日本のハロウィンのありように在日米国人が疑問抱く

2013年10月29日 14時21分
 
119341_photo1

ハロウィンは日本ではすっかり「大人が仮装をしてパーティで酔っぱらう」といったイベントになっているが、この状態について、日本在住米国人のジェニーさん(仮名・37)は違和感を覚えているという。

「日本独自のイベントになるのはいいのですが、なんでみんな六本木に集まるの? アメリカではハロウィンって、子供が主役のイベントなのよ。子供達が仲良しで集って色々な家に行き、お菓子をもらうイベントなの。訪問を受ける家も、かわいい子供達にどんなお菓子を用意しようか、と考えて、当日バスケットにお菓子をたくさん用意するの」

ジェニーさんからすると、「10月31日に子供達が仮装してお菓子をもらうイベント」という本来の位置づけが「10月31日の前の週末に大人達が仮装して酔っぱらうイベント」と日本では変化したことに疑問を持っているのだという。

また、ジェニーさんは日本のクリスマスに対しても違和感を覚えているという。

「クリスマスって本来家族が集うイベントじゃないの? なんで日本では“恋人の日”ってことになるの? よくわからない」

提供 : アメーバニュース/政治・社会
【関連記事】
クリスマスやハロウィンよりも大切な事がある
「バレンタインデー」なんてイベントは日本に要らない
http://50064686.at.webry.info/201102/article_12.html

人気ブログランキングへ