地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

著作権

金の亡者と誹謗中傷されるJASRACが定例会見「歌詞の引用と判断している。請求はしません」

JASRAC「金の亡者」誹謗中傷にも“寛容”なワケ

2017年5月25日 16時30分

2017-05-25_184648

米歌手ボブ・ディラン(76)の歌の一節を山極寿一・京都大総長(65)が入学式の式辞で紹介したことが、24日に都内で開かれた日本音楽著作権協会(JASRAC)の定例会見で質問を呼んだ。この式辞が京大ホームページに掲載されたことで、JASRACが著作権の使用料を京大側に請求したと一部で報じられていた。

同協会の浅石道夫理事長は「請求していない」と否定。「ネット配信における著作物の引用を含めて、どういう考えを持たれているかの話し合いをしている中で、なぜかああいう記事が出た。JASRACは(歌詞の)引用と判断している。請求はしません」と明言した。

また「ヤマハ音楽振興会」が、楽器の演奏を教える音楽教室から著作権の使用料を徴収する方針をJASRACが決めたことをめぐり、支払い義務がないことの確認を求める訴訟を東京地裁に起こす方針を固めた件にも言及。浅石理事長は「教室側からJASRACに話が来ていないし、文書で通知されてもいない。話し合いで解決できると判断している」とした。

このような姿勢にネット上では「金の亡者」などと誹謗中傷されている状況だが、音楽関係者は「JASRACはバッシングを嫌がってはいない」と語る。

「『徴収した金を作詞作曲者には1円も渡していない』などと根拠のないデマを信じて批判している声も多い。今回は一連の報道で多数の報道陣が詰め掛け、厳しい質問も飛んだが、JASRAC側は歓迎していた。日本は著作権に対する世間の認識が乏しい。こうして報道されることで、著作権の使用料などに理解が少しでも進めば、と願っている」(同)

いではく会長は「クリエートしたものに対して正当な報酬を払うんだ、ということが国民、世の中に徹底されてほしい」と理解を求めた。

参照元 : 東スポWeb


【関連記事】
●JASRAC「商用目的でなくても、歌詞を印刷できる仕様でウェブ上に掲載すると、1回の閲覧につき数十円が必要」

TPP交渉の結果、映画や音楽などの著作権を保護する期間を、公開や作者の死後から原則70年とする方向で調整

著作権の保護期間、70年に延長へ TPP交渉でアメリカ基準に

2015年02月03日 16時21分 JST
 
2016-02-23_234336

環太平洋パートナーシップ協定(TPP)をめぐる交渉の結果、映画や音楽などの著作権を保護する期間を、公開や作者の死後から原則70年とする方向で調整を進めることになった。NHKニュースなどが報じた。

TPP交渉に参加している12カ国による首席交渉官会合は2月1日、ニューヨークで7日間の日程を終え、閉幕した。

NHKニュースによると今回の会合では、映画や音楽、小説などの著作権を保護する期間などについて話し合われた。その結果、著作権を保護する期間について、日本を含む各国がアメリカに合わせて、公開や作者の死後から原則70年とする方向で調整を進めることになったという。

現在の日本の著作権法では、映画の著作権保護期間は公表後70年となっているが、その他の著作物は作者が特定できる場合は、死後50年。匿名や団体名義の著作物は公表後50年となっている。日本がTPPに加入すれば、音楽、小説、絵画、漫画などの著作権保護期間が20年伸びることになる。

著作権情報センターによると、TPP交渉参加国の中で保護期間が原則50年だったのは、日本、カナダ、ニュージーランドだった。

■アメリカも関税維持を認める姿勢に転じる

TPPをめぐっては、日本とアメリカの実務者が農産品の扱いを話し合う協議が、アメリカのワシントンで2日に再開した。日本が牛・豚肉などの農産品の関税維持を求める一方、関税撤廃を求めるアメリカと折り合えず難航していたが、最近、アメリカ側が一定の関税維持を認める姿勢を示し、合意の機運が高まっているという。

日本とアメリカは2月中にも閣僚会談を開いて両国で合意し、早ければ3月にもTPP各国全体での合意をめざす。

参照元 : The Huffington Post



TPP交渉で参加12カ国が著作権分野のルール作りで合意する見通し「非親告罪」「作者の死後70年」

TPP:「著作権」決着へ 「死後70年」と「非親告罪」

2015年07月27日 20時35分

44d434be

◇28日から閣僚会合 ルール作りで合意する見通し

環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉で参加12カ国が著作権分野のルール作りで合意する見通しになった。米ハワイで28日に始まる閣僚会合で最終決着する見込みだ。著作権保護期間は「作者の死後70年」で統一する方向。また、著作権侵害を、作者など著作権者の訴えがなくても、捜査当局や一般人も訴えることができる「非親告罪」として扱う見通しだ。日本は保護期間を「作者の死後50年」、著作権侵害は著作権者の訴えが必要な「親告罪」としてきたため、大きなルール変更になる。

