地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

東電

「トモダチ作戦」に従事したという米国居住の157人が放射能被爆による被害を受けたとして50億ドル基金要求、米で東電を提訴

「トモダチ作戦」157人が米で東電を提訴、50億ドル基金要求

2017/8/24(木) 16:55配信

2017-08-25_024537

[東京 24日 ロイター] - 東京電力ホールディングス<9501.T>は24日、2011年3月の福島第1原発事故発生後の米軍による被災地支援活動、いわゆる「トモダチ作戦」に従事したという米国居住の157人が、放射能被ばくによる被害を受けたとして、50億ドル(約5450億円)の基金の創設や損害賠償を求めて米国の裁判所に提訴したと発表した。

東電によると、157人は今月18日、米カリフォルニア州南部地区連邦裁判所で提訴。損害賠償の請求金額は訴状には記載されていないという。

同社は、2013年3月15日付で米国で同種の提訴(24日時点の原告数239人)を受けており、今回の原告は同訴訟との併合を求めているという。

提訴に対し東電は、「原告の主張、請求内容を精査して適切に対処する」としている。業績への影響は不明だという。

(浜田健太郎)

参照元 : ロイター






【福島第1原発事故】東京電力が5年間で1993億円もの利息をメガバンクに支払い、貸し手責任果たさぬまま国民に負担押し付け

3大銀など原発事故後 東電から利息1993億円 貸し手責任 果たさぬまま

2017年1月3日(火)

C1NdGxoUkAAqYVq

福島第1原発事故を引き起こした東京電力が、長期・短期の借り入れをするメガバンク(巨大銀行)などに2011年3月から16年6月までに累計1993億円もの利息を支払っていたことが2日までに、日本共産党の塩川鉄也衆院議員と本紙の調べでわかりました。政府が、損害賠償・廃炉・除染など21・5兆円に膨らむ原発事故費用を電気料金値上げや税金投入で国民に押しつけようとするなか、メガバンクなどの貸し手責任が厳しく問われます。

2017010301_01_1

2017010301_01_1b

2017010301_01_1c

11年3月〜16年6月

東電の内部資料をもとに試算すると11年3月から16年6月までの長期借入金の返済額は2・16兆円、支払い利息は1883億円。短期借入金の返済額は3・77兆円、支払い利息は110億円。合計1993億円にものぼります。

東電を破たんさせず資金繰りが困難になったらいつでも何度でも国が資金援助する「賠償スキーム(枠組み)」づくりが直後からすすめられました。「東京電力に関する経営・財務調査委員会」の「委員会報告」(11年10月3日)は“債権放棄などは困難”とし、東電が全金融機関に送付した文書に「金利減免や債権放棄といった類の支援を、当社から要請することはないと申し添えます」としていたことを明らかにしています。

東電(単体)の借入金の残高は、有価証券報告書等によれば16年3月31日現在、長期借入金2・62兆円、短期借入金0・49兆円とばく大。主な借入先と金額(上位6社)については、日本政策投資銀行9173億円、三井住友銀行8246億円、みずほ銀行4321億円、三菱東京UFJ銀行2504億円、三井住友信託銀行1800億円、日本生命保険相互会社1369億円(16年3月31日現在)。上位6社で大部分を占めている形です。

その一方、三井住友銀行、みずほフィナンシャルグループ、三菱東京UFJ銀行の3メガバンクは15年に、自民党の政治資金団体、国民政治協会に各2000万円の献金をしたことが明らかになっています。

国民負担最小化とエネ政策の転換を

2017010301_01_1d

塩川鉄也議員の話 原発事故の被害者にとって許されない話です。政府は、現行の枠組みを維持したまま、さらに巨額の際限ない国民負担を押しつけようと画策していますが、国民は誰も納得できないでしょう。東電の経営責任、メガバンクの貸し手責任を問うなど、国民負担の最小化を図り、原発・エネルギー政策を根本的に転換すべきです。

参照元 : しんぶん赤旗


これから原発負担金で全国民の電気代に上乗せされるんですよ。

儲けるのは、

東京の都銀
東京よ東電
東京にいる天下り官僚
東京暮らしの東電役員を兼ねる議員様
東京にある原発関連団体

支払いのみ地方

こんなバカな話は無いだろう

新手のトンネル詐欺
東電が国民から金を吸い上げてメガバンクに垂れ流し

自民党って本当に腐ってる。


東電関連施設で火災 港区や練馬区など計35万戸で大規模停電

<停電>都内で大規模に 港区や練馬区など計35万戸

2016年10月12日(水)16時35分配信

2016-10-12_211751

◇埼玉県新座の東電関連施設で火災 関連を調査

12日午後3時半ごろ、東京都内の広範囲で停電が発生し、同39分に最大約35万戸が停電した。埼玉県新座市にある東京電力の関連施設で火災が発生したとの情報もあり、東電が火災との関連も含めて停電の原因を調べている。

東電広報室によると同4時現在、停電は徐々に復旧しているが、完全復旧には至っていない。停電した地域は都内の練馬、北、板橋、港区など広範囲に及んだ。

また西武鉄道によると、停電の影響で西武池袋線と同新宿線が同3時半ごろから全線で運転を見合わせている。【関谷俊介、山崎征克】

参照元 : 毎日新聞


東電「自然発火とみられる」 ケーブル出火

2016年10月12日(水)18時6分配信

2016-10-12_211519

東京電力によると、12日午後3時半ごろに東京都内で大規模停電が発生し、午後3時39分に都内で最大約35万軒が停電した。

埼玉県新座市野火止にある地下のケーブルから出火し、同市の変電所が停止したことが原因とみられるという。その後、別の経路による送電に切り替え、停電は午後4時25分に全て解消した。人為的なものではなく、自然発火とみられるという。

参照元 : 朝日新聞

2016-10-12_211543






【衝撃内容】東電は15.7メートルの津波を予測し、防潮堤を建てる計画が実際にあったのに、東電のトップが却下していた!

[IWJ]【スクープ速報!】「想定外の巨大津波」は実は想定の範囲内だった!防潮堤を建てる計画を東電のトップが却下 〜決定的な証拠で有罪は確定 非常に画期的な裁判に〜

2016/03/12 7:15 PM

8089e50294910c6cb163e5cb54ad137b54


竹下雅敏氏からの情報です。
衝撃の内容で、これを報じないとなると、メディアも同罪だと感じます。何と東電は15.7メートルの津波を予測し、防潮堤を建てる計画が実際にあったのに、“東電のトップが却下した”とのこと。“証拠として、県に説明するためのQA資料”が残っているということです。これは決定的な証拠で有罪は確定だと思われます。しかし記事によると、“この事実は、検察庁も…政府事故調も知っていたはず”とあり、裁判は極めて重要なものになりそうです。文末、“非常に画期的な裁判となるでしょう”とあります。

(竹下雅敏)

【スクープ速報!】「想定外の巨大津波」は実は想定の範囲内だった!震災から5年、東電が「巨大津波」を予測できていた「新証拠」を福島原発告訴団・代理人の海渡雄一弁護士が岩上安身のインタビューで証言!「何度も司法記者クラブで話したが、新聞は記事にしなかった」衝撃の事実をIWJで公開!!

転載元より抜粋) IWJ 16/3/10 事故当時、東電は巨大津波を予測できていた――そんな新証拠が存在するという。

実は、当時の東電が巨大津波を予測していた決定的な「新証拠」があるという。告訴団代理人の海渡雄一弁護士が2016年3月10日、岩上安身のインタビューで明かした。

東電は福島第一原発事故の主な原因を「想定外の巨大津波」であると結論づけているが、新証拠が事実であれば東電の従来の主張は覆り、「想定外の原発事故」は予測できた「人災」だったことになり、東電幹部らの刑事責任は避けがたいものとなる。

bddc54c7ee185880f8755c8a4d1144c0-480x271

全動画

津波を予測していなかったという、嘘〜 2009年の6月までには、すべての津波対策を完了させると決定してた?!

岩上「2000年の電事連報告では福島第一は日本一津波に対し、最も、脆弱であることが示されていたそうですね」

海渡「福島第一と島根がそうです」

岩上「2006年9月13年、保安院の審議官らが出席した安全情報検討会では、津波問題について『わが国の全プラントで対策状況を確認する。必要ならば対策をたてるように指示する。そうでないと”不作為”を問われる可能性がある』と報告されていたといいます」

海渡「2006年9月というのは、耐震バックチェックの指針が決まった年です。安全情報検討会というのは、電力会社、電事連、保安院が参加している公の会議です。つまり、ここで、津波対策をきちんとやるんだと指示していたわけです。これは、国会事故調の中で出てきた事実です

この時期に、2009年の6月までには、すべての津波対策を完了させると決定していました。こちらは、7月に開催された検察審査会の議決で明らかになりました。」

岩上「これは決定的な証拠じゃないですか」

海渡「証拠は、まだまだありますよ」

握りつぶされた防潮堤計画〜2008年6月の時点で、10メートルの地盤の上に10メートルの防潮堤を立てる計画があった

岩上「2月29日、福島第一原発事故をめぐり、検察審査会から基礎議決を受けた東京電力の勝俣恒久・元会長、武黒一郎・元副社長、武藤栄・元副社長の3人について、検察官役の指定弁護士が業務上過失致死傷の罪で強制起訴されました」

海渡「告訴事件では僕はこの被害者側の代理人をしています。実は7月に開催された2回目の検察審議会議決内容が画期的なものでした。東京電力は2007年12月の段階で、福島沖でも大きな地震と津波が起きる可能性を踏まえ、対策を取らなければならないという方針を決めていたのです。津波対策を預かっている部局がそう決めていたのです。武藤氏も加わった状態で決めていました。

翌年の2008年の3月にシュミュレーションをやって、福島第一に15.7mの津波が来ると言う計算結果が出ていました。これに基づいて、2008年の3月末に耐震バックチェックの中間報告があり、最終報告までには津波対策をきちんとやりますと説明することになっていました。証拠として、県に説明するためのQA資料が残っています。これは、つまり社の方針です。

2008年の6月、津波対策案がまとまり、土木調査グループが武藤氏にその案を持っていきます。案では、10メートルの地盤の上に10メートルの防潮堤を立てる計画が立てられていました。しかし、武藤氏はその1か月後に、防潮堤建設をやらないと決めました」

岩上「知らなかった、どころではなく、津波対策の計画が実際にあり、それを東電のトップが却下したのですね」

数百億円の費用と地元住民の反発を回避するため――そんな理由で防潮堤は『先送り』されていた!

