地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

幽霊

インドの高速道路の映像にヒールを履いた女の幽霊が映りこんでいた

地縛霊か!? 高速道路を横切る“ヒールを履いた”女の幽霊が激写される!=インド

2016.06.07

日本の幽霊は「足がない」と描写されることが多いが、海外では少し事情が異なる。これまでトカナが報じてきたように、“足がある”心霊映像も多数報告されているのだ。そして今回、インドから届いた心霊動画にも、やはりハッキリと足がある幽霊の姿が映り込んでいた。しかも、ヒールのある靴を履きながら、しっかりとした足取りで道を横断しているのだ。まずは公開以来、再生数600万回を超えた驚天動地の映像をご覧いただこう。



首都デリーとニューデリーを結ぶ高速自動車国道1号線。画面奥から大型トラックと、バイクが並走するように向かってくる。ぼーっと見てしまえばただそれだけの映像なのだが、横断歩道の少し向こうに注目してほしい。

薄黒い人影が、ゆっくりと横切るように歩いているではないか! トラックとバイクに衝突しても不思議ではない位置だが、人影はまったく焦る素振りを見せない。かたやトラックとバイクの側にもスピードを落とす気配はなく、そもそも人影に気づいていないようだ。

2016-06-14_203750

動画には、「フェイクだ」とする懐疑的反応や、「付近を歩いていた人の姿が偶然映り込んだのではないか」などの意見も寄せられている。しかし特に興味深いのは、映像が本物だと信じる人たちの分析だ。

それによると、なんと黒い影はかかとを上げながら歩いており、ハイヒールを履いているように見えるというのだ。つまり人影は、過去にこの道路で交通事故に遭って亡くなった女性の霊ではないかと考えられるとのこと。たしかに、拡大映像からは、人影の足の甲が不自然に湾曲している様子が確認できる。

2016-06-14_203817

真偽のほどは不明だが、憑依する対象を求めて事故現場を彷徨い続けている、もしくは他者を同様の事故に誘おうとする“地縛霊”だった可能性は脾摘できないのではないか。その後、トラックのドライバーとライダーが不幸に見舞われていないことを祈るしかない。

(編集部)

参考:「EXPRESS」、ほか

参照元 : TOCANA


宇宙人か?それとも幽霊か?自撮りに写り込んだ緑色の男

【心霊写真】宇宙人か、隣人の死体か!? セルフィーにクッキリ写り込んだ“緑色の男”に戦慄!!

2015.12.05
 
2015-12-17_161656

ひと昔前、夏場になるとテレビ局がこぞって特集を組んだネタが、視聴者から投稿された“心霊写真”である。旅行先や訪問先で予期せず撮られてしまうこの手の写真は、恐ろしい反面興味深くもあり、いずれは撮影した本人にとってさえ格好の話のタネに姿を変えてしまうものである。

ところが、人が寝食をし、常にやすらぎを求める自宅が撮影現場になってしまうと、事の深刻さは一変してくるようだ。今回は、セルフィー(自撮り写真)を撮ったばかりに背筋が凍る思いをした、あるイギリス人女性のニュースを紹介したい。

■恐怖のツーショット! 自撮りに写った男の顔

「私は幽霊やその類のものを信じたことがありません。他の誰かが写真を撮ったのであれば馬鹿なことだと考えたでしょうが、その“顔”はあまりにもハッキリとしていたんです」とメディアの取材に答えるのは、イングランド北西部、ランカシャー州のブラックプールに住む26歳のナターシャ・ボーデンさんだ。若くして2歳の娘を持つ母親でもある彼女は、ある夜に自宅の一室で写真を撮影したのである。


「髪を染めたので、具合を確かめるために手っ取り早くセルフィーを撮ることにしたんです。それで、写真をパッと開いたときに、私の右肩に身を潜めた男の顔に気がつきました」(ナターシャ・ボーデンさん)

 問題の写真を注意深く見ると、髪が垂れるボーデンさんの右肩に、直感的に人の顔と判別できる目元がこちらを覗いているように見える。セルフィーが撮られた時刻は午後11時と真夜中に近かったが、恐怖に駆られた彼女は居ても立ってもいられず、自宅である戸建てのアパートを娘を連れて飛び出した。

「私はホテルにチェックインして、ボーイフレンドに会ってほしいと頼みました。あんなものを見た後では、眠りに就ける方法がありません。――ホテル代はひと晩で40ポンドかかりましたが、それだけの値打ちがありましたよ」(ナターシャ・ボーデンさん)

