【炎上】スタバの福袋限定108個を先頭の人が全部買い占めてオークション転売

2016年1月2日

スターバックスが1/1から売りだした福袋について、二子玉川の店舗で先頭客が全てを買い占めてしまい、2番目以降に並んでいた客が一人も買えなかったというハプニングが起きた。その後、オークションに大量に出品されているのが見つかり、問題視されている。

一体現場で何があったのか。Twitterで報告されている情報をまとめてみた。

▼スタバの福袋は毎年大変な人気で一年に一度しかないチャンスとあって、朝5時から並んでいる人もいた。しかし、先頭の客が大中それぞれ60個、48個全てお買い上げ。しかもちゃんと列に並んでいるわけではなく、椅子を置いて側の車で待機しているだけだった。

starbacks_luckybag-2

▼現場の写真。矢印がついているのが問題の車。長く見える行列にいる人はみんな被害者になった。

starbacks_luckybag-3

▼「朝から唖然」。これは炎上してしかるべき案件だ。

starbacks_luckybag-4

この他にもTwitter上では「一人だけが買いさらっていった」「せっかく並んでいたのにみんな買えなかった」「車で待機していた人が全部もっていった」などという文句が多くみられた。なお、スターバックスは店舗によっては個数制限をしていた模様。

▼こちらの別店舗では一人3点までとなっている。

starbacks_luckybag-1

▼しかし、スターバックス公式HPでは、「複数点をお買い上げの場合には1円単位の端数が生じることがあります」とあるだけで、個数制限にまでは踏み切っていなかった。

starbacks5

スターバックス側もまさか1人で108点も買い占める人が現れるとは予想もしていなかったのだろう。さて、それでは買い占めた人は何が目的だったのか。netgeek編集部には心当たりがあった。ヤフオクを見ると、1万円代の高額で商品が出品されている。なんと袋自体も1800円で売られているではないか。

starbacks6

ざっと計算しても1袋あたり数万円単位の儲けが出ることになる。それが108袋分だと…。悪知恵が働くモラルのない連中が動くのも納得がいく利益だ。今回のヤフオクの出品にあたっては不自然な複数IDが巧みに利用されており、組織的な犯行という指摘もある。来年からはスターバックスに限らず、人気ブランドは福袋に個数制限を設けてもらいたいものだ。

参照元 : netgeek


スタバ福袋買い占め事件、犯人がInstagramで自慢していたため特定完了

2016年1月3日

スターバックス二子玉川店の福袋108個全てが何者かに買い占められ、2番目以降に並んでいた人が一つも買うことができなかった事件で、netgeek編集部が犯人を特定すべく探したところ、見事見つけることができた。犯人はたちの悪いグループで、買い占めを金儲けのビジネスとして頻繁に行っていたようだ。

▼Instagram「johnny_s_inc」(退会済)による投稿。福袋を前にして「個数限定がなけりゃ全部買いますよね?!先輩方のお陰でGET」

starabacks_fukubukuro-1

▼こちらはその先輩とみられる「deking7777」の投稿。買い占めたときのレジの表示、合計488,539円を写し「朝からすんごい会計」。dekingは出禁キングという意味だと思われる。

starabacks_fukubukuro-1

▼買い占めた福袋。106個とあるが、おそらく108個の間違い。一人では持ち帰れないので集団で車に運んだとみられる。

starabacks_fukubukuro-2

▼買い占め事件がネット上で炎上してからこの男性は投稿を消してしまった。だが、こんなこともあろうかとキャプチャを撮っておいてよかった。今回ばかりはnetgeek編集部はいい仕事をしたと自画自賛してもいいのではないだろうか。

starabacks_fukubukuro-4

▼deking7777のアカウント。他の投稿も見たところ、上半身裸で写っている写真があり、銭湯に入れる体ではないことが分かった。お仲間も同じ体でかなり恐い。

starabacks_fukubukuro-5

スターバックスの福袋については売りだした直後からヤフオクに出品されており、明らかにスタバのファンではない転売目的の輩が金儲けに利用したことが分かっている。しかも、アカウントは複数使われており、もはや個人の小遣い稼ぎというレベルを超えていた。ざっと計算して48万円で購入しても、数百万円の利益があったとみられる。

このdeking7777は先頭に並ぶ常連らしい。普通の社会人であればこんな時間はとれないので、もはやこれが仕事の一つなのか。

▼洋服ブランドSupremeの並び。「今回も先頭は死守。後輩たちあんがと」とある。

starabacks_fukubukuro-6

▼「1番先頭におる」。Supreme、ノースフェイス狙い。

starabacks_fukubukuro-7

買い占め事件については、個数制限をせずに先頭客に全て売ってしまった二子玉川店の対応についても非難が集まったが、こうしてみると悪質な行為を繰り返している連中が1番悪いことは言うまでもない。スターバックス二子玉川店はむしろ被害者ではないか。モラルなき行為、絶対に許してはいけない。

