地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

東京オリンピック

複数の科学者が指摘「2020年までに首都直下巨大地震が起きる」

何度でも言う、東京オリンピックは返上すべきだ!「2020年までに首都直下巨大地震が起きる」 複数の科学者が指摘

2017.01.11

2017-02-22_184609

2017年が始まり、2020年の東京オリンピックまであと3年余りとなった。夏季五輪としては、1964年の東京オリンピック以来56年ぶりの日本開催となるが、それが危ぶまれる事態も生じかねない状況にある。そう、自然災害という国難が降りかかる可能性があるのだ。そして特に、これが起きたら五輪は必ず中止になると考えられる災害が「首都直下地震」だ。

政府機関が算出した首都直下地震(M7クラス)の発生確率は、「30年以内に70%」というものだ。しかし、この数値はほとんど参考にならず、実際は今すぐに起きてもおかしくないと主張する地震学者も多い。では、本当に東京五輪が中止に追い込まれるほどの大地震が首都を襲う可能性があるのかどうか、じっくり考えてみたい。

■首都は地震活動期に突入した!

2017-02-22_184644

まず、1923年の「大正関東地震」(関東大震災)から94年が経過しているが、関東を襲う巨大地震の発生周期は、220〜400年程度と考えられている。従って、この数値だけを見れば、あと100年以上は起きないと考えることが理にかなっているように思われるだろう。しかし、そう安心してもいられない。2011年にM9.0を記録した東日本大震災(3.11)が発生したことによって、日本中のすべての地殻が影響を受けている。また、3.11の余震も100年間続くとする地震学者もおり、大規模な余震の発生も懸念されている。

京都大学の藤井聡教授は、2020年までに首都直下型の大地震が起こることは十中八九間違いないと指摘する。M9の東日本大震災を経た現在、多くの科学者は日本列島が集中的な「地震活動期」に入ったと考えているという。過去2千年を見ると、東日本の太平洋沖はM8クラスの巨大地震に計4回襲われているが、いずれも地震活動期の真っ只中のことだった。

そして4回すべてのケースで、首都圏では地震活動期突入から10年以内に大地震が起きていたと藤井氏は指摘、「この結果をもってして即座に、首都直下地震が10年以内に今回も起こるだろうと結論づけることはできないとしても、いかに危険な状況にあるのかを明確に指し示すものであることは間違いない」(「VOICE」2014年3月号、PHP研究所)と警告する。

藤井氏は、2012年からの第二次安倍内閣で内閣官房参与を努め、防災・減災ニューディール政策担当に任命された人物だ。そのような科学者からこれほど大胆な発言がなされているのは極めて異例のことだろう。

2017-02-22_184732

■首都を巨大津波も襲う!?

災害史や災害予測を専門とする立命館大学の高橋学教授は、「今後、『茨城、栃木、埼玉、東京の内陸部』と『東京湾』で、首都圏直下型の地震が起きる可能性があります。特に後者は津波も起こすため、とても厄介です」(週刊プレイボーイ 2016年51号「首都直下地震で起きる10大パニック!」、集英社)と発言している。

首都直下地震で津波は発生しない、と漠然と考えている人がいるかもしれないが、それは大きな誤りだ。確かに東京湾は入口が狭く、水深が急に深くなっており、津波が湾内に到達しにくいとされる。だが、現実には大正関東地震では神奈川県の沿岸部で最大6〜7mの津波が発生していた。また、東日本大震災でも東京湾内の木更津市で2〜2.8m、船橋市で2.4m、東京の晴海や横浜で1.5mの津波が観測されていたのだ。

科学者たちの指摘が現実のものとなり、2020年までに大規模な首都直下地震が発生すれば、前代未聞の大災害によって五輪開催どころではなくなることは必至だ。また、首都直下地震以外にも南海トラフ地震や富士山噴火が起きれば、被害の規模によってはオリンピック返上ということになるかもしれない。あと3年半――。前述のように多くの科学者たちが断言している以上、政府や東京都が、防災対策をより真剣に検討してくれることを願うばかりだ。

百瀬直也(ももせ・なおや)
超常現象研究家、地震前兆研究家、ライター。25年のソフトウエア開発歴を生かしIT技術やデータ重視の調査研究が得意。ブログ:『探求三昧』、『防災三昧』、Web:『沙龍家』、Twitter:@noya_momose

参照元 : TOCANA


【政府】安倍総理は、自動車の自動走行を2020年の東京オリンピック・パラリンピックに合わせて実用化を目指すよう指示 「自動ブレーキ義務化の検討」

自動車の自動ブレーキ 義務化を検討へ

2016年3月1日 5時09分

K10010426551_1603010542_1603010543_01_03

政府は、今後5年間の交通安全に関する基本計画案をまとめ、自動車の自動ブレーキを義務化することや、自動走行の実用化に向けて、運転者の義務や責任分担の在り方を検討していくことになりました。

