地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

監視カメラ

【警察=犯罪組織】大分県警が参議院選挙の候補者を支援する団体の敷地内に無断でビデオカメラを設置!プライバシー侵害、建造物侵入罪

大分県警隠しカメラ設置 批判高まる、市民のプライバシーは?

2016年8月10日 9時45分

2016-08-10_122325

大分県警が参議院選挙の候補者を支援する団体の敷地内に無断でビデオカメラを設置していた問題で、この行為は建造物侵入罪にあたる可能性だけでなく、市民のプライバシーを侵害しかねないと批判の声が高まっています。

「参議院選挙で野党を支援する団体が入る建物の敷地内に別府警察署の署員が無断で立ち入り、隠しカメラを設置していたことがわかりました」(記者)

隠しカメラが設置されたのは、民進党や社民党を支援する団体が事務所を置く別府地区労働福祉会館。大分県警別府警察署の捜査員2人が、参院選公示前の6月18日深夜、無断でこの敷地内に入り、ビデオカメラ2台を設置しました。

「隠しカメラは、木の根元から1.5メートルの高さの場所に設置されていました」(記者)

設置されたカメラは縦15センチ、横10センチ。人の動きを感知する赤外線センサーがついていて建物の入り口や駐車場を撮影していました。捜査員はカメラの設置後もSDカードを交換するため、複数回にわたり敷地内に侵入していたといいます。

映像にはこの建物に出入りする職員の姿が確認されているほか、労働組合の関係者の姿なども写っていたといいます。映像を見た関係者によりますと、人の顔や車のナンバーまで判別でき、高性能のカメラで撮られたとみられるということです。

団体関係者が隠しカメラを発見したのは参院選公示後の6月24日。

「警察がああいうカメラを設置しているなんて、夢にも思っていなかった。えっという感じでそんなことあるんだと」(発見者)

「誠に不適切な行為と考えております」(大分県警察本部 小代義之刑事部長〔今月5日〕)

通報を受けた別府警察署は後日、幹部2人が団体関係者を訪れ、経緯を説明したといいます。

「他人の敷地に立ち入ったことは、不適切で大変申し訳ありません」(別府警察署・幹部)

別府署の幹部は捜査員が無断で敷地内に侵入したことを謝罪しました。しかし、カメラを設置した目的は明らかにしなかったといいます。

「敷地内ならいいということか?」(団体関係者)
「市道などでの特定の容疑への使用は認められています」(警察幹部)
「自宅や別の場所にもカメラがあるのか?」(団体関係者)
「機密案件なので答えられません」(警察幹部)

カメラの設置は事件捜査を指揮する立場の刑事官が具体的な設置方法や場所を指示し、最終的に別府署長が許可を出していました。今月5日の定例会見で小代義之刑事部長は、改めて経緯を説明しました。

「無断で立ち入りビデオカメラを設置したことは誠に不適切な行為と考えております」(大分県警察本部 小代義之刑事部長〔今月5日〕)

捜査員が団体の管理する土地と知りながら出入り口のチェーンを乗り越えて無断侵入していたことを認めた大分県警。一方で、カメラの設置場所については、あくまでも管理地という認識はなかったと強調しました。しかし・・・

「捜査員は施設にある出入り口から敷地内に立ち入りました。出入り口のすぐそばには立ち入り禁止を呼びかける看板も設置されています」(記者)

さらに、カメラの設置に際し、捜査員が別の管理地にも無断で立ち入っていたことが判明。大分県警は関係先に謝罪しました。

「そういうことがあるんだと思って非常にびっくりしたんですけど。市道と間違ったと言ってましたけど、どうなのかなという感じ」(別府重度障害者センター 西川浩一さん)

大分県警は隠しカメラを設置した行為については調査中として、具体的な見解を明らかにしていません。

「特定の対象者の動向を秘匿で撮影する捜査上の必要性があるものと判断」(大分県警察本部 小代義之刑事部長)

