地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

未確認飛行物体

クウェート上空にUFO出現! 多くの住民が撮影

【これぞガチUFO、住民大興奮】「煙の塊を吐く謎すぎる発光体」がクウェート上空に出現! 複数撮影される!

2017.03.01

2017-03-01_180740

2月19日夕刻、中東クウェート上空に謎の飛行物体が出現していたという。多くの住民が、突如上空に現れた謎の物体を不審に思っていたようだ。YouTube には、この飛行物体を撮影した動画が複数投稿されているのだ。奇妙なことに、飛行物体の近くには“煙の塊り”のような物も確認されたという。これらの物体は一体何なのだろうか……。

3人の撮影者による、同一の物体を撮影したと見られる4つの動画を見比べてみよう。



2017-03-01_181407

暗い空には、大小2つの発光体が確認できる。上の発光体は、小さすぎるためなんとも言えないが、ぼんやりと大きい下の発光体は、ゆっくりと画面左方向へ動いている。撮影者によると、この物体は煙のようなものを放出しながら、空中を行ったり来たりし、最終的には突然消えてしまったという。



18時12分に撮影されたこちらの動画は、より近くから撮影されいる。子供が撮影しているようで手ブレが激しいが、上下の発光体の姿がより鮮明に確認できる。最初の動画では点のようにしか見えなかった上の発光体は、ドーナツ型をしているではないか。白く発行しているのは、周囲の縁部分のようだ。

そしてこの動画では、下のぼんやりしたモヤのような物体の奇妙な動きも確認することができる。画面左方向に向けて、煙のような物質を放出しているのだ。何を言っているのかは分からないが、男の子はこの謎すぎる光景に大変興奮しているようだ。



2017-03-01_181644

この動画で確認できる発光体は1つだけ。動いている様子は確認できないが、時折強く発光している。星や飛行機とはとても考えられず、撮影者はUFOだと考えている。

この投稿者が投稿した続く動画によって、この発光体は、これまでの動画で煙のような物体の上にいた発光体(ドーナツ型)だと考えられる。順序としては、まずドーナツ型が現れ、その後に煙状の物体が現れたようだ。



2017-03-01_181806

先ほどの投稿者によるこの動画は、18時25分に撮影されたもの。暗いこともあってか、かなり荒い映像ではあるが、上下の配置は1・2番目の動画と同じ。

煙状の物体は、やはり画面左方向にゆっくり移動している。移動しながら、徐々に薄くなっているようで動画終盤ではほぼ消えかけている。煙内部に機体らしき物体は確認できず、発光しながら移動し、やがて消える“煙の塊り”としか言いようがないのだが、果たしてそんなものが存在するのか? 世界的なUFO研究家スコット・ウェアリング氏は、謎めいたこの現象をどう見ているのだろうか……。

■カムフラージュを試みている……!?

スコット・ウェアリング氏は、様々な場所から撮影された2つの発光体はいずれもUFOだと確信している様子だ。迷いは一切ない。

「全ての動画に映る2つの発光体は、紛れもなく本物のUFOです。1つは白く丸いオーブタイプ、もう一方は90%ほど隠されたUFOです。多くの人によってこの2つのUFOが記録されたことは、ラッキーというより他ありません」(ウェアリング氏)

ウェアリング氏はこれまでにも、空や雲に擬態するUFOの性質を指摘している。今回報告された煙状の物体も、同様にカムフラージュを試みているUFOだと考えているようだ。さらに氏は、多くの人によって撮影されたことで、今回のUFOの信憑性は疑い得ないほど高いと考えている。

「今回のUFO目撃情報は、これまで私が得てきたどんな情報よりも圧倒的に信憑性が高いと言えるでしょう。ざっと数千人は、このUFOを目撃していたのではないでしょうか」(同氏)

ウェアリング氏が主張するように、多くの地点から、同じ現象が報告され、撮影者たちは一様に奇妙だと感じていたのは紛れもない事実。確かにこの日、クウェート上空に謎の発光体が存在していたのだ。その光り方、動き方などから、ドローンだとは考えにくい。現段階で断定はできないものの、ウェアリング氏が言うように、地球外生命体が操るUFOだと考えるのが最もうまくこの現象を説明しているように思われるのだ。世界各地から報告が寄せられている、理解不能な発光現象。いつの日か、その正体が明らかになることを願いたい。

(坂井学)

参考:「UFO Sightings Daily」、ほか

参照元 : TOCANA


BEST UFO Sightings 2017 | NEW UFO 2017 | UFO 2017

On the channel Best Of UFO - you can see the most mysterious facts about UFOs and aliens from distant planets and galaxies. Also here you can find such mysterious creatures like mermaids, werewolves, vampires, ghosts and phantoms. Still hanging around here a lot of different monsters, poltergeists, Etti, at a meeting to which people are very much afraid, and some even to death. Many people do not believe in the existence of supernatural forces and the paranormal. But in fact, they exist, although they are rare.



【衝撃映像】東京上空に超高速のUFO出現!世界最大の権威あるUFO研究団体MUFONも本物と認めた

【画像アリ】世界初、超高速「カプセル型」UFOを東京上空で激写! 研究機関も「正真正銘のUFO」と認定

2016.10.16

自動観測撮影装置ロボット「SID-1」(限定販売中)が2機のUFOをキャッチした! 青空の中、高速で移動する2機の白く輝く驚愕のUFOだ。画面左側から最初の白い物体が現れる。その後もう一つの白い物体が追い越していくさまが見事に撮影されていたのだ。



なんとあのMUFONも検証の結果“UNKNOWN”、つまり未確認飛行物体=UFOと認めているものだ。

■あっという間に飛び去った! その驚くべき超高速性能!

このUFOがいったいどれほどのスピードだったのかを推測すると、その凄さがわかる。

まず、この物体の画像中での移動画角を元に計算した。絶対距離はもちろん正確にはわからないが、気象庁の気象データから当時の天候は「晴れ」で視程(注:水平方向での見通せる距離)が20kmであることから考慮すると、10kmから20kmくらいの距離を飛行していたと仮定する。

それらのデータから計算するとスピードはおよそ2,000km/hとなる。音速をはるかに超えており、スピードは戦闘機のそれと同等あるいはそれ以上の高速飛行だったということになる。

しかし、ここで指摘しておきたいことがある。それは日本を含むほとんどの国で、平常時において人口の多いエリアの上空を、規定の高度以下で超音速飛行することは全面禁止されているということだ。当日はもちろん平常時である。だとすると、これは通常の戦闘機とは考えにくいことになる。

拡大した画像でも、羽や翼やプロペラが認められないことから、その正体は、未確認飛行物体=UFOだった可能性が非常に高いといえるだろう。

2016-10-18_191250

元画像から切り出して拡大、クリアにする処理済み。

2016-10-18_191335

画像では左から右へ高速で移動している。

2016-10-18_191408

画像処理を施してUFOの部分を背景から浮き上がらせる。

■拡大処理するとそこに写っていたものは驚愕の物体だった!!

