地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

砲撃

【米国防総省】南北軍事境界線付近で北朝鮮が韓国側に砲撃したことを受け、米韓合同軍事演習を一時中断

北朝鮮の砲撃受け 米韓合同軍事演習が一時中断

2015/08/22 22:18

000057269_640

アメリカ国防総省は、南北軍事境界線付近で北朝鮮が韓国側に砲撃したことを受けて、17日から実施していた米韓合同軍事演習を一時中断していたことを明らかにしました。

米韓合同軍事演習の一時中断は、在韓国アメリカ軍の司令官と韓国側が決めたもので、「北朝鮮による砲撃の状況を把握するためだった」ということで、現在は再開されています。演習は17日から始まりましたが、北朝鮮は「強行されれば我々の軍事的対応も激しくなる」と反発していました。

シアー国防次官補:「朝鮮半島での適切な抑止力を保証するため、アメリカ軍は警戒態勢を維持している」

アメリカ国防総省のアジア太平洋地域担当、シアー次官補は「北朝鮮の挑発行為は緊張を高めるだけだ」と北朝鮮を非難し、自制を呼び掛けました。

参照元 : テレ朝ニュース


北朝鮮「全面戦争も辞さない」対決姿勢鮮明に

2015年8月22日 11時46分

K10010198731_1508221222_1508221223_01_03

北朝鮮は、韓国が11年ぶりに再開した北朝鮮に対する非難放送をやめなければ「軍事的行動を開始する」とした22日夕方の期限が迫るなか、「全面戦争も辞さない」などと威嚇する声明を発表し、対決姿勢を鮮明にして緊張を高めています。

北朝鮮軍は20日、軍事境界線近くの韓国軍の部隊に向けて砲弾などを撃ち込んだうえで、韓国軍が11年ぶりに再開した北朝鮮に対する非難放送を、日本時間の22日午後5時半までにやめなければ、「軍事的行動を開始する」と通告し、21日夕方からは前線地帯で「準戦時状態」に入りました。

こうしたなか、北朝鮮の国営テレビは22日、北朝鮮外務省の声明を読み上げ、「わが軍と人民は体制を命懸けで守るため、全面戦争も辞さない」などと威嚇し、対決姿勢を鮮明にしました。

また、国営通信によりますと、対韓国工作の総責任者とされるキム・ヨンチョル副総参謀長は21日、ピョンヤンに駐在する各国の外交官や外国メディアを集めた席で、「わが軍と人民の軍事的対応措置は、輝かしい勝利をもたらすだろう」と述べたということです。

さらに国営テレビでは22日も、キム・ジョンウン(金正恩)第1書記が20日招集して「準戦時状態」に入ることを決めた朝鮮労働党中央軍事委員会の緊急会議の様子を伝えていて、北朝鮮は、みずからが通告した22日夕方の期限が迫るなかで、国営メディアを通じて緊張を高めています。

一方、韓国国防省によりますと、これまでのところ、北朝鮮軍の前線部隊に特異な動きは見られないということですが、引き続き、在韓アメリカ軍と連携して、非難放送に使っているスピーカーを狙った砲撃などを警戒しています。

このほか、ソウルにある日本大使館は南北間の緊張が高まっていることを受けて、ホームページなどを通じて、韓国に滞在している日本人に対し、軍事境界線に近い地域への不必要な訪問は控えるよう呼びかけています。

参照元 : NHKニュース




【北朝鮮】宣戦布告の砲弾が南から飛んできた以上、われわれの無慈悲な戦争行動が開始されるであろう

2015/08/22

【平壌8月22日発朝鮮中央通信】今日のこの重大な事態は、自分らが瀕した破局的危機から逃れ、われわれの社会主義制度をどうしてでも圧殺するために南朝鮮のかいらい逆賊一味が米帝のそそのかしの下で執着してきた同族対決と戦争挑発策動の必然的所産である。

朝鮮半島の現戦争の局面に関連して、社会科学院社会政治学研究所のソ・ソンイル所長は上記のように述べている。ソ所長は、20日に発表された朝鮮人民軍最高司令部緊急報道について想起させ、次のように語った。