海渡 「却下した理由まで議決に書いてあります。防潮堤建設には、数百億円の費用がかかると。さらに、防潮堤を建てると地元住民の反発により、原子炉をストップさせなくてはならない可能性があると。つまり、高い防潮堤ができれば、津波が来れば原発も危険なのだと住民が感じるからというのが理由です。だからこの問題はこの問題は『いったん』先送りして、何年も先に土木学会で調査してもらうということにしました。

土木学会というのは、東電など電力会社によって固められているものです。そこに丸投げし検討させるとしました」

岩上「国民が主権者なのに、正確な情報を知ることもできない。無為無策のまま戦争に進んでいくのと同じ構造に思えてなりません」

海渡 「この決定に武藤氏、武黒氏が関わっていたことは明らかになっています。では、勝俣氏はどうか。彼は、その上に立っていた天皇のような人でした。しかし、この人も有罪であるとして、理由も明記されています。

中越沖地震に関する対応会議に、勝俣氏は必ず出席していました。この会議は御前会議と呼ばれていまして、勝俣氏は欠席した場合も書類には必ず目を通していました。数百億円を通すような対策案がトップのところにいかないはずがありません。

以上のような理由で、今回は強制起訴したというわけです」

岩上「危険性は認識されていたのですね」

海渡「今回、(震災時に)最も高い津波は15mだったと言われています。防潮堤をつくっておけば助かっていたということです」

岩上「数百億を出し惜しんだ結果で、あんな事故が起こったのですね」

海渡「この事実は…どうしようかな…この話は…話してしまおうかな」

岩上「話してください!」

(続きはここから)

検察庁も政府事故調査委員会も、知っていた?!〜様々な情報が隠ぺいされていた事実は、司法記者クラブで何度話しても記事にならない!

海渡「この事実は、検察庁も知ってたはずなんです。そもそも、審査会が検察の記録の中から見つけたことなのですから。そうなると、政府事故調も知っていたはずです。政府事故調は、東電が15.7mの津波を予測していたことや、2008年の6月、7月に開催された会議の存在も認めています。ただ、ここで対策をやるか迷って、やらないことに決めました、という物語を設定しています。

耐震バックチェックは2009年6月に終わらせる予定だったこと、2007年の12月に津波対策を取る方針が決まっていたこと、2008年のQA集の存在、防潮堤の建設計画…僕が今話した4つが隠ぺいされていたようです。

ここから先は推測ですが、2011夏頃の時点で、既に政府事故調と検察庁には全ての情報が手元にあったのではないかと思います。しかしこれを全部出したら大変なことになってしまう。日本の原子力産業が崩壊しますから」

岩上「上層部のボスが一掃されただけでは、すまなかったということでしょうか?」

海渡「すまなかったでしょうね。やるべきことを、何もやっていなかったことが全て明らかになってしまうのですから。そもそも、本当は逮捕しなければならないような事件です。東電のトップが逮捕されるようなことになれば、原子力産業全体が崩壊するでしょう。だから、明らかになっている情報の大事なところを抜き取って提示していたのではないかと思います。重要なものは、抜かれていた。絵で言えば、ピントのずれた写真のようなものを見せられていたわけです」

岩上「これは権力犯罪ではないでしょうか。検察もおかしいですよね。適正に権力を行使していないということじゃないですか」

海渡 「司法記者クラブで何度も話したのに、記事になっていません。検察審議会の議決書を報じて欲しいと僕は言ったのです。報じたのは、東京新聞特報部くらいです。強制起訴の報道は、東京新聞もひどいものでしたが。

東電の内部資料が大量に株主代表訴訟で明らかになってきています。僕たちは証拠契約を結んでおり、コピーを見せることはできません。証拠を引用した準備資料を出すことができるのですが。そのなかのひとつ大事なものをお伝えします」

東電の内部資料〜現場には津波対策をやる必要があると、あきらめきらないで粘り、訴えた人もいた

3eadd54ff0280bd212f267e4e3db2ca3

海渡「この話は司法記者クラブで何度も話しているんですけどね。2008年9月10日の資料です。東電では、同年7月31日に津波対策をやらないことに決めました。その1か月後の耐震バックチェック説明会での議事録にこんなことが書かれています。

まず、『津波は機微事項だから回収 議事メモには残さない』と記載されています。そういうことで配られたメモです。

このメモには、『予備津波に関する学識経験者のこれまでの見解および推本の知見を完全に否定することが難しいことを考慮すると現状より大きな津波高を評価せざるをえないと想定され、津波対策は不可避』と書いてあります。つまり、武藤氏は津波対策を先延ばしにしろと言ったわけですが、現場の担当者はやる必要があると、あきらめきらないで粘り、訴えた人もいたということです。

89618b9d936c79b0b8268f1c409eb031

おそらく阪井さんという人です。当時の土木調査グループのヘッドでした」

岩上「まだ東電にいらっしゃるのでしょうか。もう既にやめているのなら、全てをぶちまけてほしいですね」

海渡「この文書は、去年の春ごろ、東電から東京地裁に提出されました。裁判所が東電に迫ったから出てきたんです。東京地裁の商事部で、会社のことばかりやっている保守的なところですが、それでも一生懸命やってくれる裁判所があるんです。こういう資料が、実はいっぱい存在します」

岩上「やっぱりこれは犯罪だったのではないでしょうか。きちんと対策せず、正しくない動機で防潮堤の計画を潰してしまった――。業務上の過失は絶大なものだと思います」

海渡「どこの新聞も『過失責任には高いハードルがあって、検察審査会のケースは無罪が多い』とか、まだ津波の予見可能性があったかどうかというレベルでの報じ方をしています。しかし、予見が可能だったかというようなレベルではないですよ。予見してあって、対策を立てさせて、実際に却下したわけだから、何も難しいことはないはずです。

刑事法のまともな専門家がいればこんな分かりやすい事件はないと感じるようなものです。10mの土台に10mの防波堤という計画があった事実が、隠されていることが大問題なんですよ」

岩上「どれくらい判決までかかるでしょうか?」

海渡「公判の全整理をやるのに1年くらいかかると思います。証人尋問が始まったら集中審議になって、そこからは早いのではないかと思います。最終的な結論までに2年くらいでいくのではないでしょうか」

岩上「この裁判で裁かれるのは、東電・保安院そして原子力ムラに取り込まれた検察庁、そして、先ほどお話しされていたように政府事故調と検察が真実を隠ぺいした事件であると」

海渡「そうです。非常に画期的な裁判となるでしょう」

(記事構成:原佑介・山本愛穂、文責:岩上安身)

参照元 : shanti-phula

【関連記事】
【福島第一原発事故】東京電力の勝俣恒久元会長(75)ら旧経営陣3人を強制起訴

福島第1事故直後に、日本政府が作成していないと発表していた議事録を、米国政府が作成していたことが判明

福島第一原発の汚染水を海に流出させ、危険を生じさせた「公害犯罪処罰法違反」の疑いで東電の経営幹部ら32人書類送検

東京電力が政府から受け取った賠償資金の総額は、なんと5兆7350億円

福島第1原発の事故現場に送り込まれた作業員約3000人の内、800人が死亡していた!東北大学医学部附属病院が隠蔽

3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

東電も認めた!危険な放射性水蒸気が昼も夜もなく24時間噴出

【朗報】原発事故を巡って検察が不起訴にした東京電力の元会長ら旧経営陣3人を業務上過失致死傷の罪で強制起訴

福島第一原発の様子がおかしい!周辺地域で放射線量が1000倍に急上昇

311東日本大震災が人工地震である証拠 ロナルド・レーガンの米兵が三陸沖で被爆 → 東電を集団提訴

原発事故めぐり、市民団体が東電の幹部らを業務上過失致死傷容疑で追加告訴・告発 → 不起訴処分

【内部被爆】原発事故の後、福島で子どもを中心に鼻血が出る症状が相次ぐ 神戸の医師が学会で発表

原発ゼロなのに東京電力など6社は経常損益が黒字 赤字の4社は原発に頼る割合が大きかった

福島第一原発の汚染水を海に流出させ、危険を生じさせた「公害犯罪処罰法違反」の疑いで東電の経営幹部ら32人書類送検

東電幹部ら32人を書類送検 福島第一汚染水流出

2015/10/03 05:53

2015-10-04_123729

東京電力の新旧の経営幹部ら32人が福島第一原発の汚染水の管理を怠り、危険を生じさせた疑いで書類送検されました。

公害犯罪処罰法違反の疑いで書類送検されたのは、東電の広瀬直己社長、勝俣恒久元会長ら32人です。おととし7月までに、福島第一原発の事故で発生した汚染水の管理を怠って大量に海に流出させ、危険を生じさせた疑いが持たれています。福島県警はおととし、県内の住民らで結成された福島原発告訴団から告発状の提出を受け、32人への取り調べを進めていました。福島県警は、32人の認否については明らかにしていません。

