語ったことを、読者はご存じだろうか。

ドナルド・トランプ氏は同時多発テロ当日に、当時の大統領であったジョージ・W・ブッシュが米国にいたビン・ラーディン一族を機密に国外に逃亡させたことを明らかにし、これまで、陰謀説とされてきたブッシュとビン・ラーディン一族との関係を明らかにしたのである。

ビン・ラーディン一族の国外逃亡については、10年も前の2005年には既にAFP通信は、 「FBI flew Saudis Out After 9・11」の記事の中で、「新たに公表された資料によると、米 FBI捜査官たちは、アメリカからサウジアラビアの2つの著名な家族を空港まで付き添い、国外に護送した」と述べている。

この情報は米国の非営利政府監視団体のJudicial Watch が米国情報公開法(FOIA)によって、入手した非公開の報告書に基づいているものであるからして、確かな情報である。

9・11テロ事件直後、連邦航空局(FAA)から全米における全面的な飛行禁止命令が出ていたにも関わらず、オサマ・ビン・ラーディンの家族24人が当時滞在していたロスアンゼルス、ボストン、ヒューストン、ワーシントンDCなどを含む全米10ヶ所に、ブッシュ大統領の要望で飛行機が迎えに行き、国外に護送したのである。

テロが誰によって引き起こされたかどうかなど、事件の詳細がまだ分からない時点においてである。

16-message11-03

ドナルド・トランプ氏によって、ブッシュ一前大統領の同時多発テロへの関わりや、ビン・ラーディン一族との関係が明らかにされた今、よもや次期大統領にブッシュ氏(写真右)が当選することはないだろう。

さらにその後も数日間にわたて、約140人のサウジアラビア国籍の王室メンバーやビン・ラーディン一族たちも、大統領命令によって国外に護送 されていたのである。19人のテロリストのうち15人がサウジアラビア国籍でテロ事件に関与していたことが明らかになっていたのにも関わらず、聞き取り調査が一切ない行われないまま、彼らは皆、アメリカ国外に出ることができたのである。

今回、トランプ氏が討論会の席でその経緯を語ったのは、一連の措置はブッシュ大統領一派が事件の発生を事前に知っていたことを明らかにし、そんな一族からまた大統領候補が出ることはおかしいではないかという点を、主張しようとしたためである。

確かに、全便欠航の中で特別機を飛ばし、大統領命令でサウジアラビアの王室メンバーとビン・ラーディン一族を国外脱出させたことは、ブッシュが同時テロを事前に知らされ、容認していたことの動かぬ証拠であることは確かだ。

それではなにゆえ、大統領権限で彼らを国外に脱出させたのかというと、彼らとは以前から付き合いがあり、政治献金を受けるなどの利益を得ていたため、その後も関係を維持しようとしたからである。

それは、事件後、ブッシュ政権が早速サウジアラビアにおける数十億ドルの軍事設備拡張の契約を結び、「闇の勢力」一族に多額の利益をもたらしている ことを見れば明らかである。なんともはや カネに目がくらんだ、おぞましい姿であるが、これが闇の力にコントロールされた米国政府の一面であることは知っておいてもらいたいものである。

それにしても、親子二代が「闇の勢力」の手先となって、湾岸戦争、アフガン戦争、イラク戦争を次々起こしただけでなく、アメリカ国民にとって最も悲劇的な同時テロまで起こして多くの犠牲者を出しているというのに、未だにブッシュ一族はノーノーと暮らしているばかりか、さらに一族から3人目の大統領を出そうとしているのだから、呆れて物が言えない。

しかし、こうした一面が今の米国という国の実体であることを知れば、覇権国家・米国がこれから先遭遇する可能性が大きい恐ろしい世界が想像出来ることだろう。

米国の初代大統領、ジョージ・ワシントンが幻視させられた、黒い天使が長く恐ろしいラッパを吹いた後、1000個の太陽を合わせたような眩しい光が上空で炸裂し、全てを粉微塵にする場面が、現実となるのはそう遠い先のことではないかもしれない。

16-message11-04

米国の初代大統領、ジョージ・ワシントン

独立戦争中の1777年の冬、聖母マリアは執務室にいる大統領に、米国で起きる三つの大きな戦争の場面とその後の世界を鮮明なヴィジョンで幻視させている。その最後の一場面が、上段に記した核弾頭の炸裂と思われる恐ろしい映像であった。

出典 ドナルド・トランプ氏の重大発言





1789年、初代アメリカ合衆国大統領にジョージ・ワシントンが就任したことにより独立国としてのアメリカが誕生した

さかのぼること13年前、フランス、スペインの軍事的支援を受けたアメリカ軍の進撃でアメリカ独立戦争は始まっている。それが1776年。その後、アメリカの歴史はまさに血で血を洗う血で塗りつぶされた歴史の連続である

血に飢え、血を求めて、血を流し続ける国・・・それがアメリカの実態である

その事実を知らないのは日本だけではないのだろうか?

911もアメリカがアルカイダを作り演出した自作自演である

イラクのフセインもリビアのカダフィーもアメリカの誹謗中傷で悪者にでっち上げられ殺戮されている。アラブの春も黒幕はイスラエルとアメリカだ

この一連の陰謀を未だに知らないのは能天気な日本人のみ

プーチンは2016年の新年スピーチで、これらの動きの黒幕であるイルミナティを潰すと宣言した。平均的な日本人はプーチンが言ったイルミナティという言葉すら知らない。まるで国際情勢に無知な戦前の日本人が今日誕生している

参照元 : Spotlight

img_0

large-4ecb6c4a4ae8d




【裏天皇】ついに秘密結社「八咫烏」のメンバーが明らかに!12烏の系図

[竹下雅敏氏]12烏の系図と八咫烏のメンバー 〜 これまでの八咫烏研究の集大成

2015/12/06 10:30 PM

151206-5

竹下雅敏氏からの情報です。
今回の記事は、これまでの八咫烏に対する研究の集大成です。10月31日の記事では、八咫烏の当時のメンバーを何人か特定しました。今回は、2014年11月1日調べでの八咫烏のメンバーを特定しました。現在は少しメンバーが入れ替わっています。

12烏のメンバーの血筋は、伏見宮家、鷹司家、徳川家、島津家などのごくわずかな一族からなることを示しましたが、今回残りのメンバーを含む系図を作成しました。これをご覧になると、見事に姻戚関係でがっちり固められているのがわかります。

今回の系図と11月20日の記事の系図で、12烏のメンバーのほとんどが出て来ます。今回の系図に書き切れなかった会津松平家に関しては、12月3日の記事の系図の松平容保の七男・松平保男(会津松平家12代当主)、その子・松平保定(13代当主)、その子・松平保久(14代当主)となります。

系図を見て細川護煕(第79代総理大臣)が目に留まります。また、島津忠秀夫人となった近衛昭子はその後整体師野口晴哉氏と駆け落ちして、野口昭子となります。昭子夫人は野口晴哉氏によって闇から救い出された感があります。

(竹下雅敏)

————————————————————————

12烏の系図

151206_12garasu-keizu

PDFデータはこちら

(続きはここから)

————————————————————————

八咫烏のメンバー

(2014年11月1日調べ)

裏天皇

sbeyecatch5
                前田ゴロウ

三羽烏

7dd4c3f74f006b34bb1d70d7adebd54e84
     新木直人        小串和夫         白井永二

十二烏

5040f4b9db478f0fceaf0800a1790b8e
                広瀬祐也

5040f4b9db478f0fceaf0800a1790b8e3
   北白川道久         東久邇信彦        久邇邦昭

5040f4b9db478f0fceaf0800a1790b8e4
    鷹司尚武         近衛忠輝         島津修久

5040f4b9db478f0fceaf0800a1790b8e5
    千葉 糺          松平保久        川恒孝

5040f4b9db478f0fceaf0800a1790b8e6
    前原誠司         西高辻信良        伏見博明

七十烏

5040f4b9db478f0fceaf0800a1790b8e7
    川端明彦

参照元 : shanti-phula


八咫烏 (結社)

八咫烏

八咫烏(やたがらす)とは古代氏族の賀茂氏の一部が日本における神道、陰陽道、宮中祭祀を裏で仕切っているとされる組織。正式名称は八咫烏陰陽道。 飛鳥昭雄、白峰、古歩道ベンジャミン、三神たける、中矢伸一、RAPTなどが存在を主張している。

概要 八咫烏の代表者とされる林裕之によると八咫烏は賀茂氏の祖とされる吉備真備が天平十六年十一月(西暦744年)に藤原氏の朝堂独占に対抗するために 聖武天皇の密勅により丹波国で結成したのが始まりという。

八咫烏は天平時代から幕末にかけて主に迦波羅(かばら)と呼ばれる秘術を核とした神道、陰陽道、宮中祭祀を執り行い、 京都御所における食事や掃除、湯浴みに至るまで天皇や内廷皇族の日常的な事柄を一手に引き受けていたとされる。

その他、天皇の身に危険が及ぶ自体が起こった場合、聖護院に連れて行き自体が収束せずに更に危険が拡大すれば聖護院から あらかじめ決められた極秘の道に従って神社や寺等を点々として、最終的に天皇を奈良吉野に逃がす役割を担っていた。 この間に滞在する神社と寺の主はすべて八咫烏の構成委員またはその血族者で固められていたという。

八咫烏は下鴨神社境内にある糺の森河合神社を仮本宗と位置づけており、 組織内では八咫烏神、賀茂建角身命、秦伊呂具、役小角、 聖武天皇 八咫烏開祖の吉備真備を祭神として奉っている。 また八咫烏は大烏と呼ばれる3人の実質的指導者がいるとされ、三位一体で金鵄という称号で呼ばれ、 俗称で裏天皇ともいわれているとされる。

近代の八咫烏 八咫烏は江戸後期、徳川家定の時代から幕府や朝廷が次第に陰陽道や八咫烏の祭祀儀礼に頼らなくなっていったことから、 八咫烏の影響力は退潮傾向にあった。

幕末に孝明天皇父子が暗殺され、替え玉として長州藩出身の大室寅之祐が明治天皇としてすり替えられて即位したことで、 宮中祭祀と天皇・内廷皇族の葬式の分野を除いて朝廷や皇室における八咫烏の影響力は殆ど失われたとされる。

続く明治時代では八咫烏とは縁が無い薩長土肥出身者が主導する明治政府が神仏判然令や神社合祀令、天社禁止令、修験禁止令等の形で直接間接の弾圧を行ったことで、大日本帝国憲法が公布される頃には解体寸前まで追い込まれるほど衰退の危機に瀕した。

しかしその後も八咫烏は存続し、岡山県総社市上原や高知県香美市で上原大夫やいざなぎ流と呼ばれる陰陽師村を築いたり、 頭山満や内田良平などの人物を代理人として反体制的な政治活動をさせることで勢力拡大を図ったとされる。

戦後の八咫烏
戦後、GHQ占領軍の神道指令や境内地の接収、国家主義団体とみなされた結社の解散などの社会政策や神社本庁創設による神社界の締め付けが原因で八咫烏の財力や影響力は戦前よりもまして大きく削がれ零細化したとされる。

現在八咫烏は天皇・内定皇族の葬儀を担う八瀬童子の大半、皇室の際し実務を担う内定職員の一部、 上賀茂神社、下賀茂神社の非公式神職や民族派団体幹部の一部にメンバーがいたとされる。

特に21世紀になってから八咫烏は存続を図るために、スターシードと呼ばれる独自に「神童」とみなした 青少年を少人数スカウトして神道学を基本として特殊な教育を受けさせており、任意で次世代のメンバーに登用しているとされ、 その中から2011年10月に八咫烏の代表者(但し指導者ではない)に補命された林裕之が「八咫烏の会」で未完成の八咫烏の公式サイトを開設している 。

参照元 : wiki/八咫烏_(結社)

【関連記事】
裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

人間のクズであり、A級&B級戦犯の「昭和天皇」が終戦直後の9月の戦犯リストからは消えていた

【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

【裏天皇家】世界天皇スメラミコトの復活【聖地伊勢神宮】

裏天皇が総てを支配している

昭和天皇こそが正真正銘の売国奴

天皇家は悪魔の象徴(シンボル)に満ちている

悪魔は両性具有。太陽はこの世に一つしか無い。すなわち、太陽崇拝=悪魔崇拝なのである。宮内庁の実態

古代エジプトの太陽信仰=悪魔崇拝が、現在の日本の天皇家へと流れ着き、天皇家を最大級の財閥にするまで

創価学会を操る悪魔教の正体

天皇家の秘密―再掲

日本と古代エジプトと悪魔崇拝のつながりが一発で分かる幾つもの物的証拠

序章 世界初見解:日本の日の丸と古代エジプトの太陽神を表す赤い丸の太陽の紋は同一と考えられる

ベネッセ・ユニセフ・外務省・皇室・創価学会との奇妙なつながり。この日本はごく一握りの人間によって支配されている

関西に描かれた巨大な「六芒星」と「逆五芒星」の意味。または「かごめかごめ」の意味

徳川家の信じる北斗七星と天皇家の信じるオリオン座。「天皇派」と「教皇派」の戦いは古代から既に始まっていました

教皇派=太陰暦=月の王国。天皇派=太陽暦=太陽の王国。世界の構造がますますシンプルに見えてきました

トヨタと天皇と安倍晋三はとても近い親戚です。現在も日本経済を支配しているのは、大室寅之祐に与した「田布施一族」です

バチカンが既に「天皇派」に乗っ取られていたという現実。または広島と長崎に原爆が投下された理由

秘密結社「八咫烏(やたがらす)・秦氏..... 」の怪しいサイト!

日本の秘密結社 八咫烏・秦氏・賀茂氏・・・歴史のタブー編 学校では絶対教えない!

天皇と裏天皇と八咫烏。彼らこそが日本と世界を操る最大の秘密組織なのか

天皇はぶっちゃけ、マルタ騎士団、ガーター騎士団メンバーでした

八咫烏と自衛隊

「人間のクズ」 というべき昭和天皇 裕仁。 しかし、そんなことよりもっと重要なことがあります

サッカー日本代表のマークの3本足の黒い鳥って何者?

皇太子妃「雅子」様は創価学会員。その祖父は水俣病を広めたチッソ株式会社社長「江頭豊」。この事実をタブーとする日本とは?

「原子力村」の正体とは、実は「天皇家」とその親戚一同でした

日本各地に悪魔崇拝のための秘密の地下施設が点在している可能性について

多くの陰謀論者が無視する点を盛り込んで陰謀論者チェックリストを作りました

赤い楯混血「八咫烏」の正体 彼らは全員が「漢波羅」とよばれる迦波羅(カバラ)の達人で、陰陽師でもある

裏天皇の漢波羅秘密組織「八咫烏」がもたらす衝撃の事実と徐福の真実

失われた徐福のユダヤ人「物部氏」の謎

神道を奉じる古代豪族「物部氏」の正体は、なんと、徐福が率いてきたユダヤ人だった!裏天皇の漢波羅秘密組織「八咫烏」がもたらす衝撃の事実!はたして紀元前3世紀の東アジアに何があったのか!? 兵馬俑から発見されたペルシア人の人骨が意味するものとは!? 最初に中国全土を統一した秦始皇帝の秘密と巧妙に仕掛けられたトリックの向こうに見えてきたのは、秦氏の仮面をかぶったもうひとつのユダヤ人だった。



この本のP166から

八咫鳥の使命は日本という国體のために、古代から連綿と続けれてきた神道儀式を執り行うことにある。

心&身魂のアセンションブログさんより

●●●●●●●●●●以下転記はじめ●●●●●●●●●●

「八咫烏」とは生まれもって戸籍に入る事を免除され、法律上は存在していない事になり日本国民でもありません。一生を国体と神道の護持に捧げていき、もし死んでも騒がれる事もないそうです。数少ない民間人として、彼らとパイプを持つ飛鳥昭雄氏によると、「八咫烏」の人数は、数十人。中枢をになっているのは「十二烏」とよばれる12人であり、更にその上に「大烏」と呼ばれる人がいます。

大烏は、3人存在し3人で「金鵄」と呼ばれ、「裏天皇」としての役割を担うといいます。

彼らは全員が「漢波羅」とよばれる迦波羅(カバラ)の達人で、陰陽師でもあります。

その正体はイスラエル12氏族の内、祭祀をつかさどっていたレビ族の末裔で、「賀茂氏」と呼ばれる「秦氏」の一派だといいます。

●●●●●●●●●●以上転記おわり●●●●●●●●●●

八咫烏によると、物部氏は、徐福とともにやってきたとある。

その徐福の墓が和歌山県の新宮にある。

ci110608082156

↑和歌山県新宮市にある秦:徐福の墓

和歌山県新宮市の阿須賀神社にも徐福の宮が祀られている。

モルモン教徒の飛鳥昭雄氏の新刊ではこの徐福こそが物部士族である言う。

失われたユダヤ人徐福:物部氏の謎

崇神天皇のあたりから物部氏が天皇家の後ろ立てになっている。

物部氏はアジアの各地(シルクロード沿い)にイスラエルから日本に移住する拠点を築いていた。

日本書記によると初代から4代までの天皇の後ろ盾は賀茂氏(八咫烏)がつとめていますが,(正室が賀茂氏から出ている)その後5代天皇からは尾張氏が引きつきそして崇神天皇のあたりから物部氏が天皇家の後ろ立てになっています。

徐福伝説と物部氏の歴史を記した先代旧事本記を読めば分かるが調査では徐福集団の多くは秦氏を名乗ったようだ。

20110609_05_49_05

これもまたまた偶然なのです、オイラの住んでいる羽倉崎は物部氏の畿内地区で徐福の名前が地名に残されている大阪府阪南市では毎年10月10日に昔から豊作祈願を祈る地車(やぐら)祭りが行われるが、この宮本地区の青年団がなかった時に、その祭りの保存会を通じてこのやぐらを曳航して本宮祭では、豊作祈願を祈る為に「波太神社」に各地区のやぐらが宮入する。

その宮入の勇姿でそのやぐらが波太神社の階段を駆け上り、みごとその波太神社の本殿への階段を登りきった地区は、その年は豊作大漁に恵まれると言い伝えがある豊作祈願祭で大変迫力がある。

阪南市 秋祭り やぐら宮上がり(新町)



本当にこれもまたまた偶然なのですが、そのやぐらの波太神社の宮本地区の氏子総代の青年団を復活させた実行委員長を務めた過去がある。

伊勢音頭に隠された神聖ユダヤと古代日本の民の繋がり

このやぐらを曳航する時のはやし音頭があります。

それは、伊勢音頭なのです。

不思議なのがその祭り音頭をユダヤ語に訳すと下記の意味なるのです。

-----------------------------------------------------------------------
ヤ-トコセー = お前たち、喜びなさい。主は敵を沈めた
ヨーイヤナー = 主は哀れみ深い
ハーリャーリャー = 主を賛美せよ
コレワイセー = 彼は呼び出し、救った
-------------------------------------------------------------------------

平成20年 阪南市下出やぐら新調入魂式(1/8)下出→波太神社1



この宮入する神社の名前が「波太」=「はた」と読みます。

僕は前々から「秦氏」ではないか?と感じていましたが・・・

これで、全米ユダヤ協会のことを批判した2日後に自宅の前のマンションの屋上にUFOが出現したことが裏づけられる。

また、葦嶽山の今は亡き神谷さんと登頂すると不思議な現象が起こる。その神谷さんは、今の全米ユダヤ人協会は邪な霊的存在に操られている「似非ユダヤ」だ!!と猛烈に批判していた。

今の全米ユダヤ協会は本当のユダヤ(高次元意識が高い)ではないのでは?