■突如訪ねてきた葬儀屋たち「死体をお引取りします」

思いもよらない心霊写真とはいえ、一目散に逃げ出すボーデンさんを大げさだと捉える人もいるだろう。ただし、実をいえばその日に至る以前から、不気味な予兆は彼女の元へと訪れていたのだ。

ボーデンさんがアパートに入居してまもなくのことだ。彼女が居間でくつろいでいたところ、2人の葬儀屋がドアをノックした。用件を聞いたところ、死体を引き取りにきたという。

「私は自分の住まいに死体などないと伝えましたが、彼らは引き下がりませんでした」(ナターシャ・ボーデンさん)

最終的に、再び訪ねてきた葬儀屋たちはボーデンさんに謝罪して、誤解のきっかけが隣人の死にあると打ち明けた。葬儀屋たちは彼女の住まいと、壁を隔てた隣家とを取り違えていたのである。

「私は(亡くなった)彼と顔を合わせたことはありませんが、長い間病気にかかっていたんだと思います。それが写真の中に見つけた顔と関係があるのかはわかりません。私が悟ったことは、どこか引越し先を見つけなければいけないということだけです」(ナターシャ・ボーデンさん)

ボーデンさんが6カ月間暮らしたアパートは、もはや彼女にとって愛すべき場所ではなくなってしまった。アパートで過ごすことを想像すると耐えられない、と彼女は言う。

「ここへ移ってきた時、誰もいないのに床が軋んでいるのに気がつきました。けれど、それは建物が古いせいだと思っていたんです。いま、私は別の考えを持っています……」(ナターシャ・ボーデンさん)

■正体は宇宙人!?

オカルトに関して言うならば、イギリス人は良く言えば想像力豊か、悪く言えば迷信深い。

2015-12-17_161832

著名な政治犯や王族が非業の死を遂げたロンドン塔をはじめ、歴史ある城という城に故人が徘徊しているとの噂が残るイギリスは、ヨーロッパのなかでも突出して幽霊を信じる土壌が備わっている。そうした国柄を考えるならば、幽霊との同居を恐れるボーデンさんの判断も当然と言えるだろう。だが、ボーデンさんとは全く異なった結論を導く人物もいる。トカナでもお馴染みのUFO研究家、スコット・ウェアリング氏だ。

ウェアリング氏の主張によれば、ボーデンさんの右肩から顔を出しているのは、半透明化したエイリアンであるという。体長は120センチほどの小型のエイリアンで、光沢のある緑色の肌を持った個体だ。

ウェアリング氏は先月にも、テキサス州に現れた透明化するエイリアンについて、自身のブログ「UFO Sightings Daily」で紹介していた。いつもながらの強引な話の運びだが、「髪の毛がないので幽霊には見えない」というウェアリング氏の意見にも一理あるといえそうだ。

さりながら、仮に写真に現れた顔の正体が宇宙人だとしても、ボーデンさんが同居に納得するとは考えにくい。彼女はすでにアパートの家主に通知書を手渡し、賃貸契約を解除したという。

「私は二度とセルフィーを撮ることはないでしょうね」と取材の最後に、ボーデンさんは苦々しい思いを付け加えた。

(文=Forest)

参考:「Tumblr」、「Daily Mail」、「UFO Sightings Daily」ほか

参照元 : TOCANA


Green Skin Alien Caught Spying On Woman During Selfie In England, Nov 2015, Photos, UFO Sighting News.

November 8, 2015

UFO

Date of sighting: November 2015
Location of sighting: Blackpool, Lancashire, NW England
News source: http://rossmcgposts.tumblr.com/post/132720190074/mother-flees-flat-after-ghost-photobombs-her-in

Guys, this really looks like there was a cloaked alien in the room with her, observing her. Some of the photos today are very unique in that they capture more detail than ever before. For instance my iphone 6s captures 4k video. What I'm saying is this little alien, (he looks about 4 feet tall) was observing her, for scientific or for personal reasons. Look at the aliens eye. Its looking right at her. It has no hair, but a instead has a shiny greenish skin. I enhanced the photo with shadows only to allow us to see his face better.
(original photo at source).
Scott C. Waring
www.ufosightingsdaily.com

News states:
A mother has fled her flat after she was photobombed in a selfie by what appears to be a ghost. Natasha Boden, 26, a mother-of-one from Blackpool, Lancashire, took the picture of herself after dyeing her hair blonde, only to find the shape of a spirit face on her shoulder in the resulting image. Even more unsettling was the fact that undertakers had mistakenly called at her door six weeks earlier asking to collect a dead body. They had the wrong address. Ms Boden checked into a hotel for the night after seeing the spooky selfie and has ended the tenancy on her flat. She and her partner, Mark Donohue, and two-year-old daughter Dolly are currently looking for somewhere else to live. She said she was reduced to tears when she zoomed in on the selfie and will not return to the property because she thinks it might be haunted. Ms Boden said: “My boyfriend is moving everything out of the flat. I can’t go back there. I’m absolutely petrified.
(More at source).

