地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

戦場

民間企業に就職した新入社員を戦地に投入!防衛省が画策する新しいタイプの徴兵制

民間企業の新人を戦地に投入 防衛省が画策する「隠れ徴兵制」

2015年8月29日
 
3c1b94f058a1120aacae76365912949e-1024x723

民間企業に就職したと思ったら、配属先は「自衛隊」だった――。防衛省が密かに検討していた「徴兵プログラム」が国会で取り上げられ、大騒ぎになっている。

明らかになったのは26日の参院安保法制特別委。共産党の辰巳孝太郎議員は、防衛省が13年7月に作成した「長期 自衛隊インターンシップ・プログラム(企業と提携した人材確保育成プログラム)」と題した資料を掲げて質問。資料には「プログラムのイメージ」として、最初に「企業側で新規採用者等を2年間、自衛隊に『実習生』として派遣する」とハッキリ書いてあり、ほかに「自衛隊側で、当該実習生を『一任期限定』の任期制士として受け入れる」「自衛隊側は当該者を自衛官として勤務させ(略)」とあった。

つまり、新入社員らを2年間も自衛隊に強制勤務させる仕組みなのだ。これが会社の「業務命令」なら、拒否する社員は少ないだろう。誰がどうみても「徴兵制」だ。「防衛省側のメリット」では「将来的には予備自(衛官)としての活用も視野」とあった。予備自衛官は14年度末時点で約3万2000人と、定員(約4万8000人)の7割にも満たない。安保法案が成立すれば「米軍と一緒に戦争するのはイヤ」と自衛官離れは加速する。それを防ぐため、防衛省が「画策」したのは明らかだ。

安倍首相は25日の参院特別委で「徴兵制、徴兵制と、はやす人々は全く無知と言わざるを得ない」と言っていたが、防衛省自身が「インターンシップ」というゴマカシ言葉を使って実質的に「徴兵制」を検討していた事実をどう考えるのか。

中谷防衛相の答弁によると、資料作成の理由は、経済同友会の前原金一専務理事(当時)から「関心が示された」ためだったという。経済同友会といえば、幹部が安倍と度々、メシを食っているし、前原氏は昨年5月の文科省会議でも、奨学金の延滞者をめぐる問題で「消防庁とか、防衛省などに頼んで、1年とか2年のインターンシップをやってもらえば」と発言していた。経済同友会は、円安と株高で一握りの大企業をボロ儲けさせてくれる安倍政権を「側面支援」しよう――と考えたワケじゃないだろうが、安保法案で自衛隊員のリスクは確実に高まる。中谷防衛相は否定したが、「サラリーマン自衛官」が戦いに巻き込まれる可能性はゼロじゃないのだ。

「企業を通じて戦地に(若者を)送るようなシステムを一経営者に提案をする発想そのものが恐ろしい」

辰巳議員はこう指摘したが、その通り。安保法案の成立を前提に勝手に自衛隊の海外派遣の計画をシミュレーションしていた防衛省だ。「隠れ徴兵制」の導入も狙っているに違いない。やはり安保法案は何が何でも潰さないとダメだ。

参照元 : 日刊ゲンダイ

CNf2kZJUAAErMU0




ネトウヨは必見!日本軍が過去に行った残虐行為!無抵抗の捕虜を切り殺し、仲間の面前で敗残兵の首を切る

無抵抗の捕虜を切り殺し、仲間の面前で敗残兵の首を切る…火野葦平が戦場で綴った日本軍の狂気

2015.08.15
 
sensoutobungaku_01_150815

国民の声を無視した状態で安保法制を強行に進め、安倍政権は、戦後70年の節目にも関わらず着々と日本を“戦争ができる国”に変えようとしている。
 
そんな政権の動きに快哉を叫ぶネトウヨが後を絶たない。“戦争”という行為を、まるで“英雄譚”のように語り、「武力を自由に使えるようになった今、ようやく日本は独立国家になれた」とのたまう輩まで登場してきた始末。しかし、“戦争”というのは、本当にそんなに格好よく、綺麗事として語れるようなものなのだろうか。

つい最近出版された『戦後70年を読み直す 戦争と文学スペシャル』(集英社)には、そんな“戦争”を美化する彼らに是非とも読んでほしいテキストが掲載されている。
 
そのテキストとは、作家・火野葦平の「従軍手帖」。火野は、1937年に招集されるが、従軍中に『糞尿譚』で芥川賞を受賞。陣中で授与を受け、それを契機に報道部へ転属となった。

以後は、報道班員として戦争の状況を記録し続け、戦地にて書き上げた『麦と兵隊』はベストセラーとなっている。彼の作品は戦意高揚に寄与し、「兵隊作家」として国民の人気を得るが、終戦後は戦地で見てきた悲惨な状況を鑑み、先の大戦に対する戦争責任について言及するようになっていった。
 
今回取り上げる「従軍手帖」は、戦争中、火野が肌身離さず書き記していた記録帳。そこには作戦の概要、兵を率いる上長から受けた戦況報告といったことから、戦地での生活のなかで思ったちょっとした所感まで、ありとあらゆることがメモされている。

