地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

墜落

札幌から函館空港に向かったまま消息断った陸上自衛隊偵察機の残骸を発見!隊員4人の死亡確認

陸自隊員4人の死亡確認 偵察機墜落、北海道・北斗の山中

2017/5/16 18:49

2017-05-16_190743

防衛省は16日、北海道北斗市の袴腰山(616メートル)山頂から東3キロの山中で見つかった複数の破片を、前日に函館市の函館空港の西側上空で消息を絶った陸上自衛隊北部方面航空隊(札幌市)のLR2連絡偵察機の一部と断定した。散乱した機体の近くから機長の高宮城効1等陸尉(53)ら乗員4人を発見、死亡が確認された。防衛省が墜落した原因を調べる。

防衛省によると、道警や消防が午前10時40分ごろ、広範囲に散乱した破片を発見。大破した機体の周辺から、相次いで4人が見つかった。

LR2は緊急搬送が必要な患者を函館空港で収容するため、15日午前、札幌の丘珠空港を離陸した。

参照元 : 共同通信


陸自偵察機、依然不明 1700人態勢で捜索続く

2017/05/16 10:30

2017-05-16_164129

札幌市から北海道の函館空港に向かったまま消息を断った陸上自衛隊の偵察機は捜索が続けられていますが、依然、行方不明のままです。

自衛隊や警察は16日朝から、1700人の態勢で北海道北斗市の山林を中心に捜索しています。防衛省などによりますと、陸上自衛隊の偵察機「LR−2」は救急患者を乗せるため、函館空港に向かいましたが、15日午前11時47分に北斗市の山林上空1000メートルを飛行中に管制官との交信が途絶え、直後にレーダーから機影が消えました。

乗っていたのは機長の高宮城効1等陸尉(53)ら自衛官4人です。自衛隊や警察は墜落した可能性が高いとみて捜索を続けていますが、依然、行方は分かっていません。

参照元 : テレ朝ニュース



2017-05-16_164141

2017-05-16_164153

2017-05-16_164203

2017-05-16_164213

2017-05-16_164233


隊員とみられる4人見つかる 山中に陸自機の残骸

2017/05/16 14:54

2017-05-16_164602

北海道北斗市の山の中で、15日から消息を絶っていた自衛隊の偵察機の破片が見つかり、隊員とみられる4人が発見されました。容体は分かっていません。

防衛省などによりますと、16日午前10時38分、北斗市の山の中で15日から行方が分からなくなっていた陸上自衛隊の偵察機「LR−2」の残骸が広い範囲にわたって発見されました。その後、航空自衛隊の救難隊員が自衛隊機に乗っていた隊員とみられる4人を発見したということです。今のところ、4人の詳しい容体は分かっていません。

参照元 : テレ朝ニュース



2017-05-16_164614

2017-05-16_164624

2017-05-16_164634



シリアに向かっていたロシアの軍機が黒海に墜落!乗員含む92人全員が死亡した模様

シリアに向かうロシア軍機が黒海に墜落、搭乗者92人全員死亡のもよう

2016年 12月 26日 09:33 JST

2016-12-26_133212

[モスクワ 25日 ロイター] - シリアに向かっていたロシアの軍機が25日、黒海に墜落。ロシア当局は、乗員含む92人全員が死亡したもようと発表した。ロシア国防省によると、複数の軍機(ツポレフTU─154)の1機が、給油のため立ち寄ったソチを飛び立った2分後にレーダーから消えた。

軍のスポークスマンは会見で、黒海の深さ約70メートルの所で機体の残骸を発見したとし、生存者はいないと述べた。

ロシアの通信社インタファクスは、軍関係者の話として、墜落した軍機はSOSを発信していなかった、と伝えた。

プーチン大統領は、12月26日を服喪の日とすると発表した。

この軍機には、軍関係者など84人、乗員8人が搭乗していた。うち少なくとも60人は、軍の音楽団のメンバーで、シリアにあるロシア空軍基地を慰問する予定だった。また、9人のロシア人記者も搭乗していた。

参照元 : ロイター

2016-12-26_134240

2016-12-26_134231

2016-12-26_134257


Putin declares Day of Mourning for Russia plane crash victims

Muscovites laid floral tributes at the headquarters of the famed Alexandrov Ensemble choir on Sunday, after at least 60 of its members were killed in the crash of a Russian military plane en route to Syria.

They had been heading to a Russian air base in Latakia to entertain troops in the run-up to the New Year.

All 92 people on board the Soviet-era Tupolev plane died early on Monday morning when it crashed into the Black Sea, shortly after taking off from Sochi.

Founded in 1928, The Alexandrov Ensemble, better known internationally as the Red Army Choir, was a symbol of Russia, performing not only in war zones but also to music lovers at concert halls across the world.

#TU154: All but 3 choir singers of Alexandrov Ensemble were aboard plane – lead solo singer Vadim Ananyev confirms https://t.co/YBd2Z1tOTW pic.twitter.com/zel5clp4wE— RT (@RT_com) 25 decembre 2016

Speaking In St. Petersburg, Putin addressed reporters and looked visibly shaken by the tragedy.

“I would like to express deep condolences to the families of our citizens who died this morning in the Black Sea,” he said.

“A Special Commission headed by the Minister of Transport will closely investigate the circumstances of the crash and everything will be done to support the families of the victims. A Day of Mourning will be observed tomorrow across Russia.”

Monday, December 26 declared national day of mourning for #Tu154 crash victims – Putin




Russia: 92 feared dead as military plane crashes near Sochi

A Russian defence ministry plane, carrying 92 people on route to Syria, has crashed into the Black Sea near Sochi.

The ministry said no survivors had been found at the crash site, where a huge search operation is underway.

Ministry spokesman Igor Konashenkov said: “Four vessels and five helicopters are currently operating in the plane search area, as well as drones. Re-enforcement has been dispatched to the area.”

No survivors in #Tu154 plane #crash near Sochi — Defense Ministryhttps://t.co/ATgGLAFPl4— TASS (@tassagency_en) December 25, 2016

The Tupolev-154 was carrying mainly musicians from the famed Alexandrov Ensemble (previously known as the Red Army Choir). They were on route to the Khmeimim air base near Latakia for a new year concert.

Most of the 84 passengers were members of the choir, along with nine journalists.

Charity activist Dr. Elizaveta Glinka was also among those on board, the Presidential Council for Human Rights confirmed.

The defence ministry published a passenger list online, along with a hotline number for information: (Ru) 8-800-100-18-86

Eight crew members were on the plane.

The TU-154 disappeared from radar at around minutes after taking off near Sochi, where it had stopped to refuel, at 2.40 GMT.

Viktor Ozerov, head of the Russian parliament’s defence committee said he “totally excludes” terrorism as a cause of the crash, Russian media reported. Ozerov said the crash could have been caused by a technical malfunction or crew error.





ロシア旅客機墜落!乗客乗員224人生存者なし イスラム国が「撃墜した」と犯行声明

エジプト東部にロシア旅客機墜落 乗客乗員224人

2015/10/31 21:09
 
2015-11-01_021524

エジプト東部のシナイ半島に乗客乗員224人が乗ったロシアの旅客機が墜落しました。

墜落したのはエアバスA321型機です。乗客乗員224人を乗せ、エジプト東部のリゾート地、シャルム・エルシェイクからロシアのサンクトペテルブルグに向かっていました。エジプト民間航空省によりますと、事故機は31日午前6時前に離陸した後、23分後にレーダーから消えたということです。

エジプトの航空当局者は、機体がシナイ半島中部の山の中に墜落し、救助隊が事故現場に到着したと話しています。ロシアメディアは乗客全員がロシア人と伝えていて、カイロの日本大使館も日本人が乗っていたという情報はないとしています。

参照元 : テレ朝ニュース



2015-11-01_021538

2015-11-01_021547

2015-11-01_021556

2015-11-01_021606


「イスラム国」が犯行声明 ロシア旅客機墜落

2015/11/01 00:32

2015-11-01_021754

ロシアの旅客機が先月31日、エジプト東部シナイ半島に墜落しました。墜落の原因は分かっていませんが、過激派組織「イスラム国」が撃墜したなどとする犯行声明を出しました。

墜落したのはエアバスA321型機で、先月31日午前6時すぎ、乗客乗員224人を乗せ、エジプト東部のシャルム・エルシェイクからロシアのサンクトペテルブルクに向かう途中にレーダーから消えました。エジプト政府は生存者はいないとしています。

過激派組織「イスラム国シナイ州」が「ロシアへの復讐(ふくしゅう)のため撃墜した」とする犯行声明文をインターネット上に出しました。一方、エジプトやロシアの当局者は事故との見方を示しています。

参照元 : テレ朝ニュース



2015-11-01_021829


Russian passenger plane crashes in Egypt’s Sinai desert

A Russian passenger plane has crashed in the Sinai desert.

The Kogalymavia Airbus A-321 was travelling from the Red Sea resort of Sharm el-Sheikh to St Petersburg.

The Russian aviation authority said that the aircraft failed to make scheduled contact with Cyprus air traffic control 23 minutes after take-off and disappeared from the radar.

There were 217 passengers and seven crew on board the flight.

Most are thought to be Russian tourists.

Update: No survivors likely among 224 passengers in Russian plane crash, say rescue teams

No Survivors Among 224 On Board in Russian Airliner Crash in Egypt

(@perthnow) October 31, 2015

Egyptian search and rescue teams have located the plane in the Hassana area south of Arish in the Sinai desert.
Russian plane crash: What we know till now

2015-11-01_024725

Russian plane crashes in Egypt

(@ndtv) October 31, 2015

The plane went down in a mountainous area in poor weather.

Authorities say it appears unlikely that there are any survivors.




