地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

過激派組織

中東レバノンで連続自爆テロ 43人が死亡、200人以上けが「ISが犯行声明」

ベイルートで連続自爆、43人死亡 「イスラム国」が犯行声明

2015年11月13日(金)10時12分配信
 
2015-11-14_155258

[ベイルート 12日 ロイター] - レバノンの首都ベイルート郊外の住宅地で12日、2件の自爆攻撃が相次ぎ、少なくとも43人が死亡、240人以上が負傷した。現場はイスラム教シーア派組織「ヒズボラ」の拠点地区で、スンニ派の過激派組織「イスラム国」が犯行声明を出した。

ヒズボラはアサド政権を支援するため、シリアに数百人規模で戦闘員を派遣。「イスラム国」などのスンニ派武装組織との戦闘を繰り広げている。

治安関係者によると、2件の爆発は同日夜、ほぼ同時に発生。周辺は商店や住宅のほか、ヒズボラが運営する病院もある地区だという。

「イスラム国」は事件後、インターネット上に声明を発表し、組織のメンバーが爆発物を積んだバイクを爆発させたと主張した。

参照元 : ロイター


レバノンで自爆テロ 43人死亡 「イスラム国」か

2015/11/13 10:31

2015-11-14_160533

中東レバノンで、過激派組織「イスラム国」によるとみられる自爆テロが連続で起き、これまでに43人が死亡、200人以上がけがをしました。

ベイルート南部近郊で12日、爆弾を身に着けた男2人が相次いで自爆しました。2度の爆発で43人が死亡し、200人以上がけがをしました。

自爆テロの起きた場所は、「イスラム国」と戦闘を繰り返しているイスラム教シーア派の過激派組織「ヒズボラ」の支持者が多い地域で、事件後、「イスラム国」が犯行声明を出しました。

一方、「イスラム国」は、ロシアに対する攻撃を警告する映像を12日、インターネット上に公開しました。「ロシアの都市が偉大な神の衝撃を受けるだろう」などと繰り返し警告していて、ロシアがシリア領内の「イスラム国」への空爆を開始して以降、急速にロシアへの対決姿勢を強めています。

参照元 : テレ朝ニュース



2015-11-14_160547

2015-11-14_160559

2015-11-14_160610

2015-11-14_160623

2015-11-14_160643

サウジアラビアが主導する中東諸国の軍がイエメンのシーア派武装勢力を標的とした空爆を開始

サウジ主導のイエメン空爆続く ハディ大統領はエジプト入り

2015.03.28 Sat posted at 19:16 JST
 
yemen

サヌア(CNN) サウジアラビアが主導する中東諸国の軍は27日、前日に続きイエメンのシーア派武装勢力「フーシ派」を標的とした空爆を行った。フーシ派が掌握する首都サヌアでは同日夜、大きな爆発音が聞こえた。空爆による負傷者の数や被害の程度は分かっていない。

サヌアの他にも国内15カ所で空爆が行われており、フーシ派の拠点である北西部のサーダでは少なくとも10人の死者を出した。空爆の標的となっているフーシ派は先ごろ、イエメンの首都サヌアを制圧。25日には同国のハディ大統領が逃れていた南部の港湾都市アデンの主要地帯を支配下に収めた。
 
フーシ派の進攻を受けアデンを脱出したハディ大統領は27日、アラブ連盟の首脳会議に参加するためエジプトに到着した。アラブ連盟の加盟国の多くは今回の空爆に参加しており、ハディ大統領の復権をもくろんでいるとみられる。
 
イエメンは実質的に内戦状態に陥っており、ハディ政権を支援するサウジアラビアと、フーシ派と連携するイランの代理戦争の様相も呈している。空爆を主導するサウジアラビアとしては、シーア派の大国イランを警戒しており、イエメンがシーア派に支配される事態は避けたい意向だ。
 
サウジアラビアは、ハディ大統領が書簡で軍事介入を要請してきたと主張している。書簡の内容は同国外務省によって公開された。

サウジアラビアの関係筋によれば、他に軍事作戦に参加しているのは、アラブ首長国連邦(UAE)、クウェート、バーレーン、カタール、ヨルダン、モロッコ、スーダン、エジプト。米軍は情報活動や後方支援といった分野で作戦に参加しているとされる。

参照元 : CNN.CO.JP


イエメンの武装勢力、空爆にも関わらず攻勢に

サウジアラビア主導の空爆にもかかわらず、イエメンで武装勢​​力が過激派を強制することを発表。国の南部で多くの利益を作った。記者は政府軍が奪還していると発言。

Insurgents in Yemen have made more gains in the south of the country despite Saudi Arabia-led airstrikes intended to force the militants back.

