地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

動物

【閲覧注意】猿を食べるコモド・ドラゴン、やばすぎだろ【衝撃映像】

猿を襲い、ほとんど丸呑みしながら食べるコモド・ドラゴン。

2017-12-31_072517

▼猿って、美味いのか?問題の映像はこちら





bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で



米国のNIH=アメリカ国立衛生研究所は動物の胚へのヒト幹細胞の注入に対する一時停止を解除する準備があると声明

米国、ヒトと動物の交配許可米国、ヒトと動物の交配許可

2016年08月10日 22:12

2016-08-11_102602

米国のNIH=アメリカ国立衛生研究所は動物の胚へのヒト幹細胞の注入に対する一時停止を解除する準備があると声明した。サイエンス誌が報じた。

人体から切り離された幹細胞は発達初期段階のねずみの胚へ植えつける可能性は、学者と専門家の不安を引きおこした。彼らは実験は「超頭脳」をもつねずみ出現を引き起こすと考えているからだ。しかしキメラは病気の研究に都合の良いプラットフォームや、移植のための臓器源になる可能性もある。
去年、研究への資金援助は倫理的な問題を検討するため一時停止された。

一方で16年8月4日NIHは、胚へのヒト幹細胞導入実験は、幹細胞の種類や胚での幹細胞のローカル化、また実験がどのように動物の行動と外見を変えるかという要因を考慮においた上で、生物倫理と動物保護の専門家の承認を得た場合、一時停止を解除する用意があると声明した。

参照元 : sputniknews





南米・アルゼンチンの北部で、家畜の奇形動物が多発!遺伝子組み換え作物用の強力な殺虫剤や除草剤が原因か?

透明ブタ、双頭ヤギ、象鼻の仔犬… 南米で多発する奇形動物の原因とは!?=アルゼンチン

2016.05.31

南米・アルゼンチン北部で家畜の奇形が続いている。双頭のヤギ、8本足のブタ、象鼻の仔犬……。ショッキングな写真の数々とともに報告が相次いでいる。

■アルゼンチン北部で報告される先天異常の動物

アルゼンチン北部のパンパ・デ・ロス・グアナコスで養豚業を営むアデレモ・バラデス・バスケッツさんは薄紙のような皮膚の赤ちゃんブタに衝撃を受けたという。あまりにも脆弱なその皮膚は半ば透き通っていて、血管や筋肉、骨格まで丸見えの状態で、残念ながら出産からまもなくして息をひきとったということだ。

2016-06-04_151048

この“透明なブタ”が生まれた場所からほんの数キロ離れた家では、2014年に象のような長い鼻の真っ黒い仔犬が生まれている。映画『ハリー・ポッター』に出てくる妖精キャラクターに似ていることから“ドビー”というニックネームで呼ばれ、ネットに投稿された写真はたちまち多くの人に共有され、地元メディアでも紹介された。

この“ドビー”と同時に生まれた11匹のうち、この姿で生まれたのはドビーだけだったという。オーナーのエデュワードさんは当初、ドビーだけ死産なのかと思ったというが、よく見ると弱々しくも動いているのが確認できたという。そこでエデュワードさんはドビーを母親から引き離して何か飲ませようとしたが、この“象鼻”が障害になってうまく栄養を与えることができなかったということだ。友人もドビーを診てくれたというがその甲斐もなく、残念ながらその後すぐに死んでしまったようである。

2016-06-04_151137

このドビーがきっかけとなり地元でも有名になったエデュワードさんは、近隣の人々から何本かの電話を受け取ったという。何かの悪霊に憑かれているので、ドビーを焼き払うべきであると告げられたというケースでは、単なる迷信にすぎないとしてこの忠告を受け入れなかったエデュワードさんだが、確かにドビーの出現は謎を残したままだ。そんな中、地元メディアでは、この地の農家で多く使われている除草剤による影響を指摘している。

■4本足のヒヨコ、“象ブタ”、双頭のヤギ

エントレ・リオス州のアルデア・サン・ファンでは頭が1つで胴体が2つあるブタが生まれている。頭は1つなのだが、なぜか鼻は2つあり異様さを増している。またその直後に同地域では逆に頭が2つで胴体が1つのウシが誕生している。ちなみに、足は6本あることが確認されている。さらに足が4本のヒヨコも生まれているということだ。

2016-06-04_151237

同じく南米コロンビアのカリブ海地域の都市・リオアチャでは、まるで人間のような顔をした“人面ブタ”が生まれたことが報告され話題になったが、アルゼンチン北部のトゥクマン州では象のような鼻を持ち、目に形態異常がある“象ブタ”(Elephant Piglet)が誕生している。

2016-06-04_151325

農業に従事するユアン・フランシスコ・バスケッツさんは、この異様なブタの赤ちゃんを見つけた時、当然ながらとても驚いたということだ。この“象ブタ”は一緒に生まれた12匹のうちの1匹で、生まれ出てすぐに死んでしまったということだ。まだ報告は続き、同じくトゥクマン州で双頭のヤギが生まれている。足は4本だ。今後もこの地域一帯で奇形の家畜やペットの出現がまだまだ続きそうである。

2016-06-04_151416

■遺伝子組み換え作物用の強力な殺虫剤や除草剤が原因か

前出の“透明なブタ”のオーナー、アデレモ・バラデス・バスケッツさんはこの地には古くから伝わる“アルマムラの伝説”の話をする人々が出てきているという。アルマムラの伝説とは、貞操観念が希薄で近親相姦を重ねる女が罰としてロバにされ、鉄の鎖が足についたまま、奇妙な叫び声をあげながら夜な夜な歩き回っているという話で、一連の奇形動物の誕生はそのたたりではないかと恐れられているというのだ。

バスケッツさんはこのウワサ話を耳にしてはいるものの、やはり農家が使っている殺虫剤や除草剤の影響が大きいのではないかと考えている。「当局に調べてもらいたいですね。地方自治体が調査に乗り出すべきです」とバスケッツさんは英紙「Daily Mail」の記事で語っている。

