地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

南スーダン

自衛隊が駆け付け警護に向かう南スーダンは治安最悪!数百人の女性を監禁強姦するレイプキャンプの実態(R18指定)

数百人の女性を監禁強姦する「レイプキャンプ」、大規模武力衝突…自衛隊が向かう南スーダンのヤバイ実態!

2016.11.19

2016-11-23_073011

政府は今月15日、南スーダンに派遣される自衛隊の部隊に「駆け付け警護」の任務を新たに付与する計画を決定した。菅官房長官は、実際に「駆け付け警護」の任務が実施される可能性について、「現時点で予断を持って申し上げることは控えたい」と述べているものの、自衛隊員がより危険な任務に従事することは間違いないと見られている。

■治安最悪、「レイプキャンプ」がはびこる南スーダン

南スーダンは2011年の分離独立後から、最大民族ディンカ族が中心の政府軍(キール大統領派)と、ヌエル族が中心の反政府勢力(マシャール前副大統領派)との武力闘争に突入。現在に至るまで激化の一途を辿っている。今年3月、国連が南スーダンの現状を分析した報告書は、政府軍兵士や民兵組織が民間人を殺害、略奪・破壊行為などの事実を指摘。

さらには、数千人の少女や女性を拉致し、肉体が壊れるほど繰り返しレイプするという悲惨な現実も発表。数百人の女性を拘束する「レイプキャンプ」と呼ばれる大規模な秘密の監禁施設があり、そこでも強姦がはびこっている恐れがあることが分かった。当然ながら、外務省海外安全HPのスーダン渡航情報によると、南スーダンの危険度は最高のレベル4。「避難してください。渡航はやめてください」との避難勧告が出ている。

▼国連キャンプで繰り返し強姦され、HIVに感染した南スーダンの女性「TIME」より引用

2016-11-23_073121

2011年から国連は、「UNMISS(国際連合南スーダン派遣団)」を派遣。日本政府も「自衛隊南スーダン派遣」を実施し、主に「施設部隊」による道路等のインフラや敷地等、戦闘を伴わない平和維持に努めてきた。しかし、ここにきて自衛隊の活動が大きく変わろうとしている。

▼南スーダン政府軍がキリスト教徒の村落を爆撃「Live Leak」より引用

2016-11-23_073237

▼虐殺された市民「Mashada.com」より引用

2016-11-23_075544

2016-11-23_075614

2016-11-23_075736

今年3月に施行された安全保障関連法に基づいて実施計画が決定した「駆け付け警護」は、PKOに参加する自衛隊が、国連職員や他国部隊、非政府組織(NGO)などから救助要請があった場合、武器を持って現場に向かい救出に当たる任務のことだ。そうしたケースは通常、大勢の暴徒や武装集団が集まる現場が予想される。

■PKO隊員、国際機関職員も殺される首都ジュバのヤバすぎる状況

▼ジュバの難民キャンプ「The Japan Times」より引用

2016-11-23_075822

さらなる懸念要素は、駆け付け警護の任務に就く自衛隊員が派遣される予定の首都ジュバの治安だ。日本政府は「ジュバは現在比較的落ち着いている」としているが、今月14日にまとめられた国連の報告書は、ジュバやその周辺の治安情勢について「不安定な状況が続いている」と指摘。事実、これまでにも大きな戦闘が何度も発生している。

▼ジュバの戦闘で負傷したPKO隊員「Daily Mail」より引用

2016-11-23_075915

2013年にはクーデター未遂事件が勃発。ディンカ族とヌエル族の間で死者500人以上を出した大規模な戦闘に発展した。また、今年7月にも大規模な武力衝突が起こっている。国連平和維持活動(PKO)の隊員を含む300人以上が死亡。中国派遣部隊の隊員2人も死亡し、このほか5人が重軽傷を負った。さらには、救助団体の外国人職員が滞在していた施設も南スーダン兵100人に襲撃され、外国人職員1人が死亡、国際機関職員の女性らは複数の兵士に何度もレイプされたと証言している。このような状況に直面した時、武装した自衛隊員といえども命の保障はどこにも無いのだ。

▼ジュバの難民キャンプ内の様子「VOA News」より引用

2016-11-23_080006

駆け付け警護の任務が付与された部隊は、今月20日から南スーダンに派遣され、来月中旬から首都ジュバとその周辺で活動を開始する。自衛隊員らの無事を願ってやまないが、あまりにもお粗末な駆け付け警護訓練の様子を見る限り、不安は募るばかりだ……。

(編集部)

▼自衛隊の駆け付け警護訓練「YouTube」より引用



参考:「Daily Mail」、「Live Leak」、「TIME」、ほか

参照元 : TOCANA


Sudanese Army Jets Bomb Christian Villages South Sudan.Graphic images of dead children and pregnant women..

The ICC issued an arrest warrant for the president of the islamic Northern Sudan OMAR AL BASHIRE for genocide 2 years ago and he travels freely throughout the islamic states with impunity whilst his army continues to bomb and kill innocent civilians.Where is the no fly zone or the cries of human rights violations.Why??.because its christian farmers being killed Oh and the oils just a bit further north.








