地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

治療

爆弾攻撃で負傷したISISの指揮官が、アンタルヤの病院で治療していることをトルコが確認

トルコは、シリア北部の爆弾攻撃で負傷したISISテロリスト指揮官がアンタルヤの病院で治療していることを確認した。トルコ・デニズリ県知事の事務所による声明によると、アンタルヤの国境省の病院で、ISIS指揮官が治療していることを述べている。

ain-al-arab-daesh-bombing


Turkey confirms that it's treating an ISIL terrorist commander injured in a bomb attack in northern Syria. 

The office of Turkey’s Denizli province governor has said in a statement that a hospital in the border province of Antakya is treating Emrah C. According to the statement, the Turkish national has the right to health services. Ankara has been under fire for allowing terrorists to pass through its territory to join the ISIL in Syria and Iraq. The government has reportedly opened a hospital in the southeastern province of Gaziantep to treat the ISIL members injured while fighting in Syria.

Turkey confirms ISIL commander admitted to hospital in Antakya



中国・北京市で同性愛の治療と称して原告の男性患者に電気ショックを与えていた心療クリニックに、謝罪文の公開と損害賠償命令

「同性愛は病気ではない」と裁判所、同性愛者に電気ショック“治療”を施したクリニックに損害賠償命令―北京市

2014年12月20日 22時31分

imgout

2014年12月19日、中国・北京市海淀区人民法院(裁判所)は、同性愛の治療と称して原告の男性患者に電気ショックを与えていた心療クリニックに、謝罪文の公開と損害賠償の支払いを命じる判決を下した。20日付で中国メディア・澎湃新聞網が伝えた。

原告の男性は今年2月、中国のポータルサイト・百度(バイドゥ)で「同性愛治療」を検索。検索候補ワードで最初にヒットしたのが被告の「重慶心語飄香心理カウンセリングセンター」だった。異性愛者になれると信じた原告は同センターで催眠術や電気ショックの「治療」を受けたが、異性愛者になれないばかりか精神的に大きな苦痛を味わったため、3月に同センターと百度に損害賠償を求める裁判を起こした。

19日、海淀区人民法院は「同性愛は精神疾病ではない」として治療の必要性そのものを否定。カウンセラーが治療行為を行った重慶心語飄香心理カウンセリングセンターは「精神衛生法」に違反すると判断し、被告に対して同センターのウェブサイトのトップページで48時間の謝罪文掲載と、原告へ3500元(約7万円)の損害賠償支払いを命じた。同時に、裁判所は百度に対し、「検索候補ワードサービスには広告宣伝の効果がある」と認めた。百度側はすでにこのサービスを停止しており、原告も百度に対する訴訟を取り下げている。(翻訳・編集/本郷)

参照元 : レコードチャイナ

imgout (1)

がん細胞の腫瘍を免疫システムによって小さくすることに成功

癌の治療に新たな光明! 免疫システムによって癌腫瘍を小さくすることに成功

2014年11月29日

がん細胞の腫瘍がなかなか小さくならないのは、免疫機能によって自然治癒しないからであると考えられてきたが、免疫細胞によって悪性細胞を治療することができる可能性が最新研究によって示唆された。

もしもそれが現実のものとなれば、がん細胞をコントロールすることが可能になり、より長期的な治療や、延命措置が可能になると言われている。

通常、腫瘍はT細胞を、CTLA4やPD-1といった免疫細胞によって無効化してしまうのだが、ある抗体を用いることによって、このCTLA4やPD-1をブロックし、T細胞に腫瘍を攻撃させることに成功した。

これは"治療"という言葉を使えるようなことではないにせよ、長期的な病気の管理や延命措置としては十分な可能性があると研究者は語っている。

こうした免疫による治療方法は、まだ一部のがんにしか効果が見られておらず、研究者は何が理由となって効果が現れる患者とそうでない患者がいるのかについて、引き続き調査を続ける見込みである。

ただ、いずれにせよ、免疫システムががん細胞を敵とみなすことができるというのは大きな発見であり、今後の進展次第では、本当にがんは恐ることのない病になるかもしれない。

参照元 : カガクニュース隊

<細胞が癌化する仕組み>

cancerous_change_02


Multiple boosts for cancer immunotherapy

26 November 2014 3:30 pm

sn-immunotherapyH

Tumors persist and grow in part because they squelch the immune system, but researchers have recently turned the tables with treatments that prompt immune cells to hunt down malignant cells. The strategy is effective only in some patients, however, and so far has been shown to work in just a few cancer types. But studies online today in Nature reveal how one kind of immunotherapy, so-called immune checkpoint inhibitors, can be targeted to new cancers—and how doctors can single out the patients who are most likely to benefit from these drugs.

