地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

瞬間移動

【量子力学】微生物のテレポーテーション実験が本格化!人間の瞬間移動が実現する日も近い?

「人間の転送装置」が実現する日も近い? 微生物のテレポーテーション実験が本格化、驚愕の実験内容とは?

2016.01.25

ケーブルも電波も使わずに量子の“もつれ”状態を利用して情報伝達を行う「量子テレポーテーション」――。人類にとって夢のコミュニケーション手段だが、この技術を用いて我々人間のような有機生物の“中身”を転送できる可能性が見えてきたというから驚きだ。まさに海外ドラマ『スタートレック』で使われている“転送装置”が実現する日も近いのだろうか。

2016-02-08_142948

■有機生物の“中身”をテレポーテーションする

量子力学の実用化の試みは、昨今目覚しい発展を遂げている。2014年にNASAのJPL(ジェット推進研究所)、NIST(アメリカ国立標準技術研究所)、スイス・ジュネーブ大学などの物理学者からなる研究チームが、光ファイバーを用いてこれまでの「量子テレポーテーション」最長記録を大幅に更新する25kmの隔離に成功したのもつかの間、2015年11月にはNTT物性科学基礎研究所の武居弘樹氏が主導する研究チームが、およそ100kmの距離で成功し、世界記録を塗り替えた。

これまでのニュートン力学や、アインシュタインの理論による理解の範囲を超えた量子論だが、研究と実用化の試みは着々と進められている。その中でも、米・インディアナ州パデュー大学のトンカン・リィ教授と、中国・清華大学のツァン・クィ・イン博士が共同で行っている実験は、ひときわ斬新で奇妙なものである。それというのも、微生物を量子テレポーションで瞬間移動させようという前代未聞の実験なのだ。ということは、もしこの実験が成功したとするなら、いずれ我々の肉体を瞬間移動させることができる“転送装置”が現実のものになるかもしれないのだ。

だが気を急いてはいけないようだ。現状では有機生物の“中身”をテレポーテーションすることがまずは試みられている。しかし、そんなことが可能なのか?

■量子的重ね合わせの状態をつくりだす

実験のカギを握るのは、テレポーテーションさせようとする有機体を、量子的重ね合わせ(Quantum superposition)という状態におくことである。では、この量子的重ね合わせとはどんな状態なのか? これを説明するためには、前世紀の初旬にまでさかのぼることになる。それは以前トカナでも紹介しているが、オーストリア人物理学者のエルヴィン・シュレーディンガーが1935年に行った思考実験「シュレーディンガーの猫」のことだ。

ここでは詳しい説明は避けるが、わかりやすく手短にいってしまえば、「シュレーディンガーの猫」とは確率50%で生死の境目にいる箱の中の猫のことだ。青酸ガスを仕掛けた箱に入れられた猫が、一定の時間が経過した後に、はたして生きているのか死んでいるのか、当然のことながら箱を開けてみるまでわからない。これを量子論では“観察”することで猫の生死が決定されると解釈するのだ。つまり、開ける前の箱の中にいる猫は生きてもいるし、死んでもいるという2つの可能性が共存した存在なのである。そしてこの状態こそが、量子的重ね合わせの状態なのだ。
 
2016-02-08_143039

リィ教授らは、有機体がテレポーテーションをするには、まずこの量子的重ね合わせの状態にしなくてはならないと考えている。しかし、思考実験の中の話ではなく有機体を実際に量子的重ね合わせの状態にするには、一体どうすればよいのだろうか。

■記憶などの情報が離れた有機体の間でテレポートできるようになる

リィ教授らによれば、有機体を量子的重ね合わせの状態にするには、まず冷凍状態にしなければならないという。冷凍にすることで有機体内の化学的活動とエネルギー消費、外界との相互干渉がなくなり、いわば物質化する。実験では、テレポーテーションさせる有機体を微生物に設定していることから、まずはこの微生物を冷凍状態にするのである。
 