参照元 : テレ朝ニュース

2015-10-04_123740

2015-10-04_123753

2015-10-04_123806

福島第1原発の事故現場に送り込まれた作業員約3000人の内、800人が死亡していた!東北大学医学部附属病院が隠蔽

福島原発の作業員800人死亡 東北大学医学部附属病院が隠蔽

2012年5月1日

東北大学医学部附属病院が、福島第1原発について「極秘情報」が外部に洩れないように緘口令を敷いている。

それは、福島第1原発の大事故現場に送り込まれた作業員(約3000人)のうち、すでに800人が放射能により死亡しているのに、東北大学医学部附属病院が緘口令を敷いて、外部に洩れないようにしているということだ。

患者たちは、一旦、東北大学医学部附属病院で診察を受けた後、新潟県内にある分院に移送されて、静かに死期を迎えるまで過ごす。放射線治療を受けても、手の施しようがないからである。

参照元 : 板垣英憲情報局

DzMuAdr


やる気のない東電さん内部では、アレは原発テロだったので責任ナシ(被害者)で一致、ワロタ。ユダ公の犬政府はテロを隠蔽。特攻原発作業はアメリカ人とイスラエル人でOK。

福島原発のような危険構造は欧米では考えられない。で、原発自体が工作だったと、CIAが本音を言っている。 日本の戦後経済の驚異的進展はアメリカにとって脅威だ。そこでいざという時(円の基軸通貨化)に日本経済を崩壊させるツールとして提案されたのが危険構造を持った原発だったというわけだ。

「アメリカ経済を守るため、日本に手錠を掛けよ!」 それが原発。

1. 日本の原発推進はCIAとユダ公の犬(正力松太郎等)の工作 → メルトダウンする欠陥品MARK気鯑本へ押し売りを実行。

円の基軸通貨化を防ぐドル防衛用自爆ツールとしての原発利用(3.11はHARRPと海中核の合わせ技で地震&原発テロを実行)



2. 東京電力の送電鉄塔の中で倒壊したのは、” 実は1基のみ “。それが、福島第一原発の所内電力を確保する6万6千V送電線だった。

なぜかこの件はニュースで報道されない。 スパイ天国の日本 反日工作員大勝利!

3. 原発事故は長期に渡って綿密に計画 メルトダウン防止の ECCS:自動冷却装置をアメ公言いなりの小泉内閣がワザワザ取り外しを実行。

4. ワザワザ配置した電源車のケーブルタップの規格が合わず無駄に終わっている。 ← 小学生レベルのテロ行為が成功。



【関連記事】
原発奴隷の実態

東電が指定暴力団「住吉会系音羽一家」の関連業者2社と10年以上にわたり取引があった事が発覚

【衝撃】東京電力は暴力団の永久資金源になっていた 陰湿で姑息な自民党、ウィキペディアの原発津波対策に関する記述を書き換えていたことが判明

イルミナティーカードがまた現実に!欧米原発マフィアの狙いは日本全土を世界の核廃棄物の墓場にすること

【放射能被爆】原発作業員が次々と死亡 8月だけで3人

東電も認めた!危険な放射性水蒸気が昼も夜もなく24時間噴出

【東電】原発作業員が死亡する事故が相次ぎ、廃炉作業中止し点検へ

【内部被爆】原発事故の後、福島で子どもを中心に鼻血が出る症状が相次ぐ 神戸の医師が学会で発表

福島県で癌にかかる人の率が、およそ6000%増加 「子供の甲状腺がん、白血病、心臓発作」などの患者が激増

311東日本大震災が人工地震である証拠 ロナルド・レーガンの米兵が三陸沖で被爆 → 東電を集団提訴

福島第一原発の様子がおかしい!周辺地域で放射線量が1000倍に急上昇

新たに16人が甲状腺がんと確定 福島の子ども、確定したのは計103人に

関西、中国、四国、北陸の電力関連会社が、3年間で自民党に計3228万円を献金していたことが発覚

福島の子どもに甲状腺がん増加!チェルノブイリ原発事故では、4〜5年後に急増

研究者「チェルノブイリと福島での事故による生物学的影響は似ている」 福島第一原発周辺で、突然変異で生まれた植物や動物が見つかる

日本一危険な川内原発再稼働の恐怖 事故を起こせば汚染水は本州にも拡散

甲状腺がんやその疑いがあると診断された人数が104人 原発作業員に発症した深刻な病名

【福島原発】現役作業員が内部告発!監視、密告、人間不信

【福島原発】作業員6000人の実態!鉛の板が入ったフンドシで精子を保護?日給ピンハネ横行、関東ヤクザ組織が仕切る掟

ダウン症で生まれる赤ちゃんの数が過去15年間で約2倍に増加

原発ゼロなのに東京電力など6社は経常損益が黒字 赤字の4社は原発に頼る割合が大きかった

【原発安全神話崩壊】吉田調書入手「高濃度の放射性物質放出」「大量被曝の恐れ」流出で安倍官邸が激怒

東京電力が政府から受け取った賠償資金の総額は、なんと5兆7350億円

東電に賠償資金4118億円追加交付 原賠機構

2015/9/28 19:19

bb8be2f87194617b28172a4fdac5a127_14846

東京電力は28日、福島第1原子力発電所事故の賠償資金として原子力損害賠償・廃炉等支援機構から4118億円の追加交付を受けたと発表した。資金は除染費用や風評被害に対する賠償などにあてる。44回目の交付で累計額は5兆5461億円。政府から受け取った賠償資金の総額は原子力損害賠償法に基づく1889億円と合わせ、5兆7350億円となった。

25日までに支払った賠償金の総額は5兆3085億円。東電は10月末までに支払いを予定する金額が、受け取り済みの資金を上回る見通しとなったため追加交付を申請していた。

参照元 : 日本経済新聞



東電も認めた!危険な放射性水蒸気が昼も夜もなく24時間噴出

東電も認めた!フクイチの地下から危険な中性子放射性・猛毒トリチウム殺人水蒸気!東京に日本各地に…

2015-07-03 22:10:45

20150703211545245

@neko_aii
6月26日
2015年6月24日 おしどりマコさんによると 東電も放射性水蒸気が昼も夜も無く 24時間噴出を認めてる 既に核燃料が地下水と接触 水蒸気と地下水脈の流れとして 大気と水流の両面で環境中に拡散し続けてる これは日本が放射能臨界漏洩の 止まらない国になってしまったことを示してる

20150703220302075

@cmk2wl
皆がしつこく追及したから、東電もトリチウム水蒸気を認めざるを得なくなったんだろうね。状況を分析してどんどん発信をすれば状況は変わる。 ジャーナリストも重い腰をあげて東電に突っ込みを入れるし、誤魔化しきれなくなる(そもそも誤魔化せてないけど)
12:50 - 2015年7月1日

20150703200931778 (1)

フクイチの地下から危険な中性子放射性・殺人水蒸気!米国の独立紙、東京圏3800万人が最終的に避難か!?新たな恐怖!核燃デブリ「地底臨界」危機進行中!

フクイチの地下から危険な中性子放射性・殺人水蒸気!米国の独立紙、東京圏3800万人が最終的に避難か

新たな恐怖!核燃デブリ

「地底臨界」危機進行中!

20150623193311925

20150623193333411

20150623194149200

20150623194205013

飯山一郎のLittleHP 下記に全文…

東京に日本列島に襲来!フクイチ発「猛毒トリチウム水蒸気雲」福島原発が噴出する濃厚な放射能雲 「核の冬」

20150420205133717

20150420205152935

飯山一郎のLittleHP

おしどりマコさんによると 「放射性水蒸気が昼も夜も無く24時間噴出」を東電も認めているという。 (記事)

cmk2wl氏は 「皆がしつこく追及したから、東電もトリチウム水蒸気を認めざるを得なくなったんだろうね」と発信している。 (記事)

東電なんぞが認めようが認めまいが…、フクイチの地下から噴出している膨大な量の湯気・水蒸気は、トリチウム水蒸気であり、中性子線を発射している殺人性のプルーン(放射能雲)である。

このことを↑キチンと認識し理解している人物が、日本のトップ層には ほとんどいない!鳩山由紀夫元総理と村田光平元スイス大使以外はチキンばかり…、ということが分かったこと。←これが、先週の鷲の上京の最大の成果であります。はい。 \( 大苦笑 )/

飯山一郎の主張は、体制側にとってはシャクにさわることばかり。とくに「中性子線水蒸気」は、日本国の国家秘密だ。が、しかし、国際社会では秘密でも何でもない、一般常識だ。

そこで、「飯山一郎の主張」を分かりやすく要約した“まとめ”を、以下に掲載します。国際社会の一般常識を身につけるためにも、ご一読のほど。(飯山一郎)

ま と め

2011年3月11日の東京電力福島第一原子力発電所の原発事故は、人類史上最悪の原子力事故となりました。その後も事態は収束する兆しが一向にありません。

今年の4月からは、地下に溶け落ちた100トン近い核燃料(デブリ)が、再臨界を起こしたために超高熱を発していて、これに地下水が流れこんで、水蒸気爆発を起こしているとしか考えられない事態が発生しています。

