地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

抗生物質

抗生物質に対して強い耐性を持つスーパー淋菌が日本の風俗嬢から発見される!英国でも感染流行

女性の半数、危険な性交渉? 抗生物質で治らない「スーパー淋病」が英国で感染流行か!

2016.05.11

イギリスのウェスト・ミッドランド地域北西部、および南西部で相次いで淋菌の新株が発見さている。この進化した淋菌は、抗生物質に対しての抵抗力が非常に強く、2014年に最初の感染者が見つかってから34人の感染者が確認されており、専門家たちからの警鐘が鳴らされている。

■抗生物質に対して強い耐性を持つスーパー淋菌が出現

イギリスの「Daily Mail」紙のレポートによれば、このスーパー淋菌によって発症する新型淋病に対して、現時点では有効な治療手段がなく、大規模な感染流行の危険性が潜んでいるとのことである。

確認されている患者は、ウェスト・ヨークシャー、ウェスト・ミッドランド、ロンドンの北部と南部と地域的に限定されてはいるが、まだ確認されていない患者やキャリア(感染者)は多数いるのではないかと想定される。おそらく女性の半数と男性の10人に1人は感染に気がつかないまま、感染源として危険な性交渉をしているのではないかと疑われている。

このスーパー淋菌は、抗生物質に対して非常に強い耐性を持ち、現時点で淋菌に対して有効とされている2つの抗生物質のうち、ひとつには完全な耐性を持っていて、もうひとつに対しても非常に早い速度で進化し耐性をつくりあげる過程にあるという。通常の淋病の治療で使用される2種類の抗生物質のひとつ、アジスロマイシンに対しては完全耐性があり、もうひとつのセフトリアキソンに対しては部分耐性があるという状況なのだ。

2016-06-01_185431

淋病は、すぐに直接死に結びつく性感染症ではないが、治療が遅れたり、このスーパー淋病のように薬が効かなかったりすれば、不妊や流産の原因となったり、視力に障害をもたらしたり、重篤な炎症を引き起こすこともあり、当然のことながら適切な治療が必要な感染症である。イギリス保健省のチーフメディカルオフィサーのダム・サリー・デイヴィス教授は、このスーパー淋菌に対して、昨年の12月には「もはや淋病は治療不可能な病気になる危険がある」と国内の医療関係者に警告文書を発信しており、また、保健省当局から公に不用意なカジュアルセックスを控えることと、新しいパートナーとのセックスの際にはコンドームの使用を促すという警告も出されている。

■医療の進歩がウイルスを強く凶悪なものへと進化させている

このスーパー性病を引き起こす新株は、昨今医学界、薬学界でなにかと話題にのぼる薬剤耐性を持つ微生物、特に抗生物質耐性微生物が多数出現している事態を表すひとつの例であり、医師や薬剤師による、薬の過剰な処方による結果でもあるとされている。ある例をあげれば、ペニシリンなどの数種類の抗生物質は、いまでは皮膚の感染症や、のどの痛み、肺炎には効き目がなくなってきているという。

デイヴィス教授によれば「抗生物質に耐性がある微生物の脅威は、テロリズムと同等の危険性がある。ちょっとした切り傷でも、そこから耐性菌が侵入してしまう可能性もある。」とのこと。また、ジョージ・オズボーン財務大臣は、抗生物質耐性菌は2050年までに、年間のガンによる死者数を超え、年間一千万人超の死者を出すことになるであろうと発言している。

2016-06-01_185500

なんでも薬で治ってしまうという“薬神話”があるが、医師や薬剤師が薬を過剰に使用していることだけでなく、患者自身もまた多くの薬の処方を望んでいる事実もあるのだろう。抗生物質の発見は、おそらく医療界での革命だったに違いないが、それが微生物をさらに強く凶悪なものに進化させてしまったとも言えるだろう。医学の進歩か微生物の進化か、どちらが勝つかはわからないが、不用意なセックスはしばらく避けたほうがよさそうである。

(文=高夏五道)

参考:「Daily Mail」ほか

参照元 : TOCANA


Sex superbug that is sweeping the country: Experts' worry over gonorrhoea strain that's becoming immune to antibiotics

