地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

小笠原諸島

小笠原諸島と神奈川県で震度5強、M8.5 東日本大震災に次ぐ規模!専門家が警告「富士山大噴火、首都直下型地震に備えよ」

小笠原諸島と神奈川県で震度5強 津波なし

2015年5月31日 0時06分
 
K10010097321_1505310046_1505310047_01_03

30日夜、小笠原諸島の沖合の非常に深い場所を震源とするマグニチュード8.5の巨大地震があり、小笠原諸島と神奈川県で震度5強の強い揺れを観測しました。この地震による津波はありませんでした。

気象庁によりますと、30日午後8時24分ごろ、小笠原諸島西方沖の深さ590キロを震源とするマグニチュード8.5の巨大地震が発生しました。

この地震で、▽震度5強の強い揺れを小笠原諸島の母島と神奈川県二宮町で観測したほか▽震度5弱の揺れを埼玉県の春日部市と鴻巣市、それに宮代町で観測しました。

また、▽震度4の揺れを茨城県の古河市や石岡市、栃木県の栃木市や佐野市、群馬県の館林市や明和町、埼玉県のさいたま市中央区や熊谷市、千葉県の千葉市中央区や船橋市、東京中央区や港区、伊豆諸島の青ヶ島、神奈川県の横浜市西区や平塚市、山梨県忍野村、長野県佐久市、それに静岡県伊豆の国市など、関東甲信や静岡県の広い範囲で観測しました。

また、北海道から沖縄県にかけての全国各地で震度3から1の揺れを観測しました。

今回の地震について気象庁の中村浩二地震情報企画官は、「今回の地震は、震源の深さが非常に深く、震源に近い場所だけでなく、離れた地域でも揺れが強くなる“異常震域”という現象が起きたとみられる。強い揺れを伴うような余震が発生するおそれは少ないと見られるが、揺れの強かった地域では、落石や崖崩れが発生するおそれがあるので念のため注意してほしい」としています。

また、地震の規模については「島しょ部の限られた数の地震計のデータを基に速報として決めたもので、今後、精査すると規模が小さくなったり、震源の深さが深くなったりする可能性もある」としています。

参照元 : NHKニュース


東日本大震災に次ぐ規模、M8.5観測 気象庁会見

2015/05/31 00:20

000051539_640

今回の地震について、気象庁は緊急の会見を行いました。地震の規模が国内では、東日本大震災に次ぐものだったとしています。

(社会部・郭晃彰記者報告)
気象庁は、地震の規模は大きかったものの深さが590kmと深いことから、津波は起きなかったとしました。その一方で、揺れは広範囲に及びました。

気象庁の会見:「関東地方はかなり(震源から)遠いが、プレートに沿ってあまり減衰しないで地震の揺れが伝わった」

今回の地震の特徴は、震源が小笠原諸島の近くだったにもかかわらず、関東地方でも震度5強などの大きな揺れを観測したことです。すべての都道府県で震度1以上の揺れを観測しています。

そして、会見で記者からの質問が最も集中したのは、東日本大震災のM9.0に次ぐM8.5という規模の大きさについてでした。小笠原諸島周辺では、これまでにも何度か地震はありますが、いずれもM8.0に満ちていません。

また、今回、アメリカの研究機関は、マグニチュードは7.8と推定しています。気象庁は、周辺の観測体制が十分でないことなどから、今後の詳しいデータの精査によって数値が変わる可能性を示唆しています。また、余震についてですが、津波と同様に震源が深かったことから、体で感じる大きな揺れの心配はないとしています。

参照元 : テレ朝ニュース




奄美震度5地震で迫る桜島大噴火と日向灘沖M8.7地震の戦慄

2015年05月30日 14時00分

5月22日午後10時28分ごろ、鹿児島県の奄美大島近海を震源とするM5.1、最大震度5弱の強い地震があった。鹿児島ではその前日、桜島で噴煙が4300メートルにまで達する“爆発的噴火”が起きたばかりだ。

