安倍政権に打撃…永田町は 甘利大臣が辞意表明

2016/01/28 17:58

2016-01-29_152446

甘利経済再生担当大臣の辞意表明ですが、安倍政権への影響について国会記者会館から報告です。

(政治部・吉野真太郎記者報告)
安倍総理大臣にとって、甘利大臣は政権発足以来の盟友です。アベノミクスの担当閣僚と言っても過言ではありません。まさに屋台骨が抜かれるということは、政権としてもダメージであることは間違いありません。安倍総理も当初、周辺には「何とか守りきれるんじゃないか」というふうに語っていました。

そのうえで、今回辞任させたということは、政権として、辞任した時のダメージと辞任しなかった時のダメージ、これを比較して最終的には辞任という判断に至ったのだと思います。この判断のポイントですが、最大のポイントは世論でした。

安倍政権は「政治とカネ」の問題についての対処方針として、これまで小渕氏や松島氏の時もそうでしたが、「徹底的に調べて説明させる。説明できなければ辞めさせる」というものでした。つまり、今回の会見を聞いて国民が甘利大臣の説明で納得できたかどうか、ということがポイントになります。

今回、辞任に至ったということは、判断として「もしかしたら甘利大臣の説明はきついんじゃないか」「納得させられない部分が拭いきれないんじゃないか」「会見をもってけりをつけられない」ということで、これまでのセオリーに従った判断をして、ダメージを最小限にしたということだろうと思います。

参照元 : テレ朝ニュース



2016-01-29_151654

2016-01-29_151716

2016-01-29_151724

2016-01-29_151809

2016-01-29_151749

2016-01-29_151902

2016-01-29_151911

2016-01-29_151920

2016-01-29_151944

2016-01-29_151954

2016-01-29_152003

2016-01-29_152040

2016-01-29_152049


野党は引き続き追及へ 甘利大臣が辞意表明

2016/01/28 18:00

2016-01-29_142517

甘利経済再生担当大臣が辞意を表明。野党側の反応です。

(政治部・小池直子記者報告)
民主党は「辞めて幕引きは許されない」としていて、今後も予算委員会などに甘利大臣を呼び、国会でさらに追及していく構えです。28日午後の会見での説明について、野党側は「逃げられないと思ったんだろう」「違法性がないと説明しているのに辞めるのはおかしい」などと批判しています。

また、「政治資金規正法違反だけではなく、あっせん利得罪は十分に立証できる」としています。そのうえで、「辞任をしても全容解明を続けていく」として、今後、事務所関係者などを国会に参考人として招致するなど、さらに攻勢を強める考えです。来月1日から始まる予算委員会では、野党はこの問題に絞って徹底追及していく方針です。

参照元 : テレ朝ニュース



2016-01-29_142526

2016-01-29_142536


甘利氏辞任の余波続く 予算審議の日程決まらず

2016/01/29 11:46

2016-01-29_153205

甘利前経済再生担当大臣は辞任したものの、安倍政権への影響は収まっていません。政府・与党が年度内の成立を目指す2016年度予算案は、いまだ審議入りの日程が決まらず、調整が続いています。

(政治部・白川昌見記者報告)
29日午前11時から行われる予定だった本予算を巡る与野党の話し合いは今も行われていません。野党側は甘利氏の辞任を受け、政府・与党の側から、きちんと謝罪があるべきだとしています。

民主党・枝野幹事長:「経済演説をしたことになっている大臣が急にお辞めになったんですから、しかるべきけじめをして頂かないと」

与党側は2月1日からの本予算の審議入りを目指していますが、野党側は甘利事務所とURの接触の履歴や国土交通省の局長の発言内容などが提出されなければ、予算の審議には応じない構えです。ある野党幹部は「甘利大臣が辞任したからといって幕引きにはさせない。

