シリアで致命的な自動車爆弾テロ。首都ダマスカスの田園地帯で自動車爆弾を使った攻撃。少なくとも4人の民間人が死亡。レポートは爆弾を積んだ車がアル・アリン周辺の学校の化合物の近くで爆発した。

地元メディアによると、攻撃で使用された火薬は約100キロの重さだった。攻撃はダマスカスの他の地域でも報告されている。モルタルでシェルの爆撃がモスクの近くに落ちた時、少なくとも6人の民間人が負傷した。

ダマスカスの他のモルタルでの攻撃により2人の子供が負傷した。アレッポでも同様の攻撃を目撃した。モルタルでは、市内中心部にあるにぎやか広場に着弾した。少なくとも25人の民間人が負傷した。

Syria is yet witnessing another day of deadly violence. A car bomb explosion in the countryside of the capital Damascus has left at least four civilians dead.
 
Reports say the bomb went off near a school compound in the al-Arin neighborhood. According to local media, the explosives used in the attack weighed about 100 kilograms. Violence has also been reported in other areas of Damascus. At least six civilians were injured when two mortar shells fell near a mosque. Another mortar shell attack in Damascus left two children injured. Aleppo witnessed similar attacks. At least 25 civilians were injured when mortars landed in a busy Square in the center of the city.

[Graphic raw footage] 4 killed in car bomb blast in Damascus countryside