今回の地震は、いったいどのような意味を持つのか。琉球大理学部名誉教授の木村政昭氏に聞いた。

「国は関東から関西にかけてが危ないと見ています。しかし私は、東日本大震災の震源域の北と南、具体的にいえば北海道と伊豆小笠原諸島、そして、九州の日向灘沖から南西諸島沖が危ないと考えています。奄美大島沖の揺れは、まさに危険の印だと思います」

木村氏は、日向灘沖で発生するM8.7の巨大地震を予測している。時期は2014年±5年。つまり、今後4年の間に起きる可能性が高いと見ているのだ。

木村氏がそのように考える理由はこうだ。

「300年前までさかのぼって見てみる必要があると思います。すると、1703年に相模トラフの房総半島南端の野島崎を震源とする元禄地震が発生し、その4年後に南海トラフのほぼ全域が割れた宝永地震が起こった。そのため、関東から関西にかけてはストレスがほぼ取れたと考えています。そして、三陸沖ではすでに3・11が発生した。残る太平洋プレートのプレッシャーが残った場所は、北海道と伊豆、小笠原諸島海域、九州の日向灘沖から南西諸島にかけてになるはずです」

一方、1955年の観測開始以来、6番目の高さの噴煙を上げた桜島。35年間、桜島の観測を行っている京都大学防災研究所の井口正人教授は、「桜島の直下でマグマの蓄積量が増え、山体が膨脹し続けている」と見ており、「5000メートル級の噴煙が今後増えていくだろう。さまざまな兆候から、2020年ごろには大噴火が発生する可能性が高い」と警告している。

桜島は島の北側、海底の地下深くにマグマ溜まりがある。これが桜島の直下に流れ込み、山体が膨脹し続けているらしい。

「桜島と大隅半島が陸続きになるほどの溶岩が吹き出た1914年の大正大噴火では、大隅半島の一部などで最大1.5メートル以上の降灰を記録しているため、風向きによっては作物やライフラインが壊滅的な被害を受ける。再稼働する川内原発への影響も懸念されます」(サイエンスライター)

引き金にならなければいいが。

参照元 : 週刊実話


地震専門家が警鐘 富士山大噴火、そして首都直下型地震に備えよ!(1)

2015年05月17日 16時00分

大涌谷付近を震源とした火山性地震が増加している、神奈川県と静岡県にまたがる活火山・箱根山。地元の箱根湯本では有感地震の観測回数が増えており、不気味な鳴動とともに温泉施設では蒸気が勢いよく噴出している。地元では今後、大涌谷周辺に影響を及ぼす小規模な噴火が発生する可能性もあると警戒を強めている。

そんななか気象庁は、5月6日に箱根山の噴火警戒レベルを平常の「1」から火口周辺規制の「2」に引き上げた。大涌谷に関し国土地理院が衛星によるレーダー解析を行った結果、半径100メートル程度の範囲で地面が隆起し、その中央付近では最大6センチほど隆起していることも判明している。

御嶽山の噴火を予測した地震予知の権威である琉球大理学部名誉教授の木村政昭氏が、現状をこう説明する。

「実は、箱根山には“噴火の目”が出ているのです。気象庁が公開している火山直下と付近の地下で起こるM0以上の地震データから、地下10キロ〜20キロ付近で地震が起こった回数を割り出すと、年間に数回、地震の回数が急増する時期があり、その際には火山性微動も伴ってくる。箱根山は、まさにその状況にあるわけです」

火山性微動は火山性地震と異なり、人間が感じることができない低周波の地震だ。これは地下でマグマなどが移動した際、ズルズルと地殻が擦れることにより発生するという。

「火山性微動の起こる領域は、マグマが存在する領域です。そこで火山性地震が急激に増加するような変化が起きると、だいたい30年ほどで噴火することが経験的にわかっている。しかし箱根山に関して言えば、3000年前に大噴火し、鎌倉時代にも小規模噴火していますが、我々は体験していないため前兆現象など詳しいことはわかりません。今は本格的な噴火に備えておくべきで、ひとたび噴火すれば風評被害のレベルでは済まないという覚悟も必要です」(木村氏)