さらに深刻な問題は、中性子線を出す核種(プルトニウム240など)が、沸騰して蒸気化し、超微粒子(蒸気の粒)となって大気中に大量に放出されていることです。3人の核物理学者と何時間にも渡って議論を交わして、私の推論の信憑性は確認出来ています。

このプルトニウムの超微粒子を、数千万〜1億人の日本人が吸い込んでしまったことは、過去4年間の内部被曝と複合して、今後、早い時期に大量の病人と死人が続発するということです。これは日本国の滅亡どころか、日本民族の消滅を意味します。

さらなる大問題は、そのプルトニウムの超微粒子が、中国やロシアにも飛んで行ったという事実です。この現況・現実を、中国とロシアは絶対に放置しません。

人類全体、そして地球の問題として、福島原発事故を収束させるために、国際社会が日本の主権を剥奪して国際管理下に置き、収束作業を開始する日が近づいています。

その際、東日本に住民がいては邪魔なので、「人道的な措置」という大義名分の下に、半ば強制的な移住が行われるでしょう。

ロシアは、チェルノブイリ以降、実質、1500万人近い人口を失っているため、これを補完するために、2000万人程度の日本人なら喜んで引き受けるはずです。

日本国内では、すでに首都圏では急病人が続出していますし、火葬場は満杯です。

今までもこれからも、放射能を甘く見るような脳天気な人たちは、これからバタバタと死んで行くでしょう。

今後の対策として、
(射性物質の体内侵入(特に吸気)に注意して、自宅を放射能ゼロ空間にする。
∪犬た植物性の乳酸菌(豆乳ヨーグルトなど)を摂取する。
少食・粗食に徹する。
し賣・血行を促進する運動をする。
タ搬里魏垢瓩襦
μ鞠戚瑤里△蕕咾茶を飲む。
体調が悪くなっても病院には行かず自然治癒で治す。
╂簑个膨めないという精神力を持つ。

是非、心と体の免疫力をアップする生活を実践して下さい。

上の 『ま と め』 は、村田光平・元スイス大使の御机下にも某筋から発信済みである。6月27日、鷲は村田光平先生と夕食を共にした。村田光平先生は、大変な「天才老人」で、その聡明きわまりない理解力には舌をまいた。この夕食会の席には、遅れて新井信介氏も同席したが、同じ感想をもったという。鷲の 『ま と め』は、村田光平先生が手を入れられたあと、世界中に発信されるはずである。

飯山 一郎より

暴走する福島第一原発1号機、2号機、3号機は、悪魔と化して放射能を天空に吹きあげています!

高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟

15/06/30 01:07  放射能汚染

これだけひどい放射能汚染であるが、国民は普段通りの生活をしているのは、何故か?

暴走する福島第一原発1号機、2号機、3号機は、悪魔と化して放射能を天空に吹きあげ、高濃度放射能汚染水を海に垂れ流しています!

現在、連日、水蒸気爆発が起こっています!

20150703211618240

とどめる手段は、人類にはありません!

この暴走する手に負えないモンスターを、再び再稼働しようとする売国奴たちは「人命」よりも「金もうけ」に熱中しています!

デブリの熱量.一時間あたりの水蒸気生産量は、1号基1800トン、2号基3200トン、3号基3200トン。

あくまで推定ですが、しかし潜在的には、これぐらい作り出せるようです。水蒸気にして3000トンとは想像できませんが・・・・・! 福島第一原発の水蒸気爆発は、深刻な影響を関東、中京、関西へと及ぼしています。中性子まで、放出しています!

この最悪な状況に対して、政府や、東電は、お手上げの状態でありなすすべを知りません! 水蒸気爆発により噴出する蒸気で、視界はゼロです! この水蒸気が、風により関東から、関西へと流れています!

デブリにより、直径10キロの大穴が地上にあいてスカイシャインが起こりますと関東どころか、関西までもが高濃度の放射能のシャワーを浴びてしまいます・・・・・・・!

考えただけでも、空恐ろしくなります!

要警戒期間に突入しています!

ここ半年ですかね!

高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟より

福島原発は時限爆弾!全くコントロールなど出来ていない!福島で本当は一体何が起きているのか?地震、災害、人災…!破損した原子炉と莫大な放射性物質/もう一度、大きな地震がおきれば、地獄の様なひどい事態が生じかねない。しかもコントロールされているとはほど遠い状況だ。

フクイチで新たな恐怖!核燃デブリ「地底臨界」危機進行中!東日本どころか地球規模の超巨大原子力災害に

フクイチで新たな恐怖!核燃デブリ「地底臨界」危機進行中!東日本どころか地球規模の超巨大原子力災害に突き進む! 核燃デブリが地中へ抜け落ちていく? 100t超といわれる大量のデブリ塊はどこへ行ったのか?そして膨大な崩壊熱で水蒸気爆発が繰り返され、新たに生まれた放射性物質が地上へまき散らされる…。

質量がケタ外れに多い福島第一原発のデブリが「地底臨界」すれば、東日本どころか地球規模の超巨大原子力災害に突き進む!海外の研究者や政府関係者が不安視、苛立つ最悪の「地底臨界」危機進行中…!どう見ても、どう考えても大変なことになっている福島第一原発

福島原発は時限爆弾!全くコントロールなど出来ていない!福島で本当は一体何が起きているのか?地震、災害

20150527181237925

b7a39eaf-s

安倍さんは関心を示してくれなかった! 原発そのものはいかなる核兵器よりも危険である。という事を。。

フクイチ核燃デブリ「地底臨界」を収束できる能力と技術をもつのはロシアしかない!恐怖の中性子線やトリチウム… 飯山一郎氏…

20150710120945911

東京に原発事故の影響あった!安倍首相の嘘、政府が証明!放射性物質が飛散、チェルノブイリの1000倍! 参院環境委員会…/東京の放射能汚染は、チェルノブイリ時の1000倍! 本当は東京にもプルトニウム飛散(経産省)内部被曝の影響はこれから始まる!

東京の放射能汚染はチェルノブイリ時の1000倍 【本当は東京にもプルトニウム飛散(経産省)】

20150210215658629

ストロンチウム90の危険性から、目を背けさせようとする人々!日本の場合は、あらゆる口実を作って…!ストロンチウム90がないことにしたいので、魚の骨は検査対象から外しているのです。鎌仲ひとみ監督「ストロンチウムの脅威について」

ストロンチウム90の危険性から、目を背けさせようとする人々!日本の場合は、あらゆる口実を作って…

20150326223017463

ストロンチウム測定は必要ないと答弁書に書いてある!安倍政府の大臣の壊れ具合の桁が違う!壊れても辞任しない!頭が空っぽの竹下亘復興大臣。

駅や電車での急病人がさらに深刻化!血まみれの人や血だまりの目撃例多数、阿鼻叫喚の始まりか!放射能?それとも…

20150615185339113

東京オリンピックは開催できない!ドイツ首相、日本は放射能が強すぎ、危険すぎる!日本以外の国では常識!

20150617220011621

安倍の言う、もし北朝鮮がミサイル攻撃して来たら、集団的自衛権など無力!原発列島の日本、防衛は絵空ごと!/小出裕章氏、原子炉建屋の屋根はペラペラですので。原子力発電所が攻撃を受けた時は、核兵器でやられるよりも、もっとひどい被害が出る!軍事力、武器で国を守る平和を守るなど時代遅れ、友好と不戦の外交力こそ、原発列島日本の国防、平和への道!

安倍の言う、もし北朝鮮がミサイル攻撃して来たら、集団的自衛権など無力!原発列島の日本、防衛は絵空ごと

参照元 : みんなが知るべき情報/今日の物語


小出裕章・元京都大学原子炉実験所助教が会見

プレスクラブ(2015年4月25日)

原子力の研究者でありながら原発の危険性を一貫して訴え、この3月に京都大学を定年で-退官した元京都大学原子炉実験所助教の小出裕章氏が4月25日、外国特派員協会で会見-し、福島第一原発はチェルノブイリ原発のように石棺で封じ込める以外に、これを収束さ-せる方法はないとの考えを示した。

小出氏は、東京電力が計画している、格納容器を補修して水を張り、メルトダウンした核-燃料を上からつまみ出す方法について、放射線量が高くてそのような作業を行うことは不-可能だと指摘。東電は溶け落ちた炉心の一部は圧力容器の底に残り、残りは格納容器の底-にたい積していると主張しているが、実際は格納容器内に広く散乱している可能性が高い-ため、取り出すことが難しい。しかも、格納容器のどこに穴があいているかを調べること-さえ困難な状態で、そのような方法ではいつまでたっても廃炉にすることはできないと語-った。

その上で小出氏は、溶け落ちた燃料の取り出しは出来ない以上、チェルノブイリ原発のよ-うに石棺で封じ込めるしかないとして、まずは汚染水を大量に生み出している現在の水冷-方式を諦め、金属冷却か空冷を採用し、上からカバーをすることで放射能の飛散を防ぐ必-要があるとの見方を示した。また、その際に地下水の流れを止めるために、地下ダムが必-要になるとも指摘した。

ただし、石棺を作成する前提として、まずは1〜3号機の使用済み燃料プールに残る1,-393体にのぼる使用済み核燃料を安全な場所に移す必要があるが、その作業に何年かか-るのかさえ見通しが立っていないとして、福島原発が「アンダーコントロール」と考える-のはまったくの間違いだと語った。





東京・練馬区で消火器を噴射して車を壊した東京電力の社員2人を逮捕「仕事のストレスからやった」

消火器噴射で車壊す 東電社員2人を逮捕

2015/07/08 05:57
 
2015-07-08_203333

東京・練馬区で消火器を噴射して車を壊したなどとして、東京電力の社員の男が再逮捕され、さらに別の社員の男も逮捕されました。

佐藤祐輝容疑者(22)と竹田勝紀容疑者(22)の2人は、5月4日未明、練馬区の駐車場で消火器を車2台に噴射した疑いが持たれています。警視庁によりますと、2人はその後、住宅に止めてあった外車のエンブレムを壊したということです。

佐藤容疑者は、消火器を路上に噴射したなどとして先月に逮捕され、「仕事のストレスからやった」と認めていますが、今回は「私は一緒にいただけ」と容疑を否認しています。一方、竹田容疑者は「会社の人間関係でストレスがたまり、2人でやりました」と認めているということです。

参照元 : テレ朝ニュース



2015-07-08_203351

2015-07-08_203412

2015-07-08_203456

2015-07-08_203513


福島第一原発の様子がおかしい!周辺地域で放射線量が1000倍に急上昇

周辺地域で線量が1000倍に急上昇!“フクイチ”で何かが起きている!?