ロシア墜落機は空中分解か エジプト、163遺体収容

2015/11/02 00:24

2015-11-02_035825

【モスクワ、カイロ共同】旧ソ連諸国が組織する「国家間航空委員会」のシロチェンコ執行委員長は1日、ロシアの航空機が墜落したエジプト北東部シナイ半島の現場を視察し、墜落機は空中で分解したとの見解を明らかにした。「結論を出すのはまだ早いが、機体は空中で分解し、約20平方キロの広範囲に飛散した」と語った。テロの可能性については言及しなかった。インタファクス通信が伝えた。

エジプトメディアによると同国政府は1日までに163人の遺体を収容、墜落現場で回収したブラックボックスの分析を本格的に始めた。現場周辺に住む遊牧民数人は飛行中の機体から火や煙が見えたと証言した。

【共同通信】

参照元 : 47NEWS








イギリス南部で行われた航空ショーで、曲芸飛行をしていた戦闘機が幹線道路に墜落、走行中の車が巻き込まれ、7人死亡、14人けが

曲芸飛行の戦闘機が道路に墜落 車が巻き込まれ…

2015/08/23 11:53
 
000057285_640

イギリス南部で行われた航空ショーで、曲芸飛行をしていた戦闘機が幹線道路に墜落し、走行中の車が巻き込まれ、7人が死亡しました。

戦闘機が高度を上げ、宙返りをした次の瞬間、真っ逆さまに幹線道路に墜落し、炎上しました。この事故で、走行中の車数台が巻き込まれ、7人が死亡し、14人がけがをしました。パイロットは重体です。イギリスの航空事故調査局は、調査チームを派遣して警察とともに事故原因を調べています。

参照元 : テレ朝ニュース



日航機墜落から30年、相模湾海底に123便の残骸か!皇宮警察による爆破テロだった!?

123便の残骸か…相模湾海底で発見 日航機墜落30年

2015/08/12 11:47
 
2015-08-13_094419

乗客乗員520人が犠牲となった日本航空機の墜落事故から12日で30年です。墜落した123便は羽田空港を離陸した後、相模湾の上空で圧力隔壁が壊れました。垂直尾翼など吹き飛んだ機体の多くは海に沈み、今も見つかっていません。ANNは情報公開請求で得た資料などから、残骸が沈んでいるとされる相模湾の海底を調査し、123便の部品の可能性がある物体を発見しました。

先月29日、静岡県東伊豆町の沖合約2.5km、123便の推定飛行ルートの真下にあたる水深160mの海底で撮影された映像です。右側のパネル状の部分は四角形に見え、側面にある黒い部分には数字などが書かれています。カメラとの距離などから調査にあたった専門家は、1.5mから2mほどの大きさではないかとしています。当時、事故調査委員会のメンバーとして墜落の原因を調べた斉藤孝一さんは「この映像だけでは分からない」としたうえで、123便の残骸である可能性を指摘しました。

当時の事故調査官・斉藤孝一さん:「仮に航空機の部品だとすると、『APU』のまわりに取り付いている『コントロールボックス』といわれてるようなもの」

APUは機体後部にある補助エンジンで、客室に空気を送ったり電気を付けたりする役割があります。斉藤さんは圧力隔壁の破壊という事故原因は変わらないとしたうえで、残骸が見つかれば事故の状況がより詳細に分かる可能性があるとしています。123便を巡っては、相模湾上空でのトラブルの際に機体から落ちた垂直尾翼の大半やAPUを含む機体後部の部品が見つからないまま、事故から1年10カ月後に調査が終了しています。国の運輸安全委員会はこの映像を見たうえで、「当委員会としてのコメントは差し控えさせて頂きます」としています。
 
参照元 : テレ朝ニュース



2015-08-13_094433

2015-08-13_094453

2015-08-13_094505

2015-08-13_094517

2015-08-13_094528

2015-08-13_094546

2015-08-13_094603


30年前何が?「何か爆発したぞ」録音された迷走32分

2015/08/12 16:10

2015-08-13_093703

「絶対に落ちることのない」と言われていた安全神話のなかにあったジャンボジェットが、なぜ御巣鷹の尾根に墜落していったのか。実は、回収されたボイスレコーダーには、異常発生から墜落までのコックピットのやり取りが生々しく残されていました。

参照元 : テレ朝ニュース

2015-08-13_093716

2015-08-13_093744

2015-08-13_094139

2015-08-13_094152


【陰謀】日本航空ジャンボ機墜落事故 伊豆で破片が発見→隠蔽か? 目撃者語った真実(前編)

2015.07.01

2015-08-13_095446

今も謎多き日航ジャンボ機墜落事故。相模湾上空で垂直尾翼を失い、制御不能のまま飛行して群馬県御巣鷹山に墜落。垂直尾翼の破片の大半が相模湾に落下、今も海中に没したまま分析不能なことから、米軍機の誤射によって墜落した「米軍撃墜説」「テロによる犯行説」「核兵器運搬の証拠隠滅説」「UFO撃墜説」などが囁かれ続けてきた。しかし21世紀に入り、そのジャンボ機の破片が伊豆で発見されたという珍事件をご存知だろうか? 今回はこの情報に関してよく知る者から聞いた、本当にあった封印された不思議な話を紹介しよう。

「……あれはその、ちょうど今くらいの季節かな。山の水(貯水タンク)を見に行った時なんだけどさ、ついでにわらびなんかがあったらいいな、なんて思ってね。そんでばあさんも行くなんて言ってたけども、雨の後だし、足元が危ないから俺が行くよ、なんて言って出かけたのさ。そしたらあんなもん見つけちゃったもんだからさ、本当にびっくりでさ」

そう語るのは、南伊豆のある地域で暮らす農民・Tさん(78)。Tさんは今を遡ること約10年前、自宅裏の山深い場所に設置した山水用の貯水槽を確認すべく、山へと入っていったのだという。その日は、数日前から霧雨が続き、水が濁っていた。しかしそれでいて、水の勢いがなかったことから、不審に思い確認しようとしたという。

「秋の落ち葉が多い時期なんかもそうだけども、雨が続くとさ。ここいらはすぐにタンクにゴミや落ち葉なんかが詰まっちゃって、駄目になるんだよ。だからその日も、どうせそんなことだろうって思って入ったんだけどもさ……」

自宅の庭から続く細い林道から、地元民でも来ないような獣道をおよそ20分、Tさんは貯水タンクを目指した。だが、そのすぐそばに着いたときに、彼はある異変に気づく。降り続いた雨のため、貯水タンクよりも上の方にある山肌が崩れ、多くの樹木や土砂などで、タンクの周囲が荒れ果てた状態となっていたのだ。

「こりゃあ、参ったなーって思ったさ。だって結構な大きさの枝だのなんなのが、ガーって崩れて埋め尽くしてるんだから。でも文句も言ってられやしないから、1個ずつ片付けていったわけ。石だの枝だのをさ。そしたらね、なんか変なもんも落っこちてるのよ」

山肌の崩落により崩れ、折り重なるようにタンクの周囲を埋め尽くす枝葉や土砂に混ざる形で、Tさんは、見慣れぬものを目にする。それは、ところどころ鈍い輝きを持った、大きな金属片のようなものであった。

「最初はなんだかわからなかったよ。あんなところ、農機も入らん場所だからさ。それでもって片付けた後に(山を)下ってきて、近所の人らに話したの。そしたら、『おめえ、そらジャンボ機の部品でねえか?』なんて(彼らが)言うもんだからさ、駐在さんに届けてね、みんなで見に行ったわけ。そしたらやっぱりそうなんだろう、って」

1985(昭和60)年8月12日月曜日、日本航空、東京・羽田発の大阪・伊丹行の123便が、群馬県多野郡上野村にある高天原山の尾根に激突・墜落した、いわゆる『日本航空123便墜落事故』。乗員乗客524名のうち、死亡者数は520名に上り、国内航空機事故では過去最多の犠牲者を生んだ。この事故は、その後に回収されたフライトレコーダーの記録などから、相模湾上空で「謎の爆発音」が発生し、その後、伊豆半島南部にある河津町・下田市上空を旋回するようにして通過、富士山方面へと向かったことが判明している。だが、この事故の際に機体から落下したと思しき部品の一部を、時を経て21世紀に入ってから、はからずもTさんは発見してしまったのである。

「これはとんでもねえもんを見つけてしまったなって思ったよ。なにせ、ああいう事故だったからさ、俺も当時は相当驚かされたんだわ。それがね、まさかうちの裏の山なんかで部品が出てくるなんて、夢にも思わねえもの。何年も経ってるのにさ。逆になんで今まで見つからなかったんだ? って思ったりしてね」

たしかにTさんが指摘するように、当時は最終的に機体が激突し、群馬県の上野村周辺のみならず、件の「爆発音」が発生した相模湾付近も大規模な機体の回収・調査活動が行われていたことは、当時の資料に目を通しても明らかだ。当然、その捜索は、同機が最初に通過した陸地である伊豆半島南部地域においても行われていたと見るべきだろう。そうした意味で言えば、事故発生から長い時間が流れた後で、このような形で発見されること自体、ある意味、“異常”と言わざるを得ない。

「まあ、あれだけしょっちゅう近くなんかに行ってね、わらびだの何だのを毎年のように探してたのに、あんな大きな部品が目に入ってこなかったっていうのは不思議だけども、結構(山肌が)崩れてたしなぁ。かなり上の方から落っこちてきたのかもしれねぇなぁ」

自らが発見できた理由についてそう推測するTさん。しかし彼の発見は、その後、意外な形で、闇へと葬り去られることとなる。

(文=戸叶和男)

参照元 : TOCANA


【陰謀】日本航空ジャンボ機墜落事故 伊豆で破片が発見→隠蔽か? 目撃者語った真実(後編)

2015.7.01

2015-08-13_095716

多くの尊い命を奪い、全国民を悲嘆のドン底へと突き落とすこととなった日航ジャンボ機墜落事故。しかし、発生から多くの時が流れ、時代も昭和から平成へと遷りかわり、それに伴う形で、多くの世人から「過去のもの」とされつつあった。そんな中、ひとりの農夫により発見されたその“痕跡”。もしかすると事故原因を究明する上で、貴重な手がかりとなったかもしれないそれは、その後、発見者であるTさんですらも思いもよらない形で、彼の前から姿を消すこととなる――。

■脅迫めいた謎の電話

「近所の連中や駐在さんを連れて山に行ったあと、2日3日経ってから、町の方の警察の人が来たりしてさ。しばらく賑やかな感じになっていたんだけども、(発見から)1週間くらいした頃かな。電話がかかってきたのさ。こんな田舎なもんで、電話なんてかけてくる家はあんまりないこって、東京にいる子どもらにでも何かあったんかと思ってとってみたらさ、知らない男でさ。“見つけたもんはさっさと忘れろ、もうこれ以上誰にも言うな”だなんて言い出すの。なんだこいつは、って思ったけどさ、その話しぶりがね、脅すような感じだったもんだからさ、怖くなってね。それからは黙ることにしたっていう」

