地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

中国共産党

中国の産科医が新生児の人身売買に関与!産まれたての赤ちゃんの両親に対し、伝染病に感染してるので養育放棄するよう嘘をつき、遺体処理費まで要求

産科医が新生児を売買 後ろ盾に政府

2013年08月10日
 
p8103

【新唐人2013年8月10日付ニュース】近日、中国陝西省の産科医が新生児の人身売買に関与していた事が明らかになりました。中国メディアによると、この産科医は7年前から子供の売買を行っていた可能性があるとのことです。中国では子供の人身売買が後を絶たず、アナリストは道徳の喪失と政府による庇護が主な原因であると指摘しています。
 
陝西省富平県の母子保健院の産科副主任・張素霞は、今年7月16日に生まれたばかりの男の嬰児の両親に、嬰児が母体から伝染病に感染したため、養育を放棄するよう迫り、さらに遺体処理費まで要求。その後この産科医は嬰児を売り飛ばしました。
 
嬰児の母親はその後、伝染病に感染していない事が分かり、通報。8月4日、嬰児は河南省安陽市内黄県の村で発見されました。4つの省で次々と人手に渡り、最後に6万元の高値で売られたそうです。嬰児はすでに富平県に戻され、DNA鑑定の結果を待っています。
 
陝西省富平県公安局
「電話取材は一切受け付けません。この件については聞かないで下さい。我々はこの件を担当していません」
 
この事件が公になった後、さらに6件の類似案件についての通報があり、最も時間が経過しているものは2006年に発生していました。
 
陝西テレビ局元編集者 馬暁明さん
「政府が最も大きな保護の傘です。病院、警察、裁判所、メディアなどをすべて政府が管理し、厳しく封鎖しています。この様なことが7年も続いて、今になって暴露されましたが、政府の保護と被害者に対する抑圧と大きな関係があります」
 
中国では毎年、およそ20万人の子供が行方不明になっていますが、戻ってきた実例は、わずか0.1%です。
 
陝西テレビ局元編集者 馬暁明さん
「道徳の喪失が主な原因です。昔は医師を白衣の天使だと思っていましたが、今や自分の職務の便宜を利用し、職権を利用して、この様な事をやっています。社会の悪事と犯罪がどこまできているか分かるでしょう」
今回の嬰児人身売買に関与した6人のうち、現在4人が刑事拘留され、2人が居住監視をされています。

新唐人テレビがお伝えしました。

(中国語)(翻訳/赤平 編集/坂本 ナレーター/村上 映像編集/工)

参照元 : 新唐人テレビ



中国・湖南省湘郷市で15歳の少年が飲酒運転の車にひかれ、重傷!加害者が中共の有力者の親戚だった為、警察は加害者側の証拠隠滅に協力 ⇒ 少年は手当が遅れ死亡

警察が事故加害者に加担 被害者少年死なす

2013年08月13日
 
p8153

【新唐人2013年08月13付ニュース】先日、中国湖南省湘郷市(しょうきょうし)で15歳の少年が飲酒運転の車にひかれ、重傷を負いました。現場に駆けつけた交通警察は、加害者が有力者の身内であったため、加害者の証拠隠滅に協力し、少年をプラスチックの編み袋に詰め、霊柩車に乗せ連れ去ろうとしました。少年は手当が遅れ死亡しました。一方、地元当局は事故の目撃者など数十人を逮捕しました。
 
8月3日夜、湘郷市花坪(かへい)鎮に住む15歳の肖意博(しょう いはく)さんが車にひかれました。証拠隠滅をはかった加害者と交通警察が少年をプラスチックの編み袋に入れ、連れ去ろうとしました。幸い村の住民や少年の家族に発見され、阻止されると、交通警察は少年を入れた編み袋を直接車上から投げ捨てました。この光景を目撃した百人以上の民衆が激怒し、警察を取り囲みました。
 
少年の家族は正義を求めるため、道の中央に遺体を安置し抗議。多くの人々が声援に駆けつけたものの、当局により解散。ウェブ上に事件の真相を公開した少年の身内は指名手配されています。
 