2016-10-18_191455

画像上側に写ったUFOの静止画拡大画像に、できるだけハッキリするように画像処理を施し、形状をわかりやすくするために浮き上がらせる試みをした。これを見ると、驚くことになんと今回のUFOはいわゆるドーム型だったことが確認できる。

1952年に米ニュージャージー州で撮影したとされるUFOや、1963年に米ニューメキシコ州でポール・ヴィラが撮影したとされるUFO、あるいは1976年長崎県・壱岐に出現したとされるアダムスキー型UFOにも酷似している。

次に、画像下側に写ったUFOも同様に静止画を拡大した上、できるだけハッキリさせる画像処理を施し、形がわかりやすいように浮き上がらせた。それがこれだ。

2016-10-18_191530

静止画拡大画像に画像処理を施し、ぼやけていた形をわかりやすく浮き上がらせることに成功した。その結果、いわゆる“カプセル状”のきれいな形が浮かび上がったのである。

2016-10-18_192834

このように白く、きれいなカプセル形状だ。さらに不思議なことに、この横向きだったカプセル形状が高速飛行中になんとタテへと変化したのだ。

2016-10-18_192906

高速飛行中のカプセル形状のUFOがタテに変化した

2016-10-18_192948

高速飛行中のカプセル形状のUFOがタテに変化した

このような形状のUFOは今までに確認されていない。しかも、ドーム型UFOとペアで高速飛行していたという驚くべき事件である。

■世界最大の権威あるUFO研究団体:米国のMUFONも認めた!

宇宙現象観測所センターではSID-1が撮影したも写真の画像分析を適時行っている。また、それ以外にも雑誌やTVなど各種メディアからの依頼で、視聴者が撮影したUFO画像の分析なども実施している。

今回は、筆者も名を連ねている世界最大のUFO研究団体である、米国のMUFON本部から是非この画像を分析させてほしいとの特別要請があり、お願いすることにした。

その結果、驚くべきことにMUFONの調査部門と画像解析の専門部門の分析でも、既知の確認できる物体“IFO”すなわち確認飛行物体ではなく、“UNKNOWN”つまり未確認飛行物体であると結論付けられたのだ。

科学者や技術者、そして訓練された認定調査員を数多く抱え、科学的研究では世界で定評のあるMUFONでさえも、これがいったい何なのかまったく説明できなかったのだ。MUFONからはUFOだという結論とともに次のようなメッセージが添えられていた。

「今後も引き続き、このような素晴らしいUFO報告をしてほしい、それらの報告が、我々が目指している究極の謎“いったい何が地球を訪問しているのか?”また“どこから地球を訪問しているのか?”の解を得るための助けになるのですから」

今この時間にも、SID-1はその“眠らないレンズ”で自動観測を続けている。すでに今回紹介したケース以外にも、いくつかの不思議な現象、物体を観測しているので今後も紹介していきたい。

(文=北島弘:宇宙現象観測所センター所長)

※宇宙現象観測所センター(SPOC)
宇宙現象観測所センター(SPOC)は、地球の大気圏内の宇宙や空中で発生しているさまざまな不思議な現象や物体、なかでもUFOを積極的に補足して記録していくという意図のもとで設立された世界でも類を見ない初の試みである(MUFONもその威力の凄さを認めている)。

宇宙現象観測所センター(SPOC)で構築した自動観測撮影装置ロボットSID-1は観測を開始して以来UFO以外にも流星、不思議な光、UFC、カミナリあるいはIFO等、宇宙や空中を移動するものを自動で検知し録画記録している。

このSID-1は移動設置可能なので世界中どこでも観測可能だ。SID-1が撮影した画像データの画像解析・分析も専用ソフトで実施している。SID-1が撮影した画像の一部は宇宙現象観測所センター(SPOC)で公開している。

Space Phenomena Observatory Center (SPOC)

で随時アップデートしている。一部YouTubeでも公開している。

また、SID-1はUFO以外にUFC、鳥の編隊飛行、様々な自然現象や天文現象も記録することが可能だ。ご希望の方には同等のシステムを有償にて構築させていただく。

参照元 : TOCANA


米ニュージャージー州ベイヨンで戦闘機らしき機体を追跡するUFOが撮影される

元空軍少佐が告発した“UFO頻出地区”で、戦闘機を猛追するUFOが激写される! 3つの窓までハッキリ

2016.09.02

第二次大戦中、連合軍のパイロットを恐怖におとしいれた未確認飛行物体「フー・ファイター」が再び現れたのだろうか? 先月12日、米ニュージャージー州ベイヨンで戦闘機らしき機体を追跡する円盤状の飛行物体が撮影されたとの情報が入ってきた。

■地球製UFOの可能性も?

問題の写真は8月31日UFO研究サイト「MUFON」に投稿されると、「UFO Sightings Hotspot」など多くのUFO情報サイトに取り上げられ、話題になっている。

まずは写真をご覧頂こう。

2016-09-23_084326

匿名の撮影者によると、撮影当時の状況は次のようなものだったという。

「嵐のあと、私はデッキから空を撮っていました。その時には何も気づかなかったのですが、写真をパソコンに取り込むと、一枚の写真に灰色の物体が写っていたんです。その物体を拡大してみたら、自分でも信じられないものが写り込んでいました。“空飛ぶ円盤”にそっくりだったんです。円盤には3つの光(窓?)が見えると思います」

2016-09-23_084614

撮影時にはまったく2つの機体の存在に気づかなかったというが、円盤状の物体はそれほど遠くを飛行しているわけではなさそうだ。たしかに、相当なスピードで移動していたことは機体のブレから分かる。おそらく、その存在に気づく間もないほど高速で飛行していたのだろう。

しかし、これほど近距離を飛行していれば、エンジン音ぐらいは聞こえてきそうなものだが……。多くのUFO目撃者が、UFOは無音で飛んでいたと証言していることからも、通常の機体ではない可能性は高いといっていいだろう。

撮影時刻は定かではないが、雲がオレンジ色に染まっていることから日の出か日没の時間だったようだ。この時間帯はUFOの光学カモフラージュが機能しにくくなる時間とされている。もしかしたら、このUFOは撮影されるその瞬間に偶然にも姿を現しただけかもしれない。

■アメリカ空軍との関係

2016-09-23_084710

そして、この写真で最も気になるのは奥に見える戦闘機(?)との関係だ。たまたま同時に撮影されてしまったのだろうか? 一部のUFO研究家は、「戦闘機がUFOを追っている」か「地球製UFOのテスト飛行」だろうと推測している。というのも、ニュージャージー州にはUFOと縁の深いマグワイア空軍基地があるからだろう。

2001年UFOや知的生命体に関する隠蔽された事実の暴露を推進する「UFOディスクロージャー・プロジェクト」で、1970年代にマグワイア基地に勤務していた元空軍少佐ジョージ・ファイラー氏が、今回目撃された円盤と同じように「皿の上にドームが載ったような形」のUFOがニュージャージー州フォートディックスに墜落、乗組員らしき宇宙人が警察官に銃撃された後、マグワイア基地に逃れてきて死亡したと証言している。ちなみに、このUFOが墜落したフォートディックスから今回の目撃場所であるベイヨンまでは車で1時間ほどの距離だ。

2016-09-23_084813

その後、UFOや乗組員の宇宙人がどうなったかはファイラー氏にも分からないそうだが、もしこのUFOがマグワイア基地で保管され研究されていたとしたら、今回目撃された円盤が地球製だということもありえるだろう。

トカナでもたびたびお伝えしてきたとおり、ニュージャージー州はUFOの目撃情報がかなり多い地域だ。それらUFOには地球外知的生命体が乗っていたと信じたいが、マグワイア氏の証言や、今回の写真のように戦闘機と並んで飛行する円盤が目撃されてしまっては疑いの目も向けたくなる。真実が明らかにされる日は来るのだろうか……。

(編集部)

参考:「MUFON」、「UFO Sightings Hotspot」、ほか

参照元 : TOCANA

flying saucer ufo aircraft (1)

東京の超高層ビル群の上空に超高速UFOが出現!瞬間移動で消える

【リアル衝撃映像】マジ!? 東京の空に超高速UFO出現!突然現れ、突然消える!!

