地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

人類滅亡

月が地球に落ちてくる可能性が浮上!?

【ガチ科学】月が地球に落ちてくることが判明!「逆ジャイアント・インパクト」で人類滅亡が確定か!?

2017.02.08

2017-02-14_002726

日々、地球は天体衝突の危険をくぐり抜けている。人類がこうして繁栄していること自体、ほとんど奇跡といっても過言ではないだろう。しかし、その幸運も永遠には続きそうにない。なんと、最新の研究で「月が地球に向かって落ちてくる可能性」があると分かったのだ!

■月が地球に落ちてくる可能性が浮上

月の誕生にかんする現在最も有力な「ジャイアント・インパクト説」では、原子地球に小天体が衝突したことで、月が形成されたといわれる。地球から生まれたともいえる月が、45億年の時を経て再び地球へ舞い戻ろうとしている。

しかし、これまで月は毎年3.8cmずつ地球から遠ざかっていると言われていたではないか? 一体どんな理由で地球に衝突するというのだろうか? 米経済誌「フォーブズ」(1月31日付)が驚愕の真相を伝えている。

2017-02-14_003329

アイダホ大学の天文学者ジェイソン・バーンズ氏によると、いずれ月が地球と衝突する可能性は間違いなくあるという。地球の自転周期が徐々にゆるやかになり、月の公転周期と合致するようになると、地球の引力が月を引きつけるようになるそうだ。

「最終的に、月は内向きのらせん軌道を描いて地球に近づきます。そして運動エネルギーを撒き散らしながら、地球と衝突するのです」(バーンズ氏)

なんということだろう! これまで「惑星ニビル」から巨大隕石まで地球との衝突が専門家により声高に叫ばれてきたが、月までもが衝突してくるとは夢にも思わなかった事態だ。月の質量は地球の10分の1、直径は3474kmほどであるが、恐竜を絶滅に追いやった隕石でさえ10〜15kmほどだと言われている。それの200倍以上もの大きさの月が衝突したら、人類滅亡どころの話ではないだろう。

■月の衝突時期は?

2017-02-14_002857

昨年12月、米ホワイトハウスが隕石衝突に関する公文書「地球近傍天体予防のための国家戦略」を公開し、天体衝突に本気で取り組み始めたことをお伝えしたが、現在の技術力では小惑星の検知すらままならず、衝突天体の軌道変更プランも実現には程遠い。民間レベルでも、宇宙国家「アスガルディア」の建設目的の1つに地球近傍天体衝突防止が掲げられているが、相手が月となっては、もはや対策を練ることさえ無駄に感じる絶望的な状況だ。

とはいえ、今すぐ衝突が現実になるものではないようだ。バーンズ氏によると、なんと月が地球との衝突軌道に入るのは「65億年後」だというのだ! よく知られているように、55億年後には太陽がエネルギーを使い果たし赤色巨星となり、地球上の生物は死滅する。つまり、実質的には月が地球に衝突する頃までに、人類は地球上から姿を消している。

ひとまず安心であるが、小惑星が地球に衝突する危険性は常にあることだけは忘れてはならないだろう。

(編集部)

参考:「Forbes」、「EWAO」、ほか

参照元 : TOCANA


Earth And Moon May Be On Long-Term Collision Course

JAN 31, 2017 @ 10:53 PM

For now, our anomalously large Moon is spinning away from us at a variable rate of 3.8 centimeters per year. But, in fact, the Earth and Moon may be on a very long-term collision course --- one that incredibly some 65 billion years from now, could result in a catastrophic lunar inspiral.

“The final end-state of tidal evolution in the Earth-Moon system will indeed be the inspiral of the Moon and its subsequent collision and accretion onto Earth,” Jason Barnes, a planetary scientist at the University of Idaho, told me

We can't be sure, yet, though, whether or not the Earth-Moon system would survive the Sun's Red Giant Phase, says Barnes. That is, when some six billion years from now our Sun runs out of nuclear fuel; its core becomes a burned-out remnant white dwarf; and, its outer layers expand outward beyond Earth orbit.

2017-02-14_003538

An aircraft passes the moon over Frankfurt, Germany, Friday, Jan. 20, 2017.(AP Photo/Michael Probst)

Although there is much disagreement on the timing of such a lunar endgame inspiral, most theorists do agree on the timing of the Moon’s formation. While there are alternative ideas about the Moon’s formation and/or capture in Earth orbit, most theorists think that some 4.5 billion years ago, our Moon formed from the coalescence of matter ejected after a Mars-sized impactor slammed head-on into our nascent Earth.

And it’s been receding from Earth ever since.