少年の母親はRFAラジオ・フリー・アジアに対し、加害者が第17期中国共産党中央政治局常務委員で党内序列8位の賀国強(がこくきょう)の親戚であるため、強力な後ろ盾がついていると話しています。また、当局は35万元、日本円でおよそ560万円の賠償金で話をつけようと、少年の父親に暴力でサインを強要。ほかの家族も事件を口外しないよう脅迫されています。
 
少年の従兄・肖敏(しょうびん)さんがミニブログで公表した情報はすべて削除され、“交通警察がちゃんと処理してくれました。政府に感謝します、家族全員満足です。”という怪しい文章に書き換えられています。
 
唐荊陵(とうけいりょう)弁護士は、これらの人権を侵害した法の執行者が責任を問われることはないと話します。
 
唐荊陵弁護士
「政府各部門の職員が下層の警察を利用し、犯罪を行います。これらの犯罪の交換条件として、下層は上層の庇護が得られます。さもなければ、このシステムは運行できません。社会の安定維持は犯罪に頼って行われているからです」
 
唐弁護士は、今回の交通事故は、一旦官僚の利益にかかわると、人権侵害の案件に変わり、中国ではすでに普遍的な事になっていると述べています。
 
新唐人テレビがお伝えしました。
(翻訳/赤平 編集/坂本 ナレーター/佐藤 映像編集/工)



人気ブログランキングへ

中国・上海で液体アンモニアが漏れ出し15人が死亡!市民が環境保護部門に刺激臭がすると通報 ⇒ 煙幕弾の演習をしているアルよ

上海で液体アンモニア漏出 15人死亡

2013年09月02日

CI0003

【新唐人2013年9月2日付ニュース】8月31日、上海で液体アンモニアが漏れ出し、15人が死亡する事故が発生しました。事故発生の2時間前、ある市民が環境保護部門に刺激臭がすると通報したものの、“煙幕弾の演習をしている”との答えが返ってきたそうです。
 
31日午前11時、上海市北部の宝山(ほうさん)区にある海産物を扱う会社の保管庫から液体アンモニアが漏れ出す事故が発生しました。宝山区政府の公式ミニブログ(微博)によると、すでに15人が死亡し、25人が負傷しています。
 
上海市宝山区豊翔路宏爾物流会社 従業員
「もちろん心配です。大勢が亡くなったんだから。この種の事故は再発してはいけません。これは安全上の問題です」
 
地元住民によると、午前8時過ぎ、近隣の複数の団地の住民やネットユーザーらが、強烈な刺激臭で目やのどに痛みを感じることから、化学物質の漏洩ではないかと地元新聞“新民晩報”に伝えたそうです。これに対し、環境部門が答えを出したのはそれから2時間後でした。
 
上海環境保護ホットライン
「確かに住民から異常なにおいがすると通報がありました。初歩的な調査の結果、関連部門が煙幕弾の演習をやっていたのが原因です」
 
しかし、事故は1時間後についに発生し、数十人が死傷する大惨劇となりました。地元当局は事故原因は調査中であると発表。一方、環境監察部門はいわゆる煙幕弾演習をしたのはどの部門なのかについては口を閉ざしています。事故の原因は依然としてなぞのままです。
 
新唐人テレビがお伝えしました。
(翻訳/坂本 ナレーター/村上 映像編集/工)

ソース : 新唐人テレビ
http://jp.ntdtv.com/news/8351/%E4%B8%8A%E6%B5%B7%E3%81%A7%E6%B6%B2%E4%BD%93%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%82%A2%E6%BC%8F%E5%87%BA+%EF%BC%91%EF%BC%95%E4%BA%BA%E6%AD%BB%E4%BA%A1





