地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

相場

為替や株価が「7割当たる人」など存在しない

為替や株価が「理論通りに動かない…」と嘆く人に伝えたいこと

2018/4/19(木) 11:00配信

2018-04-19_230701

「7割当たる人」など存在しない
最近、講演会などで話をした後に、個々の聴衆の方からいろいろな質問を個別に受けることが多いが、その中でも割と多いのが、「いろんな商品に投資しているが、誰の予想がよく当たりますか? というものだ。

この質問に対して、まず筆者は、『「よく当たる」というのは、どの程度の確率で当たることを意味しているのですか? と逆に質問させていただく(質問に対して質問を返すのはよくないことだが)。

そうすると、大体の方が、「7割くらい当たる人」と答えるのだが、筆者はこれをうけて、「予想が7割方当たる人は世の中には存在しないと思います。万が一、存在している場合には、他人にその予想を伝えることはなく、自分ひとりでかなり儲けているのだと思いますよ」と答えるようにしている。

それだけでは役に立つ情報にはならないので、

(1)かなり良く当たる人でもせいぜい6割くらいの的中率ではないか、
(2)自分で、自分の予想が当たると言っている人は、その基準が甘いことが多いので実際は全く当てにならない、
(3)よく、メディアに「○○危機をずばり的中させた」という触れ込みで登場する評論家がいるが、ほとんどすべてのケースで「見かけ倒し」で次は大外れするので逆に要注意である、

というような話をする。

結局、投資判断をするにあたって、誰かの予想を鵜呑みにすると酷い目にあうことがほとんどなので、様々な材料を集めて自分自身で判断するか、それができない場合には、多少の割り増し手数料を支払って、プロに運用を任せるのがいいのではないかということになる。

だが、それでも、投資判断をするにあたって有用な情報を得られる方法はないのかと食い下がる方は割と多くいらっしゃる。そこで、それに対しては、

(4)その評論家ないしアナリストにどの程度の投資経験があるのかを聞いてみる。もし、投資経験がほとんどないのであれば、その評論家の能力はかなり割り引いて考えるべきではないか、
(5)特にマーケット関係の予想では、「かなりの高確率で当たる人」は存在しないが、「かなりの高確率で外れる人」は意外とたくさんいるので、新聞や雑誌などでそういう「はずれ屋(曲り屋、ないしは逆神ともいう)」を探すほうが生産的ではないか、
(6)それでも、儲かる方法をいとも簡単に、ただ同然で教える人は普通はいないはずなので、やはり自分で考えることが重要ではないか、

という話をすると、ようやく満足気な表情をされる。

資産価格は「べき乗分布」に従う
ファイナンスの理論では、株価や為替レートなどの「資産価格」は「ランダムウォーク」であるといわれてきた。

「ランダムウォーク」は「酔歩」と訳されることが多いが、まさによっぱらいがふらふら歩くがごとく、方向感がなく、従って、予測不可能な状況であることを意味する。ただ、最近の議論では、投資家にとっては「ランダムウォーク」よりもたちの悪い「べき乗分布」に従うという話もされている。

「べき乗分布」とは、簡単にいえば、平均的な状況から大きくはずれた状況がかなり多く存在することを意味する。マーケットでいえば、かつては、「1000年に一度」程度しか発生しないといわれていた大暴落が、割と高頻度に発生するような状況を指す。

例えば、世界の様々なマーケットをみると、1987年10月の「ブラックマンデー」以降、5年から7年に1回程度の割合で、従来は「1000年に1回程度」だといわれてきた大暴落が発生している状況を指す。

この「べき乗分布」の場合は、予測が難しいうえ、「ランダムウォーク」よりもはるかに高頻度に暴落が起きることになるので、やっかいである。このようなマーケットの状態であるから、その予想を的中させるのはかなり困難である。

前置きが長くなったが、今回、このような話をしたのは、最近、「為替レート変動が理論通りにいっていない」という指摘を色々な投資家(金融機関、機関投資家)から受けているからである。

その為替レート変動の「理論」というのは、「為替レートは(二国間の)金利差に連動して動く」というものである。確かに、数ヵ月の為替レートは、金利差とは逆の方向に動いている。これは以下のようなことを指す。

ドル円レートでいえば、日本側の金利は長短金利ともほとんど動いていない。これは、日銀によるYCC(イールドカーブコントロール)政策が効いていて、金利をほぼ完全にコントロールできているためである。その一方で、米国の金利は長短金利とも上昇基調で推移している。これは、FRBが段階的に利上げを実施しているのが主な理由である。

