地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

巨大生物

インドネシアのセラム島に体長15メートルの謎の巨大生物が漂着

インドネシアに「謎の巨大生物」が漂着……! 体長15メートルの生物にさまざまな予測の声上がる

2017年05月14日 22時00分 更新

巨大イカかクジラか、はたまた別のクリーチャーか?

▼人を軽く飲み込みそうな大きさです

2017-05-25_191742

インドネシアのセラム島で、海岸に謎の巨大生物が打ち上げられ、ネット上で話題になっています。このデカい生き物の正体は?



現地のインドネシア国軍(TNI)が公式Facebookに投稿した動画では、その島に漂着した体長15メートルはある大きな生物を写して「巨大イカ」と報告。言われてみるとその柔らかそうにぺたんと広がった姿と色がイカっぽいような……?

しかし、別の投稿者からYouTubeに投稿された動画では「大きな魚」と表現され、遠目から全体を撮影した映像に“あごの骨”のようなものがあることから「クジラ」ではないかという声も。海洋科学者のTwitterユーザーも、死んでから時間が経過して腐敗したナガスクジラだと予測しています。

▼左側に長い骨のようなものが確認できます

2017-05-25_192020

▼有力なのは腐敗したクジラ?

2017-05-25_192037

参照元 : ねとらぼ




【UMA】ネス湖に体長およそ50フィートもある謎の巨大生物が衛生写真に映っていた

イギリス・スコットランドのネス湖にて、体長およそ50フィート(約15.24m)はあると推測される謎の巨大生物が地図アプリの衛星写真に映っていた。

ネス湖といえばネッシーが有名だが、この巨大生物はネッシーとは異なる形をしてる。

240

712

420

516

ヒレのような物がついてる?▼
n8wZ5sO8wAzdN_R1398063964_1398063968

マッコウクジラの標準的なオスの体長は約16m〜18mあるので、それとほぼ同じ大きさか。この画像を観る限りでは、マッコウクジラには見えません。

【衝撃映像】カナダとアメリカでビックフットが発見される

今年も海外の森でビックフットが発見される

ZLv9JJNCzf

xtawBT2Mt7

RW7-5ciSUs

Eerie footage shot in the Canadian wilderness has set off speculation that the mystery figure filmed in the distance could be the legendary Bigfoot.

The startling video allegedly shot by a couple hiking in Mission, British Columbia, shows a large, gangling figure covered in hair, lumbering over a forest hilltop.

As always with these kinds of sightings, the clip is very blurry, but from what the viewer can make out the figure emerges from a tree and is visible for around 20 seconds - before appearing to punch a few leaves out of the way before disappearing out of sight.

According to Crypto-zoology website 'Legend Tracker', the couple were on a hiking holiday when they spotted the mythic creature in the distance and began to film.

The tantalizing footage has left Bigfoot believers hoping that experts can examine it and therefore prove that the legendary ape-like Sasquatch does indeed live in the forests of North America.

At the beginning of July, the claims of Texas veterinarian Melba Ketchum's that she had proved the existence of Sasquatch with DNA evidence were refuted.

The 'sample' she said proved the existence of Bigfoot turned out to contain mostly opossum DNA, mixed in with markers from other animals, according to tests.

Houston Chronicle science reporter Eric Berger says there is no evidence that any of the DNA in the sample belongs to a Sasquatch or any other hominid cousins of humans.

When Ketchum released her 'scientific study' of Big Foot earlier this year, Berger hammered her for not submitting the paper to a credible peer-reviewed journal and not allowing mainstream researchers to verify her work.

Instead, she launched a journal of her own, the DeNovo Scientific Journal, and published her findings online and charged $30 to read the work.

'If Ketchum really had the goods she would have co-authored the paper with reputable scientists and gotten the work published in a reputable scientific journal,' Berger wrote in February.

'Instead she's playing to an audience that doesn't understand how science works, that wants to believe Bigfoot exists and is willing to send her some cash to further their delusions.'

However, Ketchum approached Berger and offered him definitive proof of her findings - she would let his friend, a top Houston geneticist, take a sample of her Big Foot DNA and test it himself.

Ketchum claims the sample came from a family of ten Sasquatches that lives in northern Michigan. She says the sample was taken from the crumbs left behind after the Bigfoots ate blueberry bagels.

Berger admits he allowed himself to get momentarily excited by the prospect of testing Sasquatch DNA.

'If the evidence backed up Ketchum's claims, I had a blockbuster story. My geneticist source would have a hand in making the scientific discovery of the decade, or perhaps the century. Ketchum would be vindicated,' he wrote.

Instead, he says, rational science came crashing down. The sample contained nothing more than the remnants left behind by common forest animals.

アメリカ・ブルーリッジ山脈で撮影された映像

The footage in this video was submitted to Legends Beware on July 12, 2013. The cameraman claims to have been 5 miles north of Blue Ridge, GA when he captured the footage.

Incredible Bigfoot Footage (2013)



人気ブログランキングへ

巨大生物の画像や映像を集めてみた

デカい生物の画像や動画紹介

巨大ヤギ▼


巨大マンボウ▼






巨大カエル▼


巨大ネコ▼




巨大カメ▼
クリックで拡大画像表示クリックで拡大画像表示

巨大シャコ貝▼


巨大イカ▼
d2500118





大蛇・アナコンダ▼


巨大クモ▼


巨大トナカイ?▼




巨大アイドル▼


巨大クラゲ▼


巨大ナマズ▼


 

巨大キノコ▼


巨大リュウグウノツカイ▼


巨大タスマニアオオガニ▼


巨大カブトムシ▼


巨大ワニ▼


巨大ラフレシア▼


巨大カミキリムシ▼


巨大イヌ▼
巨大生物koe-283



巨大蛾▼


巨大サメ▼

巨大生物koe-014

巨大イノシシ▼
画像

巨大豚▼


巨大エイ▼
巨大生物koe-029

巨大熊▼
巨大生物koe-046_3

巨大ヤシガ二▼
巨大生物koe-085

巨大生物koe-382

巨大馬▼


動画▼

















関連記事▼

◆デカすぎる巨大魚

人気ブログランキングへ
最新記事






楽天トラベル



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