件のジャンボ機から落下したと思しき機体の一部を見つけたTさん宅に、いきなりかかってきたという謎の電話。そのただならぬ気配に怯えた彼は、その後、なるべく早く自らの発見を忘れるように心がけたという。また、そうしたある種の「脅し」ともとれる“見えない力”は、集落全体にも及んでいた。

「最初に電話かかってきたときにさ、近所の連中にも聞いてみたら、同じような電話がかかってきたってみんな言うもんでさ。これはきっと偉い人が、命令してかけさせてるんだろうっていう話になったもんだからね。みんなで話し合って、さっさと忘れようって。そりゃあ、気になるよ? 気になるけどもさ、俺を含めた年寄り連中はいいけども、子どもや孫だっているわけだからね。そういうのを考えたら、見なかったことにしちゃうっていうのが賢いだろうってさ」

それ以来、Tさんによる発見は、集落全体としても『なかったこと』にされ、いつしか誰も口に出さないようになっていたという。だが、仮にそうだとするならば、問題の部品は、今なお、Tさん宅の裏山にあるということになるのだが…。

■自衛隊? 不審なトラック何台も

「あれは(謎の電話があってから)、半月くらい経った頃かな…いや、10日くらいのもんか。明け方にね、あまり見ないようなトラックが何台も止まってる日があってさ。近所の連中が言うには、ありゃあ自衛隊のトラックで、御殿場から来てるんだよ、なんていう話だったんだけどもさ。俺もね、変だなと思ったけども、厄介なことに首つっこみたくはないから、そのまま畑に出てね。8時くらいに戻った頃にはもういなくなってたよ」

謎の電話からしばらくたった後、目撃された複数台の不審なトラック。後日、Tさんが「あの日」と同じように、貯水タンクの確認のため山に登った際、既に部品と思しき発見物は姿を消していたという。こうした話から推測すれば、Tさんらによって目撃されたトラックは、「回収」のために現場を訪れていた可能性が高いと見るべきであろう。深夜から早朝にかけて回収作業を行ったと考えれば、午前8時過ぎには彼らが姿を消していたというのも合点がいく。

「まあ、それこそ竹薮3億円じゃないけども、札束でも見つけたのなら人生の楽しみにもなるだろうけどさ。あんなもん見つけたって何ひとついいことなんかありゃしないよ。どの道、俺なんて生きたってあと何年かだろうから、どっちにしたって構いやしないけどもさ(苦笑)」

1985年8月の事故発生から、今年で30年目を迎える『日本航空ジャンボ機墜落事故』。遺族や一部の大手メディアの間からは、未だにその真相が究明できていないという声も少なくないが、どうやらそうした真相を覆い隠す闇は、思いのほか、巨大なものであるようだ。

(文=戸叶和男)

参照元 : TOCANA


日航ジャンボ123便 皇宮警察による爆破テロだった。天皇指示で陸上自衛隊が撃墜した。生存者に自衛隊が核ミサイルを撃ち込んだ。

2009年12月24日

10407 (1)

これはすでに何十年も疑惑が指摘されている事故のようだ。事故直後、アメリカ軍の救助要請を断る警察。

しかし、その命令がどこから出たのか?天皇 or ロックフェラー or ロスチャイルドだろう。

警察へ命令を出したのは、天皇 → 首相だろう。

また、NHKでは偶然にもマッハの恐怖などの「航空事故解析」の人が出ていた。偶然ではなく、「予定調和」だったと言える。垂直尾翼がアメリカや自衛隊のミサイルで破壊された、という人が多いが、実際にはダイナマイトで破壊されたのでは?

ミサイルでは、威力が高すぎて最悪、そのまま炎上、墜落、となってしまう。衝撃も強すぎてそのまま落ちるかもしれない。時限式ダイナマイトならば、それらは極力押さえられる。その意味では先日の外国の事故もダイナマイトなのかもしれないが・・・。

事故に関して日本航空が支払った賠償金[59]の総額は、当時の額で約600億円である。以後数年間、特に帰省ラッシュシーズンには競合相手である全日本空輸と東亜国内航空に利用者が流れ込み、日本航空の業績は一時的に大幅に傾いた。

ともある。日本航空潰しということだ。

『金田一少年の事件簿』
日航123便事故をモチーフとした復讐殺人事件の作品がある。

『探偵学園Q』

最悪の飛行機事故と用いられた事故は大阪行きで、日航123便事故がモチーフ。なんと、あの幸福実現党に立候補していた、さとうふみや、がこの関連した漫画を描いている!

幸福実現党が正義の党なのだろう。

そもそも、金田一などは、推理ものであり、コナンとはまた違った推理がある。まぁ、このフラッシュ動画を見て、ちょっと調べてみたりしただけだが、以前とは違う感想がある。

ジャンボジェット機というのは、911でも墜落したわけだし、どうやら「戦闘機の実験機」でもあるようだ。ボーイング社がジャンボと戦闘機を製造、販売している。

しかもこの事故では、著名な有名人なども多数乗っていたそうだから、邪魔な者も消せる。911でもそういうのはあった。

・・・というか、なぜに通信相手が外人なのだろう?昔は普通?w・・・今もなんかなぁ?

wiki/123

日本の第123代天皇は、大正天皇である。Lotus 1-2-3 (Lotus 123) は表計算ソフト。

123 ・・・ そして、大正天皇。

大正天皇と言えば、明治天皇、大正天皇、昭和天皇、と、イマイチ印象に残らない天皇だ。そして、病を陰謀により、移され、隠居した。明治時代はおおいに発展したが、大正もまぁ、平和だった。

昭和時代に入り、いきなり戦争となった。明治時代は、ロスチャイルドの時代でそれに支配されていたという。大正、昭和天皇の身にロックフェラーが襲い掛かり、支配されてしまっていたのではないか?

しかし、ロスチャイルドとロックフェラーは親戚、親と子なので、仕掛けただけかもしれないが。まぁ、第2次でアメリカに抵抗した日本という説もあるが、実際なんなのか?・・・。

ちなみにこれによれば、常時アメリカ空軍がジャンボなどを後ろから狙っているそうだ。

あ〜、あり得る。。。

イラクでの、つい数年前の、戦争後のバグダッドなどで、アメリカ兵士が、イラク人の走行している車に装甲車でぶつかりまくって嫌がらせをしている動画があった。さらに、銃撃って、窓ガラス割ったり、タイヤパンクさせたり・・・。

あの動画見れば、やっていそうだなぁー。アメリカ人は不味い存在になりつつあるのかもなぁ。それで、ユダヤ人が嫌になって、中国へ移住しようとしているのかもしれない。アメリカは銃社会で治安も悪いし、どうなんだかなぁ。

そして、今回の選挙で民主→4年後自民 となるようだけど、中国人に日本が完全に乗っ取られるシナリオのようだが・・・。幸福実現党は情報揃ったらで。よつべの総裁?の動画見れば、宣伝ではないだろう。たぶん・・・。。

追記

日航ジャンボ123便 命と引き換えの元日航証言「日航ジャンボ123便の後部にAIM4のオレンジ色の機体が刺さっていた。」

一応、当時日航で運行会社側の当事者ですから告別式の日程等書き込ませていただきます。 不明 –

2009/08/11(Tue) 01:39:32 No.15458

サソウ様が証言していることは「日航ジャンボ123便の後部にAIM4のオレンジ色の機体が刺さっていた」

当時日航社員としての内部情報証言です。

オレンジ色の機体???? 戦闘機が突っ込んだ?と思ったが、AIM4・・。

AIM-4 (ミサイル) 確かに、「オレンジ色の、ミサイル」 !!!!!!!

しかも、

•退役:1988年
•運用状況:退役
丁度、1988年の3年後に全て撤去されている!!!

日本の航空自衛隊もAIM-4Dを導入しようとしたが、アメリカが輸出を許可しなかった。このため、日本独自のAAM-2を開発したが、完成目前でアメリカが輸出を許可したため、結局AIM-4Dを導入することになった。 恐らく、日本は当時戦争はしていなかったので、「ほら、凄いでしょ?正確に垂直尾翼を狙って命中している。凄い誘導性能だろう?是非、日本のAIM4を買って下さい。」という、アピールのための、ジャンボ狙撃だったのだろう。

そう、つまり、「航空自衛隊がジャンボを墜落させた」 のだ!横田基地辺りから、1機の戦闘機を隠密にスクランブルさせる。そして、これは自衛隊の中でも極秘中の極秘で、極数人にしか知らされていないシークレット作戦だったのだろう。

WW兇任眈赦妥傾弔鷲雋鐫凸瑤陵⊇个蚤臾戮韻靴燭噺世Δ里世ら、比較的近代でもしていても可笑しくはない。イラク戦争などでも裏で関与している可能性は十分ある。F22の塗装の件もあるが、日本はこっそりと軍事産業が生き残っているようだ。

まぁ、これは中国に知られたら不味いが、すでに知られているかもしれないが・・・。また、これが世論に漏れれば、どうなるのかわからない。少なくとも、自衛隊反対運動か、アメリカ軍反対運動は起こるだろう。(アメリカではないのだが、アメリカが犯人とする人もすでにいるw)

そして、最悪、天皇排除論なども起きるかもしれないと。だからこそ、この証言者を隠滅し、「知っている人がいればこうするぞ?」という脅しをもかけたのだろう。あと、最近の台風2個+東海、関東南東?地震震度5,6は、2つとも人工的ものです。

信じない人多いけど、科学の力は偉大なのだよ。

アメリカ, 日本, 総合, 陰謀 への投稿
≪ 8月27日 全米で預金封鎖決行!?21世紀は世界人口減少の世紀になる? 人口爆発の嘘 ≫

参照元 : 阿修羅






沖縄県で米軍ヘリが海上に停泊していた艦船に墜落、7人が負傷、そのうち自衛官2人負傷

沖縄で米軍ヘリ海上に停泊の艦船に墜落 7人負傷

2015/08/12 17:50
 
2015-08-13_090633

沖縄県でアメリカ軍のヘリコプターが墜落しました。

海上保安庁などによりますと、12日午後1時すぎ、アメリカ陸軍所属のヘリ「UH−60」がうるま市伊計島の南東約14kmの海上に停泊していた艦船に墜落しました。機体には17人が乗っていて、7人が負傷しましたが、全員が救助されています。ヘリが墜落した艦船は、アメリカ軍の大型貨物輸送艦「レッドクラウド」とみられています。

参照元 : テレ朝ニュース




着艦に失敗し米軍ヘリ墜落 自衛官2人も負傷

2015/08/13 05:52
 
2015-08-13_093012

アメリカ軍のヘリコプターが沖縄県うるま市の沖合で着艦に失敗し、墜落しました。6人が負傷し、このうち2人が研修として参加していた自衛隊員でした。

12日午後1時46分、うるま市伊計島の東約14kmの海上で、アメリカ陸軍のヘリコプター「H60」が大型貨物輸送艦「レッドクラウド」に着艦しようとして失敗、墜落し、機体が破損しました。この事故で6人が負傷し、アメリカ軍・キャンプ瑞慶覧の海軍病院に搬送されました。

防衛省によりますと、墜落したヘリコプターには研修として参加していた陸上自衛隊の自衛官2人が乗っていて、1人が骨折の疑い、もう1人が切り傷を負ったということです。事故は、沖縄を訪れていた菅官房長官と翁長知事の会談の直前に起きましたが、菅長官は「事故は極めて遺憾だ」と述べ、アメリカ側に迅速な情報提供や原因究明などを求めたことを明らかにしました。

参照元 : テレ朝ニュース



2015-08-13_093025

2015-08-13_093037

2015-08-13_093052

2015-08-13_093109


【調布墜落事故】無許可で遊覧飛行を行っていた疑いのある飛行クラブに、多数のマスコミ関係者が入会していた事が発覚!