Local reporters say government forces have recaptured some contested areas with the assistance of the bombing campaign that started on Thursday.

But the Shia insurgents have seized part of Abyan province, the home of President Abd-Rabbu Mansour Hadi, and Shabwa province, both in the south.

Heavy fighting between government forces and insurgents in Aden on Saturday left many casualties. The president named the southern city as a temporary capital after the rebels took hold of the capital Sanaa.

In Aden, stores remain closed. Saudi Arabia's state-run news agency says 86 diplomats from Saudi Arabia and other allied countries left Yemen on a military ship.

The AFP news agency says about 200 embassy employees and UN agency workers also left Yemen by plane from Sanaa.

Yemeni insurgents on offensive despite air strikes




イエメン:イランとサウジアラビアの代理戦争、混迷を極める

2015年3月28日 10時18分 更新

iemen

イスラム教スンニ派のサウジアラビアと同教シーア派のイランは、ずっと敵対していた。しかし、両国は直接衝突を避け、その代わりとして中東で代理戦争を展開してきた。25日、サウジアラビアはイエメンのイラン派組織「フーシ(Houthis)」に対して空爆を仕掛けた。

爆発寸前だった代理戦争が湾岸地域を飲み込む可能性がある大火へと変化した。サウジアラビアの攻撃により、イエメンにおけるイランの覇権は脅威にさらした。富裕国に挟まれている最も貧しいアラブ国家「イエメン」は戦場に変わった。

サウジアラビアは、イエメンでの空爆にあたり、少なくとも10か国による連合を指揮および援助している。同空爆は選挙で選ばれたスンニ派政府の支持を得ている。イエメンの大統領は国外へ逃げた。

イエメンへの攻撃は、陸・海・空から展開される。一方、シーア派のフーシは徹底抗戦をを誓った。そして、わずか24時間後、衝突は米国、英国およびロシアを含む世界で最も大規模な争いになった。

フーシ派政治勢力のひとりであるムハンマド・アル・ブクハイティ(Mohammed al Bukhaiti)氏は、アル・ジャジーラ(Al Jazeera)に、「イエメンでは侵略が進行中であり、私たちは侵略に対して勇敢に立ち向かいます。軍事行動は地域を広域な戦争へと引きずりこむでしょう」と述べた。

報道によると、サウジアラビアは15万人の軍隊を導入し、数日中に5,000人の兵士を南部の都市「アデン(Aden)」に送るつもりであるという。

複数の報道によると、エジプト当局は陸・海・空の援助をサウジアラビア主導の連合に提供することを誓った。アラブ首長国連邦は戦闘用のジェット機を30機提供した。バーレーンは8機、モロッコとヨルダンはそれぞれ6機ずつ提供した。

第二次世界大戦以後、米国が直接関与しない中では最大の連立である。米国は連合に対して、調査、戦略、物流面のサポートとして参加している。

イランのザリフ(Zarif)外相は「『米国の後押しを受けた侵略』の即時終了を要求した」と述べた。同相は、今までずっと、湾岸諸国や西側に向けて慎重でいるように、近視眼的にならなようにと警告してきたという。アルカイダやISISと同じ展開になることを避けるためである。

26日午後、空爆が再開された。報道によると、フーシはサウジアラビア国境に到達し、国境を横断することを目指している。戦争は地上戦に突入する可能性がある。

アメリカン・エンタープライズ研究所のイエメンアナリストであるアレクシス・クヌステン(Alexis Knutsen)氏は、「彼ら(フーシ)は再びサウジアラビア領土を攻撃する可能性があります」と述べた。