This recession is due to tidal friction caused by the effects of the Moon's gravitational tides on the Earth, Barnes told me. In fact, the rate at which the Moon recedes is a function of Earth’s rotation and the dissipation of tidal energy in Earth's oceans, says Barnes. This happens primarily in shallow seas of 100 meters or less, he says.

As a result, the timing of the Moon’s ongoing recession is hard to precisely predict . That’s because, as Barnes points out, the Earth goes through glacial and interglacial cycles, causing the area of shallow seas to change as sea level rises and falls.

And over longer geologic time, Earth’s tectonic plates also rearrange themselves, which changes the amount of tidal dissipation and thus the rate of the Moon’s recession.

Researchers can put a precise figure on the current rate of recession as a result of retro reflector experiments the Apollo missions left on the lunar surface.

2017-02-14_003754

“We bounce lasers off of these and other retro reflectors on the Soviet Lunokhod rovers to measure the distance to the Moon precisely,” said Barnes. “Using these, we've directly measured how fast the Moon is receding.”

However, Barnes says eventually the Earth's rotation will keep slowing until it's the same as the Moon's orbital period. At that point, the Moon will stop moving outward, he says. Assuming the Earth-Moon system has not been swallowed by a Red Giant Sun by that point, any remaining solar tides would soon sap energy from the Earth-Moon system. And the Moon would start creeping inwards, towards Earth.

“Eventually, it would get so close that it would spiral inward, dissipating its orbital kinetic energy in a spectacular collision and merger with the Earth,” said Barnes.

Could our future progeny geo-engineer their way around such a crash?

With the Sun having been a remnant white dwarf for tens of billions of years, the Earth would be frozen solid and would have been that way for billions of years, says Barnes.

“But if there were someone hanging out here in a heated dome or something, the energy released in the merging would re-melt the Earth into a magma ocean,” said Barnes.

Follow me on Facebook, Twitter and Google +. And like my 'Distant Wanderers' exoplanet Facebook page.

参照元 : forbes

教皇フランシスコが神と会話か!? 教皇「第三次世界大戦勃発、世界の終わりと神の到来」

ローマ教皇が「神と会話する瞬間」が目撃されていた! 第三次世界大戦勃発、我々が生きているうちに人類滅亡か!?

2016.12.08

2016-12-12_182538

ローマ教皇フランシスコが“神”と会話する決定的瞬間が目撃されたという驚愕のニュースが飛び込んできた。「世界の終わりと神の到来が近づいている」、「第三次世界大戦が勃発した」など、これまでの教皇の発言が実は「神の御言葉」だった可能性も浮上している。

■「教皇フランシスコは神と会話していた」ベネディクト16世

英紙「Daily Mail」(12月5日付)によると、2013年に生前退位した前教皇(現名誉教皇)ベネディクト16世が、先月英語訳が出版された自伝「Last Testament: In His Own Words(遺言:自分の言葉で)」で、教皇フランシスコが“神”と会話する瞬間を目撃したと暴露したという。「キリストの代理人(Vicarius Christ)」とも呼ばれるローマ教皇とはいえ、神と会話することなどできるのだろうか? ベネディクト16世は教皇フランシスコについて次のように語っている。

「彼がコンクラーヴェ(教皇選挙)で教皇に選出されるとは誰も思っていませんでしたし、私自身も彼が選ばれたと聞いた時、誰のことかはっきりとは分かりませんでした。しかし、彼が信徒や“神”と話す姿を見て、彼が教皇の座に就いたことに私は大変満足し、幸福を感じました」(ベネディクト16世)

▼教皇フランシスコ(左)、ベネディクト16世(右)「Daily Mail」より引用

2016-12-12_182605

ここで言及されている神は、もちろん大文字の「God(唯一神)」のことである。かつて、モーセをはじめキリストやムハンマドなど多くの預言者らに言葉を託してきた世界の創造者と教皇フランシスコが会話していたとハッキリと書かれているのだ。前教皇であるベネディクト16世が言うのだから間違いはないと思うが、これが事実であるならば、これまで教皇フランシスコの口から飛び出した多くの予言の数々が実は預言(神の御言葉)であった可能性が浮上する。

■教皇「第三次世界大戦勃発」、「世界の終わりと神の到来」

2016-12-12_182713

トカナでもお伝えしてきた通り、教皇フランシスコからは時々ゾッとするような発言が飛び出すことがある。たとえば、今年7月には「第三次世界大戦が勃発した」と唐突に語り、世界中に衝撃が走った。

「真実を言うことを恐れてはいけません。世界は戦争状態にあります。世界の平和は失われてしまったのです」(教皇フランシスコ)
「世界大戦は、これまでにも1914年と1939~45年にかけてありました。そして、3つ目の世界大戦が起こっているのです」(同)
「はっきり申し上げましょう。私が言っている戦争は宗教戦争ではありません。利害・富・天然資源・人々の支配を巡る“本物の戦争”のことです」(同)