“As a unit, these papers fill out many of the gaps in our understanding” about these cancer immunotherapies, says Jedd Wolchok, a medical oncologist at Memorial Sloan Kettering Cancer Center in New York City who wasn’t connected to the studies.

Tumors can suppress the cytotoxic T cells that would normally attack them by activating two immune cell surface receptors , CTLA4 and PD-1. But blocking CTLA4 and PD-1 with antibodies can unleash the T cells. Several clinical trials of patients with incurable cancers have shown dramatic effects from these antibodies. “What we are seeing is long-term disease control,” Wolchok says. “In some cases, people are living long enough to die from another cause.”

Researchers shy away from the c-word—cure—but they say that these immune checkpoint inhibitors could ultimately transform cancer into a manageable disease more like diabetes or HIV infection. “The immune system may be able to keep the tumor in check, even if it doesn’t eliminate every last cell,” says cancer immunologist Drew Pardoll of Johns Hopkins University School of Medicine in Baltimore, Maryland. Prospects like that led Science to anoint cancer immunotherapy as its Breakthrough of the Year for 2013.

Yet so far, published studies have confirmed that the checkpoint inhibitors work only in kidney cancer, melanoma, and lung cancer. And even in those cancers, usually less than half of patients benefit.

In one of the new studies, a team led by oncologist Thomas Powles of Queen Mary University of London tested a new antibody created by Genentech of South San Francisco, California, in a different cancer: a difficult-to-treat form of bladder cancer. Instead of blocking PD-1 on immune cells, the antibody disables PD-L1, a protein that cancer cells and some other cells display to stimulate PD-1 and inhibit T cells. The Genentech-funded study found that the antibody shrank bladder tumors in 26% of the patients. Therapy for this type of cancer has not advanced in 25 years, notes Hopkins medical oncologist Julie Brahmer, who wasn’t connected to the research. “This is truly groundbreaking,” she says.

In a second study, also funded by Genentech, translational oncologist Roy Herbst of the Yale School of Medicine and colleagues tested the antibody against several other kinds of incurable cancers. The patients in this trial “had exhausted one, two, three lines of treatment,” Herbst says, but he and his colleagues found that the antibody caused tumors to shrink in lung cancer, head and neck cancer, melanoma, and other tumor types. “It is unexpected and exciting to see a single drug having an impact on so many kinds of cancer,” says Suzanne Topalian, a cancer immunologist at Hopkins who didn’t take part in any of the studies.

Still, fewer than 20% of the patients in the Yale trial saw their tumors dwindle. “It’s a big conundrum to predict who will benefit from these treatments,” Herbst says. When he and his colleagues analyzed tumors from the trial’s patients, they found a potential explanation: variation in the amount of PD-L1 manufactured not by the cancer cells, but rather by the immune cells that had invaded the tumor. (The cancer cells may somehow compel immune cells to make the self-inhibiting molecules.) If these invading cells produced plenty of the protein, patients were more likely to respond to the antibody therapy. Testing PD-L1 levels in patients’ tumors might enable doctors to identify the people with the best chance of benefiting from the new antibody, Herbst says.

In a third Nature study, tumor immunologist and physician Antoni Ribas of the University of California, Los Angeles, and colleagues pinpointed another biomarker that might help improve the success rate of the immune-awakening antibodies. After poring over biopsy samples from the melanoma tumors of 46 clinical trial participants treated with a PD-1–blocking antibody, the researchers found that the best portent of treatment success was the abundance of cytotoxic T cells at the edge of the tumors. The more cells crowding into the edge of the tumor, the better.

