地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

官僚

米NYタイムズ社説「日本政府は来年10月に予定される消費税率10%への再引き上げを延期すべきだ」

日本は消費税10%を「延期すべき」 米NYタイムズ社説が経済悪影響を懸念

2014.9.11 16:48

米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は10日、日本政府は来年10月に予定される消費税率10%への再引き上げを「延期すべきだ」とする社説を掲載した。

10%への再増税の可否は、安倍晋三首相が景気情勢を見極めながら年内に判断する。 社説の主張は、最近発表された4〜6月期の国内総生産(GDP)が落ち込んだ点を踏まえた。財政赤字削減の必要性は理解する一方、好転しかけた日本経済への悪影響をより懸念した。

また、企業の社外取締役を増やしたり、女性の社会登用を進めたりした方が投資や消費の拡大に有効で、増税よりも優先すべき措置だと提言した。(共同)

参照元 : sankeibiz



安倍軍事政権は、この罰金刑みたいな消費税増税を強行し、さらには15%、20%を目指して、日本国民を苦しめて、戦争へとまっしぐら。

香川俊介財務省悪徳事務次官

B8XReNL

「国民死ね!」 
「官邸は嘘データでマインドコントロール」 
「マスコミは国税局で脅していいなり」 
「搾り取った税金は国民に還元せず省益と公務員の給料に」                    
    
増税リスト
○消費増税 5%→8% →(10%) 
○所得税増税 ○住民税増税 ○相続税増税 ○固定資産税増税 ○国民年金料引き上げ 
○高齢者医療費負担増 ○診療報酬引き上げ(医療費値上げ) ○40−64歳介護保険料引き上げ 
○発泡酒増税 ○タバコ5%増税 ○株の配当や売却にかかる税率の引き上げ ○電力料金大幅値上げ 
○軽自動車税増税 ○高速料金大幅値上げ ○ETC割引縮小 ○石油石炭税増税 
○年金支給減額 ○児童扶養手当減額 ○配偶者控除廃止 ○残業代ゼロ合法化 
○死亡消費税導入 ○携帯電話税 ←NEW 

国民から搾り取った金を公務員と議員と大企業だけが受け取る。
 
○公務員給料&ボーナス大幅アップ ○議員歳費20%削減廃止 ○法人税減税 

・香川俊介は細川政権時代に国民福祉税を導入しようとした生粋の消費税増税派であり近年の消費税増税も香川一派の主導。
 
・現在、財務省には官僚100名で作られたマスコミ対策専門チームが存在しそれを統括してきたのが香川。
 
・財務省に税務調査で申告漏れを指摘され脅されているマスコミは財務省のいいなりとなり財務省に都合のいい世論誘導しかしなくなった。
 
・官邸も無能なので財務省にマインドコントロールされている。

4〜6月GDP、下方修正…年率7・1%減に

2014年09月08日

消費税率引き上げ後、個人消費だけでなく、企業の投資も低迷していることが示された。内閣府が8日発表した4〜6月期の国内総生産(GDP)の改定値は、物価変動の影響を除いた実質で前期と比べて1・8%減で、このペースが1年間続くと仮定した場合の年率換算は7・1%減だった。企業の設備投資の落ち込みが響き、8月に発表した速報値の年率6・8%減から下方修正。

↑↑速報値で嘘発表し、最悪度隠していましたが、やっぱりバレました。これぞASKA事件の主犯パソナ会長ケケ中・安倍のペテン政治。


24c69847

中国で相次ぐ官僚の不審死 習近平政権のドス黒い真実

政敵徹底排除 官僚の不審死が続出する習近平政権のドス黒い真実

2014年05月04日 15時00分
 
18733

小保方晴子ユニットリーダーと『理研』の確執から、“トカゲのしっぽ切り”なる言葉が注目を集めているが、これを地で行く現象が中国で続発中。官僚たちが首つりや不慮の事故で、次々と命を絶っているのだ。

北京の駐在記者が言う。

「実は昨年1月から今年4月の間に、各地で54人もの官僚が不審死しているのです。内訳で多いのは自殺者の23人だが、黒竜江省では幹部と飲食した官僚が心臓発作で死亡。また河南省では、地元政府官僚5人が同時に交通事故に遭って死亡しており、殺害された例もあるという。あまりに陰謀めいた話に、警察も軒並み事件の捜査にためらいを見せている状況なのです」

各地の警察が、捜査に二の足を踏むのも無理はない。実は、中国国内では頻発する官僚たちの不審死には“裏がある”と評判なのだ。

「最大理由と見られているのが、習近平政権が行いだした腐敗官僚の取り締まりです。すでに国内では18万人が検挙されているが、広東中国銀行支店長が492億円を不正蓄財していたり、元人民解放軍の幹部宅から金食器や黄金の毛沢東像などトラック4台分の財宝が押収されたりと、摘発件数がうなぎ上り。そのため、今回の不審死騒動は、不正蓄財に手を染めた者たちのトカゲのしっぽ切りと見られており、今後も件数が増加する見込みなのです」(中国テレビ関係者)

