地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

拘束

精神科で身体拘束された男性死亡 両親が病院側を提訴へ

精神科入院の男性死亡 「不適切な身体拘束」両親提訴へ

2018/8/18(土) 7:58配信

2018-08-19_163547

石川県内の精神科病院に入院していた長男(当時40)が肺血栓塞栓(そくせん)症(エコノミークラス症候群)で死亡したのは不適切な身体拘束が原因として、両親が病院を経営する法人に約8600万円の損害賠償を求める裁判を近く金沢地裁に起こす。精神科での身体拘束をめぐっては最近、こうした訴訟が相次いでいる。

訴状によると、統合失調症との診断を受けていた長男は2016年12月6日に入院。同月20日、両親は病院から「亡くなった」と連絡を受けた。両親は死因は心不全と聞いたが、警察に連絡して司法解剖したところ、肺血栓塞栓症だった。

裁判所に証拠保全の申し立てをして入手した診療録や看護記録などによると、長男は同月14日から手足と体を拘束されていた。食事のときには一時的に腕の拘束を解かれていた。20日は午前10時に身体拘束を解除され、自らトイレに行った後、ベッドの横で倒れているのを発見された。

両親はこの間、2日に1回程度、着替えなどを持って面会に行ったが、一度も会わせてもらえなかった。

参照元 : 朝日新聞






埼玉県警が無職男性(53)を覚せい剤所持で誤認逮捕 約10時間後に釈放

覚せい剤所持で誤認逮捕=10時間後に釈放―埼玉県警

2017/6/5(月) 22:10配信

埼玉県警薬物銃器対策課は5日、同県深谷市の無職男性(53)を覚せい剤取締法違反(所持)容疑で誤認逮捕し、約10時間後に釈放したと発表した。

県警によると、深谷署の捜査員が別件の容疑で5日午前に男性宅を捜索した際、押し入れの中にあったポーチからビニールの小袋に入った白色粉末1袋を見つけた。現場で試薬を用いて簡易検査し、覚せい剤の陽性反応が出たと判断し、男性を現行犯逮捕した。

しかし、県警科学捜査研究所が粉末を鑑定したところ、覚せい剤は検出されなかった。

加藤裕・深谷署副署長の話 心からおわび申し上げる。適正捜査に努めたい。

参照元 : 時事通信




中国政府が日本人男性2人を「反スパイ法」違反で逮捕した問題 邦人スパイを雇った黒幕の正体

中国で逮捕! 日本人スパイを雇った黒幕の正体

2015年10月15日 10時00分
 
2015-11-02_175625

「日本の情報機関は情報の収集はするが、外地でオペレーション(工作)はしない。日本政府が民間人に仕立てたスパイを送り込むことなどあり得ない。それが証拠に、対中政策における情報力はお粗末のひと言ですから」(外事警察関係者)

中国政府が日本人男性2人を「反スパイ法」違反(昨年11月施行)で逮捕した問題。実際、スパイ容疑で拘束されている日本人は他にもいるとのウワサは根強いものの、徐々に明らかになった彼らの素顔から“スパイ”像は見えない。

「北朝鮮国境に接する中国遼寧省丹東市で5月に拘束されたのは、神奈川県大和市在住の55歳になる男性です。男性は幼少期に北送船で北朝鮮に渡り、'90年代に脱北して2001年に日本国籍を取得している。韓国で脱北を手助けする非政府組織(NGO)とも交流があった。この地域では中国公安当局が、増え続ける脱北者を不法越境者とみなしており、脱北者のみならずNGO関係者も摘発の対象にしています。一罰百戒的な意味合いもあるのでしょう」(日本の脱北支援組織関係者)

同時期にキリスト教の布教をしていたカナダ人夫婦も「軍事機密窃取」容疑で拘束され、9月15日に身柄を検察当局に送られている。この事例よりも2人の“日本人スパイ”の拘束が長期化しているのはなぜなのか。考えられるのは日本政府機関の関与だ。

「55歳男性は月に1度くらいの頻度で、中朝国境付近を訪れて北朝鮮関連情報を収集していたというが、問題は旅費や滞在費をどう工面していたかです。資金が韓国のNGOから出ていたとすれば、スパイ容疑はかけられないはずですから、公安調査庁などから資金が出ていた可能性が高い」(軍事評論家・神浦元彰氏)

実際あるジャーナリストは、公安調査庁から「旅費・滞在費を持つから重信房子(日本赤軍の元最高幹部)のインタビュー記事を取ってきてほしい」と依頼されたことがある。公安は「重信が健康かどうか、ベイルートに住んでいるかどうか」などの情報が欲しかったのだという。

一方、太平洋側沿岸部の浙江省温州市で同じく5月に拘束されたという愛知県内に住む男性(51)は、県内の中国人経営の調査・人材派遣会社に勤め、浙江省を頻繁に訪れていた。

この地域では昨年から空軍施設の建設が始まった他、尖閣諸島を巡回する中国海警局の基地建設も始まっている。

「51歳男性の家族が瀋陽の日本総領事館に訴えたことで事件は発覚したが、これまで日中両政府が表立って対応してこなかったのは不可解です。両国に表沙汰にしたくない事情でもあるのかと疑いたくもなりますが、この男性は軍事オタクらしいとの証言もあります。そしてもう1人、6月に北京で拘束された東京の60代男性がいます。過去に航空会社に勤務し、定年後に北海道で牧場経営に携わりながら日中間の人材派遣の公益団体を立ち上げています。いわゆる『日中友好人士』の1人ですから逮捕には至っていないらしく、この人は釈放される可能性が高い」(通信社外報部記者)

読売新聞は9月6日、排水量1万2000トンの中国最大の新造巡視船『海警2901』が、浙江省舟山の中国海警局の港湾に係留されていることを報じた。この艦は海上保安庁最大の巡視船『しきしま』(6500トン)の2倍の大きさだ。

「51歳男性が“うっかり”撮影したとすれば、それは考えにくい。この巡視船は、中国海軍も運用しているZ-8型ヘリ3機を搭載・運用可能ですし、自衛艦が武装している76ミリ速射砲を装備するなど国際的には巡視船ではなく軍艦です。おそらく中国当局が『えっ』というような被写体か、多過ぎる記録が出てきたのでしょう。もっとも本当にスパイなら、カメラなどには納めませんが…」(軍事ジャーナリスト)
 
今年1月に軍事施設の写真を海外の雑誌に提供した遼寧省の中国人男性が、懲役8年の判決を受けている。反スパイ法の最高刑は死刑だが、この懲役刑が51歳男性の判例になる可能性がある。

翻ってスパイ防止法のない日本。現在は中国による産業・経済スパイも日々エスカレートし、守りの甘いわが国は格好の標的にされている。

「中国は民間取引を装い、千歳基地隣接地や横須賀基地を見下ろせる丘を取得するなど露骨です。またソフトランディング路線を巧みに使い、ターゲットを接待するなどして情報を収集している。海外の大学に留学生に扮した多数の工作員を送り込み、学内に『孔子学院』を開設し、大学教授や知識人を北京旅行に招くなどして親中派知識人を育成しているのです。日本の基幹産業や官庁などの重要部署にある人、発言力のある著名人に中国語の個人教師を付け、この人たちを親中派に養成することもやっている。ハニートラップは大の得意技ですしね」(公安警察関係者)

主権国家として当然の権利である「スパイ防止法」だが、日本ではなぜか一部のジャーナリストや知識人たちから反対され続けている。しかし、彼らは中国の「反スパイ法」には批判の声を上げなかった。「日本はダメ。中国はOK」では筋が通らない。

今回逮捕された“日本人スパイ”も「法案に反対しているあの人たちは、いったいどこの国の人?」と思っているに違いない。

参照元 : 週刊実話

2015-11-02_175745


イスラム国が拘束中の中国人とノルウェー人の写真を公開し、身代金要求

「イスラム国」が2人拘束 公開写真に「セール中」

2015/09/10 10:55
 
Fotolia_75278378_Subscription_Monthly_M

過激派組織「イスラム国」が、拘束中の中国人とノルウェー人だとする2人の男性の写真を公開し、身代金を要求していることが分かりました。

「イスラム国」がインターネット上に発表している機関紙の最新号には、黄色い囚人服のようなものを着せられた2人の男性の写真が掲載されています。2人はフリーコンサルタントの50歳の中国人と48歳のノルウェー人で、「イスラム国」が拘束しているということです。

顔写真の下には「セール中」との記載があり、「身代金を払いたい者は誰でも以下の番号に連絡しろ」とイラク国内の連絡先が記されています。また、中国政府とノルウェー政府は身代金の要求に応じなかったとしています。2人を拘束した経緯などは明らかにされていません。機関紙には「時間は限られている」との記載もあり、身代金が払われない場合は2人を処刑する可能性を示唆しています。

参照元 : テレ朝ニュース

中国雲南省でパンダ1頭を銃で撃ち殺し、肉を売買した容疑の男ら10人拘束

パンダ肉売買10人拘束 肉と手足で9万2000円で販売 中国雲南省

2015.05.14

8ba15c64

中国雲南省の警察当局が、同省昭通市塩津県で野生のパンダ1頭を銃で撃ち殺し、肉を売買したなどとして、計10人の身柄を拘束したと、中国メディアが13日伝えた。警察はパンダの毛皮とその肉約10キロを押収した。DNA鑑定でパンダと確認した。雌の成獣だという。

容疑者の男2人が自宅近くの山中にいたパンダ1頭を銃で撃ち、その肉約35キロと手足の部分を4800元(約9万2000円)で売った。肉を買ったり、転売したりした人物も拘束された。