To confirm their finding and gauge its usefulness, Ribas and colleagues then analyzed biopsy samples from melanoma patients in a clinical trial at another hospital. Using just this one feature, they correctly predicted how well 13 of the 15 patients would respond to the antibody therapy. “An assay that detects the presence of [cytotoxic T] cells in tumors could be the first decision point in the treatment of patients,” Ribas says.

Researchers are already looking at how to use the results of these studies to improve cancer immunotherapy, possibly by combining it with other types of treatments. “The next use will be in combination with other cancer drugs to get a greater impact,” Topalian says. 

Posted in Biology, Health

参照元 : Science

子宮頸がんワクチンで副作用を訴えた件数は、今年3月現在で2475件、重篤な症状は617件

子宮頸がんワクチン副作用、心理面配慮の治療で7割改善

2014年7月04日17:09
 
mqdefault (3)

子宮頸がんの予防ワクチンで副作用を訴える声が相次いでいる問題で、厚生労働省の研究班が、心理面に配慮した治療などでおよそ7割の人の体の痛みが改善したとの治療結果を報告しました。

子宮頸がんの予防ワクチンで全身の痛みやしびれなど副作用を訴える声が相次いでいる問題で、厚労省が4か月ぶりに検討部会を開き、女子中高生らの診察にあたっている厚労省研究班の医師が、治療結果を報告しました。

それによると、不安が減るとともに症状が改善するケースが多く、心理面にも配慮した治療で、70人のうち67%にあたる47人で体の痛みが改善しているということです。

一方で、子宮頸がんワクチンで副作用を訴えた件数は、今年3月現在で2475件、重篤な症状は617件に上っています。

「もう苦しむのは私たちで終わりにしてほしい」(副作用を訴える女子高校生)

厚労省前では、副作用を訴える女子中高生らが集まり、子宮頸がんワクチンの接種に反対の声を上げました。去年6月から国はワクチンの積極的な接種呼びかけを一時中断していますが、4日の部会では、今後のワクチン接種の対応については話し合われませんでした。

参照元 :
TBSニュース

【関連記事】
【子宮頸がんワクチン】厚生労働省が子どもの言い訳レベル 「痛みは心理、社会的要因が原因」 責任を取りたくない責任者達の猿芝居

【子宮頸がんワクチン副作用】北海道内の中学生9人、高校生8人の女子生徒計17人 体調不良で欠席が続いたり、歩行困難になり車椅子を利用する重篤な生徒も

【日本民族根絶やし計画】子宮頸がんワクチンで重い副作用538件 失神など意識レベルの低下や全身に広がる痛みなど副作用の訴え2320件

【子宮頸がんワクチン・副作用】厚生労働省が予防策を議論し、「ワクチン接種の前に強い痛みがある事を十分に説明する」など、接種の注意点まとめる

危険な"子宮頸がんワクチン"を推進した自民党の三原じゅん子、公明党の浜四津敏子、松あきらは辞職しろ

子宮頸がんワクチン接種の「積極的な推奨」を副反応の疑いがある患者らが再開しないよう訴え

副作用の被害が相次ぐ「子宮頸がんワクチン」の再開求め、接種時の注意事項をまとめたマニュアル作成

子宮頸がんワクチンの副作用を検討する専門部会の委員8人が審議中も製薬会社から講演料を受け取っていた

【子宮頸がんワクチン】厚生労働省の有識者会議は、副作用は接種時の痛みやストレスが引き起こしたと結論付け、接種の呼び掛け再開の最終検討へ


マリファナ(大麻)の吸引は”うつ病”に効果あり よくある勘違い「中毒性がある」「肺がんになる」など

大麻の吸引は「うつに効果がある」との研究結果

2013年8月29日

article-2400032-1B6988BA000005DC-182_634x464

日本で大麻は違法だが、海外の一部地域では癌(がん)やエイズの治療にも取り入れられ、合法的に使用されている。そんな大麻が、うつや気分の落ち込みに効果があるとの研究結果が発表され、注目を集めている。

・暗い気持ちに作用する成分「THC」
ヨーロッパで出版された神経精神薬理学誌が、「THC(テトラヒドロカンナビノイド)には、落ち込んだ気持ちを明るい気分に変える効果がある」と発表している。ちなみに大麻の実効成分が THC だ。