約3000年前の噴火では箱根山の上部が吹き飛び、標高が3000メートルから1400メートルになったという。

「さらに遡り9万年前の噴火を紐解けば、火砕流が50キロ離れた横浜まで達している。箱根山は観光地のイメージが強いですが、金時山や三国山などを外輪山に持つ立派な火山です。大涌谷は中央火口丘と言って、大きな火口の内部に生じた新しい小さな火山体。つまりホテルも別荘も火山の中にあるわけです。巨大な噴火が起こる確率は低いとされていますが、噴火の規模自体、予測しても的中した試しがない。どんなことが起きるのかわからないという意味で、非常に不気味です」(武蔵野学院大学特任教授・島村英紀氏)

加えて、防災ジャーナリストの渡辺実氏も言う。

「火山学はいわば過去の歴史に学ぶ学問です。ところが東日本大震災以降、日本の火山で起きていることは火山学の常識が通用しない。それをまず問題視すべきです。そして、箱根山が牙を剥こうとしているのは現実なのです。それを風評被害で逃げるメディアが多いが、箱根町も温泉業者も含め、しっかり安全のために立ち向かうと言うべきです。そのためには、安全を確保するための確かな情報を発信することが必要です」

参照元 : 週刊実話


地震専門家が警鐘 富士山大噴火、そして首都直下型地震に備えよ!(2)

2015年05月18日 16時00分

関東近海の不気味な動き
このところ東北や九州の火山の活動が活発化しているが、気になるのは箱根山の活動が富士山の噴火に繋がるのか、という点だ。

前出の木村氏は、箱根山と富士山の噴火の時期について、それぞれ箱根山が2015年±5年、富士山が2014年±5年と予測している。つまり、まさに今から東京五輪目前の噴火が濃厚と予測している。

「2つの火山は、マグマだまり自体はつながっていませんが、ともに太平洋プレート、フィリピン海プレートに押されています。箱根山が悲鳴を上げたことから、富士山もいつ悲鳴を上げてもおかしくはない状況なのです」(木村氏)

ちなみに、三陸沖を震源として発生した貞観地震(869年=M8.3以上)の5年前に富士山が噴火、さらに3年前には新島向山の大噴火が起き、1年前には兵庫県でM7以上の直下型地震が発生している。

「噴火と巨大地震の関連性については、最近になり専門家の間で指摘され始めています。実際に富士山噴火の前後には日本中で天変地異が発生しており、貞観地震の9年後には関東諸国地震、つまり、今でいうところの首都直下型地震が起きている。こう見ると、富士山噴火と連動して首都圏直下型地震が起こっても何ら不思議ではありません。ましてや、房総沖と伊豆小笠原沖では、巨大地震がすでに秒読み段階とも言われている。富士山噴火の後、房総沖地震、伊豆小笠原沖地震、そして首都圏直下地震と、巨大地震が相次いで襲う可能性も十分にあるのです」(サイエンスライター)

専門家の間では、3・11では日本海溝のうち宮城県沖〜茨城県沖までのプレートが滑って巨大地震となったが、その北側の三陸沖と、南側の房総沖のプレートが滑らずに残っているとされる。つまり、3・11の震源域のストレスは取れたものの、北側と南側ではストレスが強まっており、その現象の一端として今年2月17日、北側の岩手沖でM5.7、最大震度5強の地震があったばかりだ。

木村氏はこの北側地域についてM8.5、発生時期を2019年±5年の地震を予想しているが、3・11の際も都内では震度5を観測しているだけに、同じ程度の地震動は覚悟しなければならない。加えて木村氏は、伊豆小笠原諸島沖を震源とする巨大地震が発生するとも予測(2012年±5=M8.5)。こちらは地震動そのものよりも、首都圏沿岸と西日本の太平洋側に発生する巨大津波が脅威という。

また、房総沖のプレート付近で巨大地震が発生した場合、首都圏の揺れによる被害は深刻なものとなる。

「房総沖地震が起きた場合、東京は震源地から100キロ以上離れていますが、最大で震度6強、広範囲で震度6弱の揺れがあるでしょう。地震研究者の間では、早ければ10年以内、遅くとも30年以内には間違いなくやってくると言われています」(前出・サイエンスライター)