中国の一部では、熊の手を珍味として食べる習慣がある。中国でパンダは重点保護動物に指定されている。 (共同)

参照元 : ZAKZAK





【ロシア野党指導者殺害】捜査当局が実行犯の男2人を拘束 黒幕が海外にいる可能性

ロシア野党指導者“殺害”に関与か 男2人を拘束

2015/03/08 05:53
 
000045908_640

プーチン政権に批判的だった野党指導者のネムツォフ氏が殺害された事件で、ロシアの捜査当局は実行犯2人を拘束しました。

ロシア連邦保安庁は7日、ネムツォフ氏の射殺に関与した疑いでロシア南部出身の男2人を拘束したと発表しました。2人はイスラム教徒の多い北カフカス地方の住民で、殺害の実行犯とみられるということです。

拘束の一報は、プーチン大統領にも伝えられました。また、ロシアのメディアは、見張り役などで他にも4人が事件に関与していることや殺害を命じた黒幕が海外にいる可能性についても伝えていて、捜査は引き続き行われる見通しです。

参照元 : テレ朝ニュース



【関連記事】
プーチン政権に批判的な野党指導者が殺し屋に射殺される 監視カメラが殺害の瞬間をとらえていた

ISISがクルド人兵士を捕らえたとする映像を公開 21人を檻の中に入れて車で連れ回す

「イスラム国」 クルド人兵士殺害示唆か 映像公開

2015/02/23 05:54
 
o-ISIS-PESHMERGA-570

過激派組織「イスラム国」がイラク北部で対立するクルド人兵士らを捕らえたとする映像をインターネット上に公開しました。

映像では、クルド自治政府の部隊「ペシュメルガ」の兵士やイラク人警察官とされる合わせて21人が檻の中に入れられ、車で連れ回される様子などが映し出されています。いつ撮影されたのかは明らかにされていませんが、中東のメディアは、映像は1週間ほど前にイラク北部キルクーク近郊で撮影されたものであると伝えています。

殺害映像は含まれていないものの、先月公開されたヨルダン人パイロットの映像を使うなど、今後の殺害をほのめかしていて、クルド人兵士に攻撃をやめるよう警告しています。

参照元 : テレ朝ニュース



000045015_640

【閲覧注意】湯川さんに続き、後藤健二さんも殺害か!斬首された画像と殺害動画がネットに投稿される(R18指定)

後藤さん殺害か ネットに動画投稿

2015年2月1日 5時36分

1422735090438

日本時間の1日午前5時すぎ、イスラム過激派組織「イスラム国」とみられる組織に拘束された後藤健二さんを殺害したとする動画がインターネット上に投稿されました。

動画の長さは1分余りで、まず、「日本政府へのメッセージ」という英語とアラビア語の文字が表示されます。 続いてオレンジ色の服を着た後藤さんとみられる男性が屋外にひざまずきその後ろにナイフを持った黒い服を着た戦闘員とみられる男が立っています。

男は英語で、「日本政府はおろかな同盟国や、邪悪な有志連合と同じように『イスラム国』の力と権威を理解できなかった。われわれの軍はお前たちの血に飢えている。安倍総理大臣よ、勝てない戦争に参加した向こう見ずな決断によってこのナイフは後藤健二を殺すだけでなく今後もあなたの国民はどこにいても殺されることになる。日本の悪夢が始まる」と話しています。

そして最後に後藤さんが殺害されたとみられる画像が映し出されています。動画の左上には、「イスラム国」の広報部門が声明などを発表する際に利用するロゴが表示されています。日本政府は、この画像の信ぴょう性などについて確認を急いでいます。

参照元 : NHKニュース

1422736476269

「イスラム国」動画の声明全文

2015/02/01-05:59

過激組織「イスラム国」とみられる組織が後藤健二さんを殺害したとする動画のメッセージは以下の通り。

お前たち愚かな有志連合は、われわれがアラーのご加護により、権威と力のあるイスラム教カリフ国家であり、お前たちの血を欲しがっている軍であることを理解できていない。

安倍、勝ち目のない戦争に参加するというお前の無謀な決断のために、このナイフは後藤を殺すだけでなくお前の国民がどこにいようとも虐殺をもたらすだろう。日本の悪夢を今始めよう。

参照元 : 時事通信

イスラム国がアップした映像(R18指定)



B8tD7aeCMAA9e9x

7R17hLP

画像が投稿されたイスラム国系の掲示板

منذ ساعة واحدة

منذ ساعة واحدة













これが日本人の民度・・・





イスラム国がヨルダンの情報機関の「スパイ」とみられる男性を処刑する新たな映像を公開

交渉に進展は…新たな処刑映像で揺さぶりか

2015/02/01 00:17
 
mqdefault (2)

後藤健二さんを拘束している「イスラム国」が設けた期限から48時間以上が経過しました。現地対策本部があるヨルダンのアンマンから最新情報です。

(吉田豪記者報告)
中山外務副大臣:「事態は膠着(こうちゃく)状態という形になっていますが、政府一丸となって、引き続き後藤さんの生還に向けて緊張感を維持しつつ(対応する)」

ヨルダンのアブドラ国王は先月30日に誕生日を迎えたことから、31日にアンマン市内で祝賀イベントが行われましたが、集まった市民は一様にヨルダン人パイロットの早期解放を望むと話していました。また、ヨルダン政府がパイロットの親戚に説明した内容によりますと、ヨルダン側は交渉について「イスラム国」の返事を待っている状態だということです。

そんななか、イスラム国がヨルダンの情報機関の「スパイ」とみられる男性を処刑する新たな映像を公開しました。事件に進展が見えないなかで、ヨルダン政府に揺さぶりを掛ける狙いがあるとみられています。ヨルダン政府はテロリストと戦う一方で、テロリストと交渉するという非常に難しい動きを続けています。

参照元 : テレ朝ニュース



yjimage


イスラム国要求の死刑囚釈放の期限経過 「ゲーム終了」との見方も

2015 年 1 月 30 日 09:32 JST 更新

BN-GR617_hostag_G_20150129064031

イスラム過激派組織「イスラム国」による日本人人質事件で、イスラム国が後藤健二さんの解放条件としてヨルダン政府に要求しているイラク人女死刑囚の釈放期限の29日夜が経過した。しかしヨルダン政府は、イスラム国に拘束されているヨルダン空軍パイロットが生存している証拠を示すよう依然求めている。

ヨルダン政府は、昨年12月にシリア北東部で墜落した戦闘機に搭乗し、イスラム国に捕獲されたこのパイロットとの交換で、ヨルダンに収監中のサジダ・リシャウィ死刑囚を釈放する用意があると表明している。

ヨルダンのモマニ・メディア担当相は「パイロットが生存しているとの証拠を要求しているが、これまでのところ何の情報も得ていない」と述べた。リシャウィ死刑囚は、2005年にアンマンで起きた大規模連続テロ事件で、自爆テロを試みたが失敗に終わり、裁判で死刑判決を宣告された。

日本政府は29日、ヨルダン政府のほか、イスラム国が人質交換の場所に指定したトルコと協力して、事態解決を図る方針を改めて明らかにした。イスラム国が設定した期限は経過したものの、今のところ新たな動きがあったとの情報はない。

イスラム主義グループ問題の専門家であるハッサン・アブ・ハニ氏は「ゲームは終わった。ヨルダン政府はすべてのカードを使い果たしたが、イスラム国と合意には達しなかった」と語った。拘束されているパイロットのいとこは「政府は我々に、容易ではない状況にあると通知してきた。息を殺して事態を注視している」と話した。

BN-GR626_hostag_G_20150129070152

イスラム国とヨルダン政府の交渉の最大の不透明要因は、どのような形の交換が模索されているかで、双方に共通の理解が出来上がっているのかどうかははっきりしていない点だ。ヨルダン政府は、パイロットの釈放と交換に女死刑囚を釈放する用意があるとしているが、後藤さんについては言及していない。一方イスラム国が想定しているのは後藤さんの解放で、パイロットの釈放は必ずしも想定しているわけではない。

ヨルダンとイスラム国との交渉については、過激派グループを正当化し、さらなる誘拐を引き起こす恐れがあると懸念する向きもある。

過激派問題の専門家である米ノースイースタン大学のマックス・エイブラハムズ教授は「収監中の大物テロリストを釈放することは大変なことである。今後こうした要求が増える恐れがある」と懸念する。

参照元 : THE WALL STREET JOURNAL






湯川ハルナさんは一度死んでいます。ISISの処刑執行宣言は8月18日に出されていた。


ということは今回で二回目の処刑?(笑) 裏社会さん、捏造が雑すぎませんか?(笑)





イスラム国内で内紛が起き、死者も出る騒ぎになったため、解放そのものが1日遅れることになったとの未確認情報

「イスラム国」で死者も出る内紛?人質交渉どころではなくなっている可能性

2015/1/30 16:24

wu2015012805_50

イスラム国人質事件は、イスラム国側が後藤健二さんとリシャウィ死刑囚の交換を要求し、ヨルダン政府が空軍パイロットの解放が優先だとして膠着してしまったように見える。コメンテーターの吉永みち子(作家)は「何の反応も示さないという結果、湯川さんが殺されていたということもありますし、交渉の窓口が開いている状況で膠着しているのか、窓口が閉じられてしまっているのか見えないだけにますます気がかりですね」という。