ポピュリズムに侵されたイタリアの国民投票、イギリスのEU離脱、フランス・オランダ・オーストリアでの極右政党の台頭、国家主義を煽るフィリピンのドゥテルテ大統領や、アメリカのトランプ次期大統領の出現など、ナショナリズムが世界を席巻する現在、教皇の言葉はまるで世界の行く末を予見していたかのように響く。

教皇フランシスコが語っていたのは最終戦争の勃発だけではない。海外メディア「YourNewsWire.com」によると、昨年11月、「世界の終末」と「神の到来」についても言及、戦争、飢饉、宇宙的なカタストロフなど聖書に書かれている「終末」の前兆と現代が一致していると発言していたというのだ。教皇は『ルカ書』を引用しながら、終末の状況を語っている。

「終末においては、太陽が真っ黒になり、月が輝きを失い、星々が天空から転げ落ち、天体が揺り動かされるでしょう」

2016-12-12_182808

恐ろしいことに、先月6日にはNASAが太陽に巨大な黒点を観測。これが『ルカ書』が警告していた事態だとは明言できないが、太陽系や宇宙全体に何かしらの異常が起きつつあることは確かなことだろう。ここ最近、ロシアで多くの隕石落下が目撃されているのも気になるところだ。しかし、終末において重要なことは世界の破滅ではなく、「到来した神」と出会うことであると教皇フランシスコは強調する。

「我々の最終目的は神の再来を目の当たりにすることです。最も重要なことは終末の時期を知ることではなく、その時がいつ来てもいいように備えておくことです。我々はこの時代に生きるよう神がお呼びになったのです。いつでも神の面前に立てるよう準備を怠らないで下さい」

2016-12-12_183002

なんと、我々が生きているこの時代に、神が到来する可能性があるというのだ! もちろん『聖書』には終末や神の到来の時期は明記されていないが、神と会話する教皇フランシスコが今このタイミングで発言したことには大きな意味があるだろう。もし、彼がキリストの代理人として神の御言葉を代弁しているのだとしたら、彼は今後の神の予定を語っていることを意味する。

最終的な判断は読者に委ねる他ないが、ブルガリアの国家機密に指定されていた盲目の女性預言者ババ・ヴァンガが「2025年のEU完全崩壊」を予言、理論物理学者スティーブン・ホーキング博士も「100年以内に人類は滅亡する」と語っている危機的状況にある現代において、教皇フランシスコの言葉は我々に重くのしかかってくるのではないか。カトリック信徒やキリスト教徒でなくても、教皇の言葉に耳を傾ける価値は十分あるだろう。

(編集部)

参考:「Daily Mail」、「YourNewsWire.com」、ほか

参照元 : TOCANA


Pope Benedict reveals he 'was unsure' about Francis succeeding him until seeing 'how he spoke with God'

PUBLISHED: 13:05 GMT, 5 December 2016 | UPDATED: 15:46 GMT, 5 December 2016

Pope Benedict has said he was not entirely happy when he heard the name of his successor but was reassured after he 'saw how he spoke with God'. The German-born pontiff, who was the first Pope in 600 years to step down from the office as head of the Roman Catholic Church, said Jorge Mario Bergoglio, the Archbishop of Buenos Aires, had been something of an unknown quantity. He said: 'No one expected him. When I first heard his name, I was unsure. But when I saw how he spoke with God and with people, I truly was content. And happy.' He says of Pope Francis: 'He embodies holiness, and is a man of a man of God.'

1D6672F900000578-4001316-image-a-13_1480939575280

Benedict (pictured, left) was the first Pope since 1415 to abdicate while head of the Vatican. He said he was initially unsure when his successor - who became Pope Francis (right) - was chosen



Pope Benedict - who, as Cardinal Ratzinger, was well known within the Vatican as Prefect of the Congregation for the Doctrine of the Faith, before he was elected Pope in 2005 - has published an English version of his autobiography, Last Testament: In His Own Words. AOL report that in the book he talks about his childhood in Nazi Germany, about trying to clean up sexual abuse by Catholic clerics, and the so-called Vatileaks case, in which his butler leaked letters that alleged corruption in the Vatican. He also talks about his decision to step down due to ill health, the first since Pope Gregory XII quit in 1415.



The book is the result of a series of interviews the former Pope gave to German journalist Peter Seewald. Benedict told Mr Seewald he was a 'news junkie' who had been 'glued to the television to see who won' when his successor was chosen in 2013. He said he ignored a call from Archbishop Bergoglio, not realising that he was the man who had just been chosen during the papal conclave.