民進党県連はこの問題の事実関係の解明に向けて、独自の調査チームを立ち上げました。また、共産党県委員会は9日、県警本部長に対し抗議と申し入れ書の文書を提出しました。

「(隠しカメラの設置は)国民の自由な言論や行動、政治活動を抑圧する許されざる行為」(共産党県委員会 林田澄孝委員長)

行き過ぎた捜査ともいえる行為に県民は・・・

「行き過ぎだと思っていた、あんなのはおかしい」(大分県民)

「(建造物侵入罪は)警察が取り締まるべきだと思うので、そういうのはやめてほしい。やっぱりだめだと思う」(大分県民)

今回の問題について、法律の専門家は・・・

「法律的には私有地に入って監視カメラをつけているので住居侵入罪にあたる。それから刑事犯罪には触れないが、出入りする顔を撮っていることからすれば個人のプライバシーの侵害という問題は発生する」(日弁連 宇都宮健児弁護士)

さらに、政治活動を国家権力が監視することについて、こう指摘します。

「そういうことを恒常的にやる社会が健全なのかと。とりわけ選挙活動というのは民主主義社会で国民主権を行使する場で一番、表現の自由とか政治活動が保障されなければいけないのに警察が介入する、これは大変な問題」(日弁連 宇都宮健児弁護士)
 
参照元 : TBSニュース

2016-08-10_122339

2016-08-10_122353

2016-08-10_122402

2016-08-10_122411

2016-08-10_122421

2016-08-10_122433

2016-08-10_122442

2016-08-10_122452

2016-08-10_122501

2016-08-10_122510

2016-08-10_122518

2016-08-10_122528

2016-08-10_122538

2016-08-10_122548

2016-08-10_122627

2016-08-10_122611

2016-08-10_122639

2016-08-10_122654

2016-08-10_122709

2016-08-10_122722

2016-08-10_122747

2016-08-10_122806

2016-08-10_122814

2016-08-10_122822

2016-08-10_122835

2016-08-10_122843

2016-08-10_122905

2016-08-10_122926

2016-08-10_122934

2016-08-10_122943

2016-08-10_122951

2016-08-10_123008

2016-08-10_123017

2016-08-10_123026

2016-08-10_123038

2016-08-10_123047

2016-08-10_123054

2016-08-10_123102






自民党が密告フォームで集めた反戦教師情報を警察に提供、大分県警は野党の施設を監視…自民党=警察一体の監視社会に

2016.08.08

abe_150911_top

この国はもうすでに、中国や北朝鮮のような弾圧国家になったのかもしれない──。そう感じずにはいられないニュースが立てつづけに起きている。そのひとつが、自民党がホームページ上に設けた「学校教育における政治的中立性についての実態調査」のその後だ。

本サイトでも伝えてきたように、自民党は先月の参院選公示直前に“「子供たちを戦場に送るな」と主張することは偏向教育、特定のイデオロギーだ”と糾弾し、そのような学校や教員の情報を投稿できる“密告フォーム”を設置したのだ。

このページの存在が問題視されはじめると、自民党は一度ページを削除したが、その後、「子供たちを戦場に送るな」という部分を「安保関連法は廃止にすべき」に修正。それもまた批判を浴びると、安保法制についての文言も削除した。だが、7月19日未明まで、この“密告フォーム”は設けられたままだった。

そして、問題はこのあと。なんと今月1日に自民党の木原稔・党文部科学部会長(5日、内閣改造で財務副大臣に起用が決定)は、“密告フォーム”に寄せられた情報について「公選法違反は警察が扱う問題」などと述べ、情報の一部を警察当局に提供する考えを示したのだ。

つまり、教員が「子供たちを戦場に送るな」と言う当たり前のことすら糾弾し、監視によって教育現場を統制しようとしただけでなく、選挙中であったことを盾に公選法違反として捜査対象にしようというのだ。