司会の羽鳥慎一「イスラム国はパイロットが生存している映像は出していない。『単に出して来ていない』のか『出せない』のか両方ありますね」

中東情勢に詳しい日本エネルギー経済研究所の吉岡明子研究員はこう見ている。「『出してきていない』とするなら心理戦ですね。生きているかどうかわからせない状態で要求をのませる。その方が自分たちに有利だと思っている可能性があります。

『出せない』のだとすれば、意図的に殺害したのではなくても、空爆も含めていろんなことが起きているので、パイロットが返せなくなったけれども、要求はするということでしょう」

後藤さん解放は28日に決まっていたが延期

そんな中、驚くような情報が伝えられた。リシャウィが護送されてくるのではないかと、シリア国境に近いトルコ・ガジアンテップ空港に待ち構えていテレビ朝日の荒木基記者によると、イスラム国支配地から逃げてきた複数のシリア人情報として、「イスラム国のなかで後藤さんの解放は28日に決まっていた。

ところがイスラム国内で内紛が起き、死者も出る騒ぎになったため、解放そのものが1日遅れることになった」というのだ。もちろん未確認情報で真偽のほどは分からない。30日金曜日はイスラム教の安息日で、しばらく動きはないかもしれない。

参照元 : J-CASTウォッチ

40df7a89




【イスラム国拘束】交渉の鍵を握るヨルダン政府が初の公式声明 後藤さんについては触れず

ヨルダン政府、初の公式声明 後藤健二さんについては触れず

2015/01/29 04:50

mqdefault (5)

「イスラム国」を名乗るグループによる日本人拘束事件で、交渉の鍵を握るヨルダン政府が、28日、初めて公式な声明を発表した。しかし、後藤健二さんについての言及はなかった。

ヨルダン政府のスポークスマンである情報相は、「イスラム国」に拘束されている「ヨルダン軍パイロットが無事に解放されたら、リシャウィ死刑囚を釈放する準備はできている」との声明を発表した。

しかし、後藤さんについては、触れられていない。

日本時間27日夜に、インターネットに公開された画像と音声は、後藤さんとリシャウィ死刑囚を24時間以内に交換するよう求め、「ボールはヨルダン側にある」としていた。

ヨルダン政府の声明は、ボールを「イスラム国」側に投げ返したものといえるが、27日の画像では、後藤さんとリシャウィ死刑囚の交換は「1対1」とされていたうえ、ヨルダン人パイロットとの交換には言及していなかった。 拘束されているパイロットの父親は「一般的なメディアからの情報はある。(新しい情報は?)公式な機関からの情報はきていない」と話した。

パイロットの親族らは28日、アンマン市内の集会所で情報収集を続けたが、その表情には焦りの色が見えた。 この日は、中東メディアの一部が「死刑囚は、すでにヨルダンを出国した」と報じるなど、さまざまな情報が錯綜(さくそう)したが、こうした報道は、ヨルダン当局などによって否定されている。

現地対策本部で指揮を執る中山外務副大臣も、日本時間の28日夕方、記者団の前に姿を見せたが、多くは語らず、再び大使館に戻ったままとなっている。

一方、後藤健二さんの母、石堂順子さんは28日夜、取材に応じ、「期限」といわれている時刻を迎え、胸の内を明かした。

石堂さんは「情報が、まだ混乱おりまして、先の見通しがついていない状態でございます」と話した。

参照元 : FNNニュース




日本人拘束事件 日本エネルギー経済研究所・田中氏に聞きました。

2015/01/29 00:12

nj2015012805_50

「イスラム国」を名乗るグループによる日本人拘束事件は、日本時間27日夜に公開された画像で、期限とされた「24時間」が経過しました。

日本エネルギー経済研究所・中東研究センター長の田中 浩一郎さんに聞きました。

(ヨルダン政府の声明として、ヨルダン軍パイロットが無事に解放されたら、リシャウィ死刑囚を釈放する準備はできていると出されたが?)

まず、これまでヨルダン政府が繰り返してきた、原則的な立場を確認したものなんですけども、それを言う背景には、やはり、ヨルダン国民に対して、自分たちのパイロットの命を第一に交渉している、あるいは「イスラム国」と対応しているということを、強調しておく必要があるんですね。

そうしないと、変な妥協をしているとか思われると、国内でのさまざまな突き上げ、あるいは対外的にも、アメリカなどからの不満が寄せられて、政権運営上、不利益が生じることが考えられますので。まずは、自分たちの立場をはっきりと固め、そして、国内向け、国民向けに、こういうメッセージを出したと考えていいと思います。

(投げられたボールを、また投げ返したととらえていい?)

そうですね、この「イスラム国」ないしISISとのやり取りの中で、大体これまでのところ、はっきりしているのは、やり取りっていうのは、ほとんどないんですね。

実際のところは、ISISが設定したある種のゴール、ないしは条件を、そのまま飲むか飲まないか、つまり、イエス・オア・ノーの対応が圧倒的なので。

ここで、ヨルダン政府が、ある種、対案のような形を出したり、あるいは、これまでずっと続けていたヨルダンの原則的な立場を再確認するということは、当然、ISISの側、「イスラム国」の側から見れば、自分たちに歯向かってきている、ないしは自分たちの言っていることに対して、従順ではないという受け止め方をすることは、まず間違いないと思うんですね。

緊迫した様相が、官邸もそうですし、現地の様子、ここからもわかるんですけども、この声明が出たことによって、やはり、このように考える人が多くいるんだと思います。

(ヨルダンにとっては、どういう決断をしても、厳しい状況になってきている?)

そうですね。

どの段階で、仮にリシャウィ死刑囚を解放するにしても、例えば、解放したら解放したで、いろいろなところで文句も言われますし、テロリストとしては、ヨルダン最悪の事象を引き起こした犯人の1人ですから、社会的にも、あまりいい雰囲気にはならない。

それでも、ヨルダン人が助かったということであれば、パイロットが助かったということであれば、まだいいのかもしれませんが、彼が帰ってくるという保証は、今回のやり取りの中に一切入っていない。

だけど、後藤さんは帰ってくる。そうなると、後藤さんは助かったけれども、このパイロットの方は、依然として、身の安全が本当に確保できたのかどうかわからないままの、非常に中ぶらりんな状態になってしまうし。

逆に、もう少し遅れて、すでにもう、ヨルダン人パイロットは殺されてしまったけれども、後藤さんは助かったということになると、ヨルダン人は見捨てたのかということで、やはり国内でも問題になりますし。

それでも、死刑囚を釈放したということで、テロリストの要求に屈したという点では、国際社会でも、「×(バツ)」をつけられてしまう。どう動いても、ヨルダンに対して、責任が降りかかってくるという状況なんです。

(現在の状況は、「イスラム国」が当初から想定していた流れ?)

ある程度、これは計算していたんだと思います。なぜかといえば、湯川さんを捕らえたのは8月、後藤さんが10月、ヨルダン人パイロットが12月。ヨルダン人パイロットに関しては、やり取りが一度あったのかもしれませんけれども、基本的に、この3人をうまく組み合わせることによって、2億ドルという途方もない、おそらく絶対誰も払わないような金額をまずふっかけて、日本を土俵に乗せた。

2番目のビデオの時には、ヨルダンも、このリシャウィ死刑囚の交換というものを持ち出して、ヨルダンも土俵の上に乗せた。さらには、3番目のもので、ヨルダンに強烈な圧力をかけて、まさに政府や国王と、ヨルダン社会、国民世論が分裂、分断するかのような大事を今、引き起こそうとしています。

これを考えると、この地域に2014年、急速に勢力を広げた「イスラム国」、ISISは、次にどこに対して触手を伸ばすのかというと、シリアの西側にあるレバノンと、南側にあるヨルダンというのは、格好のターゲットなんですね。

今、ヨルダンを、1つ狙いを定めて、うまく社会を不安定化させるような絶好の機会と、使える駒を得たということで、これを仕掛けたんだと思います。

(「イスラム国」に焦りもあるのではという説もあるが?)

わたしはやはり、人質を一定期間、捕らえてから駒として使わずに、ずっと温存していたということから見ても、あまり焦りはないと思いますし、彼らの考え方では、ある種のゲームなんですね。

そのゲームの、ルールを決めるのは彼ら。

それから、人の命を自由に操るというか、手玉に取っているのも彼ら。そして、誰が盤の上でゲームに参加するのかを決めるのも彼らということで、完全に彼らが優位に立ち、このゲームを支配しているということを、印象づけようとしている。その点では、焦りはないですね。

参照元 : FNNニュース




新声明でパイロット批判 後藤さんに言及なし

2015/01/28 23:23

CI0003

【カイロ共同】過激派「イスラム国」とみられる組織は28日、インターネット上で映像声明を公開し、拘束しているヨルダン人の軍パイロットについて「われわれを殺しに来た」と批判した。後藤健二さん(47)への言及はなかった。信ぴょう性は不明。

声明は音声と動画、静止画を組み合わせており、ヨルダンのアブドラ国王の画像も含まれていた。

【共同通信】

参照元 : 47NEWS

【関連記事】
【イスラム国拘束】サジダ・リシャウィ死刑囚を24時間以内に釈放させなければ、後藤さんとヨルダン軍パイロットを殺害すると警告

【イスラム国拘束】リシャウィ死刑囚と後藤健二さんの交換で合意、アラブ系メディアが報道

【イスラム国拘束】リシャウィ死刑囚と後藤健二さんの交換で合意、アラブ系メディアが報道?