2015/04/27

20150427102104

このところ福島第一原発の様子が、どうもおかしい。特に気になるのが2号機で、4月3日に格納容器の温度が約20℃から70℃へ急上昇した。さらに2日後には88℃に達し、4月第3週現在も70℃前後から下がっていない。もちろん熱源は4年前に 圧力容器からメルトダウンした最大重量100tとも推定される核燃料である。

その温度は、事故当初は太陽の表面に近い4000℃前後で、不純物が混じって核燃デブリ(ゴミ)と化した今でも 塊の内部は1000℃以上を保っているとみられる。つまり、2号機内ではデブリがなんらかの原因で活発化して放熱量が高まっているようなのだ。

この点について琉球大学理学部の古川雅英教授(環境放射線学)は次のように説明する。

「1〜3号機ともに核燃デブリを冷やすために放水作業を続けていますが、その水量調整が実は大変に難しい。少ないと文字通り焼け石に水です。また、極めて稀(まれ)なケースですが、環境条件が整えば、水によって減速された核分裂中性子が連鎖的な核分裂を誘発する可能性もあります」

だから東電の事故処理対策では、今のところ1〜3号機ひとつにつき、一般の水道蛇口ふたつを全開にしたほどの注水を続けている。これは巨大な原子炉格納容器と比べれば意外にわずかな水量といえる。にもかかわらず、なぜ2号機の温度は急上昇したのか?

似た異変は3号機内部でも起きているようで、今年に入って何度か3号機の屋上から大量の蒸気が噴き出す様子がライブ配信映像で目撃された。

そして、もっと見逃せないのが2号機の温度上昇と連動するように4月6日から福島第一原発周辺の「放射線モニタリングポスト」が軒並み高い数値を示し始めたことだ。中でも原発から北方向の南相馬市では、復旧したての常磐自動車道・南相馬鹿島SA(サービスエリア)ポストで通常線量の1000倍にあたる毎時55μSv(マイクロシーベルト)を最大に、市街地各所で数十倍の上昇が見られた。

それぞれの線量上昇時には福島第一原発方向からの風が吹いていた。福島県内各地の放射能汚染を詳しく調べてきた「南相馬・避難勧奨地域の会」の小澤洋一さんはこう語る。

「これら福島県が設置したモニターの高線量折れ線グラフは、異様に長い剣のように突き出た1、2本のピークが特徴的で、しかも短時間に限られた場所で現れたため、あいにく私の個人測定ではキャッチしていません。 しかし福島県は、この後すぐに40ヵ所ものモニターを“機器調整中”とし測定を止めました。この対応はあまりにも不自然だと思います。もし本当に高額な精密モニター機器が何十台も同時故障したというなら、それ自体が行政上の大問題でしょう」

この福島第一原発2号機の温度急上昇と関係がありそうな異変は、実は福島県以外にも及んでいた。そのひとつが4月7日の東京都内だ。本誌は原発事故から4年間、都内43ヵ所の「定点」で月数回ペースの線量測定を実施してきた。

そして北東・北方向から4、5mの風が吹き続けた7日正午から夕方にかけて、港区・新宿区・渋谷区・世田谷区を中心にいつもの2〜4倍に達する線量上昇を確認した。

また「原子力規制委員会」が公開した4月中旬までの全国線量グラフにも東北各県や神奈川県などで急激な上昇が見られた。原発事故以来、東日本地域では地表面に染み込んだ放射性セシウムが1〜3月頃の乾燥期に空中へ舞い上がり、線量を高める「2次汚染現象」が続いてきた。ところが今年の春は、まるで様子が違う。

今の福島第一原発から直接飛来した強い放射性物質が一部地域の線量をスポット的に引き上げているとしか思えないのだ。この新しい傾向は、何を意味するのか?

考えられるのは、原発内の核燃デブリが従来の注水冷却工程に対して異なった反応を示す状態に変化した可能性、例えば、デブリが格納容器下のコンクリートを突き抜けて地盤まで到達(メルトアウト)し、地下水と接触するなどだ。

参照元 : 週プレNEWS


自民党のIPアドレスでWikipediaの原発津波対策に関する記述を書き換えていたことが判明

2014年8月28日 18時15分

自民党のIPアドレス「210.226.6.11」で、Wikipediaの原発に関する記述が編集されていたことが明らかになった。

自民党のIPアドレスで編集されていることが判明したのは、自民党の二階俊博氏に関するページで、二階氏が経産相在任中だった2006年3月の国会で福島第一原子力発電所などにおける津波対策の不備を指摘されたときの二階氏の対応に関する記述。

Wikipediaの編集履歴によれば、二階氏が質問者の日本共産党の吉井英勝氏に原発の安全対策を約束したとの記載に加え、「どのような対策を行ったのかは定かではない。その5年後、2011年に福島第一原子力発電所事故が発生した」と、当初は記述されていた。

しかし、2011年9月に自民党のIPアドレスでこの記述は消され、代わりにに「2010年6月、自民党は津波対策法を国会に提出するが、民主党の無関心から審議に入らないまま、2011年に福島第一原子力発電所事故が発生。震災後与野党が合意し、法案が成立。二階が中心的役割を果たした」と書き加えられている。

なお、自民党のIPアドレスでは、2009年9月に自民党・尾辻秀久氏に関する記事に「大のワイン好き。赤しか飲まない」、民主党・平野博文氏の初当選に関する記述には「電機労連の支持を背景に」と書き足した履歴が残っている。

参照元 : トピックニュース


自民党政権だったら東日本が終わっていた!?

東京電力が記録していた昨年3月15日未明の菅直人元首相(当時)の主な発言は以下の通り。

▽菅直人氏の主な発言

・被害が甚大だ。このままでは日本国滅亡だ
・撤退などあり得ない。命懸けでやれ
・情報が遅い、不正確、誤っている
・撤退したら東電は百パーセントつぶれる。逃げてみたって逃げ切れないぞ
・60になる幹部連中は現地に行って死んだっていいんだ。俺も行く
・社長、会長も覚悟を決めてやれ
・なんでこんなに大勢いるんだ。大事なことは5、6人で決めるものだ。ふざけてるんじゃない
・原子炉のことを本当に分かっているのは誰だ。何でこんなことになるんだ。本当に分かっているのか

【死んだっていい 俺も行く】原発危機的状況に前首相 東電が発言詳細記録




311東日本大震災が人工地震である証拠 ロナルド・レーガンの米兵が三陸沖で被爆 → 東電を集団提訴

「トモダチ作戦」の米兵ら 東京電力などを提訴

img_1

・2011年3月13日 3号機ベント:9時過ぎ・12時過ぎ・20時過ぎ
・レーガンは放射性プルームの中を航行:福島第一からは185km以上の距離
・米国防総省の報告書:レーガンの放射線量の一時間毎の測定結果を公表
(3月13日の緯度・経度、風向きは公表されていない)

「艦長は乗組員達に水を飲まないようスピーカーで命令しました。なぜなら船では汲み上げた海水を塩分を取り除いて使っているからです。しかし既に手遅れで乗組員達はその水で料理をしたり飲んだり歯を磨いたりしていました」

「自分は被曝していないという項目に最初から丸がついた書類を渡され、『ほとんど艦内に居たから被曝してないよね、署名して』と言われました」(スパーリング二等兵曹)

原告の一人であるスパーリング二等兵曹が、頭痛や倦怠感を訴えても、医師からは「頭痛なんて心配ないよ。放射線とは関係ないよ」と相手にされません。それはまるで“原爆ぶらぶら病”と呼称される、何十年間も省みられることさえなく、あまつさえ“怠け者”とレッテルを貼られさえした広島の被曝者の人々を彷彿とさせます。

低線量・内部被曝ということが、それとしてカテゴライズされたのは、ようやく近年になってからです。

・湾岸戦争症候群、ボスニア症候群
・アフガニスタンとイラクでの小児白血病急増と劣化ウラン弾

いずれも放射線との因果関係の証明はなされていません。現代科学では、症状を発見し治療することはできても、その原因が放射性物質であると特定することは極めて困難です。

放射線以外の要素もまた、余りにたくさんありました。アフガニスタンやイラクでは、不衛生な環境、不衛生な飲食物、ストレス、更には化学物質の影響等々。湾岸戦争時の米兵には化学兵器対策として服用した薬品の影響まで。確かに様々な要因が複数存在し、複雑化しています。