この地域で主に生産されている農作物は、遺伝子組み換えされた大豆と綿である。もともと殺虫剤や除草剤の耐性微生物の遺伝子が組み込まれている遺伝子組み換え作物の生産には、その農地に強力な殺虫剤や除草剤を大量に使用するわけだが、その中でも特に強力な遺伝子組み換え作物専用の除草剤がこの地域で使われているということだ。EUでは使用が禁止されているこの除草剤を、何を隠そうこのアルゼンチンが世界でもっとも大量に使っているのだ。

地元の小児科医によれば、2008年からこの地域の大豆生産は7倍に膨れ上がっており、それに伴って家畜やペットの奇形が4倍にも増えているということだ。

オランダの養豚業者の報告によれば、費用を抑えるために遺伝子組み換えの大豆のエサを与えたところ、出生時異常が急激に増えたということだ。アルゼンチン環境NGOのディレクターは「アルゼンチンでもほかの地域でも、除草剤が生態系と、動物と人間の健康に影響を及ぼしている証拠はじゅうぶんにあります。(中略)さらに遺伝子組み換え大豆に動物のホルモンと遺伝子の変化を促す決定的な要因があるかもしれません」と語る。この動物たちの奇形の多発が、いつ人間にも及んでくるのかわからないということだろうか。

(文=仲田しんじ)

参考:「Daily Mail」、ほか

参照元 : TOCANA


A goat with two heads, eight-legged pigs and a puppy born with a TRUNK: Shock photos of the mutant beasts with bizarre deformities 'caused by GM pesticides'

・A skinless pig, puppy born with a trunk and two headed calf ・A series of mutated animals have been found in rural northeast Argentina ・Farmers blame harsh chemical Glyphosate for causing the mutations ・Argentina is the world's largest user of the pesticide which faces EU ban

By LISA-MARIA GOERTZ FOR MAILONLINE
PUBLISHED: 11:13 GMT, 23 May 2016 | UPDATED: 02:31 GMT, 30 May 2016

They look like something from a horror movie - a black dog with a mini trunk protruding from its nose. The baby yellow chick with not two but four feet, the spider piglet with one head, two bodies and eight legs, the goat with two heads and the baby pig with skin so wafer thin you can see the muscles and blood flowing around its body.
These are just of a few of the mutant animals found living in Argentina and exactly why is something of a mystery.
Pig farmer Ademaro Valadez Vasquez told how the piglet with the paper skin was born, but died just a few hours later. 'When it was alive you could see the blood flowing around its body, and things moving inside its body,' he said.
Scroll down for video

346A9B1D

Mutant: This mutated puppy was nicknamed 'Dobby' after the house elf from the Harry Potter films as it had a trunk where its nose should be. It was one of 11 in the litter and died within a fortnight of being born

346A9B4900000578-0-image-a-6_1463742979521

Body double: A piglet with two bodiesand eight legs but just one head was also born in Argentina's north-east Entre Rios region

346B669400000578-3600831-image-a-27_1463756200678

Freaky: In a startling case, this mutant goat was born with with two snouts, no eyes, no ears, without a tail and hairless in Las Arrias, Cordoba, Argentina

The piglet with the see through skin was born just a few miles away from the black dog nicknamed 'Dobby' after the house elf from the Harry Potter films.
Pictures of the black freak puppy that has a trunk for a nose went viral in the days after he was born in 2014.
Owner Eduardo Landin said he was shocked when he noticed that one of his new puppies appeared to have a trunk instead of a nose.
Eduardo, 35, said: 'It was kind of similar but also shockingly different to the other puppies, so I realised it was in some way deformed and at first I thought it was dead.
'But then I saw it moving and trying to feed, so I helped it over to the mother and it managed to drink something but it's nose kept getting in the way.'
He said that the deformed puppy was one of a litter of 11 and was the only one that was not normal. He added: 'I was amazed at how quickly word spread and loads of people are coming round to look at the tiny puppy, and take pictures and videos.
'One of the children that came round said it looked like a character from the Harry Potter movie and that's what everyone is calling it in the local media here.
He went on: 'I am worried if there might be something in the air or the soil or water causing this as we only live 15 kilometres (9 miles) away from the village where the last mutant was born that looked like that Potter character. One of the pigs in my litter was normal, but the other was a mutant freak.'' Both the puppy and the piglet were born in or near the village of Pampa de los Guanacos in the Copa area of the Santiago del Estero Province, in northern Argentina.
At the time local media said that the deformation was due to the use of pesticides on farmland in the region although they admitted they had never seen anything similar before.
Eduardo said: 'We have had a few calls from people telling us it's evil and we need to kill it and burn the body. But that's just superstition talking, it is a mutation but it isn't evil.'

346A9B0500000578-0-image-a-7_1463743000443

Two-faced: A two-headed calf was born with six legs in Los Conquistadores after five hours of labour. The vet put the mutation down to nearly formed twins that ended up staying together due to a genetic malformation

346B66DC00000578-3600831-image-a-25_1463754857828

Human-like piglet: In a separate case in the city of Riohacha, a city in the in the northern Caribbean Region of Colombia, a piglet was born looking like a human

346A9B5D00000578-0-image-a-4_1463742877285

Theories: Local media are blaming the deformities on pesticide chemicals sprayed on genetically modified soy beans in the country - while others said the mutations were caused by 'evil spirits'

346B266F00000578-3600831-image-a-9_1463746725803

Outbreak: Researchers say the high incidence of birth defects in north eastern Argentina correlates with increased use of the pesticide glyphosate - which is used on genetically modified soy bean crops And in nearby Aldea San Juan a pig was born with two bodies, and one head but with two snouts joined together.
In the same week a cow with two heads and six legs was born in the same region and a chick hatched with four legs.
In a separate case in the city of Riohacha, a city in the in the northern Caribbean Region of Colombia, a piglet was born looking like a human.
And in yet another bizarre case a piglet was born with a head shaped like an elephant and deformed eyes and no hair.
Born in the northern Province of Tucuman, it was nicknamed the 'Elephant Piglet' because of its small trunk-like 'nose'.
The farmer Juan Francisco Vazquez was surprised to discovered the bizarre birth on their farm. The piglet was reportedly the fourth to be born in a litter of 12 and died soon afterwards – after it's mother bit it to death.

