地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

奇病

世界で最も恐ろしい10の奇病

【閲覧注意】癌はまだマシ!? 性器破壊、全身骨化、血管漏出… 世界で最も恐ろしい10の病

2016.06.12

2016-06-14_194444

癌に侵されて闘病生活を続ける芸能人のニュースが話題になっているが、さまざまな病と向き合いながら生活している人は多い。病気は、いつ我が身に降りかかるかわからない。細菌への感染によって発病することもあれば、先天性のものもある。今回は、数ある病気のなかでも“最も恐ろしい10の病気”を見ていこう。

■マズラ菌症

2016-06-14_194533

恐ろしい感染症・マズラ菌症患者の多くは、アフリカやインド、アメリカに見られる。見た目とは裏腹に痛みが伴わないため、病院に行かない人が多いようだ。しかし、完治するまでには10年以上かかることもあるほどの難病。放置し続けると四肢の切断を余儀なくされるか、細菌性重複感染や敗血症が原因で死亡してしまう。

■水癌

2016-06-14_194814

水癌は化膿菌と腐敗菌との混合感染によって起こる重症の口内炎だ。重度の栄養失調に苦しむ貧しい地域で見られ、6歳未満の子どもが発症しやすい。水癌は口や性器を急速に破壊してしまう感染症だが、近年の発症は稀だという。

■複合性局所疼痛症候群(CRPS)

2016-06-14_194855

交感神経の過剰なまでの活性化によって発症する疼痛が、複合性局所疼痛症候群(CRPS)だ。一般的にCRPSは、手や足などの一部に発症する。発症した場所は腫れてどす黒く固まり、激痛が伴う。多くの患者は長期間にわたり苦しむことになるが、不治の病というわけではなく、改善するケースも多い。

■パイカ症候群

2016-06-14_194934

パイカ症候群とは、食品以外のモノを食べてしまう摂食障害のこと。髪や土、木材、塗料などを食べるケースが確認されているが、“何を食べるか”は特定されていない。パイカ症候群の症状は一時的なものではなく長期間に及ぶため、最終的に命に関わることもある恐ろしい病気だ。

■ハンセン病

2016-06-14_195010

“らい菌”によって引き起こされる感染症が、いわゆるハンセン病だ。皮膚や神経、粘膜に影響を及ぼし、皮膚の変色やしこりといった症状が現れる。重症例では身体が変形してしまったり、知覚マヒを引き起こすこともあるが、感染率は低く、感染したとしてもほとんど発病することはないといわれている。現在、ハンセン病は治療によって完治できる病となった。

■リンパ管フィラリア症

2016-06-14_195054

リンパ管フィラリア症は、糸状虫によって引き起こされる寄生虫病。目に張り付いた糸のように見える糸状虫は、ハエや蚊によって生みつけられる。目に寄生した場合は失明の恐れがあり、ほかにも腹痛や発疹、関節炎などを引き起こす。リンパ系に寄生してしまうと、足が象のように大きくなる象皮病などの身体障害も引き起こしてしまう。

■進行性骨化性線維異形成症

2016-06-14_195130

進行性骨化性線維異形成症(FOP)は、患者の筋肉や結合組織、腱や靭帯などを徐々に硬くして骨に変えてしまう。手足の関節の動く範囲が狭くなり、背中も変形する。人口200万人に対して1人ほどの割合で発症する難病であり、正確な数は不明だが日本においても60〜80人程度の患者がいると言われている。

■ビブリオ・バルニフィカス

2016-06-14_195204

ビブリオ・バルニフィカスとは、多くの感染症を引き起こす可能性を持ったバクテリアのこと。主に温かい海水中の甲殻類や魚介類の表面に付着して増殖を続けるため、生食や、よく加熱されていない料理を食べると感染してしまう。症状としては水疱、皮膚炎、激しい腹痛などを引き起こす。

■クラークソン病

2016-06-14_195255

クラークソン病は、別名“全身毛細血管漏出症候群”として知られている病だ。クラークソン病は非常に稀な病気で、患者の内皮細胞(血管・心臓・リンパ管の内皮を構成する細胞)が分離し、細い血管から血液やたんぱくが漏れてしまうといった症状が長期間続く。重度の低血圧の原因となり、最悪の場合は多臓器不全になってしまうこともある。

