プーチン大統領 「クリミア併合考えていない」

2014/03/05 05:50
 
mqdefault (3)

ロシアのプーチン大統領は4日、ウクライナ情勢について記者会見し、クリミア半島の併合は考えていないとしたものの、今後の情勢次第では軍事介入もあり得ると含みを残しました。

ロシア・プーチン大統領:「(Q.クリミアを併合するつもりは?)考えていない」「軍事行動は現時点では必要無いが、その可能性はある」

プーチン大統領は、現在、クリミア半島の複数の空港やウクライナ軍基地などを包囲している武装集団は、ロシア軍の兵士ではなく、地元の自衛軍だと主張しました。軍事力の行使は最後の手段であるとしながらも、ウクライナ国内にいるロシア系住民の要請があれば、あらゆる手段を講じる権利があると強調しました。また、アメリカやEU=ヨーロッパ連合などがロシアに対して経済制裁を発動すれば、双方にとって損失になると警告しました。

参照元 : テレ朝ニュース




ロシアの“軍事介入”を改めて非難 オバマ大統領

2014/03/05 05:51
 
mqdefault (1)

アメリカのオバマ大統領は、ロシアの行動を軍事介入と断定した上で、国際法違反だとしてプーチン大統領を改めて非難しました。その一方で、ロシアにはまだ国際社会とともに行動する機会があると呼び掛けました。

アメリカ・オバマ大統領:「プーチン氏がどんなに多く語っても、クリミアでの現状は、彼が国際社会の原則に従っていないことを示している。まだロシアには、状況安定のため国際社会とともに行動する機会が残されている」

ケリー国務長官は4日、ウクライナに到着し、治安部隊とデモ隊が衝突し、多くの犠牲者を出したキエフの独立広場を訪れました。長官は集まった市民に対し、「彼らは自由のために戦った」と一連のデモをたたえました。

キエフ市民:「悪いのはヤヌコビッチ前大統領よ。だから逃げ出したの」

アメリカ・ケリー国務長官:「ありがとう。お元気で。私たちはあなた方を助けます」

また、ケリー長官は、ウクライナの首相らと会談し、対応策を協議しました。

アメリカ・ケリー国務長官:「ロシアが軍隊を基地に戻さず状況を沈静化させる合法的な政策を取らないなら、更なる対応をする用意がある」

さらにケリー長官は、巨額債務に苦しむウクライナに対して10億ドル、日本円で約1100億円の融資を保証すると発表しました。

参照元 : テレ朝ニュース



【関連記事】
【ウクライナ抗議暴動】デモ参加者が次々と射殺されていく映像 クリミアのウクライナ軍は露側に付く動き