イランとフーシは、お互いに直接的な軍事協力をしていないと一貫として主張してきた。しかし、「昨年末にフーシが首都を奪取して以降、イランはフーシに武器・訓練・資金を提供している」という報道が複数ある。

先月、フーシ代表団はテヘランを訪問し、両国間の旅行を容易にするための民間の飛行協定に調印した。

27日、ヒズボラのメンバーがイエメンで、アデンに侵攻しようとしているフーシ兵士に訓練を施し武器を提供していたという情報が出回った。アデンは、イエメンのアブドラボ・マンスール・ハディ(Abed Rabbo Mansour Hadi)大統領の最後の拠点だった。

フーシは、ロシアや中国と経済取引を成立させることによって、イエメンにおける自身の存在に合法性をもたせようとしている。アラビア半島でアルカイダと戦うことによって、民衆のサポートを得ようとしている。また、サウジアラビアの空爆はフーシに対して有利に働くかもしれない。

クヌステン氏は、「空爆は、イエメン人を団結させるかもしれません。フーシに反対する人々までもを団結させる可能性があります」と述べた。

イエメンのハディ大統領は26日、アデンを去りサウジアラビアに入った。それもフーシの勝利と言えるかもしれない。クルステン氏は「現時点で、ハディ大統領が返り咲きをするのは極めて難しいと言えます。ハディ大統領は国外逃亡したので、状況は大統領に不利です」とコメントした。

サウジアラビアは、逃亡したハディ大統領とともに、フーシより先にアデンに入る準備をしている可能性がある。しかし、その行動は人民に敵対的にとられるかもしれない。イエメン南部は長い間、アルカイダを標的としている米国のドローン無人機の空爆地であった。民間人の殺害が二次被害として生じている。それゆえ、多くの現地人は、米国や米国側をあまり快く思っていない。

サウジアラビアの空爆は、今までに少なくとも17人の民間人を殺害した。空爆と外国の介入か、それともフーシかという二者択一を与えられたなら、現地の人の中にはフーシを選ぶ人も出てくる可能性がある。

フーシを支持しているフセイン・アル・ブクハイティ(Hussain al Bukhaiti)氏は「私たちはイランを必要としません」とコメントした。同氏は、サナア(Sanaa)を拠点として活動する翻訳家兼ジャーナリストで前述のムハンマド・アル・ブクハイティ氏の兄弟である。

フセイン氏は、「湾岸諸国と西欧諸国についての問題は、フーシの力を過小評価していることです。今、全世界は、フーシが何者であるかを知るでしょう」と語った。

*この記事は、米国版International Business Timesの記事を日本向けに抄訳したものです。(原文:Alessandria Masi記者「Iran, Saudi Proxy War In Yemen Makes International Enemies, Local Friends For Houthis」)

参照元 : インターナショナルビジネスタイムズ

【関連記事】
サウジアラビアがイエメンのシーア派系武装勢力が占拠する首都サヌアの軍事基地などを空爆

ISISの崩壊始まる?石油価格の下落で資金不足?給与未払いなどが原因で離脱しようとした戦闘員は投獄もしくは処刑

崩壊始まるISIL「カネなし、戦意なし、人手なし」

2015年2月27日(金)10:21
 
isis-raqqa

湯川遥菜・後藤健二両氏の殺害で、一躍日本人の関心の的となったIS(ISIL)。今後も自ら語るような残虐な活動を拡大していくのだろうか。

世界中のイスラム過激派組織が、ISILに対してバイア(服従を宣誓すること)を行っており、その中には日本に近い、インドネシアのムジャヒディン・インドネシア・ティムール(MIT)、フィリピンのアブ・サッヤーフ組織などがある。

もっともバイアの目的は、自分たちの組織をより大きく見せようという魂胆であり、必ずしもISILの言いなりに動くわけではあるまい。

イスラム過激派組織の間には、従来も横の連携が生まれたことが何度もあるが、資金援助と力の誇示が必要であり、それなしの盲従はありえない。今、東南アジアのイスラム原理主義組織がISILに対して、バイアをしたからといっても、ISILから資金援助が届くまでは、これらの組織の動きは表面化するまい。