これで予算の年度内成立も難しくなった」と語っています。一方の自民党側は「甘利氏が覚悟を決めて辞任したのだから、これ以上、追及する必要はない」と擁護する構えです。幹事長会談を開いて野党側と調整する案も浮上しています。スキャンダルで閣僚が辞任した直後だけに、あまり強引な国会運営はできないというのが本音で、野党の出方を見極めながら頭を悩ませて対応することになりそうです。

参照元 : テレ朝ニュース




甘利氏が辞任表明 後任は石原元環境大

2016/01/29 05:50

2016-01-29_153519

安倍総理大臣は辞任を表明した甘利経済再生担当大臣の後任として、石原伸晃元環境大臣を起用しました。

安倍総理大臣:「デフレ脱却を確かなものとして、しっかりとした成長を続けていく。その軌道に乗せていくために、その能力を発揮してもらいたいと期待しています」

石原氏は石原慎太郎元東京都知事の長男で、自民党幹事長や環境大臣などを歴任しています。

石原新経済再生担当大臣:「アベノミクスの光が、地方あるいは中小企業に広がってきた。この流れをしっかりと確固たるものにしていく」

大臣の交代を受け、与野党で合意していた29日の衆議院予算委員会での2016年度予算案の審議は来週以降に先送りされる見通しです。一方、野党は甘利氏の参考人招致も視野に、引き続き追及していく方針です。

民主党・枝野幹事長:「本当に大臣辞任ということで終わらせていい事案なのか、相当な疑問がある。甘利さんの今後の国会での参考人招致なども含めて、ゼロベースで与野党で話していく」

また、共産党の山下書記局長は安倍総理に任命責任があるとして、真相解明に主導的な役割を果たすよう求めました。

参照元 : テレ朝ニュース

2016-01-29_153527

2016-01-29_153536

2016-01-29_153544

2016-01-29_153552

2016-01-29_153600

2016-01-29_153620

2016-01-29_153631

2016-01-29_153647


甘利大臣辞任は「厄介なつまずき」 NYタイムズ

2016/01/29 08:52

000067204_640

アメリカのニューヨーク・タイムズは、甘利経済再生担当大臣の辞任について「安倍総理にとって厄介なつまずきだ」と報じています。

28日付のニューヨーク・タイムズ電子版は、甘利大臣の辞任について「アベノミクスを進める安倍総理大臣にとって衝撃的であり、厄介なつまずきとなった」と指摘しました。甘利氏については「安倍総理を支え、日本のTPP(環太平洋経済連携協定)交渉をリードした。安倍政権のなかで最も影響力がある大臣だった」と伝えています。

一方、ウォール・ストリート・ジャーナルは「日本経済は、中国発の世界的な景気悪化の懸念で、逆風下にある。辞任はそれほど深刻ではないが、安倍総理には打撃だ」と論じました。さらに、「この問題が広がれば、参院選に向けて安倍政権にダメージになる恐れがある」としています。

参照元 : テレ朝ニュース


米政府「TPP影響ない」 一方、フロマン代表は…

2016/01/29 11:48

2016-01-30_152718

アメリカの国務省は、甘利前経済再生担当大臣の辞任がTPP(環太平洋経済連携協定)の今後の手続きには影響しないという見方を示しました。

アメリカ国務省・トナー副報道官:「(TPPは)一個人によるものではない。署名が遅れるとは想定していない」

トナー副報道官は、来月4日のTPPの署名式は予定通り行われ、手続きに影響はないという見方を示しました。

記者:「通商代表!」
アメリカ、フロマン通商代表:「…」

甘利氏とTPP交渉を進めてきたフロマン通商代表は、記者の問い掛けに一切、応じませんでした。一方、アメリカメディアは「アベノミクスを進める安倍総理大臣にとって衝撃的であり、厄介なつまずきとなった」などと分析しています。

参照元 : テレ朝ニュース



2016-01-30_152728

2016-01-30_152739

2016-01-30_152748

2016-01-30_152801