政府は、5年ごとに自動車や鉄道などの交通安全に関する基本計画を定めていて、第10次となる新年度・平成28年度からの基本計画案をまとめました。

それによりますと、交通事故による年間の死者を、去年・平成27年よりおよそ40%少ない2500人以下にすることを目標に掲げています。そして、目標実現のため、一部市販車に導入されている自動ブレーキを義務化することを検討し、補助制度の拡充も図るとしています。

また、自動車の自動走行の実用化に向けて、運転者の義務や責任分担の在り方などを調査・研究するとともに、公道で行う実証実験のガイドラインを策定するとしています。

自動車の自動走行を巡って安倍総理大臣は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに合わせて実用化を目指すよう指示していて、政府は、この基本計画案を今月決定することにしています。

参照元 : NHKニュース

2016-03-01_111515

2016-03-01_111546

2016-03-01_111557

2016-03-01_111611

2016-03-01_111622

2016-03-01_111648



【関連記事】
【AI】ロボットタクシーの自動運転の実験開始 「代行業者やタクシー運転手が職を失う恐れ」

ネトウヨ涙目?韓国のサムスン電子が東京オリンピックの公式スポンサーに

サムスンが東京オリンピックの公式スポンサーに 2020年までスポンサー契約を延長

2014年12月09日21時31分
 
samsung_logo

韓国のサムスン電子が2020年に開催される東京オリンピックの公式スポンサーになると報道されている。

サムスンはIOC公式スポンサーだったがそれを2020年まで延長。1996年オリンピック公式パートナーとなり、1998年には長野冬季五輪の公式スポンサーとなった。それの延長で2020年の東京オリンピックまでスポンサーを続けるという。

しかしサムスンは過去に自社の製品を強要するために選手たちに「Galaxy Note 3」を配布した上でAppleのロゴを隠すように要請。更に他社のヘッドホンを使うことも禁止としていた。

東京オリンピックでも公式スポンサーを名乗り同様の行動が予想される。そのほか2016年のリオデジャネイロオリンピック、2018年平昌冬季オリンピックも務めるとしている。

2020年の東京オリンピックではパナソニックの映像機材が使われることが決定しており、その後の2024年のオリンピックもパナソニック製で合意している。詳細はパナソニックのサイトにある「ビューティフル・ジャパン2020」をご覧になってほしい。

参照元 : ゴゴ通信

元ソース : 도쿄 올림픽까지 6년…삼성전자 "혐한을 넘어라"


ツイッターの嫌韓ネトウヨの反応





東京オリンピックの決定にこじつけ 『消費増税』 を企む安倍晋三

56年ぶり東京に聖火、冬季含め4回目の五輪に

2013年9月8日10時00分
 
20130908-630664-1-L

【ブエノスアイレス=読売取材団】2020年夏季五輪・パラリンピックの開催都市を選ぶ国際オリンピック委員会(IOC)総会が7日(日本時間8日)、ブエノスアイレスで開かれ、IOC委員による投票の結果、東京に決まった。

20年大会の招致レースは、東京とイスタンブール(トルコ)、マドリード(スペイン)の3都市が横一線のまま最終選考に突入。「安全、安心」「確実な運営」を訴えた東京が、イスタンブールとの決選投票を60対36の大差で制し、16年招致に続く挑戦で、1964年以来、56年ぶりとなる夏季五輪の開催を勝ち取った。日本での五輪開催は、72年札幌、98年長野の冬季五輪と合わせて、4回目。

東京は競技会場が集中するコンパクトな開催計画や高い輸送能力、4000億円の積み立てなど高い開催能力をアピールし、「イスラム圏初の五輪」を目指したイスタンブールを退けた。

ソース : 読売新聞


東京五輪決定、消費増税判断に影響ない…首相

2013年9月8日12時40分
 
20130908-632010-1-L

安倍首相は8日午前、NHKや民放の番組で、2020年夏季五輪・パラリンピックの東京開催決定が消費増税の判断に与える影響について、「直接、関係はない。(増税は)経済指標などを分析しながら適切に判断したい」と語った。

滞在中のアルゼンチン・ブエノスアイレスから中継出演した。

首相は「これからみんなで成長していこうという気持ちになっていく。その意味においては、(経済)成長には明らかにプラスだ」とも強調した。

また、主要20か国・地域(G20)首脳会議が開かれたロシア・サンクトペテルブルクからブエノスアイレス入りしたことについて、「23時間かかったが、来たかいがあった。本当に疲れが吹き飛んだ」と晴れやかに語った。

ソース:読売新聞
安倍総理「デフレ脱却の起爆剤に」東京五輪開催

2013/09/08 10:56

安倍総理大臣は、IOC=国際オリンピック委員会の総会後の記者会見で「東京オリンピック開催を起爆剤にデフレ経済を払拭していく」と強調しました。

安倍総理大臣:「この勝利はですね、まさに国民が日本全体が一つとなった結果だと思います。オリンピック・パラリンピック招致は、インフラ整備・観光など幅広い分野にも良い影響を与えます。安全で確実にオリンピックを実施するという期待に応えていく。15年続いたデフレ、縮み志向の経済を、オリンピック開催決定を起爆剤として払拭していきたい」








人気ブログランキングへ

最新記事
Amazon




楽天トラベル


人気ブログランキングへ

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