しかし、問題なのは、たとえ空間線量が高くなくとも、放射性物質が濃厚、あるいは濃縮されて、体内に摂取した場合、つまり、内部被曝においては、たとえ低線量でも、体内で放射線を浴びれば、その破壊力は絶大であり、細胞やDNAを十分に損傷し、破壊できるということです。

ただ、人体には免疫組織があり、修復力もあります。個人差があり、同一個人でも体調の変化があります。

放射線に破壊力があろうとも、細胞やDNAの<どの部位>を損傷するかは、全くの偶然です。つまりは、確率ということ、言葉を変えれば、運・不運ということです。

ただ、もちろん、一定の相関関係はあり、確率的に明確な偏移が認められるでしょう。

ところで、約五千人の乗員のロナルド・レーガンの乗員の内、症状を訴える人々の割合がとても高いように感じます。レーガンの人々と同等かそれ以上に深刻な状況に置かれた、日本人の数が一体どれ程なのか想像もできませんが、おそらく数百万人のオーダーではないかと思われます。

その症状は様々なのでしょうが、たとえば、頭痛や倦怠感くらいなら、じっと我慢してしまっているのではないでしょうか。辛抱してしまっているのではないでしょうか。

頭痛や倦怠感くらいなら、その症状を訴えてても、どのような反応が返ってくるか、想像してしまうのでしょうか。ぶらぶら病=怠け者と罵られるのではないかとか、レーガンで症状を訴える人々の割合と、日本人で同様の症状を訴える人々の割合とが、余りにもかけ離れているように感じられます。

16534229007_208edc8281_o

16121543083_367de98791_o

16741486955_15f5eef7e2_o

三陸沖の海上にいた原子力空母ロナルド・レーガンの米兵が集団被爆。311の震源地は三陸沖です。

MAP_00

Diseases of the nervous system and sense organs 神経系、感覚器官疾患 1人
Diseases of the circulatory system 循環系疾患 333人
呼吸器疾患 931 人
消化器疾患722人
泌尿生殖器疾患247 人
Diseases of the Male Genitalia 男性生殖器疾患 187人
Diseases of the infertility 不妊(性)疾患 38人
malignant neoplasm 悪性新生物 46人
甲状腺疾患 35人

計 2540人

benign neoplasm 良性新生物 158人
infectious and parasitic diseases 伝染性・寄生虫疾患 654人

計 812人

重篤患者2540人 ÷ 乗組員4843= 約52% ’(2014年6月時点)

原発事故の放射能が原因なら、福島県民は即死、もしくは大量の人が癌になってるはずですが?・・・不思議ですねぇ(笑) 米兵が三陸沖で被爆?海底に原爆を仕掛けて爆破させ、津波を発生させたから三陸沖で高濃度の放射能を浴びたのでは?

動画2分30秒付近に注目!なぜか海の中が光る!それを偶然、放送してしまった。




東南海地震もアメリカによる人工地震だった!阪神淡路大震災も人工地震の可能性が高い。

人工地震(地震兵器)は太平洋戦争中にもすでに存在した。米軍B29から撒かれた毛筆で書かれたビラ「地震の次は何をお見舞いしましょうか」は、明らかに彼らが意図的に起こした人工地震であることを如実に物語っている。

131295010157013306518_TS3R0025

fc2_2014-04-25_18-25-52-530

また、地震波形にも注目!(もっともこれは観測地点の震源からの距離にもよるだろうが・・・)

131294969133413306324_TS3R0027




【東電】原発作業員が死亡する事故が相次ぎ、廃炉作業中止し点検へ

死亡事故で廃炉作業中止し点検へ

2015年1月20日 21時42分
 
K10048350

東京電力福島第一原子力発電所と第二原子力発電所で、作業員が死亡する事故が相次ぎ、第一原発では、21日廃炉作業を中止して、安全点検を実施することになりました。

背景について東京電力は、記者会見で、「作業量が多くなっていることも考えなければならない」と述べ、作業の進め方や安全対策に問題がないか検討する考えを示しました。

20日午前9時半ごろ、福島第二原発で、廃棄物を処理する建物で点検作業をしていた40代の作業員の男性が、点検用の機具に頭を挟まれ、ドクターヘリで病院に搬送されましたが、死亡しました。

福島第一原発でも、19日午前9時ごろ、雨水をためるタンクの点検をしていた50代の作業員の男性が、高さおよそ10メートルのタンクの天井から転落し、20日未明になって死亡しました。

さらに柏崎刈羽原発でも、19日、作業員が足場から3メートル余り下に転落して大けがをしました。こうした事態を受けて東京電力は、3つの原発の所長とテレビ会議で結ぶ異例の記者会見を開き、姉川尚史原子力・立地本部長が陳謝しました。

現在、福島第一原発では、廃炉や汚染水対策などのため、去年の同じ時期のほぼ2倍に当たる1日およそ7000人の作業員が働いていますが、「作業量の急増が、事故が相次ぐ背景にあるのではないかと」問われたのに対し、姉川本部長は、「作業量が多くなっていることも考えなければならない」と述べ、作業の進め方や安全対策に問題がないか検討する考えを示しました。

福島第一原発では、21日、廃炉作業のほとんどを中止し、安全点検を実施することになり、第二原発でも安全の徹底が図られるまで、作業を中止するということです。

福島第一原発では、去年3月にも、崩れてきた土砂の下敷きになって作業員が死亡したほか、11月には、タンクの増設工事中に、鋼材が落下して3人が重軽傷を負うなど、作業事故が相次ぎ安全対策が課題になっています。

東電社長「安全確保までほとんどの作業再開せず」

福島第一原発と第二原発で死亡事故が相次いだことを受けて、東京電力の廣瀬直己社長は、安全が確保されるまではほとんどの作業を再開しない考えを示しました。

廣瀬社長は20日午後、経済産業省の高木副大臣を訪ね、「昨年から事故があり、いくつかの対策を取ってきたにもかかわらず、こうした事故が立て続けに起きたことは、痛恨の極みだ」と述べて陳謝しました。

これに対し高木副大臣は「これまでにも事故が起きていて、今月15日には安全大会をやりながら事故を起こしたことは誠に遺憾だ」と述べて再発防止を求めました。

会談のあと廣瀬社長は「特に福島第一原発では、大きなリスクを取り除くため進めている作業も多いが、原因の究明と対策を進めるため、あらかじめ工程ありきは許されず、作業員が安心してできるという現場の声がなければ、再開を決めることはできない」と話し、現場ごとに安全を確保し、それまでは期間を決めずに福島第一原発と第二原発のほとんどの作業を止める考えを示しました。

参照元 : NHKニュース






【福島原発】現役作業員が内部告発!監視、密告、人間不信

福島原発「作業員6000人」の現実[前編] ジャーナリスト・水石徹 現役作業員が内部告発! 「美味しんぼ」ではわからない監視、密告、人間不信の敷地内(1)

2014年07月03日 15時00分

a5910fc7

俺たちは、東照宮(栃木県日光市)の三猿と同じだ。要するに“見ざる、聞かざる、言わざる”ってこと。東電(東京電力)、現場の監督から厳命があってよ。「敷地内で見聞したことは、外で絶対に喋っちゃダメだ」ってね。新聞、雑誌に書かれるのを異常なほど恐れているんだ。

俺たちは命令通りのことをやってるだけだけど、上層部は何もかも隠したいんだ。外部に知られちゃ都合悪いことがあるから、喋られると困る。作業員には、そうとしか思えないんだ。

外で喋ったのがバレたら、あの手この手で圧力がかかり、現場(敷地内)に出入りできなくなってしまう。つまり、クビってことだ。圧力うんぬんの前に、「明日から来るな」と即刻、クビを言い渡してくる下請けもある。

原発での体験が文章になったりマンガになったりして話題になってるけど、ありゃ元作業員であって現役じゃない。現役なら、チェックが厳しくて、あんなこと、できるわけないんだ。

桜井正雄さん(仮名)は、爆発事故(2011年3月)が起きた福島第一原発の敷地内で働く一般作業員。「ひどい汗かき」らしく、額から吹き出る汗をタオルで拭き取りながら、事故原発での作業体験を語り始めた。現役ゆえに、「実名はもちろん、詳しい年齢、出身地も伏せてくれ。クビになるのは嫌だから」と事前に釘を刺された。

「俺は技術者ではないんで、専門的なことには触れられない」と前置きし話を続けた。

テレビに上空から撮った第一原発の映像が出るけど、どれくらいの数の作業員がいるか、あまり知られていないよね。俺自身、「えっ、そんなに!」と驚いたけど、常時6000人が働いているんだ。これだけの人数がいれば、ワイワイガヤガヤと賑やかだと思うだろうけど、実際は逆。

休憩時間になると、喫煙所に20〜30人が集まってくるが、会話はほとんどない。たとえ話しても、せいぜい出身地くらい。関西弁がいちばん幅を利かしているけど、出身地は北海道から沖縄まで全国にまたがっている。こんな暑さの中で働いているんだから、普通ならグチの一つや二つ出てもおかしくないんだが、それがなかなか出ないんだ。

なぜ、グチや不満が出ないかというと、上司に密告されるのを怖がっているからだ。俺たち原発作業員は、薄気味悪いほどの沈黙、そして密告の世界に生きているんだ。黙々と働くだけ。ただただ命令に従ってね。