「霊的パワーの視察のないユダヤ研究では真実はわからない

本当に、オイラは不思議な縁と不思議な体験をしている。昨日はブログ認証で一部非公開で記事を書いたが、公開時にはその記事は削除した。イルミノドンにも対極の存在がいる。

西洋VS東洋の龍の真意

以前から何度もクローズUPしている「龍」のノイズ・シグナルであります。

東洋のイルミナティが、日本のイルミナティ(龍族・天皇)の世界制覇の野望を潰すことができた。天皇に代表される日本の皇族は、正式なイルミナティの13族の一員として認められてこなかった。日本の皇族は直径のレムリアのレプタリアン後継だと主張するが、この部分と龍族と天孫降臨天皇の相関を理解しないとプロパガンダの思う壺となるのです。

フリーメーソンを操るイルミナティ、さらに奥の院のサンヘドリン



キリストの謎を解く

ししゃ科も便11−03−0に掲載されました。

これでもか!?これでもか!?とこのキチガイの戯言ブログでわめき散らして来た事が、この記事で初めて理解出来る方もいると思われますが、妄想では済まされない幾つもの歴史的事実があるのです。

オイラは目に見えない世界から動かされて、その真実と来るべき時を目前に控え日本人の意識の変革を促す役目があるのかも知れない・・・

参照元 : あらゆる情報を分析するM総研


「君が代はユダヤ国家だった?」の考察

日本とユダヤのハーモニー

以下に小野寺直氏の書籍紹介あり

「君が代」はユダヤ国歌だったのか?

ここで大事なお話をしましょう。君が代はユダヤの国歌だったではなくて.......ヘブライ文字を日本の神代文字からとったからそうなった。

ここの管理人さんは女性の方らしいですが大変な発見です。

そうすると日ユ同祖論は危険ということになる。日本は将来第二のイスラエル化の可能性もある。まさに大発見か。故エドモンド・ロスチャイルドが日本の神代文字(アヒルクサ文字)に異常な関心を寄せていた意味でもあろうか。ただ,間違えないでほしいのはロスチャイルド家はヘブライ民族の末裔のユダヤ人ではありません。

実際には機会主義者のシオニスト

シオニズムの変遷 〜 イスラエル建国の舞台裏 〜

日ユ同祖論の謎

古代日本とヘブライ一掃政策

故エドモンド・ロスチャイルド財閥が日本の神代文字に異常な関心を寄せていた理由

その証拠にロスチャイルド⇒彼らもイルミナティ人類支配体制の貨幣制度の番人係の一派が異常に関心を寄せた「アヒルクサ文字」のソフトを全部欧米の研究者がねこそぎ買った。

ロスチャイルドが異常に関心を寄せた「アヒルクサ文字」

日本人が持っている鍵とは

明治傀儡政府がひた隠した神代文字

アヒル文字がキーである理由

ヘブライ語で読む君が代

日本に渡来したイスラエ族 その1

日本に渡来したイスラエル族 その2

日本に渡来したイスラエル族 その3

日本に渡来したイスラエル族 その4

日本に渡来したイスラエル族 その5

日本に渡来したイスラエル族 その6

秦氏の謎を解く

日本に秘められた謎を解く その1

日本に秘められた謎を解く その2

日本に秘められた謎を解く その3

関連記事

日本の裏天皇の正体から

日本の黒幕の正体

日本神話と旧約聖書

これで、全米ユダヤ協会のことを批判した2日後に自宅の前のマンションの屋上にUFOが出現したことが裏づけられる。また、葦嶽山の今は亡き神谷さんと登頂すると不思議な現象が起こる。

その神谷さんは、今の全米ユダヤ人協会は邪な霊的存在に操られている「似非ユダヤ」だ!!と猛烈に批判していた。

今の全米ユダヤ協会は本当のユダヤ(高次元意識が高い)ではないのでは?

「霊的パワーの視察のないユダヤ研究では真実はわからない

本当に、オイラは不思議な縁と不思議な体験をしている。昨日はブログ認証で一部非公開で記事を書いたが、公開時にはその記事は削除した。イルミノドンにも対極の存在がいる。

西洋VS東洋の龍の真意

以前から何度もクローズUPしている「龍」のノイズ・シグナルであります。

東洋のイルミナティが、日本のイルミナティ(龍族・天皇)の世界制覇の野望を潰すことができた。天皇に代表される日本の皇族は、正式なイルミナティの13族の一員として認められてこなかった。日本の皇族は直径のレムリアのレプタリアン後継だと主張するが、この部分と龍族と天孫降臨天皇の相関を理解しないとプロパガンダの思う壺となるのです。

フリーメーソンを操るイルミナティ、さらに奥の院のサンヘドリン

キリストの謎を解く

ししゃ科も便11−03−0に掲載されました。

これでもか!?これでもか!?とこのキチガイの戯言ブログでわめき散らして来た事が、この記事で初めて理解出来る方もいると思われますが、妄想では済まされない幾つもの歴史的事実があるのです。

オイラは目に見えない世界から動かされて、その真実と来るべき時を目前に控え日本人の意識の変革を促す役目があるのかも知れない・・・

裏天皇の漢波羅秘密組織「八咫烏」がもたらす衝撃の事実と徐福の真実

日本の黒幕の記事は消されるかもしれないので.....

「日本の裏天皇の正体」から

「心&身魂のアセンションブログ」というサイトを紹介します。おそらくは、世界で初めて「日本の裏天皇の正体」を公に明かした人物ではないでしょうか。そのとある人物:Ikusa氏(仮)が昨年に、ある警告を命懸けで出しました。

※ 追記
本記事のみGoogleの広告が表示されなくなりました。今回が初めてです。Google側でNGキーワードを定めているはずなので、こういう現象が起きます。この記事がいかに危険な内容を含むかが良く分かります。

今回の3.11の地震も、クリント家やブッシュ家、ロックフェラー家や、ロスチャイルド家、英国王室などといったいわゆる「闇の世界権力」といわれる国家をこえて世界金融を牛耳るグループが、海底に埋め込んだ水素爆弾や、地震兵器HAARP(ハープ)などを連動して巻き起こしている人工地震であることが、ベンジャミン・フルフォード氏やリチャード・コシミズ氏などのジャーナリストの証拠つきの告発で明らかになってきました。

かれらは世の終末を演出してこの地球上を大破壊し、自分たちはネヴァタ州やノルウェーの地下シェルターに、ほとぼりが覚めるまで避難し、人口が激減したところで再び地上に出てきて、完全管理社会を実現させようと計画しています。(そのために延命の技術や魂の移植などの技術もすでに完成しているとの話もあります。)

日本における闇権力への協力者は、通称’オーナー’と呼ばれる天皇家とロスチャイルド家のハーフの老人が、京都御所に存在しています。現役天皇陛下より権力を持っている彼は、自分の私設諜報員(道路公団などの車両なども所有)や、警察の上層部、大手テレビ局や新聞社の上層部、暴力団の一部を傘下において今回の人工地震に協力しています。

AC(アンチキリスト教)が作った「放射能漏れ」や「計画停電」までもが準備されていたとしか思えないような「がん検診」「知層→地層」「自転車でぶつかったら賠償金」のCMがすべてを物語っていますね。ACのバックに洗脳工作担当のダヴィストック研究所が作っていたとしたら、お粗末もいいところですね。でも「ぽぽぽぽ〜ん」は良い出来だと思います(笑)

本当は2011年3月18日の時点で東海地震や富士山噴火までも地震兵器HAARPでおこして、関東圏の人々を封じ込めて放射能に曝して恐怖に巻き込むことが真の狙いでした。しかし、ネット上に計画が漏れたことで、急遽作戦中止。

東北地震を理由に、計画通りストップしていた電気やガソリンといったインフラも慌てて元にもどしました。要は初めの計画の3割程度しか、闇の権力者たちの思惑通りにしか物事が進まなかった訳ですね。とくに、半分が天皇家の血という微妙な立場の上記’オーナー’は、悪に組みする己を改めて善悪の二極性を超える精神性の高い態度をとって頂くことを期待するのみです。

3.11人工地震日本最大の黒幕は、皇族の前田家とロスチャイルド家のハーフ、「前田ゴロウ」なる男性。ユダヤ名「オクラディッシュ・ハーマン」。本拠地京都。

そしてこのラビ・ガオンも関係しているのは間違いないだろう
闇の組織総合スレ

882 : 忍法帖【Lv=2,xxxPT】 : 2011/06/01(水) 11:39:56.55 ID:N22PrGQB0 [1回発言]
民主党の前原を始めて知ったのは、オカルト板のメイソンスレだった。京都で神戸のユダヤ教シナゴーグの主席ラビ・ガオン氏が参加した秘密会がありそれに出席したのが、民主党の前原と自民党の谷垣って報告があった。その後、前原が民主党の代表になって驚いたよ。

376 :憂國の輩 :04/06/13 21:51 ID:aPfPn9Kc
昨日、京都・下鴨神社において「蛍石の茶会」というのが開かれたそうです。茶席の主人は千玄室・前裏千家家元。客人は下鴨神社宮司を上席にして、宮沢喜一・元首相、白井丈二・神社本庁元総長・鶴岡八幡宮宮司、広瀬祐也(当時20代で32位階)、西高辻・太宰府天満宮宮司、ゴアンという名の外人(正体は調査中)、前原誠司…以上 だったようです。その中には谷垣禎一財務相や京都市長もふくまれていたそうです。 もう少し詳しくは..........

“ロッジの人、登場。超恐怖”

管理人注:天皇マネーはブログを検索していただくと沢山出てきます。いかにして蓄財したかの話はここではしませんが,天皇だけの口座ではなくETAL口座,,つまり黒い貴族たちの預かり金も入っているのです。黒い貴族ですから中心はロスチャイルド家の膨大な隠し財産も入っています。

英国公文書館の資料によりますとおそらくこの10京とも16京とも噂されるマネーはスイスの赤十字名義になっていてその唯一の名義人が日本人であることは疑問の余地がないのです。マネーを隠し相続税を免れるのがロスチャイルド側にとってこれ以上の相続税対策はないでしょう。ただ,最近このマネーの弁済を求める欧州の黒い貴族がいて風雲急を告げる感じになってきました。

入会金4万円の秘密結社

日本ロッジ元グランド・マスター・ロングインタビュー ベールを脱いだ日本のフリーメーソンたち

裏天皇で検索すると6件出てきます

裏天皇で検索した結果、37件見つかりました。

裏天皇

「裏天皇について」

「天皇の陰謀」

告発文を証拠に残しておきます。上記情報は、取り扱いには十分注意しつつ御自由にお使いください。どうぞ、私の精一杯の訴えが皆様の心に届きますように・・・

尚、電子メールなどのインターネット上は、全て米国等のコンピュータで監視されています。’人工地震’などの単語はすぐにチェックされてしまいます。その理由から画像にて告発をしています。日本人工作員が到着しますので、要注意です。  Ikusa

これはある方の命がけのメッセージです。「東北地震の真相」という手紙。メール添付で来たものです。

マグニチュード9の地震の前に急速に加熱された日本上空の大気 taked4700

これが、ベンジャミンフルフォード氏の言う「京都天皇」「天皇が2人いる」ということならばその正体は「ロスチャイルド家」となり、結局イルミナティカバルからは逃れられないように思います。小野寺直氏との関係は曖昧です。とある事情通のサイトに質問がありましたが、真相は未だつかめず。

「質問」
○北朝・堀川辰吉郎の血を引き前田家とロスチャのハーフの京都在住の前田ゴロウ翁(オクラディッシュ・ハーマン)が天皇即位するのですか? そして、この前田ゴロウ翁(オクラディッシュ・ハーマン)は今何をしているのですか?

(回答)

即位するという意見の方もいますが、どうなんでしょうか?何しているかは謎です(爆)。実際、生存されているかすら知らない。(たまゆらプレミアムに中矢氏が書いた詳しい内容が掲載されています⇒不明)

「質問」

○正統な天皇の位にあるのは自分である、と主張する南朝の小野寺直説は妥当ですか?
○小野寺直説の「三種の神器」といわれている「八尺瓊勾玉」「天叢雲剣」「八咫御鏡」は本物ですか?
○皇室の血筋が本当に入ったのは、大正天皇の子としての昭和天皇からだという話は有るとしているが、昭和天皇の父親は誰ですか?

(回答)

実は、小野寺直氏については最近知ったばかりで、今のところまだ洞察していない状況でよく分からない。ただ「三種の神器」は邪馬台国、徐福国からの収奪品であると睨んでいるので、シューメールや周の話は胡散臭いと思います。この部分からも小野寺直は「偽」じゃないかと思うのですが、、、大正天皇は子種がなく、貞明皇后に他の宮の子種を宿させたという話はありますね。

話の出元は「大正天皇は子種がなく、代わりに貞明皇后に何人かの男を当てて産ませていった。だから、昭和天皇の兄弟は皆、顔が違う」と東久邇稔彦が語ってとされた内容からですが、これはどうも胡散臭い内容だと思っています。別に天皇家に男子継承の実績はなくとも摂関家さえ支配者層トップにいられれば、どこの誰が天皇になってもいいというのが摂関家の考えなのでしょう。

まぁ、その具現化の1つが大室東京明治天皇でしょうか。半島から首露王を招聘して縄文人の蘇我氏が大臣職を世襲したように、その蘇我氏が藤原氏に取って変わっただけのことで、これがこの国の真の国体(傀儡の王とその背後の実質権力者の組み合わせ)だと思っています。

煩悩くん フルスロットル  古代史質問への回答

「心&身魂のアセンションブログ」は、ここ数カ月更新が全くありませんでした。

「更新無く2ヶ月を過ぎたら、死んだと思ってください」とのメッセージがあったため、もう死んだものと思っていました。 しかし今月になり「Ikusaは、復活の呪文ザオリクを唱えた・・・」という書き込みがあり、無事であることを確認できました。

それに伴い、Ikusa ⇒ O九十 と名前を改め、著作を発表しました。本作で、3月中に関東が壊滅寸前であったことが明かされています。計画停電、原発報道、千葉コンビナートの火災を理由に製油所停止、物資の不足、みずほATM停止・・

中央道の「恵那山トンネル」がボトルネックとなり、ここをタンクローリーが法律上通過できず千葉のコンビナートを潰せば、関東へ石油を輸送するのが極めて困難になること、最後に富士山を噴火させ、関東を壊滅させ、日本の中心を西にする計画までなされていたことなど。

日本の正体

内容は高橋五郎氏の一連の著作のダイジェスト版のような感じです。例えば、皇室典範改正論議で女系天皇を容認しながらその配偶者に国籍条項を付けない理由とか、、、、、天武系を祀らない涌泉寺の謎、、、、南北朝問題、、、原爆と原発、、、第二次世界大戦とは原爆開発とその後の産業利用が真の目的であり、国際金融資本がイエスズ会を隠れ蓑にし弄ばれるかのように、その出来レースを走らされた日本とその成果である日本製原爆、、、、というように内容は多岐に渡るのですが、内容がギッシリ詰まって消化不良を起こしそうな本ですが(笑)、ここでは日本の金融面の秘密について述べるに留めていきます。

※註 1つだけ見解が異なる点があります。それは天武天皇系を後からやって着て皇族に割り込んだ渡来系とする部分でしょか。この煩フルでは語り部の見解に全面的に賛同していて、天武系こそが初期大王家の血筋であって、天智系は百済から招聘された渡来系の婿養子であり、後から割り込んだという見解を採っています。

また、女系天皇問題についても、かつて女系が継承し夫が納める「王君制」が権力簒奪問題の発生から廃止されたという歴史が隠蔽されていますが、これなど古くて新しい論議だなぁ〜と感慨しきり。今起きている女性原理の復興を考えれば、天皇制も再び女系天皇(つまり巫女制)に戻っていくのではないかと見ています。

この本が語るには、日本とは天皇資本主義の国。それは表向きの顔を変え、現代まで続いているという。

天皇は「天皇マネー」という終戦間際に横浜正金銀行(後の東京銀行)を通じてスイスの銀行に隠された膨大な皇室財産の名義人であり、戦後の早い復興もこの資産が保証人となって復興資金が拠出されているから可能となった。

この「天皇マネー」の原資は徳川幕府からの譲渡資産が元なのですが、そこに明治期の殖産興業で得た株式が加わり、さらに大陸や半島侵略時の略奪品がそれに加わっていったという。

略奪品の中にはロマノフ王朝の財宝や北京原人の骨も含まれるというが、要するに掻き集めた財を何でもかんでも「天皇口座」に投げ入れて、巨大な信用保証の為の原始資本蓄積を図ったのです。

で、このマネーを担保にいくらでもお金を借り出すことが可能となるのです。実に上手いやり方です。

この「天皇マネー」をサイン1つでスイスの口座から引き出すことが出来るのが天皇ですが、天皇個人では個別案件に対し判断できない為、実質的には臣下の者が情報収集して判断をしているわけです。つまり、天皇の背後いいてこのマネーを差配可能な勢力こそが日本の金融を制しているのであり、日本の「真の権力者」であるというのがこの本の見解です。

皇族の前田家で検索すると........