346B66AC00000578-3600831-image-a-23_1463754847160

Seeing double: In the same week a cow with two heads and six legs was born, in the same region and a chick hatched with four legs

346B66C900000578-3600831-image-a-24_1463754853094

Deformed: And in another bizarre case, this animal nicknamed 'Elephant Piglet' was born with a head shaped like an elephant and deformed eyes and no hair and a small, trunk-like 'nose'

He said: 'We had a dozen piglets but the fourth born was badly deformed. Its mother bit into it until it died. That shocked me.
'I am not sure if this was because the mother did not recognise it as her, or because her instincts (knowing that it would not survive) made her do it.'
And in a separate case a goat was born with two snouts, no eyes, no ears, without a tail and hairless. And while at first locals blamed superstitious spirits for the mutations, blame has shifted to the widespread use of the harsh chemical glyphosate which is used as a pesticide.
Mr Vasquez, the farmer with the skinless piglet, said: 'Some superstitious people around here say it was down to the legend of Almamula.
'Local legend says that Almamula was a woman with no morals who committed incest with her brother and father. She was turned into a donkey and now walks around at night making a strange noise, with an iron chain attached to her leg.
'But I think its probably chemicals. I want tests done, the local government should investigate.' Argentina is the world's biggest user of the controversial product, which kills all non-genetically modified (GM) crops.
The country supplies GM soya beans that are fed to animals in the UK, and cotton that is used in the manufacture of everything from T-shirts through to tampons.
EU policy makers are considering banning the harmful chemical which is known to cause serious birth defects in both animals and humans.
Around 12 million Argentines live in regions where soya beans are cultivated, surrounded by the fields where glyphosate is sprayed, which are dubbed 'pueblos fumigados' or sprayed villages, says paediatrician, Dr Medardo Avila Vazquez.
He said the numbers of deformations had quadrupled from in nine years to 2008 as cultivation of soya beans in the province increased seven fold.

346A9B7100000578-0-image-a-3_1463742838691

Spider pig: The mutated piglet was born with eight trotters as part of a litter which also featured a pig born with two mouths. Both animals died

346A9B6D00000578-0-image-a-2_1463742834478

Skinless: This pig was born with skin so paper thin the farmer could see the blood flowing through the pig's veins before the defective animal died a few hours after birth

346A9B6500000578-3600831-image-m-22_1463754790142

Siemese: This goat was born with two head in the village of El Malacara, Argentina but died just minutes later



A Danish farmer who changed his pig feed from non-GM soya to the cheaper GM soya pig feed found the number of birth defects suddenly increased.
He had a piglet born with only one large eye, a second with a hole in its skull, and one with a huge 'elephant tongue' and a female piglet with testicles.
Silvana Bujan, Director of Environmentalist NGO Bios Argentina, told MailOnline: 'There is sufficient scientific evidence in Argentina and the rest of the world that proves with absolute certainty the damage the herbicide does to our eco-system and to the health of humans and animals when used intensively in the production of food.
'There is evidence that the change from pasture goods to genetically-modified soya, as well as the traces in the air, water and grasses that they ingest, could well be one of the decisive factors in the hormonal and genetic changes of the animals.'

参照元 : Dailymail

オーストラリアで超巨大チ〇コを持つカエルが発見

超巨大ペニスを持つカエルが激写される! 位置、色、形… 見事なイチモツに衝撃広がる=豪

2016.05.12

この地球で暮らす生物たちは、それぞれの環境に合わせたさまざまな生殖の方法をとる。 両生類であるカエルは、雌に雄が乗ることで産卵を促し(抱接)、産まれた卵に精子をかけることで受精させる。彼らの糞や尿、卵、そして精子はすべて「総排出腔」と呼ばれる器官から出てくるため、雄のカエルにペニスはないはずだ。しかし、この写真を見てほしい。どこから見てもペニスそのものとしか思えない、不思議な器官を具えたカエルの登場だ。

2016-06-01_193954

写真は、オーストラリア人のフェイスブックユーザーであるキース・リーチさんによって今月4日に公開された。「What the frog(ひっくりカエルほど驚いた)」の一文とともに投稿された3枚の写真からは、カエルの股間からペニスとしか思えないピンク色の器官が飛び出ている様子がハッキリと確認できる。しかも、陰茎と亀頭までしっかり形成されているようだ。カエルが雄か雌かについての言及はないが、体との比率からかなりの巨根の持ち主であることがうかがえる。それにしても一体これは何なのか?

2016-06-01_194051

画像を報じたバイラルメディア「BuzzFeed」オーストラリア版によると、この写真を見た同国の両生類専門家であるゲリー・マランテーリ氏は、このカエルの総排出腔付近の遺伝子に異常が起きた結果ではないかと推測している。このペニスは奇形によって生じた、いわば第3の脚とでもいうべきものであるとのこと。

2016-06-01_194128

それにしても位置、色、形といい見事なペニスとしか例えようがないが……。いずれにしても、写真を投稿した本人しか実物を見ていないため、確かなことは誰にもわからない。まだまだ自然界は神秘に満ちている。

(編集部)

●オマケ:バクのペニスもすごい!



