地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

警察不祥事

兵庫県警・三田署交通課の男性警部補が上司の速度違反もみ消し

上司の速度違反もみ消し 三田署警部補を書類送検

2017/9/22 11:41

2017-09-25_002026

上司のスピード違反をもみ消したとして、兵庫県警が22日、三田署交通課の男性警部補(51)を犯人隠避の疑いで神戸地検に書類送検したことが、捜査関係者への取材で分かった。速度違反取り締まり中に同署地域課長だった男性警部(54)=現機動パトロール隊=の違反を見つけながら適正に処理せず、「同僚を取り締まりたくなかった」などと話しているという。

県警は同日付で警部補を停職3カ月の懲戒処分にした。一方、警部は「(もみ消しを)積極的には働き掛けていない」と説明し、警部補も同様の趣旨の供述をしていることから、速度違反による戒告処分に。また、もみ消しを見過ごしたとして他の交通課員3人を本部長注意とした。

捜査関係者によると、警部補は昨年5月27日午前7時すぎ、三田市内の県道(指定速度40キロ)で速度違反取り締まり中、時速63キロで自家用車を運転していた警部の違反を見つけながら、反則切符を切らなかった疑いが持たれている。警部は出勤中だったという。

現場には警部補を含め交通課員6人がおり、警部はいったん停車したが、警部補と会話した直後に発進したという。現場にいた同課員数人は「後で手続きすると思っていた」などと話したという。今年7月に県警監察官室に内部通報があり、県警が捜査していた。

参照元 : 神戸新聞NEXT




徳島県警三好署が21歳の専門学校生の女性を誤認逮捕し、19日間拘留

21歳女性を誤認逮捕、一貫否定も19日間勾留

2017/9/11(月) 11:53配信

短文投稿サイト「ツイッター」を利用した詐欺事件に絡み、徳島県警三好署が愛知県豊田市の専門学校生の女性(21)を詐欺容疑で誤認逮捕していたことがわかった。

女性は一貫して関与を否定していたが、19日間勾留された。同署は女性に謝罪。11日、女性になりすまして現金をだまし取ったとして京都市内の中学3年の少女(15)を同容疑で書類送検した。

徳島県警によると、昨年8月、女性が人気アイドルグループ「関ジャニ∞(エイト)」のコンサートチケットについて「用事で行けなくなったので売ります」とツイッターに書き込んだ。これを見た徳島県内の女子高生(18)ら2人が購入を希望し、指定された口座に計8万円を振り込んだ。

しかし、チケットが届かなかったため、同署に被害相談。捜査関係者によると、同署は書き込みに加え、現金の振り込み先口座も女性名義だったことなどから、5月15日に女性を逮捕した。

参照元 : 読売新聞




埼玉県警が無職男性(53)を覚せい剤所持で誤認逮捕 約10時間後に釈放

覚せい剤所持で誤認逮捕=10時間後に釈放―埼玉県警

2017/6/5(月) 22:10配信

埼玉県警薬物銃器対策課は5日、同県深谷市の無職男性(53)を覚せい剤取締法違反(所持)容疑で誤認逮捕し、約10時間後に釈放したと発表した。

県警によると、深谷署の捜査員が別件の容疑で5日午前に男性宅を捜索した際、押し入れの中にあったポーチからビニールの小袋に入った白色粉末1袋を見つけた。現場で試薬を用いて簡易検査し、覚せい剤の陽性反応が出たと判断し、男性を現行犯逮捕した。

しかし、県警科学捜査研究所が粉末を鑑定したところ、覚せい剤は検出されなかった。

加藤裕・深谷署副署長の話 心からおわび申し上げる。適正捜査に努めたい。

参照元 : 時事通信




窃盗事件を担当する神奈川県警の伊勢佐木署の巡査部長(37)が電車内で寝ていた女性からパスモを窃盗

窃盗担当の刑事が“窃盗” 捕まえる側が捕まり…

2016/11/19 17:50

2016-11-22_091104

窃盗事件を担当する神奈川県警の刑事が電車内で寝ていた女性からパスモなどを盗んだとして逮捕されました。

神奈川県警伊勢佐木署の巡査部長・黒田昌克容疑者(37)は19日午前0時半ごろ、横浜市営地下鉄ブルーラインの車内で、座席で寝ている女性(27)が手にしていたスマートフォンのケースからパスモなどを抜き取って盗んだ疑いが持たれています。