そのISILの資金獲得には、これまで2つの段階があった。まず第1段階は、湾岸諸国などからの資金援助と個人的な援助。第2段階は、占拠したシリア北部・イラク北部の油田で採れる石油の密売だ。一時期は1日の売り上げが約1億円といわれていたが、最近では石油価格が大幅に落ち込んだため、1日3000万〜5000万円も入ればいいところであろうか。

これでは、3万人前後といわれる戦闘員に支払う給与でさえ不足しそうだ。実際に給与の未払いなどが原因で、ISILから離脱しようとする戦闘員が出てきているが、彼らは逮捕され投獄されるか、処刑されている。

ISILとしては、バイアを取り付けたものの、これでは支持組織に実利的なメリットを与えることができないため、極めて緩い関係を構築することしかできまい。

そうした中、2月10日を過ぎた頃より、イランと米国からISILの終焉が近付いているとの見通しが聞こえ始めている。

その発信元は、1人がオバマ米大統領。ISILの最近の戦い方は防衛が主で、米国を中心とする有志連合側の空爆により負けが込んでいるという。もう1人はイラン革命防衛隊のコドス軍司令官カーセム・ソレイマニ将軍だ。同将軍によれば、ISILがイラクとシリアでの戦闘で敗北を重ねており、相当数の戦闘員が犠牲になり、長くは持たないという。

彼ら2人がそう判断したのは、ISIL側が交戦で後退するケースが増え、かつ実際に敗北していくつもの拠点を放棄しているからだろう。その敗北の典型例は、シリアの北部にあるコバネ市の攻防戦だ。ここでISIL側はクルド人民兵と、クルド自治区から送られたペシュメルガ軍に敗れている。

ISILのイラクにおける戦いの目的は、イラン政府と非常に深い関係にあったマリキー・イラク前首相追い落としだった。マリキー氏の存在はイラクのスンニー派にとって最大の不満であり、欧米にとっても不愉快だった。

さらにシリアでの目的は、南北に国家を分断することにあったと思われる。クルドがその北部を支配し、パイプラインが通り、ペルシャ湾の海底にある膨大な量のガスが開発され、地中海から欧米の消費地に届けられる――その目的は見事に達成された。

今後、彼らは戦場をトルコとリビアに移すと思われる。まず、トルコは当初の良好関係と異なり、ISILへの締め付けを厳しくしていることに加え、コバネの報復をすると考えるトルコ在住のクルド人が多いからだ。

リビアにはISILにバイアをしたファジュル・ル・リビアというイスラム原理主義戦闘集団が東部地域に陣取っているし、西部のトリポリにはアンサール・ル・シャリーアト・ル・イスラームというムスリム同胞団系の、イスラム原理主義戦闘集団が存在する。そのどちらもISILに対しては極めて好意的なのだ。

しかも、リビアには石油がある。それを支配できれば、窮地にあるISILは再度世界に向けて、戦闘範囲を拡大していけるということであろう。

(笹川平和財団特別研究員 佐々木良昭 写真=AP/AFLO)

参照元 : プレジデントオンライン


これはISISを裏で操っている、ロスチャイルドやロックフェラー、米CIA、イスラエル、モサドたちの資金源が途絶えて来ていると見ていいのか?オバマは何を惚けたこと言ってるのか?(笑)

それとも情報コントロールの方針を変えたのか?ISISに金があると報道してたら、ISISに入るやつが殺到したので、今度はISISが資金難ということにして、メンバー志願する者を抑制する作戦に切り替えたのか?

本当のことは我々には分からないからね。そもそも回りは敵だらけのISISが仮に資金があっても脅威なわけないのに、色々とおかしい。何か裏があるのは明白だ。

米軍なんて、臆病者の集まりだよ(笑) 同じなんだよ、ISISも、元米英イスラエル軍特殊部隊のキチ害なんだから。ISISが強いのは丸腰の一般市民や女性や子供にだけ。無抵抗の弱い人間を好き放題残虐行為をして強いフリをする劇団員。

アメリカとイスラエルと日本政府・自民党との茶番劇で、国民の税金を強奪し、公務員(共済年金)以外の国民の年金を注ぎ込むだけでは飽き足らないのが安倍晋三だ!