本稿では、『戦後70年を読み直す 戦争と文学スペシャル』に収録されている、広東作戦(38年10月〜39年1月)の日誌を紹介する。これを読んでも、“戦争”は格好いいものだと思えるだろうか。

それでは、「従軍手帖」を読んでいきたい。戦中を振り返るときによく指摘されるのが、補給路について考慮せず軍上層部が命令した無謀な行軍によってもたらされた兵の疲弊であるが、火野のメモにも、その疲労の様子が随所に記されている。
 
〈足も身体もいたく、へとへとになり、装具をとき、のびてしまつた〉
〈兵隊皆、足をぴつこひき、引きずつてゐる〉
〈いたくて身体がうごかない。足はめちやだ〉
〈命令受領の後で、食料の欠乏に付、モミガラをする講習を初めてゐる〉
 さらに、外地の環境に晒されることで風土病の恐怖にも晒された。
〈夜明とともに、がんがん照りつける暑さになる。兵隊何人もたほれる。やりきれない。隊列はばらばらである(コレラが多いからゼツタイに水のむな)〉
〈蚊がとんでゐる。食はれた。マラリアだから気をつけんといかん〉
〈マラリヤ蚊だとおどされ、塩酸キニーネを一粒づつのんでねる〉
〈ここの水をのんで兵隊が二人死んだといふ〉
 
こんな状態であるから、戦う前から彼らはもうすでに消耗しきっていた。広東作戦はわずか10日余りで日本軍の勝利に終わった戦いなのだが、そんな有利に進んだ戦いにも関わらず、以下の文に見られるような消耗が兵士たちを襲っているのである。
 
〈歩きながら思つた。いつたい誰が戦はうとしてゐるのだ、皆、へとへとに行軍に疲れ、歩くのがせいいつぱいで戦ひどころではないやうに見える。敵に出会つても、ろくにいくさも出来さうにない。しかも、どんどん敵はげきたいされ、どんどん各要所が陥落する。やつぱり、へとへとになつた兵隊がそれをやつてゐるのだ。何か、すさまじくおそろしいやうなものがある〉

ここまで銃弾が飛び交う、いわゆる“戦闘”についての描写は一切引いていないのだが、それでも“戦争”の過酷さは余りあるほど伝わってくる。ここから実際の戦闘に関する描写を引用するが、その凄惨さは筆舌に尽くしがたい。

〈敵は手榴弾を持つて出て来ては、ボカンボカン投げて、引つこむ、危くて寄りつけなかつたです、出て来んのでガスでくすべたところがやつと出て来ました。五十人から居ました。中に十一人ほど死んでゐましたが、自殺したらしく思はれました〉

〈頭をうたれた兵隊(田中勲上等兵)遂に戦死。(中略)サイゴダ、ミヅヲノマセテクレ〉

〈「敵まつ黒になつて、どんどん逃げよる、あんなのを初めて見た、」と前線から引つかへして来た兵隊云つてゐる。(テキガフシヨウ者ヲカツイデイタガシマイニハホツタラカシタ由)〉

頭を撃たれた兵士が死の直前「最後だ、水を飲ませてくれ」と言うくだりには言葉を失ってしまう……。ここまで読んでいてもかなりつらいものがあるが、この広東作戦に関する「従軍手帖」で最も凄惨なのは、日本軍が現地の敗残兵と捕虜に対して行なった仕打ちであった。

〈捕虜がならんでゐる。(中略)眼の上がはれ、血がにじんでゐる。ついてゐる兵隊が、「こいつは一つづつ叩かんと、やかましかとです」といつてゐる〉
 
〈兵隊が捕虜をつれてゐる。向ふの方では叩き切つてゐる〉

無抵抗な捕虜を血がにじむほど激しく殴ったり、さらに切り殺すとは……。しかし、敗残兵に対して行なった仕打ちはさらに凄惨だ。当時の日本軍には、まるでゲームのように人を殺す“狂気”が満ちていた。

〈附近の森の中を敗惨兵狩り。いくらでもゐる。皆殺す。段列長の曹長、刀をふり、活発に指揮してゐる。敗惨兵を左手に拳銃をもち、右手に刀を抜いて斬る。まだ居るぞ、やれ、と森を探させる。居る、居る、多多有、と兵隊を追ひ出す。曹長刀をふり、大得意である。つまらない兵隊だと思つた。色々遺棄品がある。曹長の斬つた支那兵は女房の写真をがま口にはさんでゐた〉
 
〈前方の銃声絶え出発。又長いこと止る。敗惨兵のうろうろしてゐるのをこつちからポンポン射つ。なかなかあたらぬ。もの好きなのが、わざわざ出かけ、遂に二人の敗惨兵を引きつれ、意気揚々と引き上げて来た。皆のゐる前で首を切る。いやな気がした〉