イスラエル通信社、死刑囚と後藤さんの解放について合意と報道

2015/01/28 17:13

sn2015012801_50

過激派組織「イスラム国」を名乗るグループによる日本人拘束事件で、イスラエルの通信社は、リシャウィ死刑囚と後藤健二さんの解放について、合意したと報じている。 また、地元・ヨルダンのメディアは、このリシャウィ死刑囚をまもなく移送すると報じている。

現地時間の27日夜から28日朝にかけて、大手のメディアではない独立系のメディアなどから、サジダ死刑囚の釈放に向けた動きが始まっているとのニュースが出始めている。独立系の新聞社・ジョルダンニュースは、インターネット上で28日、サジダ死刑囚が収容されていた刑務所から別の刑務所に移送されたと報じた。

また、アラブのオンラインニュースは、ヨルダン筋から得た情報として、サジダ・リシャウィ死刑囚を釈放し、イラクのサジダ死刑囚の出身部族に引き渡す見通しだと報じている。また、イギリスを拠点とする反アラブ紙も、同様に報じている。

さらに、アラブのオンラインニュースは、トルコの通信社を引用する形でヨルダンのパイロットの出身地であるカラクの県知事が、パイロットの部族に対して、早朝、数時間以内によい知らせがもたらされるであろうと伝えたとしている。

一方で、ヨルダン政府と大手のメディアからは、一切このような情報は出ていない。そして、リシャウィ死刑囚の釈放に関する見返りについても、どの記事も一切報じていないという状況となっている。

参照元 : FNNニュース




後藤氏と女死刑囚交換で合意か アラブ系メディア

2015/01/28 17:18

wu2015012805_50

ロンドンに本部を置くアラブ系メディアは、ヨルダン当局筋の情報として、「イスラム国」が拘束している後藤健二さんとサジダ・リシャウィ死刑囚を交換することで合意したと伝えました。また、ヨルダン軍パイロットについては殺さないという合意ができたと伝えています。

また、このメディアは、ヨルダン政府側がリシャウィ死刑囚をアンマンに住んでいるイラク・アンバール県出身の部族に数時間後に引き渡すと伝えています。ヨルダンメディアも、リシャウィ死刑囚が収監されていたアンマン近郊の刑務所からイラクとの国境に近い刑務所に移送されたという情報を伝えています。

イスラム国は日本時間の27日夜、インターネット上に画像を公開し、リシャウィ死刑囚を釈放しなければ、24時間以内に後藤さんを殺害すると警告していました。

参照元 : テレ朝ニュース


「日本の地踏ませたい」=後藤さん母、涙ぐみ訴え―安倍首相との面会断られる

2015年1月28日(水)17時19分配信

ダウンロード

過激組織「イスラム国」とみられるグループに拘束されたジャーナリスト後藤健二さん(47)の母石堂順子さん(78)が28日午後、東京・永田町の参院議員会館で記者会見し、「健二が日本の地を踏むことを願っている。命を救ってください」と涙ながらに訴えた。

「残された時間はあとわずか。尽力をお願いします」。会見場に入室した石堂さんは「ご心配をお掛けしています」と周囲に何度も頭を下げた後、用意した文書をゆっくりと読み上げた。「健二は中東の子どもたちのことをいつも案じていた。イスラム国の敵ではありません」と呼び掛けた。

関係者によると、石堂さんは同日午前、安倍晋三首相や菅義偉官房長官らに面会を申し込んだ。しかし、時間が取れないことを理由に断られたため、息子の命を助けてほしいと求める文書を首相官邸にファクスしたという。

参照元 : 時事通信














【関連記事】
【イスラム国拘束】交渉の鍵を握るヨルダン政府が初の公式声明 後藤さんについては触れず

【イスラム国拘束】サジダ・リシャウィ死刑囚を24時間以内に釈放させなければ、後藤さんとヨルダン軍パイロットを殺害すると警告

【速報】湯川遥菜さんの首が切断された写真を持つ後藤健二さんの映像がネット動画サイトに投稿される

“拘束の1人殺害”とする画像 ネットに投稿

2015年1月25日 0時04分

K10049434411_1501250006_1501250007_01

日本時間24日午後11時すぎ、インターネットの動画サイトにイスラム過激派組織「イスラム国」とみられる組織に拘束された後藤健二さんとみられる画像が投稿されました。

この画像の中では、後藤さんとみられる男性が、湯川遥菜さんとみられる写真を持っていて、この画像には「湯川さんが殺された」とする音声が付いています。これを受けて日本政府は、この画像と音声を分析してその信ぴょう性の確認を急いでいます。

外務省関係者はNHKの取材に対し、「動画が公開されたという情報は確認している。これから幹部が集まって対応を協議することになる」と話しています。

参照元 : NHKニュース



150125000032

とりあえずキャプチャ画像。

xxLzEEX

閲覧注意

B8Ig-_VCUAIFNaW

投稿された動画(修正版)




「イスラム国側、3カ月前は身代金要求せぬと明言」

2015/01/22 18:38

mqdefault (3)

3カ月前は、「身代金の要求はしない」と明言していたということです。

ジャーナリスト・常岡浩介氏:「(3カ月前には)『身代金の要求はしない』『見せしめの殺害はしない』と明言していた」

ジャーナリストの常岡氏は去年8月、「イスラム国」の幹部から「湯川遥菜さんの裁判の証人として来てほしい」と要請があったことを明らかにしました。その後、常岡氏がシリアで幹部と面会したところ、「身代金の要求や処刑はせず、イスラム法の裁判を行う」と話していたということです。常岡氏は「救出のために協力するが、外務省などから要請がない」としています。

参照元 : テレ朝ニュース




「99%以上、後藤さんと同一人物」専門家が音声分析

2015/01/25 11:54

mqdefault (4)

新たに公開された画像の音声について、音声分析の専門家は「99%以上、後藤健二さんと同一人物だ」と指摘しました。

音響研究所によりますと、新たに公開された音声と、去年10月に「イスラム国」に向かう際の後藤さんの音声のうち、名前を名乗る部分の声紋を比較した結果、「99%以上、同一人物だ」と指摘しました。

音響研究所・鈴木松美所長:「特徴点を見ると、こういうところに非常に特徴が出ている。周波数が同じ所に出ています。『ケンジ・ゴトウ』という非常に短い言葉なんですが、9点から10点、同一点が見られる。従って同一人物であると思います」

公開された画像については、警察庁などが分析を進めています。

参照元 : テレ朝ニュース












イスラム国関係者とみられる人物が「日本人2名を処刑した。動画は制作部門に送られた」とツイート

イスラム国(ISIS)関係者と見られるAbdul Aliという人物が、日本人の人質2名を処刑したとツイート。

B8BGwfJCMAAcwuF

以下ツイート内容

Abdul Ali
Kenji Goto Jogo and Haruna Yakwa have just been executed because of Japan's choices.
Video is being sent to production

B8BuC2pCcAAVleO

ケンジ ゴトウとハルナ ユカワは日本の選択のためにたった今処刑された。
動画は制作部門に送られた。


このAbdul Aliという人物がイスラム国メンバーという確証がないので、フェイク(悪戯ツイート)の可能性もある。しかし、Abdul Aliはアイコンと同じ顏の人物が出ている動画を紹介していた。その映像の左上にはイスラム国の旗マークがあります。


イスラム国(ISIS)日本人2名人質事件は茶番劇










【シリア邦人誘拐】テロ組織の資金源となる巨額の身代金ビジネス

「シリア日本人誘拐」の裏にある、テロ組織の“身代金ビジネス”

2014年08月28日 08時00分

シリア北部で日本人が、イスラム教過激派組織に誘拐されたことが判明した。欧米でもジャーナリストや技師が過激派組織に誘拐されているが、その裏にはテロ組織の資金源となる、巨額の「身代金ビジネス」があるのだ。

著者プロフィール:伊吹太歩
出版社勤務後、世界のカルチャーから政治、エンタメまで幅広く取材、夕刊紙を中心に週刊誌「週刊現代」「週刊ポスト」「アサヒ芸能」などで活躍するライター。翻訳・編集にも携わる。世界を旅して現地人との親睦を深めた経験から、世界的なニュースで生の声を直接拾いながら読者に伝えることを信条としている。

シリア北部アレッポで8月17日までに、日本人の湯川遥菜氏がイスラム教スンニ派過激派組織「イスラム国(Islamic State of Iraq and Syria、略称ISIS)」とみられる戦闘員らに拘束されたことが判明した。湯川氏の様子はビデオや画像などで公開され、日本でも彼のこれまでの言動などがあちこちで取り上げられた。

そんなニュースが日本を騒がす矢先、2012年11月に誘拐された米国人ジャーナリストのジェームズ・フォーリー氏がカメラの前で、ISISテロリストに生きたまま斬首される残忍な映像が公開された。

湯川遥菜氏がISISに拘束されたのは、シリア北部にある都市アレッポだ

ki_ibuki01

フォーリー氏の家族の思いを考えると心が痛むが、ビデオに登場して処刑を行った人物は英国なまりのイスラム過激派であり、「ザ・ビートルズ」というニックネームがある英国出身者集団(500人ほどいると言われる)の1人とみられている。今シリアやイラクのISISなどの過激派集団に、欧米国籍所持者が若者を中心に増えているが、その現実を見せつけた意味でも、この件は世界で衝撃を持って受け止められた。

米国はフォーリー氏の釈放に向けた活動を行っていたが結局、テロリストとは交渉しないという従来のスタンスを曲げず、結果的には彼を見殺しにしてしまった。

今米国では、米政府の“交渉しない”という方針の是非が議論されている。そしてその議論の背景には、ISISの「身代金ビジネス」がある。奇しくも今、日本人がISISとみられる集団に誘拐されており、日本もこの問題について考える必要があるだろう。