TPP交渉参加国の著作権保護期間は50年(日本、カナダなど)、70年(米、豪州など)、100年(メキシコ)とまちまち。交渉では、映画産業などで海外からの著作権料収入が多い米国が、TPP域内で自国の70年に統一することを強く主張していた。

日本が2014年に海外から受け取った著作権使用料は約2000億円、支払いは米国向けを中心に約1兆円と約8000億円の赤字だった。日本はまた、第二次大戦の敗戦国に課せられた「戦時加算」と呼ばれる著作権保護期間の上乗せ(約10年)の撤廃をTPPで実現することを目指している。加算対象の米、カナダ、豪州で保護期間が「80年」と長くなる事態は避ける考えだ。

著作権侵害を非親告罪とすることは、海賊版対策の強化の一環として米国などが必要性を主張してきた。交渉参加国では日本とベトナムだけが親告罪のため、歩調を合わせる格好だ。【横山三加子、ラハイナ(米ハワイ州)清水憲司】

参照元 : 毎日新聞


TPP:著作権、非親告罪化 社会や文化の萎縮懸念

2015年07月25日 21時19分

28日から閣僚会合が開かれる環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉で、著作権を巡る議論に国内の専門家から反発する声が上がっている。米国は著作権侵害の処罰に告訴を必要としない「非親告罪」化、保護期間の延長、法定賠償金の導入などを日本に求めるが、これらを受け入れると社会や文化の萎縮につながりかねないと懸念している。

著作権問題に詳しい福井健策弁護士は23日、漫画家の赤松健さんらと政府のTPP対策本部を訪ね、TPP交渉から著作権に関する条項を除くよう求める3637人分の署名を提出した。報道各社の取材に「条項は、我が国の競争力や豊かな文化を弱める恐れが強い」と訴えた。

日本の著作権法は、海賊版など著作物の無断使用に対し、個人なら10年以下の懲役か1000万円以下の罰金、法人なら3億円以下の罰金と定める。ただ、起訴には著作権者の告訴が必要。米国が自国と同様の非親告罪化を要求する理由について玉井克哉・東京大教授(知的財産法)は「海賊版がテロリストや反社会勢力の資金源になっていると考えている」と説明する。

しかし、要求を受け入れれば、日本で広く行われている二次創作に影響が及ぶ可能性もある。代表例が参加者数十万人の同人誌即売会「コミックマーケット(コミケ)」。作品の大半はオリジナルを基にした二次創作で、そもそも「グレー」だが、告訴が不要になれば摘発のハードルが下がる。アマチュア時代にコミケで腕を磨いた赤松さんは「逮捕を恐れ創作が萎縮しかねない。日本漫画のパワーが落ちクールジャパンに逆行する」と話す。

田村善之・北海道大教授(知的財産法)は「著作権者があえて告訴せず、著作物が寛容に利用されることで社会や経済がうまく回っている」と指摘する。企業内での書籍のコピーなど、厳密に解釈すれば法に抵触する例は身近に多い。

また、著作権の保護期間は作者の死後50年間から、欧米の70年間に合わせるよう求められている。劇作家の平田オリザさん(52)は「得をするのはディズニーなど米国の大企業だけで、日本にメリットはない」と話す。

一方、法定賠償金は、著作権侵害による実際の損害額が確定できなくても、裁判所が制裁的要素を含めて一定の賠償額を決められる制度。日本でも導入されれば、米国のように賠償訴訟が乱発されるかもしれない。

福井弁護士は「条約として決まると後から覆せない。要求を受け入れたとしても、影響を限定的にする条項を入れるべきだ。政府は可能な限り情報公開してほしい」と指摘する。【一條優太】

◇TPP交渉の著作権を巡る論点

【処罰の非親告罪化】

・海賊版対策の強化

・コミケ販売品も摘発対象に? 創作現場の萎縮も

【保護期間延長】

・欧米などとの基準統一

・権利者側の意欲向上?

・著作権に長く縛られ、表現の停滞も?

・著作権者が不明な作品の問題が深刻化

・死蔵作品の増加

・著作権使用料の国際収支悪化

【法定賠償金】

・著作権侵害の賠償金上昇(日本は比較的低いとされる)

・高額賠償訴訟の乱発、表現の萎縮も?

参照元 : 毎日新聞






【関連記事】
TPP交渉をめぐり、日米など12カ国が著作権侵害の非親告罪を導入へ、適用制限めぐり最終調整

【TPP日米協議】アメリカ側がコメ輸入量を年間21・5万トン増要求

【TPP交渉】映画や音楽などの著作権侵害があった場合、作者などの告訴がなくても起訴できるように調整

安倍政権、TPPで集中協議へ 3月前半合意を目標?