・New strain found in the West Midlands, north and south east of England
・It has been found to be highly resistant to drug antibiotic azithromycin
・There have been 34 confirmed cases since November 2014

By HARVEY DAY FOR MAILONLINE
PUBLISHED: 13:47 GMT, 17 April 2016 | UPDATED: 11:59 GMT, 21 April 2016

A sexually transmitted ‘superbug’ that is on the verge of becoming untreatable is sweeping across Britain, health experts warn.
Cases of the drug-resistant gonorrhoea strain have been confirmed in West Yorkshire, the West Midlands, London and the North East.
But there are likely to be many others which have gone unreported, officials fear. It is caused by a bacteria quickly becoming immune to one of the last two available antibiotics. Experts fear it will soon develop a resistance to the second drug – and there are no others in reserve. Health officials are urging the public to limit casual sex and wear condoms with a new partner.

33452FFD00000578-0-image-a-100_1460900337061

A highly drug-resistant type of 'super-gonorrhoea' is spreading across the country, with senior medics warning it may become untreatable. Neisseria gonorrhoeae (above), the bacterium responsible for the sexually transmitted infection gonorrhea

GPs have also been warned to be extra vigilant and ensure they prescribe the proper treatment. But the spread of this ‘super’ sexually transmitted disease is further evidence of the growing threat of antibiotic-resistant bugs. For decades, antibiotics have been so overused by GPs and hospital staff that the bacteria have evolved to become resistant. Doctors report that medicines including penicillin no longer work on sore throats, skin infections and more seriously, pneumonia.
Chief Medical Officer Dame Sally Davies has said the threat is as severe as terrorism – with patients dying from minor cuts after succumbing to drug-resistant bugs. And only last week Chancellor George Osborne said that antibiotic-resistant bacteria will claim ten million deaths a year worldwide by 2050 – even more than cancer.

Public Health England yesterday issued an alert stating that cases of this super-gonorrhoea were continuing to rise and represented a ‘very real threat’.
So far 34 adults have been diagnosed with the strain since November 2014 but this is almost certainly only the tip of the iceberg. More than half of women and one in ten men never see symptoms so may pass on the infection unaware.
But they are at risk of serious complications and untreated, the disease can cause infertility or inflammation of the womb. It is particularly dangerous for pregnant women and may lead to miscarriage, premature labour or sight problems in the baby. Usually gonorrhoea is treated with a jab, known as ceftriaxone, then by a pill called azithromycin. But this strain is already partly resistant to the latter and experts are worried it will soon also become immune to the former. Dr Gwenda Hughes, of PHE, the Government body in charge of preventing the spread of bugs, said: ‘We cannot afford to be complacent.

3345345400000578-0-image-a-101_1460900340831

The strain is 'highly resistant' to the antibiotic azithromycin, meaning medics are relying on a second drug, ceftriaxone, to treat it. Above an image of gonorrhea

‘If strains of gonorrhoea emerge that are resistant to both azithromycin and ceftriaxone, treatment options would be limited as there is no new antibiotic available.’ Dr Elizabeth Carlin, president of the British Association of Sexual Health and HIV, said: ‘The fact that we have resistance developing to one of the drugs we use means that we could potentially be left with only one drug to use. If it becomes resistant to that, we would be in a very difficult position.’ Doctors are also worried as the strain is now being reported in gay men so may start spreading even more quickly. Dr Peter Greenhouse, a consultant in sexual health based in Bristol, said: ‘The problem is [they] tend to spread infections a lot faster simply as they change partners more quickly.’ In December, Dame Sally Davies wrote to GPs and pharmacists in December warning them that ‘gonorrhoea was at risk of becoming an untreatable disease’. She reminded them to ensure they prescribed both the ceftriaxone jab and the azithromycin pill – some were omitting the injections. Gonorrhoea is the second most common STD after chlamydia and is spread through unprotected sex. Annual cases have risen by a fifth, and some experts link this to a rise in casual sex. There were 34,958 confirmed infections in England during 2014, most commonly in the under-25s, up from 29,419 the previous year. Officials at PHE have tried to contact all sexual partners of anyone diagnosed with the superbug but have only managed to find 22 of the 50 partners. More than 90 per cent of those they did track down were confirmed as having the infection. This means there is a high chance the other adults also had it and may have passed it on.