調布墜落事故でマスコミが追及できない“セレブご用達クラブ”の闇「操縦を教えてもらえる」証言も

2015.08.04
 
20150729-OHT1I50146-T

東京都調布市の民家に小型機が墜落し、3人が死亡した事故で、無許可で遊覧飛行を行っていた疑いのある飛行クラブに、多数のマスコミ関係者が入会していたことがわかった。関係者からは「テレビ局の大物プロデューサーの名前もあって、報道番組では、そこに触れないよう報道している」という話も聞かれる。

「人気アイドルグループのイベントを大々的に特番で仕掛けたプロデューサーがクラブの会員だったらしく、亡くなった機長の川村泰史さんは生前、その局の報道番組にも出演したり、アイドルグループのイベントにも招待されていた」

こう話すのは、他でもない墜落した小型機の所有者である飛行クラブ「ベルハンドクラブ」の元会員M氏だ。同氏は週刊誌の元記者で、現在は投資コンサルタントをしているが、古い付き合いのテレビ関係者を通じて、2年ほど前までは、大型クルーザーでたびたび東京湾などを遊覧していたという。

「クルーズするときは、そのテレビ関係者が自分の知り合いを集めて、女性コンパニオンも入れて、8人か10人ぐらいで行ってました。ほとんどはそのとき初顔合わせの人で、テレビで顔を見たことがある放送作家やコメンテーターがいたこともあります。そのうちのひとりが例のテレビプロデューサーで、芝浦から出航したときに、ポートのすぐ近くのタワーマンションに住む彼が来たんです。彼は免許もないのに自分で船を操縦していて『俺は飛行機も操縦できる』と豪語していたんですよ」

M氏は川村氏と面識はなかったが、そのテレビプロデューサーが川村氏の名前を出して「操縦を教えてもらえる」と言っていたと話す。

「船舶免許の場合、免許保持者がいれば条件次第で一部を同乗者が操船することもできますが、航空機はそうではないので、彼は『見つかったらアウトだ』と笑っていました」(M氏)

その後、同じ会員を通じてテレビプロデューサーと川村氏の関係をウワサ程度に聞いたと言うが、そもそも今回の事故では、川村氏自身が、必要経費を所属会員が出し合う「クラブ運営方式」という形式を盾に、有償飛行事業にはあたらないとするグレーゾーンな無許可運営だったことが問題となっている。

「あのプロデューサーの話が事実なら、無許可で操縦させていたことになる。そのせいか、この運営クラブの実態については、メディアの報道が手ぬるい気がする」とM氏。

実際、事故の直接的な原因については、滑走路の長さやエンジンの調子などさまざまな見方がメディアには出ているが、この小型機が乗客を乗せて運航していた背景につながるクラブの実態については、多くは報じられていない。

M氏も「クラブのメンバーだったことはフェイスブックにも書いていて、いまだ削除もしていないけど、僕のところに取材が来たのは他に週刊誌の記者だけ。一緒にクルーズしたマスコミ関係者からも、メールひとつない」と首を傾げる。

テレビプロデューサーが実際にクラブ会員だったとする確証は得られておらず、会員リストが手に入ったわけではないが、今回の事故でも同乗者に雑誌編集者がいる。

同クラブは1983年に設立され、航空機や船舶のほか、ロールス・ロイスなどの高級外車、ビンテージカーなどを共有するもので、90年前後のバブルの最盛期には1,000人以上の会員がいたといわれる。一時は入会金600万円という高額なものだったが、M氏が入会した数年前は「200万円だった」という。

東京都の舛添要一知事は7月27日、「届け出様式を改善しなくてはいけない」と現状の規定では原則禁止の遊覧飛行が黙認されていることを問題視した。調布飛行場では、事前にフライト目的や搭乗者名を記載することを求めているが、虚偽の申告であっても、その確認が難しいことなど、実効性に難があるという指摘もある。

本来はこの実態をよく知る飛行クラブのメンバーであるマスコミ関係者こそが、その問題点を明かすべきなのだが……。

(文=ハイセーヤスダ)

参照元 : 日刊サイゾー


「あっという間に落ちた」同乗者 小型機24秒で墜落

2015/08/04 16:06

2015-08-04_215444

小型機は、離陸してからわずか24秒で墜落していました。

先月26日、東京・調布市の住宅街に5人乗りの小型機が墜落し、機長や巻き添えの住民ら3人が死亡しました。警視庁が離陸直後の映像を解析した結果、小型機は離陸してから、わずか24秒で墜落していたことが新たに分かりました。

また、小型機に搭乗し、けがをした男性も「あっという間に落ちた」などと話しているということです。警視庁は、回収したエンジンなどを分析するなどして事故原因を究明しています。

参照元 : テレ朝ニュース



2015-08-04_215610

【関連記事】
東京・調布市の住宅街に小型機が墜落 3人死亡、5人けが

ビン・ラディン家が所有するプレイベートジェット機が英国で墜落 機長と乗員、ビンラディンの妹と義母、4人全員死亡

英・ロンドン郊外に小型機墜落 ビンラディン容疑者の親族死亡か

2015/08/01 21:03

2015-08-02_182258

ビンラディン容疑者の親族が、小型機墜落で死亡したとみられる。イギリス・ロンドン郊外で7月31日、小型ジェット機が空港近くの車のオークション会場に墜落して炎上し、操縦士を含む、乗っていた4人全員が死亡した。

現地メディアなどによると、死亡した乗客には、国際テロ組織「アルカイダ」の元指導者で、2011年に死亡したウサマ・ビンラディン容疑者の親族が含まれているということで、当局は、4人の身元や事故原因などを捜査している。

参照元 : FNNニュース




ビン・ラディン家のプライベートジェット機が墜落事故、4名死亡…英国[動画]

2015年08月02日(日) 07時00分
 
2015-08-02_175035

7月31日、英国でプライベートジェット機が墜落する事故が起きた。ジェット機を所有していたのが、ビン・ラディン家だったことから、欧米では大きなニュースになっている。

この事故は7月31日、英国ハンプシャー州のブラックブッシュ空港で発生。1機のプライベートジェットが着陸に失敗。空港近くの自動車オークション会場に墜落した。

この事故で、プライベートジェットの機長と乗員、合わせて4名が死亡。自動車オークション会場の関係者は、避難して無事だったが、オークション会場の自動車数台が炎上する被害を受けた。

このプライベートジェット、アルカイダのリーダーであり、2011年に米軍に殺害されたウサマ・ビン・ラディン家の所有。乗員は、その家族と親戚だったという。

墜落直後の映像は7月31日、『USA NEWS TODAY』が公式サイトを通じて配信している。

参照元 : レスポンス




爬虫類オサマ・ビンラデンの妹と義母が飛行機事故で死亡 カルマの清算

SATURDAY, AUGUST 1, 2015

↓死亡したオサマの義理の妹 サナ・ビンラデン

2015-08-02_182632

ビンラデンの家族は、911ワールドトレードセンター爆破自作自演テロの時、ブッシュ・ファミリーと一緒にテレビを見ていたという。自分達が仕掛けた自作自演のテロで何千人という罪もない人々が死んでいくのをブッシュと一緒にエンジョイしていたわけだ。人々が、ワールドトレードセンターで煙にまかれて高層から死のジャンプをする度に歓声をあげていたのだろう。そして次の日には、米国緊急体制の中、堂々と、自家用ジェットでサウジアラビアに帰っていったという。

ブッシュ家とビンラデン家は20年来のお付き合いがある。石油で飯を食っているブッシュ家と、産油国サウジアラビアで一番のお金持ち財閥のビンラデン家と強い繋がりがあってもおかしくはない。

ブッシュ家とビンラデン家が中心となって仕掛けた911

images

d344

しかし最近になって、隠蔽されてきた911の情報を裁判所が開示する様に命令し、911に携わった人々(爬虫類人達)を逮捕し監獄に送れるという判決が出された。そのため、ブッシュ家のあたりの人々は大変恐れ、最近ネットでやたらと「911時の写真公表、ブッシュ政権の人々がいかに苦渋に満ちた決断をしたか…」などとプロパガンダをし始めている。彼等はいかに馬鹿な国民をだまし続けるか、頭をひねってプロパガンダをしているのだろう。しかし、その運も尽きた様だ。刑務所にぶち込まれる時は、刻一刻と迫っているだろう。

↓墜落したビンラデン家の13億円相当の自家用ジェット。でも値段の割には小さいよね?