したがって、米国金利から日本の金利を差し引いた場合の日米金利差は拡大しており、前述の「通説」では、より金利が上昇しているアメリカの通貨価値が上昇する、すなわち、円安ドル高になるはずである。

だが、実際には、全く反対の現象が起こっている。昨年末のドル円レートは1ドル=約117円であったが、最近は1ドル=107円前後と、円高気味に推移している。

このような状況に直面して、これまでは「お題目」のように、「日米金利差から考えると…」と為替レート予想をしていた為替アナリストが右往左往しており、これが投資家の迷いをもたらしているようだ。

信じる価値のない2つのロジック 最近の為替アナリストが持ち出してきたロジックは2つある。「購買力平価」と「日本の経常収支黒字」である。

このうち「購買力平価」については、企業物価・生産者物価ベースで算出したドル円レートの「購買力平価」が1ドル=95円程度であることから、「現在のドル円レートは、購買力平価にさや寄せされていく過程である」というような見通しを出すアナリストが散見される。

だが、筆者は、「購買力平価」は現在の為替レートの位置関係を確認する程度の議論しかできないと考える。

過去の関係をみると、実際の為替レートは、概ね、購買力平価から±20%程度のレンジにおさまることが多い。従って、実際の為替レートがこの「上下20%のレンジ」から飛び出してしまっていれば、為替レートは異常な円高、ないしは円安ということになり、早晩、逆方向の調整が起きてもおかしくはない警戒水準という解釈が成り立つだろう。

だが、現在のドル円レートは1ドル=107円で、購買力平価から13%弱程度の円安水準である。すなわち、上記の「上下20%のレンジ」内におさまっている。つまり、これは、「平時」に近い状況であることを意味している。これ以上の解釈はできない。

実際の為替レートが購買力平価に近づいていくためには、統計的には「共和分」という関係にあることが必要だが、為替レートが比較的自由に変動するようになった1987年以降のデータで計測すると、残念ながら実際のドル円レートは購買力平価と「共和分」の関係にはない。すなわち、為替レートが購買力平価に収斂していくという動きには統計的には根拠がないのである。

これは、経常収支黒字も同様である。そもそも経常収支黒字とドル円レートの間にそのような密接な関係は存在しない。また、理論的には、為替レート変動の影響を時間差でうけて経常収支が変動すると考えた方がよいだろう。

さらにいえば、冗長になるのでここでは説明を省略するが、本来の「金利平価説」は、「高金利通貨が高くなる」という為替アナリストの「お題目」とは逆に動くものである。

このように、多くの為替アナリストがメディアを通じて提供している情報にはあまり根拠がなく、これを信じる価値はないのではないかというのが率直な感想である。

その情報はもう古い!
また、一歩譲って、これらの見方が、為替参加者の予想形成の「パターン」であったとしても、情報的価値はあまりない。

金利差、購買力平価、経常収支黒字の話は、いずれも「普通の」為替市場参加者がすぐに思いつきそうな話である。真っ先に思いつきそうであるということは、すぐに為替レートに織り込まれてしまうことを意味する。

為替レートの変動は、なんらかの「サプライズ」が市場全体に浸透していくことで発生するとすれば、これらの見方が、メディアで伝えられた段階で、その時の為替レートに織り込まれている(か、くだらない情報として無視されているか)はずである。

従って、実際の為替レート変動はこのような見方が示す方向性とは全く異なる方向に動くのではなかろうか。

メディア等で、上記の理由(購買力平価や経常収支、場合によっては、米国の貿易政策による日本への「脅し」などの政治的理由)による円高予想が流布されている状況下では逆にここから、これ以上の円高(例えば、1ドル=100円に近づくような)にはなりにくいのではなかろうか。

蛇足かもしれないが、必ず予想が外れる「はずれ屋(曲り屋、逆神)」が必ず外れる仕組みはわからない。もしかしたら、才能かもしれない。

参照元 : 現代ビジネス





身分証偽造業者による値段表(相場)

戸籍謄本、クレカ...偽造業者の「偽造モノの値段表」を極秘入手した!