フォーリー氏に137億円の身代金を要求

フォーリー氏の殺害ビデオは「米国へのメッセージ」とタイトルがつけられている。動画の中で、ISISのメンバーは「処刑の動機は、米軍が始めたイラク北部への空爆に対する報復であり、空爆を止めなければ別の米国人拘束者を殺害する」と脅迫している。さらに捕虜の交換なども釈放の条件にしていたようだが、そんな大義とは裏腹に、水面下では身代金の交渉が行われていた、とニューヨーク・タイムズ紙は報じている。

同記事によれば、ISIS側はフォーリー氏の身代金として1億3200万ドル(日本円で約137億円)を要求していた。要は、彼らの目的は身代金だったのである(参照リンク)。

実はフォーリー氏の殺害直前、その犯行グループから、フォーリー氏の家族宛てに電子メールが送られており、メールに「お前たちは、ほかの政府は受け入れてきた現金送金という手段で、釈放を交渉する多くのチャンスを与えられていた」という文があった。この文言からも、彼らの目的は明らかだろう。

フォーリー氏への身代金を取り上げた、ニューヨーク・タイムズ紙の記事「Before Killing James Foley, ISIS Demanded Ransom From U.S.」
ki_ibuki02

 だが、米政府は身代金の支払いを拒否した。もちろん法外な金額であることは言うまでもないが、米国がテロリストに妥協しない方針を貫いたからだ。米政府はかねがね、身代金を払えばテロ組織を延命させるだけでなく、同様の事件が繰り返されるだけだと主張している。ただ結果として、自国民を見殺しにしたのは間違いない。

身代金を支払っていれば、フォーリー氏が斬首される必要はなかっただろうという事実が明らかになり、見方によっては“冷酷”な米政府の方針が、批判の矢面に立たされることになった。というのも、自国民が誘拐されることが多い欧州の国々は、やはり身代金を払ってでも彼らを救い出しているからだ。

50人で130億円、ISISの身代金ビジネス

ki_ibuki03

多額の身代金は、そのままテロ組織の資金源になると言われている

2014年に入ってからもスペインのジャーナリスト3人が釈放されたり、4人のフランス人ジャーナリストが無事に帰国したが、彼らは政府が身代金を払ったことで、生きたまま首を切られることなく自由になれた。

ちなみに分かっているだけで、これまでにフランスは身代金として5810万ドル(約60億円)、カタールとオマーンが2040万ドル(約21億円)、スイスが1240万ドル(約13億円)、スペインが1100万ドル(約11億円)、オーストリアが320万ドル(約3億3000万円)をテロ組織に支払い、自国民を救っている。

身代金を払う欧州の国々はもちろん「カネを払います」とは公言しないし、支払ったことも公にはしない。フランスに至っては、フランスの原子力技師4人が誘拐され、3年後の2013年に釈放されたケースがあったが、外相はその際に「身代金を支払わないというポリシーは変わっていない」とだけ話した。しかしその後、実際には2800万ドル(約29億円)を支払っていたことが暴露された。

身代金支払いを公にできないのは、米政府の主張通り、身代金がイスラム過激派組織の資金源になっている事実があるからだ。報じられるところでは、過去5年だけをみても、イスラム過激派組織が拘束した外国人は50人以上になり、身代金で稼いだ額は少なくとも1億2500万ドル(約130億円)に上るという。言うまでもなく、こうした身代金のほとんどは欧州諸国によって支払われたものであり、テロ組織の資金源になっていると言われる。

かつてニューヨーク・タイムズ紙の米国人記者がアフガニスタンで拘束されて命懸けの脱走に成功したというケースがあるが、脱走できるケースは非常にまれであり、さらに世界最強の米軍の特殊部隊をもってしても、救出作戦で誘拐された人が助けられたケースは少ない。

今回のフォーリー氏のケースでも、米高官は、オバマ大統領の承認で米特殊部隊が極秘作戦で救出を試みたと語っている。「不運なことに、救出を試みた場所に拘束されている人たちがおらず、作戦は成功しなかった」と話しており、十分な情報収集もできていなかったことを認めた。

つまり、米国人はテロリストに誘拐、拘束されればほぼ命がないということになる。フォーリー氏のケースで米国民が不快感を示す背景には、救出もできず、身代金も払わない政府の無策ぶりに向かっている。

湯川氏の交渉は難航する可能性が高い

とはいえ、最も責められるべきはISISなどの過激派組織である。ISISやアルカイダ系の組織は、イスラム原理主義やシャリーア(イスラム法)などと大義を挙げながら、結局のところは身代金ビジネスを行っているに過ぎない。

もちろん、それを資金としてさらなる虐殺・恐怖支配を行っているわけだが、先日話を聞いたあるサウジアラビアのジャーナリストは「イスラムでは人を殺すこと自体が許されていない。ああいう輩はイスラム教徒でも何でもない」と憤っていた。

では、今回日本人で拘束された湯川氏のケースはどうだろうか。彼のケースでは、日本政府が身代金を払う意思を伝えても、彼が武器を所持していた点が大きな障害になる可能性がある。彼は米国や欧州出身で拘束された人たち(ジャーナリストや技師たち)とは異なり、過激派組織側から、彼らと敵対するFSA(自由シリア軍)の戦闘員として戦っていたと思われているからだ。

湯川氏が拘束された際のものとみられる映像では、こんな場面がある。過激派側が「オレに嘘をつくな、お前は日本人ではない。どこ出身だ」「FSA(自由シリア軍)の兵士か? UK(イギリス)の兵士か?」と問い詰めている。中東地域の人たちには、日本人が武器を持って自分たちと戦うなんて想像もできなかったのだろう。

こうしたことから、身代金交渉は難航すると思われる。まず、湯川氏自体が戦闘員ではないことを証明し、敵対する組織のメンバーではないことを理解させる必要があるためだ。一応、カネがあり、一般的に害が少ないとみられている日本の国民ということから、身代金を上乗せすることで釈放になる可能性もないことはない。

もちろん湯川氏には無事に帰国してほしい。だが、身代金をテロ組織に払うにも米国からの「支払わないように」という要請が入る事態は考えられるし、身代金を支払えば、かつてのイラクで日本人が誘拐された際に高まった「自己責任論」のように、国内で議論を巻き起こす可能性もある。

現在、隣国ヨルダンに移動している在シリア日本大使館が情報収集をしているようだが、すぐに動きはないと思われる。今後も湯川氏の行方からは目が離せない。

参照元 : Business Media 誠

【関連記事】
米国人ジャーナリストを殺害した過激派組織「イスラム国」の実行犯は23歳の英国人ラッパー

【閲覧注意】イスラム過激派組織「イスラム国(ISIS)」が米国人ジャーナリストを殺害する映像公開(R18指定)

イスラム国が米国の武器使用 ISISのリーダーは偽ユダヤ人「米国とマッチポンプ」

クルド人出身の若い女性らがイスラム過激派組織「イスラム国」の戦闘員に強姦されたことを苦に集団自殺

【シリア邦人拘束】過激派組織「イスラム国」との解放交渉が決裂し、戦闘状態に

シリアで日本人がイスラム教スンニ派過激派組織「イスラム国(ISIS)」のメンバーに拘束される!尋問を受けている映像あり

イスラム国(ISIS)「スパイ湯川遥菜を拘束した」 自由シリア軍メンバー「ハルナはアレッポ郊外で戦闘に巻き込まれ負傷、今はシリア北部で拘束されている」

シリアで拘束された邦人は今回で三度目の拘束だった!元の名前は「湯川正行」で湯川遥菜に改名

シリアでイスラム国(ISIS)のメンバーに拘束された日本人は処刑?安江塁がISISメンバーに湯川氏の情報を流したのが原因か

【シリア邦人拘束】反体制派武装組織”イスラム戦線”のメンバー「拉致した組織から男性は無事だと伝えられた」

【シリア邦人拘束事件】湯川遥菜さんの会社関係者「仕事で行ったのか、依頼で行ったのか、ボランティアで行ったのか分からない」

【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

【閲覧注意】イラク過激派組織「ISIS」が敵対する相手を車ですれ違いざまに射殺しまくる映像(R18指定)

【閲覧注意】イラク過激派組織「ISIS」がシーア派のイラン人を大量虐殺(R18指定)

シリアでアルカイダ系の武装組織「ヌスラ戦線」に拘束されていた米国人記者が約2年ぶりに解放される

イスラム教シーア派民兵がスンニ派のモスク(イスラム教礼拝所)を襲撃 68人が死亡


シリアでアルカイダ系の武装組織「ヌスラ戦線」に拘束されていた米国人記者が約2年ぶりに解放される

米国人記者解放 アルカイダ系組織がシリアで拘束

2014/08/25 14:00

mqdefault

シリアで国際テロ組織「アルカイダ」系の武装グループに拘束されていたアメリカ人の記者が、約2年ぶりに解放されました。

アメリカ人の記者、ピーター・カーティス氏はおととし10月から、シリアでアルカイダ系の武装組織「ヌスラ戦線」に拘束されていました。しかし、24日に解放され、国連の平和維持軍に引き渡されました。カタール政府が仲介していたということです。

ホワイトハウスのライス大統領補佐官は、カーティス氏は現在、シリア国外にいて、近く家族と再会することを明らかにしました。また、ケリー国務長官は、カーティス氏らシリアで拘束されているアメリカ人の解放に向けて20カ国以上に支援を求めてきたとし、これからも「外交や軍事などあらゆる手段を使っていく」という声明を出しました。