しかも、この警察への情報提供問題を大きく取り上げた大手メディアは皆無。そればかりか、“密告フォーム”問題自体を読売新聞と産経新聞は一度も報じず、読売にいたっては、名古屋市立中学校の男性教諭が「与党の自民・公明が議席の3分の2を獲得すると、憲法改正の手続きを取ることも可能になる」「そうなると、戦争になった時に行くことになるかもしれない」と発言したことが問題となって謝罪したというニュースを先月13日にウェブ版に掲載。“偏向教師がいる”と言わんばかりに、この教諭を追及するトーンで記事にしたのだ。

当然、こうしたメディアも相乗りした自民党の強硬姿勢に対して、今後、教育現場はさらに萎縮していくことは確実。密告を推奨し、警察に取り締まらせ、メディアも片棒を担ぐ──いったいどこの弾圧国家の話かと思うが、これがいま、日本でまさに起こっている現実なのである。

さらに先日発覚したのが、大分県警による隠しカメラ問題だ。参院選の公示前の6月18日夜、別府警察署の捜査員が民進党や社民党の支援団体などが利用していた建物の敷地内にビデオカメラ2台を設置、この件には署長以下幹部もかかわっていたことが判明している。

これは憲法が認める思想・信条の自由などを侵した人権侵害事件だ。しかも、自民党が警察と一体となって進めた監視活動であることはあきらかで、戦前の特高警察の復活と言うべき重大な事件である。だが、こちらもメディアによる追及は見られず、問題の大きさからは考えられないほど新聞でもテレビでもその扱いはきわめて小さい。

このような自民党=安倍政権による、あからさまな思想の自由や基本的人権を無視した暴挙が行われても、メディアが沈黙するかぎり、問題が問題として認知されないまま、政治権力と警察権力が結び付いた監視体制はどんどん強化されていくだろう。そうなれば、人びとは政治的行動・発言をタブー視し、相互監視という密告社会が進んでいく。けっして大袈裟ではなく、わたしたちの社会や他者との関わり合い方そのものを、安倍政権は変化させようとしているのだ。

(水井多賀子)

参照元 : LITERA


警察は「前兆」のある事件をなぜ防げないのか 障害者大量殺人とアイドル刺傷事件の共通点

2016年08月11日

相模原市の知的障害者施設で7月26日に入所者などが刃物で刺され、19人の命が奪われた事件。この「戦後最大級」といってもいい凄惨(せいさん)な事件が起こった経緯を振り返ると、「警察はしっかり動いていたのか」という点が指摘されます。

衆院関係者によると、事件を起こした植松聖容疑者は2月15日、東京都千代田区の衆院議長公邸に「入居者を殺害する」という内容の手紙を持参しており、その際に手紙の内容を読んだ衆院側は植松容疑者について、警視庁に通報したとされています。通常であれば「威力業務妨害」や「脅迫」で即、逮捕されてもいい案件だったにもかかわらず、今回のケースでは逮捕までには至りませんでした。

犯罪予告は威力業務妨害や脅迫で逮捕されるはず

過去に「横浜市の障害者就労支援施設を破壊する」と予告メールを送った無職の男は威力業務妨害容疑で即刻逮捕。小池百合子氏が東京都知事選に出馬していた際、ツイッターに「散弾銃で殺す」と投稿した40代の男性も「脅迫」で逮捕されています。なぜ植松容疑者については事前逮捕などによって事件を未然に防ぐことはできなかったのでしょうか。

経緯を見ていくと、警察側も犯罪を食い止められた可能性は大いにあります。

警視庁

警視庁は2月15日、植松容疑者から犯行予告の手紙を受け取った衆議院側から連絡を受けます。しかしこのタイミングではただの”迷惑行為者”として扱ってしまい、すぐに事件につながると判断しませんでした。恐らく、単なる妄想性障害としか捉えていなかったのでしょう。