2016-

次に、この冷凍した微生物を、電動で細かく振動する薄い皮膜の上に配置する。イメージとしては、叩いた時の太鼓の張り皮のように薄皮が細かく振動している状態だ。こうして振動する皮膜の上に置かれた冷凍の微生物は、量子的重ね合わせの状態になるとリィ博士らは主張している。

実際にコロラド大学の研究開発チームは2年前に、アルミニウム製の振動する皮膜を開発し、マイクロ波光子を量子的重ね合わせの状態にして維持することに成功しているということだ。

そしてこの冷凍した微生物と振動する“太鼓”を2セット用意し、その間を超伝導回路(superconducting circuit)で結ぶと、2つの微生物の“中身”はまったく同じものになるというのだ。つまり一方の“中身”が他方へテレポートし、同じ内部状態の微生物が別々の場所に同時に存在することになるのである。

テレポートする“中身”といっても内臓や体液などではなく、今のところは“情報”だけである。たとえば記憶や感情などが離れた有機体の間でテレポートできるのではないかと考えられているのだ。「Daily Mail」の取材に応えたリィ教授は、次のように胸を張る。

「我々は、2つの微生物が同時に存在できる方法を真正面から提案しました。そして将来、量子的重ね合わせの状態の微生物がテレポートできる青写真を描いてみせたのです」

もちろんこの研究の最終目標は、人間を含む生物のテレポーテーションであることは間違いない。まさに『スタートレック』の“転送装置”の実現である。量子テレポーテーションについては、まずはインターネット網に代わる量子ネットワークの実用化が先決だと思っていたが、意外にも早く“転送装置”の可能性が見えてきたことになる。しかし微生物ならともかく、人間の場合は冷凍後に蘇生できる技術が確立されていないため、まだまだ課題は山積みだろう。それでも、まったくのSF的な夢物語と考えられていたテレポーテーション実現の糸口が見つかったことには驚くばかりだ。実用化は遠い将来のことではあるが、今後の研究に期待したい。

(文=仲田しんじ)

参考:「Daily Mail」、「Unknown Country」、ほか

参照元 : TOCANA


Could teleportation become a reality? Scientists propose the first scheme to teleport the MEMORY of a creature

・Plan to do this using something known as quantum superposition
・This suggests particles can exist in different states until observed
・They suggest using oscillating membranes and superconducting circuits to achieve teleporation when an organism is in a frozen state

By ELLIE ZOLFAGHARIFARD FOR DAILYMAIL.COM

PUBLISHED: 22:07 GMT, 13 January 2016 | UPDATED: 22:20 GMT, 13 January 2016

The dream of Star Trek-style teleportation may not be as farfetched as it seems. A team of physicists has come up with a plan to teleport the memory of an organism using a technique known as 'quantum superposition'.
This suggests particles can exist in different states known as 'superpositions', in two or more places at once, until they are observed.

30229FBE00000578-0-image-a-64_1452718950580

Quantum teleportation between two microorganisms is shown. The internal state (an electron spin) or the state of a microorganism on an electromechanical oscillator can be teleported to a remote microorganism on another electromechanical oscillator using electrical circuits, the researchers claim

The bizarre experiment has been proposed by Professor Tongcang Li at Purdue University and Dr Zhang-qi Yin at Tsinghua University. They suggest using electromechanical oscillators and superconducting circuits to teleport the quantum state of a microorganism. They also proposed a scheme to create a Schrodinger's cat state in which a microorganism can be in two places at the same time. In 1935, Erwin Schrodinger proposed a famous thought experiment to prepare a cat in a superposition of both alive and dead states. Physicists have made great efforts in many decades to investigate macroscopic quantum phenomena. For example, a group in Colorado recently cooled the vibration of a 15-micrometer-diameter aluminium membrane to quantum ground state, and entangled its motion with microwave photons. But quantum superposition of an entire organism has never been done. Tongcang Li and Zhang-qi suggest the way to make it work would involve cooling a common bacterium down to a frozen state.