参考:「Keith Leech - Facebook」、「The Daily Mail」、「BuzzFeed」、ほか

参照元 : TOCANA



enhanced-12022-1462937631-10

【仰天ニュース】大きなヒグマと一つ屋根の下で20年間仲良く暮らすロシアの家庭

ロシアの家庭、ヒグマと20年間仲良く生活

japanese.china.org.cn | 30. 05. 2016

d02788e9b6b918b63e700a

大きなヒグマとひとつ屋根の下で暮らすとはどのような感覚だろうか。一般人には想像できないことだろう。イギリスの『デイリー・メール』はこのほど、ロシアの家庭と体重140キロのヒグマの共同生活の物語を伝えた。「ステパン」という名前のこのヒグマは今年23歳で、生後3カ月の時にこの家に来てスベトラーナさん・パンテレエンコさん夫妻と生活するようになった。

「ステパン」は家族の一員であり、畑仕事も手伝い、花の水やりを担当している。一番の好物は練乳で、驚く程の量を食べ、1食で25キロの魚類、野菜、卵を食べる。また、サッカーが大好きで、サッカーをしたり観戦することが一番の楽しみである。

参照元 : 中国網日本語版(チャイナネット)

d02788e9b6b918b63e7001

d02788e9b6b918b63e7002

d02788e9b6b918b63e7003

d02788e9b6b918b63e7004

d02788e9b6b918b63e7005

d02788e9b6b918b63e7007

d02788e9b6b918b63e7008

d02788e9b6b918b63e7009

d02788e9b6b918b63e7006

▼他にもヒグマと暮らすオジサンが居た。




【感動する話】人間のように生きたクマ。人の言葉を理解できて一緒に暮らしたクマの一生。

ヴォイテクは、1963年に動物園で生涯を終えます。20年ほど生きたことになります。幸せだったのかどうかは分かりませんが、兵士たちとは不思議な縁であるし、まるで人間のように生きたクマの一生は不思議なおとぎ話のようです。



野良猫が6匹のフェレットと仲良く過ごす姿が話題に

6匹のフェレットが野良猫を「養子」に?一緒に過ごす愛情ある姿

2015年10月27日10:34

FOREIGN201510271036000364786922019

日本の野良猫が親切なフェレットたちに家族の一員として迎えられた。コマリという名のこの野良猫は街をうろついていた時、今の飼主が家に連れ帰った。飼主の家にはすでに6匹のフェレットを飼っていたが、幸運なコマリちゃんはこの毛がふさふさの仲間たちに全く拒まれることはなかった。現在、彼は毎日フェレットたちと一緒にご飯を食べたり遊んだり、幸せな生活を送っている。人民網が伝えた。(編集JK)

参照元 : 人民網日本語版



FOREIGN201510271036000375055994555

FOREIGN201510271036000375703448943

FOREIGN201510271036000376077074934

FOREIGN201510271036000379769661769

FOREIGN201510271036000383060178384













私はフェレットにゃ!!フェレットと一緒にむくむく成長した子猫がまるでお母さんに

2015/09/22(火) 19:00

5匹のフェレットと一緒に育てられた子猫の成長が早すぎて、まるでお母さんのようだと話題です。


こちらの猫ちゃんは、古都(Komari)という名前の5ヶ月くらいの女の子です。そして、一緒に写っているのは全員男の子で我道(Garo)、義心(Giru)、獅子(Shirasu)、珠丸(Jyumaru)、番長(Banchou) という名前のフェレットのお兄さん達です。

初めは借りてきた猫のように不安な顔で飼い主のイタ坊さん(@garo004giru)をみつめていましたが、最後には母親のような優しい眼差しでフェレットのお兄さんたちを見つめている姿はとても愛らしいですね。

野良猫の古都ちゃんとの出会い

CKKcHfbUYAAklqg

古都ちゃんは元々育児放棄された野良の子猫でした。おうちに来た頃は衰弱しており、獣医さんから「一週間の内にどれだけ食べさせられるかが重要になってくる、でないと助からない」と言われほど、極限の状態だったとのこと。イタ坊さんは猫の事が何もわからない状態で保護したので、猫飼いさんのアドバイスを受けながら「命を助けたい一心」で古都ちゃんを支えたそうです。

フェレットのお兄さん達との初対面

イタ坊さんの必死の看病の甲斐もあり、古都ちゃんはすくすくと大きくなりました。そしてある程度、古都ちゃんが大きくなった時にフェレットのお兄さん達と初対面させたそうです。フェレットは、新入りが入ると自分が上だと教えるために「首根っこを噛み引きずる」という習性があり、古都ちゃんもそれを受けたそうですが「にゃー」と鳴きつつも特に嫌がることもなく、お互い受け入れあったそうです。

CIzxHGOUcAEz9ss

そしてここから、5匹のお兄ちゃん達の妹として、お嬢様のような生活が始まったそうです!

私は猫じゃなくて、フェレット!!

CNLW_HBUcAANtJq

イタ坊さんによると古都ちゃんは、自分をフェレットだと思っているふしが所々あるそうです。例えば・・「ご飯は猫とフェレットのを別々に用意しているのにフェレットのお兄ちゃん達と一緒のご飯しか食べない」や「フェレットのじゃれあいの中で首根っこをかんだりバトルごっこをするのですが、こまりも首根っこを噛んだり守ったり追いかけっこをしてる姿はフェレットのよう」とのことでした。逆に同じ姿の猫には興味を示さず、猫の鳴き声にも無反応とのこと。

また、フェレットのお兄ちゃん達は月に一度は、お風呂に入るそうなんですが水の苦手なはずの猫の古都ちゃんも自分から一緒に入っていくそうです!!