※註 別の情報元では、かつて昭和天皇がこのサインできる者であったが、その名義人を継承したのが現在の今上天皇ではなく、ヤタガラスが護っている裏天皇であるという。その裏天皇は皇族前田家とロスチャの血の入った現在90歳を越え京都在住のオクラディッシュ・ハーマン(前田ゴロウ)であると言われる。

だが、閑院宮載仁親王(皇族)と繋がりのある前田家の子ではなく、孝明天皇−京都明治天皇という北朝系皇統の流れを汲む堀川辰吉郎の子供であり、会津若松の家老職の家に里子に出されたという話もある。

ただ、今の天皇家は南朝末裔・大室家とも血の繋がりがなく、相撲好きな少年・大室寅之介自体が地家家に嫁入りした際の連れ子だという話もあり、現皇室は欧米列強が強制した傀儡王朝だという見方がネットでは主流です。「天皇マネー」については、その名義人が後醍醐天皇の時代と同じく北朝と南朝の間でタスキ掛け人事が行なわれているというが、実態のない傀儡故にタスキ掛けしているというのがホントの理由なのだろうか? 謎は深まるばかりだす。

問題は差配が少数勢力の支配下にある点でしょう。

今、国民の多くが脱原発を望んでいるにも関わらず、国民の意見を国政に反映させる政治家が国民の方を向いていない実態が露になっていますが、これが日本が最悪の原発事故を発生させたにも関わらず、未だに日本政府、即ち官僚組織や財閥系企業グループが原発推進を堅持している大きな理由ではないでしょうか。

その勢力とは、かつては宮内省でしたが、内務省に入るのは天皇の取り巻きである藤原氏のような家格の者たちが殆どです。それは今の宮内庁についても同じですね。

天皇は財閥の親分という位置にあり、かつて、三井、三菱、安田...等の財閥の持ち株の所有者は天皇であり、日本の資産の半分は天皇家の持ち物であった。これをさらに80%まで高めようという話もあったという。

かつて、奈良や京都の恩賜・国立博物館も「帝国博物館」と名乗っており、宮内省の管轄下であったのですが、「恩賜」という名があるように、これらもまた皇室資産だったのです。しかし、敗戦で分離された。ここから見ても戦前の皇室資産の膨大さが判るというものです。

現在の政体は基本的には明治政府の継承であり何も変化がない。そして今またかつてのように資産比率を上げようと画策しているともいわれ、それが派遣労働の製造業への解禁ではないだろうか。「天皇マネー」を担保に外資に資金が貸し出しされ、日本企業の株式が買われ配当金が支払われますが、その利益から「天皇マネー」への利子が払われ、再びスイスの口座に還流していく。

これがこの経済恐慌下でも、スイスと日本だけが独歩高になる理由です。

日本でも「I AM THE 99%」のオキュペイ運動が起きていますが、日本においては、この1%は究極的には天皇に向かわなくてはならない筈ですが、今の日本人にそれが出来るだろうか? だから、ワダスは日本のオキュパイ運動など真の1%に向かっていない陽動的ガス抜き的「オッパイ運動」だと揶揄しているのだす(爆)。

この天皇マネーの隠匿場所はスイスの銀行もそうなのですが、簒奪したロマノフ王朝の莫大な資産が眠っているのは、北海道の海軍美幌基地(現・自衛隊美幌駐屯地)の地下であり、13機の完全武装したゼロ戦と共に日本軍が開発した原爆が地下巨大防空壕に今でも眠っているのだという。

これが噂される本当の埋蔵金?(爆)

う〜む、しかも13機のゼロ戦が守っているとは、、、、
なんか13個のクリスタル・スカルのような話だす。

この発掘開示が「二極合一」のゼロポイントの実現になるかもしれんだすな(ニタリ)。

※註 『日本の正体』にはマヤ暦や2012年のことも少し出てきていますが、やはり扱いがスピではないというか、、、三重スパイ=寡頭権力の代理人であるペレスコが語る寡頭権力の目的がこの本の限界であり、ましてや「月人」とかの話は一切出てきません(笑)。所詮、エージェントに過ぎないペレスコ如きでは奥の院の奥までは語ることは出来ないだろうなぁ、、、しかし、この本の内容は非常にエキサイティングであることは確かです。

管理人注:かつてNHKでこの「ペレスコの告発」を放映したのですが,その頃のNHKが懐かしい

伏見博明

【爆笑!!伏見博明の血を引く者はイエズス会の傀儡ですが、何か?】

三種の神器と小野寺直

中国から【南朝天皇御璽】が贈られて来た。

『慶応四年、即ち明治元年に我が国に二人の天皇がいた事は当時のニューヨークタイムズが全世界に報道しましたが今日までその実態は秘められ謎とされて来ました。

しかし明治以降、今日に至る我が国の政治の混乱や対外戦争はこの真実を国民に隠す為に故意に行われて来たものなのであり今、初めてその真実が正統御子孫に依って明らかにされました。

中国が後醍醐天皇の御子孫である小野寺直氏に【南朝天皇御璽】を贈呈してきた事が何を意味しているのか平和ボケ国家のおバカさん連中には何が何だか解らない。

「ナンチョー?なにそれ」ぐらいが関の山でしょう。

これは基本的には皆さんがおバカさんなのではなく薩長連合を源流とした政府の方針なのです。政府の方針として南朝を歴史から抹殺したいのですが後醍醐天皇の正統御子孫、本門寺法主・中国四川大学名誉教授の小野寺直氏に【南朝天皇御璽】が贈られて来たのです。

元治元年(1863)五月、中島錫胤・三輪田元綱等が等持院に闖入して足利尊氏の木像を斬り之を市に梟したことでも明らかなようにそもそも明治維新の原点は「南朝革命」にあったのですが戊辰戦争時、自軍が南朝東武皇帝官軍と戦をしていることに気付いたのです。

薩長連合はこの失態をなんとしても隠す必要がありました。「東武天皇即位」をなんとしてもうやむやにする必要がありました。国内でこの問題が沸き上がりそうになると「国事多難」の言い訳を造り出す為に故意に近隣諸国に戦争を仕掛けたのです。

結果、昭和二十年八月六日、九日、十五日と云う日を迎えました。日本国民の「ナンチョー?なにそれ」は賊軍薩長連合の流れを受ける連中の小細工のタマモノなのです。

北も南も解らない田舎者の利益の為に日本国民の脳ミソは日々、犯されているのです。去年の九月、あの金持ちのバカ息子を総理大臣にしたのも国民の知性の現れだったのです。』

真ん中の写真は前田ゴローことオクラディッシュ・ハーマンの鼻は下のエドモンド・ロスチャイルドの鼻と瓜二つの形状ですがこれはイシュマエルの系図ということだろう。

0001699M

0001699_2M

0001699_3M

参照元 : 赤い盾混血八咫ガラス


【大日本帝国の最高統帥機関であった大本営=大本教だった訳ですが、何か?】

2013/07/16 22:09

こんにちは、今回は大日本帝国の最高司令部、大本営について書きます。

名無し先生と出会い、知ったことは、「日本の天皇は天神系、天孫系、地祇系と3人いて、そのうちの緑のカラス一派(イエズス会傀儡)は、とんでもないワルだ」ということ。

天皇家と表現すると厄介なことになりましたので、緑のカラスにします。

救いようの無い大悪党です。

始まりはいつだったかは、後回しにして、裏社会から観た、明治維新以降の近代史においての緑のカラスの一派は、悪の枢軸だったという認識で良いと思います。

彼らの戦争目的が大東亜共栄圏という千年王国の礎を築くことでした。それも、アジアの植民地を欧米列強から取り戻し、解放することを大義名分にして・・・

当然、戦地で戦っていた兵隊さん達はそのような理想をもっていたことでしょう。何度も書きますが、神風特攻隊で散って行った人達は、洗脳されていたのでしょうね。

お国のため、天皇陛下バンザイ!!と洗脳された日本国民。

しかし、緑のカラスの一派の目的ははそんなことではなく、大東亜共栄圏という、世界新秩序の足場を手に入れたかったのです。

大日本帝国の最高統帥機関の名前は”大本営”であること。読みは違いますが、大本と語呂がかぶってますよね?ジョーク好きなカラスの一派ですから、こんなネーミングなのでしょう。

■大本営とは

大本営(だいほんえい)は、日清戦争から大東亜戦争(日中戦争及び太平洋戦争を含む戦争の日本政府の呼称)にかけての戦時中・事変中に設置された大日本帝国陸軍および海軍の最高統帥機関である。天皇の命令(奉勅命令)を大本営命令(大本営陸軍部命令(大陸命)、大本営海軍部命令(大海令))として発令する最高司令部としての機能を持つ。

日清戦争と日露戦争で設置され、戦時の終了後に解散した。支那事変では戦時外でも設置できるよう改められ、そのまま、大東亜戦争終戦まで存続した。連合国からは「インペリアル・ジェネラル・ヘッドクォーターズ(Imperial General Headquarters)」と呼ばれた。

大東亜戦争末期には日本の敗色が濃厚になるにつれて、さも戦況が有利であるかのような虚偽の情報が「大本営発表」として流され続けた。このことから現在では、権力者が自己の都合の良いように情報操作をして虚偽の情報を発信することを揶揄して「大本営」「大本営発表」という表現が用いられることがある。

なお、陸海軍連合大演習及び陸軍特別大演習においては司令部でなく、天皇の行幸行在所(あんざいしょ)を「大本営」と称した。

大本営は、陸軍および海軍を支配下に置く戦時中のみの天皇直属の最高統帥機関として、1893年5月22日に公布された戦時大本営条例(明治26年勅令第52号)によって法制化された。

日清戦争における大本営は1894年6月5日に設置された。1893年制定の海軍軍令部条例により平時においてのみ陸海軍の軍令が対等となったばかりであり、戦時大本営条例により戦時における海軍の軍令をも統括していた陸軍の参謀総長のみが幕僚長とされた。同年9月15日、戦争指導の拠点を広島に置くために天皇が移り、大本営も広島に移った(広島大本営)。1896年4月1日大本営解散の詔勅によって解散した。

日露戦争における大本営は1904年2月11日に設置された。このときは1903年の大本営条例の改訂により軍事参議院が設置され、戦時においても軍令機関が対等となったことから、陸軍の参謀総長、海軍の海軍軍令部長の両名ともに幕僚長とされた。1905年12月20日解散した。

日中戦争(支那事変)は正式には戦争ではなかったため、1937年11月18日、大本営設置を戦時に限定していた大本営条例は勅令第658号によって廃止され、新たに戦時以外に事変でも設置可能にした「大本営令(昭和12年軍令第1号)」が制定された。1937年11月20日、大本営が設置され、そのまま大東亜戦争に移行した。戦争末期には長野市松代町に建設された地下壕への遷都も計画されたが(松代大本営)、未完成のまま終戦を迎え、1945年9月13日に廃止された。

■松代大本営跡とは

太平洋戦争以前より、海岸から近く広い関東平野の端にある東京は、陸軍により防衛機能が弱いと考えられていた。そのため本土決戦を想定し海岸から離れた場所への中枢機能移転計画を進めていた。太平洋戦争で1944年7月にサイパン陥落後、本土爆撃と本土決戦が現実の問題になった。同年同月、東條内閣最後の閣議で、かねてから調査されていた長野松代への皇居、大本営、その他重要政府機関の移転のための施設工事が了承された。

初期の計画では、象山地下壕に、政府機関、日本放送協会、中央電話局の施設を建設。皆神山地下壕に皇居、大本営の施設が予定されていた。しかし、皆神山の地盤が脆く、舞鶴山地下壕に皇居、大本営を移転する計画に変更される。舞鶴山にはコンクリート製の庁舎が外に造られた。また皆神山地下壕は備蓄庫とされた。3つの地下壕の長さは10kmにも及ぶ。

そのうち中心となる地下坑道は松代町の象山、舞鶴山、皆神山の3箇所が掘削された。象山地下壕には政府、日本放送協会、中央電話局、舞鶴山地下壕付近の地上部には、天皇御座所、皇后御座所、宮内省(現在の宮内庁)として予定されていた建物が造られ現在も残っている。また皆神山地下壕には備蓄庫が予定された。

関連施設は善光寺平一帯に造られたため「一大遷都」計画であった。上高井郡須坂町(須坂市)鎌田山には送信施設、埴科郡清野村(現在の長野市)妻女山に受信施設、上水内郡茂菅村(現在の長野市)の善光寺温泉及び善白鉄道トンネルに皇族住居などが計画された。また長野市松岡にあった長野飛行場が陸軍により拡張工事が行われている。

■皆神山について(おおもとの公式サイト皆神山についてより)

大本教

皆神山(みなかみやま)
無限絶対無始無終の真神から、霊系の厳霊大神(げんれいおほかみ)と体系の瑞霊大神(ずいれいおほかみ)が鳴り出でられましてより数十億年、厳霊大神の経綸の中心地の一つが天教山(富士山)となり、瑞霊大神の経綸の中心地の一つが地教山、すなわち世界ではヒマラヤ山、日本では信州の皆神山となりました。

瑞霊大神である出口王仁三郎聖師は、明治31年旧2月の高熊山修行の際、霊身で、一番に富士山と皆神山へ行かれ、その後の亀岡・穴太での幽斎の際には、皆神山で神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)と会われています。

昭和3年3月3日にみろく大神の御神格となられた聖師さまは、翌4年(1929年)の6月3日に現人で皆神山に登られました。その途上、聖師さまは八岐大蛇(やまたをろち)に襲われながらも戦いに勝たれ、山頂に詣でて言霊を発せられました。これが真の生言霊(いくことたま)の発射の最初で、今年(2009年)はそれより80周年の記念の年にあたります。

昭和4年は四代教主 直美さまの御生誕の年でもあり、聖師さまはみろく大神の御神格で、直美さまが四代教主であることや、厳霊神である開祖さまの生まれかわりであることを示されましたが、教団執行部は昭和57年に四代教主を三諸聖子氏に変更しました。今日に至るまでの出来事の意味するところを踏まえたうえで、80周年を迎えることには大きな意味があります。

いかがでしょうか?

大本教は反天皇制ということで二度も弾圧され、ダイナマイトで施設を破壊される程、危険視されていた訳ですが、何故か、現在にも続く、不思議な宗教団体なのです。

大本は反天皇制を唱え、皇統大本を謳った団体です。皇統とは、天皇の血筋のことです。つまり、自分たちは私たちが知る天皇家ではないが、天皇の血筋なんだと言っているのです。

天皇は3系統有ります。

天神系、天孫系、地祇系と呼ばれ、すべてが役割も日本列島に渡来した時期も異なる外来人です。

表の天皇は天孫系です。

これらの内、大陸から朝鮮半島を経由して日本に辿りついた一派が、明治期以降の日本国政治、宗教(国家神道)を作り上げてきました。

それが地祇系です。

この派閥がアーリア民族至上主義にちなむ、きな臭い動きに加担しています。 ヒトラーシリーズで登場した緑龍会、緑のカラスがこの一派です。

その下部組織といいますか、緑のカラスを崇めているのが大本です。その大本が神聖な場所と定める山に大本営が建設されていたのです。語呂が重なることも有り、これは確信犯でしょう?と思うのは私だけでしょうか?