2016.08.15

■驚愕の映像! 超高層ビル群上空の謎の物体

宇宙現象観測所センター所長である筆者が、昼夜を問わず上空や宇宙のさまざまな不思議な現象を自動で記録したデータの中に凄いものを見つけた! リアルなUFOが宇宙現象観測所センター(SPOC)の「自動観測撮影装置ロボットSID-1」に、まさにオドロキの瞬間が画像として記録されていたのだ。

画像には青空を背景にポッカリとその未確認飛行物体=UFOが浮かんでいた。それは何もなかった空間に突然出現し、そしてまた一瞬で消滅していくという異様な姿を残していたのだ。

まずは画像を見ていただこう。

2016-08-24_094116

2015年11月5日12時3分 東京。晴れ。超高層ビル群上空に出現した驚愕のUFO!

青空を背景に東京の超高層ビル群の上空に出現した丸い形の物体が写っている。まったく光を反射していない真っ黒な円形の底部が不気味だ。上部にはピラミッド型のドームのような白く光るものがある。また、両端にはアンテナにも似たアームのようなものが伸びているようにも見える。

■それは突然出現した!

時間経過とともに動画から切り出した画像を見ていこう。

2016-08-24_094217

2015年11月5日12時3分51.16秒、出現直前の画像がこれだ。UFO出現画像より1フレーム前だ。高層ビル群と雲以外、鳥、ヘリコプター、航空機、あるいはUFOなど不思議なものはなにも写っていない。

2016-08-24_094346

これがUFO出現の瞬間だ。12時3分51.20秒。100分の4秒という瞬間に、なにもなかった空間にUFOは忽然と出現したのだ。

2016-08-24_094424

そして12時3分51.23秒。出現から100分の3秒後の画像がこれだ。再びなにもない空間だけが残された。

UFOは一瞬で消滅したように見える。UFOはいずれかの方向に超高速で移動したのか、あるいはテレポーテーションしたのだろうか。

■UFOの詳細

2016-08-24_094625

UFOの部分だけを拡大して水平にしてみると、この物体がきれいな対称図形であることが確認できる。またほぼ円形の物体を斜め下から見た状態であることもわかる、その黒色の底部は異様なほどまったく光を反射していないが、上部ピラミッド状の左側部分が太陽の光を反射しているのか、または自ら白く光っているのがわかる。

丸い底部とその上部が四角錐か三角錐のピラミッド型のドームになっている形状ではないかと思われる。

このような三角錐の形状の上部構造を持ったものは、唯一米軍のF-117 ナイトホークが似ているが底部は丸ではない上そもそも2008年4月22日にすでに退役し、現在は飛行していない過去のものになっている。東京上空を飛んでいたという話もない。現在このような人工の航空機は存在しないと考えられる。よって、これこそが、正真正銘のUFOであると考えられる。

後編では、さらにこの動画が本物であることを説明するとともに、フェイク動画と本物の見分け方を解説しよう。

(文=北島弘:宇宙現象観測所センター所長)

宇宙現象観測所センター(SPOC)

宇宙現象観測所センター(SPOC)は、地球の大気圏内の宇宙や空中で発生しているさまざまな不思議な現象や物体、なかでもUFOを積極的に補足して記録していくという意図のもとで設立された世界でも類を見ない初の試みである。(MUFONもその威力の凄さを認めている)

宇宙現象観測所センター(SPOC)で構築した自動観測撮影装置ロボットSID-1は観測を開始して以来UFO以外にも流星、不思議な光、UFC、カミナリあるいはIFO等、宇宙や空中を移動するものを自動で検知し録画記録している。

このSID-1は移動設置可能なので世界中どこでも観測可能だ。SID-1が撮影した画像データの画像解析・分析も専用ソフトで実施している。SID-1が撮影した画像の一部は宇宙現象観測所センター(SPOC)で公開している。

Space Phenomena Observatory Center (SPOC) で随時アップデートしている。一部YouTubeでも公開している。

また、SID-1はUFO以外にUFC、鳥の編隊飛行、様々な自然現象や天文現象も記録することが可能だ。ご希望の方には同等のシステムを有償にて構築させていただく。

Space Phenomena Observatory Center(SPOC) 宇宙現象観測所センター(SPOC)

参照元 : TOCANA






【動画追加】UFO?隕石?サンタクロース?東京上空に謎の白い物体現れネット騒然

2013/12/25

2月25日16時40分頃、東京上空に不思議な白い物体が5体出現し、目撃者が続出、その写真をネット上に投稿するなどして、一部で騒がれる事態があった。

偶然にもその瞬間情報をキャッチできた編集部では、ベランダから急いで東京方面を確認してみた。すると確かに、情報どおり目視で5体が確認できた。

【関連:科学VSオカルトの「紅白オカルト合戦」対戦曲発表】

379e5e31615f716324877ba0ab87b3cc

1体は東京湾上空から東京方面に向かうもの、そしてスカイツリー上空あたりに隊列を組んだ3体が、さらに1体は埼玉方面から現れ3体を追いかけているようにも見えた。

埼玉方面から現れた1体はカメラの反応が悪く、うまく撮影することはできなかったが、隊列を組んだ3体、そして東京湾上空を飛んでいた1体は写真撮影に成功した。

2016-08-24_105047

また、後で写真で確認してみたところ、肉眼では気がつかなかったもう1体を富士山左手上空に確認できた。つまり計6体がその時間、東京上空あたりにいたことになる。

この白い物体だが、筆者は最初隕石か、雲の変形かと眺めていた。もしくは飛行機か。





ただ、移動速度がやけに遅いことと、スカイツリー上空あたりにあった3体は約10分ほどの時間をかけ、綺麗な一列の隊列を作り、その後山梨方面へ消えていったことなどから、どうも飛行機やヘリコプターなどの類ではなさそう。

そして、雲にしてはこの白い流線状を維持したまま、長距離移動しつづけているというのもなんだか不思議な気もする。

とはいえ、結果、これがなんなのかは全くわからない。もしかするとUFOかもしれないし、フィンランドへ帰る「サンタクロース」が寄り道したのかもしれない。それに、たまたま飛んでいた飛行機という可能性もやはり否定できない。

ないないづくしで申し訳ないが、この不思議な白い物体。一体なんなのだろうか?お心あたりのある方は、ぜひコメント欄で教えて欲しい。

参照元 : おたくま経済新聞


東京上空にUFO飛来??観測:2012.8.14 18:37

昨日、夕方の雲の方から放射状に光が見れ、大変きれいなので注視しました。右の方に白く光るものが見れたので、併せて見ていました。多分、羽田に向かう飛行機かもしれませんが飛行ルートはこの方向ではないと思います。奥から手前に飛行するのかもしれませんがいっこうに大きくなりません。

東京上空にUFO飛来?? 夏の夜の話として見てください。



こちらは2010年に、日本の東京上空で飛行機から撮影のUFO(未確認飛行物体)映像。



米ニュージャージー州で棺桶型のUFOが激写される

「空飛ぶ棺」が出現!! UFOか、最先端の葬送方法か!?=米国

2015.12.26

「終活」ブームの昨今、さまざまな散骨様式が出現している。今月8〜10日、東京ビッグサイトで「エンディング産業展2015 〜葬儀・埋葬・供養などの終活に関する設備・機器・サービス専門展〜」が開催されたが、このイベントで参加者の注目を一際集めていたのが遺灰を納めたカプセルを宇宙空間に打ち上げる「宇宙葬」のブースだった。

