地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

生物

【衝撃映像】NASAの火星探査機が荒野を走り回るゴキブリらしき生物を激写

NASA火星探査機が「逃げ惑うゴキブリ」を多数激撮! 火星の荒野をガチで走り回る超衝撃映像!

2016.10.17

トカナでは、これまでも火星に生命が存在する可能性を何度も報じてきたが、遂に決定的な証拠が発見されたとの情報が入ってきた。なんと、掘削作業中の火星探査機「キュリオシティ」から“逃げ惑う昆虫”らしきものが撮影されたというのだ!

2016-10-18_185532

NASA「マーズ・サイエンス・ラボラトリー」の画像ギャラリーで確認したところ、問題の画像は2015年1月29日、「キュリオシティ」前面に搭載された左右の「Hazcam」で撮影されたものだと分かった。ギャラリーでは連続撮影された静止画しかないため、わずかな変化を見抜くことは困難を極めるが、ユーチューブチャンネル「MARS ALIVE」が作成したタイムラプス動画では、小さな物体が移動している様子がハッキリと確認できる。

それでは早速、動画をご覧頂こう。



ちょうど機械の真ん中に見える細長いものが「キュリオシティ」の掘削ドリルだ。このドリルで深さ約6センチ直径約1.5センチの穴を掘り、岩石サンプルを採取している。一見したところ、掘削作業を淡々とこなしている姿が写っているだけのように見えるが……。少しドリル付近に注目して見てみよう。

2016-10-18_185645

明らかに何かが移動している! その数ざっと4体といったところだろうか。あまりにも小さいため詳細は確認できないが、ゴキブリらしき小型生物が動いているように見える。ドリルの影の下で動いていることから、これらの物体が「キュリオシティ」自身の影でないことは確かだろう。以前トカナでお伝えした「火星エビ」や「エイリアンの幼生」にも似ているように思われるが、実際のところ一体これは何なのだろうか?

2016-10-18_185724

発見者の「MARS ALIVE」も、何らかの「小型火星生物」であると考えているようだが、一部のユーチューバーからは反論が寄せられている。

「ドリルの振動で小さな岩が動いたんだろうね」
「これはサンプル採取のための掘削だよ。ドリルが岩を弾き出しただけでしょ」

このように反論の多くはドリルが問題であると考えているが、UFO研究ブログ「UFO SIGHTINGS HOTSPOT」では再反論がされている。

「この不可思議な現象をドリルの振動で動いた岩石のカケラだと考えている人もいますが、私はそこまで明確に言い切ることができません。なぜなら、おそらくアリ、クモなど何らかの虫の足のようなものがハッキリと確認でき、その昆虫がドリルから逃げているように見えるからです」

同様の意見はユーチューブユーザーからも多く寄せられ、サソリではないかとの声も。確かに、独自の進化を遂げた昆虫サイズの生命体ならば、平均気温マイナス40度の過酷な環境でも生存できるかもしれない。地球上でも、脅威の耐寒性と乾燥耐性で知られる極小昆虫「ナンキョクユスリカ」は、平均気温マイナス40度を超える南極大陸に生息しているのだから、あり得ない話ではないだろう。

さて、賛否両論ご紹介してきたが、読者はどちらに心を動かされただろうか? とはいえ、未だ本格的な火星探査は始まったばかりだ。まだまだ火星には我々の想像を絶する光景が広がっていると考えて良いだろう。全てが明らかになるその日まで、火星から目が離せない。

(編集部)

参考:「Mars Science Laboratory」、「MARS ALIVE」、「UFO SIGHTINGS HOTSPOT

参照元 : TOCANA

【関連記事】
元海兵隊員の犯行声明文「現在の地球には、火星からやって来た両生類型エイリアンが蔓延っている」

火星であってはならない不思議な物が写っていた!

NASAが火星で原子生物ワームの写真撮影に成功!?

宇宙人が火星を徘徊していた!?探査車が撮影した風景に写っていた

火星でコモドドラゴンの化石が発見される

火星にカニのような生命体がいた!

NASA「火星に今も水があって、地表を流れているとする有力な証拠を発見した。地球外生命体発見の第一歩」

火星で前方後円墳が発見される!土偶や、昔話「かぐや姫」、「浦島太郎」などは、古代の日本に宇宙人が飛来していた証拠?

【最新研究】アトランティスは火星に存在し、古代エジプトと交易を行っていた!? ツタンカーメンは宇宙船で事故死!?