作業員同士で話さないのは、いや、話せないのは、互いに不信感を持っているからだ。最近の話では、こんなことがあった。

小名浜(いわき市)のソープランド街へ5人でオンナ抱きに行ったとき、ひょんなことから仲間うちで口喧嘩になった。殴り合いにはならなかったけど、路上で大声で言い争う様子を仲間のだれかがスマートフォンでこっそり撮って、声も録音していた。

翌朝、現場に出たら、上司が喧嘩の一部始終を知っていたのにはビックリだ。仲間うちでも、そこまで密告してしまうヤツがいるということだ。だから、信用できるわけがない。相互不信の極みだね。

参照元 : 週刊実話


福島原発「作業員6000人」の現実[前編] ジャーナリスト・水石徹 現役作業員が内部告発! 「美味しんぼ」ではわからない監視、密告、人間不信の敷地内(2)

2014年07月04日 11時00分
 
f9958df1

こんなことが下っ端作業員に限らず起きている。下っ端を監督する立場にある上のクラスの連中が休みの日、何人かでゴルフに行った。その中の1人がプレー終了後、芝生に寝転がった。青空の下で、そうしたくなる気持ちはわからないでもない。ところが、いつの間にか、寝転がっている写真がだれかに撮られ、連中の上司に送られていたんだ。

それだけじゃない。ゴルフの帰り「一杯やろう」となって、JRいわき(平)駅近くにある田町という飲み屋街でスナックに入った。そこで上機嫌になった1人が、ホステスと肩組んでカラオケ歌ったら、その様子までスマートフォンで撮られていた。その写真も連中の上司に送信されていた。

寝転がったり肩組んだりするのが仕事に悪い影響を与えるわけでもないし、就業規則に違反するわけでもない。それなのに、息抜き、気晴らしの様子までいちいち上司にこっそり報告されるんだから、こんな気色悪いことはないだろう。

スパイごときのヤツがどこにいるかわかんないから、それぞれが警戒し合うのは当然だ。休日だろうが何だろうが、どこにいても監視されている、追われていると警戒心が先に立ってしまう。そんなこんなで作業員は被害妄想になっている。下っ端、上役問わずだ。

莫大な税金をつぎ込んでいる国もそうだと思うが、東電はじめ、元請けの鹿島、大成建設、清水建設、竹中工務店などの大手ゼネコンは、外で原発作業員に問題を起こされるのはマズイと神経をピリピリさせている。だから、監視を厳しくさせている。

事故原発の敷地内は、北朝鮮もいいところだ。あちらじゃ、いたるところにスパイ網が張り巡らされ、家族間でも監視し合っているというじゃないか。大袈裟でも何でもなく、それが福島第一原発の現実なんだ。

ついでに言うなら、テレビ、新聞などに「福島第一原発の真実」なんて言葉がちょくちょく出るけど、目に見える現実はあるが真実なんてありゃしないんだ。はっきり真実といえるのは、俺たちが働く現場には放射能がたっぷりあるということだけ。

先ごろ、漫画『美味しんぼ』に端を発した福島県民の“鼻血”騒動について話を聞いてみた。

原発作業員の中にも鼻血が出たのは何十人もいる。俺も放射能が原因かと怖くなった。しかし、よくよく聞いてみると、よそ見歩きで現場の鉄骨や重機の端に鼻をぶつけたとか、鼻クソをほじくりすぎて粘膜を傷つけたとか、盛り場で喧嘩してパンチ食らわされたとか、そんな類の話ばかりだ。『美味しんぼ』には被曝が原因とあるが、あれは俺が知る限り現実じゃない。真実かどうかは、はたして被曝で鼻血が出るものなのか、その道の専門家が調べなきゃわからない話だろ。

現場作業員の間では、『美味しんぼ』なんて話題にもならんよ。あれは、あくまでも漫画の世界なんだという認識だから、話題にならないのは当然といえば当然。それに対して総理大臣までが口を挟み、福島県知事まで「許せない」という論調だ。放射能を浴びながら、汗水流して働いている俺たちにとっては、バカバカしい限りだよ。「被曝で鼻血が出た」と漫画で描かれて、どうして、あんなに問題になるのか理解に苦しむね。

参照元 : 週刊実話


福島原発「作業員6000人」の現実[前編] ジャーナリスト・水石徹 現役作業員が内部告発! 「美味しんぼ」ではわからない監視、密告、人間不信の敷地内(3)

2014年07月05日 11時00分
 
img_2

“作業員”を送り込むヤクザ

心配させるのが嫌だから、女房にもまだ言っていないけど、俺には鼻血なんかより深刻な問題があるんだ。原発で働き始めてから、体じゅうのあちこちが赤くなって痒くなり、尾てい骨のところに吹き出物ができて困っている。

作業中、そこが急に痒くなるので作業服の上からゴシゴシ掻くと、とたんにチンポがむずむずして小便が漏れそうになる。上下ツナギの服だから、その場で立ち小便というわけにはいかない。急ぎトイレに駆け込もうにも、そこまで車で10分近くかかるから我慢するにも限界がある。結局、タレ流しのまま作業を続けるということもあるのさ。

皮膚科に診断してもらったら、「ダニに噛まれたか、ヘルペス(帯状疱疹)かもしれない」と言われ、塗り薬を処方してもらったんだが、半年経っても尾てい骨の痒みは消えない。この2〜3カ月は、そこに瘡蓋ができて、それをカリカリ掻いてはがすと瘡蓋がまたできるの繰り返しだ。

つい最近、塗り薬をもらいに行ったとき、医者に仕事の内容を打ち明けると、「危なっかしい場所で働いているんだな。ひょっとしたら放射能の影響かもしれんな」と言われ、ゾッとしたよ。ピンセントではぎ取った瘡蓋を精密検査に回している最中だが、結果が出るまでは気が気じゃない。結果が出たって、『美味しんぼ』の鼻血と同じで、放射能との関係はわからないんじゃないか。

爆発を起こした建屋の内部、特に原子炉に近い地下部分は放射能が高く、当然、防御服を着用せねばならない。しかし、建屋周辺で働く作業員の服装は驚くほどの軽装だ。

冬はともかく、この時期は下着を着ても着なくてもいいが、白い上下のツナギ服だけで作業する。化繊(化学繊維)の薄っぺらな服でウィンナースーツと呼ばれ、触った感じは紙と間違うくらいだ。胸の左右に30センチ四方の窓があって、内側に放射線量計などを入れる。この部分だけ外から見えるようビニールでできている。ただし、この服では放射能から身を守ることはできない。当然、放射能に汚染されているから、1日で使い捨てにするし、敷地外に持ち出すことはご法度だ。

今回は、俺たちがどんな軽装で働いているか知ってもらうために、袖を通していないものを必死の思いで持ち出してきた。後でまたこっそり返却するつもりだ。

最初は、こんな軽装では危ないんじゃないかとビビッていたが、1カ月も過ぎると、自分がバカじゃないかと思うくらい気にしなくなってしまう。慣れるというのは、ホント、危険だよ。

背中に昇り龍の刺青ある30代の男が仕事終わって着替えの最中、「男の子ばかりだから女の子がほしいんだ」と言ったら、両腕にこれまた刺青ある年配の男から、「子供なんかつくれるわけないだろ。ただの子供じゃなくて手足がなかったら、これ以上の後悔はないだろ。親が死んでも子供はずっと苦しみ続けるんだ。国や東電が保証してくれるわけじゃないんだぞ!」と、たしなめられていたね。

先にも言った通り、沈黙と密告の世界だから、こんな会話が耳に飛び込んでくると、無性にホッとするんだ。この刺青男2人を原発に送り出している会社の社長は、ある地域で名の知れたヤクザだからね。

いまは足を洗っているのかどうか知らないけど、そっち系統の作業員はいくらでもいる。世間が知らされていないだけで、これが事故原発の現実なんだ。(以下次号)

参照元 : 週刊実話

20120514143518516

853cc83221c8998ba7eac91fbabf3c2d


東京電力の闇:元東電技術者木村俊雄氏の証言(豪ABC) / 原発"安全神話"の陰に… / 原子力安全・保安院の"内幕":佐藤栄佐久元福島県知事が憤りを語る

まだ運転できる段階にないと思う。ほとんどの重要機器が格納容器の中に入ってるわけだから、そん中がまだ近づけない状況において、故障原因もどれがどのくらい壊れたのかさえもまだ洗い出してないのに、格納容器の蓋さえも開いてない状況で安全だ妥当だってよく言えるもんだよね。

発電所の運転管理する上では、例えば運転日誌を書き換えたりとかそういうことはやってましたね。都合が悪い時はコンピューターにアクセスして書き換える。でも書き換えても(規制側は)わかんないんだよね。技術力がないから。もう東京電力に手玉にとられてますよ。規制側は91年の10月30日に福島第一の1号機で海水漏洩があり、タービン(建屋)の地下一階にある非常用ディーゼル発電機が水没して機能喪失しました。

「津波が来たら大変じゃないか」と 「メルトダウンするんじゃないか」と言ったら、上司は「その通りだ」と「鋭いよね」って褒めてくれました。これは安全審査やってる裏方の中では津波を過酷事故の(想定の)中に盛り込むのは実はタブーなんだと。その言葉を聞いた時に愕然としたしそんなもんなんだなと・・・

耐震の指針とかもきちんと世界の地震学の定説にフィットさせて作った時には日本の国土には原子力発電所は造れませんと 知ってるのに、知らないふりしてるんです。

少なくとも電力会社の人間は知ってるはず。(保安員など規制側は) 原子炉理論とかに関しては原子炉工学部を出てれば詳しいかもしれないけれども、実物は実物を動かし、見た人間じゃないと分かんないわけだから、そういう意味では全くのずぶの素人。