CLsoX0EUEAAnlxb

古都ちゃんは、「お兄ちゃん達(フェレット)が入っているだから私も入らないのはおかしい」と思っているのでしょうね!逆に高いところなどに登って「お兄ちゃん達(フェレット)は登らないの?」ということもあるそうです。

CJD9NZxUEAA8ZoO

高い所が好きな猫の本能までは消えていないようです。お兄ちゃん達(フェレット)からは「めっちゃ飛ぶやん」とか思われているんでしょうね。

猫アレルギーにも負けない深い愛情

古都ちゃんの飼い主のイタ坊さんは、元々猫アレルギーだったそうです。そのため、古都ちゃんはある程度、大きくなったら里親さんを探す予定でした。しかし、古都ちゃんをお世話しているうちに猫アレルギーを克服し、 お兄ちゃん達(フェレット)が大好きだったこともあり、家族に迎えたいと思ったそうです。そんな古都ちゃんには、つい最近、弟となる新入りさんが出来たよう。フェレットの習性である噛みつき攻撃にも古都ちゃんはお姉ちゃんらしくしっかりと強さを見せているとのことです。

お姉ちゃんとして、弟にしっかりと強さを見せていましたね。そんな、お姉ちゃんになった古都ちゃんですが本当はまだまだ子猫。イタ坊さんによると「夜みんな(フェレット)が寝てるときに思う存分甘えさせてあげて、おかげでふみふみペロペロの嵐」だそうです。

CPbkD0wUEAAQdP3

新しい家族も増え、フェレットのような猫を含めて7匹のフェレット達の楽しい生活から目が離せません。

参照元 : ねこナビ

大地震の前兆か!?東京湾にシャチの群れ

大地震前触れか 東京湾にシャチ 関係者も衝撃「聞いたことがない」

2015.05.28
 
lif15052821000012-m3

地震の前兆現象なのか。千葉県富津市沖の東京湾でここ数日、野生のシャチの群れが目撃されている。関係者が「これまで聞いたことがない」と口をそろえる珍現象だ。最も凶暴な海の生き物としても知られるシャチは、なぜ突然現れたのか。専門家は「過去にも大地震が起きる前に海中で生物の異常現象が起きている」と指摘するだけに見過ごせない。

「シャチを含む鯨類は相模湾の沖にはかなりの数が生息しており、コククジラやセミイルカは時折、東京湾までやってくることがある。ただ、シャチは前代未聞だ。エサを追いかけて入ってきてしまったのだろうか」

横浜・八景島シーパラダイスで20年以上にわたり獣医を務める大津大(だい)氏は驚いたようにそう話す。

最初に確認されたのは25日午前10時ごろ。第三管区海上保安本部の巡視艇が、千葉県富津市の金谷(かなや)港西方約6キロの海上で数匹のシャチの群れを見つけた。海上保安本部の担当者によれば「乗組員もこうした光景を見るのは初めて」だという。

翌26日の午前11時ごろにも、ほぼ同じ海域で釣り船の乗務員から「シャチが3〜4頭泳いでいる」と通報があり、27日午後には、フジテレビの取材スタッフが5頭ほどの群れを確認した。

周辺は大型タンカーや漁船などの航路になっており、衝突すれば大惨事になる。海上保安本部は船舶に注意を呼びかけているが、金谷港の関係者は「26日にはシャチのニュースを見た若い女性が2人、港まで様子を見に来ていた」と、その余波を口にする。

実は東日本大震災(マグニチュード9・0)が発生する1週間前の2011年3月4日にもイルカ約50頭が、茨城県鹿嶋市の海岸に打ち上げられたことがあった。

地震の前に確認された海洋生物の異常行動について夕刊フジで「警戒せよ! 生死を分ける地震の基礎知識」を連載する武蔵野学院大の島村英紀特任教授は「未解明なことが多いが」と前置きしつつ、こう説明する。

「海中に住む生物は体内に、われわれが研究用に使用しているものよりはるかに優れた電磁気センターを持っているとされる。ナマズは芦ノ湖ほどの広さの水に乾電池1つ分の電流を流しただけでも、感知するといわれているほどだ。M8級を記録した明治と昭和の2回の三陸地震の前にはイワシの異常な豊漁が記録された。今回、シャチも地震が起こる前に海の底から伝わってくる磁力をセンサーで事前に感知し、東京湾に現れた可能性はある」

次の揺れに対する警鐘と捉えるべきか。

参照元 : ZAKZAK


「今日もいた!」東京湾にシャチ 少なくとも5匹…

2015/05/27 18:43

000051273_640

映像は、27日午後3時ごろの千葉県館山市の沖合の東京湾です。上空からの撮影ですが、少なくとも5頭のシャチが確認できます。同じ方向に向かって水中をスピードを上げて泳ぎ、時折、大きな背びれを水面に浮かび上がらせて水しぶきを上げています。

シャチの群れは、25日から連日、東京湾で目撃されています。富津市から館山市にかけての沖合を泳いでいて、海上保安本部は、シャチが湾内を回遊しているとみて、付近を通る船舶に衝突しないよう注意を呼び掛けています。

参照元 : テレ朝ニュース



CF7Ku7iUoAAq6lW

000051380_640




【関連記事】
北海道・知床で、シャチがクジラを襲う珍しい映像が撮影される

動物園が動物を仕入れる値段 なぜかコアラは0円、ゴリラは8000万円

動物園の動物の仕入れ値 ゴリラは8000万円でコアラは無料

2015.05.25 07:01

277187943_8a7bf21278

動物の値段は、生息数、入手の難易度、輸送の手間などによって決まる。動物輸入卸商の白輪剛史氏がこれまでの経験、取引実績などから「動物の相場」を教えてくれた。あの動物園・水族館のスター、仕入れ値はハウマッチ?