警察によりますと、黒田容疑者は窃盗事件を担当する刑事で、勤務の後に同僚と酒を飲んで帰宅する途中でした。黒田容疑者が女性の前に立って不審な動きをしているのを乗客の男性が見つけ、警察に通報しました。取り調べに対して、黒田容疑者は「酔っていて思い出せない」と容疑を否認しています。

参照元 : テレ朝ニュース



2016-11-22_091112

2016-11-22_091120

2016-11-22_091129

2016-11-22_091137

2016-11-22_091145

2016-11-22_091154


【日本最大の犯罪組織】警察不祥事隠しの裏にマスコミとの癒着!強制わいせつ、窃盗、横領などの警察犯罪が年間99件隠蔽されていた

強制わいせつ、窃盗、横領…年間99件もの警察不祥事が隠蔽されていた! 不祥事隠しの裏にマスコミとの癒着が

2016.10.09

2016-10-20_090000

警察組織による、警官の犯罪の隠蔽――。毎日新聞10月3日付の「懲戒処分 違法疑いの警官ら未発表 昨年、全国99人」は、新聞が久しぶりにうった“警察不祥事のスクープ”だった。

今年1月警察庁が2015年に不祥事で懲戒処分を受けた警察官と警察職員は293人と発表していたのだが、そのうち多くの不祥事が隠蔽されていたことがわかったのだ。

毎日新聞が警察庁と全国47都道府県警察に情報公開請求をし、報道発表の有無や各事案の詳細について追及したところ、昨年1年間で、不祥事などにより懲戒処分を受けた警官ら293人のうち実に99名が、窃盗、業務上横領、強制わいせつ、迷惑防止条例違反、速度違反など、法令違反の疑いがあるにもかかわらず、警察側は処分時に公表していなかったことがわかった。

その一例はこうだ。「東京都警察情報通信部の技官」が、都内の地下鉄駅で女性の上半身に触れ、とがめた女性を突き飛ばした挙句、駆け付けた駅員2名に暴行を加えたとして、迷惑防止条例違反と暴行容疑で逮捕。警察庁は昨年12月、減給3カ月(10分の1)の懲戒処分とした。だが、この事案を警察庁は発表しなかった。

しかも情報開示された「処分説明書」では、不祥事を起こした者の詳しい所属部署や氏名欄が「黒塗り」だったという。警察庁は毎日新聞の取材に対し、発表基準について「人事院の公表指針を踏まえて定めた警察庁の発表指針にのっとり行っている」と回答。同じく都道府県警察も「警察庁の指針を参考に判断」「具体的内容は回答を差し控える」と明確な基準を明かそうとしない。

だが通常、一般人が同様の行為に及ぶと、逮捕された後、当局が氏名や容疑などを報道機関に発表する。容疑者が“身内”の警察官だということで未発表にするというのは、警察という巨大かつ公的な組織による“隠蔽”と言わずしてなんと言うのか。まったく呆れるほかないが、しかし、これは氷山の一角と見るべきだろう。

というのも、警察不祥事は、新聞やテレビなどの大マスコミにとって、行政機関では検察に次ぐ“メディアタブー”だからだ。その一番の要因は、言うまでもなく、警察がメディアにとって重要な情報源だということ。とくに新聞やテレビの社会部が扱う事件・事故報道の8割以上は警察発表に依存しており、新人記者は毎朝の“サツ回り”という各警察署への挨拶詣からキャリアを始める。

ようは彼らにとって警察は一番のネタ元、お得意様なのだ。それゆえ、警察から睨まれると困る大マスコミは、組織的な警察不祥事を積極的に報じず、警察組織全体を批判する論説もめったに掲載しないのである。

実際、過去には警察が不祥事を追及した新聞に対し、あからさまな“報復”をみまった事例も過去に明るみになっている。

有名なのが2003年から04年にかけての北海道新聞の“道警裏金問題”追及キャンペーンだろう。03年、テレビ朝日『ザ・スクープ』が北海道警旭川中央署の裏金づくりをスクープすると、すかさず後追いした地元ブロック紙の北海道新聞は、翌年にかけて道警全体の裏金を徹底追及する調査報道を展開。

最終的に道警は裏金の存在を認め不正支出の一部を返還、関係者3000人以上を処分するという大規模事件となり、道新の報道は高く評価され、新聞協会賞や日本ジャーナリスト会議大賞、菊池寛賞など数々の賞を受賞した。