000aaa

ビンラデン家の人食い爬虫類人達。赤い丸がオサマ・ビンラデン。

osamasmall

参照元 : 宇宙への旅立ち

東京・調布市の住宅街に小型機が墜落 3人死亡、5人けが

小型機が住宅街に墜落 3人死亡5人けが 東京

2015年7月26日 20時03分
 
K10010166711_1507261926_1507262003_01_03

26日午前11時ごろ、東京・調布市の住宅街に小型機が墜落して住宅3棟が焼け、警視庁によりますと、小型機に乗っていた2人と住宅にいて巻き込まれた女性1人の合わせて3人が死亡しました。また、小型機に乗っていた3人と住宅にいた女性2人の合わせて5人がけがをして病院に運ばれました。警視庁は、業務上過失致死傷の疑いもあるとみて捜査を始めました。
 
26日午前11時ごろ、東京・調布市富士見町の住宅街に、小型機が突っ込むように墜落しました。東京消防庁によりますと、現場付近では黒い煙が上がり、小型機のほか、住宅3棟と車2台の合わせて220平方メートルが焼けました。また、周辺の住宅6棟も被害を受けました。
 
警視庁によりますと、小型機に乗っていた男性2人と、住宅の2階にいて巻き込まれた女性1人の合わせて3人が死亡しました。また、小型機に乗っていた男性3人がけがをし、亡くなった女性と同じ住宅にいた女性1人と、隣の住宅にいた女性1人の合わせて5人がけがをして、病院に運ばれました。

警視庁によりますと、5人のうち小型機の1人は重傷とみられ、残る4人は意識ははっきりしているということです。墜落した小型機の機体の整備や管理を行っている「日本エアロテック」や搬送先の病院によりますと、小型機には、横浜市港北区の川村泰史機長(36)と、東京・練馬区の早川充さん、東京・港区の森口徳昭さん(36)と、東京・文京区の花房剛さん(35)、それに埼玉県三郷市の(みさと)田村康之さん(51)の合わせて5人が搭乗していたということです。
 
午前11時に調布飛行場を離陸して伊豆大島に向かい、日帰りで調布飛行場に戻る計画だったということです。会社によりますと川村機長は、アメリカで飛行機の操縦の訓練をして免許を取り、小型機のパイロットを養成する会社を立ち上げたということです。
 
これまでの飛行時間は600時間から700時間だということで、最近、川村機長の小型機に搭乗するのは、小型機の免許を取得したいという人や、日本で飛行機を操縦したいという人が多かったということです。
 
小型機が墜落した現場は、東京・調布市富士見町の住宅が建ち並ぶ地域で、周辺には、商店や中学校、それにテニスコートや少年野球場などの運動施設があります。また、現場から500メートルほどの所には、調布飛行場があります。調布飛行場では、26日午後1時半すぎ、警視庁捜査1課の腕章をつけた捜査員数人が飛行場の管理事務所やターミナルビルに入りました。
 
また、飛行場の近くにあり、墜落した小型機の運航・管理を行っている「日本エアロテック」の事務所にも午後2時すぎから警視庁の捜査員数人が出入りしています。関係者から墜落した小型機の運航状況などについて説明を求めているものとみられ、警視庁は、業務上過失致死傷の疑いもあるとみて捜査を進めています。

現場近くの人の話
現場の近くに住む82歳の女性は、「午前11時すぎから辺りが騒がしくなり、外に出たら20メートルから30メートルほど離れた住宅に飛行機が墜落しているのが見え、炎や煙が上がっていた。
 
飛行場に近いとはいえ、まさか墜落するとは思わなかったので驚いている」と話していました。また、周囲で目撃した人からは、自分の家のすぐ近くを飛行機が通過したと聞かされたということで、「本当に危なかったと聞き、恐ろしい気持ちになりました」と話していました。

また、60代の男性は、「自宅の2階にいたら家が大きく揺れて爆発音がした。外に出たところ、燃えている家の前の路上に小型機に乗っていたとみられる男性が倒れていた。近所の人と協力して安全な場所に運んだが、男性は声をかけても返事がなく意識がない様子だった。手から少し出血していたが、それ以外に外傷はないように見えた。男性が倒れていたのは火の上がっているすぐそばでとても熱かったが、とにかく助けなければと思い必死で運んだ。こんなに近くで墜落事故が起き驚いている」と話していました。
 
運輸安全委の主管調査官「これから調査していきたい」
 
国の運輸安全委員会の原山和幸主管調査官は、調布飛行場で報道陣の取材に応じ、「尾翼など機体後部は、小さな損傷はあるものの焼損はしていなかったが、機体の前の部分は焼損しており、エンジン部分も含めて損傷は激しかった。機体の一部が、手前の住宅の屋根に接触し、その後、火災が起きた住宅に墜落した可能性があり、機体は一部がひっくり返った状態だ。一般的に離陸直後は操縦が難しい段階なので、機体にトラブルがなかったかや操縦に問題がなかったのかについてこれから調査していきたい」と述べました。
 
事故機は11年前にも事故
墜落した小型機は、およそ10年前、札幌市の空港で、機体を地面に接触させ、プロペラなどが壊れる事故を起こしています。
 
国土交通省によりますと、墜落した小型機は、11年前の平成16年10月、札幌市の丘珠空港に着陸した際、滑走路脇の草地に機首部分を接触させる事故を起こしました。

けが人はいませんでしたが、このとき、プロペラが変形するなど機体の一部が壊れました。国土交通省によりますと、その後、機体は修理され、国の検査にも合格しているということです。また、ことし5月1日にも国の検査に合格していて、この時点で、機体に異常はなかったということです。

また、事故機は、アメリカ製のパイパーPA46型機という単発のプロペラ機で、この中でも「350P」と呼ばれるタイプの機体です。
 
通称は「マリブ・ミラージュ」で、日本国内では10機ほどが登録されているということです。こうした単発のプロペラ機は日本国内で、合わせておよそ500機が登録されているということです。

調布飛行場とは
東京都によりますと、調布飛行場は、平成4年に都が国から管理を引き継ぎ、平成13年からは都営の空港となっています。住宅地に近いことなどから、調布市など地元自治体との覚書などに基づき、遊覧飛行や周辺空域での訓練飛行も禁止されています。
 
また、年間の離着陸回数は2万3000回程度を上限としていますが、去年1年間の離着陸回数は1万6054回で、このうち、▽離島への定期便が8511回だったほか、▽自家用機や、整備目的などの利用が1645回、▽航空測量や写真撮影、救急搬送などそのほかの利用が5868回だったということです。
 
都によりますと、調布飛行場では、去年10月、個人が所有する小型のプロペラ機が着陸しようとしたところ、車輪が出ずに滑走路に胴体着陸しましたが、乗っていた3人にけがはありませんでした。

参照元 : NHKニュース








米ハワイ州オアフ島のべローズ空軍基地でオスプレイ着陸失敗、1人死亡、12人負傷

オスプレイ着陸失敗、1人死亡=空軍飛行場から黒煙―米ハワイ

2015年5月18日(月)10時30分配信

20150518-00000014-asahi-000-view

【ワシントン時事】米ハワイ州オアフ島のべローズ空軍基地で17日午前、海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが着陸に失敗し、地元テレビ局によると、海兵隊員1人が死亡した。事故機には22人が乗っており、残る21人も病院に搬送され、うち12人が負傷により入院した。

地元テレビ局は、基地内の飛行場から黒煙が立ち上る様子を放映した。海兵隊はこれより先、上陸作戦の訓練を実施するため、騒音が悪化すると地元住民に伝えていた。事故機に搭乗していたのは、第15海兵遠征部隊(司令部カリフォルニア州キャンプ・ペンドルトン)所属の海兵隊員。

参照元 : 時事通信


ハワイでオスプレイ着陸失敗、1人死亡

2015年5月18日11:16

news2494683_6

沖縄の普天間基地にも配備されている海兵隊の新型輸送機オスプレイMV22が、アメリカ・ハワイのオアフ島で17日、着陸に失敗し、1人が死亡、21人が病院に運ばれました。

現地17日午前11時40分、日本時間の18日午前6時40分頃、ハワイ・オアフ島のべローズ空軍基地で、訓練中の新型輸送機オスプレイMV22が着陸に失敗しました。機体は黒煙を上げて炎上し、海兵隊は1人が死亡し、乗っていた海兵隊員22人のうち21人が病院に運ばれたと発表しました。けがの状況は分かっていません。

事故の詳しい原因などは分かっていませんが、着陸に失敗したオスプレイは、カリフォルニア州サンディエゴのペンデルトン海兵隊基地を拠点とし、ハワイには訓練のため派遣されていたということです。

オスプレイは開発段階から事故が相次ぎ、沖縄では今も配備に反対する声があがっていますが、今回着陸に失敗した海兵隊仕様のオスプレイMV22は沖縄県の普天間基地にも24機配備されています。



2015051801001395

CI0003







【衝撃映像】台湾で乗客乗員58人を乗せた旅客機が墜落 20人死亡、24人が行方不明

20人死亡、24人なお行方不明 台湾の旅客機墜落

2015/02/04 18:10

AS20150204004119_commL

台湾で乗客乗員58人を乗せた旅客機が墜落しました。これまでに20人が死亡し、24人が行方不明です。墜落したのは、台北市の松山空港から金門島に向かうトランスアジア航空の小型旅客機です。

離陸直後にエンジントラブルが起きた可能性も指摘されていて、当局は回収されたブラックボックスの分析を進める方針です。

参照元 : テレ朝ニュース






台湾で58人乗り旅客機墜落 離陸直後、25人死亡

2015年2月4日(水)13時29分配信
 
AS20150204004114_commL

台北で4日午前11時(日本時間正午)ごろ、乗客乗員58人が乗った復興航空(トランスアジア航空)機が市内の松山空港を離陸した直後、近くの基隆河に墜落した。同日夜までに15人が救助されたが、25人が死亡、18人は安否を確認できていない。機体の一部は長時間水中に沈んでいた。

墜落したのは昨年4月に納入された双発プロペラ機ATR72型機で、先月26日に点検を行っていたという。中国福建省アモイ対岸にある台湾の離島、金門島行きで、乗客のうち31人は金門島から船で中国に戻る予定の中国人だった。日本人乗客はいなかった。

近くのマンションで事故を目撃した男性によると、旅客機は「シューッ」という音を立てながら低空を西側から飛来し、高架道路をかすめて川に墜落。同じマンションの警備員は「エンジン音が聞こえなかった」としており、エンジンに問題が起きていた可能性がある。道路を走行していたタクシーにも被害があり、運転手ら2人がけがをした。

台湾メディアによると、パイロットは離陸2分後に救難信号を出した。墜落したのは松山空港から約5キロ離れた新興ビジネス街の南港地区。台湾大手の中国信託商業銀行が本店を置くほか、ソフトウェア工業園区の整備も進む。近くには10階程度のマンションも並んでおり、パイロットは市街地での墜落を避けようとして川に向かったのではないか、との見方も出ている。

墜落した機体はひっくり返り、下半分が川面から出ている状態になっていた。消防や軍などの約千人が投入され、ゴムボートなどで近づいて救助活動に当たった。ダイバーの姿も見えた。夜には重機で機体の一部を川岸に引き揚げ、周辺水域の捜索も行った。