また、前出の記者によれば、これには習政権の腐敗ぶりが大きな影響を与えている可能性が高いという。

「習近平は国家主席となった途端、根こそぎ政敵を粛清し始めた。その最たるものが序列9位の周永康の軟禁で、石油利権を押さえる上海閥の同氏から利権をもぎ取ろうとしているのです。また、習氏は海外に2700億円もの不正蓄財があると噂される温家宝前首相同様、かなりの資産を海外に隠しているといわれる。こうした我田引水の工作が、下級官僚にも波及。同胞を追い落として私腹を肥やす風潮を、蔓延させている可能性も高いのです」

仲間を裏切っても私腹を肥やす。まさに、由々しき事態と言うほかはない。

参照元 : 週刊実話

経産省の50代の官僚 ブログに「復興は不要だ!と正論を言わない政治家は死ねばいい」と書き込み ⇒ 身元特定され停職2カ月の懲戒処分

経産省官僚、ブログに「復興は不要」 停職2カ月の懲戒処分

2013/09/26 14:47

経済産業省の50代のキャリア男性官僚が、ブログに「復興は不要」などと書き込んでいた問題で、経産省は26日付で、この男性を停職2カ月の懲戒処分にした。 ブログには、東日本大震災半年後の2011年9月、被災地を「もともと、ほぼ滅んでいた東北のリアス式の過疎地」としたうえで、「復興は不要だと正論を言わない政治家は死ねばいい」と書き込んでした。

経産省が本人に確認したところ、書き込みを認め、「日記のようなつもりで、軽い気持ちで書いてしまった。誠に申し訳ない」と話したという。 経産省は26日付で、この男性を停職2カ月の懲戒処分にした。

参照元 : FNNニュース
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00254619.html




“2ch脳”官僚? ブログに「復興は不要」「やきう」「早く死ね」 経産キャリアが停職処分に

2013年09月26日 14時07分
 
sk_meti_03

ブログに「復興は不要だ と正論を言わない政治家は死ねばいいのに」などと書き込んでいた経済産業省の50代のキャリア官僚が身元を突き止められて“炎上”する騒ぎがあり、報道によると、同省は9月26日付けでこの官僚を停職2カ月の懲戒処分にしたという。

官僚は「せーじか」と題した2011年9月のブログ記事で、「日本の3台悪 やきう、ますこめ、政治家」(原文ママ)、「ほぼ滅んでいた東北のリアス式の過疎地で定年どころか年金支給年齢をとっくに超えたじじぃとばばぁが、既得権益の漁業権をむさぼるために」「増税の是非ではなく パパは 復興は不要だ と正論を言わない政治家は死ねばいいのにと思う」などと記していた。

また別の記事では「老人の老人による老人のための「やきう、ますこめ、せいじ」が この3年間、日本を滅ぼすか、日本が老人を駆逐するか 瀬戸際だとまじでパパは思っている」「そのますこめが税金を使って朝から作っている番組がこれだ」と、お年寄りが野球に取り組む話題を取り上げたNHKのテレビ番組をカメラで撮影した画像を複数載せ、「早く死ねよ」「まだ死なないか」「遠くから見てただのバケモンだよ」などと暴言を連ねていた。

“2ch脳”?

官僚は実名や所属などをブログで明らかにしていたわけではなかったが、自身の写真などは掲載していた。

騒ぎの発端となったのは掲示板サイト「2ちゃんねる」(2ch)の一部で続いている「野球vs.サッカー」の戦いだった。官僚はサッカー派で、ブログでは「やきう」「老害」などと2ch的表現で野球を批判していたことから、当初はサッカー派が援用する形で2chのスレに内容を投稿していたものの、ブログが野球に限らずさまざまな悪口に満ちていたため、野球派がブログを問題視。21日ごろから記事にコメントがつき始め、24日には専用スレッドが立つ“炎上”に発展した。

ブログの記述から居住地や名字が特定され、また霞ヶ関方面に勤務していることをにおわせる記述が多かったことから、ある日の仕事について述べたブログの内容と、これと一致する公的イベントの情報がネット上に公開されていたのが検索され、名前と経産省の課長級の官僚だったことが特定される──という流れだった。

ブログの記述から2chを閲覧していた様子がうかがわれ、「やきう」といった表現から「どうみても2ch脳」と当の2chでもあきれられていた(正確には「芸スポ脳」)。「若年層と同様、シニア世代が急にネットにはまると大きな影響を受ける場合があるのかもしれない」といった考察もあった。

今年6月には、復興庁の官僚が市民団体への中傷などをTwitterで繰り返していたことが分かり、処分を受ける騒ぎがあった。


問題となったブログ内容▼
l_sk_meti_01

官僚は実名や所属などをブログで明らかにしていたわけではなかったが、自身の写真などを載せていたため特定された
lt

人気ブログランキングへ

最新記事






楽天トラベル




人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