参照元 : net geek

スタバ「福袋買い占め」で利用客に謝罪 先頭グループが108個すべて購入 個数制限なしの理由は

2015年1月6日(水)21時56分配信

1月2日、「スターバックス・コーヒー」のある店舗が福袋を販売したところ、先頭の5人組が在庫108個をすべて買い占め、後ろに並んでいた客が購入できない事態が発生しました。ネットでは買い占め行為やスターバックスの対応に批判の声が続出。スターバックス・コーヒー・ジャパンの広報担当者は「イレギュラーな事態で購入できなかったお客様には謝罪するとともに、出来る限りの対応に努めております」とコメントしました。

【スタバ福袋の中身の一例】

福袋とは、スターバックスが毎年お正月に全国の店舗で販売している3500円と6000円(いずれも税込)の商品。各店それぞれ一定数を用意し、なかにはタンブラーやコーヒーの粉、ドリンクの無料チケットなど、スターバックスのアイテムが数点入っています。各商品を買うよりお得な内容となっており、店舗によっては早朝から並ばないと手に入らないところもあるなど人気の福袋です。

買い占めが起こったのは「二子玉川ライズドッグウッドプラザ店」(東京都世田谷区)。3500円と6000円の福袋を合わせて108個用意し、オープン時間の7時から販売し始めました。開店前から店頭には福袋目当ての列ができていたのですが、先頭には5脚の携帯イスが置かれ、持ち主は店近くに停めた車の中で待機。オープンに合わせて車から先頭へ5人が戻り、個数制限がないということで108個すべての福袋を買い上げました。

Twitterでは実際に朝5時から並んだというユーザーが、同店で買い占めがあったことを「椅子置いといただけで並んだに入るって酷くない??」とツイート。さらにはInstagramにスターバックスの福袋を100個以上並べた写真を「個数限定がなけれりゃ全部買いますよね?!」と投稿している人が発見され(投稿は削除済み)、本件に対しネット掲示板やTwitterで批判のコメントが相次いでいます。

批判や疑問の的となっているのは主に2つ。ほかの客が並んでいたにも関わらず買い占めた5人のモラルと、個数制限を設けるなどして買い占めを防げなかったスターバックス店舗側の対応です。

年始は人気の福袋をネットオークションで転売して儲けようとする人が少なからず現れます。すでに「ヤフオク!」では2016年のスターバックスの福袋が約1600件売りに出されているのですが、2種類あわせて1万5000円など、定価以上でないと落札できない商品も散見されます。

こうした現状から5人の買い占めは転売による儲けを狙ったものだとし、福袋の中身が欲しい客をないがしろにした悪質な行為と、ネットでは非難する人が数多く発生。転売目的でないにしろ、ほかにも福袋目当ての客が明らかにいるのに買い占めを行った、5人のモラルを疑う声が上がっています。

一方で、買い占めを未然に防ぐ対応ができなかったことに店舗側への批判意見もあります。「制限付けないスタバが悪い…マナーが守れないなら、規則を付けるしかない」「多数の客に配慮できない店員しかいない店に、買えなかった人たちはその後通ってくれるんだろうか?」など。タレントのクリス松村さんも本件に対しブログで、買い占め側の倫理感に疑問を呈しながらも、「(現場が)とっさの判断が出来なかったことが問題だと個人的には思います」と触れました。

スターバックス・コーヒー・ジャパンの広報担当者によると、福袋は普段の客層や例年の販売実績に応じて、店舗ごとに個数制限を設けるかどうか判断しているとのこと。二子玉川ライズドッグウッドプラザ店は住宅街に位置しており、利用客も地域の住民が主です。過去に買い占めはなく、友達や家族から購入を頼まれた1人客などにも対応したいというサービス精神から、あえて個数制限は設けなかったと言います。

実際に5人組が買い占めるとき、現場がどのような対応をしたのか詳細は不明。本件を受け近隣店舗の「玉川高島屋S・C店」では、予定になかった個数制限(1人3個まで)を急きょ設けることにしたそうです。

「今回の買い占めは完全にイレギュラーなものでした」と広報担当者。長時間並んだのに購入できない客がいたことについて「お客様には大変申し訳無いことをしたと思っています。本人に対して出来る限りの対応を務めています」と、当事者への謝罪の意を示しました。今後福袋の個数制限を全店舗で実施するかどうかは「検討中」と回答しています。

コーヒーカップに客を労うメッセージを店員が書き込んだり、渡し損ねたお釣りを本人へ郵送したりと、現場独自の“神対応”も耳に飛び込んでくるスターバックス。買い占め行為を防ぐためマニュアルを設けるのも一手ですが、現場で店員が生み出す良サービスの芽を摘む可能性もあります。来年の福袋では利用客本人から不満が出ないような、スターバックスのより良い店舗づくりに期待したいです。

ちなみにスターバックスの福袋には限定品が入っているといううわさがあり、これが転売品の高騰を招く原因の1つとなっています。広報担当者によると、実際には「東京限定」や「○周年記念」といった希少性の高い地域・期間限定品が入っているわけではなく、比較的自分で手に入れられるアイテムが入っているとのこと。店舗ごとに中身の違いは若干あるものの全体的に似通っており、店舗独自の色が特別濃いわけでもないそうです。限定品というプレミア感を求めて高価な転売品に手を出しかけていた人は、心に留めておきましょう。

参照元 : ねとらぼ

▼スタバ福袋の中身

2016-01-07_020329

▼ジムで鍛えた体とTATTOOを投稿

MriFOYB

ZJfCjny

ZRKyhp3