地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

安倍昭恵

首相夫人の安倍昭恵氏(53)が大麻解禁論を週刊誌で語る

安倍昭恵夫人が大マジメにブチ上げた“大麻解禁論”の中身

2015年12月14日

CVzDN9SUAAA4lXX

満面の笑みで、大麻畑にたたずむファーストレディーの写真。首相夫人の安倍昭恵氏(53)が発売中の週刊誌「SPA!」で、大麻解禁論をブチ上げ、物議を醸している。

大麻解禁といっても、アッキー夫人はドラッグの蔓延に手を貸そうとしているわけではない。記事によると、植物としての大麻が葉、茎、芯、種など全部分を有効活用できることに注目。日本ではまだ認められていないが医療大麻の活用にも期待している。

過疎・高齢化に悩む鳥取県智頭町が「町おこし」の一環として、伝統的な大麻栽培の復活を取り入れたことを知り、興味を覚えたという。

驚いたのは、昭恵夫人の大麻解禁論に賛同する人の多いこと。12日夜、自身のフェイスブックでも記事を宣伝。すでに2500人以上が「いいね!」を押している。寄せられたコメントも好意的なものばかりだ。

「欧米では大麻解禁の流れが加速しています。96年にカリフォルニア州が医療目的の使用を認めたのを皮切りに、アメリカでは現在23州とワシントンDCが医療用大麻を容認。HIV、アルツハイマー、うつ病、パーキンソン病など約250種類の疾患に効果があるといわれています。アメリカでは慢性疲労、腰痛、末期エイズ患者の食欲増進、がんの化学療法に伴う吐き気の緩和などのために処方されており、イギリスやドイツ、カナダ、オランダなどでも認可されています」(医療ジャーナリスト)

米コロラド州など吸引用マリフアナの合法化で、ブラックマーケットへの資金流入を駆逐する動きもある。

ただし、アッキー夫人は大麻の別のパワーにも注目している。記事では、日本人の精神性に影響を与えてきた〈すごく高いエネルギーを持っている〉として、こうコメントしている。

<戦後、占領下の日本でGHPが大麻を禁止したのも、単にマリファナというドラッグが広がるのを恐れたからというだけでなく、『日本人の自然や神を敬う精神性を恐れて禁止したのではないか』という人もいます>

パワーを信じるのはいいけど、それを恐れてGHQが……となると、外国人はギョギョッだろう。

参照元 : 日刊ゲンダイ

img_3_m

CJENSpZUEAQtwpM

CPrBZQ1U8AA13Dz

2015-12-14_163604

現在発売中のSPAに掲載されている記事です。ご関心のある方は是非お読みください。

Posted by 安倍昭恵 on 2015年12月12日



ケイダッシュ・谷口元一氏のストーカー被害を訴えた、前ミス・インターナショナルのネット署名活動に安倍首相夫人が協力 「マスコミが一切報じられない裏事情」

首相夫人の安倍昭恵さん、前ミス・インターナショナル吉松育美さんのネット署名活動に協力

2014年01月11日 11時47分 JST
 
n-IKUMI-large570 (1)

2012年に日本人として初めてのミスインターナショナルの栄冠を得た吉松育美さんが、キャンペーンサイト「change.org」で女性に対する暴力やストーカー行為をなくすためのタスクフォース成立を訴える署名活動を1月8日からスタート。安倍晋三首相夫人である昭恵さんが賛同人として名乗りを上げ、現在までに7000人を超す署名が寄せられている。

キャンペーンは、安倍首相へ宛てたもので、「STALKER ZERO〜被害者が守られる社会へ〜」「女性に対する暴力、犯罪、ストーカー行為をなくすために、タスクフォースの成立を!」と題し、安倍内閣が経済戦略の柱として掲げる「女性が輝く日本」の環境を作るためには、安倍首相のリーダーシップのもと、ストーカー被害など女性に対する暴力、犯罪への意識が変わるような新たな法律や問題解決のためのタスクフォース設立の必要性を訴えている。