中国国営新華社通信によると、墜落機に乗っていた中国人はアモイの旅行会社を通して訪台していた。習近平(シーチンピン)国家主席は関係機関に対し、救助活動に協力するよう指示。国務院台湾事務弁公室は台湾当局に全力で救助にあたるよう求め、国営中央テレビも救助作業の様子を生中継した。

2008年に中国人の台湾観光が全面解禁されて以来、中国の旅行ブームを背景に台湾を訪れる中国人は年々増加。中国国家観光局によると、2009年に98万人余りだったが、13年には3倍近い約292万人まで膨らんだ。

復興航空は台湾の離島・澎湖島で昨年7月、乗客乗員48人が死亡する旅客機墜落事故を起こしている。(台北=鵜飼啓、北京=林望)

参照元 : 朝日新聞

AS20150204004361_comm





【エアアジア機墜落】中国人ユーザーが事故発生の13日前に「エアアジアには近づくな!マレーシア機のようになるぞ」と繰り返し警告

エアアジア機の残骸発見 「40人遺体収容」報道も情報錯綜

2014年12月30日(火)23時0分配信

460970564

【シンガポール=吉村英輝】インドネシアの救難当局は30日、ボルネオ島南西部のジャワ海の海上で、28日から行方不明になっているエアアジア機(乗客乗員162人)の残骸などを発見したことを明らかにした。ロイター通信は同国海軍の話として、現場で乗客とみられる40人の遺体を収容したと伝えたが、収容数は3〜6人との報道もあり、情報は錯綜(さくそう)している。

遺体が収容されたのは、不明機の信号が途絶えた場所から南東に約10キロの海上。ヘリコプターで引き揚げられ、インドネシア海軍の艦船に収容された。救命胴衣は着けていなかった。

捜索中の航空機が同日昼、不明機の機体の破片とみられる白と赤の浮遊物などを発見。インドネシアの救難当局者は記者会見で、浮遊していた脱出ドアの映像などを分析した結果、「残骸は不明機のものと確認した」と述べた。

地元メディアによると、現場付近の水深は25〜30メートルで、水面下には機体とみられる大きな影が確認できるという。今後、乗客乗員らの捜索と、墜落原因解明のカギを握るフライトレコーダーなどの回収を急ぐ。

30日の捜索はインドネシアやオーストラリア、マレーシア、シンガポール、米国などの船舶約30隻、航空機21機で行われた。自国民が墜落機に乗っていた韓国も哨戒機の派遣を発表。インドネシアは機体回収で米国などに支援を要請した。

インドネシアのジョコ大統領は30日記者会見し、不明者の捜索を優先させるよう当局に指示したことを明らかにした。

参照元 : 産経新聞


海から遺体を引き上げている映像

インドネシアの保健大臣は、事故から一週間経過してるので腐敗がひどく、犠牲者の特定が困難になってきていると言います。

Indonesia's Health Minister says the identification of plane crash victims is becoming difficult as bodies have been in the water for nearly a week.

AirAsia Plane Crash - The Process Become More Difficult.




「エアアジアには近づくな!マレーシア機のようになるぞ」、中国人ユーザーが13日前に事故を予言、誰も信じず―台湾メディア

2014年12月31日(水)1時24分配信

58904fae

2014年12月30日、28日に消息を絶ったエアアジアQZ8501便(乗員乗客162人)の機体の残骸や遺体がカリマンタン島南西部の海上で次々と見つかっている。台湾メディア・ETtoday新聞雲は、事故発生の13日前に「エアアジアに近づくな」と繰り返し警告していたネットユーザーの存在を伝えた。

今月15日、中国のネット掲示板・天涯論壇に「老百姓有自己的楽」を名乗るユーザーが、「国際裏組織はマレーシア航空の次にエアアジアを狙っている」と題したスレッドを立てた。このユーザーは「国際裏組織によるMH370便とMH17便の墜落事故のせいで、世界6大航空会社の1つであったマレーシア航空は倒産寸前にまで追い込まれている。彼らの次の目標はエアアジアだ。中国人観光客はエアアジアに近づくな。MH370の犠牲者のようになる」と訴えた。

このスレッドを見た他のユーザーは「デタラメを言うな」と一斉に非難のコメントを寄せたが、このユーザーはそれに反応することなく「エアアジアに近づくな」「このスレを見た人間は命拾いする」「信じられないやつらは、事故が起こってからこのスレをもう一度見ろ。その時に後悔しても遅いぞ」と繰り返した。

28日にエアアジアQZ8501便が消息を絶って以降、多くのユーザーがこのスレッドにアクセスしているが、これまでに更新は確認されていない。(翻訳・編集/本郷)

参照元 : Record China




イラン旅客機が離陸に失敗して墜落 乗客乗員48人のうち39人が死亡、9人がけが

イランの旅客機 離陸失敗で墜落 39人死亡

2014/08/11 01:03

mqdefault (1)

イランのテヘランにある空港で、旅客機が離陸に失敗して墜落し、39人が死亡しました。

10日午前、テヘラン市内にあるメヘラバード空港で、イラン国内線の旅客機が離陸直後に墜落しました。国営メディアによりますと、乗客乗員48人のうち39人が死亡、9人がけがをしたということです。

空港の関係者は、「事故機が離陸滑走中に2つのエンジンのうち1つから火が出て、いったん上昇したものの、すぐに墜落した」と話していて、何らかの機体のトラブルが事故原因とみられています。墜落現場は空港沿いの道路に面した軍事施設の敷地で、近くにいた数人もけがをしたということです。

参照元 :
テレ朝ニュース




イランで国内線旅客機墜落 38人死亡

2014年8月10日 21時06分

K10037073111_1408102123_1408102125_01

イランの首都テヘランの空港で、10日、乗客乗員48人を乗せた国内線の旅客機が離陸直後に墜落し、イランの国営通信は、これまでに38人が死亡したと伝えています。

イランの首都テヘランで、現地時間の10日、午前9時半前、日本時間の10日午後2時前、メヘラバード空港から東部のタバスに向かう国内線の旅客機が、離陸直後に墜落しました。

墜落した旅客機には、乗客乗員合わせて48人が乗っていましたが、イランの国営通信は、これまでに38人が死亡したほか、10人が病院に運ばれたと伝えています。

イランの日本大使館によりますと、旅客機に日本人は乗っていなかったということです。現地からの映像では、墜落の衝撃で機体はめちゃめちゃに壊れ、尾翼とみられる機体の一部が道路をふさいでいる様子が映っています。

旅客機は、双発のプロペラ機で、地元メディアは、空港の当局者の話として、旅客機のパイロットが離陸する際にエンジンの不具合を報告していたと伝えています。イランの当局は現場でブラックボックスを回収し、墜落の原因などについて詳しく調べることにしています。

参照元 :
NHKニュース




アルジェリア機がマリ北部に墜落 乗客乗員116人絶望か

アルジェリア機の残骸発見 墜落現場に仏軍到着

2014/07/26 14:41

mqdefault (12)

乗客乗員118人を乗せたアルジェリア航空機が墜落したアフリカ西部マリの現場にフランス軍が到着しました。

フランス軍は24日、ブルキナファソとの国境に近いマリ南部のゴシで、機体の残骸を発見しました。公開された墜落現場の映像では、「アルジェリア航空」と記された機体の一部や散乱した残骸が確認できます。

フランス政府によりますと、旅客機にはフランス人51人を含む118人が乗っていましたが、生存者はいないということです。旅客機は悪天候で墜落したという見方が出ていますが、フランス政府は今後、回収したフライトレコーダーの解析を進め、原因の究明にあたるということです。

映像提供:EMA/フランス軍

参照元 :
テレ朝ニュース




不明アルジェリア機、マリで墜落確認―116人搭乗

2014 年 7 月 25 日 09:21 JST 更新
 
BN-DV215_afplan_DV_20140724075930

アルジェリア航空とアフリカの当局者は24日、消息を絶った同航空AH5017便が、マリ北部で墜落したと発表した。同便には少なくとも乗客ら116人が乗っていた。世界では最近、航空機の事故が相次ぎ、航空規制当局や安全当局者が対応に追われている。

このアルジェリア航空ボーイングMD-83型機AH5017便はブルキナファソの首都ワガドゥグを出発し、アルジェリアの首都アルジェに向かっていた。同便は、出発から50分後の現地時間午前1時55分、サハラ砂漠上空を飛行中に最後に交信したあと、消息が途絶えた。乗客の51人はフランス人で、うち多くはアルジェでフランス行きの便に乗り継ぐ予定だった。

ブルキナファソの当局者は消息を絶ってから約12時間後にマリ北部ゴシ近郊の村人から電話を受けた。この村人は墜落現場まで歩いて行ったという。当局者は生存者がいるかについては言及を避けている。

フランスのオランド大統領は24日、閣僚を招集して緊急の会合を開き、戦闘機やその他の部隊を現地に派遣し、マリ北部での捜索活動にあたらせた。AH5017便が墜落したマリ北部一帯は、米テキサス州ほどの大きさのエリアだ。

夕方までに、フランスは国全体が喪に服しているかのような状態になった。墜落機の乗客の家族や友人はフランス各地の空港に集まり、新しく入る情報を待っている。一方、オランド大統領は国民に対し、墜落が確認される前、「捜索は必要な限り続けられる。極めて深刻でつらい状況だ」と話した。

同機にはフランス人のほか、ブルキナファソ人24人、レバノン人8人、アルジェリア人6人、カナダ人5人のほか、ドイツ人4人が搭乗していた。乗客名簿にはこのほか、ルクセンブルク、マリ、ベルギー、ニジェール、カメルーン、エジプト、ウクライナ、ルーマニア、それにスイスの国籍を持つ人々の名前が載っている。3人の国籍は確認中だ。

6人の乗員は全員スペイン国籍だ。同機の運航はスペインのスイフトエアーが担っていた。

OG-AC083_CRASH_NS_20140724100017

AH5017便の正確な飛行経路は明らかでない。ただし、当局との交信は同機がマリ北部上空を飛行中に途絶えた。マリ北部ではイスラム原理主義武装勢力の反乱が相次いでいる。アルジェリア航空によれば、同航空は悪天候のため、針路を変更するよう5017便に命令した。オランド大統領は、同機が消息を絶つ前に針路を変更したのは、「非常に厳しい気象状況」のためだったと述べた。