3345300D00000578-0-image-a-102_1460900352048

If untreated, gonorrhoea can result in severe complications and lead to infertility or septicaemia in rare cases

GONORRHOEA: EVERYTHING YOU NEED TO KNOW ABOUT THE DISEASE

Gonorrhoea is a sexually transmitted infection (STI) caused by bacteria called Neisseria gonorrhoeae or gonococcus.
The bacteria can infect the cervix (entrance to the womb), the urethra (tube through which urine passes out of the body), the rectum and less commonly the throat or eyes. The infection can also be passed from a pregnant woman to her baby. If you are pregnant and may have gonorrhoea, it is important to get tested and treated before your baby is born.
Without treatment, gonorrhoea can cause permanent blindness in a newborn baby. Gonorrhoea is usually treated with a single antibiotic injection and a single antibiotic tablet. With effective treatment, most of your symptoms should improve within a few days. It is usually recommended that you attend a follow-up appointment a week or two after treatment, so another test can be carried out to see if you are clear of infection. Anyone who is sexually active can catch gonorrhoea, especially people who change partners frequently or do not use a barrier method of contraception, such as a condom, when having sex. Gonorrhoea is the second most common bacterial STI in the UK after chlamydia. Almost 35,000 cases were reported in England during 2014, with most cases affecting young men and women under the age of 25. Previous successful treatment for gonorrhoea doesn't make you immune to catching the infection again.

Source: NHS

参照元 : Daily Mail


抗生物質効かないスーパー淋病 日本の風俗店の女性から発見

2014.05.22 16:00

Ci28oK9WEAAtchB

世界保健機関(WHO)がいま、世界的な蔓延を警告する病気、それが「淋病」である。

「終末論的な幻想ではないが、一般的な感染症や軽傷が致死的となるポスト抗生物質時代が21世紀に到来する可能性は非常に高い」

「抗生物質の開発や生産、処方の方法を変えなければ、世界は公衆衛生の実現手段を失い、その影響は壊滅的になる」

WHOのケイジ・フクダ事務局長補は記者会見でこう述べた。

「終末論的な幻想」「影響は壊滅的」……およそ国連機関の幹部の言葉とは思えないおどろおどろしい文言だが、それが大げさではない状況にある。

この4月30日に発表された「抗菌薬耐性:2014年世界報告」は254ページにわたり、従来の抗生物質では死滅しない「超強力な細菌(スーパーバグ)」に関する調査結果や医療の状況などについて報告した。それによれば、世界の国々で抗生物質が効かない耐性を持った黄色ブドウ球菌や大腸菌などが出現し、警告レベルに達しているという。

いままで抗生剤を飲んでいれば治っていた結核、大腸炎、肺炎などの感染症が“不治の病”に逆戻りする。江戸時代のコレラの大流行を描いたTVドラマ『JIN―仁―』(TBS系)のように、150年前と同じ深刻な状況が再び訪れる可能性があるのだ。

淋病研究の権威で、元・産業医科大副学長の松本哲朗氏(現・北九州市役所保健福祉局医務監)はいう。

「淋病に抗生物質が効かなくなりつつあります。最初はペニシリンが効かない耐性菌ができ、それ以降、さまざまな抗生物質が開発されては効かなくなった。日本においてセフィキシムは、決められている投与量では効く人と効かない人が半々という状況なので、現在は注射剤のセフトリアキソンという抗生剤が主に使われています。

しかし、このセフトリアキソンも、4年前に日本で完全に耐性をもつ菌が発見され、世界の医療関係者に衝撃が走ったのです」

「最後の切り札」ともいえるセフトリアキソンにも耐性をもつ「スーパー淋病」がすでに誕生しているのである。しかも、世界で初めてこのスーパー淋病が発見されたのは日本だった。

その耐性菌を発見したのが、保科医院(京都市)の保科眞二医師である。

「京都市内のファッションヘルスに勤める女性(当時31歳)の定期検診で、咽が淋菌に感染していることがわかり、セフトリアキソンを投与したところ、菌が消えなかったのです。