■“エレファントマン”症候群

2016-06-14_195330

ジョゼフ・メリックは多くの障害を抱え、身体が変形・膨張し“エレファントマン”と呼ばれた人物。巨匠デビッド・リンチによる映画『エレファント・マン』のモデルとなった男性でもある。ジョゼフは1862年に健康的な赤ちゃんとして生まれたが、2歳のころ顔や体が膨張する病気を発症。謎の病に侵された彼は、27歳の若さでこの世を去ったが、生前に「自分の遺体を保存して病気の原因を解明してほしい」と言い残していた。2012年、死後122年の時を経て病気の謎を解明するプロジェクトが発足され、“プロテウス症候群”を発症していた可能性が高いとされた。

(文=山下史郎)

参考:「Metro」、ほか

参照元 : TOCANA


The Elephant man Joseph Merrick (often referred to as John) had a combination of disorders. It’s believed he had both Proteus syndrome, also known as Wiedemann syndrome, a rare congenital disorder.

2016-06-14_195523

エレファントマン”症候群、目は見えるのか?

【閲覧グロ注意】体中が泡のような疣で覆われる奇病にかかった男性が同じ病気を発症し始めた子供のために顔を公開

バブルマン:体中を泡のような疣で覆われた男性が子供のために顔を公開―インドネシア

2015-10-26_210723

The Sun(英)News.com.au(豪) ほか―
体中を泡のような疣で覆われる奇病にかかった男性が、同じ病気を発症し始めた子供のために、治療法を見いだしてもらうべく、その顔を世界に向けて公開しました。

顔を公開したのは、インドネシアに住むチャンドラ・ウィスヌという名の57歳の男性で、地元の村では「バブルマン」と呼ばれる、無数の疣で覆われた容貌から、滅多に家を出ることはなく、出るときにはバラクラバ(目出し帽)にサングラス、ジャケットを3枚重ね着し、人目から逃れていたといいます。

疣はウィスヌが19歳のときに出現しました。それが24歳の頃には背中を覆い、32歳で全身を覆い尽くしました。最初は皮膚科に通わせ、クリームを塗るなど面倒をみていた両親も、症状が進むばかりのウィスヌにあきらめ、やがてウィスヌ自身もこの奇病と共生するための努力を放棄してしまいました。

まだ疣が体を覆い尽くす前に一緒になった妻、ナニクには、出て行くよう、そして二度と家には戻らないでほしいと訴えたウィスヌでしたが、妻はこれを拒絶。ウィスヌを見守り続けることを選び、これまで33年間連れ添い、4人の子を産みました。

しかし生活には困難が伴いました。

「他人から直接、嘲りをうけたということはないんだ。でも、僕のことをじっと観察して避ける。みんな僕に対してはよそよそしく振る舞うんだ。恐れているんだよね。僕のこの顔に怖がって病気が感染るんじゃないかと心配してる。だから僕も娘を学校に迎えに行くとき以外は滅多に外に出ない」

ウィスヌは語り、ナニクがこう付け足します。

「そう。それで学校に迎えに行くときは、お父さんの怖い顔を見て、娘が友だちにいじめられないよう、私が頭と顔を覆うの」

こうして人目を忍んだ生活を続けてきたウィスヌでしたが、最近になって、長男マルティン(32)と長女のリズに病気の兆しが現れたことから、自分と同じ運命の轍は踏ませないと決断。治療法を見いだしてもらうべく、世界に向けて顔を公開しました。

しかしながら、高額な医療費は払うことができないウィスヌは、子供たちの将来を心配しながらも治療よりも無料の処方を求めているということです。

参照元 : HEAVEN

908537-bubble-man-2


57 yr old Chandra Wisnu started noticing strange small bumps on his back that that looked like tiny bubbles.

Wisnu became known as the "Bubble Man" around his village, even though
he kept himself locked inside his house so no one could see him and his
pink tumors.

And when he did go out, he wore three jackets, a balaclava and sunglasses so he wouldn't frighten children.

"People
are afraid, they are frightened of my horrible face and worried they
might catch the disease," he told News.com.au. "So instead I avoid
people, I rarely go out except to pick up my daughter from school.
And when I do I cover my head and my face because I don't want my
daughter's friends to bully her for having 'the dad with the horrible
face'."