THC には、鎮痛効果があるとされる脳内の内因性カンナビノイドを活性化させ、暗い気分を上向きにさせる効能がある。よって、大麻に含まれる THC が、うつや精神疾患の治療に利用できるのではないかとの議論が持ち上がったのである。

・大麻でハッピーな気分
そこで、オランダの医大研究チームが “落ち込んだ気分に対する大麻の効果” を検証することに。まず、大麻を週1回以下、年4回以上の頻度で吸引する男性たちを被験者とし、THC を投与したグループと、偽の THC を投与したグループに分けた。

次に、「嬉しそうな人」と「恐がる人」の写真を全員に見せ、それぞれの表情を真似してもらった。その結果、THC を投与されたグループが「恐がる人」を真似た表情は、とても “恐がっている” とは言えないものだったという。しかし “嬉しそうな人” の表情は、完璧に表現することができたそうだ。

・脳スキャンでも証明
さらに実験結果を裏付けるために、研究チームが被験者の脳をスキャンしたところ、大脳の感情を処理する部分に THC の有効性が現れていることが明らかになった。これにより、大麻に含まれる THC にはネガティブな感情を減少させる効果があることが証明されたのである。

もしかしたら近い将来、日本でも、うつや精神疾患で苦しむ患者に、精神薬として大麻が処方される日が来るかもしれない。

article-2400032-1B6988B6000005DC-379_306x289

参照元 : Mail Online(英文)
執筆 : Nekolas
ロケットニュース24

article-2400032-1B6988AB000005DC-320_634x385


マリファナに関するよくある勘違い8つ 「中毒性がある」「肺がんになる」など

2012年5月7日

marijuana

皆さんは「マリファナ」に対してどのようなイメージをもっているだろうか? 一部では「医療用マリファナ」の解禁を検討すべきという声もあがっているが、一方で犯罪や濫用など危険なイメージと結び付けられがちなマリファナ。

以下は、米メディアのハフィントンポストで紹介されていた「マリファナに関して誤解されがちな8つのこと」である。多くの人になじみがないだけに、誤解されることも少なくないマリファナだが、以下を読むと多くの発見があるはずだ。当然だがマリファナをオススメしているわけじゃないので勘違いしないように!

・ハフィントンポストによる「マリファナに関して誤解されがちな8つのこと」
 
1.マリファナは中毒になる
たばこやコーヒーと同じように、マリファナは一度吸うと中毒になるとよくいわれるが、その真偽はなにをもって「中毒性があるか」によっても変わる。

1994年、カリフォルニア大学のジャック・ヘニングフィールド博士がアルコール、ニコチン、コカイン、ヘロイン、カフェインの5つの物質とマリファナを比較した際、依存、離脱、耐性という点においてはマリファナは最も低いという結果になった。カフェインなど他の物質と比べれば、マリファナの中毒性はそこまで高くないのだ。

2.マリファナは「入門薬物」である
マリファナはコカインやヘロインといったよりハードなドラッグの使用リスクを高める「入門薬物」だという意見があるが、それは正しくない。2008年、前月にマリファナを吸ったことを認めたアメリカ人は1520万人だった。同様の数はコカインは190万人、ヘロインは20万人だ。

2010年に同じ調査を実施したところ、マリファナを吸った人数が1740万人と増加したのに対して、コカイン使用者は150万人と減少。ヘロイン使用者の数は変化しなかった。マリファナが入門薬物であれば、マリファナの使用者増加と共に、コカイン、ヘロインの使用者も増えるはずだが、その数は連動していないのである。

3.マリファナには医療効果はない
マリファナの医学的な効果に関する研究は数多くなされている。たとえば、痛みを和らげる、吐き気を抑える、食欲を増進させる、筋肉の緊張をほぐすといった効能をもつといわれる。アメリカの国立がん研究所は、マリファナはがんの進行を防ぐ効果をもたらす可能性があるという報告を発表している。ただし、最終的な結論に達するにはまだまだ研究が必要なようだ。