ストレステスト自体の評価手法も甚だ。マンガのような世界だし。保安員がどのくらいの技術力を持ってるか甚だ疑問だし、そういった人間達、しかも政治家も一緒になって判断してること。

原子力安全委員会だって本当はまだ駄目だよと言ってるわけじゃないですか、だからそれが一番もっともな答えであり、理屈抜きに再稼動はあり得ない。




元東電技術者で福島第一原発で原子炉の運転や核燃料の管理をしていた木村俊雄氏

2001年に退社。1991年10月30日に福島第一原発で事故。海水が漏洩しディーゼル発電機が膝上まで浸水し使用不可となる。

 




原子力安全委員会の先生もしかり 原子力保安院もしかり 全く知識も技術もないです。ただもう東電の言ったまま、はいはいはいと検査して サインして印鑑押して原子炉出力ってのがあるんですね。

それ国に報告しないとなんないです。一時間に一回測定して、それが計算機で結果が出てくるんですけれども、ギリギリのところで運転したいんで、ちょっと効率が悪いプラント、見かけ上ね。そういう時は計算機にアクセスして 計算結果が低くなるように隠蔽するんです。それ僕やってました。

福島第一ってとにかくトラブルが多い。機器のトラブル。その時に本当のことをなかなか話さない。できれば役所とか行政にトラブルを流さないようにする。流す時もなるべく自分達の都合のいいように、言うなれば隠蔽。



(以下略)

参照元 : 現代世界をどう捉えるか

【関連記事】
原発奴隷の実態

東電が指定暴力団「住吉会系音羽一家」の関連業者2社と10年以上にわたり取引があった事が発覚

【衝撃】東京電力は暴力団の永久資金源になっていた

専門家たちが「公式見解の矛盾」を暴く 福島の子どもに「甲状腺がん」 今の段階で、これだけは断言できる

森永卓郎氏「公約違反で済まない原発政策」

3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

原発事故による放射線の影響を調べる福島県民健康調査で「甲状腺がん」と診断された子どもが50人に 2月に公表した数より17人増加

【閲覧注意】チェルノブイリ原発事故・1986の真実 「突然変異によって生まれてきた人間」

福島県の被ばく線量推計値を公表 国が長期的に目指す追加被ばく線量年間1ミリシーベルトを大きく上回る数値


【福島第一原発】使う予定のないポンプ4台が稼働し、高濃度の汚染水およそ203トンが予定とは違う建屋に誤送

予定外のポンプが稼働、高濃度汚染水203トンを誤送

2014年4月14日11:56
 
mqdefault (5)

福島第一原発で使う予定のないポンプ4台が稼働し、高濃度の汚染水およそ203トンが、予定とは違う建屋に誤って送られていたことがわかりました。

原子炉建屋から発生する汚染水は、4号機近くの集中廃棄物処理施設のいくつかの建屋に貯蔵されます。今月10日ごろから汚染水が移送されるため、水位が下がるはずの建屋の水位が逆に上がるなどの異常が判明。調べたところ、使う予定がないポンプ4台が稼働し、通常は汚染水を貯蔵しない「焼却工作建屋」と呼ばれる建物に汚染水およそ203トンが移送され、床全面に広がっているのが確認されました。

汚染水には、1リットルあたり3700万ベクレルの高濃度の放射性セシウムが含まれるとみられていますが、東京電力は、焼却工作建屋から外への漏えいはないと見ています。

参照元 : TBSニュース




福島第一原発で工事中の下請け作業をしていた50代の作業員が崩れてきた土砂の下敷きになり死亡

福島原発の生き埋め作業員死亡 東電に事情聴取

2014/03/29 00:05

mqdefault (2)

福島第一原発で、工事中の下請け作業員が崩れてきた土砂の下敷きになる事故がありました。作業員はその後、死亡しました。

事故があったのは、福島第一原発のコンテナ倉庫の下です。東京電力によりますと、地震の影響を調べるため、建物の下に掘った深さ2mの穴に作業員が入って倉庫の基礎部分を削る工事をしていたところ、土砂とコンクリートの塊が落ちてきたということです。

この作業員は50代の男性で、意識不明のまま病院に運ばれましたが、その後、死亡しました。福島第一原発で、3年前の事故以来、作業が原因で死亡事故が起きたのは初めてです。警察は、業務上過失致死の疑いもあるとして東京電力から事情を聴いています。

参照元 : テレ朝ニュース


東電社員が飛び降り自殺か?

東電社員が会社で“飛び降り自殺”茨城・龍ケ崎市

2013/10/24 05:50
 
mqdefault (9)

茨城県龍ケ崎市で23日、東京電力の39歳の男性社員が会社の駐車場で倒れているのが見つかり、病院で死亡が確認されました。警察は、飛び降り自殺したとみて調べています。

午後3時前、東京電力の竜ヶ崎支社の駐車場で、「人が倒れている」と通報がありました。警察が駆けつけると、建物東側の駐車場で男性が倒れていて、搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察によりますと、死亡したのは竜ヶ崎支社に勤務する技術職の男性社員です。男性は勤務時間中で、5階建ての建物の屋上には男性の眼鏡が残されていましたが、遺書は見つかっていません。警察は状況から、男性が自殺したとみて調べています。

参照元 : テレ朝ニュース



【福島第一原発】台風の影響で汚染水がまた海に流出した可能性

台風の影響でまた 汚染水海に漏れた可能性

福島第一原発の港の外の海へ通じる排水路の10か所を調べたところ、4か所で、これまでで最も高い放射性物質の濃度が確認された。このうち最も高かったのは、1リットル当たり2,300ベクレルだった。

houysanouosenn082202

この理由について東電は「台風で汚染された土砂が流れ込んだ」としている。対策については…。

東電の会見:「排水溝に蓋をして雨水等が排水路に流れ込まないような対策を施すことになる」ただ、その対策工事には時間がかかるとされる。

東電は、排水溝の汚染水が海へ流出したことは「否定できない」としているが、タンクからの新たな汚染水漏れはないとしている。



TKY201310030712

【東電】福島第一原発でまた汚染水漏れ発覚 海に流出した可能性大

福島第一原発でまた汚染水漏れ、海に流出か

2013年10月03日16:03
 
news2021130_6

また新たな汚染水漏れが見つかったというニュースです。福島第一原発でタンクから高濃度の汚染水が漏れていたことがわかりました。一部は海に漏れ出たとみられますが、原因について、東京電力は「傾いたタンクにギリギリまで水を貯めすぎたため」としています。

「また新たに漏えいが生じたことを報告しなくてはならないことを大変申し訳なく、おわび申し上げます」(東京電力の会見)

福島第一原発で汚染水をためるタンクからまた新たな水漏れが見つかりました。東京電力によりますと、2日、台風の接近に備え、タンクの周りにたまった雨水をタンクに移していたところ、天板から水滴が垂れているのに夜になってから気がついたということです。水滴は点検用の足場を伝って、堰の外側にも垂れていて、側溝を通じて海に流れ出た可能性があります。

「側溝から海に出ていると考えています」(東京電力の会見)

漏れた水には1リットルあたり最大58万ベクレルの放射性物質が含まれ、およそ430リットルが外に漏れ出たと見られています。山側から海側に傾斜した土地に5つのタンクがつながれた形で置いてあり、ギリギリまで水を入れようとしたところ、一番海側のタンクの端から水があふれたということです。水位を管理する「水位計」は、いちばん山側のタンクにしか設置されていませんでした。

「現在タンクがかなりひっ迫している中で、せき内の水をくみ上げなくてはいけない。ギリギリを狙いすぎたのが反省点」(東京電力の会見)

相次ぐトラブルに福島の漁業関係者は・・・

「『困りましたね』としか言いようがない」(福島・いわき市の漁業者)
「総理大臣が国際的な場でかっこいいことを言ったって、現実的には福島の話じゃないですか。試験操業をしても(捕れた魚を)誰も買わない」(福島・いわき市の漁業者)

「実際に漏れているわけですから、対応策が十分だったとは思っていません。一切漏れてはならないことですから」(菅義偉官房長官)
 
Q.“状況はコントロールされている、全く問題ない”という政府の認識は変わらない?
「全体としてはコントロールできているというふうに思っています」

参照元 : TBSニュース



【福島第一原発】東京電力 『漏れた汚染水が土壌に染み込み、地下水に到達した可能性がある』 と発表

タンクから漏れた汚染水が地下水まで到達か

2013年9月05日21:01
 
news2010816_6

福島第一原発で、タンクから高濃度の汚染水が漏れ海に流出したとみられる問題で、東京電力は、漏れた汚染水が土壌に染み込み、地下水に到達した可能性があると発表しました。

福島第一原発では先月、地上のタンクから高濃度の汚染水300トン以上が漏れ、一部が海に流出したとみられています。

地下水への影響を調べていた東京電力は、漏れたタンク付近で地下7メートルの水を分析したところ、1リットルあたり650ベクレルの放射性物質が検出されたと発表しました。東京電力は、雨水などで薄まった汚染水が土壌に染み込み、地下水に達した可能性があるとみて、汚染範囲の特定を進めています。

今回、地下水の汚染が見つかったことで、地下水を汚染される前に原子炉建屋の手前で汲み上げる「地下水バイパス計画」に影響が出てくる可能性もあります。








人気ブログランキングへ

最新記事






楽天トラベル



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