今回はこの辺で許してやりますが、私の追求は続きます。

しかも、大本のサイトには東日本大震災の救援募金のお願いがあります。

201307162208067d6s

ただいま、絶賛信者募集中!!

大本教HP

それでは

参照元 : 高度自給自足時代の夜明け 【先進国の未来像】



【関連記事】
裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

世界10都市にある禁断の地下都市

高まってきた!世界10都市の禁断の地下施設、立ち入り禁止ゾーン

6962e590

都市には普段は目に付かない部分がある。日常生活の中で我々が見るその姿は、全体の極わずかな断層に過ぎない。タマネギのように、上水、下水、電気ケーブル、地下鉄など、都市は幾層もの階層から成り立っているのだ。ある都市は古代文明の遺跡を覆い、またある都市では防空壕、貯蔵庫、地下基地といった比較的新しい建造物を隠している。10ヶ所の都市から、そんな地下の秘密を暴き出してみよう。

1. イギリス、ロンドン

9c5b0543

ロンドンほどの古都ともなれば、奥深くに隠された歴史の層の上を歩かずにいることは不可能だ。特にヴィクトリア朝時代は地下への進出が顕著だった。1858年の”大悪臭”以降、この都市の地下には約1,900kmもの下水道が建設され、テムズ川に垂れ流され汚染していた汚水も見直された。また蒸気導管や貯水槽として利用されていたトンネルもあり、その多くが電話線、ガス管、高速インターネット用ケーブルなどを通す地下網として現在でも利用されている。

7d7bf4d5

09e8d10e


2. ウクライナ、オデッサ

f3bbd088


ウクライナ南部沿岸の港湾都市オデッサの地下には、もつれあう地下道と坑道が這うように広がり、その合間を縫っておそらくは世界最大の地下墓地網が形成されている。総延長2,400kmと推定されており、全て繋げればパリまで到達する。

オデッサの地下墓地は最初は天然の洞窟を利用したものであったが、17〜18世紀の採掘によって急速に拡大した。また地下では密輸も横行していたようだ。1941年、ナチスがオデッサに侵攻すると、赤軍はロシアへ向け北に撤退。だが後に残った6,000名ほどのソ連パルチザンが地下道を隠れ家として利用し、占領軍に対してゲリラ戦を仕掛けた。この戦いは1944年にオデッサが解放される直前まで続いた。

239675b7

b33da88a


3. 中国、北京

b17ce320

1969年、毛沢東が首都の地下に巨大な地下シェルター建設を指示した。北京地下城と呼ばれるここは、核戦争時に6百万人の人民が避難できるよう設計されている。建設工事は未完のままだが、83km2に及ぶトンネル網には、居住区、食堂、シャワー、店などが完備され、北京の40パーセントの人口を収容することができる。
 
dcb504fc
 
2000年にその一部が一般公開されたが、2008年に改装のため閉鎖され、それきりとなっている。北京地下城の入口は北京の至る所に存在しているが、それらには鍵がかけられている。扉に残るのは色あせたシェルターの表示だ。

5fcf253c
 
bd3af423


 4. イギリス、マンチェスター

e6b8c7c8

マンチェスターは北イングランドの産業の要衝であった。それゆえに第二次世界大戦中はドイツ空軍の格好の標的でもあった。特に1940年の被害は甚大で、12月22日と23日だけで684人が亡くなっている。

こうした空襲の最中、多くの人々が逃げ込んだのが地下に張り巡らされた防空壕である。1838年、アーウェル川堤防の下に建設されたヴィクトリア・アーチもそうした場所だ。それ以前は川船の船着き場や貯蔵庫として利用されていたが、戦時中に避難所として改装されたのだ。今日では使用されておらず、一般の立入りは禁止されている。

f566ae48

51b6ac4e


5. 北朝鮮、平壌

ad4ecfe4

平壌地下鉄の最初の駅がオープンしたのは1969年のことで、やがて千里馬線が開通する。後に革新線も開通し、現在は17の駅を備えた地下鉄網を形成している。しかし、これ以外にも数多くの秘密路線や地下軍事基地が存在するとの噂がある。元朝鮮労働党書記の黄長によれば、平壌の地下300mには第2の地下空間が存在するらしい。

また脱北者による情報では、巨大な地下司令部、市全域監視システム、極秘軍用艦隊もあるとされるが、北朝鮮に関する他の情報と同じく、あまり鵜呑みにすることはできない。

8677a139

cdcfd000


6. アメリカ、ニューヨーク

9e4c2dd3

ニューヨークのグランド・セントラル駅は世界で最も美しい駅と称される。だが、その地下は都市伝説の宝庫だ。最も有名な逸話は、”M42”と呼ばれる秘密の部屋に関するものである。駅の地下深くに存在するこの部屋は、駅全体の電力を供給するための電力変換器の管理室だ。だが、駅の設計図や地図には記載されておらず、1980年代になって初めてその存在が知られることになった。

また、廃路線と思わしきトラック61についても多くの憶測が流れる。元々は貨物車両用に敷設されたものだが、後にマンハッタンの高級ホテル、ウォルドルフ=アストリアの宿泊客用に利用されるようになった。真偽のほどは不明だが、今日では主に大統領が使う秘密の移動地下通路として機能しているらしい。

27d00beb


7. ロシア、モスクワ

00b453c2

モスクワの地下には真しやかに囁かれる噂がある。”メトロ-2”と呼ばれる軍事輸送システムの存在など、その秘密を暴こうとする組織まで存在するのだ。

だが、より危険の少ない秘密はネグリンナヤ川の存在だろう。モスクワ川の支流の1つで、クレムリンの天然の堀として機能していたこともある。地図に記載されるようになったのは15世紀のことだ。当時は氾濫することから急速に拡大するモスクワの障害となっていたようだが、次第に排水溝に繋がれ完全に覆い隠されるようになると、やがて忘れられた。今、この川はモスクワの北部8kmにわたり悠久の流れを湛えている。
 
57e64031

555d2487


8. トルコ、イスタンブール
 
15b9ffc2

イスタンブールの市場や尖塔の下には、数世紀も前の秘密が眠っている。そうした失われた秘密の中でも特筆すべきは貯水槽だろう。東ローマ帝国の皇帝が、飲料水の貯水槽と、それを地上まで汲み上げる複雑なシステムを建設させたのだ。

地下宮殿とも称されるバシリカ・シスタンは中でも有名なもので、世界遺産アヤソフィアからほど近い場所にある。6世紀にまで遡ることができるこの貯水槽はカテドラルほどの大きさを誇り、336本の大理石の円柱を備え、78,000m3の水を貯めることが可能だ。一般公開されているバシリカ・シスタンであるが、調査は現在も続いている。専門家によれば、イスタンブールの地下にはまだまだ古代の遺跡が眠っているらしい。
 
1f13b8ad

2a55a3e9


9. イギリス、ブリストル

080dfc81

イングランド南西の都市ブリストルの地下トンネルには古い伝説が残されている。悪名高き海賊黒ひげのアジトだったことがあり、密輸に利用された天然の洞窟を介して港まで繋がっているらしいのだ。

そうした伝説のほかにも、都市の冒険コミュニティの間では、ベドミンスター郊外の地下に広がるマラゴ雨水管、通称”ドレッドノート・ドレイン”などをはじめとする広大な雨水管網で有名だ。ドレッドノートが建設されたのは1968年のベドミンスターの洪水の直後だ。当時、嵐の影響でマラゴ川が氾濫し、南部に大きな被害が出た。1971〜74年にかけて建設された巨大な地下トンネルは全長約3kmあり、エイボン川に繋がっている。

cd26b1b5

746283cd

23ae850e


10. オーストラリア、メルボルン

73ac8515

総延長1,600kmの雨水管を地下に隠し持つメルボルンが、世界で最も悪名高い都市冒険家コミュニティ誕生の地となったのは、自然の成り行きだったのかもしれない。地元の10代の若者3人によって1986年に設立された”ケーブ・クラン”は、以降オーストラリアの主要都市全てで活動している。

同グループはメルボルンだけでも、100以上の排水溝網を探索し、記録し、命名した。有名なものには、危険な”メイズ・ドレイン”(上)や、即席クラブハウスとなった”ANZACドレイン”(下)がある。

一応は立ち入り禁止となっており、約230万円の罰金を科すとの標識も掲げられているが、法的な対応がとられることは滅多にない。むしろ、侵入者は中を徘徊する生物に注意したほうがいいだろう。暗く湿気に満ち、暖かい地下トンネルは、ヘビやクモなど不気味な生物の格好の住処なのだ。

eea8ad22

ae44d3a1

via:urbanghostsmedia・原文翻訳:hiroching

参照元 : カラパイア 不思議と謎の大冒険


巨大都市モスクワの地下には、謎に包まれた巨大な世界が広がる。その一つが、冷戦時代-のソ連でつくられた核シェルター型の長距離航空部隊の臨時司令部「ブンケル42」だ。-今は冷戦博物館として一般公開されている。

このほかにも、モスクワには非常時に政権幹部が逃れるために造られた「隠れ地下鉄」や-、ロシア皇帝の図書館など、様々な施設があるとされるが、多くは謎に包まれたまま。未-知との遭遇を求めて、地下世界に向かう「ディッゲル(発掘者)」たちが後を絶たない。




秋庭俊が東京の地下のタブーを打ち破る。

BAKKI's official site

新宿-九段共同溝のルートはなぜ明らかに出来ないのか?東京ドームに地下競輪場を作っ-た真の理由とは?国会図書館の地下書庫は戦前の陸軍施設を再利用しているのか?寺院の-地下に変電所ができた経緯とは?

外報記者出身の鋭い社会批評眼で地下の謎に迫る。





日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

JAL123便墜落事故の真相 ―かるべき多くの生存者が情け容赦なく殺された

c25a0ad1

真実は当初から超国家権力によって隠蔽され続け、20数年間深い闇の中にあった。しかし、近年になってようやく、新たな証言者が現れ、この問題を長年追い続けて来た人達と結びつき、遂に闇の核心部分に光が当たるようになった。墜落は単なる事故ではなく、驚天動地、世界規模の大事件だった!



故高濱雅己機長の遺族は、妻の淑子さんを始め執拗なイヤガラセを受けた。最愛の人を亡くした悲しみに加え、加害者扱いという二重の苦しみが、高濱機長の遺族を襲った。何度電話番号を変えてもイヤガラセ電話が絶えなかったという。

しかし高濱機長を始め、日航乗務員15名は、最悪の条件下、最後の瞬間まで命を懸けて闘った。加害者等では断じてない!真の英雄達だ!極限下で示された彼らの勇気ある行動とその気高き精神は讃えられ、彼らの名誉は何としても恢復されなければならない。

ec891e7c-s

元日本航空スチュワーデス(青山透子氏)が描く、日航ジャンボ機墜落事故の記憶。操縦不能になった機内。「墜落」という逃れられない現実、突然目の前に「死」という恐怖が迫る。飛行機に異常が発生して、酸素マスクが落下し、大きく揺れ動く機内。恐怖にさらされた中で、最後の最後まで冷静に働いたスチュワーデスたち。

乗客に不安を与えず、冷静にエマージェンシー対応を行った。「死」を覚悟して遺書を残した乗客がいたことも知られているが、最後まで望みを捨てず、「不時着」に備えてメモを残したスチュワーデスがいた。飛行機を立て直すコックピットの懸命な努力。極限状態の中で懸命にプロの仕事をまっとうした乗務員の姿がそこにあった。

青山透子氏(元日航客室乗務員)ブログ:「あの事件をうまく隠ぺいした人は異例の昇進をし、それを追及した人は辞職を強要されたそうです。正直な人が辞めさせられて、ずるい人が残るとすると、本当にひどいですね。」

あの日1985年(昭和60年)8月12日JAL123便に、一体何が起こったのか?事件の背景は?それを知ることは、大きな目覚めになる。「我々は高度にマインドコントロールされ、慣れ親しんだ現実は、全て幻想だったのだ」と。

この世界の現実について予備知識の全く無い人が、このJAL123便事件の真実をいきなり知ってしまうと、一時的に精神のバランスを失うかもしれない。価値観はひっくり返り、後生大事に持っていた常識は崩壊する。コメント欄にはそんな人達からのdesperate comment が山ほど寄せられる。中には工作員らしき人物からの撹乱メッセージも。(彼らのコメントを公開することは益々混乱を招くと思われるので、現在は公開を控えている。)

今まで通り「自身の『常識』という殻の中で幸せに生きて行きたい」という人はここから先は読まない方が良い。ご自身に人生がひっくり返るような事件が起きたとき初めて、このJAL123便事件の真実を受け入れられるかもしれない。そして『自身の殻を打ち破る大きな努力』の後、本当に幸福な人生とは?この世界から争いが消え、真の平和を築くにはどうすれば良いのか?その答えが見つかる。

途中で『気分が悪くなった。とてもついて行けない。』と思った方、或いは『どうも自分には予備知識が不足しているようだ』と感じられた方は、他の記事を読まれて基本知識を得てから、再度読み進めて頂きたい。『いや、大丈夫。心の準備はできている。』という方は、どうぞこのサインを無視して、その先に進まれたい。

5ede8bb8

☆JAL123便事故関連動画−事件を知らない世代のために (注:ボイスレコーダーは一部改竄、墜落原因の圧力隔壁破壊ではない事を前提に)

4ef65175-s





人気歌番組「ザ・トップテン」放送中に第一報:茶の間の多くの日本国民が、ここでJAL123便墜落事故を知る(8分18秒)…ここから墜落現場のミスリードが始まり、救助隊の到着は大幅に遅れることに。



95f81a7c





日航機事故犠牲者遺族の怒り、悲しみ、慟哭、凄惨な事故現場、遺体との対面:日航機事故遺族(写真は大阪空港で「明日の朝一番で臨時便を出せ!」と日航関係者に詰め寄る乗客関係者達。)

1b717c99-s





20年目の誓い〜天国にいる我が子へ〜









日航ジャンボ機墜落事故から25年









☆世界の真実の姿を求めて!TV新聞報道では、助かった4人以外に少なくとも生存者が3人、合計7人の生存者がいた(この日本経済新聞の記事は日航パーサー落合由美さんを忘れている。従って8人が正しい。)。しかし、4人は報道直後突然失踪!彼らは一体どこへ消えたのか!?

3e391d5c-s

18d3d246-s

さらに最低50人くらいの生存者が墜落現場にいた、指先が1本ちぎれただけの男の人もいた、と、まだ夜も明けやらぬ現場に駆けつけた若者は証言!生存者達も同様、墜落現場では多くの人達が助けを呼んでいたと証言。

8649a64d

☆川上慶子さん(当時12歳)は、同乗の両親と妹が亡くなるも奇跡的に生還。病院を退院後、島根の実家に帰った際に証言:墜落したあと、ふと気が付いたら周囲は真っ暗だった。あちこちでうめき声が聞こえ、私の両親もまだ生きていたような気がする。しばらくすると前方から懐中電灯の光が近づいてきたので助かったとおもった。

そのあとまた意識がなくなり、次に目が覚めると明るくなっていたが救助の人は誰もいなくて、周りの人たちはみんな死んでいた。(慶子さんは意識が無くなって幸運だった。もしその時懐中電灯の人物に助けを呼んでいたら、彼女の今日は無かっただろう。近くに居た、落合由美さんや吉崎さん母子の今日も…理由は後述。)

0f068d29-s

☆日航機元客室乗務員、作家・安部譲二氏談:御巣鷹山近くの複数の住人が、123便が炎をあげて墜ちてきた、光るものが飛んできたと証言している。(これこそ123便が空中で爆発した目撃証言ではないのか?何故事故調査委員会はこの証言に耳を傾けなかったのだろう?空中爆発だと何が都合悪かったのだろう?)

☆日航123便墜落事故群馬県医師会記録 救助がもっと早ければ……空白の15時間。

☆元日航職員佐宗邦皇(さそう・くにお)氏の証言(動画開始後2分10秒辺りから):JAL123は小型中性子核ミサイルによって撃墜された



貝のように口を閉ざす日航関係者の中にあって、佐宗氏は自らこのJAL123便墜落事故の調査を行い真実を発信する大変貴重な存在だった。2009年8月9日午前11時突然帰らぬ人となるまで、その活動は続いた。享年59歳。

亡くなる前日のワールド・フォーラム(前述の動画はその開始部分)で「天皇の金塊」著者高橋五郎氏の講演に続き自身が登壇、用意された「おーいお茶」500mlボトルに口をつけて1分以内に椅子から崩れ落ちる。最前列の聴講者が機転を利かし、素早くそのボトルを確保し、後で遺族に提出。不審な数人の男達が飛び出し、同じくそのボトルを確保しようとしたが得られず、凄い形相でその聴講者を睨みつけたという。(コメント38参照)

ビデオ佐宗邦皇氏発言書き起こし、解説 「現場を見ればわかるんです。映像も見ました。僕は元々日本航空でしたから。この問題はかなり詳しく、自分なりに研究したんですね。最後は、米軍機に核ミサイルで撃墜されているんですけれども、中性子爆弾の空対空ミサイルだった可能性があるんですね。一回ぽきっと折れて、後部はグライダー状態に落ちて行った。

空中でキノコ雲が発して、真っ黒な。それはいろんな方向から確認されているんですね。内部隔壁が原因というのは嘘なんですね。尾翼に無人標的機が突き刺さった状態で、 横田基地に向かって着陸体勢に入っていたんです。ところが、着陸寸前に着陸を拒否された。

その指令がどこからきているのかが問題。私は中曽根総理(当時)から出ていると見ている。それで横田基地への着陸を認めないから、飛行機はずっと御巣鷹山まで追い込まれた。目的は、アメリカがプラザ合意を押し付けるため。日本をターゲットにして、言う事を聞かないと武力でやるぞと」

佐宗邦皇氏が立ち上げたワールド・フォーラムでは各界の優れた講師を招き、或いは自らが講師として、世界の真実を発信する活動をしていた。その内容は万人が知るべき大変重要な情報であったが、世界支配者層にとっては絶対に知られてはならないものばかりだった。以下の動画は氏が911事件の真相を伝えるもの。氏の深い洞察力には驚嘆させられる。必見!