参照元 : テレ朝ニュース




【シリア邦人拘束】反体制派武装組織”イスラム戦線”のメンバー「拉致した組織から男性は無事だと伝えられた」

シリア拘束「男性は無事」…反体制派武装組織

2014年8月21日(木)3時0分配信

000032945_640


【アンマン=酒井圭吾】内戦中のシリアで湯川遥菜(はるな)さん(千葉市花見川区)とみられる男性が拘束された事件で、男性と一緒に行動していたシリアの反体制派武装組織「イスラム戦線」のメンバーは20日、本紙の電話取材に対し、拉致した組織から「男性は無事だ」と伝えられたことを明らかにした。

このメンバーによると、男性は20日までにシリア北部アレッポ郊外の市や村を移動させられているという。移動の目的は不明。拉致した組織は、イスラム過激派組織「イスラム国」とみられている。「イスラム戦線」は「イスラム国」に対し、無線機などで捕虜交換による解放を呼びかけていた。

ヨルダンにある在シリア日本大使館の対策本部は、「情報を収集中」としている。

参照元 : 読売新聞





【関連記事】
シリアで日本人がイスラム教スンニ派過激派組織「イスラム国(ISIS)」のメンバーに拘束される!尋問を受けている映像あり

シリアで拘束された邦人は今回で三度目の拘束だった!元の名前は「湯川正行」で湯川遥菜に改名

イスラム国(ISIS)「スパイ湯川遥菜を拘束した」 自由シリア軍メンバー「ハルナはアレッポ郊外で戦闘に巻き込まれ負傷、今はシリア北部で拘束されている」

シリアでイスラム国(ISIS)のメンバーに拘束された日本人は処刑?安江塁がISISメンバーに湯川氏の情報を流したのが原因か

【シリア邦人拘束事件】湯川遥菜さんの会社関係者「仕事で行ったのか、依頼で行ったのか、ボランティアで行ったのか分からない」

【閲覧注意】イラク過激派組織「ISIS」がシーア派のイラン人を大量虐殺(R18指定)

【閲覧注意】イラク過激派組織「ISIS」が敵対する相手を車ですれ違いざまに射殺しまくる映像(R18指定)

【閲覧注意】イラクのテロリストがバイクを盗む方法がヤバすぎる

【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)


イスラム国「スパイ湯川遥菜を拘束した」 自由シリア軍メンバー「ハルナはアレッポ郊外で戦闘に巻き込まれ負傷、今はシリア北部で拘束されている」

イスラム国が犯行声明 「日本のスパイを拘束した」

2014年8月19日16:57
 
mqdefault (7)

シリアで日本人男性がイスラム過激派「イスラム国」に拘束されたとみられる事件で、「イスラム国」を名乗る犯行声明がネット上に公開されました。男性は依然として行方不明ですが、「スパイ」として敵視されている事から安否が気遣われています。

「どこから来た」(戦闘員)
「日本だ」(男性)
「うそをつくな」(戦闘員)
「日本だ」(男性)

内戦が続くシリアで日本人男性がイスラム過激派「イスラム国」に拘束されたとみられる事件。この動画がインターネット上に公開されてから丸二日が経とうとしていますが、いまだ日本人男性の行方はわかっていません。

こうした中、イスラム過激派が利用することで知られるホームページに、「イスラム国」を名乗る犯行声明が18日までに掲載されました。そこに書かれていたのは・・・

「日本人のスパイのユカワ・ハルナを拘束した」

犯行声明とともに掲載された写真などから、拘束されたのは千葉市在住の湯川遥菜さんだとみられます。

「恐らく彼も(シリアに)行くには、それなりの覚悟があったと思う。自分なりの考えもあって行ったのでしょう」(湯川遥菜さんの父親)

ホームページには、湯川さんの携帯電話の中にあったと見られるデータや写真が多数並べられており、犯行グループはこれらをもとに「湯川さんを『日本のスパイ』と判断した」としています。「敵」とみなされた湯川さんを、今後どう扱うのか、安否が気遣われます。

「シリアの第2の都市アレッポに来ています。護身用に銃を持っています」(湯川遥菜さん自身の映像より)

シリア国内とされる場所で撮影された拘束前の湯川さん自身の映像。湯川さんは銃を所持し、発砲する姿などを自ら数多く撮影、記録していましたが、今回これらが「スパイ」や軍事関係者の証拠として受け止められたと見られています。

こうした中、JNNはシリアの情報当局にインタビューし、湯川さんの情報を聞きましたが・・・。

「情報局としてイスラム国と一切連絡を取っていない状態なので、何の情報もない」(シリア情報局担当者)

「なんでここにいるんだ」(戦闘員)
「仕事だ」(男性)
「何の仕事だ?」(戦闘員)
「写真家だ」(男性)
「写真家はこんな格好をしない。なぜ銃を持っているんだ!」(戦闘員)

湯川さんはいま、どうしているのか?一刻も早い確かな情報が待たれます。

参照元 : TBSニュース


自由シリア軍がイスラム国と「解放に向け交渉も」

2014/08/19 17:09

mqdefault (1)

日本人男性が過激派組織に拘束されたとみられる事件が新展開です。

(吉田豪記者報告)
国境の町キリスへと向かう道です。こちらは、朝から人を乗せたバスや車が国境にどんどんと向かっています。また、シリアのナンバーを付けた車も多く見受けられます。このキリスを越えると、反体制派「自由シリア軍」が支配する地域です。湯川遥菜さんとみられる男性ですが、彼らと行動をともにしていたということで、反体制派側から提供された写真を見ると、日本のパスポート、日本製の歯磨き粉や衣類などがそのまま彼らのもとに残されていたことが分かります。

その後の足取りですが、自由シリア軍が、湯川さんとみられる男性の解放に向けてイスラム国側と交渉を試みていることが新たに分かりました。捕虜交換の形を模索しています。アサド政権、自由シリア軍、そして男性を拘束したイスラム国が激しい戦闘を繰り広げている都市アレッポは、ここから車で1時間とかかりません。

ただ、現在は在シリア大使館も一時的に隣の国のヨルダンに移って業務を行っている状況です。情報の確認は難航しています。解放に向けた交渉、新たな動きが出てきましたが、今も男性の安否は分かっていません。

「イスラム国の犯行声明とされる文書から」

参照元 : テレ朝ニュース


「無事帰ることを願う」シリアで“拘束”男性の父親

2014/08/19 11:46

mqdefault (10)

内戦が続くシリアで日本人男性が拘束されたとみられる問題で、男性の父親が19日朝、千葉市の自宅で取材に応じ、「無事に帰ることを願っている」と苦しい胸の内を語りました。

拘束されたとみられる男性の父親:「親としての教育が不十分だと痛感しております。いくら軍事会社といっても、信用の部分では欠けるのでは。自分は向こうに行って、肌で感じてくると強く思っていたように思う。それでシリアに行ったのだと思う。無事に帰って来ることが私の一番の願いでございます」

参照元 : テレ朝ニュース


自由シリア軍メンバー「ハルナはけがをした後に拘束」

2014年8月19日23:00

mqdefault (9)

シリアで拘束されたとみられる日本人男性の湯川遥菜さん。国境近くのトルコ側にいるJNNの記者の取材に対して、反体制派、自由シリア軍のメンバーが湯川さんの詳しい足どりを明かしました。

「ハルナはトルコにいたが、7月29日にシリアに入った。私たちはこの場所で彼を迎えました」(反体制派「自由シリア軍」メンバー)

先月29日、湯川さんはこの人物にシリアとトルコの国境で出迎えられ、この検問所から一緒に入国したといいます。その後、彼がシリア国内から得た情報によりますと、湯川さんはアレッポ郊外で戦闘に巻き込まれ負傷、今はシリア北部で拘束されていると話します。

「(シリアに入って)アレッポ郊外で戦闘があり、ハルナは写真を撮りにそこへ向かった。そのとき(湯川遥菜さんは)けがをして、(過激派の)イスラム国に拘束された」(反体制派「自由シリア軍」メンバー)

湯川さんは民間軍事会社の代表ですが、彼ら自由シリア軍のメンバーには「写真家」または「ジャーナリスト」と、別の職業を語っていたといいます。湯川さんは、なぜシリアと関係を持ったのでしょうか。

「シリアに以前知り合った仲間がいるということで、それで行くんだという話だった」(湯川遥菜氏の父親)

「護身用に銃を持ってます」(湯川遥菜氏〔YouTubeより〕)

今回の拘束は、銃の所持などからスパイや軍事関係者の証拠と受け止められた可能性が高いのです。「お盆休みには帰る」とシリアから実家に電話をしていたという湯川さん。父親は無事の帰りを願っています。

参照元 : TBSニュース


安否への懸念強まる=過激派の敵に同行―反体制派幹部「生存確信」・シリア邦人拘束

2014年8月19日(火)2時31分配信

【アンマン、カイロ時事】内戦が続くシリアの北部アレッポでイスラム教スンニ派の過激組織「イスラム国」に拘束された湯川遥菜さんとみられる男性の安否や所在をめぐり、在シリア日本大使館(内戦激化のため隣国ヨルダンで業務中)に設けられた現地対策本部は18日、引き続き情報収集を進めた。インターネット上では、男性が「神の判断で処刑された」との書き込みも出ており、身の安全が懸念されている。 男性をめぐっては、イスラム国の構成員らしき人物が拘束した際、組織への忠誠を強要する動画がネット上に投稿されている。

