安倍昭恵夫人が大マジメにブチ上げた“大麻解禁論”の中身

2015年12月14日

CVzDN9SUAAA4lXX

満面の笑みで、大麻畑にたたずむファーストレディーの写真。首相夫人の安倍昭恵氏(53)が発売中の週刊誌「SPA!」で、大麻解禁論をブチ上げ、物議を醸している。

大麻解禁といっても、アッキー夫人はドラッグの蔓延に手を貸そうとしているわけではない。記事によると、植物としての大麻が葉、茎、芯、種など全部分を有効活用できることに注目。日本ではまだ認められていないが医療大麻の活用にも期待している。

過疎・高齢化に悩む鳥取県智頭町が「町おこし」の一環として、伝統的な大麻栽培の復活を取り入れたことを知り、興味を覚えたという。

驚いたのは、昭恵夫人の大麻解禁論に賛同する人の多いこと。12日夜、自身のフェイスブックでも記事を宣伝。すでに2500人以上が「いいね!」を押している。寄せられたコメントも好意的なものばかりだ。

「欧米では大麻解禁の流れが加速しています。96年にカリフォルニア州が医療目的の使用を認めたのを皮切りに、アメリカでは現在23州とワシントンDCが医療用大麻を容認。HIV、アルツハイマー、うつ病、パーキンソン病など約250種類の疾患に効果があるといわれています。アメリカでは慢性疲労、腰痛、末期エイズ患者の食欲増進、がんの化学療法に伴う吐き気の緩和などのために処方されており、イギリスやドイツ、カナダ、オランダなどでも認可されています」(医療ジャーナリスト)

米コロラド州など吸引用マリフアナの合法化で、ブラックマーケットへの資金流入を駆逐する動きもある。

ただし、アッキー夫人は大麻の別のパワーにも注目している。記事では、日本人の精神性に影響を与えてきた〈すごく高いエネルギーを持っている〉として、こうコメントしている。

<戦後、占領下の日本でGHPが大麻を禁止したのも、単にマリファナというドラッグが広がるのを恐れたからというだけでなく、『日本人の自然や神を敬う精神性を恐れて禁止したのではないか』という人もいます>

パワーを信じるのはいいけど、それを恐れてGHQが……となると、外国人はギョギョッだろう。

参照元 : 日刊ゲンダイ

img_3_m

CJENSpZUEAQtwpM

CPrBZQ1U8AA13Dz

2015-12-14_163604

現在発売中のSPAに掲載されている記事です。ご関心のある方は是非お読みください。

Posted by 安倍昭恵 on 2015年12月12日