『ユダヤ命!』の臆病者、アベ。

◆“The Terrorists R Us.” The Islamic State “Big Lie”  By Prof Michel Chossudovsky 25 September 2014

『“テロリストは我々でR”、イスラム国の“大噓”‐ミシェル・チョスドフスキー教授』

国際連合安全保障理事会の後援の下、オバマ大統領を議長として開催した会議において、アメリカは国際社会に向けて、イスラム国の戦闘員を募ることを抑止するために、国家及び国際レベルで強硬な措置を採るよう支持を呼びかけた。

訳者補足:2014年 9月24日ロイター

国連安保理、各国に戦闘員の海外渡航阻止を義務付け

メディア報道が言及していないのは、アメリカの対イスラム国戦略を支持している国家や政府首脳は各国の諜報機関の忠告により、アメリカの諜報機関こそが、イスラム国の暗黙の立案者であり、アメリカの援助により『ジハード主義』テロリストの広大な Networkの一部であるということを、十分に認識しているということである。

各国は、アメリカ主導の決議を支持するように強要されているか、あるいはアメリカのテロ計画に加担しているかのいずれかだ。 我々は忘れてはならない。サウジアラビアやカタールがアメリカの代理人として、ISISテロリストに資金援助し、訓練を施してきたのだ。

イスラエルは、ゴラン高原でISIL(イスラム国)を匿っており、NATOは 2011年3月以来、トルコの最高司令部と連携し、シリアに送り込むジハード戦士の調整の指揮してきた。さらには、シリアとイラク双方のISIL旅団は、西側(欧米)の特殊部隊と軍事アドバイザーによって統合されたものである。


イスラム国(ISIS)の兵士でさえ恐怖する最強部隊「クルド人女性部隊YPJ」

イスラム国は人質を次々と処刑し、女性は容赦なく奴隷にしている。そんなイスラム国がなぜ恐れるのか。イスラム国の兵士の半数は金で雇われた傭兵なのに対し、YPJの多くはイスラム国に家-族を殺され、土地を奪われたクルド人難民だ。

YPJが設立されて2年、すでに300人以上の女性兵士が死亡しているが、彼女たちは-「イスラム国なんて全く怖くない。」と語っている。 失うものが何もない人たちが集結した部隊YPJ。これほど強い存在はない。




イスラム教スンニ派(Sunni)過激派組織「イスラム国(Islamic State、IS)」とクルド人部隊との攻防が続くシリア北部のアインアルアラブ(A-in al-Arab、クルド名:コバニ、Kobane)で23日、イスラム国の戦闘員を狙-った空爆が行われた。映像は、コバニと国境を接するトルコ側から撮影されたもの。(c-)AFP

2014年10月24日

TURKEY, TURKEY-SYRIA BORDER : An air strike targeted militants of Islamic State group on Thursday who were standing near their flag on Tilsehir hill in the embattled border town of Kobane. Fierce clashes were reported in several parts of Kobane on Thursday, with heavy gun and mortar fire.



イスラム過激派組織「イスラム国」に参加しようとした北海道の大学生「戦闘員になり人を殺すつもりだった」

「戦闘員になり人を殺すつもりだった」北海道大学生

2014年10/09 11:51

mqdefault (7)

イスラム過激派組織「イスラム国」の戦闘員に北海道大学の男子学生(26)が参加しようとした事件で、男子学生が「戦闘員になって人を殺すつもりだった」と話していることが分かりました。

北海道大学の男子学生は、イスラム国に戦闘員として参加するためシリアへの渡航を計画したとして、警視庁公安部から任意の聴取を受けています。その後の捜査関係者への取材で、大学生が事情聴取に対し、「戦闘員になって人を殺すつもりだった」と話していることが新たに分かりました。

また、男子学生は、相談した元大学教授から「『イスラム国はあなたが来るのを歓迎する』と言われた」とも話しているということです。この元教授は「『戦闘員ではなく、移民として日本人が行く』とイスラム国の幹部に伝えた」などとするコメントを出しています。

参照元 : テレ朝ニュース


「イスラム国」参加計画、古書店関係者「北大生に渡航費貸した」

2014年10月09日11:26

mqdefault (9)

