地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

福島第一原発

福島第1原発の上空に複数の謎の発光体が出現!前日に5号機と6号機から白煙

福島第1原発の上空に謎の発光体 光が現れた前日には5号機と6号機から白煙

2019年08月20日 08時05分

2019-08-20_110042

福島第一原発上空に謎の光が現れて、数時間とどまって消えた――。6月下旬、動画サイトにアップされたその映像を見てみると、確かに原子炉上空を複数の光が飛び交っていた。これはヘリなのか? それともドローン? 謎の光の正体を突き止めるべく、追跡取材を試みた!

■深夜に突如現れ、夜明けとともに消えた
発端は、ジャーナリストで福島第一原発(以下、第一原発)ウオッチャーの大沼安史氏が観察していた6月26日深夜のJNNライブカメラだった。この定置カメラは24時間、第一原発の様子をインターネット中継している。大沼氏が次のように説明する。

「原発構内は夜中ライトアップしているため、私は夜間帯でもよくこの映像を見ています。この日は午前2時過ぎ、左側上空から突如として白っぽい光が複数現れたのです。

横に並んだ4つの発光体は、ゆっくりとした速度で右へ移動していきました。少し距離を置いて現れた5つ目の光は、空気を採取する装置でしょうか。何かをぶら下げているようでした。最大で7つの光が現れ、原子炉1号機から6号機の上空でとどまると、時々左右に動いたり強い光を発していました」

大沼氏はそのときの映像を録画し、YouTubeにアップした。取材班がその映像を確認すると、確かに光の集団は午前2時13分頃に画面上に現れ、映像が終わる2時43分になっても第一原発上空にいた。その後も明け方まで居座っていたという。

「午前3時50分頃までは上空で光っていました。それ以降は夜が明けてきたのと、辺り一面に出てきた霧に紛れて見えなくなったのです。翌日にも同様の光が現れ、深夜2時過ぎに6つか8つ現れました」(大沼氏)

いったい、この光はなんなのか? 在日米軍の動向を監視する市民団体で軍用機の運用に詳しい「リムピース」編集長の頼和太郎(らいわ・たろう)氏は「見たことがない光だ」と話す。

「着陸に備えた固定翼機がこのように着陸灯を出すことがあります。ですが、30分間もそのままということは考えられない。ヘリコプターならもっと複雑な動きをするし、民間機ならこんなに暗い所を一斉に飛びません。

米軍は福島第一原発上空であろうと勝手に低空飛行できますが、普通ならこんなに多くの機体を夜間に飛ばさないでしょう。カメラのレンズに別の何かが映り込んだ可能性も考えたほうがいいかもしれません」

確かに光の反射などで、あたかも上空に光があるように映っている可能性も捨てきれない。そこで取材班は実態を確かめるべく、7月上旬に現地へ向かった。

高台で第一原発が遠くから見通せる富岡町の滝川(たきかわ)ダム近くでカメラを構えていると午後7時半過ぎ、左手の山の切れ目から2つの光が現れた。排気筒の中間ほどの高さを6号機方向から1号機方向へ移動。すると新たなふたつの光がまた左から現れ、合計4つの光は20分ほどで右手の山影に消えた。

その後も数分おきに左から1、2個の光が現れては右側へ消えていく。移動速度は一定ではなく、たまに停止したり光度が増したりする。時折ピタッと出なくなる時間帯もあるが、しばらくすると現れるの繰り返しだ。ただ、6月26日の映像のような大量の光ではなく、第一原発上空でとどまることもしない。

この高台から第一原発までの距離は約11km。超望遠レンズで見ても光がなんなのかわからない。そこで第一原発に近づけるところまで近づいて確認することにした。

原子炉まで直線距離で約2.5kmの場所にある双葉町の国道6号線沿いで待ち受けていると、高台で待機しているカメラマンから「今飛んでいる」との連絡が入る。

だが、排気筒を見上げても光らしきものは何も見えない。ひょっとして、カメラマンのいる高台から見えるのは原子炉の裏手にある海上の船の明かりではないか? そんな疑問が浮かんだため、第一原発から最も近い漁港の請戸(うけど)漁港(福島県浪江町)に向かう。