Meet the "Bubble Skin Man"



【閲覧注意】インドで顔面に腫瘍ができる奇病に苦しむ男

顔から巨大な肉塊が垂れ下がる奇病に苦しむ男/インド
 
article-2585336-1C70E65800000578-852_634x458

顔面から垂れ下がった重さ4キロほどもある巨大な肉塊。

この病気に苦しむチャナ・ラルさん(35歳)は、インド北部ウッタルプラデシ州の州都ラクナウのはずれにある小さな村に住んでいます。医師からは、神経線維腫症1型と診断されています。

腫瘍に覆われているため左目の視力と左耳の聴力を失っています。食べ物の咀嚼にも支障を来たしており、二人の姪っ子に助けられながら暮らしています。姪っ子はラルさんの嫁になってくれる人を探していますが、みな病気が感染するのではと恐れているため、嫁はみつかりそうにありません。

生まれたときのラルさんの顔には小さな傷のようなものがあるだけでした。成長するにつれて腫瘍は巨大化していき、ラルさんが8歳のときに、両親は初めて医者に連れて行ったそうです。しかし、貧しかったため治療を受けることはできず。ラルさんを見世物にする代わりに金を渡そうという旅のサーカス団もきましたが、両親は断ったといいます。

両親はやっと金を貯め、ラルさんが25歳のときに手術を受けさせました。しかし、手術中に出血が止まらなくなりラルさんは死にかけました。医師は、「死にたくなければ二度と手術はしないほうがいい」と忠告しています。

たまに村の外に出ると、人々はラルさんを見て驚きます。そして象の顔を持つヒンドゥーの神ガネーシャの化身だと思って、ラルさんに祈ってくれと頼んだり、足を触りに寄ってくるといいます。しかしこうした反応もまた、ラルさんを苛立たせるのです。「俺、ぜんぜん神様じゃねーし・・・」

ラルさんは今、絶望の中で生きているといいます・・・

参照元 : アマナマ


India's elephant man: Heartbreaking struggle of recluse, 34, who lives in agony with a nine pound face TUMOUR that looks more like a trunk

PUBLISHED: 15:30 GMT, 20 March 2014 | UPDATED: 10:19 GMT, 21 March 2014

An Indian man suffering from a facial deformity lives in constant pain after giving up on ever having surgery to remove his 9lbs ‘trunk’.
Chana Lal, 35, cannot eat or talk properly because of the tumour which has grown from his face down to his chest.
Mr Lal, who lives in a remote village just outside Lucknow, in Uttar Pradesh, northern India, avoids mirrors and lives alone, supported by his two nieces.
Scroll down for video
Deformed: Chana Lal, 35, who lives  in a remote village just outside Lucknow, in Uttar Pradesh, India, can't eat or talk properly because of his large facial tumour
+9
Deformed: Chana Lal, 35, who lives in a remote village just outside Lucknow, in Uttar Pradesh, India, can't eat or talk properly because of his large facial tumour
He suffers from severe neurofibromatosis, which has seen what was once a small facial deformity grow into a 9lbs 'trunk'.
Mr Lal has attempted surgery in the past, most recently ten years ago, but nearly bled to death and doctors told him to never try it again if he wanted to live.
 
Mr Lal, the youngest of eight siblings, lives as a recluse, and gets through his day-to-day chores with the help of two of his nieces.
He said: ‘I have an ugly face; I don’t even like looking at myself in the mirror so I don't expect anyone else to look at me either.
‘I would love to have surgery but I have lost all hope. I almost died last time I had surgery so I doubt anything can be done to this face.’



article-2585336-1C70E67900000578-805_634x483

The elephant man: Mr Lal's parents were offered money to display him during shows when he was a child, but they refused

article-2585336-1C70E68A00000578-888_634x475
 
Only family: Mr Lal lives as a recluse in the village, but is helped with his day to day activities by two of his nieces
+9
Only family: Mr Lal lives as a recluse in the village, but is helped with his day to day activities by two of his nieces
Mr Lal was born with a very small blemish on his face at his home in the village where he still resides, but with his parents very poor, and no doctors or hospitals nearby, he did not see a medial professional until he was eight.
‘I knew there was something strange about my face when children would run away from me,’ he said.
‘I remember crying to my mother and she told me directly that I had a scary face. After that I never asked anyone to play with me again.'
That year, his late parents took him to a doctor, but the 15,000 Rupee (£148) fee for treatment was too expensive for the family and they went home.
Mr Lal’s parents were even offered money by a travelling circus to showcase him, but they refused.
He returned to the doctor at the age of 25 after his family finally raised enough money for surgery.
During surgery, doctors cut into a main blood vessel and Mr Lal started bleeding uncontrollably.
He says the doctors advised his parents if they wanted him to live he should never have another operation.