4.マリファナを吸うと肺がんになる
マリファナはタバコと同様に肺がんのリスクを高めるという意見を耳にすることがある。しかし、マリファナの摂取と肺がんの発生率増加の因果関係というのは証明されていない。この因果関係を追究するために最も大規模に行われた研究の結果では、一生涯で2万2000本のマリファナを吸ったというヘビーユーザーでさえ、肺がんのリスクが高まる傾向は認められなかったそうだ。

5.マリファナには安全な投与量というものはない
アメリカ政府は規制物質法という法律で薬物を管理しており、マリファナはスケジュール気箸いΔ發辰箸盖制の厳しい「危険な」薬物に分類されている。そんな背景もあり「マリファナに安全な投与量は存在しない」「吸い過ぎると死に至る」と考えられることがある。

しかし、実際にはこれまでマリファナの吸い過ぎで死に至った例というのは報告されていない。マリファナで命を絶つには、推測ではあるが、15分間に680キロのマリファナを摂取する必要があるといわれる。これはもちろん、どうやったって不可能な量である。

6.マリファナを合法にすると、マリファナを吸うティーンエイジャーが増える
医療目的でマリファナ使用を認める州では、マリファナの合法化に対する反対意見の一つに、マリファナを合法にすると、マリファナを吸うティーンエイジャーが増えるのではと危惧する声がある。

しかし、最近の研究によると必ずしもそうではないようだ。医療用マリファナが合法であるロードアイランド州の研究者が、合法ではないマサチューセッツ州と比較したところ、ティーンエイジャーのマリファナ摂取率に差は見られなかったとのことだ。

7.大麻(マリファナ)と麻は同じものである
アメリカでは大麻(マリファナ)との関係で麻の栽培が禁止されているが、大麻の原料であるカナビスと麻は同じアサ属の植物であるものの、異なる植物だ。

麻は大麻の主成分であるデルタ−9−テトラヒドロカンナビノール(THC)というハイな状態にする作用をもつ物質を多く含まない。一方、カナビディオールというTHCの作用を阻害するといわれる物質をより多く含んでいる。そのため、麻は大麻と違って、いくら吸ってもハイになることはないのだ。

8.マリファナは病気を治療できる
マリファナには苦痛を和らげる効果があり、食欲減退や吐き気、筋肉の緊張にも効くといわれる。しかし、医療用マリファナが認められている州においても、医者は合法的にマリファナを処方することはできない。「推奨する」ことだけができるのだ。

というのも、医学的な効果がないとされるスケジュール汽疋薀奪阿縫泪螢侫.覆入っているからだ。この規制によって、マリファナは医療効果を実証するための臨床試験も満足に行うことができないのである。

……以上、ハフィントンポストによる「マリファナに関して誤解されがちな8つのこと」である。読んでみるとマリファナを肯定しまくっているが、法律で禁止されている以上は、決して手を出してはいけない。

(文=佐藤 ゆき)

参照元 : The Huffington Post(英文)
ロケットニュース24

【関連記事】
2007年に米カリフォルニア州で開校された大麻大学「オークステルダム」 極上の大麻を作るための授業内容が充実

米国・アラスカ州でも嗜好用マリフアナの合法化に向けた動きが加速

オバマ大統領「大麻がアルコールよりも危険が大きいとは思わない」

アメリカの世論調査でマリファナ(大麻)合法化に賛成の声が過半数に

脱法ハーブは大麻と違い、強い毒性があり大変危険!細胞数が減少したり、神経線維が切れたり、呼吸困難やけいれん、意識障害を引き起こす

米国・コロラド州で全ての成人に対してマリファナの販売を認める法律が施行された!発売初日から100人以上の行列

日本政府は「大麻取締法」を改正すべきである

マリファナは癌の腫瘍細胞を殺し増殖を妨ぐ特効薬

南米ウルグアイで”マリファナ合法化法案”が成立する見通し、法律で”大麻”の生産や販売、消費を認める国は世界初


マリファナは癌の腫瘍細胞を殺し増殖を妨ぐ特効薬

マリファナはがんを倒す特効薬だ!?