「ライオン=45万円」
アフリカライオンは数が多いため子供の時に輸入すれば輸送代も安く45万円。インドライオンは乱獲で絶滅の危機に瀕しており、希少価値が高い。

「ゾウ=3000万円」
飛行機で運べる程度の重さの個体(4〜5歳)を輸入する。それでも大きすぎて運搬が困難なため、価格の大半を輸送費が占める。

「コアラ=無料」
オーストラリアから借りたり譲り受けたりするので基本的には無料。ただし、ユーカリの葉を頻繁に空輸する必要があるため、エサ代を含めた維持費は1頭あたり年間800万〜1200万円もかかる。

「ゴリラ=8000万円」
生息地域の紛争により個体数が減っており、価格の大半が繁殖やその施設にかかる「ゴリラの保護費用」として使用される。

【注:『動物の値段 満員御礼』(白輪剛史著・角川文庫)をベースに、白輪氏や動物園関係者への取材をもとに価格を記した。取引内容によっては価格が大きく異なることがある。ワシントン条約の規制などで現在は取り引きされていない動物もあるが、過去の取引実績などをもとに記載したケースがある。輸入されることが多い動物については輸送コストを含む。金額は動物の対価として支払われるケースのほか、保護費用など寄付金の名目として支払われるものもある】

※週刊ポスト2015年6月5日号

参照元 : NEWSポストセブン

e0043465_10796

306323168_e7808c6290

2607656157_0c8366f9c5


生物学者のブラッドショー博士「ネコは人間のことを”でかすぎる猫”だと思っている」

実はネコは人を「でかすぎる猫」だと思っているらしい

2015年03月19日 11時06分

1374762764bradshaw-cat_sense

ネコが好きな人もそうではない人もネコは犬と違って、自由気ままでわがままだという印象を持っていることでしょう。でもネコは実はわがままなだけではなく、人間に対してとんでもない勘違いをしている可能性がイギリスのブリストル大学によって発表されました。

生物学者のブラッドショー博士によると、ネコは人間のことを「でかすぎる猫」だと思っているそうです。

その証拠となる行動のひとつが、ネコが飼い主のもとにすりよってきて自分の手で飼い主の体を触るような動作。これは明らかにネコが母親に対して母乳をもらうためにする行動なのだそうです。

同じ行動を飼い主にもするということは、ネコが飼い主のことも「猫」だと思っていることになるのです。

でもこの行動は飼い主への信頼感や愛情に裏付けられているものなので、たとえ「でかすぎる猫」だと思われていても、愛されていることは間違いなさそうですね。

飼い主という定義がまったく伝わらないネコですが、ネコ好きのみなさんはこれからもそんなネコの個性を大切にしてあげてくださいね。

元記事 : Actually Your Cat Thinks You are a Giant Cat

参照元 : アメーバニュース


猫:「こいつ 毛のないデカい猫だな スフィンクスと名付けよう」

猫:「ニャーニャー言ってくる人いますよね。あれ、馬鹿にしか見えませんから」

7a94fe14afe10b6824ba951a9cfb0fe5

人間:「俺はネコを小さすぎるライオンだと思ってる」

夏目漱石:「吾輩は猫である」

ワンコが好きで好きでたまらないニャンコ

ワンコと超仲良しのニャンコ。ワンコが好き過ぎて抱きつく。それを辛抱するワンコ。癒される映像です。

554642_1280x720

Bow-Z remains patient as Jasper gives him hugs a plenty!
For licensing / usage please contact licensing(at)jukinmediadotcom

Cat misses dog after being apart for 10 days




CAT MISSES DOG AFTER BEING APART FOR 10 DAYS

Thursday, March 12, 2015 05:44AM
Here's one of those "awww" moments to help you through the work day: a cat so overcome with emotion at the sight of his best friend after he had been gone for 10 days.

YouTube user joshbouz wrote that the dog, named Bow-Z, remained patient as the cat, Jasper, gave him plenty of hugs.

参照元 : Map My News

貝と氷を間違えて食べてしまったラッコのリアクションが超絶カワイイ

「ファッ!?」貝かと思って氷をガリガリ食べたラッコの表情がたまらん! Twitterユーザーの声「かわいすぎかよ」「んん?」

2015年2月27日 20時0分

051ae_650_6fd591e1_151ce04b

あまりにもかわいいラッコがTwitter上で話題になっています。氷をガリガリとかじった後に見せる表情がたまらんキュートさだといいます。Twitterユーザーからは、「かわいいいいいいい」や「かわいすぎかよ」などの声があがっています。

注目を集めているのは、アメリカのカリフォルニア州にあるモントレーベイ水族館がYouTubeに投稿した “Otter in Ice Cubes:A Monterey Bay Snow Day!” という動画。ラッコのGidgetちゃんが氷をガリガリとかじり、「え、これ貝じゃなくて氷?(笑)」といったような表情をし、その後すぐに寝ちゃう様子が映っています。

この動画を見たTwitterユーザーからは、次のような声があがっています。

「ん? んん?」
「ラッコwww」
「なにこれ可愛い」
「かわいいいいいいい」
「ラッコが氷食ってるだけなのにクソ可愛い」
「ラッコの『ふおぅ??』って顔が可愛いw」
「ハァン……可愛すぎるわ……」
「かわいすぎかよ」
「これはずるい……」
「たまらん表情w」
「最後の表情大好きw」
「いい顔!!」
「かわいすぎて元気でた」

この動画の説明によると、Gidgetちゃんは氷をガリガリとかじって遊んでいるみたい。貝だと思ってガリガリかじったのかどうかは分かりませんが、氷じゃなくて貝だったらきゃわわなスマイルを見せてくれたかもしれませんね♪

参照元 : YouTube / Monterey Bay Aquarium
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

参照元 : Pouch


Watch as sea otter Gidget playfully crunches her way through a pile of ice cubes—and then immediately falls asleep! Ice chips are one of many enrichments we give our otters to keep them healthy and happy.

Otter in Ice Cubes: A Monterey Bay Snow Day!






クマに手を振るとどうなるのか?