神奈川県警

報道では「犯行予告の内容から、精神保健福祉法23条に基づき市に連絡、その後市は措置入院を決定した」とありますが、なぜ具体的な犯行内容の予告があるにもかかわらず、すぐに逮捕しなかったのでしょうか。私は、内容についてあまり考えず事務的に「市にまかせよう」と横流しにしてしまったのではないかと捉えています。

植松容疑者は昨年の6月に傷害事件を起こし書類送検されている人物でもあり、過去のケースを見ても逮捕されてもおかしくはありません。危機意識が足りないということはもちろんですが、今年5月には伊勢志摩サミットがあり、そちらに警察側の意識がいっていた背景もあるでしょう。「警察は健全に機能していなかった」と言っても過言ではありません。

多くの残忍な事件にある「前兆」

今回の事件はもちろん植松容疑者が犯人であり、罰せられるのも彼であることは間違ありませんが、多くの残忍な事件では必ずと言っていいほど「前兆」が現れています。埼玉県警に28年間勤務した私がまとめた拙書『警察は本当に「動いてくれない」のか?』(幻冬舎)でも触れていますが、近年、この前兆を察知しているにもかかわらず、警察が事件を食い止められないケースが後を絶ちません。

直近で思い出されるのは5月下旬、東京都小金井市のイベント会場で芸能活動をしていた冨田真由さん(20)が、ファンだった27歳の岩崎友宏容疑者に刺された事件。冨田さんはもともと事前に警視庁武蔵野署に相談をしており、被害に遭う直前にも110番に通報していましたが、報道によれば、警察は携帯電話の位置情報を確認する操作をせずに、警察官を被害者の自宅へ急行させていたといいます。警視庁は検証の結果として「警察の対応は不十分だった」と公表しました。

警察側は何かあるたびに「○○○対策課」として新しい部署を増やします。例えば、ストーカー事件が起きて、ストーカー規制法・ストーカー対策課の設置、ネット犯罪の多発により、サイバー対策課が設置されるなど。ところが実際は、既存の法律での検挙数が圧倒的に多く、再犯も起こっているのが現状です。

私は、「その場しのぎの改革」と「警察官の意識」に問題があると考えます。

何かが起こると、取ってつけたような法案をつくる。でも、根本が変わらなければ意味がないのです。ただ法律が増えるばかりで、事件はいっこうに減りません。人によって能力気質は皆違います。幹部の好き嫌いで人事を行っていては、何ら変わることはありません。事件を解決、減少させるには「人材の適材適所」と「階級是正」がマストです。

また、警察官の「意識改革」も早急に必要です。人材不足に悩まされている現状は事実ですが、ただ数を増やすだけでは「焼け石に水」。表面上の数が問題なのでなく、「質」の問題です。いわゆる警察官の増員で楽をするという考えでは、まったく意味がなく、今必要なのは、増員よりも「やる気喪失」の原因を考えたうえでの施策といえるでしょう。

警察官の職場環境は間違いなく悪化しています。現場の声は、「次の仕事があれば辞めたい」と言っているのが事実です。ストレスから不祥事を起こす、自殺をする警察官が明らかに多くなっています。生活のため、家族のために嫌々やっていても国民のためにはなりません。

ただ、問題は警察側だけでもありません。社会全体も危機意識を高める必要があります。報道によると2月14、15日と植松容疑者は衆議院議長公邸を訪れたとされています。

14日の1回目に、容疑者が訪れた際は、手紙を渡そうと、土下座をし、座り込んで動かず、警察官が職務質問をすると立ち去ったとされています。

翌15日彼が再び公邸を訪れ、前日と同様に座り込んで動かず、2時間も動かなかったため、やむを得なく衆議院側が犯行予告の手紙を受け取ったのです。

衆議院側は、"事件"というよりも"迷惑"だという認識のもとで警察官に危機感・緊張感を伝えなかったのかもしれません。事件として迅速に対応(逮捕)してもらう認識で伝えていれば、その場、あるいは数日以内に逮捕してもらうことはできた、と私は思います。なぜなら犯罪予告は威力業務妨害や脅迫にあたるからです。

