地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

米ニュージャージー州

【衝撃映像】米ニュージャージー州で葉巻型UFOが”うねり”ながら上昇する様子が激写される

【衝撃動画】黄金の昇り龍か、葉巻型UFOか? 嵐の夜空を電光石火で飛び去る謎の物体が激写される!

2016.12.07

2016-12-12_175521

世界中で、毎日のように目撃が報告されているUFO(未確認飛行物体)。地球外生命が乗る宇宙船なのか、それともどこかの国が持つ極秘兵器、あるいはプラズマなどのように地球内の現象と捉えるかは、人によって判断が分かれるところだろう。

また、UFOとひと口に言ってもその形状はさまざまで、アダムスキー型や円盤型、球型、三角型、ヒト型に至るまで多岐にわたるが、なかでも「葉巻型UFO」は昔から多くの目撃が報告されている、UFOファンの間ではお馴染みといってもいいUFOだろう。その名の通り葉巻のように細長く、中から小型UFOが出てくる様子が確認されたこともあり、一部では「小型UFOを格納する母船のような役割を果たしている」と考えられている葉巻型UFOだが、今回激撮された映像で注目すべきは、その“速さ”である。それでは問題の動画をご覧いただこう。一瞬しか映らないので、よく目を凝らしていただきたい。



2016-12-12_175615

■速すぎて、撮影者も気付かなかった……

いかがだろうか? 驚異のスピードで上昇するオレンジ色の発光体を確認できただろうか? この動画が撮影されたのは、米ニュージャージー州カムデン郡にあるチェリーヒルで、今年7月の、とある嵐の夜のことだという。あまりの速さに撮影者も、撮影時には発光体の存在に気づかなかったそうだ。

音と木々が揺れる様子から、かなり強い風が吹いていることがわかり、分厚い雲は、何やら不穏な雰囲気を醸し出している。そして突如、その雲めがけて恐ろしいスピードで飛んでいく発光体が、はっきり確認できる。これが、上空から地上に向かっているなら流れ星と判断するところだが、明らかに下から上に向かっている! やはり、これは葉巻型UFOなのだろうか!?

2016-12-12_175656

■うねりながら上昇している!?

動画後半のスロー再生で、発光体がどのように飛んでいるのか、詳細を確認することができる。稲光だろうか。画面が一瞬白く光った直後、左側の森の背後から現れた発光体は、斜め上方向の雲の裏側へと消えていく。対空ミサイルのように見えないこともない。事実、撮影されたチェリーヒルから50キロほど離れた場所には、マクガイル空軍基地があり、何らかの軍事演習が行われていた可能性も否めないだろう。

しかし、注意して見ると、一直線に飛んでいるわけではなく、龍が天を昇るごとく、やや“うねって”いることがわかる。また、発光体を拡大画像で見ると、光が尾を引いている訳ではなく、やはり細長い形状のようなのだ。あたかも、葉巻型UFOが分厚い雲に身を隠そうとしているようには見えないだろうか? いずれにせよ、現段階ではっきりしたことは断言できず、この一瞬の映像をどう判断するかは、読者に任せるより他ない。分厚い雲に覆われた夜、宇宙人たちはチャンスとばかりに大胆な動きを見せているのか!? 今後の情報に期待しよう。

(坂井学)

参考:「YouTube」、「Zone 51 & UFOs」、ほか

参照元 : TOCANA

米ニュージャージー州ベイヨンで戦闘機らしき機体を追跡するUFOが撮影される

元空軍少佐が告発した“UFO頻出地区”で、戦闘機を猛追するUFOが激写される! 3つの窓までハッキリ

2016.09.02

第二次大戦中、連合軍のパイロットを恐怖におとしいれた未確認飛行物体「フー・ファイター」が再び現れたのだろうか? 先月12日、米ニュージャージー州ベイヨンで戦闘機らしき機体を追跡する円盤状の飛行物体が撮影されたとの情報が入ってきた。

■地球製UFOの可能性も?

問題の写真は8月31日UFO研究サイト「MUFON」に投稿されると、「UFO Sightings Hotspot」など多くのUFO情報サイトに取り上げられ、話題になっている。

まずは写真をご覧頂こう。

2016-09-23_084326

匿名の撮影者によると、撮影当時の状況は次のようなものだったという。

「嵐のあと、私はデッキから空を撮っていました。その時には何も気づかなかったのですが、写真をパソコンに取り込むと、一枚の写真に灰色の物体が写っていたんです。その物体を拡大してみたら、自分でも信じられないものが写り込んでいました。“空飛ぶ円盤”にそっくりだったんです。円盤には3つの光(窓?)が見えると思います」

2016-09-23_084614

撮影時にはまったく2つの機体の存在に気づかなかったというが、円盤状の物体はそれほど遠くを飛行しているわけではなさそうだ。たしかに、相当なスピードで移動していたことは機体のブレから分かる。おそらく、その存在に気づく間もないほど高速で飛行していたのだろう。