2015年10月21日
 
IMG_1426-thumb-469x600-4327

ある人間から珍しい文書が手に入った。それは身分証偽造業者による「値段表」だ。裏社会上で彼らは「代書屋」と呼ばれている。これらの業者は一体何を作成してくれるのか? その文書に記載してあるメニューと料金をいくつか上げてみよう。

・戸籍謄本(抄本も可) 20万円
・戸籍謄本(実在名義の本物) 50万円
・卒業証明書 20万円
・成績証明書 20万円
・英検証明書 20万円
・病院診断書 20万円
・パスポート 100万円
・VISAカード 50万円
・住民票 20万円
・印鑑証明 20万円
・印鑑複製 20万円
・印影から印鑑本体製作 20万円
・住民基本台帳カード 12万円
・学生証 12万円
・社員証 12万円
・給料明細 20万円
・源泉徴収票 10万円
・所得証明書 20万円
・納税証明書 20万円
・通帳取引明細証明書  20万円
・公共料金振込票 12万円
・運転記録証明 20万円
・実在免許証 20万円
・国際免許証 10万円
・卒業証書(学位記) 20万円
・確定申告書 20万円
・タスポ 10万円
・保険証 12万円
・架空免許証 10万円
・ネットバンク 5万円

また、その文書にはこうも付け加えてある。

≪都市銀行、地方銀行、通帳、キャッシュカード、印鑑、口座開設時の身分証明書のコピーの4点セット。勿論、暗証番号のメモも添付。ATMにおける1日あたりの取引限度額200万円に設定済み。口座はいずれも男性名義or女性名義を選択可能です。
・女性名義プラス5,000円
・銀行口座・ゆうちょ銀行 に於きましての、ネット&モバイル付き口座は、プラス5,000円。
いずれの口座も、名義指定(屋号・法人名義可)での作製は、プラス20,000円で承ります。≫

これらはほんの一部である。値段は各業者の違いは当然ある。果たしてどんな宣伝文句で売られているのか?

≪借金に追われている方、本名で生きて行けなくなった方、年齢を追変更して夜の仕事をしたい方、偽名で中古品を売買したい方、偽名でアパートを......。就職活動中だが、学歴が低くて、なかなか採用できない方等......≫

他業者のホーページにはこのような宣伝文句も記されていた。

「昨今のサブプライムローン破綻から始まった世界的な大不況。サラリーマンも自営業者も年金生活者もフリーターもみんな不況の影響をこうむります。つらい世の中です。だからこそ、サイドビジネスを始めようという方が増えていますよ。しかし、経費は少なくしたい、というわけです。当店のような裏物商品の需要が高まってきたわけでございます。そんなお客様のニーズにできるだけ応える覚悟で裏物商品を、格安プライスでお届けいたします。

やり取りはメールで行うことになりますが、ご了承下さい。これは、アングラビジネスゆえのマイナス面ですが、匿名性はとっても重要ですので、こうさせていただいております。お客様にとっても安心・安全が大事ですよね」

いかがだろうか。突っ込み所満載の文章である。卒業証明書はご丁寧に日本全国の有名大学が出来るらしい。本来だったら、そのホームページの写真を見せたい位だが、読者の方が被害者にならない為にそれは控える。

ほかの偽造業者はYahooのプレミアムID、飛ばし携帯等、偽造モノ全てを網羅している、と言っていい位である。そして、注意しなくてはいけないのは、先に書いた様に、これらの業者が作ったモノであろう、被害者掲示板なるものが存在している。

そこには、「あそこは詐欺だけどこのサイトは本物」とか購買意欲を煽る書き込みが目立つのだ。今はネット銀行が数多くある。そのメリットは銀行に行かなくても口座が作れる、と言う便利さが受けている。そして、この様な詐欺師の振込先の殆どがネット銀行である。一般の銀行の振込先も稀にあるが、それらに振り込んだ所で金を搾取されるのが落ちである。それは同時に被害届も出せない事を見越しての事だ。

また、当然のようにこれら業者の日本語はなぜか怪しい。素人がうかつに手を出すと、思わぬ大やけどをする可能性が高い。この様な危ないビジネスには気をつけていただきたい。

Writing by 西郷正興

参照元 : 東京BREAKING NEWS


公文書、鍵、拳銃...何でも複製できる「偽造屋」が実際に暗躍した場面とは?