火星で小型アタカマ・ヒューマノイドが発見される

火星に未確認動物(UMA)ビッグフットが生息していた可能性が浮上!?頭蓋骨が転がっていた!

NASAから流出した画像!火星には草木が生えていた!

メキシコ・チワワ州北部で、この世の物とは思えない奇怪な生物のミイラが発見される

人間とも動物とも違う! 完全に正体不明な「立ったままのミイラ」が発見される=メキシコ

2016.04.05

トカナはこれまでミイラ化遺体の話題を数多くお届けしてきた。人為的に加工されたものであれ、自然現象による偶然の産物であれ、それらは一目で正体を判別できるものがほとんどだ。しかし、今回メキシコで発見されたミイラは、人間か動物か、はたまたUMA(未確認動物)かエイリアンなのか、まったく正体がわからない不思議な姿をしているのだった。

2016-06-29_191804

■正体は? 立っていた? 謎だらけのミイラ

先月27日、アメリカと国境を接するメキシコ・チワワ州北部、バエ・デ・サラゴサの砂漠地帯。現地の新聞紙「El Diario」によると、地元の漁師ゴンサロ・ガルデアさんが、この世のものとは思えない奇怪な生物の遺骸を偶然発見してしまった。

2016-06-29_192015

細長い手足、曲がった胴体、そして小さな頭部――人間のような骨格だが、私たちとは何かが違う。かと言って、動物のミイラにも見えない。しかも、頭部には大きな目と牙があるのだという。すぐに警察が駆けつけてミイラの正体を突き止めようとするも、誰にも特定することができない。

謎多きミイラの噂は即座に地元住民の間へと広まり、とあるフェイスブックユーザーによって撮影・投稿されたことで、世界中の人々へと伝えられた。ちなみに、ミイラは立ち上がった状態で写真に収められているが、謎の生物が絶妙なバランスを保ったままミイラ化したとすれば、前代未聞の恐るべき現象であるとして驚嘆の声も上がっている。

現在警察が押収し、ミイラの分析が続けられているというが、結果についての公式発表はゼロ。そのことがさらなる憶測を呼び、吸血UMA「チュパカブラ」のミイラではないかと周辺住民は恐怖で夜も眠れぬ日々を送っているようだ。ちなみに第1発見者のガルデアさんは、このミイラ化遺体は付近のラ・ボキージャ湖から這い出てきた未知の生物ではないかと考えている模様。

2016-06-29_191734

果たして、人間とも動物とも異なる謎のミイラの正体とは何か? そして、本当に2本足で立ち、腰を屈めた姿勢でミイラ化したのか? 謎は深まるばかりだが、警察による公式見解が発表され次第、続報をお伝えしよう。

(編集部)

参考:「El Diario」、「codigooculto.com」、「Hoy Chihuahua」、ほか

参照元 : TOCANA


Localizan extrano cadaver en Valle de Zaragoza

El Diario | Miercoles 30 Marzo 2016 | 14:28 hrs

2016-06-29_192534

Valle de Zaragoza.- Un extrano cadaver de un ser no identificado, fue localizado por habitantes del vecino municipio de Valle de Zaragoza, en la parte seca del Lago Toronto, vaso contenedor de la presa Boquilla, en aquel territorio, al cual se denomina “El Rebalse”.

Sin mayor datos que una fotografia publicada en redes sociales el pasado 27 de marzo por un habitante de Valle de Zaragoza, identificado como Jaime Antonio Adame Pando, se presentan los restos momificados de un ser extrano. El responsable de la publicacion pregunta ¿y esto que es?.

La imagen ilustra un ser con un craneo extrano, columna ondulada y extremidades traseras ligeramente mas grandes que las delanteras, rematando en lo que parece ser una cola. Sin mayores datos para contactar con el propietario de la fotografia, queda el reporte desde Valle de Zaragoza, localizado en la red social Facebook.

参照元 : EI Diario

2016-06-29_192742

2016-06-29_192756

ウクライナでこの世のものとは思えない奇怪な生物が発見される

大きな2つの口、グロすぎる突起……!? この世のものとは思えない奇怪な“何か”が発見される=ウクライナ

2015.05.21
 
xCcLQ9qinI0

現在、ロシアのSNSや掲示板サイトを通して話題になっている不思議な写真――。そこに写っているのは、およそこの世のものとは思えない奇怪な“何か”だ。大きな2つの口のようなものを持ち、その周囲には固そうな毛(?)が生えている。さらにその口からは、何重にも生え揃った歯と思しき多数の突起が覗く……。一体これは何だというのか?