「宇宙葬」の進化は目覚ましく、宇宙開発の本家・アメリカでは、新たに「月面葬プラン」なる散骨方法が2018年に実現される予定で、これは遺灰を納めたカプセルをロケットに搭載して月面まで運ぶ、シンプルかつロマンあふれる弔われ方だという。

■「空飛ぶ棺」が激写される!!

bas

さて、そんな風潮もあってか(?)、10月19日にアメリカのニュージャージー州ブリッジウォーターで、奇妙な「空飛ぶ棺」が目撃されてしまったようだ。その姿を捉えた写真を世界最大のUFO研究機関である「MUFON」に報告した人物によると、

「午後5:30ごろ、パートに向かう途中だった妻がこの写真を撮って私に送ってくれたんだ」

とのことだ。どことなく半透明にも見えるためUFO説も浮上しているようだが、遠くの空に浮かぶこの不思議な飛行物体は、確かに棺のような形状をしている。月面葬さえ可能な現代ならば、すでに空中葬が実現していてもまったく不思議はない。

base

ss

これが空中葬のための「空飛ぶ棺」だったのか、それとも地球外からやって来たUFOだったのか、真相は闇の中だ。しかし、いずれにしても高齢化に拍車がかかった近未来は、空に無数の棺が浮かんでいるシュールな光景が見られるようになるのかもしれない。なかなか楽しみな気がするのは、筆者だけではないはずだ。

(マサコ)

参考:「UFO Sightings Daily」、ほか

参照元 : TOCANA


Giant UFO Over Bridgewater, New Jersey On Oct 19, 2015, Photos, UFO Sighting News.

b

Date of sighting: October 19, 2015
Location of sighting: Bridgewater, New Jersey, USA
Source: MUFON #72953

This is odd, but as I have said before, most UFOs are visible during sunset. What I mean is, the cloak becomes vulnerable due to the angle of the sun and the Earths atmosphere bending the light. Wow, this is one cool and strange catch.
Scott C. Waring
www.ufosightingsdaily.com

Eyewitness states:
My wife was going to her part time job and sent me a picture of whats up like around 5:30 pm. Balls playing in the sky and lights falling down. When she took the picture she didn't see the metallic UFO. I let her know when I saw the picture of it.

参照元 : UFO Sightings Daily

米ネバダ州にあるアメリカ空軍が管理する「エリア51」付近にUFO出現

米国 「エリア51」付近にUFOが出現か?

2015年11月26日 11時03分

128365939

【参考消息網】 米ネバダ州にあるアメリカ空軍に管理される「エリア51」は古くから宇宙人や未確認飛行物体(UFO)が目撃されることが伝えられている。ある男性は航空機で「エリア51」付近を経過した際に、大型UFOと複数の明るく輝く球体を撮影したと言い、「エリア51」は再び大きな話題になった。

台湾ETtoday東森新聞雲網站の11月25日付報道によると、この匿名の男性はUFOサイトに「10月30日にカリフォルニアからテキサス州に向かう航空機に搭乗し、航空機がネバダ州の砂漠を経過した際、「エリア51」付近に銀色のUFOが出現しているのを見つけ、まぶしい色を呈するばかりか、明るく輝く球体を形成した」と報告した。

「UFO Sightings Daily」は「目撃されたのは、すでに着陸してカムフラージュしようとしている未確認飛行物体と見られる。だが太陽の照射により、一部の機体が隠れられず、目撃者に他の角度から発見された」と分析した。

(翻訳 王秋)

参照元 : 新華ニュース

128365938


米国の軍事地下基地の完全なリスト

2015年11月1日(日曜日)、午前7時49分

2015-11-29_042428

日本語自動翻訳

リストは名前の人によって編集された ドン・クロフト。 皆さんの多くが彼に精通しています。

*注2012年のロキシー・ロペスは彼女のラジオ番組のインタビューのためにドン・クロフトを予約し、それが広く宣伝されました。彼は私たちが彼のインターネットのすべてがライブインタビューの前に瞬間を下って行き、彼の電話回線が死んでいったことを知らせるために一週間後に書いたが、ショーの日、ドン・クロフトは、何のショーではなかったです。ドンは、実際に我々は彼とのインタビューを予約週間後、FBIは彼の住居に現れたことを言いました。TTDは、以来、氏はクロフトを連絡することができませんでした。

どう思いますか?我々に教えてください!

〜真実は拒否されました。

ドン・クロフトの状態:

最終的にドデカリチャード・ファロン、ネバダ、去年の夏の周りの地下塩基錯体を逮捕したが "、我々は同じようなサイズの主要な地下施設をつぶしのために良いテストベッドを持っています。それは完全にDORのすべてのトレースが大気中には存在しなかったの前に複雑で、私たちはorgonite約30ガロンを使用したことを行うには、いくつかの人々によって、いくつかの訪問を取りました。私はそれがEarthpipesの形で使用された場合、我々はorgoniteのガロン以下のカップルと一日か二日で全体のことを行っている可能性が期待するが、私の勘が出てパン場合、我々はすぐに表示されます。」

〜ドン・クロフト

米国のDUMBSの一覧

州によって記載されている地下拠点

ARIZONA
1.フアチュカ。31°50 'N 1100 19'48 "W、下記の受け皿ベース、上記の知能トレーニング、マインドコントロール税込。あまりにも。
2.ゲイツパスベース。
3.南インターステート8のと約ギラマウンテンエリア、。ユマ、アリゾナ州の30東。290 N116oW。DUMベース。 4.グランドウォッシュクリフは、グレープバインウォッシュ。先頭の崖の西端にHWY 93、その後、未舗装の道路を介して到達する必要があります。DUMベース。ページ303。
5.グリーンバレー。
6.ワラパイ山脈、山脈の東側、約35マイル。キングマン、アリゾナ州の南東。
7.リンコンマウンテン、リンコンマウンテンの北側。
8.山 レモン。
9.ページ。
10.サフォード近くサフォード。
11.サンタ・カタリナ山脈ベース。

アーカンソー
12.ハーディとチェロキーの村の近くで。360 19 'N 9°29'W W.インストール目的は知られていない。
13.パインブラフ、アーク。エリア。34°13.4 'N92o01.0'Wが34o30への' N 92°30'Wを。受け皿ベース。