北海道大学の大学生が「イスラム国」に参加するため、シリアに渡航しようとした事件です。シリアでの求人広告が貼られていた古書店の関係者の男性が、警視庁への事情聴取に対し、「大学生に渡航費用として十数万円を貸した」と話していることが分かりました。

この事件は、「イスラム国」に戦闘員として加わるため、シリアに渡航する計画を立てた疑いで北海道大学の大学生(26)らの関係先が捜索を受けたものです。大学生は今年4月、東京・JR秋葉原駅近くの古書店に貼られていた求人広告を見て応募しましたが、古書店の関係者の男性が警視庁の任意の事情聴取に対し、『自分が貼り紙をした』『大学生に渡航費用として十数万円を貸した』と話していることが分かりました。

古書店の関係者の男性から大学生を紹介され、シリアへの渡航をあっせんした中田考 元大学教授(54)はインターネットで、「自分は『イスラム国』のリクルーターではない」との見解を明らかにしています。

警視庁公安部は、古書店の関係者の男性らが、渡航計画にどのように関わったのか全容解明を進める方針です。

参照元 : TBSニュース





【関連記事】

26歳の北海道大生ら複数の日本人「休学中、シリアに入ってイスラム国(ISIS)に加わり、戦闘員として働くつもりだった」

【閲覧注意】アレッポでイスラムフロント戦闘員2名が過激派組織「イスラム国」に斬首される(R18指定)

アレッポでイスラム国によって斬首されたイスラムフロント戦闘員

イスラムフロント戦闘員はAkhtarin、アレッポの地域で「イスラム国(ISIS)」によって斬首された。イスラム国は2014年8月13日、激しい衝突の後に敵対する戦闘員を殺して町を占拠した。これらのイスラムフロント戦闘員の斬首は、現地で実施された。
 
IMG_3405

*GRAPHIC* - Islamic Front fighters beheaded by Islamic State in Aleppo

Islamic Front fighters were beheaded by the “Islamic State (IS)” in the region of Akhtarin, Aleppo. The Islamic State captured the town from the rival fighters after fierce clashes on August 13th, 2014.

The beheading of these Islamic Front combatants was probably carried out in that region.

You can find all war crimes posts on www.syrianfight.com. Spread the word about these crimes. If you have any videos or pictures of executed, beheaded, hanged or crucified people, message me a link and I will do my best to find out more information on it.

参照元 : SYRIANFIGHT


イスラム国(ISIS)はあまりにも残虐すぎるため、他の過激派グループからドン引きされている。

砂漠にて、ISISの武装勢力がシリアの市民を斬首する残虐映像。処刑場所はアルジェリアの砂漠らしい。(※ 閲覧注意 R18指定)

A syrian citizen is executed by beheading in the desert, probably by IS insurgents.
The original uploader says the executioner could be algerian.

Frustrated jihadist can’t find a way to finish a beheading




デイルEzzorのシリア ISISによる虐殺

Massacre by ISIS in Deir Ezzor Syria

Massacre in Deir Ezzor




Syria, Meeting ISIL, #ISIS - Documentary ++ WARNING GRAPHIC++

Published on Aug 14, 2014

The film offers a first-hand account of the #ISIL. With exclusive access, the camera is allowed to record the most private moments of the group shedding more light on its inner workings.



イラク過激派組織「イスラム国」が町を襲い多数の男性を殺害!女性や少女、少年約1500人が拉致され性奴隷に

イラク過激派が町襲撃 男性殺害、女性など100人超誘拐か

2014.08.14 Thu posted at 12:27 JST
 
yazidis-iraq2-cnn

バグダッド(CNN) イラク北部で勢力を拡大しているイスラム教スンニ派過激派組織「イスラム国」の幹部は13日、組織のメンバーが同国北部シンジャルの町を襲い多数の男性を殺害し、ヤジディ教徒の女性や子ども100人以上を誘拐したと述べた。