☆JAL123便撃墜の証拠が写真誌フォーカスに!!第3エンジンから突き出る不発弾と思しきファルコンミサイル!

JAL123便墜落事故−真相を追う−そしてミサイルは発射された(2)

軍事専門家談:これは大型機撃墜のため開発されたファルコンミサイル。1985年当時における空対空ミサイルの起爆タイミングは、命中直撃を無理に狙わず、敵機近傍で爆発し、確実にダメージを与える「近接爆発方式」が主流。ただし、ファルコン系列ミサイルは、「直撃」が可能なら自律的にそちらを選択する。(「ミサイルは近接信管(きんせつしんかん)だから123便に命中する前に爆発するはずだ。

このサイトの筆者はそんなことも知らないのか!?」等という馬鹿にしたような書き込みが時々ある。この方は自衛隊関係者なのかもしれないが、ファルコンミサイルの実際を知らないようだ。軍事専門家によれば、ミサイルはセンサーが敏感過ぎてちょっとの振動で爆発しても危険なので、敏感すぎないよう調整されており、その理由からおよそ50%は不発弾になってしまうという。)

0bfce1c1-s

☆墜落現場123便第3エンジン付近に散乱する米国レイセオン社製空対空ミサイルの部品!
ブログ主:これまで私が書いてきたことに対して、色々なご意見やご批判があるようですが、お願いしたいのは、人生、たかだか数10年のご経験やそこから得てきた常識だけで物事を判断するのを止めていただきたいことです。読者の皆様に限らず、この調査に協力していただいているメンバー全てが、最初は目の前に突きつけられた現実に対し拒絶の念を覚えながらも、自身の経験と常識を乗り越える選択をし、このブログでの発表を決意したのです。

(中略)

批判を行う方は、少なくとも現地を訪れ、群馬県上野村、および事故現場周辺のあの独特の雰囲気を肌で感じてください。また、土の採集や放射線測定器で調べればより多くのことがわかってくるでしょう。ただし、くどいようですが、現地は最高レベルの監視体制下に置かれていることだけは、初めにご忠告申し上げます。

8accac08

82e0ae41-s

☆墜落現場に残るイエローケーキ(核兵器に使用される軍用の濃縮ウラン、錬度が高く、レンガ色をしている。墜落現場で収集した方が123便事件講演会会場に持ち込んだところ、多くの人が体調に異変を来たす。その症状から放射性物質と判明したという。)

1ca620db

☆(新)日本の黒い霧−現場に散乱する破片を収集、軍事専門家による分析の結果驚愕の結論に至る

☆田村珠芳−軍事使用目的プルトニウム運搬、目撃者殺害/誘拐による隠蔽工作

☆NEWS U.S.− 戦後日本最大級の事件、日米露を巻き込んだ軍事衝突

☆犠牲者の霊に導かれ…現場に小型中性子核ミサイル使用の痕跡を見る

日本と世界の闇の権力者間で起こった核兵器開発を巡る軍事衝突。その背景には為替レートを円高誘導せよという国際金融寡頭勢力と、それを拒否する日本経済界の壮絶なしのぎ合いがあった。

c549343d-s

今年も8月12日、日航123便墜落事故の日が巡って来る。この事件は16年後に起こる、911事件と似通っている。列挙してみると。

明らかに素人でも分かる嘘をつき、国家ぐるみで真実を隠蔽しようとする。例:圧力隔壁破壊の嘘。

軍事演習の最中で起こった、核兵器使用の痕跡を残す、尋常ならざる破壊の跡と情け容赦ない乗客殺害部隊。

メディア総動員による撹乱。大衆を真実から遠ざけようとする、超国家的権力の存在。

以後の世界的変化。

まず,痢嵬世蕕に素人でも分かる嘘」について。

81e696c4-s

上空8,000mで機体に大きな穴が空けば、他の航空機事故に見られるように、機内に急減圧が発生。機内の物は人間を含み外へ吸い出される。また上空のマイナス40度という低温の空気が室内に入り込み、室温の急低下が起こる。空気が薄くなることから、実験では5分くらいで一般人なら意識を失う危険な状態に陥る。しかし、生存者の落合由美さんの証言ではそんな事態は起こらなかった。

生存者の一人・落合由美さんの証言

また、長女の美紀子さんと共に助かった吉崎博子さんも、急減圧に関して、「子供の世話をしていてマスクが外れることもありましたが、それでも苦しいとは感じませんでした。」と証言。

682899f5-s

また、機内の室温急低下に関しては、「私は半袖のブラウスと長めのキュロットスカートという服装でしたが、特に寒いということはありませんでした。」と証言。

945592cc

一方、当時の航空事故調査委員会委員長、武田峻氏は「何故操縦室の3名はマスクを付けなかったのか?」という問に対し、

f8664168

「(トラブル発生後)やることがいっぱいあって、どれからやって良いかよくわからなかった。必ずしもマスクを一番先につけないといけないことは無かった。結果として。」

と答えている。彼の説明だと、人間は忙しさにかまけていれば、上空8,000mという酸素が非常に薄く気温マイナス40度という過酷な環境でも、30数分間耐えられるということだ。

酸素マスクを必要としなかったのは操縦室だけでなく、客室の乗員乗客も同様だった。事故調査委員会の結論が正しいのなら、524名の乗員、乗客全員がヒマラヤ山脈の最高峰エベレスト山(8,848m)に酸素マスク無し、夏服の軽装で登頂できる、世界トップクラス(?)の登山家集団ということになる。

という訳で、事故調査委員会の公式発表「圧力隔壁破壊」は子供でも「嘘」とすぐ分かる。

270e1485-s

事件の日、日米合同軍事演習が行われた。海では、相模湾。伊豆沖で当時の最新鋭護衛艦「まつゆき」を中心に艦船、潜水艦が出動。空では、茨城県百里基地所属の航空自衛隊戦闘機、また航空自衛隊や在日米軍の電子戦機が待機。はるか上空では米軍の軍事衛星が演習を監視。陸では、ゲリラ訓練場となっている御巣鷹山とその周辺に、特殊部隊が集結。

18:12 JAL123便は羽田を離陸。12分近く経過したとき、相模湾上空で123便のクルーは、右前方から接近する奇怪な飛行物体を発見。コックピットに緊張感が走る。乗客も気付いていた。

4cd40108-s

18:24:35 ドーンという衝撃音と共に何かが123便の尾翼部に激突。座席中央部分の最後部から5番目に座っていた小川哲氏(当時41歳)はその飛行物体を接近段階から撮影、後に事故現場で発見され現像。デジタル解析の結果、オレンジ色の物体と判明。

18:56過ぎ、123便はレーダーから消える。しかし、場所についての報道は二転三転し、123便の行方は特定されない。翌日明け方になるまで救助活動が開始されず搭乗者の家族は焦燥感が募る。

8月13日の午前5時10分、航空自衛隊救難隊による「機体発見」、続く陸上自衛隊偵察ヘリによる機体確認、5時37分の長野県警ヘリによる墜落現場の確認と、各自衛隊や警察のヘリによって次々と墜落現場の状況が確認される。群馬県上野村の黒沢丈夫村長(当時)は、テレビ報道の映像を見て、現場が村内の「スゲノ沢」であると判断。土地勘のある消防団員に捜索隊の道案内をするよう要請。

5f085679

墜落からおよそ14時間が過ぎた午前8時半、長野県警機動隊員2名がヘリコプターから現場付近にラペリング降下。その後陸上自衛隊第一空挺団の隊員が現場に降下して救難活動を開始。陸路からは、上野村消防団、群馬県警機動隊、警視庁機動隊、陸上自衛隊、多野藤岡広域消防本部藤岡消防署の救助隊が現場に到着。ようやく本格的な救難活動が開始される。

しかし驚いたことに、当局には最初からJAL123便の乗員乗客を救助する気はさらさらなかった!

縦割り組織警察の常識を無視して「全員死亡による救助打ち切り命令」で動けない群馬県警管轄地域へ越境進入したのは長野県警レスキュー隊。また、早々と現場で「全員即死宣言」をした自衛隊幹部に「まだ生存者がいるぞ!!」と怒鳴って救助活動を促した報道関係者や消防団員の人達。彼等がいなければ、落合由美さん達女性4人も助かっていなかっただろう。

19691b73-s

「現場にいたある消防団員は『最初は医師・看護婦は現地に送り込まれていなかった。生存者が発見されてから急にあわてた。生存者に対する準備ができていなかったような気がする』と話していた。はじめから生存者がいないと決めてかかっていたのではないかと私も感じた」(元日航パイロット藤田日出男著「隠された証言・日航123便墜落事故」p.56、8行目)

b7471aa6-s

「11時生存者発見、12時仮設ヘリポートへ、ヘリポートで1時間30分以上待たされ14時15分ごろやっと病院へ搬入」(元日航パイロット藤田日出男著「隠された証言・日航123便墜落事故p.55、2行目)…せっかく発見され一刻を争う救命処置が求められる生存者を現場に2時間近く放置、病院搬入まで3時間以上も費やしている。まるで生き延びてもらっては困るかのように。

何と酷い!これが人間のすることか?恥を知れ!
救助隊にはわざと遅く現場に着くよう、或いは違う場所に行くように、NHKにはわざとウソの墜落地点を報道するように命令が出ていた!(元日航客室乗務員:青山透子氏ブログ)

*災害派遣待機命令が発令されたが、その後出動ではなく中止命令が出たのはなぜか?

*8月12日、夜23時頃、一番先に捜索のため到着した機動隊員32名の案内を頼まれた地元民たちに対して、道案内を頼んでおきながら機動隊員から 「その場所は違う、こっちだ」と根拠のない主張をされた。墜落現場はスゲノ沢だと言うと 「いいやそこではない、中ノ沢だ、上官の命令だ」と強く言われた。人にものを頼んでおきながら命令とはどういうことか?なぜ地元の土地に詳しい人の意見をわざと無視したのか?

*なぜ一番先に到着した機動隊員は、わざと足が遅く、ゆっくり歩くのか、おかげで、倍の時間がかかり、夜明けまで墜落現場にたどり着けなかった。

*夜中、ヘリが墜落現場上空にずっとホバリングして、モノの上げ下げをしていたが、何をそんなに急いで上げ下げしていたのか?

*後からの幹部の発表では、一機たりとも危なくてヘリを飛ばしていないというが、事故当夜、私たちが目撃した墜落現場上空にいた多数のヘリは、亡霊か?

*自衛隊ヘリの合図を頼りに墜落現場まで行けると(信じて)歩いたら、結局全く違った場所に連れていかれたのはなぜか?

*自衛隊による墜落現場特定が遅くなったことについて、山下運輸大臣や自衛隊幹部が、「夜間用照明がなかった」とか「険しい山に仰天した、危ないから」とか、夜に救助出来なかった理由をテレビや雑誌で反論した。しかし、敵の侵略や戦闘は夜行うもので、その為に山奥で過酷な訓練をしてきた。夜にヘリを出せないならば、いつ自衛するのか?自分たちは夜に十分動けるための訓練を行ってきたのだから、プロとしての自衛官を馬鹿にするような発言するとは情けない。それでも幹部か?

*なぜ墜落場所を地元民や黒澤村長が伝えても報道は聞き入れなかったのか?特に13日早朝、地元では当然御巣鷹の尾根とわかっているのに、まだNHKでは、小倉山と報道し続けていて、呆れた地元民が、NHKの記者を怒鳴りつけた。

*なぜ一生懸命生存者を救助したのに、山頂に4時間近く生存者が放置されたのか?

*なぜ生存者を収容したヘリで、5分もかからない救急病院に行くのに、無線が故障と言って30分以上、上空を旋回し続けたのか?

*4人も救助したと美談になっていたが、遺体状況からみて、つい先ほどまで生存していたと思われる人たちが100名ぐらいはいたはずである。

*自分はゼロ戦の指導教官だったが、戦時中でさえ場所は特定できた。あの程度の山で、ましてや1985年に、墜落場所を測定出来ないわけがない。パイロットを馬鹿にするな。

△粒吠軸鏤藩僂虜跡と、情け容赦無い殺害部隊の存在

核兵器使用の痕跡。ピカッと雷光のように走った閃光、黒いキノコ雲が目撃されている。

墜落現場に残るイエローケーキ(核兵器に使用される軍用の濃縮ウラン、錬度が高く、レンガ色をしている。墜落現場で収集した方が123便事件講演会会場に持ち込んだところ、多くの人が体調に異変を来たす。その症状から放射性物質と判明したという。)

1ca620db

骨が約3cm刻みの破片になって飛び散るほどの、広島原爆の30倍以上と推定される衝撃。これらは小型の核爆弾使用を示唆している。決して不時着態勢に入っていた速度の航空機のものではない。

元日航職員佐宗邦皇(さそう・くにお)氏の証言(動画開始後2分10秒辺りから):JAL123は小型中性子核ミサイルによって撃墜された)

e58b5d0d

東大地震研究所の微小地震計が、墜落時刻に異常振動を観測、記録している。第一波は18:56:26、第二波は3秒後。これら二つの波は極めて微小な物。墜落の衝撃だ。しかし18:56:31から観測された第三波は、約5秒間揺れ、その後も10秒近く揺れる大きなものだった。

最初の二つの波は航空機の地面衝突によるものだろう。しかし、第三波は一体何だったのか?広島原爆の30倍を超える小型核爆弾の衝撃ではなかったのか?(池田昌昭「完全犯罪JAL123便撃墜事件」)ミサイル使用の痕跡。 この遺体散乱状況写真を見ると、123便の進行方向に対し、右側からミサイルと思しき爆発物が命中し、乗客・乗務員を左前方に吹っ飛ばしたことが分かる。

6783f678

乗員乗客殺害部隊の存在

8月13日04:00頃 墜落翌日まだ夜も明けぬ早朝、白バイを振り切って、長野県からオフロードバイクと徒歩で駆けつけた若者達2人。生存者の呻き声が谷にこだまし、響き渡っているのをはっきりと聴いた。およそ50人と推測。指が欠損しただけの、比較的軽症の人も。

この人は助かる、と確信。既に到着していた100名くらいの自衛隊員。片手に抜き身の大型アーミーナイフ、目には暗視ゴーグル、また、靴は急峻な山での作業に適した短靴。

1時間後、次の部隊が続々と到着。後から来た部隊は山で歩きにくいブーツ着用。(「救助に向かう自衛隊は武器を携行しない。もし携行するとすればその手続きは煩雑で必ず証拠が残って居る。

その証拠が出ていない以上、このサイトに書いてあることは悪質な作り話である」という書き込みがこのサイトにあった。その人は自衛隊関係者で実際の武器携行手続の経験から言っているのかもしれないが、世界の厳しい現実を知らないおめでたい人、という他無い。「答えてみろ、この嘘つき野郎!オレが怖いのか?オイコラ!」と余りに礼儀を欠くチンピラのような調子だったので削除。

しかし、彼等は一向に生存者の手当をしようとはしない。大きな袋に何かを集めて入れる作業を黙々と続け、上空でヘリコプターがホバリングしながら集めた袋を回収するのみ。何故だ!?何故この部隊は救助をしない!?目の前で多くの人々が手当を待っているというのに!!人命より優先される回収物とは、一体何だ!?以下にその件についてのウェブサイトを紹介する。

「JAL123便墜落事故−真相を追う− 闇夜に蠢くもの(4)」

このオフロードバイクと徒歩で駆けつけた若者の一人は24年間海外勤務にあって真実を語る機会が無かったが、2010年5月16日、江戸東京博物館にて、その日目撃したことの証言を依頼される。ところが、講演の2週間前、アクシデント発生。車の後輪がバースト。

あわや死亡事故につながる緊急事態を咄嗟の運転テクニックで回避する。損傷部分を検証した結果、軍関係者しか持たない、熱線銃によるものと判明。「123便事件の真実について、これ以上語るのを止めよ」というメッセージが彼に送られる。幸いにも、かろうじて講演会当日は会場に無事駆けつけ、証言することができた。

話を墜落の日の翌朝に戻そう。日が昇ってからも奇怪な事が起こる。公式に生存者とされる4人の女性以外に、3名乃至4名の生存者が目撃されている。生存4人の現場からさらに200mの急斜面を登ったところにいた朝日新聞社の社会部記者が「今さらに3人の生存者救出!2人は担架に乗せられているが、1人は担架が必要無いほど元気な女の子で、救助隊員に抱かれている。」と無線で報告。