UFw

参照元 : UFO Sightings Daily


Mother-of-one flees flat in terror after GHOST photobombs her in a selfie... after undertakers mistakenly turned up to collect dead body weeks earlier

PUBLISHED: 12:11 GMT, 6 November 2015 | UPDATED: 21:54 GMT, 6 November 2015

・Natasha Boden, 26, from Blackpool, took the snap after dyeing hair blonde
・She then noticed spooky face near her right shoulder
・Ms Boden zoomed in on selfie, burst into tears and fled rented two-bed flat
・Undertakers turned up at her address by mistake six weeks earlier when, in fact, a neighbour had passed away
By NICK ENOCH FOR MAILONLINE

A young mother fled her home in terror after a 'ghost' photobombed her as she took a selfie - just weeks after undertakers claimed there was a dead body at the property.
Natasha Boden, 26, from Blackpool, Lancashire, took the picture on her mobile phone after dyeing her hair blonde.
But the mother-of-one was reduced to tears when she noticed a face lurking near her right shoulder after she zoomed in on the spectral snap.

Ms Boden immediately checked into a hotel for the night and is now looking for somewhere else to live with her partner Mark Donohue and two-year-old daughter Dolly - and has ended the tenancy at her two-bedroom flat.
She said that just six weeks earlier, undertakers had knocked on her front door, claiming they were there to collect a corpse.
The undertakers soon realised they had gone to the wrong flat but Ms Boden said she cannot go back to the property knowing it might be haunted.
She said: 'My boyfriend is moving everything out of the flat. I can't go back there. I'm absolutely petrified.
'I've never believed in ghosts or anything like that. If someone else had taken the photograph, I would think it was a load of rubbish but the face is so clear.
'I'd just dyed my hair so I decided to take a quick selfie to see what it looked like - and as I flicked through the photographs, I realised there was the face of a man lurking near my right shoulder. 'I was terrified. I was alone in the flat and I knew I had to get out immediately. It was 11pm but I checked into a hotel and asked my boyfriend to meet me there. There was no way I would be able to sleep after what I had seen.
'The hotel room cost £60 for the night but it was worth it. I don't think I can ever go back to the flat, so I have called my landlord and handed my notice in to end the tenancy.

2E2AD

The mother-of-one immediately checked into a hotel for the night after making the grim discovery and is now looking for somewhere else to live with her partner Mark Donohue and two-year-old daughter Dolly (pictured with Ms Boden outside the flat)
'We had only lived in the flat for six months and I really loved living there. I am gutted, but there's no way I can stay there after what I've seen.
'When I first moved in, I noticed the floorboards would creak when nobody was there, but I thought it was just because it's an old building. Now I am having second thoughts.'
She added: 'It's just so weird. Six weeks ago, I was sitting in my living room when two undertakers knocked on the door. When I opened it, they said they were there to collect a dead body. 'I told them there was no dead body in my flat but they were adamant. Eventually they came back and apologised and said they had the wrong flat, but it really scared me.
'It turned out one of my neighbours had passed away. I never met him but I think he was ill for a long time. I don't know whether it is connected to the face I saw in the photo, I just know I have to find somewhere else for us all to live. I can't bear the thought of being alone in the flat.
'I'll never take a selfie on my own again.'



参照元 : Daily Mail

【衝撃映像】深夜の静まり返った駐車場を徘徊する半透明の幽霊

【動画】「100%幽霊で間違いない!」駐車場を8秒で横切る半透明ゴーストが激写される!