【TPP日米協議】日本のコメの高関税を死守する代わりに、米国産コメだけを優遇して無関税輸入枠を新設することで大筋合意

【TPP協定の首席交渉官会合】訴訟制度「ISDS」条項について、導入する方向で最終調整

【TPP日米交渉】米国側は牛肉、豚肉、乳製品の関税を原則撤廃と何度も要求 日本政府は豪州と合意した20%よりも大幅な引き下げで最終調整 1ケタ台も検討

シンガポールで開かれていたTPP閣僚会合は、妥結に向けた道筋も示されないまま4日間の日程を終えて閉幕

【TPP閣僚会合】重要5項目の関税をめぐる歩み寄りは見られず大筋合意は絶望的な情勢

【TPP日米協議】甘利担当相、米国に屈服 「5項目中の品目が一つ残らず微動だにしないという事では交渉にならない」 コメや牛肉・豚肉なども対象に関税引き下げ譲歩案を提示

日本政府は難航するTPP交渉で、米国から輸入する一部の牛肉に限り、関税の引き下げを容認する検討

内部告発サイト「ウィキリークス」がTPPの環境分野内部文書を公開

内部告発サイト・ウィキリークスがTPP交渉の内部資料とされる文書を公開 米国の強引な姿勢に各国の不満が覗える内容

TPP交渉めぐり、日本が農産物の重要5項目で、相手国に有利な低関税の特別輸入枠の設定を柱とする譲歩案をアメリカに提示

売国・安倍内閣 TPP年内妥結に意欲 「交渉チーム一丸となって交渉力を駆使して国益の実現に全力で当たっていただきたい」

韓国がTPPに事実上の交渉参加を表明

【日米TPP閣僚協議】これまでほぼ100%の関税撤廃を要求してきた米国が日本の要求受け入れず「農産品の関税撤廃で決着つかず」

TPP年内妥結に大きな進展?大江首席交渉官代理は「日本の提案は各国の水準からみてかなり低いものだと言わざるを得ない」

自民党・西川TPP対策委員長「米など農産品5項目について関税撤廃の是非の検証作業を終えた」

総理官邸にミカンを投げつけたとして、40代の男性が身柄確保される ミカンにはTPP反対を訴える内容のビラ

【TPP】石破幹事長 『あと20年で農業をやる人はいなくなる。政策が正しかったらこんな事にはならない。だから本当のことを言うのは辞めよう、というのは自己保身だ』

【TPP・公約違反】石破幹事長 『自民党を信じて1票を投じた方々が判断することだ。今数字を巡る議論はしない』

自民議連の会合で関税撤廃の検討に反発相次ぐ!出席者「国民との約束は、重要5項目・586品目のすべてを守り抜くということであり、一歩たりとも踏み込ませない覚悟が必要だ」

TPP賛成派の保守は偽物だ!賛成なら保守思想を捨てましょう

自民党・西川TPP対策委員長 聖域としてきた「コメ」や「麦」など重要5項目の一部についても関税を撤廃を検討

【TPP】安倍政権の公約だった関税撤廃の聖域である農産品5項目の見直しについて”早急に農業団体と調整に入る”と西川議員が失言!自動車の次は農産品も譲歩か?

売国・自民党のTPP推進で日本最大の危機

安倍総理:「日本にとってTPP、また地域にとっても国家百年の計、地域百年の計だと思う。積極的に日本も貢献していきたい」

ダイハツの三井社長がTPP絡みで”激おこぷんぷん丸” 米国の自動車業界が軽自動車規格は日本市場の参入障壁だと指摘し、廃止を求めている事に「全くの言い掛かりだ!」と反発

ヌサドゥア(インドネシア)で開かれるTPP交渉首脳会合 オバマ大統領の欠席で年内妥結、不透明に

TPPの首席交渉官会合が18日から米国・ワシントンで開始 来月の首脳会合での大筋合意に向け、詰めの作業

TPP売国交渉 日本郵政がアフラックとの業務提携を強化し、全国2万カ所の販売網を米国に差し出すのに続き、今度は現代人の「生活の足」として欠かせない軽自動車を米国に献上

ブルネイで開かれていたTPP交渉会合は日本の参加前から交渉を進めていた十一カ国で合意した条文案について、日本政府が変更を求めないまま終了していた

【世論調査】国民の6割近くが「消費増税」に反対!TPPの真実と消費税の罠

甘利TPP担当大臣「一部の国除いてでも妥結が最優先」

【TPP日米協議】安い豚肉にかける関税は50円に下げ、高い豚肉は4・3%から2・2%以下にするか、関税を撤廃する方向

【TPP日米交渉】米国産コメ、7万トンまで段階的に拡大する案を検討 米国産コメから「懸念される」レベルの無機ヒ素が発見

TPP参加で「遺伝子組換え食品」が非表示で流通の恐れ

TPP参加で医療費の高騰を招く「国民皆保険制度の崩壊」米製薬業界の圧力で安価なジェネリック医薬品の利用困難に?

最新記事






楽天トラベル



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