地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

政治資金問題

【税金泥棒】自民党の高市早苗総務大臣、政治資金で靴下207900円分購入

高市早苗総務大臣 政治資金で20万7900円ぶんの靴下を購入・政治資金規正法が禁止する選挙区での香典も支出

2015年12月4日21時36分
 
0ff0ddb02e718759a2852e0e61ea3990

高市早苗総務大臣(戸籍名・山本早苗氏)が代表をつとめる自由民主党奈良県第二選挙区支部が、平成25年に「土産代」として20万7900円分の買い物を、地元選挙区の靴下・ソックス専門店(店名・岡伸)からしていたことが奈良県選挙管理委員会の公表している政治資金収支報告書(リンク先参照)から分かった。

また高市早苗氏は比例重複で平成24年と26年の衆議院議員選挙に比例区候補としても重複立候補しているところ、その比例近畿ブロックにふくまれる奈良市下山町の男性あてに、平成25年10月6日付けで、公職選挙法の禁じている「香典」を2万円提供していたことも判明している。

この香典をめぐっては、やはり閣僚の高木復興大臣が選挙区内で支出したことに関して、12月6日に菅官房長官が(それをふくむ)政治資金疑惑に付いて十分な説明が出来ないなら辞任すべきという旨の発言をしたことが産経新聞でとりあげられている(12月6日追記)。

仮に靴下一足2000円としても、100人分に相当するのでどうやって消費したのか不明である。また20万7900円分の靴下を、もし仮に本当は買っていなかったり、ただ地元選挙区の靴下屋にお金をあげただけだったりすると、政治資金規正法の禁じる政治資金収支報告書の虚偽記載罪となり、また地元で有権者に配っていたならば地元有権者への寄付となって違法である。

30bf0e0c9abe75866f2e2e1c7734914f

(政治資金規正法と寄付の禁止に関する、総務省の行政解釈。総務省HPより)

なお「土産」とあるので高市早苗議員や選挙事務所のスタッフが真面目に足を棒にして走り回るために使ったわけではなさそうである。

参照元 : エコーニュース


高木復興相の更迭検討 官邸、政治資金問題で資料提出を要求

2015.12.6 08:30

2015-12-07_102652

高木毅復興相が8日の衆院東日本大震災復興特別委員会の閉会中審査で、選挙区内での香典支出など一連の政治資金問題について十分な説明ができない場合、首相官邸が更迭を検討する方針であることが5日、分かった。官邸側は問題の真偽を確かめるため、既に高木氏に過去の政治資金収支報告書など詳細な資料の提出を求めているが、高木氏は応じていない。官邸幹部は「その状況で野党の追及をかわせるか」と危惧している。

高木氏は10月7日の復興相就任直後に一連の政治資金問題が発覚し、11月の衆参予算委員会で釈明に追われた。8日の閉会中審査でも野党の追及を受けるのは必至で、高木氏の答弁ぶりが注目される。

安倍晋三首相は、政権運営の柱に東日本大震災からの復興の加速化を据えており、官邸内には高木氏が批判を受け続ければ復興政策で遅れが生じ、来年夏の参院選に悪影響が出かねないとの懸念が強い。

与党内でも、自民党は11月15日の福島県議選で宮城県議選に続き議席を後退させたことから、被災地出身の同党議員を中心に高木氏への不信感が高まっている。

高木氏は平成23〜26年分の政治資金収支報告書に、自らが代表を務める資金管理団体などが、選挙区内の葬儀に香典や枕花を支出したと記載されていたことが発覚した。公選法は政党支部や資金管理団体が選挙区内で香典などを出すことを禁止。香典は議員本人が葬儀に出席し、私費で出した場合に限り、罰則が適用されないが、枕花などそれ以外の支出は罰則の除外規定がない。

高木氏は国会答弁で香典支出について、自らが葬儀に出席し私費で支出したと説明したが、本人以外から受け取ったとの証言もある。また、過去に女性宅に侵入し、下着を盗んだとの疑惑が報じられ、閣僚としての資質が問題視されている。