従軍手帖も軍の検閲の対象となる。それにも関わらず、〈つまらない兵隊だと思つた〉〈いやな気がした〉といった表現を使った火野。それだけ耐え難い光景だったのだろう。

安倍首相と、そのまわりの人々は、もう一度こんなつらい思いをする時代に戻したいのだろうか。

最後に、火野が戦地で雑誌「キング」を読んだときの感想の部分を引いてみたい。そこには、たまたま見かけた雑誌の口絵から、わが子に思いを馳せる火野の姿があった。

〈キング七月号の口絵写真に、子供が柿をちぎつてゐる非常にいい写真がある。(中略)女の子は美絵子に、男の子は英気に実に似てゐる〉
 
いくら安倍が歴史を修正し、過去への反省から目をそらし、巧妙に謝罪を避けようとも、先の戦争で行なわれたことを雄弁に語るテキストがこうして存在する。
 
彼はそれから目を背けるべきではないし、我々は、過去の歴史を書き換え、もう一度戦争に突入させようとする国のトップに対し、このようなテキストを突きつけてアンチテーゼを唱え続けなくてはならない。
(田中 教)

参照元 : LITERA


日本政府が絶対に教科書に書かせない悲惨な歴史!日本軍が行った残虐極まりない行為。

民間人の中国人を捕まえて来て、徴兵された日本兵に、訓練の目的で、日本刀で首を切れと命令した。日本人を殺人鬼に洗脳した。





【衝撃映像】日本国民よ、これが戦争だ!(シリア編)

シリアにて、激しい銃撃戦や戦車に搭載したカメラ映像などを50分にまとめた動画。これがリアル戦争だ。

mqdefault (1)

Syria Civil War 2013 - Battlefield Syria: Heavy Fighting Clashes And Firefights. Heavy Fighting, Heavy Clashes and Intense Firefights. This pictures do we get if we look up the internet for Syria Videos. No war ever before was so well documented by alternatet sources like the Syrian Civil War. In 2013 there was such an high amount and flood of informations, pictures and videos about this conflict that it is impossible to cover them all up in just one video. This compilation brings back some famous scenes of the conflict that apeared on the net in 2013. It shows footage of the Syrian Army and also of the Syrian Rebells in HD. It dont seems like this storm of raw information will end in 2014 as there is still no end of the conflict in sign.

Syrian Civil War 2013 - Battlefield Syria: Heavy Fighting Clashes And Firefights |Syria War





Syria War - Heavy Firefight And Clashes Between Al-Qaeda And Syrian Rebels Plus Syrian Army . Insanity in the Syrian Civil War. The Islamic State Of Iraq And Levant attacked the headquaters of an Local Free Syrian Army Brigade in Aleppo. After fierce clashes between booth parties government forces have also begun to strike against rebel forces and radical islamists groups like the al-Nusra Front and The Islamic State Of Iraq And Levant who are booth foregin backed Al-Qaeda linked fighting groups. They are mostly formed of foregin fighters from other arabic countrys, europe and chechenya who want to establish an islamic state under the sharia law in the region. They are also known to be more trained, efficient and disciplined during their combat operations than regular Free Syrian Army Forces. The FSA Brigade attacked here was the Martyrs Of Badr Brigade in Aleppo. Clashes between secular FSA Rebels and Al-Qaeda groups are nothing new in Syria but here you see a long combat operation on tape. If you want to see more Combat Footage from Syria and other Warzones Subscribe to my Channel also you would help me a lot if you comment, share and like this video to keep this Channel growing. This is a longer Video but it is worth the watch. To prevent confusion this is Al-Qaeda And Syrian Rebels fighting the Syrian Army&Co plus Al-Qaeda Vs Syrian Rebels Vs Syrian Army.

Syria War - Heavy Firefight And Clashes Between Al-Qaeda And Syrian Rebels Plus Syrian Army




3Dプリント

【閲覧注意】シリアのヤバすぎる映像まとめ スナイパーに狙撃される兵士

兵士がスナイパーに狙撃される瞬間映像

SYRIA ,fsa sniper attacks , soldier cries like a little girl



緊迫した銃撃戦をご覧ください。これがリアル戦場だ!

FRONTLINE DEIR AZZOR 28 5 2013 ,Deirazzor being cleaned of Assad terrorists














【衝撃映像】<シリア>SAAの兵士がスナイパーによって射殺される

SAAの兵士が洗濯物を取り込んでいる最中に、スナイパーによって射殺される。シリアでは洗濯物も安心して干せないのか・・・

SAA soldier sniped




SAA Solider Killed By FSA Sniper While Urinating



シリア - カーンTuman弾薬庫の捕獲

Syria - The capture of Kahn Tuman ammo depot



人気ブログランキングへ

【閲覧注意】<シリア>最も強烈な衝撃映像 まとめ

グロ注意!ショッキングな映像が含まれるので閲覧にはくれぐれもご注意下さい。

The Most Intense Videos From Syria! [Graphic] 



Syria - FSA rebels smash SAA occupied building 25/03▼


【シリア】色々な物に火を付け、敵に放り投げたりしていたら、逆に銃撃され、あわや危機一髪

シリアの戦場で、色々な物に火を付け、敵に放り投げていたら、突然、銃撃され危機一髪

後、数センチずれていたら死亡していたかもしれない。


Syria - Good spirit, close call!



人気ブログランキングへ

最新記事






楽天トラベル



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