措置入院させていた病院の危機意識は…

神奈川県警から連絡を受け、植松容疑者を措置入院させていた病院の危機意識はどうだったのでしょうか。報道では入院後、検査から植松容疑者から大麻の陽性反応が出たとされています。犯行予告をしている容疑者、更には大麻の陽性反応がでている人物にもかかわらず、病院側は通報をしていません。

法律では覚せい剤の通報義務はあっても、大麻の通報義務はありません。また入院期間は2月19日から3月2日と短い期間だったようですが、措置入院の基準や医療観察法の理由があるにせよ、診断結果、入院期間、その後のフォローについては適切だったのか疑念を抱きます。

今回の事件を見ていますと、容疑者が犯行に及ぶまでの"前兆"は多くの関係者たちが感じ取れたはずです。一見すると法律やルールに従って責任を果たしているように見えますが、その手続きなどは所詮、「他人事」「管轄外」と事務的にこなされていただけに感じてしまうのです。危機意識の不足が、事件の発生にまで導いてしまった側面は否定できません。

この危機管理の欠如は人間関係の希薄さが関係しているのでしょう。見て見ぬ振りが当たり前の世の中で、「危ないやつにはかかわりたくない」とか、「危ないけど最悪なケースにはならないだろう」としているのではないでしょうか。「日本の治安がいい」は勘違いです。あらゆるところに「前兆」が潜んでおり、いつあなたに事件が襲い掛かるかわかりません。そろそろ「日本=平和」の錯覚から目を覚まさなくてはなりません。

参照元 : 東洋経済



【監視社会】最新防犯カメラで「腕の振り、背筋の伸び、歩行速度、歩幅」など8つの指標で解析 顔が見えなくても95%の確率で個人特定

そんなとこまでわかっちゃうの!?「最新防犯カメラ」歩く姿で個人特定する歩容認証

2015/9/ 4 13:23
 
in100101

大阪・寝屋川市の中学生死体遺棄事件で、犯人にたどり着いた決め手は防犯カメラの映像だった。タイの爆弾事件でも大きな役割を果たした。いまや犯罪捜査に欠かせないものとなった防犯カメラの最前線を、大竹真がリポートした。

事件捜査の強力な武器

秋葉原の専門店に行くと、100種類以上の防犯カメラが並んでいた。大竹がまずびっくりしたのは画像の鮮明度だ。従来のアナログと並べてみると一目瞭然である。「何十万画素と200万画素ですから、単純に4〜6倍の画質の差になります」と店員がいう。

最近は値段も下がって3万7800円。アナログとの差は1万円程度になった。デジタルは画質の解像度を上げるなどさまざまな操作も可能だ。これが数々の事件解決に結びついた。2012年のオウム真理教の高橋克也逮捕もスーパーの映像が決め手になった。11年に東京・目黒で起きた老夫婦殺傷事件では複数のカメラの映像をつなげて、犯人が東京駅から高速バスに乗ったことを突き止め、現場から200キロ離れた福島県で逮捕した。

国内に設置されている防犯カメラは500万台以上といわれる。カメラの進歩に加えて、映像解析技術も長足の進歩を遂げている。真っ暗な夜の画像でも、明るさ補正やシャープネスを上げることで、車種、ナンバー、暗闇にいる人物の特定ができる。動いていて不鮮明な映像から車のナンバーも読めるようにもなった。

人によって違う「腕の振り、背筋の伸び、歩行速度、歩幅」

さらに、いま注目されているのは「歩容認証」という技術だ。歩き方は人それぞれに特徴があり、腕の振り、背筋の伸び、歩行速度、歩幅など8つの指標で解析すると、顔が見えなくても95%の確率で個人を特定することができる。こうなるとまるで指紋のようだ。

この技術は08年に奈良で起こった放火未遂事件で応用された。犯人の顔はわからないが防犯カメラには写っていた。そこで、当時はまだ研究段階だった歩行認証システムを使って犯人が特定された。