この幹部によると、同組織は1週間以上前に町を乗っ取り多数の男性を殺害。その際、女性と子どもを誘拐し、同国北部の都市モスルに連行したという。

同幹部は「イスラム国はこの機会を利用して女性や子どもをイスラム教に改宗させる」と語った。

同組織の襲撃から逃れた人によると、組織のメンバーが村の人びとを捕まえ、男性を女性や子どもから引き離していたという。シンジャルの山中には多数のヤジディ教徒が同組織に包囲されて身動きがとれない状況が続いており、米国などが人道支援物資の投下や同組織への空爆を実施している。

参照元 :
CNN.CO.JP

イスラム国が1500人性奴隷に=少数派女性ら―国連声明

2014年8月14日(木)6時50分配信

【ニューヨーク時事】国連事務総長のムラデノフ特別代表(イラク担当)とバングラ特別代表(紛争下の性暴力担当)は12日付で共同声明を出し、イスラム過激派「イスラム国」がイラクのヤジディ教徒ら少数派住民を誘拐し、性暴力を働いているとの情報があるとして「重大な懸念」を表明した。

女性や少女、少年約1500人が拉致され、性奴隷となることを強いられた恐れがあるという。誘拐されたのはヤジディ教徒やキリスト教徒のほか、イスラム教徒のトルクメン人やシャバクなどイスラム国が制圧した地域の少数派の人々。

声明はイスラム国の行為が戦争犯罪や人道に対する罪に当たる可能性があると指摘。その上で、地域諸国政府を含む国際社会に対し、被害者の即時解放に向けた支援を訴えた。

参照元 : 
時事通信

イラク過激派組織「ISIS」がシーア派のイラン人を大量虐殺

映像の説明によると、事件の場所はイラクのティクリートで、過激派組織ISISがシーア派のイラン人を大虐殺する映像を公開した。
 
491859-82e4429a-f4d2-11e3-ba3b-878da0800edb

*GRAPHIC*

According to the video description, the place of the incident was "Tikrit" in Iraq, according to a video description, and describe themselves as Rafidis, which include Shiites, Iranians, Alawites ..... an imprecise term.

According to a Twitter Video Description the largest massacre of Shiites in Tikrit.

It is not known if it this video relates to the first massacre in Tikrit ago more than a month, or if they have committed more massacres.

The full length video of 36 minutes can be seen here, with the executions in the last 5 minutes.

Unconfirmed Reports of Video of the Iraq Mass Executions by ISIS

【関連記事】
【閲覧注意】イラク過激派組織「ISIS」が敵対する相手を車ですれ違いざまに射殺しまくる映像(R18指定)

【ケニア・ショッピングモール襲撃事件】テロ制圧作戦にイスラエルが協力か

テロ制圧作戦にイスラエルが協力か

2013.9.24 16:37
 
mds13092416370005-p1

イスラム過激派組織が関与を認めたケニアの首都ナイロビでのショッピングモール襲撃事件で、イスラエルがケニアに協力したとの見方が広がっている。両国が治安対策などで築いてきた良好な関係が背景にある。イスラエル側は公式には確認していないが、イスラム過激派の活動を抑え込む狙いもありそうだ。

「イスラエルは(武装集団との)交渉戦略(立案)をめぐり、ケニアに助言している」。ロイター通信は、イスラエル治安当局筋の話としてこう報じた。未確認だが、イスラエル軍がケニア治安当局などの作戦に参加したとの情報もある。

イスラエル紙ハーレツによると、イスラエルはケニアに兵器を売却しているのに加え、軍事的な技術情報も提供。ケニア軍兵士に対テロ訓練も実施しているという。イスラエルは長年、周辺地域の敵対勢力への対策を進めており、高い情報収集能力を持っている。(共同)

参照元 : 産経新聞
【関連記事】
ケニアの首都・ナイロビで、ソマリアのイスラム過激派組織「アル・シャバブ」が商業施設を襲撃!これまでに62人が死亡、175人以上が負傷 http://blog.livedoor.jp/charosuke0127/archives/51925227.html
ケニア商業施設襲撃のテロリストに「白い未亡人」の異名で知られ、ケニアなどでアルシャバブや他のイスラム過激派を結びつける活動をしてきた英国出身の白人女性関与か
http://blog.livedoor.jp/charosuke0127/archives/51925268.html

人気ブログランキングへ

最新記事






楽天トラベル



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