写真は今月18日、ロシア語圏最大級のSNS「VK」のユーザーによって投稿された。ウクライナの首都キエフに暮らす投稿者は、この不思議な存在を森の中で発見したという。正体について、多くのユーザーたちの見解を聞きたいと公開に踏み切ったようだ。

その後、写真はロシアの掲示板サイトやネットメディアを通じて拡散。その異様な姿を怖がる声のほか、何らかの突然変異体、魚のエラ部分、はたまた作り物に違いない――とさまざまな反響を呼んでいる模様だ。

トカナとしては、映画『グレムリン2 新・種・誕・生』に登場するモホーク・グレムリンの死骸だったと思いたいところだが……。よく見れば見るほど、何らかの植物である可能性も感じてしまう。果たして今後、正体は判明するだろうか?

(編集部)

参照元 : TOCANA

fUnlrcCGONM

CngQZ3-flH8

BAw3MKFpPdA

元記事 : Углублённый Биолог


フロリダ州フォートピアスの港で、巨大なシャコのような生物が釣り上げられる

巨大なシャコのような生物が釣られる

2014/09/06

giant_shrimp1

フロリダ州フォートピアスの港で、巨大なシャコのような生物が釣り上げられました。

スティーブ・バージェロンさんが釣りをしていると、友人の竿にアタリがあり、リールを巻き上げるとこの生物がかかっていました。

バージェロンさんが写真に撮りました。

giant_shrimp2

体長は45センチ強。しっぽをバタバタさせるので、ロブスターのように背中側をつかんだそうです。フロリダ州魚類・野生動物保護委員会も、この生物が正確には何なのか分からないとコメント。

ただし、シャコ類の一種であると考えられるとしています。シャコ類には体長30センチに達するものがあり、例外的に、もっと大きくなる場合もあるとのことです。

参照元 :
アメナマ

海中に謎の生物・巨大人型UMA「ヒトガタ」と「ニンゲン」が目撃される?

人間の姿をしたUMA、その名も「ヒトガタ」が発見された。違う場所では「ニンゲン」という生物も発見か?このUMAは、2ちゃんねるオカルト板から話題が広がった。もちろん実在するかどうかは不明。

ningen

日本政府が行った南極周辺の調査捕鯨中に謎の巨大な白い生物を目撃したらしい。 夜に頻繁に出現し、表面はつるつる。

「ニンゲン」と呼ばれる謎の生物
hitogata3-300x225

そして、北極の調査でもみつかったのが「ヒトガタ」 
hitogata-300x225

Google Earth にも「ニンゲン」が?
googlehito-300x225

映像もあるが、それらの信憑性はどれもイマイチでした。





【関連記事】
【衝撃映像】グリーンランドの深海で潜水艇に乗って海中を撮影していたクルーに”エイリアン”のような謎の生物が襲い掛かってくる映像がやばすぎる

世界で最も人間をぶっ殺している生物ランキング

【衝撃】人間にとって最も危険な生物は何か? 1年間で70万人以上を死へ追いやる超危険生物は意外なアイツ
 
deadliset140502_02

あなたは、 “人間にとって最も危険な生物” は何だと思われるだろうか? ライオンや虎などの大型肉食獣だろうか? それとも、毒ヘビや毒クモ、サソリなどの毒を持つ生物? サメというラインも怪しい……。

ところが! 人類にとって、最も危険な生物、毎年多くの人間の命を奪っている超危険生物No.1とNo.2は、誰もが知っている意外な生物だったのだ。そいつに比べれば、ライオンやサメなんて、「安全」と言えるレベルである。答えは、図で確認できるぞ。

・被害者の数を視覚化
図は、「特定の生物によって、どれだけの人が1年の間に死へ追いやられているのか?」をまとめて視覚化したもの。

図の中で、最も “危険でははない” 生物はというと……なんとサメとオオカミだ。この2種によって、毎年10人の人が亡くなっている。次はライオン、ゾウで、被害者の数は100人。

続けて、カバに殺されたのは500人、ワニは1000人、サナダムシは2000人、回虫は2500人、カタツムリ、サシガメ、ツェツェバエはいずれも1万人、犬が2万5000人、ヘビが5万人である。

・超危険生物No.1は蚊、No.2は人間
危険生物No.2は、なんと人間。人間同士の殺し合いなどによって、平均して1年で47万5000人の方が亡くなっている。そして、No.1は……「蚊」である。蚊によって、72万5000人もの人が命を落としているのだ。