だが、同機がマリの上空を通過していたことをきっかけに、民間機による紛争地域上空の飛行を疑問視する声が、航空会社幹部や規制当局者の間で一段と強まる公算が大きい。この議論は既に活発になっていたが、これはマレーシア航空17便が先週、紛争地域であるウクライナ東部上空で撃墜されたためだ。

これに先立ち、米連邦航空局(FAA)は米国の航空会社に対し、イスラエル・テルアビブ空港の使用を一時的に禁じる命令を出していた。イスラム原理主義組織ハマスの撃ったロケット弾が今週、空港近くに着弾したことを受けた措置だったが、この措置は23日遅くに解除された。

また今年3月には、別のマレーシア航空機が消息を絶った。これはいまだに解決されていないミステリーだ。

フランスの当局者は24日、アルジェリア機が撃墜されたことを示す兆候は一切ないと述べたが、その可能性を排除していない。FAAは、マリ上空を飛行する際は特に警戒するよう航空会社に警告しており、米国の航空会社がマリ上空の高度の低いところを飛ぶのを禁じる措置を取っている。対空ミサイル、携行式ロケット弾、それにロケット弾の脅威を含む「反政府活動」が理由だ。

参照元 : ウォールストリートジャーナル






アルジェリア機の墜落で航空機への不安高まる

2014 年 7 月 25 日 11:51 JST
 
BN-DV295_airwor_G_20140724115534

アルジェリア航空機が墜落したと見られることで、この1週間で航空機の事故がまた一つ増え、統計では航空機はかつてなく安全であることが示されているものの、不安は一段と強まっている。

フランス当局者などによると、アルジェリア航空5017便は24日朝、マリ北部を飛行中に管制官との通信が途絶え、マリ北部で墜落した。同航空はマリ北部は悪天だったとしているが、その他の詳細は不明だ。

同機に何が起きたのか不明な点は多いが、飛行ルートが戦乱状態のマリ上空にあったことから、航空会社や規制当局がどのようにして飛行ルートを安全と判断しているのか、精査が加えられる公算が大きい。1週間前にはマレーシア航空17便が、これも戦乱状態にあるウクライナ東部の上空を飛行中に撃墜され、乗客乗員298人が死亡した。

1日前には台湾の復興航空(トランスアジア航空)の旅客機が墜落して48人が死亡。また、米当局はイスラエル・テルアビブ空港近くにロケット弾が着弾したのを受けて、米航空会社の同空港での発着を禁止した。それ以前にはマレーシア航空370便が消息を絶つというミステリアスな事件が起きており、同機はまだ見つかっていない。

一連の事故(全ては無関係と見られるが、それぞれ特有で異常な状況の中で起きている)を受けて、旅客や規制当局、政府は、全体としては安全性は高まっているにもかかわらず、空の旅の安全に不安を強めている。

航空コンサルティング会社アセンドの安全部門ディレクター、ポール・ヘイズ氏は「突然事故が相次ぐ時があり、人々はその事実に気付く」とし、「だが、何も起きない時期が長期間続いても、人々はそれに気付かない」と話した。

WO-AT126_CRASH_G_20140724121503

航空業界専門家は、一連の事故は全般的な安全の傾向を正しく反映したものではないと見ている。多くの点から見て、過去数年間の安全性は向上している。事故の発生件数と率は過去数年間、世界的に着実に改善されている。

ただ、国際的な安全団体である飛行安全財団(FSF)の傘下にある航空安全ネットワーク(ASN)のデータによると、今年は2010年以来の最悪の年になっている。今年これまでに航空機事故で644人が死亡し、過去3年の水準から急増している。しかし、10年には32件の事故で943人が死亡した。過去10年間の平均は17件、376人だ。

これらの数字は飛行便数の増加を考慮していない。世界全体の飛行100万回当たりの事故率は引き続き改善している。国際航空運送協会(ICAO)の最新の安全報告によれば、12年の同率は3.2、08年は4.8だった。

ヘイズ氏は「3件の事故が同時に起きても安全性に変わりはない」とし、「問題は長期的な傾向だ。航空機の安全性は改善されており、その改善ペースは航空業界の拡大ペースよりも速い」と述べた。

アナリストによると、最近の出来事は安全に関わるシステム上の大きな問題を反映したものではないという。先週のマレーシア機の撃墜は訓練や設備に関係したものではない。アジア太平洋航空協会(AAPA)の安全専門家マーティン・エランタスカー氏は「クルーをどのようにうまく訓練しても、このようなインシデントは防ぎようがない」と話した。

機体喪失を伴う事故は昨年は240万回の飛行で1回の割合で起きた。これは130万回に1回だった09年の水準から改善している。最も安全だったのは12年で、480万回に1回だった。国際航空運送協会(IATA)は、航空機事故は大幅に減少しており、1回のインシデントでも統計がゆがむほどだと指摘した。IATAのタイラー最高経営責任者(CEO)はマレーシア機撃墜のあと、「航空機は依然として安全だ」と述べた。

IATAはアルジェリア機が行方不明になったあとの声明で、航空の世界にとって「本当に痛ましい時期だ」と述べた。

世界の紛争地域では武装勢力によって航空機が狙われているとの不安が、商業航空業界で高まっている。7月初めには、リビア・トリポリ空港の無人のジェット旅客機4機が武装勢力の攻撃で炎上した。またアフガニスタン・カブールの国際空港がアサルトライフルや携帯式ロケット弾を使った反政府組織タリバンの攻撃に遭った。治安部隊は撃退したが、これに先立つ攻撃でアフガン大統領が使うヘリコプターが破壊された。

6月にはパキスタン・カラチの主要空港が攻撃され、28人が死亡し、エミレーツ航空機1機が被害を受けた。

トリポリ、カブール、カラチは西側の旅行者が頻繁に訪れる所ではないが、この3都市はいずれもそれぞれの地域でハブとしての重要な役割を果たしている。3都市には西側からの支援関係者や外交官、請負業者、石油会社の幹部らがひっきりなしに訪れ、国際航空旅行の目的地としての重要性が増しているのだ。

テロリストは以前から商業航空機をターゲットにし、しばしば多くの人が犠牲になり、大きなニュースとなっている。1970年代には一連のハイジャック事件が発生し、88年にはスコットランド・ロッカビー上空で米パンナム機が爆破された。01年9月11日にはテロリストが4機を乗っ取り、うち2機がニューヨークの世界貿易センターに突っ込み、1機がワシントンの国防総省に突入した。残り1機は乗客がテロリストともみ合いとなり、ペンシルベニア州に墜落した。このテロでは3000人近くが死亡した。

航空安全コンサルティング会社グリーン・ライト(ロンドン)のマネジングディレクター、フィリップ・ボーム氏は「航空機はこれまで常にターゲットとなり、これからも常にターゲットになるだろう」と述べた。

参照元 :
ウォールストリートジャーナル





【閲覧注意】マレーシア旅客機がウクライナで撃墜!乗客295人全員死亡 墜落現場は地獄絵図(R18指定)

マレーシア航空機 ウクライナで撃墜か

2014年7月18日 2時28分
 
page

マレーシア航空は、オランダからマレーシアに向かっていた旅客機がウクライナの上空で消息を絶ったと発表し、ロシアのメディアは、旅客機がロシアとの国境に近いウクライナ東部で撃墜されたと伝えています。

マレーシア航空はツイッターで、オランダのアムステルダムを出発し、クアラルンプールに向かっていたマレーシア航空17便が日本時間の17日午後11時15分に消息を絶ったことを明らかにしました。

マレーシア航空によりますと、この旅客機はボーイング777型機で、乗客280人、乗員15人が乗っていたということで、ロシアとの国境からおよそ50キロ離れたウクライナ東部で通信を絶ったとしています。

またロシアのインターファクス通信は17日、ウクライナ内務省の高官の話として、マレーシア航空の旅客機がウクライナ東部ドネツク州の上空で撃墜されたと伝え、乗客乗員全員が死亡したとしています。
 
一方、ウクライナの大統領府によりますと、ポロシェンコ大統領は17日、「ここ数日間でウクライナの軍用機2機が撃墜されたが、マレーシア機が撃墜された可能性は否定できない」と述べたということです。
またロイター通信は、ウクライナ東部のドネツク州で炎上している旅客機とみられる残骸が確認されたと伝えています。
 
マレーシアのナジブ首相はツイッターで「旅客機が墜落したという報告に衝撃を受けている。直ちに調査を始めた」と述べ、対応に乗り出したことを明らかにしました。
 
ロシアの国営テレビは墜落現場とみられる写真を放送し、その中では、マレーシア国旗が描かれた破片や、マレーシア航空のトレードマークである赤と青の塗装がされた飛行機とみられる破片が映し出されています。

政府軍と武装集団の戦闘続く
ウクライナではことし3月、ロシアがクリミアを併合したあと、東部のルガンスク州やドネツク州でも独立を求める動きが相次ぎ、ウクライナの政府軍と、親ロシア派の武装集団との間で戦闘が続いています。
 
戦闘は今月に入って激しさを増し、今月13日には、ロシアとウクライナとの国境地帯で、砲弾がロシア側に着弾して市民1人が死亡し、ロシア政府が抗議していました。
 
その翌日には東部のルガンスク州にあるロシアとの国境近くの町で、兵士ら8人を乗せた軍の輸送機が撃墜され、ウクライナ国防相はロシア側からミサイルが発射された可能性があるとの見方を示していました。
 
また、ウクライナの国家安全保障・国防会議の報道官は16日、ロシア領空を飛行しているロシア機が、ウクライナ領空に向けてミサイルを発射したと発表しましたが、ロシア側は否定していました。

岸田外相「日本人安否確認を指示」
岸田外務大臣は日本時間の18日未明、訪問先のウクライナで記者団に対し、マレーシア航空の旅客機が撃墜されたと報じられたことについて、「報道は承知している。私から事実関係と日本人の安否を至急確認するよう指示を出した」と述べました。
 
そのうえで岸田大臣は、「現在、オランダにある大使館を通じて乗客リストの確認をしているほか、ウクライナにある大使館を通じてウクライナ政府などに情報の提供を求めている。ただ現状では確たる情報には接していない」と述べました。ボーイング777型機とはボーイング777型機は、アメリカのボーイング社が開発した双発のジェット旅客機で、1995年に就航しました。機体の長さはタイプによって63.7メートルから73.9メートルあり、翼の両端の長さは60.9メートルから64.8メートルあります。方向舵や補助翼をデジタル信号で作動させるフライ・バイ・ワイヤと呼ばれるシステムを採用し、機体の姿勢や速度をコンピューターで管理するハイテク機です。
 