Benedict says in his book: 'What did touch me, though, was that even before going out onto the loggia, he tried to phone me.' Benedict, now 89, is blind in his left eye and cannot walk without assistance. The Daily Beast reported that at one point Mr Seewald asked him if he would see his 90th birthday and Benedict replied: 'Hopefully not.' Mr Seewald told the German newspaper Die Zeit: 'I don't want to say he is tired of life, but that he has simply given all he's got to give.' Benedict retired after only eight years as Pope but he says in the book: 'I don't see myself as a failure. For eight years, I did my service.'



参照元 : Daily Mail

ドゥームズデイ(最後の審判)、なんとその日は今月末の7月29日?ポールシフトと“最後の審判”が同時に起こる

【悲報】7月29日に人類滅亡! 元NASA科学者も懸念「ポールシフトと最後の審判」で無数の星が地球に落下?

2016.07.21

時折ネット上を駆けめぐっては憶測が膨れ上がり、世間を騒がせるのが――ドゥームズデイ(最後の審判)――の具体的な日時だ。そしてまた最近、地球を破滅に追い込むドゥームズデイが新たに設定された。なんとその日は今月末の7月29日である。

■ポールシフトと“最後の審判”が同時に起こる

この件について、英紙「Metro」などでは、今年のクリスマスはプレゼントの出費を気にしなくていいと、EU離脱を前に倹約ムードのイギリス人の財布の紐を緩ませるようなメッセージを発している。なぜクリスマスの出費を気にしなくていいのか? それはもう、今年の年末はクリスマスどころの話ではないからだという。

2016-07-24_184206

どんな年末を迎えるというのか? そして何が原因なのか? それは、7月29日に地球の北極と南極がグルリと入れ替わる究極のポールシフトである“地磁気逆転”が起こるからなのだ。

今年1月にトカナの記事で紹介したように元NASAの科学者を中心にして、今年の6月から8月の間にポールシフトが発生する可能性が示唆されている。地球の長い歴史の中ではこの地磁気逆転はたびたび起きており、今回起こるとすれば44万年ぶりのことになるということだ。

ひとたび地磁気が逆転すれば、地球環境と気象の激変により地球上の生物の70%が死滅するともいわれている。一説によればすでに今年に入ってから軽微なポールシフトははじまっているという。それが近々、一気に完遂する日が訪れるというのである。

そして先ごろ、YouTubeチャンネル「End Times Prophecies」から、その日がこの7月29日であるという主張がなされたのである。同チャンネルは預言者ダニエルが記したとされる『ダニエル書』の解釈で、今年7月29日がその日であることを導き出したということだ。しかし『旧約聖書』の中のひとつである『ダニエル書』とポールシフトに何の関係があるのか? 実はポールシフトとは聖書における“最後の審判”のことであるというのだ。

2016-07-24_184255

『ダニエル書』に登場する4匹の獣

■アルマゲドンが勃発して人類は滅亡へ

実はこの話には元ネタがあったようだ。同じくYouTubeチャンネルの「Armageddon News」が2013年にアップした動画で、「ポールシフト=最後の審判」説が展開されていたのである。



「最後の審判のためにキリストが再び現れることと同時に、ポールシフトと地球規模の大地震が発生することについて検証する動画です」という冒頭の解説からはじまるこの動画は、コンピュータグラフィクスで“その日”がどういう日になるのか、順を追って説明している。事のはじまりはドラマチックだ。

「キリストが再臨したその日、ポールシフトが起こる。その結果、破滅的な地震が地球規模で発生し、太陽は黒い幕で覆われたように真っ黒になり、月は血のような赤に染まる。木の実が落ちるように無数の星が地球に落ちてきて、大地震で山と島がズレて移動する」

まさにこの世の終わりを演出するに相応しい幕開けではじまるのだが、その後は世界各地の火山が一斉に噴火を起こし火山ガスが地球全体を包むという。

そしていよいよキリストが空に姿を現し、敬虔なクリスチャンたちを天に救い上げる(携挙、Rapture)のである。こうしてクリスチャンを救った後に世界最終戦争、アルマゲドンが勃発して人類は滅亡へ向けて突き進むのだ。

ここから先は基本的に“キリスト教原理主義”の終末論が説明されていくのだが、特徴的なのはイスラム諸国を誇張し過ぎるくらい明確に反キリスト勢力に据えている点かもしれない。

2016-07-24_184402

はたしてこの地球は本当にあと数日でポールシフトに端を発する“世界の終わり”に突入していくのか。ポールシフトには対処のしようもないが、せめて地震に対する備えだけでも今一度確認しておきたいところだ。 (文=仲田しんじ)

参考:「Mirror」、「Metro」ほか

参照元 : TOCANA




最新記事
Amazon




楽天トラベル


人気ブログランキングへ

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