そこから海面を見渡すと遠くに船らしき赤い光はいくつか見えるが、動く光は何もない。不思議だ。カメラマンがいるのは高台のため、漁港にいる取材班より見通せる海面距離は計算上40kmほど奥に広い。ということは、かなり沖合を航行している船の明かりなのかもしれない。

結局この日は、深夜3時過ぎまで光を断続的に確認することはできたが、その正体はますますわからなくなった。

■東電も海保も「確認していない」
東京へ戻り、まず第一原発の廃炉作業を進める東京電力に謎の発光体について聞いた。「6月26日は深夜1時頃まで野外でタンクの除去工事をしていましたが、上空を飛ぶ発光体は認識していません」(広報室)

次に、第一原発沖に巡視船を常駐させている海上保安庁の福島海上保安部に尋ねると、こちらも「6月26日とその前後で、福島第一原発上空での発光体は確認していません」との回答だった。

なんと、第一原発を最も近くで監視しているはずの東電も海保も、映像の光を一切確認していないという。

では、この時間帯に民間機は飛んでいたのだろうか。国土交通省の東京航空局仙台空港事務所はこう答えた。

「フライトプランを調べましたが、この時間帯に福島第一原発の低い上空を飛んでいる飛行機は該当がありません。夜間帯に高高度を飛ぶ国際線もありますが、位置的に福島上空はあまり飛ばない。有視界ぐらいの低さなら、なおさら第一原発の上は飛ばないでしょう」

ヘリコプターやドローンの可能性はどうか。福島でヘリコプターの運航を行なうジャパンフライトサービスは、「民間のヘリコプターはこの時間帯に飛びません。ドローンは以前、検査のために福島第一原発上空を飛ぶと通知が来たことがあるが、夜間はやらないでしょう」と話す。

小型機やヘリコプターを運航するアルファーアビエィションにも聞いてみたが、「映像を見る限り、あの角度でヘリが飛ぶのは難しいし、ヘリなら青いライトが光るはず」とこちらも否定する。

防災ヘリやドクターヘリの可能性がないのか福島県庁にも聞いたが、やはり夜間には飛ばないという。

となると、自衛隊や在日米軍の線はどうか。だが、陸上、海上、航空の幕僚監部に尋ねても、「その日のその時間帯は、福島上空で訓練はしていない」といずれも否定した。在日米軍司令部も、「本件には米軍は無関係」という回答だった。

船の可能性も捨てきれない。望遠レンズでは離れた被写体の距離感が少なくなり、海上の船があたかも上空を飛んでいるように見えるかもしれないからだ。特に漁船の明かりは強く、「サンマ漁船になると10kWの強力な明かりをつける」(三信船舶電具)という。

しかし、福島県のいわき市漁業協同組合は「この時間帯の操業は確認できないし、漁船だとしてもこれだけ多くの光が並ぶことはありません」と話す。同県の相馬双葉漁業協同組合も、「第一原発の20km圏内では漁はしないので漁船の可能性は薄い」とのことだった。

■光が現れた前日には原発から白煙が上がった
なんらかの天文現象も疑ったが、「火球や流星とも違う。天文現象ではありません」(国立天文台天文情報センター)

結局、謎の発光体がなんなのかはわからずじまい。前出のアルファーアビエィションの運航部長で、飛行時間3万時間を誇るベテランパイロットの青山満男氏も、目にしたことがない光だという。

「米軍だとすると飛行編隊を組みます。映像ではそれぞれが勝手に飛んでいるので、動きとしてはありえない。何かの調査にしても1、2機もあれば十分です。報道機関のヘリなら7機が一度に飛ぶこともあるが、お互いにぶつからないよう円を描きながら飛行するはず。仮にUFOだとしても、こんなに目立つ光を発するでしょうか......」