だが、その後北海道新聞を待ち受けていたのは、道警からのあからさまな嫌がらせだった。道警は個別取材を道新だけ拒否し、詳しい捜査資料を渡さず、記者クラブ加盟社による囲み取材でも道新記者のみを排除したという。

さらに道警は道新に対して“報復捜査”とも言えるほどの徹底的なマーク開始し、あら探しを始めた。結果、04年に道新室蘭支社の元営業部次長が横領容疑で逮捕されたほか、当時の社長まで事情聴取を受け、翌年05年には裏金問題取材班のデスクとキャップが支社へ異動になり、取材班は崩壊。その裏では、道警との関係修復を望んだ道新上層部の意向があったと言われている。

言うまでもなく、こうしたプレッシャーが露骨に働くのは、警察が逮捕権を有しているからだ。かつては新聞やテレビの社員が軽犯罪や法令違反を犯しても、警察がそれをもみ消したり発表を控えることで“恩”を売り、反対にマスコミは警察不祥事報道や警察批判を控えて“恩返し”をするという談合が常態化していた。

あるいは新聞やテレビ記者のほうから提案し、所轄の警察関係者の不祥事を記事化しないかわりに、民間の事件モノの特ダネをもらうというような取引が横行している。

また、新聞・テレビだけなく、週刊誌の編集長や記者などに対しても、警察は懇親会と称して酒や高級料理、ゴルフなどで接待漬けにし、そうすることで1990年代中頃まで警察マスコミのズブズブの関係は長らく続いてきた。

しかし2000年を前後して、神奈川県警や新潟県警などの不祥事が相次いで発覚すると、市民の怒りを背景に、新聞やテレビも報道にようやく重い腰を上げ始める。だが、それでも追及されるのは地方警察だけで、警視庁や警察庁に関してはずっと“警察タブー”が温存されてきた。

たとえば1999年には「フライデー」が警視庁の銃器対策課が一般市民の名前を使って領収書を偽造し、幹部の飲み代や接待費に回していたことをスッパ抜き、その2年後には警視庁警備第一課の会計担当職員による裏金作りの実態の実名告発を掲載したが、そのどちらもテレビや新聞は後追いしないどころか、完全に無視するという有様だったのだ。

そして2000年前後のマスコミによる警察不祥事報道の盛り上がりも、前述の北海道新聞の道警裏金問題の報復が決定だとなって急速にしぼんでいった。地方警察であっても組織ぐるみの不正が追及されることはほとんど見られなくなっていった。

先に述べたように、逮捕権をもつ警察組織は、不祥事報道を行ったメディアに対する“徹底マーク”をほのめかし、実際に明らかに“報復”としか思えない恣意的な記者の逮捕も行われるようになった。

これにより、新聞やテレビは上層部がスキャンダルを恐れて現場に自主規制の圧力をかけるようになり、一方、もともとグレーゾーンな取材方法をとることがある週刊誌などは逮捕されることを恐れ、警察不祥事の報道に尻込みするようになったのだ。

2010年代に入っても、その傾向は続いている。読者のなには新聞や週刊誌で警察不祥事の記事を度々目にしている印象を持っている人も少なくないと思うが、それらの記事をよく読めば、99パーセントは地方の県警・道警のしかもごく限られた部署のなかだけの話だったり、末端の警察官個人の犯罪行為、不適切行為の話題に終始していることがわかるはずだ。

しかもそれですら、かなりマイルドにされた警察発表を、地域関係者への聞き込みなどをもとに肉付けして体裁を仕立て上げるようなものがほとんど。現実には全国紙やキー局の本社が位置する東京を管轄する警視庁、そして警察行政機関の頂点である警察庁の大スキャンダルは、今でもめったに表には出てこないのだ。

その意味では、今回の毎日新聞のスクープはあっぱれと言えるだろう。毎日は全都道府県警と警察庁に情報開示を請求したうえで、身内の犯罪を隠蔽したとしか思えない未発表の事実を公にし、さらに専門家やジャーナリストによるコメントの形ではあるが、「『秘密主義』と受け取られる姿勢は国民の不信感をあおる」「警察庁が明確で統一的な公表の基準を設けるべき」と強く苦言を呈し、見出しでも「身内に甘い公表基準」などとはっきりと記している。

今回の毎日新聞の調査報道を発端に、他メディアも、現状陰に潜んでいる警察不祥事や隠蔽体質を次々と暴いていくという流れができあがれば、それは喜ばしいことだ。しかし、本稿で紹介してきた、警察とメディアの癒着状態、警察によるメディアへの嫌がらせや報復を考えれば、容易なことではない。マスコミによる警察不祥事報道の動向をこれからも注視していきたい。