article-2585336-1C70E65E00000578-471_634x896
 
Constant pain: Mr Lal can no longer chew or talk properly and has lost the sight in his left eye and can't hear through his left ear

article-2585336-1C70E66300000578-464_306x535

article-2585336-1C70E66900000578-248_306x535
 
+9
Constant pain: Mr Lal can no longer chew or talk properly and has lost the sight in his left eye and can't hear through his left ear
What was once a small facial deformity grow into a 9lbs 'trunk'
+9
what was once a small facial deformity grow into a 9lbs 'trunk'. He avoids mirrors and lives alone, supported by his two nieces.
+9
No going back: What was once a small facial deformity has now grown into a 9lbs 'trunk'
The tumour has now grown so large that Mr Lal has lost his eyesight in his left eye and hearing in his left ear.
‘I can’t even chew because my jaw has dropped and my teeth can’t do their job. I’d love to know what it’s like to bite into a juicy apple, he says.
Although he takes work as a labourer on building sites when he can, manual work is often painful.
‘I’m in agony. My head hurts when I have to carry heavy things but I don’t complain; the boss wouldn’t give me work if he heard me moan.’
Mr Lal lives alone but is looked after by his niece Suman Verma. She has tried to find her uncle a wife.
Ms Verman, 25, said: ‘I feel very sad for my uncle when I think of him alone.
'I want him to have a normal life like all my other uncles. When I was younger I used to be scared of him but I’ve got used to his face now. He’s a softly spoken caring man; I’ve never seen him get angry.
‘We’re trying to find him a wife, but families turn away when they see his condition. I want a woman to love my uncle for who he is.’

article-2585336-1C70E68200000578-927_634x460
 
Trying hard: Although he picks up work when he can, Mr Lal says it is painful to work with the tumour

article-2585336-1C70E68600000578-469_634x475

Trying hard: Although he picks up work when he can, Mr Lal says it is painful to work with the tumour
No hope: Mr Lal's family managed to raise money for him to have surgery ten years ago, but after doctors failed to stem bleeding during the operation, they told his parents he could never be helped

article-2585336-1C729FA800000578-541_634x535

No hope: Mr Lal's family managed to raise money for him to have surgery ten years ago, but after doctors failed to stem bleeding during the operation, they told his parents he could never be helped
The 'original' elephant man, Joseph Merrick, who lived in the late 1800s

The 'original' elephant man, Joseph Merrick, who lived in the late 1800s
Mr Lal on the other hand has lost hope, saying he would like to get married and have children but that ‘fathers think their daughters are going to catch my disease.’
‘They think it’s contagious and they quickly leave because they’re scared.’
When he travels outside his village people are amazed by his facial deformity and think he is an incarnation of the Hindu elephant God Ganesh.
Mr Lal said: ‘People touch my feet and ask me to pray for them because they say I have the face of a god. But they anger me; of course I’m not a god. I wouldn’t be in this much pain and misery if I was a god.’
 ‘I would love to get rid of this ugly face. If a doctor out there thinks they can do something I’d have no issues. I’d try anything.’
Dr Vinayak Mishra, 34, a general surgeon at Hemkunt Private Nursing Home, in Lucknow, said: ‘This is a severe case of neurofibromatosis Type I. The tumour has completely deformed his facial structure.
'If this disease continues to progress he might develop ulcerations and infectious complications. He will not die from this condition but the consequences of having such a big tumour might eventually kill him.’
Share or comment on this article

参照元 : 
Daily Mail

【衝撃映像】イエメンに住む12歳の少女は、涙の代わりに目から小石が出てくる奇病に悩まされる

【動画あり】目から小石が出てくる奇病に悩まされる少女 / 症状が知れ渡ると村全体がパニックに

yiemen140204_02

現在、世界には、原因不明の病気や症状に悩まされている人が多くいる。中東の国、イエメンに住む12歳の少女もそのうちの1人。

彼女とその家族を悩ませている奇病、それは目から涙の代わりの小石が出てくるというものだ。それも、1つだけではなく、何個も出て来るという。彼女の姿は、YouTubeの動画で確認できる。

動画では、少女の姿とともに、目から小石が出てくるシーンも紹介されている。眼球から小石が出てくる様子は見ているだけ痛々しく、非常にショッキングな映像だ。ちなみに、病気の原因は、医師にも分からないとのこと。

この事実が少女の住む村人の間に知れ渡ると、「彼女は魔法使いだ」と噂が広まり、村中がパニックになったらしい。村人の中には、「彼女は悪魔だ」と言う人もいるのだとか。

とにかく、医師が彼女の病気の原因を一日でも早く突き止めることと、彼女が魔女狩りの犠牲にならないことを強く祈るばかりだ。

参照元:
YouTube Mirror News(英語)
執筆:和才雄一郎
ロケットニュース24



最新記事






楽天トラベル




人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