地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

人食い

【閲覧注意】クマが人間を襲い、噛み殺される映像が怖すぎる(R18指定)

インドで悲劇が・・・・ 農民がクマに襲われ、顏を食われて死亡。クマは射殺されたが、男性は助からなかった。映像にはショッキングな内容が含まれます。心臓の弱い方や18歳未満の視聴はご遠慮ください。

ffffffff

閲覧グロ注意

Courtesy - Public TV

A wild bear was shot dead by police on Monday after it killed a farmer and grievously injured another person at a farm near Madhugiri, a police official said. "We had to shoot the bear dead when it tried to attack other villagers of Chilanahalli as firing gun shots in the air failed to drive
it away from the field where it killed farmer Somanna, 36, and grievously injured Thimmanna, 55, earlier in the day," Tumakuru police superintendent Raman Gupta told IANS.

The shocking incident occurred about 70km from here and 140km from Bengaluru when the victim (Somanna) went to his farm where the 12-year-old bear was hiding in the paddy field. The bear killed Somanna on the spot. "The bear appears to have strayed into the farm from the adjacent sanctuary in search of food. The wild animal also attacked Thimmanna when he rushed into the paddy field on hearing Somanna screaming for help," Gupta recalled.

By the time police personnel and forest guards reached the spot to rescue Thimmanna and retrieve Somanna's body, the furious bear had already eaten his right leg and a portion of thigh.
"As hundreds of people gathered around the violent bear and hurled stones at it, the wild animal turned furious and tried to pounce on some of them. When the bear did not relent, our men fired at it on the advice of the deputy conservator of forests (N.V. Amarnath) and killed it to save the villagers from attacked," Gupta added.

The forest department gave Rs.2 lakh compensation to the victim's family. Thimmanna was rushed to a state-run hospital here for treatment.

Bear kills farmer in India **Graphic**




クマ射殺後の映像。襲われた農民男性は無残な姿に.... 他にも数名の農民がクマに襲われ死亡した。映像には、他にもクマに襲われた犠牲者の遺体が・・・

A bear attack left one man dead and another severely injured in the Madhugiri region of India on Monday. Local farmer Somanna, 45, was attacked by the bear as he was collecting aloe vera in the forest. 

The victim is believed to have attempted to scare the bear off by wielding a machete, before the bear attacked him and gnawed at his body for hours. Somanna's cries drew a crowd who threw stones to try and scare the bear away, before the animal then charged at them, injuring another villager, 55-year-old Thimmaiah, in the process. Police shot the bear dead once they arrived at the scene. 

Wildlife experts from the area say the hours-long attack is unusual as bears normally flee after attacking humans.

India: Bear MAULS villager in hours-long attack *GRAPHIC*



海水浴シーズン前に警告 日本海の人食いサメに注意

日本海のサメが怖い夏の行楽シーズン

2014年06月28日 11時00分
 
blog_import_502896c89c42f

海水浴シーズンを前に怖い話だ。6月9日、愛知県豊橋市の海岸水深1メートルの浅瀬でサーフィンをしていた男性(43)がサメに左腕を噛まれ、30針を縫う全治1週間程度の大けがを負った。「じっとしていた方がいい」と冷静に判断したおかげで、腕の肉を食いちぎられずに済んだようだ。

「幸い男性が救急救命士であったことや、厚さ3ミリのウェットスーツを着ていたことから大事に至りませんでした。サメの種類はわかっていませんが、頭は人間の顔ぐらいの大きさだったと証言していることから体長は1〜2メートルほどと推定されています」(地元紙記者)

専門家によると、日本の海はいつサメが出現してもおかしくないというくらい多いらしい。
 
「日本周辺には季節問わず100種類以上のサメがいます。そのうち“人食い鮫”といわれるものは『ジョーズ』のモデルになったホオジロザメやイタチザメ、オオメジロザメなどです。サメは泳いでいる人や波間にプカプカ浮かんでいる人を襲う傾向があり、浅瀬にも侵入することから、たとえ海水浴場でも注意するに越したことはありません」(海洋ジャーナリスト)

海水浴の場合、何を注意すればよいのか。
 
「サメは血や体液の匂いに敏感であることから、出血していたり、生理中の女性は海に入らないようにした方がよいでしょう。また、海面でむやみにバシャバシャすると、サメには弱ったアザラシに見えて噛みつかれることも。実際に襲撃されたのは一人でいる場合です。人が多ければサメは近づきませんし、サメの侵入に気づき助けてもらえる可能性も高くなります。もし襲われた場合は、弱点である鼻をつかんで攻撃をかわすしかないですね」(同)

珍しい出来事だとしても、気を付けたいものだ。

参照元 :
週刊実話

gw_mouth

F1000321

オーストラリアで12歳の少年がワニに襲われて行方不明  当局が体長2メートル以上のワニを見かけた場合は射殺するよう命令

ワニに襲われ少年行方不明、一帯に射殺命令 豪州

2014.01.28 Tue posted at 11:09 JST

saltwater-crocodile

(CNN) オーストラリア北部準州のカカドゥ国立公園で、12歳の少年がワニに襲われて行方不明になっている。当局が27日に明らかにした。 警察によると、カカドゥ国立公園内の沼で泳いでいた子ども5人のグループが26日午後、イリエワニに襲われた。

15歳の少年は両腕を噛まれながらワニと格闘して逃れたが、ワニは次に12歳の少年に襲いかかり、そのまま泳ぎ去ったという。 警察や公園当局がヘリコプターや船を使って一帯の捜索を続けているが、少年は見つかっていない。警察は27日夕、「時間がたつほど少年を見つけられる可能性は小さくなる」と語った。

最初に襲われた少年の傷から推定すると、ワニは体長2.5〜3メートル。それよりも大なワニが、獲物を横取りしようとこのワニを襲った可能性もあるという。 当局は、この一帯で体長2メートル以上のワニを見かけた場合は射殺するよう命令を出した。27日にかけて体長4.3メートルと4.7メートルのワニが射殺されたが、いずれも胃の中から人体の部位は見つからなかった。

地元メディアの報道によると、この地域では昨年1月にも10代の子どもが体長5メートルのワニに襲われたことから、遊泳に対する警戒を呼びかけていた。今の時期は季節的な洪水が発生するため特に危険が大きいという。

参照元 :
CNN.CO.JP



最新記事






楽天トラベル




人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