このキャンペーンのページには昭恵さんと吉松さんの写真も掲載され、昭恵さんが賛同者として名前を連ねている。開始から4日でキャンペーン達成である7500人まで約100人となる勢いとなっている。吉松さんは12月16日に、東京・有楽町の日本外国特派員協会で自身へのストーカー被害を訴える会見を開いていた。

これを受け、昭恵さんは12月25日、自身のFacebookに吉松さんと会ったことを報告、「マスコミの皆さん、特定秘密保護法の批判をするのなら、彼女のことをきちんと報道して下さい。全ての女性のために吉松さんと力を合わせていきたいと思います」と投稿している。

参照元 : The Huffington Post
http://www.huffingtonpost.jp/2014/01/10/yoshimatsuikumi_n_4578817.html?utm_hp_ref=japan-society

slide_297038_2440685_free


「安倍首相夫人も注目」ケイダッシュ・谷口元一氏の“脅迫・ストーカー”が一切報じられない裏事情

2014.01.09
 
akie0109

2012年度の「ミス・インターナショナル」世界大会で日本人初優勝した吉松育美が、大手芸能プロダクション「ケイダッシュ」幹部の谷口元一氏からの執拗なストーカー被害を訴えた問題に対し、多くのメディアが沈黙を守っている。
 
先月11日、吉松は谷口氏を威力業務妨害で警視庁に刑事告訴、東京地裁に民事提訴。会見を開いてこれを公表したものの、国内の大手メディアに軒並みスルーされ、外国人記者クラブで海外メディア向けに再度会見を開くなど、異様な事態が続いている。
 
ちまたでは谷口氏が芸能界の実力者であるため、各社とも報道を「自主規制した」とささやかれているが、実はそうではない一面もあるのだという。
 
「単純に言うと、筋が悪すぎるんです」
 
そう小声で漏らすのは、某週刊誌記者。続けて「確かに谷口氏の行為は事実だし、批判されてしかるべき。ただ、吉松の後ろにいるのは、谷口氏が原因で自殺したとウワサされる川田亜子さんの元恋人マット・テイラー。マットと谷口氏の間では、金銭トラブルも生じており、個人感情やしがらみも混ざっている。

すべての事実関係が判明するまで『どちらの肩も持てない』というのがマスコミの統一見解なんです」と語る。
そんな中、騒動の中心に躍り出たのが、安倍晋三首相の妻の昭恵さんだ。本年度の「ミス・インターナショナル」世界大会の審査員を務めた昭恵さんの元には、Facebookを通じて今回の騒動についての情報が殺到。

これに興味を示した昭恵さんが「昨年の吉松さんの件は知りませんでした。何があったのか真実を確認したいと思います」「様々な情報をありがとうございます。然るべき対応をしたいと思っています。もう少しお待ち下さい」などと述べた。
 
その後、昭恵さんは“然るべき対応”として吉松と面会。今回の件について話し合い、吉松いわく「今回のことを受けて、昭恵夫人もおかしいと思う点は多くあるようで、全面協力すると言って頂けました」と報告している。その後、昭恵さんのFacebookには数千件の「いいね!」が殺到。ただ、いまだ昭恵さんの元には一件も取材依頼がないそうで「これは大きなニュースのはずなのに何でなのでしょうか」と嘆いている。

これに別の週刊誌記者は「昭恵さんは純粋ですからね。裏のことまではわかっていないのでしょう。今回の騒動の舞台裏を知れば、誰も関わりたくありませんよ」とコメント。

裏の話については本当にヤバすぎるため、口外できないそうだが、ヒントとして「今回の件が吉松&マット、谷口氏の三者だけの問題だったらとっくに記事にしている。別に谷口氏なんて怖くもなんともないからね。我々が二の足を踏んでいるのは、双方の後ろにいる人物。吉松の件以外でも両者は大モメしているし、巻き込まれたらかなり面倒なことになる」と話す。
 
吉松の告発によって、より大きな芸能界の闇が暴かれることになるのかもしれない。

参照元 : 日刊サイゾー


芸能プロ幹部によるミスインタ“脅迫・ストーカー”問題に『ミヤネ屋』出演者が言及

2014.01.10
 
miyaneya0110

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、縦横無尽に話題の芸能トピックの「裏側」を語り尽くす!
 