カリフォルニア
14.29パームス南東ラドローの空域領域R-2501 N.ソーサーベースとして軍事地図上で特定マリーンベース。これは、米国の外国人研究/診断設備 ​​とUFOの拠点となっています。
15.中国湖、マインドコントロール兵器の研究。
16.4マイル会費西ダーウィンのダーウィン、カリフォルニア州。
17.ディープスプリングス、カリフォルニア州、37°22 'N117o59.3「W・ソーサーベース。
18.フォートアーウィン、カリフォルニア州、35°20'N 116°8'W W.ソーサーベース。
19.ダイヤモンドのCr領域でのエドワーズ空軍基地。&ので。ユバ会うのフォーク、地下3 UFOの基地があります。W 34°8 'N 117°48'。
20.ジョージ空軍基地、カリフォルニア州-受け皿ベース。
21.秘密のプロジェクトのためのHelendale、Lockhead地下施設、34o44.7 'N 1170 18.5 "W・テクノロジー。3ソーサー塩基がここにあります。
22.ロサンゼルス、パームデール後のエドワーズ空軍基地に向かってハイウェイ14で、1がオフになり、ロザモンド1第70交差点に第百七十セントを北に、第百七十通りにいくつかの通りを取った後、第二および下、より良い維持未舗装の道路を西に行くことができます、あなたは電力線で北に行く権利を取ると、丘の上まであなたは地下Northopの施設の上部が表示されます場合。エリートの秘密のプロジェクトのための技術。このエリアは、1970年代に大活躍しました。ノースロップの施設は、テハチャピMtns近くです。これは、42レベルを下ることが報告されています。それは、エレクトロニクス、ハイテク、航空宇宙研究と深く関わっている。
23.山 シャスタ。
24.カーン川、カリフォルニア州Bakersfield-近くカーン川プロジェクトでの水力発電施設の隣にくり抜か山が受け皿ベース報告。
25。ナパバレーはナパ、CAのオークビルグレード北部に位置 トンネルも白い奴隷とマインドコントロールに使用し、北のナパのワイナリーを接続してください。ソーサーベース。
26.ノートン空軍ベース。ソーサーベース。
27.クインシー、カリフォルニア州、39°56.2 'N 120°56.5' W・ソーサーベース。
28.パームデールの近く(1つは第240セントゴマパームデールブルバードをとり、R-8をAVEに行く場合。アベニューR-8の一つ東部限界マクドネル・ダグラスの施設がUano施設と呼ばれている。一つは、より良い三人姉妹からそれを見ることができます施設の南に丘の奇妙な形のディスクはパイロン上の地面から上げるこれらの接続されたディスクが輝きと色が変化しそれはハイテク、航空宇宙技術に関与している。
29.プレシディオ、カリフォルニア州-地域のためのFEMA / DODサイトIXの地域事務所。
30.サンバーナーディーノ、CO、34o50 N 'N°16 34。
31.サンタバーバラ郡-厚い珪藻土地層に置かれ。
32.サンタローザ38o26.4' N122o42.9 W '、FEMA、地域センター西海岸のために、どのようなFEMAがやっていることはほとんど秘密にされている。これは、通信アンテナのフィールドとして指定されていますが、はるかに多くを行っている。
33.シエラネバダ山脈、カリフォルニア州-非常に深い軍事基地
34.テハチャピRanch- 4受け皿拠点、Tecachapiキャニオンは9月95年に仕上がった新しい地下の基盤を持っている。これは、オリオンズの「アンホーリー6」の拠点となっています。35°20 '118°40'。
35.トロナ、CA、35°45.5 'N 177o22.6「W -several北西トロナの、直接アーガスピーク下。このDUMは、中国湖のNWCの土地の上に座って、60年代に建設された可能性があります。

COLORADO
36.アラモサ、37°28.1 'N 105°52.2'W W-は受け皿ベース報告。
37.ブッククリフ、CO、ライフル、CO近くW 39°40。'N108o0
38.ボルダーのためのCO-本部 EMC、アメリカ人の考え方を変更し、スレーブを制御するために放送されているエレクトラ磁性マインドコントロールの種類。
39.コロラドスプリングス、NORAD Canada&米国、&FEMA、スタッフの数百人は、地下の洞窟の少なくとも4.5立方マイル、45地下鋼の建物が含まれています。多くの地下室」は、100×、50ほどの大きさです。この複合体は、人工衛星、ミサイル、潜水艦、およびUFOは数千人を追跡します。NORADはまたアレックス、ヤヌス、ALEXUS終了時刻コールバックのプログラミングを持っている多くのモナークスレーブを制御します。NORADのインストールは、道路の地下の1278マイルを持っている。
40.グレーのためのフォートCollins-ベースはエイリアン。
41.グランドMesa-オリオンソーサーベース。
42.パラドックスバレーのMontrore株式会社-北パラドックスの、。パラドックスバレーのサイトには、ハイウェイを介して到達することができます。Nucla経由90。ページ304 ... コネチカット。
43.北西コネチカット。

FLORIDA
44.大規模な塩基-は受け皿ベース報告。
45.エグリン空軍基地、1978年以来、30°40 'N 86°50' W-オリオンソーサーベース。

GEORGIA
46.アトランタは、境界のNWOの再描画内の首都になることであるので、適切に配置され、アトランタ、ジョージア州-FEMA地域センター。アトランタケネソーマウンテンで北に1、その領域内のいくつかの地下インストールしていると考えられ、マリエッタ、GAはドビンズ空軍基地に接続し、フォレストパークアトランタの南に一つです。
47.トーマスは、30°50.2 'N 83°58.9' FEMA、地域センター、Wは、彼らが検索でグループを訓練し、戒厳令が課されたときのためのミッションを破壊します。これは、トンネルの領域にSWジョージアあります。

IDAHO
48.オークリーの一般的な領域の下部グース湖の面積は、イルミナティのID.-ワッケンハットはNWOのための「モデル刑務所」を実行します。連邦政府の囚人の最悪は、約2,700連邦受刑者が充填されている7100セルを有するこの地下監獄に入れられます。トラックは不気味な地下施設の真ん中を通ります。食品とシャワーはトラックにあり、男性は週に一度、シャワーを許可されています。照明の最小値が使用され、彼らはまったく話せば男性は無意味殴られています。これは、500「地下に位置しています。
49.中央、南アイダホアンダースネーク川溶岩は、ツイン・フォールズとアイダホフォールズの間を流れます。

インディアナ
50.大きな古い鉱山でベッドフォード&ローレンス有限面積の継続的活動は、大きな古い採石場の可能性のある政府の使用を示しています。

KANSAS
51.アッチソン、KS-DIPEF地下施設、ガバメント。緊急時に実行されます。AT&Tは、フェアビューでKS。地下施設を維持する。
52.キンスリー地下UFOベース。

メリーランド
53.キャンプ・デービッドは、すぐ北キャンプの諜報機関への重要な地下施設である。
54.以下のフォート。ミード、国家安全保障局(NSA)の、米国および電話の世界のすべての送信を含む非常に大規模で複雑 ​​な、世界のすべての通信の大規模な監視を構築することができる最も洗練されたスーパーコンピュータの10エーカー、電報、テレックス、ファックス、ラジオ、テレビ、電子レンジ送信。
55.オルニーは、実際に施設がリッグスRdの上、オルニーとLaytonsvilleの間にあります。rtのオフ。108別の地下施設もFEMA&おそらくNSAは、施設は、深い10レベル、目的不明。であってもよいし、領域内に存在する可能性がある。
56.スートランドは、MD-米国政府のアーカイブを分類しました。地下のレベルにここに保存。ボールトは、索引付けされていない文書の大規模な量を持っています。コード化されたセキュリティカードでアクセス制限。ハイレベルのインテリジェンスグループは、地域で動作します。

usa_underground-374x300

マサチューセッツ
57.メイナード、42°26.0 'N 71°27.0' FEMA、地域センターWは、ワッケンハットはここにもあります。

MICHIGAN
58.バトルクリーク、42°19.3 'N 85°10.9' FEMA、地域センター、活動の秘密(検証されていない)。
59.Gwinn近くGwinn、M1と、46°16.8'N 87°26.5 'Wは、信号を送信するための重要な基盤である大規模な地下基地です。AFBも近くにあります。スペリオル湖の下の道路5,000「深いとエイリアンベースです。