危険な蚊の代表格はマラリアで、毎年60万人以上が命を落としているのだとか。それ以外にも、2500種類以上の蚊が存在し、テング熱や黄熱病、日本脳炎の媒介者となるのも蚊の一種である。

・ビル・ゲイツがブログで発表
実はこの図、あのビル・ゲイツ氏がブログで発表したものである。どうやら、ビル・ゲイツ氏は、WHO(世界保健機構)のデータなどを元に、図を作成したもよう。ゲイツ氏はブログ内で、上のような具体的な数字をあげて、蚊の危険性について注意を促している。

読者の中には “人間の命を一番奪っている生物は蚊” と知って、驚いた人も多いのではないだろうか。そして、2位が人間というのも……。とにかく、図を見ていると「危険な生物」について、考えさせられる。

参照元 : AcidCow gatesnotes(英語)
執筆 : 和才雄一郎
ロケットニュース24

こちらが公開されていた図。Mosquito(蚊)がダントツの1位である▼
deadliest140502_011

ビル・ゲイツ氏がブログで公開していた動画。蚊の怖さが一発で分かるが、色々な意味で怖いので閲覧注意!





世界で最も人間をぶっ殺している生物ランキングです。トップ19までを紹介

【1位】 人間 (年間?人を殺す)
animals_19

【2位】 蚊 (年間 1000000人を殺す)
animals_18

【3位】 ハエ (年間500000人を殺す ※主にツェツェバエ、トリパノソーマ症により)
animals_17

【4位】 ヘビ (年間 500000人を殺す)
animals_16

【5位】 サソリ ( 年間 5000人を殺す)
animals_15

【6位】 カバ (年間 3000人を殺す)
animals_14

【7位】 ワニ (年間 1500〜2500人を殺す)
animals_13

【8位】 ゾウ (年間 500人を殺す)
animals_12

【9位】 バッファロー (年間 200人を殺す)
animals_11

【10位】 犬 (年間 186人を殺す)
animals_10

【11位】 シカ (年間 120人を殺す ※交通事故などにより)
animals_09

【12位】 トラ (年間 100人を殺す)
animals_08

【13位】 クラゲ (年間 75人を殺す ※サメの15倍)
animals_07

【14位】 ライオン (年間 70人を殺す)
animals_06

【15位】 ミツバチ (年間 53人を殺す)
animals_05

【16位】 蟻 (年間 30人を殺す)
animals_04

【17位】 牛 (年間 20人を殺す)
animals_03

【18位】 馬 (年間 20人を殺す)
animals_02

【19位】 ヒョウ (年間 15人を殺す)
animals_01

南米スリナムの熱帯雨林で、新種と見られる60種の生物が発見される

60種の新種とみられる生物発見、スリナムの熱帯雨林で

2013年10月18日13:04
 
mqdefault (8)

60種類の新種とみられる生物がみつかりました。

濃い茶色の足にチョコレート色をした体のカエル。足の吸盤を使って器用に木登りをします。このカエルは新種とみられます。

アメリカを拠点とする国際環境NGO「コンサベーション・インターナショナル」は、南米スリナムの熱帯雨林で、新種と見られる60種の生物が見つかったと発表しました。

ほかにも、危険を察知して腹部から白い糸状の物質を出した珍しい昆虫の幼虫の写真などを公表しています。




人気ブログランキングへ

東日本大震災の発生から2年半 高放射線量地域で生物に異変!奇形が疑われるツバメや魚、蝶や毛虫

高放射線量地域で生物に異変、奇形疑われるツバメも

2013年9月11日15:01

news2012585_6

東日本大震災の発生から11日で2年半です。地震が起きた午後2時46分にあわせて、各地で黙祷が捧げられました。岩手・宮城・福島では今もあわせて21万人以上が仮設住宅での生活を余儀なくされています。

また、福島第一原発の事故については、汚染水の問題が深刻化、さらに除染作業も遅れていて問題は山積みです。そんな中、海外の専門家たちが、福島県内の放射線量の高い地域で生き物の調査を行いました。調査では、奇形が疑われるツバメが高い確率で見つかりました。ビデオでご覧ください。

参照元 : TBSニュース

<JNNニュース映像>


housyanouosenn091203

housyanouosenn091207

housyanouosenn091202

housyanouosenn091201

housyanouosenn091210

f89d6b01

saved_quote_image_70723

hqdefault

18c3f1b7-s


最新記事






楽天トラベル



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