2015.11.29

2015-12-02_144341

深夜の静まり返った駐車場を、何やら横切る人影が……。いや、これって人じゃないかも!? 思わず二度見して、さらに凝視してしまうビデオがオーストラリアのパースより投稿された。

■白く薄く半透明な存在が駐車場を徘徊

問題の動画は、駐車場に停めてあるフォークリフトの上部に取り付けられていたカメラから撮影されたもの。最初に映っているのはただ静寂に包まれた空間であるが、やがて右方向よりゆらゆらと漂い歩くような白いものが現れ、ステップを踏むかのごとく軽い足取り(?)になり、中央の白いトラックの前を横切る様子が見える。



トラックの前でクルッと回転しているような動きを見せた後に左方向へと姿を消している。謎の姿は約8秒ほど映っているのだが、ただ問題はその姿が人影と言うにはあまりにも白く薄く、半透明であることだ。目撃した男性は「100%ゴーストだ」と主張しているようであるが……。

これが本当に幽霊か否かについては当然議論になるところであり、ネット上の動画を見た人々からは「光の反射」、つまり車のヘッドライトや駐車場に設置されているライトと車のウインドーの角度など、ちょうどうまい条件が重なったのではないかと冷静な意見も多数出ている(一方で中には少数だが“交通事故の亡霊説”や“霊魂説”などに理解を示す人も)。

少しコミカルに見える動きでもあり、幽霊と呼ぶよりはUMAの類である可能性の方が近い気もするが、もしこれが幽霊やUMAなどではないとしても、動画にこの不可解な何かが映り込んでいるのは事実であり、何やら薄気味悪い気になってしまうのも確かである。深夜に目の前で同じことが起こったら気が動転してしまうのも無理はないかもしれない。

実は“出る”場所が多いオーストラリア。動画撮影地点のパースでも、かつてのイギリス植民地時代に建てられたフリーマントル刑務所が有名で心霊ツアーもあるほど。今回との関連性は不明だが、はてさて真相は……?

(文=Maria Rosa.S

参考:「Daily Mail」ほか

参照元 : TOCANA

2E9DE31D00000578-0-image-a-22_1447978063758

2E9DE18C00000578-0-image-a-23_1447978072289


【衝撃映像】米・サンフランシスコの音楽レストランバーの監視カメラに映り込んだ少女の幽霊

【衝撃映像】前代未聞!! 超クッキリ映り込んだ少女の幽霊に動揺広がる=米・サンフランシスコ

2015.11.03

監視カメラが撮影したとされる幽霊映像は、世の中に数多存在する。しかし、大抵はぼんやりとした煙のような存在を写したものばかりだ。本当に霊なのか、それとも単なる光のイタズラだったのか、結局のところわからずじまいとなってしまう。しかし、現在海外メディアで大反響を呼んでいる幽霊映像は、それらと一線を画した驚きの“鮮明さ”が特徴だ。では早速、米・サンフランシスコの音楽レストランバー「the Vestry at the Chapel」の監視カメラが捉えていたという、問題の動画をご覧いただこう。



さっきまでの賑わいがまるで嘘のように静まり返る、閉店後の店内――。午前5時ごろ、戸締まりを確認するためメインエントランスの扉へと近づいた管理人。そして衝撃の出来事は、電気が消された次の瞬間に起きた。なんと白いドレスを着た少女が、はしゃぎながら扉に向かって走って来たではないか! わずか2秒ほどの出来事だが、少女の姿形、そして動作、すべてがあまりにも鮮明だ。店内のどこかに少女が隠れていたとしか思えないが、管理人は「店に残っていたのは自分と清掃員だけだった」と断言している。

2015-11-07_080332

では、一体この少女は何者なのか? 店のスタッフは、全員が「幽霊に間違いない」と確信しているようだ。どうやらこのレストラン、これまでにも幽霊や人魂を見たとする証言が相次いでおり、出演者の中には決して楽屋を使おうとしないミュージシャンもいるという。それだけではなく、少女の叫び声が突然聞こえたり、誰も触れていないはずの蛇口から水が流れたり、出処が不明な香水の匂いが漂いはじめるなどのポルターガイスト現象にも襲われていたようだ。

そして極めつけは、レストランの“立地”にあった。

1914年、サンフランシスコ市内のミッション地区に建設されたこの施設、なんと当初は死体安置所として利用されていたという。そして、死体の防腐処理作業が行われていた部屋こそ、レストランの直下に位置する地下室(現在はワインセラーになっている)だった。