最後に、前出のジャーナリスト、大沼氏はこんな推測をする。

「発光体が現れた6月26日の前日には、5号機と6号機から白煙が上がりました。これを東電は非常用発電機のテストだと言っていますが、何か異常事態が起きたのかもしれない。ちょうどこのときはG20大阪サミット開催前で、数日後に各国首脳が来日するタイミングでした。米軍が第一原発の状況を調べに来たのではないでしょうか」

ミステリアスな謎の光。何か真相への手がかりがつかめたら、またお伝えしたい!

参照元 : 週プレNEWS




▼こちらの映像は2019年3月30日 3:16過ぎ、福島第一原発ライブカメラの謎現象



▼こちらの映像は2015年6月30日深夜、福島第一原子力発電所上空に、謎の黄色く光る飛行物体



▼こちらの映像は、2011年4月、福島上空の映像。謎の発行体が大量に出現。



▼動画11分38秒から、福島第一原発の上空を飛ぶUFO





みんなのFXは、初めてのFXを徹底的にサポート。今なら口座開設で最大50,000円キャッシュバック実施中! - 口座開設

福島第一原発の汚染水を海に流出させ、危険を生じさせた「公害犯罪処罰法違反」の疑いで東電の経営幹部ら32人書類送検

東電幹部ら32人を書類送検 福島第一汚染水流出

2015/10/03 05:53

2015-10-04_123729

東京電力の新旧の経営幹部ら32人が福島第一原発の汚染水の管理を怠り、危険を生じさせた疑いで書類送検されました。

公害犯罪処罰法違反の疑いで書類送検されたのは、東電の広瀬直己社長、勝俣恒久元会長ら32人です。おととし7月までに、福島第一原発の事故で発生した汚染水の管理を怠って大量に海に流出させ、危険を生じさせた疑いが持たれています。福島県警はおととし、県内の住民らで結成された福島原発告訴団から告発状の提出を受け、32人への取り調べを進めていました。福島県警は、32人の認否については明らかにしていません。

参照元 : テレ朝ニュース

2015-10-04_123740

2015-10-04_123753

2015-10-04_123806

福島第一原発で、使用されていない配管から汚染水約6tが漏れる

人為的ミスか…福島第一原発で汚染水6t漏れる

2014/12/17 21:38
 
000040949_640

福島第一原発で、現時点で使用されていない配管から汚染水約6tが流れ出ているのが見つかりました。東京電力は、海への流出はないとの見方を示しています。

17日午後、処理装置「ALPS」で一定の処理を終えた汚染水を、配管を通して保管用のタンクに流す作業を始めたところ、配管の1つから水が流れ出ているのが見つかりました。この配管は、現時点で保管用のタンクに接続されていないもので、事態に気付いた東電社員がバルブを閉めるまでの6分間に、敷地内に約6tの汚染水が流れ出ました。

東電は、周囲を土のうでせき止めているため、海への流出はなかったとしています。一方で、なぜタンクにつながっていない配管のバルブが開かれていたのか、人為的ミスの可能性が高いとみて調べています。

参照元 : テレ朝ニュース




福島第一原発で実施した大規模ながれき撤去作業で放射性物質が飛散 20キロ以上離れた水田やコメを汚染した可能性

がれき撤去で飛散、コメ汚染 福島第一の20キロ先

2014年7月14日07時22分
 
AS20140713002203_commL

東京電力福島第一原発で昨夏に実施した大規模ながれき撤去作業で放射性物質が飛散して、20キロ以上離れた福島県南相馬市の水田を汚染した可能性を農林水産省が指摘し、東電に防止策を要請していたことが分かった。福島県は「他の要因は考えられず、がれき撤去の可能性が限りなく高い」としている。東電は要請を受けて撤去作業を凍結してきたが、広範囲に飛散した可能性を公表しないまま近く再開しようとしている。