2013年12月18日

gizouya-thumb-500x500-2110

よくマンガなどに公文書、鍵、拳銃......と、色々な物を偽造・複製してくれる人物が登場する。何もヤクザ劇画だけではなく、例えばジャンプに連載していたシティハンターなどにも登場した記憶があるので、マンガのキャラクターとしては割とメジャーなのかもしれない。

さて、こうした偽造屋さんはあちこちに実在しており、マンガに描かれるように本当に何でも偽造や複製が可能だという。そんな偽造屋さんを活用した実際のお話をいくつかご紹介しよう。

昔々あるところに、所属する会社から独立して、自分の会社を作る(分社化する) ための資金を預かったのに、それを使い込んでしまった男がおりました。会社からは 「まだ登記出来ないの?」 とせっつかれ、その度に 「書類に不備があって書き直してるんです〜」 などとのらりくらり逃げる日々。しかしいつまでも逃げ延びられる訳もなく、遂には「書類を自分で書けないならこっちで書くから○月○日までに登記を終わらせろ! それが出来ないなら預けた金を返せ!」 と最後通告が届いてしまったのです。

仮にお金を集めて返したとしても、問題は会社登記するためにと預かったお金を使い込んでしまった事実です。下手をしたら刑事告訴が待っています。どんな手段を使ってでも、2〜3日の内に登記簿謄本を会社に提出しなければ、しばらく臭い飯を食うハメになってしまうところまで追い込まれてしまったのです。

男は焦りに焦り、辿り着いた先が偽造屋さんでした。偽造屋さんは男から会社登記のための書類を預かり、それを元に精巧な登記簿謄本(偽造) をあっという間に作り上げました。男はそれを持って会社に「出来ました〜」 と見せに行き、稼いだ時間を有効活用して会社登記を終わらせ、なんとか告訴だけは免れたのです。

また、その偽造屋さんにはこんな逸話もあります。とある常連客が 「紙の偽造の腕は解るけど、金属はどうなの? 例えばチャカとか」と軽口を叩きました。するとカチンと来たのか職人魂に火が付き、これまたあっという間にモデルガンを元にして見事な改造拳銃を作り上げたのです。常連客が面白がって鉄道の高架下でジュースの空き缶を標的に試し打ちしたところ、何の不具合もなく弾が飛んだそうです。 じゃあその弾はどっから仕入れたんだよという話ですが、それはそれで、ね?

このように、日本には決して表に出ない様々な職業の方がおりますので、何か追い詰められた時はダメ元でそういう人達を探し出してみるのも良いかもしれません。

最後に、素人が偽造屋のマネをすると酷い目に遭うというお話を。ある所にワルガキがそのままオトナになったような男がおりました。仮に名前を松本としておきます。松本は友人と食事をした店の卓上に、岩塩が置いてあるのを見付けました。 松本はそれを見てピンと来たらしく、こっそり持ち帰って削ってパケ詰めし、グラムいくらで売り捌いたのです。最初の内はそれを「なにか」 と勘違いした客が買ってくれ、いい小遣い稼ぎになったそうですが、すぐに大騒ぎになり、それはそれは恐ろしい事態に発展してしまったそうです。

っていうか、これは偽造ではなく、偽物を掴ませる明らかな詐欺です。絶対によいこのみんなはマネしないように。

Written by 荒井禎雄

参照元 : 東京BREAKING NEWS


今日、あらゆる分野で偽造品の流通が拡大しており、それによる経済的被害やブランドイ-メージの失墜だけでなく、生命や国防の危険に関わる事例も報告されています。そのため-これまでに、製品一つ一つに固有のID番号や複製困難な印をつけ、それを適切に管理・-検証するといった偽造品対策が考えられてきました。

産総研・セキュアシステム研究部門では、半導体の物理パラメータのばらつきを利用して-複製困難なID機能を実現する技術であるPUF(Physical Unclonable Function)の研究開発に取り組むとともに、より効果的な偽造品対策の構築を計-画しています。




2012年9月12日さいたま市議会 吉田一郎議員(無所属)の討論

浦和の公園修繕工事を巡って、さいたま市の南部都市公園管理事務所が公文書を偽造し、-本当は6月までかかっていた工事を、3月末までに終わらせたことにして、昨年度の予算-を使い業者に金を先払いしていた事件が発覚。

そこでさいたま市議会では、地方自治法第98条に基づいた事務検査をするという提案が-出たが、他の部署でもニセ書類が横行。例えば、100万円以下の公園修繕の工事が、複-数の業者から見積もりを出させているのに、99万7500円で落札したものばかりだと-か、ニセ写真をもとに市民団体へ補助金を出したり、生活保護の不正受給について実際よ-り少ない数字を厚生労働省へ提出したりマスコミに発表したり、各区役所でウソの日付を-記載した決裁書類が続出したりなどの実態を、証拠書類を手に次々と暴露し、検査対象を-拡大することと、検査に当たっては職員がウソの答弁をしたら刑事処罰の対象となる地方-自治法第100条を適用するべきだと主張しました。



最新記事






楽天トラベル



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