イスラム国と敵対する反体制武装組織「自由シリア軍」幹部は18日、時事通信の電話取材に対し、シリア北部アレッポでイスラム国に拘束された湯川遥菜さんとみられる男性が部隊に同行していたことを明らかにした上で、安否について「生存をほぼ確信している」と語った。現在、自由シリア軍が拘束しているイスラム国の捕虜との交換に向け、接触を試みているという。

湯川さんは、これまで繰り返しシリアや隣国イラクを訪問。5月上旬、フェイスブックに自由シリア軍に厚遇されたと記載する一方、7月下旬にはツイッターで「イスラム国は一応僕から見ると敵ですね。仲間たちが戦っている」と書き込んでいた。 在シリア日本大使館の馬越正之・臨時代理大使は18日、「戦闘が激しい地域の一つなので情報収集に苦労している」と明かした。

本人の安否や所在に関する有力な手掛かりは得られておらず、拘束に関する犯行声明や身代金要求も届いていないという。現地対策本部は、馬越氏以下大使館職員5人に加え、在ヨルダン日本大使館職員も合わせて約20人態勢で事実確認を急いでいる。

参照元 : 時事通信








【関連記事】
シリアで日本人がイスラム教スンニ派過激派組織「イスラム国(ISIS)」のメンバーに拘束される!尋問を受けている映像あり

シリアでイスラム国(ISIS)のメンバーに拘束された日本人は処刑?安江塁がISISメンバーに湯川氏の情報を流したのが原因か

【シリア邦人拘束事件】湯川遥菜さんの会社関係者「仕事で行ったのか、依頼で行ったのか、ボランティアで行ったのか分からない」

【閲覧注意】イラク過激派組織「ISIS」がシーア派のイラン人を大量虐殺(R18指定)

【閲覧注意】イラク過激派組織「ISIS」が敵対する相手を車ですれ違いざまに射殺しまくる映像(R18指定)

【閲覧注意】イラクのテロリストがバイクを盗む方法がヤバすぎる

【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)


シリアでイスラム国のメンバーに拘束された日本人は処刑?安江塁がISISメンバーに湯川氏の情報を流したのが原因か

シリアで日本人の湯川遥菜さんがイスラム教スンニ派過激派組織「イスラム国(ISIS)」のメンバーに拘束された事件で、ISISメンバーと思われるツイッターアカウントが衝撃的なツイートを発信した。

日本時間の8月18日、午前5時25分にツイートされた内容で、湯川遥菜氏を処刑したともとれる以下のような発信がされている。



A Japanese spy Haruna Yukawa was captured by ISIS army and executed by God's Judgment

_tpmtzy-_400x400

【翻訳】
「日本人スパイ湯川遥菜はISIS軍に囚われ、神の裁きを受けた」

>神の裁きを受けた
>神の裁きを受けた
>神の裁きを受けた


今回、湯川氏がISISに拘束される原因を招いたのは、安江塁がISISメンバーにツイートしたのが発端か?


ISISメンバーに湯川氏の情報を流した@rui_louisは反省。

528

現在@rui_louisのアカウントは非公開にされてます。動揺が隠せない様子。

▼公開していた時のキャプチャ
619

ISISメンバーに湯川氏の情報を流した安江塁@rui_louisとは?

フリーランス?アラビア語などの通訳をしているらしい。通訳とカメラマンがメインか?

安江塁氏「フリーランスは "誰とでも仕事をする" のが絶対条件です」

2013年04月19日16:00

711

サシャ: フリーで食べていけるのかっていう問題は、結局マインドに拠るところが大きいんじゃないかっていうことを実感しています。成功ノウハウのような書物もたくさん出ていますけど、仕事はないけど何とかなるかっていう…勇気ですね。これは本当に勇気がいることです。私の場合は先ほどお話しした通り、自分の潜在意識の中でサラリーマンを選ぶ余地がなかったので、結果的に身に付けられたっていうことはあるかも知れません。

安江: 営業力のないフリーランスは100%食べていけません。自営業になったら、事務所にいきなり電話が鳴る…なんてことはあり得ないわけです。相手はこちらの電話番号を知らないですから(笑)。フリーランスって一見協調性がなさそうに見えますけど、誰とでも仕事をするっていうのが絶対条件になってきます。だからこそ「好きなことを」「何でも」やるように心掛けていますね。

城: 起業した知り合いとかを見ていると、起業して成功している人って2種類いるんですよ。それは、サラリーマンとして組織の中で専門性を磨いて、それを武器にすることで成功した人と、前職とまったく関係ない分野で成功している人なんですね。例えば飲食店を何店舗かやった後でコワーキング・スペースで成功して、この前本出したりした知り合いがいるんですけど、彼はこれまでのキャリアとはまったく関係ないことで成功しちゃってるんですね。本人に聞いても、「いやー、東大出て、大企業入って…っていうサラリーマン経験は必要なかったかも知れないね」っていう話をしているくらいで(笑)。つまり「いつ起業するか」とか「まずは大企業で何年働いて…」っていう話じゃなくて、最終的には「どういう風に生きたいか」っていうマインドの問題になって来るんでしょうね。

参照元 : カザーナ

5.【企業 "以外" で働く未来論】パネルディスカッション/サシャ・シヴァノヴィッチ氏〜安江塁氏〜城繁幸氏



安江 塁

通訳/翻訳サービス イルティバート代表兼主任通訳。 主なサービス: ・アラビア語、英語、日本語の翻訳および通訳 ・日本語校正 ・写真撮影 1984年名古屋に生まれる。 南山大学で国際政治、カイロ大学ダール・エルウルーム学部でアラビア語を学ぶ。

安江 塁プロフィール

安江塁フェイスブック

日本人が中東で拘束され、嫌儲民のデマ情報で処刑されたか?

■経緯

安江塁記者@rui_louisがツイッターで、ISISメンバーに「そいつPMCッスw」と告げ口。



ISISメンバー「解った!殺す」



安江塁は自身のTwitterに言い訳を残して鍵を掛けて逃亡中。

2chの嫌儲板(2ch内でも嫌われている炎上とか起こすのが大好きな人達の集まり)にスレが立つ。

シリア反政府軍に加わっていた日本人イスラム聖戦士がイスラム国(IS)に捕縛された模様 [472883477]

─↓──────────────────────────────────

ID:ePUTEO/t0が動画から拘束された人の名前を聞き取って検索してFacebookのアカウントをスレに晒し、検証、本人確定。

湯川氏のブログ

拘束された湯川氏FB

(Twitterによると本業は翻訳、通訳、カメラマン。中東での取材及び講演会も)

─↓──────────────────────────────────

嫌儲住民が遊び半分で、ツイッター経由でデマを含めた煽り情報をISISへ報告

(CIAや日本人のスパイ等の嘘)
@rui_louis 顔本提供
@Thoton
@ShirotakaIshida 顔本提供
@HASSANKONAKATA
@shamilsh
@SASAKI_Hirosh1

1q3iGWQ

@S_E_A_L_s

─↓──────────────────────────────────

どうやら処刑される公算となってあわててブログで工作・自己責任論を展開し逃げ道を作成中。

イスラム教スンニ派過激派組織「イスラム国(ISIS)」は、これまでに一般市民に対しても殺害、処刑といった行為を散々繰り返している。


抵抗住民の首切断、イスラム国が700人虐殺

2014年08月17日 20時19分

【カイロ=溝田拓士】英国を拠点とする民間団体「シリア人権監視団」は16日、イスラム過激派組織「イスラム国」が、勢力圏のシリア北東部デリゾール付近でこの2週間のうちに住民ら約700人を殺害したと発表した。

行方不明者も数百人に上るという。

デリゾールの部族はイスラム国と同じイスラム教スンニ派だが、イスラム国の統治に抵抗したため、「不信仰者」と断じ、住民を追い回して首を切断するなどしたという。イスラム国は、同じスンニ派でも、統治方針に従わない住民や宗教関係者を容赦なく殺害している。

AFP通信が報じた人権活動家の話では、イスラム国はイラク軍から強奪した米国製とみられる戦車や迫撃砲を使い、町や村への襲撃を続けている。シリア北部アレッポ周辺でも、14日までに10か所の村を制圧した。イラク北部では米国の空爆を受けているため、シリア北東部に重心を移した可能性もある。

参照元 : 読売新聞



クルド少数派80人虐殺か 「イスラム国」

2014/8/16 10:09

【カイロ=共同】イラクの連邦議会議員らは15日、過激派「イスラム国」の戦闘部隊が北部の村でクルド民族少数派ヤジド派の住民約80人を「虐殺」し、女性を拉致したと述べた。ロイター通信が伝えた。

イスラム国の8月上旬の進撃で避難民となったヤジド派は、米軍の空爆や支援物資投下により危機的状況を脱しつつあるとみられるが、イスラム国の制圧地域では迫害が続いているもようだ。

議員らによると、イスラム国の戦闘部隊は村民に5日前からイスラム教への改宗を迫っていたが、15日、改宗に関する講義を行った後、男性村民を集めて銃殺した。女性は、イスラム国が拠点としているタルアファルに拉致されたとみられるという。