原発から20キロ以上離れた南相馬市の避難区域外の水田14カ所と、20キロ圏の避難区域内の5カ所で昨秋に収穫されたコメから基準値(1キロあたり100ベクレル)超のセシウムが検出された。農水省が調べたところ、放射性物質は8月中旬に出始めた穂などに局所的に付着。事故当時に飛散した放射性物質を土壌から吸い上げたのなら均一的に検出されるため、穂が収穫された9月末までの間に新たに飛んできたものと分析した。

この間の8月19日、東電が第一原発3号機の大型がれきをクレーン車で撤去する際、がれきの下敷きになっていた放射性の粉じんが飛散し、別の場所にいた作業員2人が被曝(ひばく)して頭部から最大1平方センチあたり13ベクレルが検出された。この時、風下の北北西方面の5カ所の測定点(原発から2・8〜8・3キロ)でも空間線量が上昇し、福島県はがれき撤去による飛散が原因と推定していた。

農水省は.灰瓩らセシウムが検出された南相馬市はさらに風下にあたり、8月19日のSPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)の計算では3時間で達する基準超が複数検出されたのは同市だけA闇度は同地域のコメから基準超は検出されていない――などの理由から、8月19日のがれき撤去で飛散した可能性があると判断。今年3月に東電に再発防止を要請した。東電は「どこまで飛散したか把握していないが、防止対策に取り組みながら近く作業を再開する」としている。

東電は3号機のがれき撤去を終えたが、高線量のがれきが残る1号機は手つかずで、建屋を覆ったカバーを近く解体する方針だ。「最も早く作業が進む方法だが、放出量は増える」とし、飛散防止剤の散布を増やして対応するという。それでも天候や風向き次第でどこまで飛散するかは不透明だ。村山武彦東工大教授(リスク管理論)は「飛散の可能性を情報提供するのが大前提だ」と指摘する。(青木美希)

参照元 : 朝日新聞

1-35


がれき撤去で20キロ飛散の恐れ、説明せず 国や東電

2014年7月14日09時30分
 
AS20140713002215_commL

福島第一原発事故から2年以上たった昨年8月のがれき撤去作業で、住民が暮らす20キロ以上離れた地域まで放射性物質が飛散した可能性を知りながら、国や東京電力は公表してこなかった。今後も新たに飛散する恐れがあるのに、東電は詳細な作業日程の公開など十分な対策をとらないまま作業を進める構えだ。

がれき撤去で飛散、コメ汚染 福島第一の20キロ先水田
福島県南相馬市で昨秋に収穫されたコメから基準超のセシウムが検出されたことを受け、農林水産省は今年2月、地元の農業関係者の会合で「現時点で原因は不明」と説明していた。3月に東電に対してがれき撤去で飛散した可能性を指摘し、防止策を要請した後も地元には説明していない。

農水省穀物課は当初からがれき撤去で飛散した可能性があるとみて、1月に原子力規制庁に相談。3月に気象庁気象研究所に問い合わせ、「20キロ程度は飛散し得る」と回答を得ていた。がれき撤去による飛散の可能性を地元に説明していない理由について、同省の担当者は「原因がはっきりした後で説明するつもりだった」と取材に語った。

参照元 : 朝日新聞

AS20140713003482_commL


【福島第一原発】汚染水を保管するタンクから高濃度汚染水およそ100トンが漏れた原因、故障ではなく人為的な操作だった

福島第一原発の汚染水漏れ、人為的な操作か

2014年2月21日20:43

mqdefault (1)

福島第一原発の汚染水を保管するタンクから極めて高い濃度の汚染水およそ100トンが漏れた問題で、東京電力は、原因が故障ではなく、人為的な操作によるものだったと発表しました。