個人の認証には、指紋、顔、静脈や光彩などいろいろあるが、どれもセンサーに近づかないと識別できない。歩容認証は離れた場所から撮った映像で解析できる唯一の手段だ。

司会の加藤浩次「歩き方が指紋だというのはすごいですね」

菊地幸夫(弁護士)「人間の身体はあちこちに個性があります。前に扱った事件で、顔は見えないが後ろ側頭部の画像があって、捕まった犯人とぴたっと一致しま した。これはさらに進んでいますよね」

大竹「14、5年前は防犯カメラを設置することがニュースで、その映像がテレビで流れるなんて珍しかったですね。いまは取材にいってもまず防犯カメラがどこにあるかを確認するようになりました」

とくに鉄道の駅構内で増えていて、04年には2万台だったものが、13年には6万8000台になっている。店舗や住宅でも個人で設置する人が増えているそうだ。カメラ以外にレコーダーなども必要だから7、8万円はかかる。
   湯山玲子(著述家)「監視カメラはジョージ・オーウェルみたいでいやだなと思っていましたが、テロとかを考えると、どっちが社会的に有効かは明らかですよ」

加藤「犯罪抑止にはなりますよね」

菊地「防犯カメラ作動中なんてありますよね。捜査でも、見込みではなく証拠になる。えん罪も減るでしょう」

そして、いったん事が起こればみんなスマホをもっている。一億総監視カメラだ。

参照元 : J-CASTテレビウォッチ


マスコミが取り上げる防犯カメラの映像は、いつも残念過ぎて話にならないレベルだが、それはマスコミや警察がわざとフィルターかけているということ。

日本国のアメリカ化。国民総監視制度で奴隷システム遂行。

【関連記事】
【監視社会】マイナンバー制度の準備が完了している企業や自治体は僅か4%

【監視社会】マイナンバーで医療情報まで管理!利用範囲を戸籍やパスポート、証券分野などへの拡大目指す

【監視社会】マイナンバー制度を「銀行預金口座」にも適用する改正法案を閣議決定

【監視社会】個人の銀行口座もマイナンバー(共通番号)で国が管理!プライバシーの侵害

【監視社会】携帯電話の番号さえ入力すれば持ち主がどこにいるか特定可能なソフト開発 「世界数十カ国の政府が運用」

【監視社会】自民党の特命委員会は、いわゆる「マイナンバー制度」で交付される「個人番号カード」の普及へ提言

大阪駅ビルで顔認証監視カメラを使用、通行人を追跡する大規模な実証実験が始まる予定が市民から抗議が殺到 ⇒ 延期に(笑)

日本も米国のような監視社会になりつつある?4月からJR大阪駅ビルで通行人の顔をカメラで撮影、その特徴を登録し、同一人物を自動的に追跡する実験開始

【監視社会】政府は10日、実行行為がなくても謀議に加わっただけで処罰対象となる「共謀罪」の創設を検討

【危険な悪法】実際に罪を犯さなくても、話し合いに加わるだけで処罰可能な『共謀罪』 通常国会に再提出へ政府検討

元CIA職員(元NSA局員)エドワード・スノーデン氏「6月2日、米国で自由法が採択された。米特務機関は、この先も大衆監視を続ける」

米NSAと英GCHQがSIMカードの暗号化キーを入手!令状も盗聴器も無しに世界中の携帯電話を監視

スノーデンが再び暴露「NSAはネット監視活動だけでなく、人的諜報を目的としたターゲット攻撃を行っており、北京にはその前線基地が存在する」

NSA=アメリカ国家安全保障局による情報収集活動の実態を暴露したエドワード・スノーデン容疑者「私は使命を果たした、すでに勝利した」

アメリカの情報機関「NSA・国家安全保障局」が極秘に大量の個人情報を収集していた事が発覚

【衝撃映像】監視カメラに映った無人の博物館内を浮遊するオーブ(光球)

【動画】「オーブ」はこんなにも神秘的に浮遊する! 博物館の監視カメラが捉えた鮮明映像!