ミズーリ
60.12マイル南レバノンの、36°02.8 'N 115°24.3'ツインブリッジ報告受け皿ベースの新しく作成された町の近く 61.ソーサーベース報告caves-のバット/ドライ/デッドマンズ/ハウエルクラスタで
62.聖フランシス山、MO(セントルイス&ニューマドリッド間)

NEBRASKA
63.北・中央ネブラスカ。
64.マクック、ネブラスカ近いレッドウィロー株式会社。

NEVADA
65.ブルーダイヤモンド、36°02.8'N 115°24.3 W -reportedソーサーベース。
66-68.また、ドリームランド、エリア51、エリア、スポット、赤の広場、サリー廊下、ウォータータウンストリップとして知られている新郎湖。1150 50'N 37°20W。悪魔のような生き物と一緒にNWOによって実行、CIAはそこで、ワッケンハットセキュリティ。近いが、新郎湖から分離しているが悪魔的な人間によって制御される2つの大規模な地下施設は、幼児範囲とばかげたリッジ(S-4)地下塩基です。目的はオーロラとステルスのような様々なのUFOと他の秘密の航空機のテストです。また、生物学的な作業は、小さな灰色の生物学的な調達を含め、実行されます。多くのレベルは、これら3つの複合体をt構築されている、と(実際には39マイルである)7マイルロングランウェイページ305は...グルーム湖、乾燥湖の上に構築されています。S-2、S-4、S-6、S-66地下のインストールがあります。S-66は、ほとんどの秘密であり、それは29のレベルがあり、11で、300 '深い 69.ソーサーベース報告W-トノパーの珪岩マウンテンSE、37°31 'N 116°20' 。
70.トノパー、空軍、CIA?&??、秘密の航空機とのお得な情報。

ニューハンプシャー
71-73.(報道による)ニューハンプシャー州の丘に最大3つの地下埋設物があるかもしれません。

NEW JERSEY
74.ピカティニーアーセナル、40°38'N 74°32 'W-ソーサーベース、4分の1立方マイル大&非常に深い地下。

ニューメキシコ州
ニューメキシコ州とコロラド州の状態は、地下基地の一連の構築のために使用されてきました。(状態のすべての残りの部分もあります。)ニューメキシコ州の原発の地下施設は、から構成されています3巨大な地下拠点。

ダルシー、NMエリア(面積は私が1993年に調査し、数日を過ごしました)。3地下拠点を持つホワイトサンズ - アラモゴードエリア。さらに2つの地下基地を持っているDatilとパイタウン。(地下鉄中止が報告されている活動や、カールスバッドの東に別の基地を持っていたカールズバッド洞窟。)。 ロスアラモスエリア地下施設。タオスのエリア地下施設。ニューメキシコ州の面積は、基本的には4地下システムを持っています。

一つはフォーコーナーの領域に、次に新郎湖(エリア51)に行きます。一つはデルタ、COおよびコロラドスプリングスに向かって北上します。タオスの施設は州間高速道路25に沿って北へ約行き、最終的にはNORADに結び付けます。南の拠点はテキサス州とメキシコに接続します。

ロスアラモス施設は一つのみ、この地下のシステム上、労働の1/2世紀に建設されたものを想像することができ、少なくともバック1940年にまでさかのぼります。より深いレベルへの訪問者は、人間がガラスシリンダーに加え、他の多くの奇妙なことに保管報告しています。私は、これらの施設の一部の下流域にされている一部の人を事情聴取する機会がありました。時間の不足のために私は説明しません特別なバッジ、特別な制服、チューブエレベーターなどがあります。

75.エンジェルピークは受け皿ベースを報告しました。カールズバッド洞窟エリア(現在は破壊された)、ソーサーベース左側の32°25.0'N 1040 14.0Wのoldの遺物。
76-78.ダルシー、NM、36o56.0'N 106°59.8'W、ダルシーの-Southは、ヒカリーヤ族インディアン居留地の領域に、別の施設には、マイル数ダルシー施設の東です。これは、陸軍と空軍ヘルプ/ Wイルミナティによって直接実行され、CIAはまた中心に実験を行います。インストールのサイズは小さく、シャトル列車を必要とヒューで、目撃者によると7レベルがあります。UFOのベース、生物学的実験、小さな灰色の無人偵察機の生産拠点として機能します。ワッケンハットは地面にセキュリティの一部を提供します。
79.カートランド空軍基地、NM、サンディア国立研究所。
80.フェンスの4致死リングによって守られ、複雑なカートランド空軍基地/サンディア国立研究所、カートランド内の軍需品ストレージコン ​​プレックス、空軍、3000エーカーのベースとして知られているアルバカーキの近くマンザーノマウンテンは、未知、疑われるUFOのベースを使用。新しい285000-SQ。フィートバンカーはマンザーノ基地の近くに建設されている。
81.パイ町、UFOの基地に近いエリアのパイ町、34°17.9'N 1 108°08.7'W。
82.アルバカーキ-reportedソーサーベースのサンディア山脈北東。
83.タオス・プエブロの北側に
84.ダルシー&NORAD、NASA /軍事シャトル便のため、HO、放射線研究のCTRで結ばホワイトサンズ、32°22.8'N 106°28.8'W、研究のための主要なハブ。そして、マインドコントロール。

ニューヨーク
85.(エリザベスタウン近く)アディロンダック山地。
86.ニューヨークメトロエリア。
87.(カナダ、セントオールバンズの近く)プラッツバーグAFB、49°40'N 73°33 Wこの領域の2ソーサー塩基が。

オクラホマ
88.エイダ、34°46.4 'N 96°40.7WW、地下の受け皿ベース、このベースはUMANクローニングを行い、それはFEMAの最も敏感な拠点です。
89.アシュランド海軍弾薬デポ、34°45.9'N 96°04.3'Wは、受け皿ベースを報告しました。

OREGON
90.ブルラン、富士山近くブルラン貯水池エリアの北側 フード、およびカラマツマウンテンに非常に近いです。コロンビア渓谷のベンソン聖公園の南。
91.クースベイエリアは、UFOのために構築された3つの独立したが、調整地下施設がありました。東最も遠い施設は、約20マイル内陸ハイウェイ42に近い荒野で、シャットダウンされました。それは今もカモフラージュ古い放棄された施設です。海岸の施設はおそらくまだ動作しています。
92.クラマスフォールズは、OR以来、9月'95これは空軍州兵、FEMA、CIA、FBI、Spetznaz、およびページ。306 ...などのNWOグループの数のベースとなっている。MOSAP訓練基地。地下強制収容所は、ここに存在します。

ペンシルベニア
93。フォート近いブルーリッジサミット。「レイブン・ロック」または「サイトR」、陸軍、主要な電子神経センター、650フィートとして知られている。表面の下に約350スタッフと716エーカーの面積にわたってリッチー。おそらくキャンプ・デービッドにトンネルを介して接続されています。NODのインストールは奴隷の上に精神的な(悪魔)と衛星の制御に関与しています。この地下複合体は、米国の政府は核攻撃を逃れることを可能にすることです。巨大な複合体を洗う。DCの下に放射し、他の多くのサイトに接続します。トンネルシステムはマインドコントロールの性奴隷の一部を移動するために使用されます。トンネルの壁や天井は、天井に凹んだ蛍光灯のセラミックタイルです。

TEXAS
94.フィート フッド、テキサス州、31°15'N 97°48 'W、いくつかのデルタマインド制御兵士の家、報告受け皿ベース。
95.デントン、テキサス州、33°13.2'N 97°08.2'W - FEMA、地域センター、秘密活動
96.レッドリバーアーセナル、TX-は受け皿ベースを報告しました。