人気ブログランキングへ

中国で言論弾圧強化!1200万人以上のファンを持つ中国のネット有名人・薛蛮子さんが警察に連行される

言論弾圧強化 ネット有名人次々逮捕

2013年09月01日

6c46c5b4-08e4-42ff-8868-c67c5c3b9c90_n

【新唐人2013年9月1日付ニュース】1200万人以上のファンを持つ中国のネット有名人・薛蛮子さんが先日、警察に連行されたと伝えられ、ネット上で討論が巻き起こっています。政府批判など大胆な発言で知られる薛蛮子さんは、今回“買春容疑”で逮捕され、中央テレビ局などの官製メディアに大々的に批判されています。これ以前にも、多くのネット上の有名人が当局に逮捕されています。人々は、当局のこの行動は実は異見者攻撃であると考えています。
 
8月25日、北京市公安局の公式ミニブログが、“23日、市民からの通報を受け、朝陽区警察が買春行為を行った薛氏とその相手の女性を逮捕し、行政拘留している”と発表。
 
その後、逮捕されたのはミニブログの有名人・薛蛮子さんであることがあきらかになりました。

中国ブログ作家 劉逸明さん
「なぜ薛蛮子さんがこの様な罪名で逮捕されたのか、薛蛮子さんはいつもウェブ上で政府を批判する。大胆な発言をしているため、政府に目をつけられています。政府に陥れられた可能性が高いです」
 
薛蛮子さんが逮捕された8月23日、中央テレビはニュース番組で、ミニブログ上のいわゆる“大有名人“を痛烈に批判しました。薛蛮子さんの事件後は、さらに大々的な批判を行っています。
 
メディア関係者の丁来峰(ちょうらいほう)さんはミニブログで疑問を投げかけています。“一人の億万長者が買春の為につかまり、そのうえ中央テレビ局などすべての国家クラスのメディアに報道されることなど、いまだかつて前例のない事だ。これは可能だろうか”
 
山東省民主活動家 張恩広さん
「彼らは異見者を攻撃したいのです。主に当局を批判し、異なる見解を持つ者、彼ら(当局)の利益に影響を及ぼす者に対し、様々な方法を採っています」
 
最近、ネット有名人“秦火火”さんや“立二折四”さん、ネット上で汚職腐敗を検挙した「新快報」記者・劉虎さん、スキャンダルを暴露した周禄宝さんなども逮捕されました。
 
中国ブログ作家・劉逸明さんは、今の状況からすると、これからもネットで活躍している有名人らが、様々な名目で逮捕される可能性があると見ています。
 
新唐人テレビがお伝えしました。


人気ブログランキングへ

中国共産党の 『臓器狩り、臓器売買』 国連人権理事会で暴露

中共の臓器狩り 国連人権理事会で暴露

2012年09月30日

【新唐人2012年10月1日付ニュース】国連人権理事会第21回会合の開催期間中、多くの国の代表者は中国の政局、王立軍、薄煕来および谷開来の政治スキャンダルなどにずっと注目していたと示しました。同時に、これらの案件の背後にある中国当局による「ファルンゴン学習者からの臓器狩り」の罪悪は、会合に出席した代表者らに衝撃を与えました。この話題については先日、国連において何度もふれられており、露出度も上がり続けています。
 
9月18日、大紀元時報総編集長・郭君さんは国際教育発展組織(IED)の首席代表パーカー博士と共に、ジュネーブで開かれた国連人権理事会会合において、100人以上の各国代表と国際非政府間組織(NGO)代表者らに向け、中国共産党の臓器狩りの罪悪を暴露し、真相を明らかにするよう求めました。その後の数日、この問題は多くの代表者の間で話題となりました。
 
先日裁判を終えたばかりの“王立軍事件”により、多くの代表者は、王立軍、薄煕来、谷開来らの事件は、中国政府が表面上行った裁判のように簡単なものではなく、「事件の中にさらに事件がある」との見方を示しました。また、中国共産党政局の核心はファルンゴン事件と関係し、薄煕来事件は生きたファルンゴン学習者からの臓器摘出および死体売買などに関係していると意識するようになりました。
 