与野党は4日の同特別委理事懇談会で、8日に閉会中審査を行うことで合意したが、自民党は高木氏の政治資金問題が取り上げられることに難色を示し、調整が長引いていた。

参照元 : 産経新聞


高市早苗総務大臣、自らが代表の自民党支部に寄付をして2982万円ぶんを税控除の処理→その政治資金から、1度に136万デパートで買い物などに支出。情報公開請求と政治資金収支報告書で判明。

2015年11月30日15時35分

c01d0f058293bb090c1cbb1beb0be243

現在、安倍内閣で総務大臣を務めている高市早苗氏(戸籍名・山本早苗氏)が、自らが代表の自民党奈良県第二選挙区支部に対して寄付をして、平成21年以降の記録の残っているだけでも、2982万4225円を税控除の対象とするための書類を作成していたことが本紙の情報公開請求で分かった。

本紙が情報公開請求をかけたのは、政治資金収支報告書に添付して、政治団体が所管の選挙管理委員会(この場合は奈良県)に出される寄付金控除のための書類。また後掲の通り、奈良県選挙管理委員会の公表している政治資金収支報告書では、デパートでの高価な買い物やビックカメラ、ドンキホーテなどでの「土産」「返礼品」を大量に購入していたことも判明。

要は、政治資金規正法を所管する総務大臣及び衆議院議員としての報酬を税金で受けながら、税金を払うことはなるべく控えて、さらにその自分で自分に「寄付」したお金で高価な買い物をしていたということである。

07ea8fe52439671addc9e2470003bebe

(平成24年の寄付金控除にかかる書類で、額は1000万円。なおこの自民党支部は3年前、山本早苗氏が居住していた物件の1階である)

もっとも、政党に大してする寄付ならば、公益目的な政治活動のためで正当だという見方もあり得る。しかし一切の政治団体についていわゆる「事務所費」については、額が一定未満であれば明細が不要で、さらに「人件費」であれば総額の記載で現行法上足りて領収書の添付も不要なことから(現行法については総務省HPを参照)、やはり代表者自身が寄付をして所得税などを控除するのは好ましくないと言える。実際、高市氏のばあいも平成27年11月に奈良県公表の、最新の高市氏が代表する団体の政治資金収支報告書によれば1743万円超が人件費となっていて(実際払っているとしても)その支出の有無は外部からチェックが出来ない。

3ca14842d6c5dd13bfd002d94075cd52

(高市早苗氏がトップに君臨する総務省による、分かりにくい政治資金規正法の分かり易い解説。いちばんシンプルにブラックボックスの支出をして代表者が自分のポケットマネーにしたいならば、「人件費」と書けば、それ以上の追求は受けないということである。少なくとも、高市総務相の期間はこの法律が改善されることは余り期待するべきでない。)

ちなみに、「政治活動のために使っているかもしれないからいいではないか」という見解もあるかもしれないが、一般論として上述の通り、寄付した資金の使い道は代表者がブラックボックスに出来るし、高市氏のばあいも実際1700万円超はブラックボックスである。△泙拭∈G度の高市氏の政治資金収支報告書を見たら、高級なお菓子だとかデパートでの買い物などに使われているので、これらが政治目的で公益に叶う、所得税などを控除するためのお金の使い道かどうかは甚だ怪しい。

7f2429d064ae107b85047f64f4117a89

(名目は「返礼品」や「手土産」であるが、仮に地元選挙区で返礼していたり、とくにその返礼がもともともらった物品より高価なばあいや、地元選挙区民にお土産をあげていたばあいは総務省所管の公職選挙法が禁じる買収にあたる余地がある。)