われわれは、最近だけでも祖国解放70周年を迎えて北南関係を改善するために画期的な提案と重大措置を打ち出した。

しかし、南朝鮮のかいらい一味はわれわれのこのような誠意に米帝との「ウルチ・フリーダム・ガーディアン」 合同軍事演習といわゆる「地雷爆発」事件という謀略劇のつくり上げ、反共和国ビラ散布劇と心理・謀略放送で応えた。

世界のどこにもない暴虐非道なファッショ統治で民主主義を余地もなく抹殺し、外部勢力に対する屈辱的な事大行為によって人民から見捨てられた朴槿恵一味は今、収拾しがたい統治危機に瀕している。

それゆえ、かいらい逆賊はその活路を反共和国軍事的挑発策動を本格化して、それから生じる戦争の危機に対する責任をわれわれに転嫁させる常套的手口から見い出しているのである。

歴代、彼らはいわゆる「安保危機」を口実にして自分らに注がれる内外の非難をよそにそらそうとする汚らわしい癖を直したことがない。

生きつくしていく汚らわしい余命を維持するために、われわれの神聖な領土に不作法な発砲をし、ついに戦争の道を選んだ者はこれ以上許しを望んではいけない。

宣戦布告の砲弾が南から飛んできた以上、われわれの無慈悲な戦争行動が開始されるであろうし、挑発者は破滅の運命に従順であらなければならないであろう。

参照元 : kcna


米韓両軍、厳戒態勢=「全面戦辞さず」と北朝鮮

2015/08/22-09:19

【ソウル時事】北朝鮮が韓国に対し、22日夕までに政治宣伝放送を中止しなければ軍事行動に出ると警告する中、米韓両軍は厳戒態勢を敷いている。米高官によれば、米軍は17日に始まった韓国との合同軍事演習「乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン」を一時中断し、韓国側と調整を行った。

朝鮮中央通信によると、北朝鮮外務省は21日声明を出し、北朝鮮軍総参謀部が平壌時間20日午後5時(日本時間同5時半)、韓国国防省に対し「48時間以内に放送を中止し、すべての心理戦の手段を撤去しなければ、軍事行動に出る」と「最後通告」を行ったと重ねて強調した。22日午後5時(日本時間同5時半)に48時間の期限を迎えることになる。

北朝鮮外務省声明は「わが軍と人民は単純な対応や報復ではなく、人民が選択した制度を命懸けで守るため、全面戦も辞さない」と宣言した。

一方、韓国の韓民求国防相は21日夜、国民向け談話を発表。政治宣伝放送について、北朝鮮が非武装地帯(DMZ)に埋設した地雷の爆発事件を受けた「適切な措置」だと説明し、継続する考えを示した。

韓国防相は「万一、これを口実に新たな挑発を仕掛けてきた場合、容赦なく断固たる対応を取る」と強調。「韓米同盟は緊密に協調し、北朝鮮の挑発を抑止していく」と訴え、韓国国民に、軍を信頼して冷静に対応するよう呼び掛けた。

参照元 : 時事通信


北朝鮮、国連でも軍事的措置警告 安保理会合を要求

2015/08/22 09:02

2015-08-24_005029

【ニューヨーク共同】北朝鮮のアン・ミョンフン国連次席大使は21日、ニューヨークの国連本部で記者会見し、北朝鮮が設定した期限までに韓国が北朝鮮向けの宣伝放送を中止しなければ「強力な軍事的対抗措置」を取ると重ねて警告した。

北朝鮮の慈成男国連大使は21日、安全保障理事会の議長国ナイジェリアに書簡を提出し、緊急会合を開いて北朝鮮代表に演説させるよう求めた。北朝鮮は、北京とモスクワの大使館でも21日、大使が同様の会見を行っており、韓国側への圧力を強める狙いがありそうだ。【共同通信】

参照元 : 47NEWS



【閲覧注意】ウクライナ紛争 ドネツクで激しい砲撃!民間人27人が死亡

2015年2月4日、ウクライナのラダでは、ウクライナへ外国の軍隊を参加させる法案を可決している。彼らは現在、リトアニアとポーランドに軍隊を結合するかどうかを議論している。

この広大な力の増加はドンバスで繰り広げている戦争で、キエフの多額の損失をカバーするために機器や人員を提供するのが目的とのこと。2月4日、ドネツクで激しい砲撃があった。民間人の27人が爆撃の犠牲になった。