この問題は、19日午後11時半ごろ、福島第一原発4号機のタンクからおよそ100トンの汚染水がせきの外へ漏れたもので、ベータ線を出す放射性物質が1リットルあたり2億3000万ベクレルという極めて高い濃度で検出されました。

満水に近かったタンクに汚染水が流れ込んだのが原因でしたが、本来、開いていてはいけない3つのバルブのうち2つが開いていたため、タンクに汚染水が流れ込んでいました。

東京電力は、20日の会見では、問題発覚後の現場確認では、3つのバルブのうち1つは閉まっていた状態だったため、故障の可能性があるとしていました。しかし、東電が前後の写真などを調べたところ、この閉まっていたバルブも水漏れが発見される前には開いていたことがわかりました。このため、東京電力は、故障ではなく、人為的な操作によるものだったとしています。

なぜ一度開けられたバルブが、その後、閉じられたのかについても詳しく調べるとしています。

参照元 : TBSニュース


ミスか故意か…汚染水漏れ、誰かが弁を開閉

2014年2月22日00時04分
 
20140221-912838-1-L

福島第一原子力発電所で高濃度汚染水110トンが貯蔵タンクからあふれた問題で、東京電力は21日、タンクに注水する配管の3個の弁のうち、19日深夜に漏水を見つけた時は閉まっていた弁が、19日の間に2度、何者かによって操作され、約半日にわたり開いていたと発表した。

作業員への聞き取り調査では、誰が弁を操作したのか分かっていない。弁は手動式で、レバーを付けて回さないと開閉できない。東電は、ミスと故意の両面で、弁が操作された経緯を調べている。

東電によると、汚染水があふれた「H6エリア」のタンクの注水用配管には弁が3個ある。漏水が分かった直後の20日午前0時過ぎに撮影した写真では、2個が開き、1個は閉まっていた。3個とも開かないと注水されない構造で、東電は20日、「閉まっていた弁は故障した疑いがある」との見解を示していた。

しかし、19日午前11時頃に別の作業で撮られた写真を確認したところ、故障が疑われていた弁は開き、開閉用のレバーが取り付けられていた。

参照元 : 読売新聞

【福島第一原発】高濃度の汚染水300トンが漏れたタンクの近くにある井戸で、これまでで最も高い1リットルあたり40万ベクレルの放射性物質が検出

観測用井戸から1リットルあたり40万ベクレルの放射性物質

2013年10月18日11:17
 
mqdefault (3)

福島第一原発で、8月に高濃度の汚染水300トンが漏れたタンクの近くにある井戸で、これまでで最も高い1リットルあたり40万ベクレルの放射性物質が検出されました。

福島第一原発では今年8月、汚染水をためるタンクから300トンあまりの高濃度の汚染水が漏れ、一部は排水溝を通じて海に流出したとみられます。

東京電力によりますと、このタンクから20メートルほどの場所に掘られた観測用の井戸で、17日に採取した地下水からベータ線を出す放射性物質が、これまでで最も高い1リットルあたり40万ベクレルの濃度で検出されたということです。

原因について、東京電力は、タンクから汚染水が漏れた後、移動する速度が遅いストロンチウムなどの放射性物質が時間をおいて井戸に達したとみていて、「新たな漏えいがあったわけではない」としています。






人気ブログランキングへ

福島第一原発で人為的ミス相次ぐ 作業員が誤って配管を外す ⇒ 高濃度の汚染水漏れ ⇒ 作業員6人が汚染水を浴びる

福島第一原発で配管外すミス、作業員が汚染水かぶったか

2013年10月09日13:43
 
news2026042_1

福島第一原発の汚染水を処理する設備で、作業員が誤って配管を外し、高濃度の汚染水が漏れました。施設の外には漏れていませんが、近くにいた作業員6人が汚染水をかぶったとみられます。