2015-11-07_080905

店の広報と営業を担当するカミーユ・アイヴズ氏は「このような現象がなぜ起きるのか、誰にも説明できないのです」として、監視カメラの映像を地元のグルメ情報サイト「7x7」に提供。サイトのスタッフがYouTube上にアップロードしたことで、戦慄の瞬間は世界中の人々に知れわたることとなった。今後は、地元テレビ局の幽霊捜索番組による取材も行われる予定となっており、そこで何らかの真実が明らかになるのではないかと期待を寄せるスタッフも多いようだ。

2015-11-07_080916

それにしても、幽霊がこれほど鮮明に捉えられた映像は珍しい。店の売名行為ではないかと疑う人々もいるようだが、地元では歴史あるレストランとしてある程度の知名度を誇っているようで、その可能性も低そうだ。もしかすると少女の霊は、私たちに何がなんでも存在を知らせなければならないほど、逼迫した“強い思い”を抱えているのかもしれない。この場所にまつわる過去の歴史を紐解くことが、少女の正体を知る手がかりとなる可能性は高い。続報に期待しよう。

(編集部)

参考:「7x7」、「The Daily Mail」、「the Vestry at the Chapel」、ほか

参照元 : TOCANA


【衝撃映像】飛び降り自殺しようとする人に死神が接近か?

ブラジルで、自殺者を救出しようと消防隊員が頑張っている最中、下から黒い影が出現!!!これ-は幽霊なのか?

hqdefault (1)

それとも自殺者を死神が迎えに来たのか?そして諦めて去っていったのか?




スロー映像

Ghost Jumping Off Window While Woman Is Kick Saved By Firefighter | Poltergeist Commits Suicide In Belo Horizonte | Brazil Ghost | Suicidal GHOST: Ghost Caught On Camera Jumping From Window In Brazil During Suicide Attempt

Suicidal GHOST: Ghost Caught On Camera Jumping From Building In Brazil During Suicide Attempt



英国で車を追いかけてくる幽霊?が撮影される

イギリスで、人気のない道に幽霊(?)があらわれ、車を追いかけてくる姿が撮影されました。

Ghost

ネット上に動画が投稿されています。

撮影された場所は、英国ランカシャー州、ブラックバーンとベルモントの間の道路とのこと。暗い道に立つ不気味な白いもの、車がそこへ近づいていくところから動画は始まります。

異常に気付いた搭乗者が「バックしろ!!」と叫び、車は後退を開始。すると「幽霊」が車を追うように近づいてきます。車内の人たちの声(アラビア語と思われる)はかなり怯えた様子です。一体なんなのでしょうか?

参照元 : Watch terrifying 'ghost' pursue reversing car along deserted unlit road



【衝撃映像】交通事故車両から黒い影が浮かび上がり、空に消えていく瞬間がテレビで報道される

米国で起こった交通死亡事故現場を撮影した映像に、事故車両から黒い影のような物体が浮かび上がり、空に向かって消えていく瞬間が映っていた。サタンがお迎えに来たのか?死体から魂が抜ける瞬間を偶然カメラが録画したのか?



事故を起こした車の中を確認する救急隊員▼
d1fa8326

黒い影のようなものが浮かび上がる
53599e59

人のような形をしている▼
1492fa1f

拡大すると明らかに人の顏のようなものが・・・▼

1c562b8c

【衝撃映像】イギリスの港町で日用品店の監視カメラに奇妙な光景が!買い物する男性の真後ろでティーバッグが浮遊

【動画あり】買い物する男性の真後ろでティーバッグが浮遊する怪奇現象発生!幽霊のしわざか!?

暑い毎日が続いている。こう暑いと、ヒヤッとするような怪談話でも聞きたくなるという人もいるかもしれない。そこで今日は海外発の怪奇現象についてお伝えしよう。

・ティーバッグが浮遊?
これはイギリスのとある港町で起きた出来事だ。日用品店の監視カメラに奇妙な光景が写っていたことが判明。それはなんと、ティーバッグが浮遊するというものだ。一体どうしてそんなことが起きたのだろう? まさか幽霊のしわざか……。

監視カメラをチェックしていた店主
怪奇現象が起きたのは、米ケント州のウィットステーブルという港町。日用品店を営むミッシェル・ニューボルドさんは、監視カメラの映像を毎週チェックしていた。ある日のこと、いつものように映像をチェックしていると、商品を見ている白髪の男性の真後ろで妙なことが起きた。

・男性の背後に浮かぶ赤いティーバッグ
棚から赤いパッケージのティーバッグが、勝手にスーッと出てきて、浮遊した状態で空中に制止したのである。白髪の男性はそのこと気づかない。しばらくするともう一方の棚から、突然物が落ちるのである。監視カメラの映像のため、やや不鮮明なのだが、ティーバッグはたしかに空中浮遊しているように見える。