PKOで南スーダンに派遣された陸上自衛隊5次隊の宿営地に銃弾が着弾していた事を政府公表せず

PKO陸自宿営地に着弾 南スーダン、政府公表せず

2016年03月30日 03時00分

2016-03-30_100738

国連平和維持活動(PKO)で南スーダンに派遣された陸上自衛隊5次隊の宿営地に2013年12月、銃弾が着弾していたと、陸自福知山駐屯地(京都府福知山市)が展示していることが29日、分かった。

政府はこれまで、非戦闘地域への派遣を名目とするPKOでの自衛隊宿営地への着弾を公表したことはなく、明らかになるのは初めて。安全保障関連法施行で自衛隊の海外任務が拡大するなか、情報開示への政府の姿勢が問われそうだ。

南スーダン5次隊(約400人)に隊員を派遣した福知山駐屯地によると、着弾したのは5・45ミリ弾。駐屯地にある史料館で実弾を展示しており、13年12月16日未明に「日本隊宿営地に着弾」と明記している。

統合幕僚監部報道官室の説明では、同日午前1時すぎ、首都ジュバにある宿営地で複数の自衛隊員が銃声を断続的に聞いた。着弾については「承知していない」といい、同室は「隊員の安全や警備上の問題から、銃声音の公表は差し控えていた」と回答した。

また防衛省は「1992年のカンボジアへの派遣以降、PKO活動での宿営地への着弾は把握していない」としている。

憲法との関係で、自衛隊の海外派遣はこれまでから、「非戦闘地域」といえるかどうかが焦点になってきた。

PKO活動ではなく、イラク特措法によるイラク派遣(2003年〜09年)については、安倍晋三首相が「法令に従って、非戦闘地域であると確定した区域において自衛隊が作業してきた」と答弁してきたものの、宿営地にロケット弾の着弾など10回以上攻撃を受けていたとの陸上幕僚監部の内部文書が、昨年夏に国会の特別委員会に提出された。

陸自は12年から南スーダンPKOに参加、難民キャンプでトイレ作りなどに携わってきた。現在、9次隊約350人が活動する。政府は安保関連法施行を受けて今秋以降、武器使用を想定した新任務を隊員に付与する見通し。

参照元 : 京都新聞




南スーダンの平和維持活動(PKO)部隊の基地が武装勢力から襲撃され、インド陸軍兵士のPKO要員2人が死亡

南スーダンの国連PKO基地を襲撃、インド兵士2人を殺害

2013.12.21 Sat posted at 15:28 JST
 
south-sudan-redugee

(CNN) 軍部隊同士の武力衝突が続くアフリカ南部の南スーダン情勢で、国連は20日、同国東部にある国連の平和維持活動(PKO)部隊の基地が19日、武装勢力の襲撃を受け、インド陸軍兵士のPKO要員2人が殺害されたと報告した。
 
南スーダン担当の国連の報道担当者によると、襲われたのはアコボ基地で、避難していた民間人30人のうちの2人も殺害された。別のPKO要員1人も胸部を負傷した。
 
南スーダンは2011年7月、長期の内戦をへた住民投票の決定でスーダンから分離、独立。アフリカ大陸では最も新しい独立国家となったが、今月15日夕からジュバなどでクーデター騒ぎに関連するとみられる部隊同士の衝突が激化している。同国政府によると、衝突に伴う死者は兵士を含め、これまで数百人規模に達した。
 
同国のキール大統領は、今年7月のマシャル元副大統領解任を含む内閣刷新に反発する元副大統領支持の兵士らによる武装蜂起が原因と主張している。

国連は、キール氏がディンカ族、マシャル氏がヌエル族と出身の民族が異なり、今回の衝突の背景に民族対立があると懸念しているが、南スーダン政府はこれを否定している。
 
南スーダン情勢についてはオバマ米大統領が19日、強い危機感を表明。ケリー米国務長官は20日、南スーダンに特使を派遣し、事態打開の方途を探らせる考えを示した。スーダンと南スーダン担当特使になるのはドナルド・ブース大使で、同日出発する。


南スーダンの東部ボルで現地の米国人を退避させるため空港に着陸しようとした米軍機が銃撃を受け、兵士4人負傷

退避作戦の米軍輸送機に銃撃、兵士4人負傷 南スーダン

2013.12.22 Sun posted at 10:09 JST

map-south-sudan

ワシントン(CNN) 米国防総省によると、南スーダンの東部ボルで21日、現地の米国人を退避させるため空港に着陸しようとした米軍機が銃撃を受け、乗組員4人が負傷した。退避作戦はいったん中止された。
 
ボルの空港には米軍の垂直離着陸機CV22オスプレイ3機が向かっていたが、行き先をウガンダのエンテベに変更した。米アフリカ軍司令部によると、負傷した4人は別の機体でナイロビのケニアへ運ばれて治療を受け、容体は安定している。
 
米政府高官が匿名を条件に語ったところによると、南スーダンには三十数人の米国人が国連スタッフとして滞在している。国防総省は国務省と連携を取りながら代わりの救援手段を検討しているという。
米ホワイトハウスによると、オバマ米大統領はハワイでの休暇に向かう専用機内で説明を受け、国家安全保障チームと対応を協議した。
 
南スーダンではこの1週間、クーデター未遂がきっかけとみられる戦闘が続き、政府によれば数百人規模の死者が出ている。キール大統領は、7月に解任したマシャール前副大統領を支持する兵士らがクーデターを画策したと非難する。
 
ケリー米国務長官は19日に続き、21日にもキール大統領と電話で会談して懸念を表明し、避難民や米国人の安全などについて話し合った。


退避作戦中に4人負傷 南スーダン▼


最新記事
Amazon




楽天トラベル


人気ブログランキングへ

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