そんな折、5月3日午前1時51分ごろに鳥島近海でM5.9の地震が発生し、伊豆諸島の八丈島で最大50センチの津波が観測されている。震源の深さは浅く、地震の規模が小さいのに津波が発生したことについて気象庁は「地下のマグマの活動にともなって津波が発生した可能性がある」としている。

また、小笠原諸島の一つ、西之島の地下ではいまだ猛烈な火山活動が続いており、今後、海底で新たな噴火が起こる可能性もあるという。

「小笠原諸島の海底火山の噴火により突如出現した西之島は、その後も拡大し、海面上の体積は東京ドーム約52個分にあたる6446万立方メートルにまで達している。懸念されるのは、通常の火山活動にとどまらず、噴火が巨大地震を誘発することです。そうなれば、当然、大津波も発生します」(前出・サイエンスライター)

木村氏の定義によれば、この西之島の噴火は「P3噴火」である可能性があるという。「P3噴火」とは、「P1」「P2」と呼ぶ噴火の段階を経て、群発地震が発生した後に小規模の噴火が起きる段階であり、その後、大地震発生となる可能性があるという。

箱根山の異変が悪夢の連鎖を生み出さないことを祈るばかりだ。

参照元 : 週刊実話


こんな大地震が来たら、準備しても無駄か・・・

SAN ANDREAS - Official Extended TV Spot #2 (2015) Dwayne Johnson Disaster Movie




日本の船が中国漁船に囲まれる事態!地元漁師「囲まれちゃったって聞いた、父島の漁船が。我々が逃げながら仕事しなきゃいけない…」

「中国船に囲まれ、逃げながら漁を…」地元漁師

2014/11/11 17:40
 
mqdefault (1)

日本の船が中国漁船に囲まれるような事態も起きています。

漁師:「囲まれちゃったって聞いた、父島の漁船が。我々が逃げながら仕事しなきゃいけない…」「向こうも飯食うのが大変だから来ているんだろうけど、できれば自分のところでどうにかやってほしい」

小笠原諸島の周辺で中国漁船が増えている問題で、地元の漁業関係者によりますと、日本の船が父島の近海で中国漁船に囲まれるような事態が起きているということです。

中国漁船は鉄製で、なかには200tを超えるものもあることから、海上保安庁は警戒を強めています。先週まで200隻近くいた中国漁船は10日時点で141隻に減っていて、中国に戻り始めているという見方も出ています。

参照元 :
テレ朝ニュース




小笠原諸島の西之島付近で新しい島が出現

小笠原諸島・西之島付近で新しい島ができているのを確認

2013/11/20 23:43

mqdefault (3)

小笠原諸島の西之島付近で、新しい島ができているのが確認された。海上保安庁が撮影した、黒い噴煙を上げている島の最新映像が、20日夜に入ってきた。 海上保安庁が20日、「新しい島」が出現した様子をとらえた映像には、爆発とともに噴き上がる黒い噴煙や、同時に飛び出したとみられる岩石が、四方八方に飛び散る様子も確認できる。

この島の直径は、200メートル程度。 断続的に観測される、爆発にともなう黒い噴煙は、火山灰を含んでおり、島の表面から立ちのぼる噴煙は、主に湯気を含んでいるため、白く見えるという。 島が現れた場所は、東京から南におよそ1,000km、小笠原諸島の無人島・西之島の南南東500メートル付近。 午前10時20分ごろ、海上自衛隊から気象庁に「噴煙が上がっている」と通報があり、午後4時17分、海上保安庁が、新しい島が出現していることを確認した。

およそ2カ月前には、パキスタンでマグニチュード7.7の大地震が起きた直後に、突如、島が出現した。 この時は、地殻変動が原因とみられているが、海上保安庁の伊藤弘志火山調査官は「海底火山で噴火が起きますと、たまに、こういった新島ができまして。日本付近でも、戦後4〜5回くらいは、このような新島が観測されています」と話した。

映像では、海底火山の影響か、新たな島の周辺で、海水が緑がかった色に変色している様子も確認できるが、この島は、しばらくすると消えてしまう可能性もあるという。 伊藤調査官は「このままですと、波によって削られて、なくなってしまう可能性があります。ただ、溶岩流などで、上を固い溶岩で覆われたりすると、長持ちして、島として残るかもしれません」と話した。