2015.06.09

2015-06-17_073950

閉館時間を過ぎ、静寂に包まれた無人の博物館。そこに突如現れた謎の発光体が部屋を浮遊する様子を監視カメラは見ていた――。英「Mirror」紙が報じるところによると、誰もいない博物館内を浮遊する「オーブ」を監視カメラが捉えたという。システムの向上により犯罪者だけでなく、不思議な現象をも鮮明に記録してしまった監視カメラの映像をぜひご覧いただきたい。

■同じ場所に立て続けに現れる謎のオーブ

謎の発光体「オーブ」が現れたのは米国・フロリダ州にある「宇宙飛行士の殿堂博物館」であるが、数週間前にもオーブは現れており今回で2度目の出現だという。

しかもこの博物館は今日の宇宙技術の“礎”を築いた初期のNASA宇宙計画を称える博物館なのだが、なぜか「ジェミニ宇宙計画(米国が1960年代に実施した有人宇宙飛行計画)」と「マーキュリー宇宙計画(米国が1959年〜63年にかけて実施した有人宇宙飛行計画)」の展示室のみに現れるということだ。



実際に公開された映像を見てみると、暗い部屋の中に突如現れた光球は、画面中央に向かいながら弧を描き、徐々に光が薄くなり消滅していった。わずか数秒の間であったが、光球には透明感があり、ボールが弾むような動きをしていたことから、ドローンとは考えにくいだろう。また、両日ともすべての空調システムをオフにしており塵やホコリが舞うような環境ではなかったということだ。

博物館の責任者であるチャーリー・マーズ氏は、ニュース番組のインタビューに「オーブは自らの意思でこの部屋の展示品を見に来たのではないか」と自身の見解を語っている。

■無人のオフィスに現れたオーブ

ほかにも、監視カメラが捉えたオーブの映像はネットに多数公開されており目撃証言は後を絶たない。



誰もいない朝方のオフィスに現れたオーブは、一瞬で画面を横切り消えていった。

この「オーブ」と呼ばれる光球は、カメラの至近距離を浮遊している塵やホコリを映しこんだピンボケ現象や、ハレーション(強い光の当たった部分の周りが白くぼやける現象)など、撮影者のミスであることが多いという。しかし、俗にいう“パワースポット”などで多くみられることから、スピリチュアルな意思を持つ発光体としても考えられているのだ。

また最近では“UFO”説や“宇宙エネルギーの塊”説など諸説あり、今なおその正体は不明のままである。これからも監視カメラが捉える“不思議なオーブ”の目撃証言は増えていくだろうが、いつかその正体が明らかになる日を楽しみにしたい。

(文=遠野そら)

参照元 : 参考:「Mirror」ほか

参照元 : TOCANA


Mystery flying 'spirit orb' caught on camera TWICE at space museum

15:46, 23 MAY 2015 BY CHRIS GEE

Staff at the US Space Walk of Fame museum were left without an explanation after the glowing spherical object was caught on CCTV



They're normally spotted in the sky but this 'spirit orb' UFO was recorded inside a museum among space artefacts.

The curious shimmering orb was recorded twice within seconds by surveillance cameras.

The room at the US Space Walk of Fame, in Florida, contains items from the Gemini and Mercury NASA space programs.

The chilling images of the spherical body, captured earlier this month have not been explained.

Mystery-spirit-orb

Sphere beyond our understanding: The mystery 'spirit orb' seen in space museum Charlie Mars, the president of the U.S. Space Walk of Fame Museum, told WKMG News: 'We can’t explain it, nor can the person who put in the system for us'.

He added: “There were many items in here that were brought in by people who are no longer with us.

"They could be coming back to check on it.”

One possible answer is that the orb is a giant, floating dust ball, but official said all air conditioners were switched off.