(宮島みつや)

参照元 : LITERA








【関連記事】
山口県警・交通課の女性巡査(23)が酒気帯び運転で当て逃げ!現行犯逮捕

通報を受けて駆け付けた住宅で、現金5万円を盗んだ埼玉県警の巡査長・石川琢磨容疑者(30)を逮捕

窃盗容疑で巡査長逮捕=通報の女性宅で5万円―埼玉県警

2016年10月4日(火)10時12分配信

通報を受けて駆け付けた住宅で、現金5万円を盗んだとして、埼玉県警捜査3課は4日、窃盗容疑で県警東松山署地域課の巡査長石川琢磨容疑者(30)=同県川越市小仙波町=を逮捕した。

同課によると、「間違いありません」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は3日午後4時40〜50分ごろの間、同県吉見町の無職女性(78)の自宅で、5万円を盗んだ疑い。

同課によると、3日午後4時5分ごろ、女性から県警に「玄関の鍵を差し込んだら抜けなくなった」と通報があり、石川容疑者が1人で女性宅に駆け付けた。

石川容疑者が女性とともに盗まれたものがないか室内を確認した後、1階台所付近の引き出し内にあった現金5万円が入った封筒が無くなっていることに女性が気付き、疑われた同容疑者が上司に連絡。現場に到着した同署地域課長らが事情を聴いたところ、盗んだことを認めたという。女性宅に駆け付けた際に使ったバイクの中からは現金が入った封筒が見つかった。

参照元 : 時事通信




ウィキペディアの警察不祥事が削除されまくっていることが発覚!IPアドレスを辿ると何と犯人は・・・

【悲報】Wikipediaに載っていた警視庁の不祥事が何者かによって消されまくっている!履歴機能でIPアドレスを辿ると何と犯人は…

2014年8月31日

img_0 1188906485

8/31、Wikipediaに載っていた警察の不祥事の記述が、ある1つのIPアドレスによって何度も消されていることが判明した。

犯人は221.114.249.226

まずはIPアドレス「221.114.249.226」の編集記録をご覧頂きたい。

Wiki1

wikighhkk

過去に警視庁公安部や城東警察署の記事を編集していることが分かる。そして具体的にどう編集したかというと、驚くことに文章の「完全削除」だったのだ。新しい情報に置き換える、間違っていた記述を修正するといったことではなく、明らかに悪意ある編集だ。

消されていたのは警視庁公安部と城東警察署の不祥事の箇所。消した後に誰かに文章を復活させられてもしつこく削除しており、熱い編集合戦が繰り広げられていた。

警視庁公安部の不祥事を完全削除

(1)左が編集前で、右が編集後だ。4/17に載せられていた不祥事の詳細を5/7に抹消している。

wiki2

wiki2

(2)その翌日、誰かに復活させられた文章を5/8に再び削除。

wiki3

wiki3

(3)次はしばらく時間をおいて5/28に3度目の削除。

wiki4

wiki4

ここまでしつこく削除しようとするのだからよほど都合が悪いのだろう。

城東警察署 (東京都)の不祥事も完全削除

(1)2010/7/5の記述を11/4に削除。

wiki8

wiki8

(2)2011/10/13に再び削除。

wiki6

(3)2012/2/11に削除

wiki5

(4)4/4にも削除。相当な執念だ。

wiki7

wiki7

なんだか日本の闇を見てしまった気がする。幸いにもWikipediaには履歴が見られる機能がついていたからよかったものの、これまでの数々の不祥事はこうして記録から消され、いつの間にか人々の記憶からも消えてなかったことになってきたのだ。

テレビ朝日の関連会社だった

さてこのIPアドレス「221.114.249.226」とは一体何者なのか。調べてみたところ、テレビ朝日映像株式会社、通称ViViA(ヴィヴィア)という会社であることが判明した。

tvasahi1

tvasahi

そういえば編集履歴にテレ朝関連の記事がたくさんあったのはこれで納得。しかし、なぜテレ朝の関連会社が警視庁の不祥事をなかったことにしようとしているのか。もしかすると映像制作以外にそのような仕事も受注しており、ホットリンク社のように暗躍しているのかもしれない。マスコミにとって警察は貴重な情報源なので、このようなサービスをすることで特ダネを流してもらいやすくするとか…。