・幽霊は信じない
ミッシェルさんはいまだかつて、お店でこのような現象に出くわしたことがないという。「(映像を見ても)何が起きてるのかわからない」と、地元のメディアに話しているそうだ。ちなみに幽霊のしわざではないかと噂されているのだが、彼女は「幽霊は信じません」とその可能性を否定している。

・説明がつかない
では、一体どうしてティーバッグは宙に浮いていたというのか? とにかく説明がつかない現象であることに違いない。この怪奇現象、あなたはどう考えるだろうか? 単なる目の錯覚なのか、それともやはり幽霊が……。  

参照元:YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=SCvZf0cdgx0&feature=youtu.be
Metro.co.uk(英語)
http://metro.co.uk/2013/07/25/is-there-a-ghost-throwing-tea-bags-around-a-shop-in-whitstable-video-3898368/
ソース : ロケットニュース24
http://rocketnews24.com/2013/07/30/354531/



人気ブログランキングへ

【米シカゴ】幽霊のようなUFO動画が話題に

【衝撃UFO動画】米シカゴで幽霊のようなUFOが激写される

2012年5月23日
 
daytime-ghostly-white-shape-shifting-ufo-chicago-11-may-2012

そんじょそこらの光の玉では、もはやUFOとは認定されなくなった昨今のUFO事情。単なる発光物体ではなく、一種独特のカタチをしていなければ誰も驚いてくれないのだ。いわばUFO飽和状態。さらなるアイデアが宇宙人には求められている。

そんななか、2012年5月11日に撮影されたUFOと思しき映像に注目が集まっている。白昼堂々、米シカゴ上空にあらわれたUFOは白い幽霊のようなカタチをしていたという。

YouTubeにアップされた話題のUFO動画は「Daytime Ghostly White Shape Shifting UFO Chicago 11 May 2012」といったタイトルが付けられている。映像を確認すると、なるほどたしかに白い幽霊のようである。

残念なのは、最初から空とUFOのみを撮影してしまっている点だ。本当にシカゴなのか、本当に空なのか……これだけでは判断しがたい。少しでも地上の風景を映していれば、さらなるリアリティが出ていたことだろう。

UFOにも宇宙人にも、そして撮影者にも工夫が強いられるのが昨今のUFO事情である。さらなる衝撃に期待したい。

(文=GO)

参照元 : Youtube guttergawker
 

これは合成か?それともマジか?UFOなの?発光してるように見えるので幽霊ではないようだが・・・



【マレーシア】セブンイレブンの監視カメラに映った「白い服の女性が突然消える」衝撃映像

【衝撃映像】セブンイレブンの監視カメラに映った「突然消える白い服の女性」

2012年4月20日

監視カメラには、ときどき “あってはならないもの” が映る。幽霊だったり怪物だったり……もちろん、本来の目的である「泥棒」が映ることも多々あるだろう。だがしかし……。 逆に、そこにいた人が突然「すっ」と消えてしまったとしたら、なんとも奇怪で不気味である。

今回ご紹介したいのは、セブンイレブンの監視カメラがとらえた不思議な映像。その名も「Hantu Muncul di 7Eleven Terengganu,Malaysia」である。 動画のタイトル通り、撮影されたのはマレーシア。つまり、マレーシアのセブンイレブンである。約7分の映像だが、重要なのは最後の1分程度だ。店の外には、白い服を着た女性がいる。誰かを待っているのか、キョロキョロしているようにも見える。 しかし……突然、「すっ」と消えてしまうのである。一体どこに行ったのか。謎は深まるばかりである。

なお、こちらの映像は、監視カメラの映像をパソコン上で再生しているところを撮影したものだ。撮影者も白服女性が消えた瞬間はビックリしてしまい、カメラをPCモニタから離してしまったほどである。 ちなみにマレーシアやインドネシアの心霊モノは、こうした「いきなり消える系」が実は多い。ジワジワ系ではなく、あっという間に完結する、瞬間的な怖さである。


参照元:Youtube HANGTUAH67

http://www.youtube.com/watch?v=Ffx7ilbn3zM
ソース : ロケットニュース24
http://rocketnews24.com/2012/04/20/204949/

怖すぎ・・・ これ、幽霊?それともインチキ動画?



人気ブログランキングへ

最新記事






楽天トラベル



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