エンジンの出力が向上した300型と呼ばれるタイプでは、ジャンボ機に匹敵する500人以上の乗客を運ぶことができ、この他のタイプでは客席数は200席から300席程度となっています。
 
777型機は、就航以来、墜落などの大きな事故はありませんでしたが、去年7月、韓国のアシアナ航空機がアメリカ・サンフランシスコの空港で着陸に失敗して炎上したほか、ことし3月には、マレーシア航空機が南シナ海上空で行方不明となり、インド洋に墜落したとみられていますが、今も機体は見つかっていません。

参照元 : NHKニュース




マレーシア航空機を撃墜したのはウクライナ空軍スホーイ25型機

2014/7/17/21:53
 
RMADP_3_UKRAINE-CRISIS-AIRPLANE

東ウクライナで自ら独立を宣言しているルガンスク人民共和国報道部は「マレーシア航空機ボーイング777を撃墜したのは、ウクライナ空軍の攻撃機Su(スホーイ)25型機である」と伝えた。

ルガンスク人民共和国報道部は、又次のように発表した―

「旅客機ボーイング777の飛行を見守っていた現地の人達は、同機をウクライナ空軍機が攻撃する様を目撃した。攻撃を受けた後、同機は空中で真っ二つになり、ドネツク人民共和国領内に落下した。攻撃後、ウクライナ空軍機は撃墜され、こちらはルガンスク人民共和国領内のクラスヌィ・ルーチ地区に落下した。

現在「撃墜された旅客機」の捜索活動が続けられている。」

参照元 : ロシアの声


閲覧注意!墜落した現場の映像。現場は地獄絵図!遺体だらけ・・・

Scolded bodies lay among smoking debris near the settlement of Grabovo, Donetsk region, Thursday, at the site of a Malaysia Airline plane crash. The Boeing-777 aircraft, flight MH17, was en route from Amsterdam to Kuala Lumpur when it crashed. The plane was reportedly at an altitude of 10,600 (34,700 feet) when ground control lost contact. A number of major airlines, including Virgin, Transaero and Lufthansa have announced that they will re-route all of their flights away from the conflict zone in eastern Ukraine. Ukraine: *VERY GRAPHIC* MH17 crash site- charred bodies lie among burning debris





Malaysia flight MH17 crash site



LiveLeak

ロシアのテロリストが飛行機を撃墜!それを自慢?彼らは290人の民間人を殺害した。それはプーチンを撃墜しようとしているウクライナだったと主張している。

プーチン大統領が乗った飛行機は、ウクライナのミサイルのターゲットになっていたのかもしれない。マレーシア航空ボーイング777型機は、ロシアのプーチン大統領のジェット機と同じルートを飛んでいた。乗客295人、全員を殺害するミサイル攻撃。10100メートルの高さで330mのエシェロンにワルシャワに近接しています。

大統領ジェットは16時21分、モスクワ時間とあった。マレーシア航空機、午後3時44分モスクワ時間。

resized

Russian Terrorists shoot down plane, brag about it, find out they murdered 290 civilians and so then claim it was UKRAINE trying to shoot down PUTIN.

Russian Propaganda...you are so fucking fail.

President Putin's plane might have been the target for Ukrainian missile - sources

Malaysian Airlines MH17 plane was travelling almost 
the same route as Russia’s President Vladimir Putin’s jet shortly before
the crash that killed 295, Interfax news agency reports citing sources.

LIVE
UPDATES:Malaysia Airlines MH17 plane crash in Ukraine

“I can say that Putin’s plane and the Malaysian Boeing
intersected at the same point and the same echelon. That was
close to Warsaw on 330-m echelon at the height of 10,100 meters.
The presidential jet was there at 16:21 Moscow time and the
Malaysian aircraft - 15:44 Moscow time,” a source told the
news agency on condition of anonymity.

"The contours of the aircrafts are similar, linear dimensions
are also very similar, as for the coloring, at a quite remote
distance they are almost identical", the source added.

参照元 : LiveLeak







【関連記事】
マレーシア航空機撃墜"やらせ捏造"まとめ 機搭乗者の遺体が80体足りず

ウクライナ軍のパイロットが、自身が操縦していたスホイ25に搭載された砲でマレーシア機を撃墜した事を認める

ロシア中部・タタルスタン共和国の首都カザニで旅客機が墜落 乗員乗客50人全員死亡

ロシアで旅客機墜落、乗員乗客50人全員死亡

2013.11.18 Mon posted at 09:40 JST

russia-kazan-airplane-crash-map-cnn

(CNN) ロシア中部タタルスタン共和国の首都カザニで17日午後7時25分ごろ、乗員6人、乗客44人を乗せた旅客機が墜落した。非常事態当局の報道担当者は同日、生存者はいないと述べた。ロシア国営RIAノーボスチ通信によると、搭乗者には連邦保安局(FSB)の地方トップや同共和国大統領の息子も含まれていた。

墜落機はタタルスタン航空、モスクワ発カザニ行きのボーイング737型機で、着陸直前に墜落したとみられる。ロシアの州際航空委員会(IAC)が墜落原因の調査を開始し、米国家運輸安全委員会(NTSB)がこれに協力している。

同機は23年前に製造され、これまでに仏エールフランス、ウガンダ航空、ブルガリア航空など少なくとも8社での運航を経ていた。昨年11月にはカザニからモスクワに向けて飛行中、客室の気圧が下がって引き返したとの記録がある。

ロシアでは2011年、旧ソ連時代の旅客機が墜落してプロのアイスホッケーチームのメンバー全員が死亡した事故などを受け、当時大統領だったメドベージェフ首相が抜本的な安全対策の必要性を訴えていた。


ニュース映像▼

人気ブログランキングへ

【アフガニスタン】民間貨物機ボーイング747―400型が墜落&爆発する瞬間映像 「米国人7人死亡」

アフガニスタンで貨物機・ボーイング747―400型が、離陸直後に墜落、米国人7人死亡

アフガニスタンで29日、民間貨物機が墜落し、搭乗していた米国人乗組員7人が全員死亡した。運航会社の米ナショナル・エアラインズによると、首都カブール近郊のバグラム空軍基地からアラブ首長国連邦(UAE)のドバイへ向かう予定のボーイング747―400型が、離陸直後に墜落した。

機内には車両や一般貨物を積んでいて、乗客はいなかった。反政府勢力タリバーンが「航空機を撃墜し、外国人兵士数人を殺害した」との犯行声明を出した。真偽は確認されていない。同航空は中東を中心に、軍や民間の貨物輸送、チャーター旅客機の運航などを請け負っている。

Bagram Airfield Crash 29 APR 2013






人気ブログランキングへ

【衝撃映像】飛行機が着陸に失敗!雪の上で横転

【衝撃映像】カメラは捕えた!! プロペラ機内から撮影した、着陸に失敗して雪の上で横転の一部始終!

2013年3月20日

テレビなどでよく見かける事故の映像。目にするだけでこちらまで手に汗を握ってしまいますよね!

今回ご紹介するのも、そうした類のひとつ。小型プロペラ機が着陸に失敗し、雪の上で横転してしまったショッキングな映像。乗っていた人が携帯で動画撮影していたものだけに、臨場感バツグンです。

一面に雪が広がる大地を見下ろしながら飛ぶ一台のプロペラ機。乗っているのはひと組の家族。運転するのはベテランパイロットだというから、皆、安心して身を任せています。

しかしその後、楽しいフライトが一転して惨事に!

着陸しようと高度を下げていく機体。しかし、雪のせいで着陸が困難なよう。地面に達した途端、ガチャガチャッ、ドスッという音とともに動画の画像は乱れて不明に……! これは横転した模様!!

数秒後、「みんな、大丈夫?」という声とともに、携帯動画も録画再開。しかし機体はひっくりかえっているため携帯画面も上下反対になっています。

なんとか外に出た一同。赤ちゃんはビックリしたのか「あーんあーん」と大泣きしていますが、とりあえず皆、無事だったようでひと安心。しかし、機体は上下真っ逆さまに、おしりのほうはへしゃげています。

これ、一歩間違えば大怪我や死につながっていてもおかしくなかったかも……!! 今回のフライトは家族の誕生日を記念してのものだったそうですが、一家にとってはいろいろな意味で忘れがたい一日となったことでしょう。

参照元:Youtube Jonathan Fielding
参照元 : ロケットニュース24
http://rocketnews24.com/2013/03/20/305610/
 


人気ブログランキングへ

【衝撃映像】メキシコにある活火山の噴火口に謎の飛行物体が墜落!墜落後、火山は噴火を繰り返す!UFOが噴火を誘発したのでは?

【衝撃UFO映像】メキシコの火山にUFOが墜落!? 墜落後火山は噴火を繰り返す

2012年11月3日
 
2012-11-02_141542

世界中で確認されているUFO。これまでの情報のほとんどは目撃情報にすぎなかった。しかし、先日、ついにUFOが地球の自然界に影響を与えてしまったようだ。

なんと、メキシコにある活火山の噴火口に謎の飛行物体が墜落。時を同じくして火山は噴火したのだという。UFOが噴火を誘発したのではないかとささやかれいるのだ。現地ではニュース番組でも放送され、その様子はYoutubeの動画でも確認することができる。

報じられたところによると、現地時間10月25日前後にメキシコの火山に謎の飛行物体が墜落したそうだ。メキシコのメディアTelevisaによると、この火山はブエブラ州にあるポポカテペトル山とのことだ。

ポポカテペトル山は5000メートル級の活火山だ。数年単位で中小規模の噴火を繰り返している。2012年4月より活動が活発化。そして10月のUFO墜落後、1週間にわたり噴火が続いているのだという。その回数は24時間以内に70回以上だと伝えられている。

ちなみにポポカテペトル山の噴火は「人類の終末の予兆である」と一部で信じられているそうだ。しかも、2012年はマヤ文明で人類滅亡すると予言された年だとも言われている。その年にポポカテペトル山の噴火、しかもUFOの墜落とは……。

今回の噴火は、一部では「UFOが噴火を誘発したのではないか」とささやかれている。なお、UFOの墜落シーンの写真は火山活動の観測用カメラにたまたま映りこんでいたものだそうだ。

参照元 : Youtube OaxacaRT



最新記事
Amazon




楽天トラベル


人気ブログランキングへ

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