「大紀元時報」総編集長 郭君さん
「これは国連の正式な場で、生きた法輪功学習者からの臓器摘出の告発に関する初めての討論です。多くの国の代表者が第21回国連人権理事会で、この案件が明るみに出たことを非常に喜び議論しました。当日会合に参加できなかった国の代表者も国連のウェブサイト上で、その日の私の発言を探し、録画を確認しています」
 
郭(かく)さんによると、多くの国の代表者は、将来この問題への手助けができることを望んでいたそうです。
 
「大紀元時報」総編集長 郭君さん
「一部国の代表は非常に関心を持ち、帰国後に研究したいので、もっと多くの資料がほしい。どのようにさらなる行動を採るべきか研究したいと言いました。また米国がこのことについて、さらに一歩進んだ行動を採ることを望む代表もおり、彼らも米国と共に行動を起こせることを期待していました」
 
一方、郭さんはこのことを喜ぶと同時に、重く感じたと話します。大紀元が中国共産党による生きたファルンゴン学習者からの臓器摘出を初めて伝えたのは、2006年。しかし、国連に告発を提出できたのはそれから6年後だったからです。
 
「大紀元時報」総編集長 郭君さん
「長すぎる道のりです。このような犯罪は人類の歴史上起きたことのない惨劇で、全ての人の尊厳に挑戦しています。今回の我々の発言後、中共代表団は直ちに否定し、嘘をつき続けています。その罪悪の本質は中共の犯したジェノサイドです。だから、中共は国家権力を使ってこのことを隠ぺいしているのです」
 
多くの国の代表者は、国連と国際社会が中国に入り本件を調査し、関係する犯人を法により裁くことを共に推進したいと示しました。郭さんは、このようなことを耳にしたすべての人が、この罪悪を終わらせるために、自分は何ができるのかを考えてほしいと述べます。
 
9月12日、米国下院の外交問題委員会の“中国共産党による、生きたファルンゴン学習者からの臓器強制摘出について”の公聴会で、米国「臓器の強制摘出に反対する医師会」のスポークスマンDamon noto(デーモン・ノト)氏は、国会の決議を通し、中国共産党が囚人や政治犯(自分の良心に従い法に従わない人)の身体から強制的に臓器を摘出することに対し厳しく非難するよう提案しました。
 
フリーライター 朱欣欣さん
「多くの人はこの事について賛否を明らかにしませんが、完全に信じていないというわけではありません。はっきりと理解していないので、どうすべきか分からないのです。国際的に権威のある人権組織がこの問題を調査することは非常に良いことだと思います。もっと早くからそうすべきでした」
 
朱さんは、もし中国共産党が外部からの調査を阻止すれば、この事が真実であることを証明してしまうと指摘します。反対に自らの無実を証明したければ、積極的に調査に協力しなければならない。当局はどちらかを必ず選択しなければならないと示します。
 
「明慧(ミンフイ)ネット」によると、9月20日、温家宝首相が政府代表団を引き連れ、ブリュッセルで開かれたEUとの首脳会議に出席した際、欧州のファルンゴン学習者らは会場近くのプラール広場で横断幕を広げ、中国共産党によるファルンゴンに対する迫害停止を求めました。
 
広場でファルンゴン学習者らは穏やかな音楽に合わせて集団煉功を行いました。彼らは中国のファルンゴン学習者の救援を望んでおり、その努力は多くの人々からも支持を得ました。
 
新唐人テレビがお伝えしました。

ソース : 新唐人テレビhttp://jp.ntdtv.com/news/2814/%E4%B8%AD%E5%85%B1%E3%81%AE%E8%87%93%E5%99%A8%E7%8B%A9%E3%82%8A+%E5%9B%BD%E9%80%A3%E4%BA%BA%E6%A8%A9%E7%90%86%E4%BA%8B%E4%BC%9A%E3%81%A7%E6%9A%B4%E9%9C%B2
(中国語)
http://www.ntdtv.com/xtr/gb/2012/09/26/atext770188.html

(翻訳/赤平 編集/坂本 ナレーター/佐藤 映像編集/工)



人気ブログランキングへ

最新記事






楽天トラベル



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