人間を襲う凶暴な熊に手を振ってみたら・・・

この動画の熊に安心してはいけません。自然の熊はかなりヤバイので・・・



ネットユーザーの反応

・飼いならされやがってw

・北海道の熊牧場の熊もするよ

・でかすぎてこえええ

・ぷーさんw

・怖すぎ 笑えないよ

・電熱線なのかな。じゃ無きゃ白人って馬鹿な

・みんな丸々としてて可愛いなww

・高カロリーのエサ貰い過ぎて肥えすぎや・・

051a126b


凶暴なイメージのチーター、実は猫みたいになつくらしい

人間になつく野生のチーター。あれ?可愛いじゃんw

1c5bd0f1-s

サバンナ最弱だから、野生でもあまり人間を襲わないという・・・

1b3d91f5

チーターは猛獣のくせに、鳴き声が小鳥みたいで超かわいい。速度にパラ全振りした結果、喧嘩が弱くて狩り成功率50%という高さを誇るのに、ライオンとかハイエナに獲物を横取りされて可哀相・・・

ネコどころか犬並みに人間に懐くチーターの映像w

Woman Feeding Purring Cheetahs



所詮でっかい猫w

ネコは小さなライオン。

ライオンは大きなネコw

お気に入りのぬいぐるみを抱きしめて寝る犬が可愛すぎる

自分が大好きなぬいぐるみを抱いて寝る犬が超絶カワイイ。そんな犬たちの画像を紹介します。お気に入りのぬいぐるみを抱いてると安心するのか、ぐっすり眠ってます。

b8cb444d

64518620

54038439

084364b0

181d418b

29a330e0

18ce83bb

8ec004fd

4cfc818f

0b6492c4

猫がお手手をきちんとたたんで座る「香箱座り」 なぜこんな座り方をするのか?

なぜ猫はお手手をたたんで座るのか

2014/11/29
 
01

猫といえば、お手手をきちんとたたんで座る「香箱座り」が有名です。きれいに胸元にしまわれたお手手、そして丸みを帯びた猫の背中が「香木やお香を入れておくための箱に似ている」ことから、このように呼ばれるようになりました。では、なぜ猫はこんな座り方をするのでしょうか。猫の気持ちを教えます。

■猫特有の座り方

猫はネコ科の動物で、ライオンやトラと同じ科に属しています。体の大きさに違いはありますが、「狩りをする動物である」という点など、共通点もありますよね。しかしこの香箱座りをみせてくれるのは、猫だけなのです。「前足はどうなっているの?」と思ってしまうこの姿は、猫独特のものなのですね。

■リラックス

香箱座りでは、猫は前足を胸元に収納しています。これは、「自分に危機が訪れたときにも、とっさに戦闘態勢に入れない」ということを意味します。狩りをする猫が、自分に危機が訪れるかもしれない状況の中で、このようなしぐさを見せることはありません。香箱座りを見せてくれたら、それは猫が心からリラックスしている証拠だと言えるでしょう。もしも家に迎えて間もない猫が、こんなしぐさを見せてくれるようになったら…家にも飼い主にも慣れてくれたと考えて良さそうですね。

■香箱座りできない猫もいる

香箱座りはリラックスの証拠。それをしない場合、「わが家の猫は、こんな座り方をしてくれない。もしかしてリラックスできていないの?」と気になる方もいるかもしれません。しかし心配することはありません。そもそも香箱座りが苦手な猫もいるのです。中でも、身体が大きめの猫は足を内側に折り曲げることが難しく、香箱座りを見せることはまずありません。その代わりに、前足を前に伸ばすような座り方でリラックスしていることが多いです。またどんな猫でも子猫の時期には、いろいろなものが気になり、好奇心旺盛に動き回りたいものです。まったりと落ち着いて過ごす…なんて行動はまだまだ難しいようで、香箱座りを見せてくれる子はほとんどいません。成長するにしたがって見せてくれることもあるので、諦めずに観察を続けてみてください。

香箱座りは、猫がリラックスしている証拠です。自分の前で猫がこんな姿を見せてくれたら、いとしさがさらにアップしそうですね。

(画像提供元:うだま)

参照元 : マイナビニュース

966e8bfd



ライオンも手をたたんでる

884215cd

トラも手をたたんでたw

42bb77e6-s

ストーブで暖をとるネコが良い顏してると話題に

ストーブの温かさに癒されるネコの顏が超絶カワイイ。

319e12f8-s

内股になっているところがなんとも言えない可愛さです。

B2NeRNQCQAA8NAK

49632130-s

火傷しないか心配です。



おにぎりを食べるスロー・ロリスが可愛すぎる

飼い主から、おにぎりを貰い、それを手で掴む姿が萌え萌え(笑)食べる姿も超可愛い。この映像のスローロリスは、なんと右手にフォークを持ってます。この動物は動きが超スローなことから、この名前が付いたらしい。

インドなど東南アジア地方に生息している。ロリスとはオランダ語で道化者という意味で、丸いクリクリとした目などどこかひょうきんな印象を与える風体をしている。因みにリスの仲間ではなく、猿科の動物。 スローロリスは絶滅の危機に晒されてるらしいけど、なぜか日本のペットショップで購入出来るらしい。

eff5830f

Her name is Kinako. She has teeth and is domestically bred. Kinako was born in a Japanese pet shop.

Slow Loris eating a Rice Ball



a77

スローロリス (学名:Nycticebus、英名:Slow loris) はサル目、曲鼻猿亜目の1種である。バングラデシュ、アッサムからベトナム、マレー半島、ジャワ島、ボルネオ島などに分布。他のスローロリス属の種と同様に、丸い頭で、鼻は濡れており(rhinarium) 、耳は小さく厚い毛に覆われ、顔は平たく、大きな目を持つ。尻尾は退化している。夜行性で樹上生活をする。

一般的に常緑樹林に生息しており、密な林冠の連続した熱帯多雨林に好んで生息する。同サイズの哺乳類と比べて、スローロリスの代謝は極めて遅い。樹液、花蜜、果物、虫を食料とする。 スローロリスは絶滅の危機に晒されており、レッドリストによって危急種に指定されている。

参照元 : wiki


スローロリス、他の動画







体の左右半分が雌雄に分れて赤褐色と黒色の伊勢海老が発見される

イセエビ:赤褐色と黒色、雌雄モザイク…三重・鳥羽で発見

2014年09月25日 19時49分
 
20140926k0000m040043000p_size5

体が雌雄半々に分かれたとみられるイセエビが、三重県鳥羽市の離島・答志島で見つかった。イセエビの人工生産に世界で初めて成功した同県水産研究所によると、「雌雄モザイク」と呼ばれる珍しい現象で、受精卵の遺伝子情報が交錯して伝達されたらしい。