しかし、これほど近距離を飛行していれば、エンジン音ぐらいは聞こえてきそうなものだが……。多くのUFO目撃者が、UFOは無音で飛んでいたと証言していることからも、通常の機体ではない可能性は高いといっていいだろう。

撮影時刻は定かではないが、雲がオレンジ色に染まっていることから日の出か日没の時間だったようだ。この時間帯はUFOの光学カモフラージュが機能しにくくなる時間とされている。もしかしたら、このUFOは撮影されるその瞬間に偶然にも姿を現しただけかもしれない。

■アメリカ空軍との関係

2016-09-23_084710

そして、この写真で最も気になるのは奥に見える戦闘機(?)との関係だ。たまたま同時に撮影されてしまったのだろうか? 一部のUFO研究家は、「戦闘機がUFOを追っている」か「地球製UFOのテスト飛行」だろうと推測している。というのも、ニュージャージー州にはUFOと縁の深いマグワイア空軍基地があるからだろう。

2001年UFOや知的生命体に関する隠蔽された事実の暴露を推進する「UFOディスクロージャー・プロジェクト」で、1970年代にマグワイア基地に勤務していた元空軍少佐ジョージ・ファイラー氏が、今回目撃された円盤と同じように「皿の上にドームが載ったような形」のUFOがニュージャージー州フォートディックスに墜落、乗組員らしき宇宙人が警察官に銃撃された後、マグワイア基地に逃れてきて死亡したと証言している。ちなみに、このUFOが墜落したフォートディックスから今回の目撃場所であるベイヨンまでは車で1時間ほどの距離だ。

2016-09-23_084813

その後、UFOや乗組員の宇宙人がどうなったかはファイラー氏にも分からないそうだが、もしこのUFOがマグワイア基地で保管され研究されていたとしたら、今回目撃された円盤が地球製だということもありえるだろう。

トカナでもたびたびお伝えしてきたとおり、ニュージャージー州はUFOの目撃情報がかなり多い地域だ。それらUFOには地球外知的生命体が乗っていたと信じたいが、マグワイア氏の証言や、今回の写真のように戦闘機と並んで飛行する円盤が目撃されてしまっては疑いの目も向けたくなる。真実が明らかにされる日は来るのだろうか……。

(編集部)

参考:「MUFON」、「UFO Sightings Hotspot」、ほか

参照元 : TOCANA

flying saucer ufo aircraft (1)

【衝撃映像】米ニュージャージー州で伝説のUMA「ジャージー・デビル」が出現

伝説のUMA「ジャージー・デビル」出現!! 200年間追い求めてきた衝撃の姿がそこに!

2015.10.20

米国では、各地に未確認動物「UMA」の目撃情報が存在する。ビッグフット(ロッキー山脈一帯)、リザードマン(サウスカロライナ州)、チュパカブラ(テキサス州など南部諸州)が特に有名だが、それらと並び忘れてはならない存在が「ジャージー・デビル」だ。

2016-07-26_102808

ニュージャージー州で、実に200年以上前から存在が囁かれているUMA、ジャージー・デビル。胴体は馬や鹿にソックリだが、目は赤く、背中にコウモリのような巨大な翼を持つとされる。1735年、同州南部のパインバレンズに住んでいたリーズ家で、嵐の夜に誕生した13番目の子どもが母親に抱かれながら突然バケモノに姿を変えたという伝説が最もポピュラーだが、ほかにもリーズ家の子どもたちが森で見つけた不思議な卵が孵化したもの、などさまざまなストーリーが今に伝わっている。

そして今回、ついに空を飛ぶジャージー・デビルの姿を捉えたと思しき写真が公開され、「FOXニュース」をはじめとする全米のメディアが大いに沸き立っているようだ。早速問題の写真をご覧いただこう。

18935715-mmmain

茶色の毛皮に包まれた胴体と短いツノ、そして大きな翼とヒズメ――あらゆる特徴が伝説と一致する! これはまさに、ジャージー・デビルが空へと飛び去る決定的瞬間ではないか!! 撮影に成功したのは、ニュージャージー州リトル・エッグ・ハーバー・タウンシップに暮らすデイブ・ブラックさんだ。

今月6日、同州アトランティックシティで警備員として働くブラックさんは、仕事を終えて自宅へと車を走らせていた。するとゴルフ場近くに差し掛かった時、並木道を走る不思議な動物の姿が目に飛び込んできたのだという。

「何度も振り返って確かめたのですが、最初はラマのようにしか見えませんでした」(ブラックさん)

しかし次の瞬間、彼のド肝を抜く事態が発生する。なんと、そのラマと思しき動物が、翼を広げて空へと飛び去ったのだ。気が動転しながらも、ブラックさんはとっさに携帯電話を取り出し、その驚くべき瞬間を写真に収めることに成功した。

「それはまるで皮のような翼を広げて、ゴルフ場の向こうに飛んで行ってしまったのです」(ブラックさん)

帰宅後、何度写真を見直してみても、ブラックさんには動物の正体がさっぱりわからない。困り果てた彼は、地元ニュースサイトの「NJ.com」に相談し、読者から意見を求めることに決めたのだった。