ヤジド派は、ゾロアスター教やイスラム教の影響を受けた独特の信仰を持っており、イスラム国は「悪魔崇拝」とみなして「改宗か死」を迫っている。

イスラム国は8月上旬に北部シンジャールを武力制圧した際、住民少なくとも500人を殺害したとされる。

参照元 : 日本経済新聞


遊び半分でTwitterで情報提供した奴らマジで国賊でしょ?今までそこまで気にかけていなかった「日本」という国がISISに悪い意味で意識されてしまった。

www_dotup_org5261679

ISISが日本に手段を問わず、攻撃をしかけてきた場合、情報提供した連中は外患誘致罪になるかもね。

【関連記事】
シリアで日本人がイスラム教スンニ派過激派組織「イスラム国(ISIS)」のメンバーに拘束される!尋問を受けている映像あり

【閲覧注意】イラク過激派組織「ISIS」がシーア派のイラン人を大量虐殺(R18指定)

【シリア邦人拘束事件】湯川遥菜さんの会社関係者「シリアに仕事で行ったのか、依頼で行ったのか、ボランティアで行ったのか分からない」

【閲覧注意】イラク過激派組織「ISIS」が敵対する相手を車ですれ違いざまに射殺しまくる映像(R18指定)

【閲覧注意】イラクのテロリストがバイクを盗む方法がヤバすぎる

【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)


シリアで日本人がイスラム教スンニ派過激派組織「イスラム国」のメンバーに拘束される!尋問を受けている映像あり

内戦中のシリア、日本人拘束か…大使館に情報

2014年08月17日 23時54分

10380667_255152611342592_1467243941514017940_o

【カイロ=溝田拓士】内戦中のシリアで日本人が拘束されたとみられることが17日、在シリア日本大使館への取材でわかった。

大使館は16日夕(日本時間夜)、館内に現地対策本部を設置し、事実確認を急いでいる。

馬越正之・臨時代理大使によると、同大使館に16日、第三者から日本人が拘束されたとの情報が入った。大使館は拘束されたとみられる日本人の性別や年齢層、職業などは「確認中」として明かしていない。

同大使館は内戦激化に伴い、隣国ヨルダンの日本大使館内で業務を行っている。

参照元 : 読売新聞


シリアで日本人拘束か、外務省 確認急ぐ

2014年8月18日00:57

news2276943_6

シリア北部でイスラム過激派に日本人が拘束されたとの情報があり、外務省が確認を急いでいます。

日本人男性が拘束されたとされるのはシリア北部の都市アレッポで、インターネット上に16日に投稿された動画とコメントによりますと、この男性はイスラム過激派と対立する反体制派武装組織、自由シリア軍と行動を共にしていました。

動画は、シリアとイラクで支配地域を拡大しつつある過激派組織「イスラム国家」と関連している可能性が高く、男性が武装戦闘員に「どこから来た」と問われ「日本だ」と答える様子などが映っています。

外務省は「事実関係を確認している」としています。

参照元 : TBSニュース


81ab52ce-s

0e239f87-s

d57b1c64-s

湯川遥菜(ゆかわ・はるな)氏が、イスラム教スンニ派過激派組織「イスラム国(ISIS)」のメンバーから尋問を受けている映像。



ISIS兵士:お前はどこから来た!

湯川氏:日本です。

ISIS兵士:お前が日本から来たはずがない。お前はどこから来たんだ?

湯川氏:日本です。

ISIS兵士:お前が日本から来たわけがない!

湯川氏:名前はハルナ ユカワです。

ISIS兵士:なぜお前はここにいるんだ?

湯川氏:日本人です。

ISIS兵士:なぜ、ここにいるんだ?

湯川氏:仕事です。

ISIS兵士:何の仕事だ!?

湯川氏:写真家です

ISIS兵士:写真家なわけがない!写真家にはこんなもの(銃)必要ない!

湯川氏:ノーノーノーノーノー

ISIS兵士:写真家にはこんなもの(銃)必要ない!
なぜお前は銃をもっている!なぜお前は銃を持っている!

(周囲が一斉に騒ぎ出し聞き取れない。ハルナ氏はノーを連呼)

(しばらく間が開いて)

湯川氏:あなたはドクターか?

ISIS兵士:ドクター?

湯川氏:私はジャーナリストが半分で、半分がドクター(医者)だ。

ISIS兵士:博士号ってことか?

湯川氏:ノーノー、医療者(メディカル)だ。

(しばらく聞き取り不能)

ISIS兵士:なぜお前は銃を持っているんだ?
お前はFAAの兵士か?

湯川氏:ノーノーノーノー

ISIS兵士:お前はFAAの兵士か?

湯川氏:ノー
FAAの兵士は死んだ。アー…これは銃だ

ISIS兵士:お前はこれを(死んだFAAの兵士から)取ったのか?

湯川氏:そうだ。あ、しかし撃ってはいない。

ISIS兵士:なぜお前は銃を取ったんだ?

湯川氏:そう、取ったんだ。取ったんだ。

ISIS兵士:なぜお前は銃を取ったんだ。
お前は泥棒なのか?

湯川氏:ノーノー、FAAの兵士は死んでいたんだ。

ISIS兵士:お前がその兵士を殺したのか?

湯川氏:ノーノーノーノー
FAAの兵士は死んでいたんだ。

ISIS兵士:お前がそのFAAの兵士を殺したのか?

湯川氏:(しばらく黙って)アー…FAAの兵士は…死んでいた…。

ISIS兵士:FAAは俺たちの仲間を殺した!

湯川氏:私は兵士ではない…。

ISIS兵士:お前はFAAの兵士を殺したのか?
なぜお前は銃や、備品や、ブーツを持っているんだ?
(ハルナ氏にナイフが突きつけられる)

Islamic State video claims capture of “Japanese” FSA fighter in northern Aleppo during ongoing offensive 15/08

Syria - IS captures alleged japanese FSA militant 15/08




シリアで日本人拘束か 男性「湯川遥菜」 外務省が現地対策本部

2014.8.18 00:32

【カイロ=大内清】内戦中のシリアで日本人が拘束されたもようだ。在シリア日本大使館の馬越正之・臨時代理大使は17日、シリア国内で日本人が拘束されたとの情報が入り、16日夕、館内に現地対策本部を設置し事実確認を進めていることを明らかにした。

拘束されたとみられる日本人の性別や年齢、職業などについては「事案の性質上、コメントを差し控える」として明らかにしていない。だが、インターネット上では「湯川遥菜(ゆかわ・はるな)」と名乗る日本人男性が、イスラム教スンニ派過激派組織「イスラム国」のメンバーとみられる男らに拘束されている映像が流れている。この男性は反体制派武装組織、自由シリア軍と行動をともにしていたとみられ、シリア北部アレッポで過激派に拘束されたという。

在シリア日本大使館は、内戦の激化に伴い、隣国ヨルダンの日本大使館内で業務にあたっている。同大使館は、安否情報や過激派組織側からの身代金要求などについて「承知していない」としている。犯行声明もないという。

参照元:産経新聞


拘束されたのは湯川遥菜(ゆかわ・はるな)という日本人か?傭兵なのでは?民間軍事会社?

photo (2)

ピーエムシー 株式会社 (Private Military Company) 民間軍事会社
HEAD OFFICE 2-7-4 Aomi,Koto-ku,Tokyo,Japan
OVERSEAS BRANCH Syria, Turkey, Iraq, Africa
BOARD MEMBER ・ Haruna Yukawa (CEO)
TEL : 81-3-3527-6502  FAX : 81-03-6800-1383

事業の目的 世界情勢が変化する中、わが社は国際的視野に立ち、アジアを始め世界へ渡航する方々が安全に行き来でき、危険な地域への警護を行い家族の元へ無事に帰国させる様、人命を守ると言う特別な事業を日本で初めて、始めた次第でございます。参照元 : PMC JAPAN

湯川遥奈、本名:湯川正行、自称「男装の麗人川島芳子の生まれ変わり」

24歳で起業して現在41歳。その間10億円稼いだが、去年くらいには資金0円になっていたらしい。1ヶ月ホームレス生活をした経験あるらしい。

3000万円の資金が必要になったとき300万円を競馬に突っ込んで資金を作ったらしい。自伝を作成中 今年の夏〜冬に出版される予定だった。

2012年末ごろから「新しい戦い」と称して傭兵会社を作る準備を始めていた。(最終的には3年くらいで会社を育てて 売り払って隠居生活するつもりだったらしい)元々、自衛官ではなく、ある程度の期間トレーニングしただけ。

以前はミリタリーショップを経営する会社の経営者だった事が明らかになった。千葉市美浜区で2005年くらいまで、店舗とネットショップとを営業していた「ミリタリーショップ日高屋」というサバイバルゲーム関係のお店の店主だったらしい。


アメブロ⇒♪ HARUNAのブログ ♪

thumd2021

thumd2022

Haruna Yukawaというyoutubeアカウントで動画を配信してるようです。⇒Haruna Yukawa/youtube

湯川氏は、このようなグロ映像をアップロードしていた。





本人が登場する映像▼




湯川氏のフェイスブック▼
wv0Aw0y

【関連記事】
シリアでイスラム国(ISIS)のメンバーに拘束された日本人は処刑?安江塁がISISメンバーに湯川氏の情報を流したのが原因か

【閲覧注意】イラク過激派組織「ISIS」がシーア派のイラン人を大量虐殺(R18指定)

シリアで拘束された邦人は今回で三度目の拘束だった!湯川遥菜は偽名で、本当の名前は「湯川正行」

【閲覧注意】イラク過激派組織「ISIS」が敵対する相手を車ですれ違いざまに射殺しまくる映像(R18指定)

【閲覧注意】イラクのテロリストがバイクを盗む方法がヤバすぎる

【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)


最新記事






楽天トラベル




人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