This would to prevent chemical activity from taking place and energy from being exchanged with the environment.
They would then attach the microbe to an oscillating membrane, which they say would be enough for the bacterium to be put into a superposition state.
Quantum superposition and teleportation of the organism can then be done with the help of superconducting microwave circuits.

30229FC200000578-0-image-a-65_1452718953386

The dream of Star Trek-style teleportation may not be as farfetched as it seems. A team of physicists has come up with a plan to teleport the memory of an organism using something known as 'quantum superposition'
With a strong magnetic field, the internal states of a microorganism can be entangled with its motion and be teleported to a remote microorganism.
Since internal states of an organism contain information, this proposal provides a way for teleporting information, or memories, between two remote organisms.
Li says 'We propose a straightforward method to put a microorganism in two places at the same time, and provide a scheme to teleport the quantum state of a microorganism.
'I hope our unconventional work will inspire more people to think seriously about quantum teleportation of a microorganism and its potential applications in future.' added Yin.
'Our work also provides insights for future studies about the effects of biochemical reactions in the wave function collapses of quantum superposition states of an organism.'

参照元 : Daily Mail


Physicists to Teleport a Living Creature for the First Time

Friday, September 18, 2015

quantum-teleportation_0

A team of physicists have put forward an ambitious new plan to put the principle of quantum superposition, where an object can exist in two places at once, to work on a subject that has not been attempted before: they plan on doing this with a living microorganism.

Researchers have been steadily increasing the scale of the subject that they subject to a state of quantum superposition, where the particles affected are in more than one place at the same time, starting with smaller elementary particles such as photons, up through recent experiments where macroscopic, inanimate objects have been subjected to this state.

But what about living organisms?

Quantum physicists at Purdue University in Indiana and Tsinghua University in Beijing have proposed putting a common microorganism, such as a single bacterium, into a state of quantum superposition. While this would not be true teleportation of the creature, as that would involve it ceasing to exist at it's point of origin, and continuing to exist at it's destination, this would constitute an incredible step towards the goal of true quantum teleportation.

“Although it has attracted enormous interest, no quantum superposition state of an organism has been realized. So we propose a straightforward approach to put a microbe into a superposition of two spatial states, that is, the microbe will be at two different positions at the same time,” explains Tongcang Li of Purdue University.

Dr. Li proposes to utilize an apparatus that employs an oscillating aluminum membrane that holds a state of superposition, that was developed at the University of Colorado two years ago. They plan to place their Schrodinger's Microbe on the membrane to induce it into it's own state of superposition. Dr. Li hopes that the experiment could be constructed and running in the next three years.

“It is cool to put an organism in two different locations at the same time,” adds Dr. Li. “In many fairy tales, a fairy could be at two different locations or change locations instantly. This will be similar to that. Although it will be a microbe instead of a fairy.”
Image Credit: Science--AAAS

News Source: The Original Proposal Additional Story from the Guardian

Find stories like this: Quantum Indeterminacyteleportation

2016-02-08_144829

参照元 : Unknown Country


あるアメリカの量子力学を素人にわかりやすくした番組の一部を抜粋したものです。量子-力学は大学の理系でしかも量子力学を選択しないと習わない分野です。不確定性原理とい-う到底一般的なニュートン力学(400年前)しか知らない文系の人にはオカルトに感じ-るでしょう。

例えば、三角形の内角の和は、180度と習ったと思いますが、実際は、180度以上で-す。リーマン幾何学といって、それに基づいて相対性理論は説明がつきます。不確定性原理は、位置と時間は同時には確定できないということを証明した原理です。ハ-イゼンベルグという人が発見しました。

あと、それが発展して、実は、そこの存在という-のは、<観察>してはじめて存在するという<哲学>のようなことが実際に現実にこの世-の中でおこっていることだとマイケルボーアが提唱し、実際はそのエンタグルメントは4-0年前に証明され、また、実際にテレポーテーションは、20年くらい前に実験に成功し-ました。