Having the mysterious occurrence in his building didn't perturb Mars.

He said: "We love having something come in that is unexplainable, and it gives us a chance to interchange with each other and talk about what it will possibly be.”

参照元 : Mirror





【辺野古2人拘束】米軍の監視カメラの映像が動画サイトに流出

米軍撮影の映像、動画投稿サイトに流出 辺野古2人拘束

2015年3月14日(土)21時44分配信
 
AS20150314003155_commL

沖縄県名護市の米軍キャンプ・シュワブ前で米軍基地移設に反対する2人が拘束された事件で、当時の様子を撮影した米軍の映像が動画投稿サイトに流出していたことがわかった。米軍は流出を不適切だと認めている。映像には反対派リーダーが意図的に数歩、基地内に足を踏み入れる様子が映っており、拘束の妥当性を巡る議論も呼んでいる。

2月22日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設計画への抗議行動をとりまとめる沖縄平和運動センターの山城博治議長ら2人が、基地内に侵入したとして米軍の警備員に拘束された。刑事特別法違反容疑で県警が逮捕し、翌日釈放。山城議長は「1、2歩入ったが、拘束時は仲間に『下がろう』と呼びかけていただけだ」と主張し、反対派を中心に「行きすぎた拘束だ」との批判があった。

今月9日に動画サイトに投稿された映像は、撮影位置から米軍の監視カメラのものとみられる。在沖米海兵隊報道部は朝日新聞の10日の取材に流出を否定していたが、14日の取材に「不適切なルートで流れたことが明らかになった」と回答した。

参照元 : 朝日新聞


逮捕される瞬間映像は2:05〜






ロシアオリンピック委員会のドミトリー・コザック副首相が冬季オリンピック開催地のホテルのシャワールームに監視カメラが設置されていることを暴露

監視カメラが冬季オリンピック開催地のロシアのホテルに設置されていることが暴露される

2014年02月07日 11時11分34秒

top

第22回オリンピック冬季競技大会の開幕を間近に控えたロシアのソチには、世界各国から多くの報道陣や観客が詰めかけており、冬季オリンピックのためにソチに訪れた人は専用に建設されたホテルに宿泊するわけですが、そのホテルのシャワールームに特殊な装置が仕掛けられていることをロシアオリンピック委員会のドミトリー・コザック副首相が記者発表会で暴露しました。


Russian Officials Fire Back at Olympic Critics - WSJ.com

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、ロシアオリンピック委員会のコザック副首相は「ホテルには宿泊客がシャワーをつけっぱなしにして放置するような行為を監視するカメラが設置されている」と発言。コザック副首相は記者発表会が終わるとすぐにメディアセンターの案内を始め、報道陣には監視カメラについて質問する時間が与えられませんでした。

12348800603_7282f3a6c8_b

コザック副首相のスポークスマンは同日、報道陣に対して「ホテルの部屋や浴室に監視カメラが仕掛けられている、という事実は一切ありません」と監視カメラの存在を否定するコメントを発表し、「ホテルの建設中に監視カメラが仕掛けられていたのは事実であり、副首相はそのことを意味していた」とコザック副首相の発言を釈明しました。また、ホテルの建設を担当した企業の幹部も監視カメラの存在を否定しています。

ソチでは一部ホテルの開業が延期されるなど、冬季オリンピック開幕の直前になって問題が浮き彫りになりました。なお、第22回オリンピック冬季競技大会は2014年2月7日、日本時間の2月8日に開会式を迎えます。

参照元 :
Gigazin

トルコで男性が車に残忍な轢かれ方する交通事故の映像

トルコで男が車に轢かれる

これは酷い!轢かれた男性は運が悪かったとしか言いようがない。命が助かったのか詳細不明。おそらく即死だと思われる。

Out of control car at high speed hits pedestrian

Man gets hit by a car in Turkey



人気ブログランキングへ

最新記事






楽天トラベル




人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