朝日新聞前線キャップ木村卓而氏は『一人の女の子は、担架に乗らないほど元気で、救助隊員に抱かれている。他の二人は毛布をかぶされているため、男女の別やけがの程度ははっきりしない』と元気で無事救出された女の子のことを報告。だが、その後女の子はどうなったのか?突然存在が消えてしまう。

3e391d5c-s

また、8月13日午前9時〜10時頃、地元上野村消防団が墜落現場に、獣道を伝って登っていく途中で、沢伝いに下ってくる「中学生くらいの男の子を含む男性四人連れ」に遭遇。衝撃の現場から来たというのに、挨拶しても返事もしない、何も語らない、不気味な沈黙の集団。「沢伝いに下りてくる、中年の男性三人と中学生くらいの少年が加わった四人のグループに出くわした」飯塚訓(いいづか・さとし)著「墜落現場、遺された人たち」p.119、5行目〜。

1eb087ee

この男の子は一体どこへ連れ去られたのだろうか?「この少年は生きているのではないのか?私の知り合いの医療関係者は、筋肉の張り方など自力で腕を上げていると観察され、この時点では明らかに生きているだろうと語っている。」元記事

さらに、7歳〜8歳くらいの小さな男の子が13日午前「走り回っている」ところを自衛隊員に発見されている。報告は無線でただちに流された。報道関係者もこの無線を傍受。「男の子発見」のニュースは流れた。フジテレビの「ニュースレポート」では、マイクを握ったフジの山口氏が『現場は惨憺たる状況です。まもなく、担架に乗せられた七、八歳の少年が運ばれてきます……。』と生中継。しかし、この「男の子」に関する情報が途絶。以後、まるで神隠しにでも遭ったように、その後の「7歳〜8歳くらいの小さな男の子」の消息は杳として知れない。

のメディアによる撹乱。

NHKを始め、民放各局は事故直後からわざと偽の墜落地点情報を流して、救助隊の到着を遅らせた。墜落現場には米軍ヘリが既に飛来していた。以下「JAL123便墜落の真相」から引用。

JAL123便 日航機墜落事故の真相

「やがて真っ暗闇のなかに、ヘリコプターの音が聞こえたのです。あかりは見えないのですが、音ははっきり聞こえていました。それもすぐ近くです。これで、助かる、と私は夢中で右手を伸ばし、振りました。けれど、ヘリコプターはだんだん、遠くに行ってしまうんです。このときもまだ何人もの荒い息遣いが聞こえていたのです」(落合由美さんの証言)。

このように、1994年9月25日の「ニュース・ステーション」は、日本側の都合による米軍救援活動中止要請が事実であることを報道しています。何ということでしょう。米C−130は午後7時30分に墜落場所を特定し、20分後には横田基地に正確な墜落場所を知らせているのです。もちろん日本側にもその時点で伝えられています。

元日航客室乗務員青山透子氏ブログ(前述):なぜ墜落場所を地元民や黒澤村長が伝えても報道は聞き入れなかったのか?特に13日早朝、地元では当然御巣鷹の尾根とわかっているのに、まだNHKでは、小倉山と報道し続けていて、呆れた地元民が、NHKの記者を怒鳴りつけた。

最後にい寮こΔ傍こった変化。

日航123便墜落事故の翌月22日、歴史的なプラザ合意から円ドル為替レートが250円/ドル台から1年後には一気に120円/ドル台に円が急騰。

2015-08-13_124928

急激な円高を受けて、以降日本経済は輸出企業を中心に大打撃を被る。そして日銀の窓口指導による、バブル創出、崩壊、金融ビッグバンによるM&A等で外資ハゲタカファンドの進出、郵政民営化、莫大な国富の喪失と続いて行く。これらは決して偶然では無い。全ては仕組まれたことだった。ある闇の勢力によって。

b122ba8a-s

助かっていたはずの乗客達。不幸にも軽症すぎたがため、また不運にも見つかってしまったが故に、最後の最後で、彼等は口封じのために殺された。航空機事故遺体に模して。決して知られてはならない秘密があったから。そうとしか考えられない。無念であったろう…震えが止まらない。

この墜落現場で「生き残った罪も無い乗客、乗務員にとどめを刺した者達」は恐らく国籍が日本では無い、と信じたい。来るべき極東有事を演出するために特別訓練された、日本の自衛隊を偽装した部隊の可能性が高いのでは?任務遂行のみに全神経を集中する訓練と共に、部隊を編成するに当たって「日本人を嫌悪する教育」を受けた者達が選ばれたのではないか?

123便の乗客、乗務員はこの者達の手にかけられ、処分された。殺人鬼が迫って来る瞬間、彼等は一体何を思ったのだろうか?『お前達は何者だ!?乗客乗員の救助に来たんじゃないのか?』現場で何が起こっているのか、理解している人はほとんどいなかったであろう。彼等は無残にも、毒ガスで息の根を止められたり、火炎放射器で生きたまま焼かれた。

f58852b1-s

尋常ならざる遺体の状況 参考ウェブサイト

ジェット燃料は高くて1400℃に到達するというが、それは灯油の1100℃とたいして変らない。実体はほとんど灯油と同じと考えてよい。写真の子供は頭部の輪郭が崩れる程激しく燃えており、ジェット燃料(灯油)が原因ならば、まとまった燃料が本人にかかり燃えた、あるいは近くで激しく燃えていたことになる。しかし、子供の遺体に寄り添うように生えた木立にはほとんど焦げ跡がない。

しかも雑誌の文面には「紙幣や書類が周囲に散乱していた」(写真誌フォーカス)と記載されている。ジェット燃料はこの子だけをめがけ飛び散り、この子だけを燃やして火は収まったというのだろうか?この不自然な状況を説明する理由を私はこう考える、「この子はごく間近から火炎放射器で焼かれたのだ」と。元記事

d2f33a8f

上の焼死遺体も、遺体の側の木は全く焦げ跡が無い。

beba2436

当時、遺体の歯形で本人確認を行った大國勉氏(歯科医師、群馬県警察医会副会長)に、青山さん(元日航客室乗務員、青山透子氏)は何度もインタビューを試みている。「私は群馬県警察医として千体ほど焼死体を見てきたが、それでも歯は『すす』で黒くても、裏側や一部は白いままだし、骨もそこまで燃えていない。

なのに、あの事故の時は骨の奥まで炭化するほど燃えていた。…二度焼きしたような状況だ」。周囲の木々が幹の中までは燃えていないのに、遺体だけが骨の芯まで焼かれているのはなぜか。群馬県の検視報告書において担当医が「二度焼き」という言葉を使ったことは、ただごとではない。

57b43bd1-s

写真上:女性4人の生存者が見つかったスゲノ沢の上流で発見された携帯用VXガス兵器と思しき容器。20数年経って、瓶には微量の液体が残っていた。持ち帰る際、念のため何重にもビニール袋で密封したが、調査に当たった方達2人は、密封を解いた途端気分が悪くなり、数日間寝込んでしまったという。

墜落現場へ救助に向ったと思われる警察の救助ヘリの残骸が見つかっている。彼らも何者かによって空対空、或いは地対空ミサイルで撃ち落とされたのか?また、当日午後8時頃、TVのテロップで「救助に向かおうとした自衛隊員を別の自衛隊員が射殺した」との報道があったという。

事件の後で、勇気を持ち、真実を語って、自殺を装い殺された自衛隊員もいる。911事件でも乗客の殺害はイスラエルの諜報機関モサドが担当したという情報がある。同国籍人で無ければ、何の躊躇も無く殺害マシンとなって、乗客乗員のみならず、救助隊でさえ抹殺できるからか?

写真aは林中で見つかった2名の隊員、写真bは暴露された尾翼写真、尾翼に外部から飛行物体が激突した証拠。彼等はこの写真をリークしたため殺害されたのだろう。

228f0488

国を売った者達は、第二次世界大戦時の軍人としては山本五十六大将、米内光政大将、宇垣 纏中将などがいた。軍部のみならず、各界のトップに売国奴が君臨している状況は、今も昔と何ら変わりは無い。

彼等は国家や、大企業の要職を占めるものの、少数派である。大多数の、良識ある国民が真実に目覚めれば、彼等も悪事を働くことが難しくなる。この123便墜落事件を通して、この機会に真実を見抜く眼を養ってみては如何だろうか?

123便墜落事故をモデルとした、山崎豊子氏の小説「沈まぬ太陽」(1995年、平成7年から順次発表、3編に渡る長編小説)が映画化、2009年秋封切。小説では日本航空の腐敗、利益追求第一主義を指摘。もとより事件の本質解明に至ってはいないものの、かなり近い線まで迫っている。この事件は恐らく、2011年3月11日の地震兵器による東日本大震災、津波、核兵器による原発事故と本質でつながっていると思われる。

日本航空の経営を圧迫した大きな要因に、911テロ事件、SARS等々の事件があるが、それらは全て国際金融寡頭勢力が起こしたものであった。そして今回取り上げたJAL123便撃墜も。日本航空のトップと、その巨悪とのつながりを紐解けば、この事件の本質がみえてくるのではないだろうか?

e17917ed

映画封切りのタイミングは、日本航空国営化に賛成世論を形成する目的があったと思われる。空の安全を目指した小説・映画のはずが、却って「日本航空機を使ったテロを起こしやすい環境」を整えるのに協力するという、何とも皮肉な結果を招いてしまった。

日本航空123便墜落事故。言うまでも無く、これは単なる事故ではない。ハッキリ、事件である。それも世界規模の大事件である!

事件の真相を知る政府、日航関係者は、勇気を持って口を開いて欲しい。そうすればこんな悲劇は二度と起こらないかもしれない。そして何よりその事が、亡くなられた方々への最大の供養になるのだから。

参照元 : ijn9266のブログ


JAL123便墜落事件の真相◆/深造貿る勇者達

42242c4d

「JAL123便墜落は単なる事故でなく、事件だった。あの日、御巣鷹山では国内二大勢力の軍事衝突が起きていた。そこに米ソ二超大国が加わり、ハイテク兵器を駆使した内戦が勃発していた。123便の墜落はその中で起きた事件の一部である。乗客乗員520名に加え、約500名の兵士達があの現場で命を落としている。」

と聞いて皆さんはどう思われるだろうか?

JAL123便のものでない航空機部品の破片が墜落現場に。CUM 爆弾燃料チャージャー、 Cur タンカー:現金・郵便・物資などの運搬、KCS タンカー:燃料などの運搬、空中給油機。図の「135」は民間旅客機ボーイング707の軍事仕様タイプ、135シリーズを示している。

「えっ?一体何の話ですか?(全く理解できない)あれは整備不良による事故だったのでしょう?もう原因が分かって片が付いた事ですよね?」という反応するのが平均的日本人。

492844fd

米軍ボーイング135シリーズ

左上から時計回りに、C-135 一般輸送機、RC-135 偵察機EC-135 空中指揮管制機、KC-135 空中給油機、この他に、VC-135 VIP輸送専用機などがある。

少しこの事故についてかじっている人なら「いや123便墜落事故は何かが変だ。圧力隔壁破壊が原因という事故調査委員会の発表は嘘だ。あれは自分でも分かる。でも、軍事衝突?内戦?いくら何でも、それはあり得ないでしょう。」と言う人。

0bfce1c1-s

御巣鷹の尾根の手前に転がり落ちていたJAL123便の第3エンジンと、そのエンジンの端からひょっこり顔を覗かしている円筒形状の異物。実はミサイルの不発弾。JAL123便にミサイルが撃ち込まれた証拠である。

このブログの8月10日付記事「JAL123便墜落事故の真相−助かるべき多くの生存者が情け容赦なく殺された」を始め、他の記事も読まれた方なら「ブログには『墜落は単なる事故ではなく、驚天動地、世界規模の大事件だった。』と書いてあったから、世界規模の大事件って何だろう?と疑問に思っていたのです。今回はそのことについてでしょう?国を超えた巨大権力の衝突がからんでいるのですよね?」と言われるかもしれない。その通り。

このブログで語る事柄は、殆どが一般人の常識を遙かに越えている。一応このような始め方をしないと『読み始めることすらしてくれないのでは?』との懸念から、今回も導入部分に時間を取られている。

8accac08

現場で見つかった米国ヒューズ社(現レイセオン社)製の空対空ミサイル部品

前置きが長くなった。本論に移る。JAL123便は間違い無く、撃墜されている。御巣鷹山を舞台とした、軍事衝突の中で起きた不幸な出来事で、証拠隠滅のため、多くの無辜の乗客乗員が殺害された。生存者は毒ガス、アーミーナイフ等でとどめを刺され、火炎放射器で航空機事故遺体に模して骨の芯まで焼き尽くされた。当日現場は、ミサイルが飛び交い、超新兵器までもが投入される大乱戦状態だった。この情報、何人かの勇気ある人達の、文字通り命を懸けた真実追究の闘いの中で得られた、大変貴重なものである。

82e0ae41-s

空対空ミサイル弾頭部解説図

彼等こそが真の勇者である。今回は彼等の闘いの成果を紹介し、最大限にその業績を讃えたい。ブログのタイトルは「(新) 日本の黒い霧」

JAL123便墜落事故−真相を追う−あれから30年、真実が語られる時

本来ならば、このような事件は警察が担当し、新聞、テレビ局、雑誌社等のメディアが国民に報道すべきこと。警察が動かないのは勿論、メディアも、肝心な事柄になると沈黙して語らない。民放ディレクターの年収が2500万円以上というが、それは口止め料ということだろうか。

ijn9266の管理人は、もし一般民衆が今後何も行動を起こさなければ、「歴史上最大の世界大金融恐慌→国内二大勢力による内戦→極東有事勃発→第三次世界大戦へとエスカレート」といった流れで社会は大混乱の渦に巻き込まれていくと見ている。過去の歴史がそうだったから。そして、実はこれはもう既に始まっている。

18b9c9b3

今年起きた311地震津波テロと福島第一原発核兵器テロ。これらはまだ単に始まりに過ぎない。

bfbf1db9

(新) 日本の黒い霧の管理者とその仲間達。以下、イニシャルを取ってSNKFと呼ばせて頂く。Shin Nihonno Kuroi Kiri Fightersの略。Fightersを付けたのは、これが無いと「(新)黒い霧そのもの」になってしまうから。単数だと管理者本人、複数だとその他の有力メンバーを含む、ということにしておこう。

S氏:現地調査に当たり、数々の貴重な証拠品を収集、現場に残る核兵器の残骸の影響で放射能症にかかり、殺害部隊から常に命を狙われている。遅効性の毒ガスを撒かれてフラフラになり、銭湯に入ってガスを除去、外に出たら車のブレーキに細工をされていてあわや大惨事に…等は日常茶飯事だ。写真は不審車に体当たりされてペシャンコになった氏の自転車。

e1c10175

B氏:国際軍事専門家、御巣鷹の現場に残された破片からその日そこで何があったかを読み解く。VXガス分析の時はガスを吸って数日間寝込んでしまった。氏にかかると、どんな小さな破片もたちどころに、どんな兵器のものか、製造会社まで判明してしまうから大変心強い。氏はその地位を失うかもしれない危険を顧みず、軍事の専門知識を提供してくれている。

1ca620db

B氏はこの煉瓦色破片をイエローケーキ、つまり核物質(濃縮ウラン)と見抜いた。核兵器が使われた動かぬ証拠。

M氏:長野県の実家から友人達とオフロードバイクで墜落現場に夜明け前に到着。まだ生きている乗客乗員約50名の存在を確認。後にその事実を証言。海外勤務が長かったが、現場の放射能の影響か、2000年に肺癌を患い闘病生活に。現在は完治し、貴重な現場での目撃証言を提供してくれている。写真は証言の2週間前、軍しか持たない熱線銃で攻撃され、バーストしたタイヤ。

59d1c53b

SNKF氏:サイトの管理者、物理の専門家。核物質、放射能、被爆治療、等々について大変詳しい。電磁波兵器を照射されたり、闇の権力者から命を狙われながらも、無念にも命を落としたJAL123便の乗客乗員のために真実を明らかにしようと闘ってくれている。

今はフィリピンで、ご自身が御巣鷹山で被爆した経験を生かし、日本から来た福島第一原発核兵器テロによる被爆者の救済にあたりながら、この123便の真実追究活動に身を投じている。

585b45db-s

現場調査中、ニセ交通警官現る。事故で意識を失い銃を取られる不測の事態に備え、普通取り締まり時に携行しない銃を持ち、いつでも銃を撃てるよう右手は素手。

皆さんは彼等の活動の実際を知れば、きっと過去にヒットしたどのスパイ映画よりも緊迫感を感じるだろう。日本内戦の話が信じられない人は、せめてこの切羽詰まった状況を肌で感じ、真実への扉を開いて頂きたい。

194fd4df

S氏が現場の沢で見つけたソ連製装甲車の鋼板

SNKFのもたらす情報により、具体的にどこの誰がどんな風に動くか、という悪魔のシナリオが見えてくる。彼等のもたらす情報が余りにも現実離れしているので(平和ボケしたB層にとっては)、この活動を取り上げるウェブサイトは現在余り多くは見られない。内容が衝撃的過ぎるからだろうか。当管理人はほぼ100%この情報を真実と信じる。

ea65023d

参考写真:ソ連製装甲車

ではSNKFのもたらす驚愕の事実を少しずつ取り上げて行く。時系列ではなく、重要なものから。今回は第二次世界大戦当時から現在までと続く、日本国内の二大勢力の対立について述べられている記事を紹介する。この記事についての当管理人の見方はまた別の機会にブログで述べる。以下、東日本大震災三日後、2011年3月14日の記事である。とくとご覧あれ。(参考画像は当ウェブサイトにて挿入、原文には画像無し)

(引用開始)

隠された日米戦争 (新) 日本の黒い霧

2011-03-14 20:51:04 | JAL123便墜落事故

(3.16追記)おかげさまで、まだ生きてます。メディアが一斉にデマを流し始めました。いよいよ1985年、日航機事件の再来となってきました。本記事を一部加筆しました。大事なお知らせも含まれています。みなさん生き延びてください!