昨年末に発覚した、日本人初のミス・インターナショナルに選ばれた吉松育美さんへの大手芸能プロ幹部による“ストーカー行為”について、読売テレビ『情報ライブ ミヤネ屋』のコメンテーターであり、同局報道局解説副委員長を務める春川正明氏が、自身のブログ(12月22日付)で「私がこのブログで取り上げようと思った理由は、事実関係はまだはっきりと分からないものの吉松さんの言う通りだとすればストーカー被害がかなり深刻であることもさることながら、メディアが横並びで一斉に沈黙を守っていることの気持ち悪さだ」と綴っている。
 
吉松さんは昨年暮れ、大手芸能プロ「ケイダッシュ」の役員で、系列会社「パールダッシュ」の社長を務める谷口元一氏を、ストーカー行為による威力業務妨害で警視庁に刑事告訴。同時に、東京地裁に民事提訴したことが明らかになった。これに対して、海外メディアは敏感に反応。AP通信など複数の通信社や新聞社が“吉松さんストーカー事件”を報じたが、日本のメディアはいまだに沈黙したままだ。
 
これに対して、「ミス・インターナショナル」の審査員を務めた安倍晋三総理の妻である昭恵夫人が「マスコミのみなさん、特別秘密保護法を批判するなら、彼女のことをきちんと報道してください」と暗にマスコミ批判。安倍夫人のコメントを支持する多数のユーザーからのコメントが寄せられた。それでも、マスコミは沈黙を続けている。それどころか、谷口氏と親しいあるマスコミ関係者は「吉松は、エキセントリックな悪い女。谷口氏は美人局にあったようなもの。だから、事件について報道しないほうがいい」と、さまざまなメディアを誤誘導しているという。
 
吉松さんは外国特派員協会で開いた記者会見で、自身がミス・インターナショナルに選ばれた時点で、格闘技の元プロモーターにケイダッシュに連れて行かれて、所属を強要されたが、反社会的な事務所と聞いていたため、所属を断った。そのことから、ストーカー行為が始まったと真相を語っている。

このプロモーターというのはSという人物で、“芸能ゴロ”といわれている札付き。谷口氏とは親しい仲だということが関係者への取材で明らかになっている。それでも、この事件にメディアは横並びで沈黙を続けている。
 
春川氏はブログで「もし、ネットで指摘されている大手芸能プロダクションの影響力に配慮しているとしたら情けない限りだ」とも綴っている。

谷口氏が役員を務めるケイダッシュの川村龍夫会長は、業界ではコワモテとして恐れられている。また、谷口氏は“芸能界のドン”と呼ばれている「バーニングプロダクション」の周防郁雄社長の威光をかさに勢力を伸ばしてきた。春川氏の言う「大手芸能プロに配慮しているとしたら情けない限り」という指摘はズバリ当たっている。

しかも一番配慮しているのが、皮肉にも春川氏がコメンテーターを務めている『ミヤネ屋』だ。同番組の顔である宮根誠司は、まさに大手芸能プロの庇護下にある。同番組における芸能スクープも、その力を利用して得たものが少なくないといわれる。

数年前に他界した“芸能リポーターの元祖”といわれた梨元勝さんは、ワイドショーの専属リポーターを務めていた時、大手芸能プロの圧力に対して、クビを覚悟で番組プロデューサーと毅然として闘った。春川氏に自らコメンテーターを務める番組が大手芸能プロの影響を受けていることを認識してもらい、宮根やプロデューサーと闘ってもらいたいものだ。それが、沈黙しているマスコミに目を覚まさせるきっかけになるかもしれない。
 
吉松さんのストーカー事件を風化させないためにも、春川氏に期待したい。(文=本多圭)

参照元 : 日刊サイゾー
http://www.cyzo.com/2014/01/post_15734.html
 
news191870_pho01

【関連記事】
ミス・インターナショナル世界大会で日本人初の優勝を果たした吉松育美さん(26)が芸能事務所ケイダッシュ・谷口元一氏を“ストーカー被害”で訴えた
http://blog.livedoor.jp/charosuke0127/archives/51937212.html

最新記事






楽天トラベル



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