汚染水漏れがあったのは、福島第一原発で原子炉を冷却したあとの水を集めて、塩分を除去する淡水化装置です。

9日午前10時すぎ、作業員が、この装置の配管を誤って外し、高濃度の汚染水が漏れました。漏れたのは放射性セシウムなどを取り除いたあとの水ですが、取り除けない放射性物質が1リットルあたり、およそ3700万ベクレル含まれているとみられます。

施設内の外には流出していないということですが、原子力規制庁によりますと、装置の周辺にいた作業員6人が汚染水をかぶったとみられ、現在、東京電力が被ばく線量などを調べています。

福島第一原発では、今月7日も作業員のミスで原子炉に冷却水を注ぐポンプが一時停止するなど、人為的なミスが相次いでいます。




人気ブログランキングへ

【東電】福島第一原発でまた汚染水漏れ発覚 海に流出した可能性大

福島第一原発でまた汚染水漏れ、海に流出か

2013年10月03日16:03
 
news2021130_6

また新たな汚染水漏れが見つかったというニュースです。福島第一原発でタンクから高濃度の汚染水が漏れていたことがわかりました。一部は海に漏れ出たとみられますが、原因について、東京電力は「傾いたタンクにギリギリまで水を貯めすぎたため」としています。

「また新たに漏えいが生じたことを報告しなくてはならないことを大変申し訳なく、おわび申し上げます」(東京電力の会見)

福島第一原発で汚染水をためるタンクからまた新たな水漏れが見つかりました。東京電力によりますと、2日、台風の接近に備え、タンクの周りにたまった雨水をタンクに移していたところ、天板から水滴が垂れているのに夜になってから気がついたということです。水滴は点検用の足場を伝って、堰の外側にも垂れていて、側溝を通じて海に流れ出た可能性があります。

「側溝から海に出ていると考えています」(東京電力の会見)

漏れた水には1リットルあたり最大58万ベクレルの放射性物質が含まれ、およそ430リットルが外に漏れ出たと見られています。山側から海側に傾斜した土地に5つのタンクがつながれた形で置いてあり、ギリギリまで水を入れようとしたところ、一番海側のタンクの端から水があふれたということです。水位を管理する「水位計」は、いちばん山側のタンクにしか設置されていませんでした。

「現在タンクがかなりひっ迫している中で、せき内の水をくみ上げなくてはいけない。ギリギリを狙いすぎたのが反省点」(東京電力の会見)

相次ぐトラブルに福島の漁業関係者は・・・

「『困りましたね』としか言いようがない」(福島・いわき市の漁業者)
「総理大臣が国際的な場でかっこいいことを言ったって、現実的には福島の話じゃないですか。試験操業をしても(捕れた魚を)誰も買わない」(福島・いわき市の漁業者)

「実際に漏れているわけですから、対応策が十分だったとは思っていません。一切漏れてはならないことですから」(菅義偉官房長官)
 
Q.“状況はコントロールされている、全く問題ない”という政府の認識は変わらない?
「全体としてはコントロールできているというふうに思っています」

参照元 : TBSニュース



【福島第一原発】タンクのそばの井戸の地下水から最高濃度の3200ベクレル検出

地下水から最高濃度の3200ベクレル 福島第一原発

2013/09/10 05:51
 
fukusimagennpatuosennsuiu0910hyousi

福島第一原発で、放射性物質を含む汚染水がタンクから漏れた問題で、東京電力は、タンクのそばの井戸の地下水からストロンチウムなどが1リットルあたり3200ベクレル検出されたと発表しました。これまでで最も濃い値です。

東京電力は8日、汚染水の広がりを調べるため、汚染水が漏れたタンクから約20メートル離れた場所に掘った井戸から地下水をくみ上げました。この地下水からストロンチウムなどが1リットルあたり3200ベクレル検出されました。

タンクの反対側に掘った井戸からは、5日にくんだ地下水から1リットルあたり約650ベクレルが検出されています。前回を大幅に上回る濃度の放射性物質が地下水から検出されたことについて、東京電力は「タンクから漏れた汚染水が到達した可能性を否定はしない」としています。そのうえで、「タンクの汚染水と比べて濃度がかなり低いので、断定はできない」として、今後、何回か分析を続けて判断するということです。