発射されたロケット弾やクラスター爆弾を分散させる。クラスター爆弾は違法です。ドネツクでは子供の遊び場を襲った。ロケット爆撃は、今年の初めからその場所に集中している。これは、すべてのドンバス間で起こっている。ウクライナは最前線で難民を砲撃している。

hqdefault (1)

Posted on February 4, 2015 by George Eliason

As I am writing this the Ukrainian Rada has passed a law allowing foreign armies into Ukraine. They are currently discussing whether to combine armies with Lithuania and Poland. This vast force increase will provide equipment and personnel to cover Kiev’s heavy losses in the war Poroshenko is waging in Donbass. I don’t know what combining armies with NATO member countries will ultimately mean. I do know that both countries are very close to following in Ukraine’s Ultra-National footsteps internally because of pressure from their own nationalist diasporas.

Today (Feb 4)in the heavy shelling of Donetsk, Ukraine hit Hospital #27 among other civilian structures in Donetsk 17 homes, in Makeyevka 28 , and Gorlovka 2. At Hospital #27 most of the deaths are from flying glass when the windows blew in due to the explosions.

The Ukrainians are firing Uragan rockets which also disperses cluster bombs. Cluster bombs are illegal. In Donetsk one Uragan rocket struck the location where humanitarian aid was given out and a children’s playground.

This video with English subtitles shows the horror of Ukraine’s bombing in Gorlovka. The shelling, rockets and bombing have been constant there since the beginning of the year. This is going on all across Donbass and on the front lines, Ukraine is once again shelling refugees trying to leave.

Ukraine War Feb 4th Updates -Prezrak (Ghost) Battalion Commander Alexey Mosgovoy – the Future of Ukraine’s War



ENG SUBS 18+ Horlivka, Poroshenko's aftermath Feb 2nd/Результаты обстрела Горловка, Комсомолец

gainst this background in this video with translated subtitles by Kazzura commander Mosgovoy addresses this ongoing situation and states where he sees the conflict in Ukraine going. He also appeals to Ukraine to fight against the real enemies of the people and to stop killing each other. He says where he thinks it must end. There has to be justice for all Ukrainians.



Listening to Alexey Mosgovoy, commander of Prezrak Battalion opens a clear lens into understanding the leaders of LNR and DNR in Donbas. Mosgovoy has been vilified in the press as a rising tyrant, a backward looking ideologist, and an intolerant leader in an attempt to undermine the position of the DNR and LNR in western media.

In what became the West’s big article on Mosgovoy, he was made out to be a cruel unjust warlord overseeing the trial of rapists and concluding it with the death penalty. It was called a trial by a mob, and a death sentence was ordered with a show of hands.

The first rapist was a soldier under his command and the girl was just 15 years old. The second was accused of raping a child. During the trial all the evidence was brought forward and the only defense given was“she asked for it.” The mother of the convicted was convinced of his guilt. The mob which was over 300 people knew both the accused and the accusers in the case. In essence it was a jury of 300 people including friends and family. Because it is war time and a soldier raped a child(15 years old), the death penalty put on the table.

After clouding the facts and dragging this mans reputation into the mud, for main stream media the story ended there.

Its how it really ended that gives real insight into this NAF leader.

Mosgovoy suspended the death sentences right away. His stated reason which went unreported was “Until there is a sitting government, laws are decided, and a real judicial system is in place; the punishment cannot be carried out. Real laws have to be in place and protections first. A real court needs to be established and then this can be decided.”

The convicted soldier is digging trenches, and the civilian is in custody until a legal court can hear the case.

The above statement is really clear insight into how Alexey Mosgovoy sees a separation between military and civil structures as well as civil rights.

How I got to know who Alexey Mosgovoy is

Late in the spring and then beginning again in the late summer after Prezrak pushed the Ukrainian national guard and punisher battalions out of our area, I was rubbing shoulders almost daily with Prezrak battalion and didn’t realize it. These men and women are local people from what became Lugansk Peoples Republic.

Back then they were just the local militia guys we met and knew. Prezrak Battalion has played an instrumental part in the humanitarian effort for Lugansk People’s Republic. Alexey Moskovoy set a humanitarian battalion just for distributing aid. In towns where they have a strong presence Prezrak set up kitchens and cafeterias where people struck by the war can eat for free.