見つけたのは答志島で旅館を経営する中村泰久さん(36)。島でイセエビ漁が解禁された16日から20日にかけ500匹を仕入れ、24日夜に水槽内で裏返っていた1匹を取り出したところ、左が赤褐色、右が黒色に体色が分かれていた。すでに死んでおり、冷凍保存している。足の大半と尾は「共食いされなくなっていた」という。

23年間イセエビの増殖技術の開発に取り組んでいる同県水産研究所の松田浩一・主幹研究員(51)は「大変珍しく、イセエビで目撃するのは2回目」。原因について「受精卵が2分割する段階で雌雄や体色を決める遺伝子情報がいびつな形で伝わったからだ」とし、「かなり高い確率で雌雄モザイクと推定される」と話している。

松田主幹研究員によると、大西洋北部に生息するオマールエビでは100万匹に1匹の確率で出現するという。【林一茂】

参照元 : 毎日新聞


他にもこのような半分色が違う生き物が

1odd-mmm-e1345947245340

362aafa72ad04bce3c42e7ee37e64367_400

hanneko01

BBF3CDBAA5E2A5B6A5A4A5AF

【閲覧注意】ヒットブルが子どもや人間を襲う事件多発

アメリカでピット・ブルが2歳の女児を襲い、母親が犬の耳に噛みついて食いちぎる。女児を襲った犬は、その後安楽死。

c7e1bbc1dc55bf7c85facb5a3c56c397_14534

テキサス州アルビンで3月、近所で飼われていたピット・ブルが2歳の女児マッケンジーちゃんを襲った。 女児の母親チェルシー・キャンプさんは、娘を助けるために必死で抵抗。 まず自分のこぶしを犬の口に押しこみ、次に、犬の耳に噛みついて食いちぎった。 犬は後に安楽死させられたという。

T8JKst9veIfaKbb_a3zfg_28

マッケンジーちゃんは母親の奮闘のおかげで一命を取りとめたが、顔に傷を負った。

参照元 : TheHuffingtonPost.com

しかしなんという悲劇でしょうか。


ピットブルのような闘いを好む犬と小さな子どもを近づけては駄目です。(閲覧注意) 

Are Pitt Bulls just like any other dog?

Pitt Bulls, good or bad? *Graphic*



危険犬種(きけんけんしゅ)は、人や他の動物に危害を加える恐れが高いため、法律または条例によりペットとして飼うことが禁止されているか、飼い方が制限されている犬種である。

口輪と引き紐を装着したアメリカン・ピット・ブル・テリア

220px-Pit_bull_restrained

各国における規制

英国
危険犬種の飼育を規制する法律の代表的な例としては、英国の1991年危険犬種法(Dangerous Dogs Act 1991)が挙げられる。この法律は、下記の4つの犬種について、繁殖、販売、交換等を禁じるとともに(Section 1(2))、例外を除いては所有することも禁じている。また、所有する場合には公の場では口輪を着用し、引き紐を付けることを義務づけている。
 
アメリカン・ピット・ブル・テリア
土佐犬
ドゴ・アルヘンティーノ
フィラ・ブラジレイロ

d5ce8567b090e13e7333c82d58b8d468_14495

日本
犬の飼い方やその規制について明確に規定した法律はない。動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護管理法)においては、特定動物の飼育を規制しているが、イヌは種全体としてもそのうちの一部の犬種としても特定動物に指定されていない。
 
茨城県
一方、各都道府県および市町村においては、条例によって規制している例がある。例えば、茨城県の「茨城県動物の愛護及び管理に関する条例」および施行規則では、以下の要件を満たす犬を「特定犬」として指定している(条例第2条5号)。
 
ア 人に危害を加えるおそれがあるものとして規則で定める犬種に属する犬(条例第2条5項・施行規則第3条)
 
秋田犬
土佐犬
ジャーマン・シェパード
紀州犬
ドーベルマン
グレート・デーン
セント・バーナード
アメリカン・スタッフォードシャー・テリア
 
イ アに規定する犬以外の犬で、その体高及び体長が人に危害を加えるおそれがあるものとして規則で定める基準に該当するもの(施行規則第3条2項)
 
体高60cm以上、かつ体長70cm以上の犬
 
ウ ア及びイに規定する犬以外の犬で、人に危害を加えるおそれがあると認め、知事が指定したもの
そして、同条例で特定犬を飼う際には、以下の項目を遵守することが義務づけれられている。
 
出入口などの見やすい箇所に「特定犬」と書かれた標識(シール)を掲示すること(条例第9条・施行規則第10条)檻の中で飼うこと(条例第2条6号・第5条)

参照元 : 
wikiペディア

研究者「チェルノブイリと福島での事故による生物学的影響は似ている」 福島第一原発周辺で、突然変異で生まれた植物や動物が見つかる

福島第一原発周辺で遺伝子レベルで突然変異が起こった植物や動物が見つかる

2014年8月16日 13:15
 
676579852

福島第一原子力発電所の周辺で、遺伝子レベルで突然変異が起こった植物や動物が見つかった。福島県では、放射能に汚染された地域で育つ稲の防御遺伝子が活性化され、DNA複製に作用し、異変が起こったという。

日本全土に分布するヤマトシジミ(蝶)の体長は著しく減少した。また死亡率も高まり、発育異常もみられるようになった。「ガゼータ・ルー」が伝えた。

福島に巣をつくっているツバメの形態異常も増加している。研究者たちは、チェルノブイリと福島での事故による生物学的影響は似ているとの見解を示している。

参照元 : ロシアの声





【関連記事】
東日本大震災の発生から2年半 高放射線量地域で生物に異変!奇形が疑われるツバメや魚、蝶や毛虫

【閲覧注意】チェルノブイリ原発事故・1986の真実 「突然変異によって生まれてきた人間」

最新記事






楽天トラベル



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