また、同じ政治家の場合でも国政政党(国会議員の人数が5人以上)に所属している議員とそうでない政治家(無所属や、国会でいえば国民新党時代の亀井静香氏など)との間で使える政治活動の経費に格差が出来るので政治家同士の関係でもフェアでは無くそもそもだが実は選挙カーやビラその他の政治活動に使う物品は政治団体に付けずに議員が個人で払ってもいいわけであり、自分で払えばいいものをわざわざ一旦、政治団体に寄付したあとで、代表者が支出をするというのはやはり税金をなるべく安くしたいからである。

なお、所得税などを控除した後の使途として目立ったのは、近鉄デパートでの136万円の「返礼品」であるが、これはいったい何をどう返礼したのだろうか。金額的にも小渕優子元経産相が去年辞任したきっかけの買い物などに近く、とても気になる。

b2f46f86ba98363f000249e576db0fd8

参照元 : エコーニュース

142845476560688385180


【政治資金問題】小渕優子前経産相、東京地検特捜部の家宅捜索前に、HDをドリルで破壊!証拠隠滅か?

小渕前経産相政治資金問題 家宅捜索前にハードディスク破壊

2014/12/19 22:12

RB20141020090541

小渕優子前経済産業相の政治資金問題で、関係先に置かれていたハードディスクが、家宅捜索の前に、電気ドリルのようなもので破壊されていたことがわかった。 小渕氏の事務所は、「証拠隠滅にかかる事実はない」としている。

参照元 : FNNニュース




小渕氏政治資金問題 HD破壊で小渕氏に説明を求めることも検討

2014/12/20 00:48

mqdefault (1)

小渕優子前経済産業相の政治資金問題で、東京地検特捜部の捜索の前に、関係先のパソコンのハードディスクが、電気ドリルのようなもので破壊されていたことがわかった。

「政治とカネ」をめぐる疑惑の渦中にありながら、大差での当選を果たした、小渕優子前経済産業相。

小渕氏は「心から心から、感謝を申し上げます」と述べていた。

しかし、2014年10月、東京地検特捜部が、群馬県内にある小渕氏の事務所を家宅捜索した際、パソコンのデータを保存する複数のハードディスクが、電気ドリルのようなもので破壊されていたことが新たに判明した。

小渕氏は11月、検察の捜査について、「捜査につきましては、きちんと協力をしていくようにと、指示を出してきたところであります」と述べていた。

19日、小渕氏の地元、群馬・吉岡町では、「よくないよ。証拠隠滅するようなことっていうのは、許されないんじゃないですか」、「隠さないで、全部お話しするようにしたらいいんじゃないかと思うんですけどね。やっぱり信じたい部分ってのはあるんで」といった声が聞かれた。

一方、小渕氏の事務所は、FNNの取材に対し、「証拠隠滅にかかる事実は、一切ございません」とコメントしている。

特捜部は、ハードディスクが破壊された経緯について、慎重に調べており、今後、小渕氏本人に説明を求めることも検討している。

参照元 : FNNニュース



証拠隠滅?…小渕優子氏のドリルで穴を空けたHD、復元できるか?

yjimage

20141219134728599

sp2014121913_50

ca7fe534






民主党・枝野幹事長、新年会の243万5000円、収入未記載

民主党も政治資金問題 枝野氏、新年会の収入未記載

2014/10/29 11:51
 
mqdefault (10)

民主党にも政治資金を巡る問題です。枝野幹事長の関係団体が、2011年に行った新年会の収入を政治資金収支報告書に記載していなかったことが分かりました。

民主党・枝野幹事長:「しっかりとしたチェックにならなかったと反省している。きちんと(収支報告書を)付け合わせて、ミスがあれば、できるだけ速やかに発見できるように徹底したい」

枝野幹事長の関係団体は、2011年の収支報告書に「新年会会場費」として、さいたま市内の結婚式場に207万5000円を支出したと記載していました。しかし、収入の記載がありませんでした。枝野幹事長の事務所によりますと、新年会には487人が参加し、実際には243万5000円の収入があったということです。枝野幹事長は「単純なミスだ」と説明し、29日中に収支報告書の訂正をする考えです。

参照元 :
テレ朝ニュース







最新記事






楽天トラベル



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