息を吐くように嘘を吐く、安倍首相




震災から2年半の福島は… 汚染水が復興の足かせに

2013/09/11 11:50

東日本大震災から9日11日で2年半です。1万5000人以上が亡くなり、2600人以上の行方不明者の捜索がいまだ続いています。

(内田智之記者報告)
福島第一原発から南に約30キロ。福島県いわき市の久之浜漁港です。震災前まではこの時期、カレイなどの漁でにぎわっていたということですが、今は原発事故の影響で漁船は停泊したままとなっています。いわき市では、今月5日から漁の再開に向けて試験操業が始まる予定でしたが、汚染水問題を受け、延期されたままとなっています。再スタートを切ろうとした矢先に起こったこの汚染水問題。漁業者は、先日の安倍総理大臣の発言について、次のように話しています。

いわき市の漁業者:「批判を買うのではないか、国民からすれば」

福島県漁連では、これまでの放射性物質の検査で問題がなかったことから、魚の種類を限定して、今月下旬にも試験操業を始める方針を示しています。しかし、消費者の理解を得るのは難しく、まだまだ厳しい状況が続きそうです。このように、原発事故は、福島県の復興の前に大きく立ちはだかっています。

ソース : テレ朝ニュース
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000012189.html




震災2年半の岩手 いまだ29万人が仮設生活強いられ

2013/09/11 11:48

東日本大震災から9日11日で2年半です。1万5000人以上が亡くなり、2600人以上の行方不明者の捜索がいまだ続いています。そして、約29万人の避難者が仮設住宅などでの生活を強いられています。

(塚本京平記者報告)
岩手県宮古市田老の防潮堤です。一昨年の津波は、この高い防潮堤を越え、町を壊滅状態にしました。5月からは防潮堤の復旧工事が始まっています。復興へ進む一方で、被災地は新しい課題に直面しています。人口の減少です。県内最大規模のグリーンピア三陸みやこ仮設団地。現在は400戸のうち空き部屋が60余り、住民も一昨年より200人以上減りました。地元の町づくりを待てず、内陸に移る人が増えています。

仮設団地の住民:「田老を諦めて(他の土地に)行くのだから、仕方がない」「果たしてどれくらい残るのか」

工事の進む防潮堤の近くでは、伸びきった雑草が広がっています。住民の故郷をなくさないためにも、目に見えた復興の加速が期待されます。

ソース : テレ朝ニュース

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000012187.html



人気ブログランキングへ

福島第一原発で、タンクから高濃度の汚染水が漏れた問題 国際的な事故評価「レベル1」から「レベル3」に引き上げ決定

汚染水漏れの事故評価 「レベル3」に引き上げ決定

2013年8月28日13:27

福島第一原発で、タンクから高濃度の汚染水が漏れた問題で、原子力規制委員会は、国際的な事故評価の尺度を「レベル1」から「レベル3」に引き上げることを決めました。

タンクから300トン以上の汚染水が漏れた事故について原子力規制委員会は当初、国際的な事故評価尺度の「INES」で「レベル1」と暫定評価しましたが、その後、漏れた放射性物質の総量から重大な異常事象の「レベル3」に相当するとの見方を示していました。

福島第一原発の事故自体が「レベル7」と評価されていることから今回の事態を別に評価することが適当かどうかIAEA=国際原子力機関に助言を求めたところ、「適用できる」との回答が来たということです。このため、暫定評価を「レベル3」に見直すことを決めました。

一方で、事故の状況が確定しない段階でINESの評価を行えば、国際社会に混乱を与える可能性があるとして、評価とは別の手段で、事故の程度や対策を説明する方法も検討するとしています。

ソース : TBSニュース
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2008309.html

人気ブログランキングへ

最新記事






楽天トラベル




人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