本題については、具体例を示し、順を追って説明していこうと思っていましたが、現在の切羽詰った状況ではそうも言ってられなくなりました。非常に荒っぽい説明になることを予めお詫びするも、今の日本がいったいどうなっているのか、私見ではありますが解説します。

65062533

真珠湾攻撃:1941年(昭和16年)現地時間12月7日午前7時49分(日本時間12月8日3時19分)日米開戦

簡単に言えば、日本は今もって米国と交戦状態であり、同時に内戦が勃発しているのです。

1945年8月、表向き太平洋戦争は終結しました。しかし、これはまさしく表向きのお話なのです。これまで日航機シリーズで何度も"国営テロ集団"という、国内の秘密組織について述べてきましたが、彼らこそ旧帝国陸軍の残党であり、戦後も密かに組織を温存してきたのです。

そして、彼らと活動を共にしたのは、日本を占領し、そこですっかり豪族化してしまった在日米国陸軍系の組織です。マッカーサーが何度も米国中央政府と対立したことは有名ですが、その背景には旧日本陸軍との癒着構造があったのです。そして、彼らが、同じ旧陸軍系の流れを組む陸上・航空自衛隊に入り込むのには、それほど困難があったとは考えられません。

abdc5c94

マッカーサー:降伏文書の調印に先立つ1945年8月30日
専用機「バターン号」で神奈川県の厚木海軍飛行場に到着

■太平洋戦争とは何か?

太平洋戦争の本質とは何かと問われれば、その答えの一つに「陸軍と海軍の戦い」があります。私のブログに何度も登場していただいている国際軍事評論家のB氏は、開戦当時、もしも米国と戦争を始めなかったら、おそらく帝国陸軍と海軍の間で内戦が起きたであろうと推察しています。

内戦の危機はそれ以前からのものであり、有名な2.26事件の当日、海軍は東京湾に艦船を浮かべ、反乱軍に対していつでも砲撃する準備を整えていました。この時、昭和天皇より勅が下され、反乱軍は賊とみなされ粛清されるのですが、昭和天皇は陸海による内戦が起こるのを非常に恐れたと言われます。

27ff5f92

2.26事件 1936年昭和11年、朝5時。歩兵第一連隊・第三連隊・近衛歩兵第三連隊など1400名にのぼる陸軍部隊が反乱決起

陸軍と海軍の亀裂は日本だけのものではありません。世界中、どこでも陸と海は仲が悪いと言われますが、それは米国においても同じです。南方諸島に展開した旧日本陸軍と前線で激しく戦ったのは、主に米国海軍および米国海兵隊であり、太平洋戦争の勝利は彼らの功績に負うものが非常に多かった。

しかし、後に日本占領軍として主導権を得たのは米国陸軍であり、どういう訳か旧帝国陸軍とも癒着を始めた、そこに米国内の陸・海対立を助長する新たな要因が発生する訳です。以後、私の見立てとなりますが、太平洋戦争終了後に陸軍閥・海軍閥の違いから次のような大まかな対立構造が発生したと推測されます

(A) 旧帝国陸軍派(陸上自衛隊)&在日米陸軍

   VS

(B)旧帝国海軍(海上自衛隊)&米国海軍・海兵隊

空軍に関しては、元々陸軍航空隊として存在していたことから、日米共に陸軍系列に含まれると考えてよいでしょう。航空自衛隊についてもしかりです。ただし、世の中そんな簡単に2つに割れるものでないので、例外的な個人や・組織、どちらにもつかないグループも当然ながら複数あったはずです。

以上は軍関係についてですが、政府機関や金融資本についても、どちらかのグループに属する他、中立・日和見の立場に分かれていったと思われます。もちろん、狡猾な組織ならば、どちらにも属しうまく立ち回るところもあるはずです。説明は省略しますが、戦後の対立構造はグループ分けするとだいたい次のようになると考えられます

(A) 旧帝国陸軍派(陸上自衛隊)&在日米陸軍
国内財閥系企業&国際金融資本
協力国政府(独・仏・露・中・その他)
※権威

     VS

(B) 旧帝国海軍(海上自衛隊)&米国海軍・海兵隊
国内財閥系企業&国際金融資本
米国政府&日本政府&協力国政府(英・他)
昭和天皇(権威)

*現実はこんなに単純でなく、例えば(A)に属する政府機関の中にも(B)に加担するものがあり、その逆もあります。日本国内の勢力分布は(A)9に対して(B)1といったところと想定されます。(A)が愛国勢力でないことは、今の現実を見てお分かりでしょう。支配側の思考はいつの時代でも、どこの国でも変わることがないのです。

この(A)(B)の国家を跨いだ複雑な対立関係こそが、米国軍機が落としているようで落とされている、そして米国がなおも沈黙し続ける「日航機事件」の背景なのです。この構造は「米国の陰謀」「米国の罠」など一国一組織を悪玉とする短絡的な陰謀論の中では最も見落とされる点です。そもそも、利益を求めて陰謀を巡らすような存在に国家のカテゴリーを当てはめること自体が誤りなのです。

(B)を見ればわかるように、日米の表の顔である両国政府が含まれており、戦後、マッカーサーの失脚から私たちに見える表舞台を主導してきたのは(B)グループであったと言えます。注目すべきは昭和天皇の存在です。陛下がなぜ(B)に含まれるか説明すると長くなるので、ここは単純に「先の戦争を通し、旧陸軍の勝手な行動を非常に嫌悪されていた」とだけ理由を述べるに留めます。良い悪いの判断を別にして、このグループが戦後40年、日本の復興と発展を担ってきたことは、歴史的事実として認めざるを得ないでしょう。

一方、日本国内において、(A)グループは必然として目立たない裏の道を歩むしかありません。彼らにとって有利なのは、戦前・戦争中に不正に蓄えた巨額の資金と、欧州・アジア各国とのコネクション、そして、権威なのです。では、(A) グループの有する権威とは何か、これは想像でしか答えられませんが、敢えて言うならばもう一人の天皇、あるいは裏天皇としか言いようがありません。表には出ないが陛下ご本人と同等に近い権威がある存在、そうでなければ、日航機事件の時や、今もって自衛隊や警察を超法規的な手段で黙らすことなどできるはずがありません。

先ほど、日米戦争と表現しましたが、その実態は(A)と(B)の対立、すなわち米国内戦と日本内戦の同時発生なのです。(B) の海上自衛隊が陸上戦力を持たない以上、実戦力として米国海軍と米国海兵隊が表に出てくることは必然であり、また主だった米国政府機関がこれに加わることから(B)全体が米国戦力と見えるのは必然なのです。

■戦後の日米戦争

〜1985 (1)グリコ森永事件 (2)日航機事件
1989 ☆昭和天皇崩御
〜1995 (3)阪神淡路大震災 (4)地下鉄サリン事件
2011 (5)東北関東大震災 (6)福島第1原発爆発事故

以上は、今回の地震を含め、私が戦後の日米戦争を端的に示す事例として挙げたものです。

(1)は犯人グループが警察の内部事情を熟知していた。また、警察で犯人がほぼ特定できたにもかかわらず連行することも捕まえることもできなかった。(A)による犯行の可能性が極めて高いが、日航機に先立つ情報統制の予行訓練をしていたようにも見える。

(2)本ブログの主力テーマ、日航機の積荷をめぐり(A)と(B)が互いに実戦力を投入したケース。勝敗は決せず(A)(B)共に沈黙を守ることとなる。

(3)-(4)と(5)-(6)の関係は非常に似通っている。「大地震発生の後の毒物テロ」。(6)をテロと言ったのは、原発を破壊した振動が東北関東大震災を発生させたそれではないとの情報を得たからです。これはどちらも(B)による地震攻撃(*)に対して(A) がテロで応戦したもの。

なぜ応戦と言えるか?社会騒乱を起こすことは、(A)にとって、(B)の傀儡である現政府にダメージを与え、後に軍事統制を引くことで(B)との決定的な戦争状態に持ち込むことができるからです。関東地方の計画停電や物資の配給ストップは、形を変えた戒厳令であり、この後で大きな政変が起こるかもしれない前触れです。

☆戦後、米国の後ろ支えを得て、旧軍部と決別した(B)の昭和天皇ですが、日本の経済成長と共に(A)が勢力を回復しはじめ、中曽根内閣誕生頃から、本来宮中行事のサポート役であるべき(A)の裏天皇との対立が深刻化。結果、毒殺されるに至ります。

*地震攻撃の主力は断層に埋め込まれた核爆弾と考えられます。電磁兵器のHAARPが噂されていますが、これは地表面に2次磁束を発生させ、主力の効果をより確実にする程度のものであると私はみています。そう考えると、現在も東京湾、千葉沖で頻発している地震は爆薬によるものであり、 この先、断層が大きく断裂した場合、関東大震災および東南海地震が発生する可能性があります。その場合の反撃手段は静岡の浜岡原発しか考えられません。関東・東海のみなさん、避難してください!

■国内騒乱を希求する人々・企業

今回の核テロを実施した(A) グループに属すると思われる人々です。詳しい説明は省略しますのでかなり乱暴ですがご容赦ください。この中に陰謀論に詳しい方々が「反米愛国者」「親米売国奴」とみなしている人物も含まれていますが、その様なパターン化した人物評こそ本当はどうなのか、巧みな情報操作なのではないか、疑いながら読まれるべきだと思います。

558ba1db

海軍主計大尉時代の中曽根康弘

--政治家--
中曽根康弘:親米と言われるが実は親中派、レーガン大統領との友情は全て演出。
小沢一郎:第3次中曽根内閣で警察と公安のトップに、123便の秘密を最も知る人物。
亀井静香:グリコ森永事件の黒幕、許栄中事件との黒い関係はあまりに有名。
福島瑞穂:弁護士時代、123便関連訴訟を体制側有利に処理、小沢一郎の子分。
羽田孜:南相木村側を地元とする議員。無能ながら小沢一郎のプッシュで総理に。

ccd36597-s

瀬島 龍三(せじま りゅうぞう、1911年12月9日 - 2007年9月4日)大日本帝国陸軍の軍人、日本の実業家。

左:大日本帝国陸軍大本営参謀時代、中央:1946年東京裁判にソ連側証人として出廷、右:伊藤忠商事会長時代

陸軍士官学校第44期次席、陸軍大学校第51期首席。大本営作戦参謀などを歴任、最終階級は陸軍中佐。 戦後は伊藤忠商事会長。号は「立峰」。義父の兄は岡田啓介、義父は岡田政権で内閣総理大臣筆頭秘書官を務めた松尾伝蔵(陸軍大佐)。

--企業--
伊藤忠商事:元陸軍参謀、瀬島龍三会長を擁す 貧しい農家の出身という出自は虚構。
住友銀行:警察予備隊であったころから自衛隊・山口組と癒着 (A) の番頭的存在。
東急グループ:五島一族 中曽根、瀬島と深く関わる 日航機調査を激しく妨害した。
東武グループ:根津一族 日航機調査を組織全体で妨害した。スカイツリーは兵器か。
電通:事実上(A)グループのエージェント組織。
トヨタ自動車:事実上尾張徳川家に支配された軍事志向の企業。
東京電力:旧陸軍系企業。神流川発電所の疑惑については他の記事を参照。
(他にもありますが、この辺で止めます)

--その他--
裏天皇(仮称):(A)グループの最高意思決定権を有する人物・または合議体。旧帝国陸軍においても、意思決定を行っていたのはここではないか疑われる。戦争中は東北の部隊を集中的に前線におくり玉砕させ、今回、福島での核汚染を平気で実行させていることから、太古から日本に住み着いていた東国人を極めて軽視しているようにも見える。おそらく、彼らを敵視する渡来系祭祀族の末裔、朝鮮半島に由来を持つ人物なのではないか。旧宮内省、現在の宮中でも大きな権力を持っていると思われる。

尾張徳川:紀州・水戸は零落したが、尾張徳川は莫大な資金を有し資本家へと転進する。明治維新は長州・薩摩と言われているが、時代の潮流を読みつつ、尾張も幕藩体制の解体に加担したのではないか。(A)のスポンサーであると疑われる。

9957d235

天台宗:徳川家の菩提寺を預かる。徳川家との深い関係は明らか。日本の黒幕的宗教と言えば某学会が有名だが、密議・謀議に手を染める宗派としては、天台宗の右に出るものはない。日本の裏金と麻薬を牛耳る闇組織である。

2858052c

水中から敵を殺害する特殊部隊

忍者:他に表現しようがないので。その風貌は、老夫婦であったり、コギャル風の女子高生であったり、子供を抱いた家族連れであったり、それでいて、バックに小型の電磁パルス発信機を忍ばせこちらに照射してくる。そのやり口は時代小説の忍者とそっくり。

信じられないことだが、今でも家族ぐるみで殺人訓練をしている忍者の里のような集落があるのだろう。尾張徳川のお抱えと考えれば何となく納得できる。妨害ポイントまでの移動に全窓カーテン張りのマイクロバスを使ってくるので、とてもわかりやすい。

a76e140f

同和系組織:教科書的には最下層の被差別民と説明されることが多いが、実際は秘伝の特殊技能を有するグループで、租税免除など支配者から特権的な待遇を得られていたと考えられる。

旧日本陸軍731部隊などは村をあげて満州に赴いていることから、その村が薬物の取り扱いを専門に行う同和系組織だった可能性がある。上述の忍者などもこのカテゴリーに属するものと思われる。グリコ森永事件も、いずれも同和出身経営者の企業を狙っているので、(A)組織内の締め付けも目的の一つだったのかもしれない。

b872a497

組系:全国の暴力団組長の9割は、在日・同和出身者で占められている。(A)の最末端であり、詳説は不用であろう。今回の騒乱においても、使い捨てられる哀れな存在とも言える。

fe5d07e4-s

日本最大の暴力団組織 山口組

■争いを超えて

以上、舌足らずな説明で、何がなんだかわからない読者の方も多かったのではないかと思います。申し訳ありませんが、今回の記事はご自身で今の事態を考える上でのメモとしてお使いください。

私がわかってほしいのは、現在の状況が、これまで知られることのなかった日本国内の内乱の表れであり、米国や現日本政府を非難するだけでは本質を決定的に見誤るということです。そしてこの内乱の歴史は非常に長く、もしかしたら、大和朝廷成立期にまで遡る根の深い話になるのかもしれません。

私は、ここで紹介した(A)(B)両グループのどちらが正当であるかないのかという議論をしたくありません。ただもう、争いによって犠牲者を出すのはたくさんなのです。それは日航機事故調査の時から一貫した思いです。

私たちは大和(ヤマト)の民であり、今こそ大和という言葉の原義に戻り、この悲しい争いを、和解を通して終わらせなければなりません。(引用終わり)

JAL123便撃墜事件を通して見るこの世界の現実

米軍機から発射されたファルコン核ミサイル(1発は不発弾、1発が命中)によるJAL123便撃墜、そして恐らくは核を超える最新兵器による米軍機撃墜という、国内2大勢力による内戦は、双方の沈黙により、一見沈静化しているように見える。

しかし、それは大きな誤りで、この2大勢力は最終決戦の時に備えて、国内外の世論操作、軍備の拡充に余念がない。

それら2大勢力を主導する者の正体は?何故そのような対立があるのか?その対立が起こったのはいつからなのか?JAL123便撃墜事件を追及していけば、これらの疑問に対する答えが見えてくる。

早い話、この問題をどうすれば解決できるのか、正直言って彼らも一体どうしたら良いのか分かっていないようだ。世界最高の権力を握らされているものの、根本的な解決方法を見い出せぬまま、数千年間にわたって争いを繰り返している。つまり、彼らのいずれの側も、世界の覇権を維持するにはもう限界が来ている。「力対力」というやり方は、何の解決にもならないばかりか、地球の破滅を招きかねない。

(地球上の遺跡を丹念に紐解けば、意図的に封印された真の地球人類史が蘇る。太古の時代、現代とは比べものにならないほどの高度な文明が、この地球上にいくつも存在していた。しかし、それらの文明は、地球を複数回襲った大自然災害と、精神の未熟さ故に、現代の核兵器を遙かに凌ぐ超兵器使用の大戦争により滅亡。JAL123便事変でも、核兵器はもちろん核を越える超兵器使用の痕跡が認められる。結局地球人類は、同じ過ちを何回も繰り返す愚かな存在でしかないのか?)