2012.9.26 20:36
 
wir12092620370005-p1

マリファナはがんの腫瘍細胞を殺し、増殖を妨げ、化学療法のような破壊的な副作用ももたらさない。新しい研究が、マリファナに含まれるカンナビディオールやTHCの有効性を裏付けた。

研究者の間では、マリファナに存在するカンナビディオール(CBD)という物質が、がん細胞の成長を遅らせ、腫瘍を育てる細胞の形成を妨げるため、がんやその転移と闘うのに役立つという確信が強まっている。その有効性を裏付ける新しい研究があるのだ。この物質が痛みや、吐き気や、この病気や化学療法の副作用を緩和することはすでに知られている。

『Newsweek』が伝えているように、すでに2007年にカリフォルニア・パシフィック医療センターのある研究が、カンナビディオールが乳がん患者の腫瘍細胞をどのように殺し、悪性腫瘍を破壊して、病気をほかの細胞に転移させるうえで鍵となる役割を果たすタンパク質、ID-1遺伝子のスイッチをオフにするかを示していた。

この遺伝子は、健康な個体においては、胚発生の間のみ活動する。しかし乳がんや、その他の進行した悪性腫瘍にかかった人においては、この遺伝子が活動して、病気のほかの健康な細胞への移行を助けて、転移を引き起こすことが観察された。

「この遺伝子を活性化させる攻撃的な腫瘍は10あまり存在する」と、研究者たちは説明している。そして、カンナビディオールはこれを止めることができる。従って、前例のない強力な治療法となる。化学療法のように病気を止めるけれど、遭遇するあらゆる種類の細胞を殺し、病人の体と精神を破壊する化学療法と違って、特定の悪性細胞のみをブロックすることができるのだ。

「カンナビディオールは何千人もの患者に、非毒性治療の希望を与える」と、研究グループのリーダーを務めた研究者、マカリスターは述べた。しかしそれ以来、研究室で観察された効果を人体で検証するために必要な臨床試験はまだ行われていない。

マカリスターはまだがん患者にこの治療法の効果をテストするための資金を探している。その間彼の研究グループは、研究室でカンナビディオールを基本にした治療法を化学療法と組み合わせることが可能で有益かどうかを分析している。彼の研究は、カンナビディオールの効果がこのようにして強められることをすでに証明済みだ。そして化学療法はより強力な効果を生み、逆に毒性は少なくなる。というのも、量を劇的に減らすことが可能だからだ。

こうした物質の効果を発見したのは、マドリードのコンプルテンセ大学の生物学者、クリスティーナ・サンチェスだ。彼女は脳の腫瘍細胞を分析することで、細胞の新陳代謝を研究していた。これは普通の細胞よりもずっと速く成長する。彼女は、この細胞がテトラヒドロカンナビノールに晒されるといつも死滅することに偶然気付いた。マリファナの向精神作用を引き起こす、有名なTHCのことだ。

彼女は研究を続け、1998年にこれを発表して、THCが脳腫瘍のとりわけ攻撃的な形態をもつ細胞のアポトーシス、すなわち死を誘発することを証明した。これに続いて、多くの裏付けがさまざまな国で行われたが、THCやその他のマリファナから派生する物質=カンナビノイドは、直接的な抗腫瘍効果をもっていることがわかっている。

人間に対する最初の臨床試験は2006年にスペインで行われた。研究者たちはTHCを、伝統的な治療法からは恩恵を得られなかった9人の脳腫瘍患者に投与した。カテーテルで直接、病気にかかった細胞にTHCを注入した。9人全員において腫瘍の増殖が著しく減退したことが観察され、その結果は『Nature』に掲載された。

その間に、ハーヴァード大学の研究者たちは、肺がんに対しても同じ効果があることを発見した。彼らが注目した最も驚くべきことは、THCが腫瘍細胞のみに打撃を与え、健康な細胞が攻撃されることはなかったという事実だ。

その後、ロンドンのセント・ジョージ大学の最近の研究は、白血病に対しても同じ効果を前臨床試験によって観察した。今年7月末、ドイツのフライブルクで行われた最近の国際カンナビノイド研究会の大会では、このテーマの最も有名な専門家たちが、ひとつのテーブルを囲んだ。

非常に興味深い貢献がイタリアの研究者からもあり、彼らはカンナビノイドを「前立腺がんにおける腫瘍細胞の除去のために利用できる最も強力な武器」と評した。また、イギリスのランカスター大学の研究者たちは、結腸の腫瘍に関しても同様の結論を報告した。