今は、日本人のグループが量子テレポーテーションに関しては、リードしていま-す。しかし、その量子力学を応用したとんでもない量子コンピューターはやっぱりアメリ-カが何歩もリードしています。








【関連記事】
【衝撃映像】世界各地で起こっているテレポーテーション現象・まとめ

【衝撃映像】世界各地で起こっているテレポーテーション現象・まとめ

どんな距離も一瞬で移動する!?テレポーテーション現象の謎

2015-06-26_085326

テレポーテーション・テレポート・瞬間移動、これらの現象は一体どういった原理で起こっているのでしょうか?自分の意思に関係なくまったく知らないところに一瞬で移動してしまう・・・自分の身に起こったらと思うとゾッとします・・・


日本での事例

小学校3年の頃、風邪で数日休んだ休み明けに学校に行ったら、私の寝床のとなりの部屋にあったコタツの上の物が、ごっそり学校の教室に落ちていた。

(教室に一番最初に来た子によると)
私の祖父の名前宛ての国民年金通知ハガキや、私が熱で汗を拭いたときのタオル、洗面器、etc・・・。

登校時に先に来てたクラスメートに、「これ、お前の名字が書いてあるけど(←ハガキ)、お前のじーちゃんの? なんでこんなとこにアんの?それにこれ、他のも皆、お前の???」と言われ、私が「なんでこんなとこにあんの???どーしたのこれ?」

クラスメート「知るかよ!」と、こんな会話を交わしていると、担任の先生が来て、「これ、あなたのでしょ?どうしてこんなの学校にあるわけ」と叱られ、私は「なんでこんなの学校にあるんですか!?」と恥ずかしくなり、先生に「これ、教室に落ちてたって言ってたわよ!さっさと片づけなさい」とさらに叱られ・・・。落ちてたって???なんで??

帰宅して、母にブツくさ言いながら、ランドセルから先生に渡されたウチの私物を、取り出して渡したのを覚えている・・・。これは母もすごくよく覚えていて、「コタツの上のものテレポート」として、今もよく話します。

泥棒・・・?じゃないよねえ??なんだろう。

参照元 : 怖い話・まとめブログ


ブエノスアイレスでの事例

1968年6月1日。深夜、アルゼンチンの弁護士であるビダル氏とその夫人は、ブエノスアイレスの国道2号線を車で走っていた。前を走るのは妹夫婦の車である。これから一緒に親戚の家にいいくところだった。

シャスコム市を通りかかったころ、急に周囲に霧が立ち込め始めた。ちょっと心配になって、前を走る妹の夫が何気に後の方に目をやると、さっきまで後ろを走っていたはずのビダル夫妻の車がいない。

「あれ?にいさんたちの車がいなくなったぞ!?」

すぐに車を停めて待ってみたが、いっこうに走ってくる気配がない。ますます心配になってあちこち走って探してみたが、やはり発見出来ない。

ただごとではないと感じ、妹夫婦はすぐに警察に捜索を頼むことになった。そして近くの病院にもあちこち電話をかけ、事故に遭って運ばれてきた者はいないか問い合わせてみたが、そのような事故はどこにもないという。