可能性を考えていくと尽きないが、情報が操作されていることだけは確かだ。しかし、今や小学生でもタブレット端末、Twitterを使いこなすほどネット文化が発達しているのだから、このようなもみ消しが通用するわけがない。不正なことをするとその情報はすぐに拡散してしまうからむしろ逆効果なのではないか。

参照元 : net geek

【関連記事】
【犯罪組織】京都府警の警察官による飲酒運転が相次ぎ発覚

神奈川県警巡査長が「女性の部屋をのぞく目的」でマンションに不法侵入 港北警察署の巡査長(32)を逮捕

神奈川県警の交通総務課課長補佐の警部(46)が住宅の敷地内に侵入し、浴室の窓からスマホで女性を盗撮

群馬県警の警察官を逮捕 信号待ちの車に追突して逃走 → 怒った男性が車の窓に手をかけると300m引きずられて全治3週間のけが

勤務中にパチンコを打っていた佐賀県警察本部の20代の巡査が捜査書類盗まれ本部長訓戒の処分

警察官が暴力団関係者と共謀して、男性に覚醒剤を譲渡 ⇒ 違法逮捕

暴力団関係者に個人情報を漏らした静岡県警天竜警察署の巡査部長 仲間と一緒に大麻を使用

暴力団に警察の内部情報を漏らしていた愛知県警の警部を地方公務員法違反の疑いで逮捕 14年前からヤクザと知り合いだった

危険ドラッグ「MN−18」を所持していた愛知県警の現職警察官(巡査部長)を逮捕

警視庁蔵前警察署に勤務する男性警察官(24)が同僚女性巡査を刃物で殺害後、飛び降り自殺か?

電車内で男性会社員のチ〇コを触った神奈川県警のホモ警察官を起訴猶予処分

女性を殴った疑いで逮捕された男が、取調室で警察官2人から机に押さえつけられ、意識失い死亡

神奈川県警相模原署・地域課の巡査部長を覚醒剤使用の疑いで逮捕


婚約相手の女性警察官を刃物で刺し殺した後、飛び降り自殺した男性警察官にも多数の刺し傷 死にきれず飛び降りか

自殺の男性警察官にも刺し傷、死にきれず飛び降りか

2014年4月13日10:31
 
mqdefault (1)

警視庁の男性警察官が婚約相手の女性警察官を刃物で刺して殺害し、飛び降り自殺したとみられる事件で、男性警察官にも複数の刺し傷があることがわかりました。警察は男性警察官が刃物で自殺を図ったものの死にきれず、飛び降り自殺したとみています。

この事件は12日未明、埼玉県狭山市のマンション敷地内で、警視庁・蔵前警察署の関口卓弥巡査(24)が死亡していてその後、同じマンションの部屋で警視庁・田無警察署の巡査、間宮陽子さん(24)が刃物で腹を刺され、死亡しているのが見つかったものです。

関口巡査は間宮さんを殺害した後、飛び降り自殺したとみられていますが、その後の警察への取材で、関口巡査の上半身にも複数の刺し傷があったことがわかりました。刺し傷には自殺をためらったような痕があるということで、警察は関口巡査が刃物で自殺を図ったものの死にきれず、飛び降り自殺をしたとみて調べています。

参照元 :
TBSニュース



【関連記事】
警視庁蔵前警察署に勤務する男性警察官(24)が同僚女性巡査を刃物で殺害後、飛び降り自殺か?

警視庁蔵前警察署に勤務する男性警察官(24)が同僚女性巡査を刃物で殺害後、飛び降り自殺か?

男性巡査が自殺 自宅に同僚女性巡査の遺体

2014/04/12 13:55
 
mqdefault

埼玉県のマンションで12日朝、警視庁の男性警察官が死亡しているのが見つかりました。部屋からは同僚の女性の遺体も見つかっていて、警察は、男性警察官が同僚を殺害後に自殺したとみて調べています。

午前5時すぎ、狭山市のマンション1階のベランダで、3階に住む警視庁蔵前署の関口卓弥巡査(24)が倒れて死亡しているのが見つかりました。関口巡査の部屋を調べたところ、交際相手で警視庁田無署の間宮陽子巡査(24)が腹を刺されて死亡しているのが見つかりました。

警視庁によりますと、関口巡査は、知人の名前を勝手に警視庁の採用試験の申込書に記入したとして事情を聴かれていて、9日から休暇を取っていました。埼玉県警は関口巡査が間宮巡査を殺害後、飛び降り自殺をしたとみて調べを進めています。