西之島では1973〜1974年にかけても、周辺海域で噴火が発生。 この影響で、新しい島が形成されたことがあり、噴火はこれ以来、40年ぶりだという。 気象庁は、今後も噴火が発生する可能性があるとして、「火口周辺警報」を発表した。 海上保安庁も、「航行警報」を出し、付近を通過する船舶に警戒を呼びかけている。

参照元 : FNNニュース

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00258215.html




小笠原諸島・西之島付近に新島 大きな島に形成される可能性も

2013/11/21 17:16

20日、東京から南におよそ1,000kmに位置する小笠原諸島・西之島の南南東の海上に出現した新しい島について、海上保安庁では、今後、さらに大きな島に形成されていく可能性があると分析している。

海上保安庁の火山調査官によると、映像で、新しい島の中央付近で噴火による爆発が継続してみられること、また、島が出現した海域が、水深20メートルと浅瀬であることなどから、今後も噴火活動が続く場合、島の大きさが拡大していく可能性が高いとしている。

新しい島は、現在も噴煙を上げているとみられていて、海上保安庁は、21日も航空機による島の観測を行う方針。 新しい島の出現は、1986年以来という。

参照元 : FNNニュース

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00258258.html




小笠原諸島・西之島付近に新島 菅長官「領海が広がればいい」

2013/11/21 23:54

小笠原諸島の西之島近くに突如現れた島は、21日も噴火を続け、島自体も大きくなっている。 今後、さらに大きくなり、島として正式に認められるのか、それとも波に削られて、なくなってしまうのか。 海面から立ち上る白い噴煙の下にあるのが、20日に姿を現した新しい島。

1分ほどの間隔で起こっているという激しい爆発は、数メートルとみられる大きさの岩石を吹き上げていた。 東京から南におよそ1,000km、小笠原諸島の西之島の南南東500メートル付近に現れた島。 21日は、南北に400メートルほど、東西200メートルほどの大きさになっていた。

20日と比べても、大きく、島らしくなり、はっきりとした円形の火口が見て取れる。 島の観測を行った、東京工業大学の野上健治教授は、21日午後4時半すぎ、「島ができて、噴火をして、24時間たってみて、あのサイズまで成長していますので、それなりのものが、ずっと断続的に出続けないと、ああいうふうにはならないだろうと。終わりではなくて、あれが始まりなので。

だから、今後どうなるかっていうのは、注視する必要があると思います」と語った。 新しい島の誕生に、菅官房長官は期待を表した。 21日午前11時すぎ、菅官房長官は「領海が広がればいいなと思いますよ。この島が、きちっとした島になってもらえればね、これが、わが国の領海が広がるわけですから」と述べた。

国連の条約の中で、島の定義は、自然に形成された陸地であること、水に囲まれていること、高潮時において水面上にあることの3つと定められている。

今回のケースは、どうなのか。海洋問題にくわしい、東海大学海洋学部の山田吉彦教授は「(島が成立する可能性は)今の段階では、5分5分でしょうか。火山灰と火山弾ですので、要は石と砂でできている島ですので、波によって削られてしまう可能性が高い」と語った。

山田教授によると、西之島の海中は、富士山と同じくらいの4,000メートル級の海底火山になっている。 その頂上付近では、爆発を繰り返していて、火山灰と火山弾が蓄積し、それが20日になって、海面に出てきたという。 島の所有権について、山田教授は「日本の領海内に新しくできましたから、全く問題なく、日本の領土に組み入れられます。

ただし、これが公海、公の海で同じことが起こった場合には、まず先に発見した国、先に占有の意思を示した国の権利が発生する可能性があります。国際紛争を招く可能性があります」と語った。島の命名については、内閣府が関係省庁と相談し、決めるということだが、小笠原村に所属することになるとみられることから、地元の声があれば募集し、優先するという。

参照元 : FNNニュース

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00258281.html

mqdefault (2)

mqdefault (5)

人気ブログランキングへ

最新記事






楽天トラベル



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