まるでわけが分からないまま2日が過ぎた。そして6月3日の午後、妹夫婦に一本の電話がかかってきた。メキシコシティのアルゼンチン領事館からの長距離電話だった。

「こちらはメキシコシティのアルゼンチン領事館ですが、○○様でしょうか?実は今、こちらで弁護士のビダル夫妻を保護しているのですが・・。」

アルゼンチンからメキシコまでは約7000km。なぜそんな離れたところにいるのだろう?そう思って聞いていると、すぐにビダル氏本人が電話口に出た。

「私にも何が起こったかさっぱり分からないが、とにかく今、メキシコにいるんだ! すぐに飛行機でブエノスアイレスへ帰る予定だ!」

妹夫婦も現状がよく理解出来ない。

そして数時間後、ビダル夫妻はブエノスアイレスの空港に到着した。夫人はそのまま救急車で病院に運ばれたが、ビダル氏はことのいきさつを語り始めた。

あの日の夜、車を運転していると急に青い霧が立ち込めてきて、その中を走っていると夫妻はしびれるような痛みを体験したという。いつの間にか前を走ってる妹夫婦の車も見えなくなって、急に目の前が真っ暗になり、あわててブレーキを踏んだものの、そのまま気を失ってしまったというのだ。

そして気がついた時には、真夜中どころか太陽が強烈に照りつける真昼の道路を走っていた。しかも全く見覚えのない光景の街だ。車内の時計も止まっている。あわてて車から出てみると、車の塗装が全部焼け焦げている。

通りかかった車を止めて、ここは一体どこなのかを尋ねてみるとメキシコの首都メキシコシティだと言われた。「そんなバカな・・。」全く現状が理解出来ないまま、とりあえずアルゼンチン領事館に駆け込んで助けを求めたということだ。

ビダル夫妻がわざわざこんな芝居をうつとは考えにくく、列車に乗ったとしても当時の列車では7000kmの道のりを2日で到着するのは困難だ。飛行機で移動したとしても車はどうやって運んだのか?

警察もこの不可思議な事件は徹底して解明しようと試みたが、確かに6月1日までこの車は夫妻が乗っていたことも分かり、また列車や飛行機も利用した形跡がまるでないことも判明した。空間を越えて瞬間移動したとしか考えられないような事件である。

参照元 : 一瞬にして7000kmの距離を移動した車


マニラからメキシコへ飛んだ男の実例

1593年10月、フィリピンのマニラ知事官邸を警備していた兵士の話

ある日、一人の不審人物がメキシコシティの宮殿前をうろついていた。見たこともない服を着て、銃を所持していたという。宮殿を警備していた兵士はすぐさまこの男を取り囲むと問いただした。

すると、男は困惑した様子で「さっきまで、フィリピンのマニラ総督宮殿の警備をしていたんだが、気がついたらここに来ていた」と答えた。

さらに「マニラで総督が暗殺されたんだ。それで宮殿には厳戒態勢がしかれていて、俺も警備に当たっていたんだ」と訴えたそうだ。

ここで、なぜフィリピン人とメキシコ人が会話できたのか疑問に思うかもしれない。当時は両国ともスペインの植民地だったのだ。つまり、スペイン語で会話を行うことが可能だったのである。当然のことだが誰も男の言葉を信じず、不審者として投獄された。

しかしそれから約一ヵ月後、フィリピンから出航した貨物船がメキシコに到着し、ある情報をもたらした。 それは、一ヶ月ほど前にマニラで総督が暗殺されたというニュースだったのだ。

現在であればインターネットやマスメディアによって即座に世界中に情報が流れるが、1593年当時、約14400キロも離れた場所の情報を瞬時に受け取ることはまず不可能だろう。

参照元 : 探偵ファイル


ヌドウア・コウアメ・セルジの実例(アフリカ)

アフリカのコートジボワールのヌドウア・コウアメ・セルジという少年は,5歳の頃,怪我をしたと思ったら見知らぬ故郷から320kmも離れた病院にいました。

そこの病院で治療中もそこから660km離れた町へとテレポートしてしましました。それからもテレポート現象は度々続きましたが,この現象は本人の意志と関係なく,突然起こってしまうようです。

参照元 : 未知の追求

以下略

参照元 : NAVERまとめ


何もない所から突然、車が出現したり、車の運転中、道路に突然、人が現れたり、パトカーが追跡中の車がフェンスを瞬間移動する衝撃映像まとめ。

Best Teleportation Cases To Date - Caught On Tape



最新記事






楽天トラベル



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