VIRGINIA
97.Bluemont、マウント天気ベース、連邦準備庁&FEMA、小都市の地下、トップシークレット、数百人のスタッフは、FEMAのための秘密の仕事を行い、そのを保つ様々な機関とキャビネットレベルの順位の管理者に完全な秘密の政府が含まれています数回の投与のための位置と米国を実行するのに役立ちます。
98.約2マイル東カルペッパーのカルペッパー、380 28.5 N 77°59.8'W、rtのオフ。3、マウントポニー、イルミナティ、FRBは呼ばれます。準備金140,000平方フィート。
、「連邦ワイヤー」、現代の電子システムによって、米国内のすべての主要な金融取引を監視します。、死体のための貯蔵のための設備を備えて。
99.ペンタゴン、アーリントン、VA。
100.ウォリントントレーニングセンター。twoサイト:Rtの上の1つ。802とViewtree山に、ベアーふける道路上の他の。一つは、他の駅B.軍&??、目的不明局Aであります。

ワシントン
101.ボセル、47°45.7'N 122°12.2ワットW、FEMA、地域センター、未知の活動

ワシントンDC
102.ホワイトハウス、38°、77°53.5'N 02.0'WインテリジェンスNSAとCIAのようなグループだけでなく、他の多くの非道なグループに接続されている秘密のNOD地下のインストールはこのNODインストールを結ぶトンネルでホワイトハウスの下に産みます寺の家。寺のスコットランドの儀式の家の33°の最高評議会は、イルミナティのグランドドルイド評議会大会13椅子とその中の14 '×25の部屋を持っています。NOD大深度地下のインストールがそれに非常に多くのレベルがあります。一つeye-証人は、(エレベーター経由)レベル17に行って、彼はより深いレベルが存在することを考えていると述べました。

ウェストバージニア
103.シュガーグローブ、海軍の戦略的なインテリジェンス・サービスのマイクロ波通信。ここにありベース。 104.グリーンブライアーホテル、独自の火葬場を搭載した800人のための十分な大きさのミニ市下White Sulphur Springsの、米国のマイクロ波通信を聞いotherthan他の目的がある場合、それはこの著者は不明です。

UTAH
ユタ州では、ケネコット銅カンパニーは、イルミナティとKKKに接続されています。これらの接続は、この著者によって他の文章で公開されています。ソルトレイクシティエリアのケネコットの鉱山は、(世界銀行によって所有されることが報告さ)モルモン教会に接続が報告されているユニオン・パシフィックによってサービスされます。鉱山は2 trailorsは各鉱山にローリングで6ダース大型トラックの上に通常の夜に、例えば、11時以降は大きなトラックの出来高を受信しています。言い換えれば、それは重い電車&トラクタートレーラー活動は鉱業以外の何かを示していると思われます。

拒否された真実

:ここでの全体で話を参照してください

Educate-Yourself

ソース:
Educate-Yourself.orgは、疾患状態の治療の自然、非医薬品薬や代替治癒療法の使用で正確な情報の普及に捧げ無料の教育フォーラムです。以来自由エネルギー、地球の変化、ビッグブラザーの成長現実も検討され 、生存自体 が非常に近い将来には、十分にバイオテロの脅威の成長、新興疾患、憲法の自由の継続的な省略に直面する自己取得スキルに依存してもよいです。

それは強く、このウェブサイトへの訪問者がすることが推奨され 、ハードコピープリントアウト。関心のある情報のを。Ken足立、エディタ...ハードドライブ、このウェブサイト、あるいはインターネット自体がいつもあなたを提供するために存在することを仮定しないでください。

The Truth Denied Breaking News

参照元 : the 4th media

【衝撃映像】ドイツから日本に向かう飛行機の乗客が、ロシア上空でUFOに遭遇

「これはまさにUFO」ロシア上空に“謎の物体”現る

2015/06/19 11:20
 
2015-06-19_143612

2014年12月31日、ドイツから日本に向かう飛行機の乗客が、ロシア上空で撮影した映像。時速約800〜900kmの飛行機に追いついて、同じ高さを飛ぶ謎の物体。ゆっくりと方向を変えているようにも見えます。そして、その姿は細長い形に変わり、飛行機の後方へと消えていきます。

「変な物体が、すごい速度で飛行機に追いづいてきたので、何かなと思って目を疑いました、ちょっと怖かったです」とコメントしています。

さて、UFO研究家の見解は「これはまさにUFO」…

また、この映像を元全日空パイロットの前根明氏に見せると、ズバリ

「戦闘機が作った飛行機雲ではないか」、実は環境対策のなされていない戦闘機は“飛行機雲も黒くなる”、戦闘機自体は見えないが、これは雲ではないかとのことでした。実際に前根氏自身も何度も「見たことがある」とのことでしたが、果たして…

※このVTRは、冒頭部分15秒ほどナレーションが入っていません。ご了承ください。

参照元 : テレ朝ニュース



2015-06-19_143656


【衝撃映像】ロシアで月に擬態したUFOが出現

“月に擬態するUFO”出現!? 唖然とする目撃者たち!!=ロシア

2015.06.09

bbb

世界各地で目撃されている未確認飛行物体(UFO)だが、その形状は円盤型・葉巻型・ピラミッド型・ドーナツ型・クラゲ型など実に多岐にわたる。しかし、それら以外にも鳥類や航空機などに「擬態」している場合もあるため、人類は地球にやってきたUFOの“ごく一部”にしか気づいていないとする説もある。

そして今回、前代未聞の「月に擬態するUFO」が到来していた可能性を示す、衝撃的な映像が公開されたようだ。まずは早速、問題の動画をご覧いただこう。

夜空に浮かぶ、まんまるの月――と思いきや、これは空中をフワフワと浮遊する別の“何か”だ。ゆっくりとした動きではあるが次第に高度を上げ、ある位置に達すると、突如として猛烈なスピードで飛び去ってしまった。

謎の飛行物体が出現したのは、先月30日の深夜、ロシア南西部に位置するクラスノダールという街の上空だったという。撮影場所は、広い駐車場だろうか? 映像からは目撃者が1人ではなく、複数いたこともわかる。

動画を確認したUFO研究家のスコット・ウェアリング氏は、自身のサイト上で「これは人々を錯乱させるために月に擬態したUFOである」と断言、さらに「うまくやったつもりなのかもしれないが、エイリアンのトリックであると見抜ける人間もいるのだ」と述べている。

たしかに、一見すると今回のUFOは月そのものだが、せっかく上手に擬態したわりには、いささか性急に動きすぎたかもしれない。その意味では、“うっかりUFO”だったといえそうだ。

(編集部)

参考:「UFO Sightings Daily」、ほか

参照元 : TOCANA




UFO Tries To Imitate Moon To Confuse The Public In Russia, May 30, 2015, UFO Sighting News.

Date of sighting: May 30-31, 2015

ufo

Location of sighting: Krasnodar, Russia

This UFO tried to make itself appear as if it were the moon, in order to confuse the people that look up. The object moves much to fast to be the moon and changes its glow. Smart trick on their behalf, but smarter people are catching on to alien tricks. SCW

News states:
In the night from 30 to 31 May at the sky over the Krasnodar appeared mysterious ball of light like the moon, and then abruptly flew to the sky !!

参照元 : UFO Sightings Daily


ロシアの夜空で異様な発光現象 前代未聞のUFOか?