それで菌を採取したのち、もう一度、投与したところ、菌が消えた。ただ、咽頭淋菌は、当医院の調査によると25%は自然になくなっていくので、抗生剤が効いたのか、自然になくなったのかは定かではありません」

採取した淋菌を解析したところ、セフトリアキソンに対する非常に強い耐性をもっていることが判明したのだ。世界にショックを与えた、スーパー淋病発見の瞬間である。

日本で確認されているスーパー淋病の事例は、今のところ京都の1件のみだが、海外ではヨーロッパとオーストラリアで発見され、増加しつつある。もちろん、日本は1件だけだから安心だとはいえない。

「女性の場合、症状が出にくいので、他で耐性菌が生まれ、感染に気づかないままもっている人がいるという可能性は考えられます。それが広がらないかどうか、心配されるところです」

松本氏はそう警告する。海外で性的な接触をした人が日本に持ち込んでしまったり、海外の保菌者が日本に旅行に来て持ち込む可能性も十分にあるのだ。

スーパー淋病に効く新たな抗生物質の開発が望まれるが、「今のところ、セフトリアキソンにかわる有効で使いやすい抗生剤は存在しない。製薬会社や国の研究機関も含めて、新しい抗生物質の開発スピードが鈍っているというのが厳しい現実」(松本氏)だという。

耐性菌と新薬のイタチごっこはこれまでずっと続いてきたが、いよいよ限界。そのためWHOも異例の警告に踏み切ったのだ。

※週刊ポスト2014年5月30日号

参照元 : NEWSポストセブン


シベリアの研究者によって抗生物質の代わりとなる革新的な新薬が開発される

シベリアで抗生物質に代わる革新的な新薬が開発される

2014年6月18日 16:22
 
9RIA-328776-Preview

シベリアの研究者によって生物に使用可能な抗生物質の代わりとなる革新的な新薬が開発された。ノヴォシビルスク固体化学研究所の研究者によると、検体は細菌に対して順調に反応を示し、また通常の抗生物質に比べ幾つもの優れた点を有するということだ。というのもそれは酵母を用いて統合されるのである。植物性の由来であるため有毒性はなく、胃の中の有用なミクロフローラに対して害となることもない。

事実上これは生態を害することのない抗生物質の代用物であり動物にも人体にも適応する。病原性の微生物が作用する仕組みは人に対しても動物に対しても同じであるからだ。細菌は胃腸菅の中で脂肪組織のホルモンであるレプチンと結びつくと固体化学研究所の開発者であるアレクセイ・ヴィチコフ氏は「ロシアの声」に語った。

「もしレプチンを作り出しそれを食物に加えると、バクテリアはそれらと結びついて胃の内壁につくことなく通り過ぎていくことになる。こうしてこれ以上抗生物質によって人体を害さずにすむようになる。」

酵母がこうした「細菌を捕らえる罠」の元になった。専門家によると酵母の細胞壁の化学成分は通常病原性の微生物が胃の内側に「付着」するのと同じようなものであるということだ。酵母から取り出された検体が吸収剤の役割を果たし有害なミクロフローラを取り込むのだ。これらの検体がWTOへの加盟に伴って効力を発揮している畜産分野での規制の対象である抗生物質の有害な性質を取り除かれていることが重要だとアレクセイ・ヴィチコフ氏は強調する。

「例えば、現在、伝染病の蔓延に対して鶏肉工場では抗生物質の投与量で対応している。許容可能な範囲を超えて抗生物質が使用され、人体に悪影響を与えるほど抗生物質の投与を施された肉が店頭に並んでいる。合成的な抗生物質を植物性の検体に代えることは農業の収益性を高めるだけでなく、人間の健康に対しても良いことである。」

必要な試験が行われた後にこの革新的な検体の生産が開始される。市場への登場は今年中を予定されている。似たような検体がアメリカによって作られたが、ロシアの検体はより安く効果的である点で少なからず競争で有利だと開発者は言う。

参照元 :
ロシアの声

最新記事






楽天トラベル




人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