中国人の25歳男が交際相手や家族を刺す 1人死亡 品川区

2015/05/23 17:45
 
mqdefault (2)

東京・品川区のマンションで23日朝、中国人の25歳の男が、交際相手の女性や家族を刃物で切りつけ、女性の父親が死亡、女性を含む3人がけがをした。

男は「別れ話をされ、殺そうと思った」と供述している。
 
懸命に走って逃げる、赤い服を着た女性。その後ろを追う男の左手には血、右手には包丁が握られていた。映像を撮影した人は「悲鳴を聞き、目が覚めた。女性がはだしで、家から飛び出し、刃物を持った血まみれの男性が追いかけるところを目撃しました。ちょっと怖かった」と話した。
 
男はこのあと、駆けつけた警察官によって取り押さえられ、この女性に対する殺人未遂の現行犯で逮捕された。
男の横には、座り込む女性の姿もあった。逮捕されたのは、女性の交際相手で、中国籍の大学生・徐海培容疑者(25)。
 
23日午前7時40分ごろ、交際相手の女性(21)が住むマンションの一室に、ベランダから侵入し、女性の父親(47)と母親(48)を包丁で刺した。目撃した人は「そこの2階から、女性がベランダから顔を乗り出して、『助けて、助けて』と、外の人に言っているんですね」と話した。
 
母親の悲鳴で男に気がついた女性は、いったん部屋から逃げて、近くの交番に助けを求め、警察官とともにマンションに戻った際に、男と鉢合わせとなった。

女性は走って逃げ、もみ合いになったところで刺され、その後、警察官によって保護された。男は、そのまま逮捕された。この事件で、女性の父親が死亡し、母親は重傷、女性と警察官も軽傷を負った。
 
除容疑者は、22日までのおよそ10日間、女性と同居をしていたといい、調べに対し、「別れ話をされ、別れるくらいなら殺して、自分も死のうと思った。殺すつもりで家に行った」と供述しているという。

参照元 : FNNニュース




交際女性の家族ら4人刺される 父親は死亡 男を逮捕

2015年5月23日11時53分

AS20150523000869_commL

23日午前7時45分ごろ、東京都品川区南大井3丁目のマンションで「ベランダに刃物を持った男がいる。助けて、という声が聞こえる」と110番通報があった。2階に住む家族3人が侵入してきた男に刺され、男性1人が死亡した。警視庁は、中国籍でさいたま市西区内野本郷の大学生徐海培容疑者(25)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。

組織犯罪対策2課によると、死亡したのはこの部屋に住む韓国籍の会社員李容旻さん(47)。ほかに40代の妻と、2人の娘で20代の女子大学生、駆けつけた大井署の女性巡査長(24)もけがを負った。女子大学生は首や手を切られ重傷。徐容疑者も手にけがをして病院に運ばれたという。徐容疑者は女子大学生と交際中だったといい、同課がトラブルの有無について調べている。

同課の説明では、徐容疑者は2階のベランダから室内に侵入。部屋にいた李さんらを持っていた包丁(刃渡り約20センチ)で次々に切りつけた。その後、部屋の前で徐容疑者を取り押さえようとした女性巡査長を振り切って女子大学生を追いかけ、近くの路上でさらに刺そうとしたという。駆けつけた別の署員が徐容疑者を路上で取り押さえた。

参照元 : 朝日新聞


<殺人未遂>家族ら切られ4人死傷、男逮捕 東京・品川

2015年5月23日(土)11時25分配信

mqdefault (2)

23日午前7時40分ごろ、東京都品川区南大井3のマンションの一室で、「刃物を持った男がいる。女性の声で『助けて』と聞こえた」と付近の住民から110番があった。警視庁大井署員が駆け付けると、この部屋に住む40代の男性が首付近を切られて心肺停止の状態で見つかり、死亡が確認された。40代の妻と20代の長女も刃物で切られ軽傷を負った。同署は、現場近くの路上にいた埼玉県在住で20代の中国籍の男を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

同署によると、男は包丁で切り付けたらしい。付近にいて通報で駆け付けた同署の女性警察官も手を切られて軽いけが。男は長女と交際していたといい、関係を巡りトラブルになった可能性があるとみている。

現場は京急電鉄大森海岸駅の北約500メートルの住宅街。現場近くの洋食店主の男性(41)は「店で仕込みをしていたら、日本語で『助けてー』という女性の叫び声が聞こえた。外に出たら、向かいのマンションのベランダから女性が身を乗り出していた」と言う。「その女性がもう一人の女性と2人でマンションから外に飛び出してきた。それを追いかける男の後ろ姿が見えた。女性の一人はショートパンツ姿で、足が血だらけだった。静かな住宅街で土曜は特に人が少ないので驚いた」と話していた。

別の近くの飲食店にいた店員男性は「この辺はマンションが建ち並ぶ住宅街で、普段は静かなところ。こんな事件が起きるなんて」と話していた。【山崎征克、神保圭作、大迫麻記子】

参照元 : 毎日新聞