「みんながフォトショップで加工した写真ではないかと疑いますが、誓ってそのようなことはありません」
「(吊るし上げるための)ワイヤーのようなものも見えませんでした」
「何らかの動物が、フクロウに捕まっただけではないかと言う友人もいますが……誰かにハッキリとさせて欲しい、ただそれだけなのです」

記者からの質問に、このように答えたブラックさん。しかし、話はこれで終わらなかった。なんとブラックさんと時を同じくして、同州のエミリー・マーティンという女性が、夜空を飛ぶジャージー・デビルの映像を撮影していたことが判明したのだ。彼女は撮影時の状況について詳しく明かしていないが、出現場所は、あのリーズ家が暮らしていたとされる地点から、そう遠くないという。



果たして、ついに伝説のUMAがカメラの前に姿を現したのか? ジャージー・デビルを200年間追いかけてきた地元の人々にとって、これほど心躍るニュースはほかにないだろう。今後さらに目撃談が続くことになるのか、期待しつつ事の成り行きを見守ろう。

(編集部)

参考:「NJ.com」、「FOX News」、ほか

参照元 : TOCANA


ジャージー・デビル

Jersey-Devil-3

ジャージー・デビル(英語:Jersey Devil)は、米国ニュージャージー州一帯で古くから報告されているUMA。リーズ・ポイントの悪魔またはリーズ家の悪魔とも呼ばれる。

概要
体長1 - 1.8mほど、馬、羊または鹿に似た顔で、真っ赤な目を持つ。胴体は黒っぽい毛で覆われており、背中にはコウモリを思わせる翼が生えており、空を飛ぶ。尻には細長い尾がある。路上や建物の屋根に馬のひづめのような足跡を残す。

伝説によれば、1735年、同州南部のパインバレンズ(松類荒原)に住んでいたリーズ家の母親が13番目の子を出産する際に大変な難産であったため、「こんなに苦しませる子なら悪魔が生まれてくればいい」と冗談で言った所、ようやく生まれた13番目の子供は母親の腕の中で、突如怪物へと変身し、そのまま天井を突き破り飛び去ったという。これ以外にも、多くの異説が存在する。この「リーズ家の母親」はジャネット・リーズという実在の人物で、少なくとも12人の子供がいた記録が残っている。

目撃情報
1778年、スティーヴン・ディケーター海軍代将が砲弾テストを行うためハノーバー鉄工所を訪問している際遭遇。発砲したところ、弾は翼膜を貫通したがそのままどこかへ消えたという。

1820年代に元スペイン国王ジョゼフ・ボナパルトがニュージャージーの地所で目撃した。

1909年1月16日から1月23日の8日間には目撃事件が集中発生し、出没地域は30以上にも上った。このときは都市部でも目撃され、フィラデルフィアなどでも大騒ぎになった。21日には、市街電車が襲撃されたため武装した警備員が出動する事態となった。また、この騒動に際して目撃証言が西海岸側のカリフォルニア州にまで及んだり、カンガルーに細工を施し見世物として公表した例もある。

1980年ニュージャージー州南部に現れ、家畜を襲い、この際にも馬のひづめに似た足跡を残した。

1993年12月にはニュージャージー州の自然公園管理者ジョン・アーウィンが、森のパトロール中に二本足で立つ怪物に遭遇した。

最近では2007年、2008年にも目撃情報がある。

41793943

伝説に関して
「リーズ家の母親」の伝説には後世脚色が加えられたと思われる。すなわち、当時12人の兄弟のうち下から3番目の子供が森で奇妙な卵を見つけ、家に持ち帰った。子供達は卵を孵化させようと家の暖炉で暖め始めたが、数ヵ月後卵から孵化したのは見たことが無い動物だった。

親はすぐ、森に雛を捨てるよう子供に命じるが、情が移ったのか子供達は地下室で密かに育てることにした。しかし、ある日とうとう親に見つかってしまう。兄弟の内、一番下の妹が動物にかまれたのだ。既にこの頃には雛も子犬ぐらいの大きさになり、凶暴化していた。子供達も手に負えなくなり、親や近所の住民がその夜、その動物を処分しようとしたところ、突如その動物は奇声を発しながら飛び上がり、夜の闇へと消えてしまったという。

もう一つの伝説は、ある日、ジャージー家に奇怪な子供が産まれた。その子供は馬のような頭、コウモリのような翼、蛇のしっぽのついた子供だったという。その子供は産まれてすぐに家を飛び出して行方不明になったという。その子供は時々子供を食べるとされ、「ジャージー家の悪魔」、「リーズ家の悪魔」とも言われている。 この一件が、大袈裟に伝えられている内に、上記のような悪魔誕生話へと成長したのが真相ではないかと言われている。

2016-07-26_104118

正体
その正体としては、

・中生代に棲息した翼竜の生き残り説。
・アフリカに生息するウマヅラコウモリ説。
・ミミズク(アメリカワシミミズク)やクマの誤認説。

などが挙げられている。

参照元 : wiki/ジャージー・デビル

最新記事






楽天トラベル




人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