In the spring, the Ukrainian government started blocking shipments of medications needed for chronic illnesses ( diabetes, heart problems), to antibiotics, and everything in between going to Donbass. Besides writing about the humanitarian situation, my wife and I have been trying on our own small level to help.

When our friends saw this Prezrak asked us to get lists together locally for medications that were needed. We put a list together and a week later the medications including insulin for Type 2 diabetes were delivered, no thank you needed.

This wasn’t a one time offering and Prezrak Battalion does this wherever they have a presence. They never asked who the medication was for. It doesn’t matter if they are “pro-Russian, or pro-Ukrainian” everyone is Donbass. Prezrak Battalion’s only thought was getting the medication to people that needed it and politics don’t play a part in the equation.

That was how I started to get to know Alexey Mosgovoy. Its the actions and not the words of a man that show his character.

Through months of conversations with the men and women in both the NAF and Prezrak nothing but respect is said in connection with him regardless of what was going on. It doesn’t matter who you speak with on the streets throughout Lugansk Peoples Republic, the sentiment remains the same.

By the time I met him I had the benefit of already understanding how he looked at things. Over the last months Prezrak has earned its fierce reputation, but even in combat every time its possible they have tried to opt for the surrender of their fellow Ukrainians (Ukrainian army) instead of destroying them. The exception to this is the punisher battalions like “Donbass” “Aidar” “Azov” whose crimes against the civilian population has been insane.

Through the lens of this man you can understand the direction the leaders of DNR and LNR are moving in. If the military is showing this much support for the civil structure, how much more are the elected leaders working for in civil government?


親ロ派、ウクライナ軍に最後通告=6000人完全包囲−和平協議で主導権狙いか

2015/02/10-06:19

20150210ax04

【モスクワ時事】インタファクス通信によると、ウクライナ東部ドネツク州デバリツェボで9日、親ロシア派が政府軍の最大6000人を完全包囲したと主張し、投降しなければ総攻撃すると最後通告した。親ロ派は兵士を「人質」に取り、多大な犠牲を伴う総攻撃を辞さない構えでポロシェンコ政権に一段と圧力をかけ、一連の和平協議で主導権を握る狙いがあるとみられる。

デバリツェボは、親ロ派の二つの拠点都市であるドネツクとルガンスクを結ぶ交通の要衝。政府軍が死守してきたが、親ロ派が年明けから包囲作戦を強化し、9日になって弾薬や兵器の補給路を完全に遮断したと発表した。

親ロ派幹部は「投降した者は身の安全を保証するが、それ以外の者はせん滅する。デバリツェボで政府軍の5000〜6000人を包囲した」と警告した。

参照元 : 時事通信

【閲覧注意】シリア・アレッポの市場が政府軍に砲撃され、多数の民間人が死亡(R18指定)

2014年6月11日、シリアのアレッポにある市場が政府軍から砲撃され、子供を含む多数の民間人の死傷者が出た。現場は地獄絵図。人々は多数の死体を見て、狂ったように悲鳴を挙げる。

これがシリアの悲惨な現実である。戦争は絶対やめさせなければいけない。

AS20140227000756_comm

※グロ注意

SOONER OR LATER WE'LL PAY A HIGH PRICE IF WE DO NOT HELP PEOPLE IN SYRIA AND IRAQ.
ON THE OTHER HAND,IT'S TOO LATE NOW.

EVERYONE WHO SUPPORTS ASSAD,MUST BE A PSYCHOPATH.

VERY GRAPHIC !!!Aftermath of SAA shelling at local market : Aleppo June 11 2014



【シリア】ミサイル砲撃 ⇒ 大爆発する衝撃映像

ミサイルが落ちてくる様子がハッキリ分かります。凄まじい破壊力

Added: 9 hours ago Occurred On: Jan-20-2013 By: thesweed123 In: Syria 
Tags: syria, darayya, Location: Darayya, Rif-Dimashq Governorate, Syria (load item map)

Syria - Violent shelling of Darayya



ダマスカス近郊のダラヤにて反体制派を攻撃するシリア軍機甲部隊



人気ブログランキングへ

最新記事






楽天トラベル



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