この問題を解決する方法があるとすれば、ただ一つ。それは我々一般大衆が目覚め、「黄金律」を実践することだ。筆者にはそれ以外にこのJAL123便撃墜事件のような不幸を繰り返さない方法を思い浮かばない。

我々一般大衆が目覚め、裏表の無い本当の世界平和への道を盤石なものとするときに、初めてJAL123便事件が解決したと言える。

その暁には、この事件を起こした彼らにも、新しい平和な世界の建設に加わるよう促そう。そして、これまでの罪を許し、過去は水に流そうではないか。彼らもまた「迷い人」なのである。

参照元 : ijn9266のブログ






【悪魔崇拝】世界は極少数の圧倒的な権力を持つ冷酷な金融マフィアによって支配されている「中央銀行という詐欺システム」

巨大金融詐欺 通貨発行権の濫用、中央銀行という詐欺システム

2011年6月4日

d2e7f6cc-s

ご存じだろうか?この世界は極少数の圧倒的な権力を持つ冷酷な金融マフィア達、国際金融寡頭勢力によって支配されているという事実を。

日本人の命も財産も、日本人の与り知らぬところで、彼等の派閥間で勝手に取引され「豚は太らせてから食べよ」と言わんばかりに、日本人は家畜としての扱いを受け、搾取され続けて来た。東日本大震災の直後、自国民でさえ養いかねている時も、百数十兆円もの大金を貢がされている。

7ce20e0e

まさに彼等国際金融寡頭勢力のやりたい放題。それをいつまでも許している日本人は本当に救いようのないバカである。どうしてこんなことになってしまうのか?その理由は日本人が「お金の仕組み」を全く分かっていないこと。これに尽きる。

Mayer Amschel Rothschild states, "Let me issue and control a nation’s money and I care not who writes the laws"  「私に一国の通貨の発行権と管理権を与えよ。そうすれば、誰が法律を作ろうと、そんなことはどうでも良い。」 マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド(1790年の発言)

4e3cb44e

nitigin2

「通貨の発行権」これこそが最も絶大な権力である。政治も、産業も、経済も、軍事も、全てをコントロールすることができる。通貨発行権を持った者は、汗水垂らして働く必要が無い。何故なら、お金を作るのに、ただ数字を銀行口座に入力するだけの労力しか要らないのだから。その他に努力と言えば、その絶大な特権の秘密を護るのに神経を使うこと。国民に気付かれないよう、ウソの経済学を教える。万が一気付かれたら、殺し屋の口座に金額を入力して、邪魔者を消すだけである。

fbef1d99

市中の経済学部大学院卒業者、税理士、経営コンサルタント等々、経済の専門家集団と言われる人達でさえ、殆どこの事実を知らない。中央銀行、日本では日銀だが、それは国営ではなく、株式会社というれっきとした私企業である。

中央銀行(日銀)は国の造幣局が印刷した紙幣を、額面の金額に拘わらず、印刷代だけで買い取って(1万円札も、5千円札も、千円札も、ほぼ20円/枚)それを額面の金額で政府に貸し出す(参照:日銀法第34条「国に対する貸付け等」)例:10,000円札発行(印刷代20円/枚)+政府(国民)への貸し付けで元金と利息を徴収。今回の震災緊急融資でもこうして人の不幸をネタに情け容赦なくむしり取っている現実がある。

また、日銀だけでなく、世界主要国の中央銀行を支配することにより、各国通貨発行量のさじ加減で為替レートをコントロールすることもできる。円高に誘導して日本の輸出産業を潰すこと等、朝飯前。自由に為替レートを操作する究極のインサイダー取引。そこから上がる彼等の利益は天文学的な数字になる。

51lSBAsgnkL

この世で最もボロ儲けができる商売は中央銀行経営ということがお分かり頂けるだろうか?皆さんの銀行口座にお金があるのは、汗水流して働いた労働の対価として得たお金か、或いは銀行などから借金して振り込まれたお金かどちらかだろう。

しかし、中央銀行のオーナーとなると、自分の口座に好きなときに好きなだけ、お金を入れることができる。景気不景気も、為替レートも全て自分で決めることができるので、株式投資も、先物取引も、何をやっても最新の情報で大もうけが出来る。また、情報の遅れる一般投資家を奈落の底へ突き落とすこと等、いとも簡単に出来るのだ。

0524450d

日銀を含め、世界の主要国の中央銀行を所有するのは各国の政府でも無ければ、国民でも無い。オーナーはヨーロッパの大富豪ロスチャイルド財閥やアメリカのFRB(連邦準備銀行)を支配するロックフェラー財閥等の特権階級である。彼等が善い人達なら問題は無い。しかしそうではない事が大きな問題なのだ。

20年前のバブル崩壊や2008年のリーマン・ショックで多くの日本人が財産を失った。失業し自殺した人々も多い。この事件の首謀者は彼等である。(人物写真上:Nathaniel Philip Victor James Rothschild ロスチャイルド財閥の若きプリンス、写真下:Jay Rockefellerロスチャイルド財閥の大番頭ロックフェラー家次期当主)

iaFyiUWPng7Y

日本のバブルを崩壊させて大不況を作り出し、一説には数千兆円とも言われる巨額の富を日本から消滅させた超弩級経済戦犯がいる。元日銀総裁、ロスチャイルド財閥のエージェント、澄田智である(写真下)。彼はフランス政府と、ロスチャイルドから全額資金を与えられ、フランスのスパイ養成大学を卒業。1984年 〜1989年 第25代日本銀行総裁の任期期間中、市中の銀行に圧力を掛けて目一杯貸し出し量を増大させてバブルを創出。

そして、日本中がバブルに浮かれた絶頂期を見計らって、突然マネーの供給をストップ。バブルは崩壊。以来日本経済が劇的に回復したことは一度も無い。貧富の差は益々大きくなり、庶民の暮らしは年々苦しくなっている。1989年12月16日、日銀総裁退任(日本経済破壊者としての任務完了)。

その翌月、日本国民から巨額の財産を取り上げた功績を認められ、ロスチャイルド財閥系投資銀行、ラザール・フレールの特別顧問に天下りする。彼が日本経済を滅茶苦茶にした責任を日本で問われることは一切無かった。

CI0003

話をお金の基本原理に戻そう。例えば100万円のお金を発行し、国に貸したとしよう。彼等はその100万円に利子を付けた金額を国に請求する。利子が10%なら110万円を国(国民)は日銀のオーナーに返済しなければならない。しかし発行されて市中にあるのは100万円だけである。

発行されたお金を全てかき集めても返済は不可能である。となれば国(国民)の借金は膨張を続け、いかに日本人が働き者でも、国家財政破綻がやってくるのは時間の問題である。その時、国(国民)はお金に替わる資産を彼等に奪われる。

debt-collection-agencies

「国と地方を併せて日本は約1,000兆円の借金がある。これを子孫に残さないためには緊縮財政が必要だ」というメディアで流される情報。これは嘘だということがお分かりだろうか?通貨の発行権を、彼等国際金融寡頭勢力から日本国民の手に取り戻せば、一瞬にしてその赤字国債は消し飛んでしまう。小学生でも分かるような、単純な彼等の嘘を信じ込んでいるとしたら、あなた自身こそが「子々孫々と伝わる負債」になってしまう。

2015-07-21_060841

民間中央銀行の通貨発行権の濫用が、国家と国民を借金漬けにする詐欺システムであることは、今や海外では小学生でも知っている。動画:「腐敗した銀行制度」カナダ12歳の少女ビクトリアによる講演。

64e463f0

通貨発行権を濫用され、実際ブラジルはアマゾンの密林のほとんど全てを彼等に奪われた。この中央銀行という詐欺的金融システムを理解することが第一ステップ。中央銀行の支配、通貨の発行権を国民の手に取り戻せば、景気不景気で悩むことも無い。

派遣社員切り等でハローワークが大賑わいする、という事態も無くなる。国民の福祉にも十分お金を使うことができ、もっとゆとりを持った生活ができる。この話を初めて聞く皆様、ちょっと駆け足で進めてしまったが、お分かり頂けただろうか?

参照元 : ijn9266のブログ




人類史上空前の快挙、通貨発行権を取り戻したハンガリー

2013-08-29 17:06:45

国家が国家運営のために自国の中央銀行から借金させられるというユダヤによる通貨発行権簒奪式財政運営が、いずれ必ず破綻することは、アメリカそして我が国を見れば明らかです。

アメリカ国家は、天文学的な負債を中央銀行にあたる連邦準備銀行(FRB)から負っています。日本国家も国債発行による負債が1000兆円を超えました。これらは返済できるレベルをはるかに超えており、さらに、今後利息の支払いが加速度的に増加することを考慮すれば、破綻する以外に道はありません。

日本やアメリカだけでなく、ロスチャイルド中央銀行がある国々では国家財政が赤字だらけです。恐ろしいのは、そうした国では殆どの人が、それが国家の放漫財政によるものだと思い込んでいることではないでしょうか。

国家を運営するにはお金が必要ですが、それは必要経費であり、必ずしも戻ってくる性質のものではありません。必要なときは、ケチらずに注ぎ込むのが正しいと言えます。しかし、ユダヤはメディアを使って財政赤字があたかも悪いことであるよう喧伝します。国家財政が赤字であるか黒字であるかなど、実はそれほど重要でなはないと思えてなりません。

そして、不足する財政をずーっと借金して賄おうとさせるから巨額の負債を負うことになってしまいました。

永続的に借金に頼る財政というのは根本的に間違ってないだろうか?

では、どうすればいいのか?

簡単です、政府がお金を発行すればいいだけです。政府が発行したお金で国を運営する、何か問題がありますか?発行量をきちんと制御する仕組みを作れば、できないことではありません。

元々、通貨を発行する権利は国家に帰属すべきです。通貨の信頼は、国家の信頼に基づいているので当然のことです。

そんな当然のことが当然でなくなっているのが、ユダヤの簒奪システムに取り込まれた自由主義国といわれる実は自由ではない国々です。

かつて、通貨発行権という国家が持つべき当然の権利を行使した為政者がアメリカにいましたが、いずれも殺されています。直近ではJ.F.ケネディさんです。

ユダヤの力の源である通貨の権利に触れる者は、何人であれ悲惨な目に遭います。自由主義国家で最も触れてはならないタブーの中のタブー、それが通貨発行権です。

シリアにはロスチャイルド中央銀行がないそうですが、ユダヤが今必死になってシリアを落そうとしている最も大きな要因は、シリアにユダヤ支配の中央銀行を設立して、金融で国を乗っ取る為ではないかと想像されます。

奴らにとって、ユダヤ簒奪システム以外で上手くやっている国は放置できません。シリア攻略が上手くいけば、次は必ずイランを攻めるでしょう。このまま、奴らの蛮行を許せば、本当にNWOが実現してしまいます。

しかし、世界がユダヤ簒奪システムに覆い尽くされようと言うこのご時世において、果敢にも反旗を翻す国がありました。

ROCKWAY EXPRESS 様より転載

ハンガリーは銀行の足かせを捨て去る

ハンガリーは銀行の足かせから自らを解放した

◆8月28日

ハンガリーが政府発行通貨で経済を立て直しているようだ。銀行から借金をすれば利息を支払わねばならなくなる。であるなら、国家主権を発動しての通貨発行を断行すればよいということで、勇気あるハンガリーの首相がそれを実行しているという。

これは小さなことのように見えて、これからの世界経済に多大な影響を与えていく、世紀の大事件となりそうだ。通貨発行を民間が支配ないしは影響力を及ぼす「中央銀行」という名の民間銀行に任せ、国債を買ってもらう事で利息を支払うというシステムから、無利息の政府発行通貨で、経済を回す、ということが可能だということを証明したことになるからだ。

このブログでも、安倍政権に対する要請として、2012年12月17日号「大震災復興から、日本列島イーハトーブ化へ」で示したように、政府発行通貨を断行してもらいたいのであるが、やはり以下の記事で言われている金融的専制が束縛しているのであろう。

これからの世界は、この世界経済上のさまざまな状況が天変地異とあいまって、世界大混乱の様相を呈するようになっていくであろうが、それもこれも、新しい世界を生み出すための産みの苦しみである。人類がどうしても通過せざるを得ない路程なので、腹をくくって臨まねばならない。


●ハンガリーは銀行の足かせを捨て去る

【8月23日 American Free Press】

Hungary Sheds Bankers’ Shackles

ハンガリーは一級の歴史的ステップを踏みつつある。

1930年代のドイツ以降、ヨーロッパの主要な国がロスチャイルドが支配する国際的銀行カルテルの支配から逃れようとすることは無かった。これは驚くべきニュースであり、金融的専制から自由になるための戦いを世界的に拡大させるよう愛国的民族主義者に勇気を与えるものとなろう。

既に2011年、ハンガリーのヴィクトール・オルバン首相は、国際通貨基金(IMF)とテロ国家のイスラエルのの鞭の下に、無限に続く債務にあえぐ奴隷状態に国民を売り飛ばした彼の社会主義者の前任者に対して、正義で応えると約束していた。以前の行政は責任ある立場にあるイスラエル人によって穴だらけにされていたため、大衆の怒りを買い、それで大衆はオルバンのフィデス党を選択した。

ドイツ語サイトの「National Journal」によれば、オルバンはこの高利貸し達を彼らの王座から追い出す動きを始めた。この人気があり民族主義者である首相はIMFに対して、ハンガリーはロスチャイルドの所有する連邦準備銀行の代理者から、更なる「支援」を受けたいとも思わないし必要ともしていないと告げたのだ。これでハンガリー人は民営で訳の分からない中央銀行に高利を搾り取られることがなくなることだろう。

その代わりに、ハンガリー政府は通貨に対する主権を発揮し、必要に応じて負債なしの通貨を発行する。その結果は顕著なものである。国家の経済は、以前は債務のために停滞していたものだったが、急速に回復しつつあり、国家社会主義のドイツ以来見られなかったものになっている。

経済大臣は、厳格な予算政策のお陰で、IMFから借りていた22億ユーロは約束の2014年3月よりかなり前倒しして2013年8月12日に支払いを済ませたと宣言した。オルバンは「ハンガリーは投資家から信頼を得ている」と語り、それはIMFでも連邦準備銀行でも、その他のロスチャイルドの金融帝国の手先のことではないと語った。

むしろ彼は、それはハンガリー人のためにハンガリーで何かを製造している者たちで、真実の経済成長を生み出している者たちのことを言っているのだ。これは、金権政治の海賊どもの「紙上の繁栄」ではなく、実際に人々を雇用し彼らの生活を向上させる何らかの生産的なものである。

債務奴隷の足かせ生活から解放されたハンガリーなので、私的な金儲けではなく民間の福利厚生のために政府によって機能するハンガリー中央銀行の会長が、IMFに対して古いヨーロッパの地にあるその事務所を閉鎖するよう要請したことは驚くに値しない。加えて、アイスランドの努力に共鳴して、司法長官が過去三人の首相に対し、多大な負債を国家にもたらしたことで訴訟を起こした。

ハンガリー内の銀行家らの権力を根底的に破壊するであろう残りのステップは、国家社会主義のドイツにあったような、そして現在ではブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ、つまりBRICS諸国が行っているバーターシステムを導入することである。そしてもしもアメリカがハンガリーの動きを真似るならば、アメリカ人はこの高利貸しの専制から解放され、平和的な繁栄が戻ってくることを期待できるだろう。

転載終了

何気に凄いニュースです。そして、久々に良いニュースです。ヨーロッパのど真ん中で謀反を起こされたユダヤは怒り心頭に違いありません。恐らく全身全霊で潰しにかかるでしょう。

しかし願わくば、これが世界中に飛び火して、1% VS. 99%の戦いがいたるところで発生して、ユダヤ簒奪システムが大崩壊を起こすことを祈ります。

参照元 : 生きるため


フリーエネルギー裏社会 、この映画を何度もアップすると必ず5/10だけ削除され、ついにはブロックされるよ-うになりました。この映画の制作会社からではありません。別な者の意図を感じます。こ-の映画が世にでたら何かまずいことでもあるのでは?と勘ぐりたくなります。5/10に-あたる部分です。



▼現在は全編が、めでたく観れるようになっています。




泥棒男爵(robber baron)とは、19世紀のアメリカ合衆国で蘇った、寡占もしくは不公正な商習慣の-追求の直接の結果として、それぞれの産業を支配して莫大な私財を蓄えた実業家と銀行家-を指した、軽蔑的な意味合いの用語。この用語は現在、強力か裕福になるために疑わしい-商習慣を使用したと見られる実業家や銀行家に関して使用されることもある。

この用語は-ライン川を横断する船に法外な料金を請求した中世のドイツの貴族に由来している。この-用語の起源と使用に関してはいくつかの議論がある。米国の政治経済の解説者のマシュー-・ジョセフソンが、世界恐慌の間の1934年に出した本でこの用語は普及した。

彼は、-1880年の独占反対の小冊子でカンザス州の農場主が鉄道王に適用したのが最初の使用-であると考えた。非公式な用語のキャプテンズ・オブ・インダストリー(captain-s of industry)が、「泥棒男爵」の否定的な意味合いを避けるために時々使われる。-参考:ウィキペディア

ジェイコブ・ロスチャイルド卿と対決




1995年4月1日、ネーション・オブ・イスラムの指導者、ルイス・ファラカ−ンが銀行家の悪徳を告発する。







最新記事
Amazon




楽天トラベル


人気ブログランキングへ

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