【衝撃】「前代未聞の異様なUFOだ」 ロシアの夜空を照らす“かめはめ波”が強烈すぎる!!

2015.06.01
 
7dd4c3f74f006b34bb1d70d7adebd54e9

昨今、ロシアの空では謎の発光現象が相次いで発生している。特に世界中で注目を集めたのは昨年11月と今年3月のケースだが、目撃者が撮影した映像を見る限り、いずれの光も一瞬のうちに夜が明けたかと見紛うほど強烈なものだったようだ。そして今回、またもロシアの夜空で異様な発光現象が起きていたことが判明、世界中の人々の間でさまざまな憶測が飛び交っているようだ。まずは早速、問題の光景をご覧いただこう。



暗い空を、どんどん上昇する明るい光――。その後に続く“尾”は、まるで巨大な球体を描くかのように膨らんでいる。やがて複数に分離した光は、5分以上かけて夜空の彼方へと消え去ってしまった。これは今年3月、ロシア・ペルミ地方のキゼルという街の上空で確認された光景であるという。

動画がYouTube上に公開されると、世界中のユーザーの間で光の正体についての議論が巻き起こった。「前代未聞の異様なUFOだ」という声のほか、「(漫画『ドラゴンボール』に登場する)悟空が放った“かめはめ波”に見える」「いや、フリーザ様だ」など個性的な意見も寄せられているが、多くのユーザーは「ロシアが秘密裏に長距離弾道ミサイルの発射試験を行ったのではないか」と考えている模様だ。しかし、これが兵器の発射試験であったとしても、敢えて人目につきやすい夜間を選ぶものだろうか?

また海外掲示板サイト「Reddit」では、3月18日にバイコヌール宇宙基地(カザフスタン)から民間通信衛星「Inmarsat-5 F2」が打ち上げられている事実を指摘し、その様子を捉えたものではないかと語るユーザーもいる。しかし、オリジナルの動画は3月11日に公開されている上、キゼルの街とバイコヌール宇宙基地は約1,900kmも離れているため、これほど大きくハッキリと確認できるはずはないのだ。

結局のところ、過去のケースと同様にロシア当局が無言を貫いているため、確かなことは誰にも分からないままだ。果たして、すべての真相が明らかになる日はやって来るのだろうか?

(編集部)

参照元 : TOCANA


不吉…? ロシア上空で謎の発光現象

ロシア北西にて、青白い光が夜空を覆う謎の発光現象を観測。目撃者多数、車載カメラ映像が複数公開され、ロシアのSNSでは「ついに終末が始まったか」などと議論を呼んでいるそうです。



別の車載カメラがとらえた映像。問題の発光は0:07頃。




一瞬で広がって消えたロシアの発光現象

2014年11月14日夕方、ロシアで撮影された上空の映像。すでに暗くなっている空に、映像3分ごろからオレンジ色の明るい光が広がり始めます。しかしすぐに消えてしまい……。光の正体は一体何?



2015年3月11日、カリフォルニアの空にUFOの大群が集結

カリフォルニアでUFO目撃相次ぐ〜4K撮影の超光速UFOに上空を浮遊する大群〜それぞれ動画が話題に

2015.3.13 14:58

mqdefault

3月に入りカリフォルニアでのUFO目撃が相次いでいます。

3月7日にアップされた、4Kの高解像度で撮影されたという動画には超光速で右から左に移動していくUFOが記録されていたとして海外でも話題になっています。

見やすくした2倍スロー動画の再生数は既に20万回を突破。

元のスピード



2倍のスロー動画



そして3月11日には、カリフォルニア上空にかなりの数の白く光るUFOが浮遊している動画が公開され、こちらも注目を集めているようです。



天変地異や大事件の際にUFOが現れていた、という話をよく聞きますが、カリフォルニアで何か起きるのでしょうか。

参照元 : B.N.J


ちなみに新宿のUFO出現映像はこちら

「目撃&撮影場所は北新宿3丁目です。20名を超える人数で目撃しました。最初-目撃-時は100機くらいいるんじゃないか!?という大群でしたが、段々移動しながら減り、-撮影時には20機くらいに減りました。映像でも数機編隊になっているのが映ってい-ま-す」



【衝撃映像】新潟県佐渡市に未確認飛行物体(UFO)が出現

2014年2月16日午後3時頃、新潟県佐渡市でUFO出現か?偶然この物体を目撃した人が撮影したらしい。同日の同時刻に新潟県で、この未確認飛行物体を目撃した人はいるのでしょうか?

d1cce2e4

典型的な平べったい円盤型のUFO。大きさはどれくらいあるのだろうか?

239ac376

5860177f

b7de4cdc

60db3a37

【衝撃映像】ドイツの都市カッセル上空で三角形のUFOが目撃される

三角形のUFOが目撃される…ドイツ

ドイツの都市カッセル上空で、三角形のUFOが目撃されました。子供が遊んでいるところをビデオ撮影していた人が動画に収め、YouTube に投稿しました。撮影時期は、6月26日とのこと。

UFO情報サイト UFO Sightings Daily のスコット・ワリング氏は、この動画について、「撮影者が子供の顔にモザイクをかけていること、UFOが画面の真ん中に写っていること、UFOの陰影が樹木やジャングルジムの陰影と一致していること」などから、「本物のように思える」とコメントしています。

一方、YouTubeのコメント欄では、捏造とする意見のほうが多いようです。米軍の極秘戦闘機TR3Bに似ているという指摘もあります。

参照元 : アメナマ!




UFO Sighting: Giant Triangular-Shaped Object Spotted Hovering over Germany

July 30, 2014 18:14 IST
 
triangular-UFO

UFO Sighting: Giant Triangular Object Spotted Hovering Over GermanyYou Tube Screenshot/O7TV
In a strange sighting, an Unidentified Flying Object (UFO) was spotted hovering over the skies of Germany.

The triangle shaped giant object was spotted on 26 June 2014 over Kassel, a city in Germany. The object was captured in a 37 second video by a witness who was shooting a video of kids playing. It was later uploaded to the video sharing website, YouTube.

"This triangle UFO was seen recently and it closely resembles a TR3B. The fact that the person blurred out the face of the kid and didn't get the UFO in the dead center of the video is what causes me to believe this is real. Also the lighting and shading on the UFO matches that of the trees, and the bars of jungle gym." said Scott Waring of UFO Sightings Daily.

However, several YouTube users were suspicious about the authenticity of the video. While some believed it to be true, many considered it as fake.

Check out the video of the giant triangular object hovering over Germany, here.

Similar sightings happened in the past too. A rare sighting was captured in a five-second video in the morning of 25 May from the window of an airplane, flying over the skies of London. The video shows a huge dark-colored disc with lights on either side. It seemed that the unidentified object was hovering above the cloud lines. 

Again, a disc-shaped flying object was spotted hovering over the skies of Dee Why, Sydney by local residents in the wee hours of 4 June. The residents were out on the beachfront for their morning walk.

"I took three photos but I didn't think much more about it until I came home from work and enlarged the photo on my computer," Daily Telegraph quoted the Don Jeffery, a resident who saw the mysterious object.

Recently on 18 July, two glowing orbs were spotted hovering over Chile. The sighting is rare and interesting as the bright objects were seen leaving nearby clouds cloaked. The sighting was witnessed by two laborers at a mining facility in the Atacama desert in Calama city. They captured it in a short video with the help of their cell phone.

参照元 : International Business Times

最新記事
Amazon




楽天トラベル


人気ブログランキングへ

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