これらすべては、腫瘍との戦いにおいて新しい、将来有望な道筋を開く。しかし、はっきり言っておかねばならないのは、向精神作用をもつドラッグと見なされているカンナビスの「一般的な」使用による薬理的、毒物的な影響は、直接的に向精神性物質を摂取することになるだけでなく、熱分解、すなわち紙巻きの「麻薬タバコ」の燃焼の過程で生み出されるその他の物質による脅威に晒されることにもつながるということだ。

実際、マリファナやハシシをふかしたときに発生する煙は、酸化窒素、一酸化炭素、シアン化物、ニトロソアミンを含んでいる。また浮遊粒子状物質は、フェノール、クレゾール、そしてさまざまな芳香族炭化水素、あらゆる潜在的な発がん性物質を含んでいる。

参照元 :
WIRED







【関連記事】
2007年に米カリフォルニア州で開校された大麻大学「オークステルダム」 極上の大麻を作るための授業内容が充実

米国・アラスカ州でも嗜好用マリフアナの合法化に向けた動きが加速

オバマ大統領「大麻がアルコールよりも危険が大きいとは思わない」

アメリカの世論調査でマリファナ(大麻)合法化に賛成の声が過半数に

脱法ハーブは大麻と違い、強い毒性があり大変危険!細胞数が減少したり、神経線維が切れたり、呼吸困難やけいれん、意識障害を引き起こす

米国・コロラド州で全ての成人に対してマリファナの販売を認める法律が施行された!発売初日から100人以上の行列

南米ウルグアイで”マリファナ合法化法案”が成立する見通し、法律で”大麻”の生産や販売、消費を認める国は世界初


子供のうつ病治療目的で作られた3Dファンタジーゲーム「驚異の治療効果」

驚異の治療効果! 子どもたちのうつ病治療のために作られた3Dファンタジーゲームがスゴイ!

2012年4月29日

世界に多くの患者を持つ精神疾患「うつ病」。このうつ病は大人だけではなく、子どもにも発症しており、多くの人が日々その心の病気と闘っている。

そして今回、うつ病に苦しむ子どもたちの救世主となるかもしれないあるゲームが登場し、大きな話題を呼んでいる。そのゲームの名前は、「SPARX」。

うつ病の症状を少なくとも3分の1は減らすというこの3Dファンタジーゲームは、オークランド大学の青年期うつ病のスペシャリストたちが開発した。

各プレイヤーは自分のアバター(分身キャラクター)をカスタマイズできるようになっており、様々な課題が用意された7つの領域に行き来することが可能。そのなかで否定的な思考への対処方法など、うつ病と闘うのに必要なことが学べる仕組みになっているのだ。

「えっ? ゲームなんかでうつ病が治せるの?」と多くの人が疑問に思ったかもしれないが、このゲームは従来の対面カウンセリングに勝るとも劣らない素晴らしい治療効果を持っているらしい。

ニュージーランドの187人の若者を対象に調査を行ったところ、SPARX の7つの課題のうち4つ以上をクリアした被験者のなんと44パーセントが、うつ病から完治したというから驚きだ。これに比べて、従来の対面カウンセリングを受けて完治した人は26パーセントであった。

またSPARXをプレイした95パーセントの被験者が、このゲームは他の10代にも受け入れられるだろうと答え、81パーセントが友達に薦めたいと話している。これはもしかしたら青年期うつ病治療に、革命を起こすかもしれない。そんな予感さえしてくる研究結果である。

ちなみに研究者たちは、一刻も早いリリースを目指してゲームの開発に励んでいるとのこと。ゲームのなかの世界ではなく、「プレイヤー」を救うことに重きを置いたこの画期的なゲームは、世界に一体どんな衝撃を与えるのだろうか。その完成が今からとても楽しみである。

(文=田代大一朗)
参照元:「SPARX」公式サイト
Daily Mail(英文)
YouTube/SPARXNewZealand
ソース : ロケットニュース
http://rocketnews24.com/2012/04/29/206069/

 
人気ブログランキングへ

最新記事






楽天トラベル



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