参照元 : テレ朝ニュース


警視庁の男性巡査、女性警察官殺害後に自殺か

2014年4月12日21:17
 
mqdefault (1)

12日未明、埼玉県狭山市にあるマンションの敷地内で、警視庁の男性警察官と女性警察官が死亡しているのが見つかりました。警察は、男性警察官が女性警察官を殺害した後に自殺したとみて捜査しています。

12日午前5時ごろ、狭山市新狭山にあるマンションの敷地内で、警視庁蔵前警察署に勤務する関口卓弥巡査(24)が血を流して倒れているのが見つかり、その場で死亡が確認されました。

関口巡査は現場のマンション3階に住んでいましたが、その後、部屋で警視庁田無警察署の巡査、間宮陽子さん(24)が刃物で腹を数か所刺されて死亡しているのが見つかりました。警察は、関口巡査が間宮さんを刃物で刺して殺害した後に飛び降り自殺したとみて、事件のいきさつを調べています。

「午前5時ぐらいに起きていて、(玄関を)ドンドンドンみたいな音と、男の人の声で『おい開けろ』と、もめているようなやり取りがしばらく聞こえた」(近所の人)

警視庁によりますと、関口巡査は間宮さんと幼なじみで去年から交際を始めていて、先月下旬には結婚する予定で現場のマンションで同居していました。しかし、関口巡査が複数の知人の名前を勝手に使い、警視庁の警察官採用試験の申込用紙を提出していたことが発覚し、警視庁の内部調査を受けていたため、結婚は延期されていました。

そして関口巡査が今月9日から仕事を休んでいたため、心配した上司が11日、会いに行った際、関口巡査は「ケンカをして間宮さんが家を出て行った。結婚も終わりかもしれない」と泣きながら話していたということです。

参照元 : TBSニュース


<男女巡査死亡>女性殺害後に飛び降りか

2014年4月12日(土)19時0分配信

12日午前5時10分ごろ、埼玉県狭山市新狭山2のマンションで、「人が倒れている」と住民から110番があった。県警狭山署員が駆けつけたところ、マンションに住む警視庁蔵前署地域課の関口卓弥巡査(24)が敷地内で死亡し、3階の関口巡査の部屋で、同庁田無署地域課の間宮陽子巡査(24)が腹部から血を流して死亡していた。室内から血の付いた包丁が見つかり、県警は関口巡査が間宮巡査を刺殺後、ベランダから飛び降り自殺したとみて調べている。

警視庁によると、2人は幼なじみで2012年4月に採用。今年3月末に結婚する予定だった。しかし、関口巡査が同庁の新人採用試験の受験申込書に出身大学の後輩の名前を勝手に書いて申し込む不祥事が昨年8月に発覚。監察部門の調べを受け、結婚も延期になっていた。

関口巡査は「署のリクルーターに指定され、勧奨しなくてはいけないと思った」と説明。今月9日から休暇を取り、11日に上司と面会した際に「彼女とけんかし、結婚も終わりかもしれない」と泣きながら話したという。同庁では新人を勧誘すると人事で評価される制度があるが、ノルマはないとしている。

同庁の森元良幸警務部参事官は「極めて遺憾。背景について調査する」としている。【佐々木洋、海老名富夫、西田真季子】

参照元 : 毎日新聞


横浜市の電車内で男性のチ○コを触った疑いで、神奈川県警のホモ警部補を逮捕

電車内で男性の下半身触った疑い、神奈川県警の警部補を逮捕

2014年4月09日18:33
 
mqdefault (3)

横浜市の電車の車内で男性の下半身を触ったとして、神奈川県警葉山警察署の男性警部補が逮捕されました。

神奈川県の迷惑行為防止条例違反の疑いで逮捕されたのは、葉山警察署地域課の警部補・坂本明彦容疑者(44)です。

警察によりますと、坂本容疑者は9日午前7時半ごろ京急電鉄の上りの電車内で、横浜市の金沢文庫駅から立って乗車していた男性会社員(23)の下半身を触った疑いがもたれています。男性会社員は車内で下半身をつかまれたと感じたため、横浜駅で降りたあと、改札付近で坂本容疑者に声をかけ、近くにいた警察官に引き渡したということです。

取調べに対して、坂本容疑者は「電車内は混雑していて男性の下半身をさわった覚えは無い」と否認しています。

参照元 :
TBSニュース



最新記事






楽天トラベル



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