地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

中国人

明治神宮の鳥居などで油のような液体 中国人の女2人に逮捕状

明治神宮で“液体”事件 中国人女2人に逮捕状

2017/04/13 18:43

2017-04-13_204147

明治神宮の鳥居などで油のような液体がまかれた事件で、警視庁は中国人の女2人に対して逮捕状を取りました。

捜査関係者によりますと、今月4日に明治神宮で油のような液体をかけられた跡が見つかった事件で、警視庁は中国人の40代の女2人に対し、建造物損壊の疑いで逮捕状を取りました。2人はすでに出国しているとみられ、警視庁は2人を指名手配しています。

参照元 : テレ朝ニュース



2017-04-13_204158

2017-04-13_204208

2017-04-13_204217




外国人が国保悪用!複数の医療関係者は「悪用されているのは国民健康保険だけではない。明るみに出ているのは氷山の一角だ」と指摘

国保悪用の外国人急増も…発覚は氷山の一角

2017.1.6 09:40

2017-01-07_083357

日本の公的医療保険制度が外国人に悪用されている問題について、複数の医療関係者は「悪用されているのは国民健康保険だけではない。明るみに出ているのは氷山の一角だ」と指摘する。「医療ツーリズム」の進展により、日本で医療を受ける外国人の増大が今後も見込まれる中、医療機関以外も含めた関係機関の連携や、ビザを発行する水際での対策が必要となりそうだ。

中国語で「肝炎」「ハーボニー(C型肝炎の治療薬)」「日本」などのキーワードを打ち込むと、「安価で治療が受けられる医療機関を紹介する」などとうたったブローカーのサイトがいくつも出てくるという。ある医療関係者は「外国の資産家は米国で医療を受ける。通常の医療はアジアの近隣国で受ける。日本は医療保険のおかげで先進医療が安く受けられるため、そこが狙われている」と話す。

例えば12週間の投与で9割以上の治癒率を誇る「ハーボニー」は、1錠約5万5千円と高額だ。12週の薬剤費だけで470万円ほどかかるが、国の肝炎医療費助成制度を使えば患者の自己負担は月1万〜2万円となる。

また、医療保険加入者の約3割を占める「協会けんぽ」(中小企業の従業員らが加入)でも、悪用が横行していると指摘されている。

協会けんぽでの審査は事業所のある日本年金機構の各年金事務所が行い、支払いなどの運営は全国健康保険協会が担っている。海外にいる外国人も条件を満たせば扶養親族として健康保険に入れることができるため、医療関係者は「中小企業で働く中国人らが、故郷にいる親を扶養家族にした上で日本で治療させる例が多い」と打ち明ける。

ただ、こうした事例は、発覚しているもの以外にも相当数あるとみられている。中国では親子であっても名字が異なることが多い上、「中国国内で親子関係の証明書も偽造できる」(医療関係者)ため、不正を証明することが困難だからだ。

さらに、日本の医療機関にとっても、自費診療で高額な治療費が回収できない事態になるよりは、保険料から確実に回収できる方が望ましいという事情がある。

小規模な医療機関などでは被保険者の資格を詳しく調べることは難しく、「仮に受診を断ったとしても、患者は別の医療機関に行くだけ」(同)という。

参照元 : 産経新聞






【衝撃映像】大雪で航空機が相次いで欠航となった北海道の新千歳空港で100人あまりの中国人がブチ切れて大騒ぎ!

中国人100人が抗議し騒動 新千歳空港

2016/12/26(月) 12:55配信

2016-12-26_195319

22日からの大雪で航空機が相次いで欠航となった北海道の新千歳空港で、24日夜、100人あまりの中国人が抗議し激しく詰め寄る騒ぎがあった。

新千歳空港などによると24日午後8時頃、新千歳空港国際線の搭乗口前で乗る予定だった便が欠航したことを受け、中国人100人あまりが抗議する騒ぎがあったという。このうち数人が搭乗口のゲートを勝手に越えた上、制止しようと駆けつけた警察官に激しく詰め寄った。

この騒ぎで搭乗手続きを担当していた空港の女性スタッフが、乗客に押し倒されるなどしたが、けがはなかったという。

参照元 : 日本テレビ系(NNN)



2016-12-26_195337

2016-12-26_195352

2016-12-26_195403





CIA機密文書で明らかに!超・エスパー中国人の存在を暴露!中国は30年前から超能力を国家ぐるみで研究していた

CIAが「超・エスパー中国人」の存在を暴露! 中国は30年前から「超能力」を国家ぐるみで研究していた!

2016.12.09

この度、機密指定が解除されたCIA(米中央情報局)の文書によって、30年以上前に中国が国家ぐるみで「超能力者」を研究していたという驚愕の事実が判明。複数の“本物”の能力者が存在していたことも暴露されたというのだ!

■CIA機密文書で明らかになった“スーパー超能力中国人”

CIA(米中央情報局)の元機密文書「Chronology of Recent Interest in Exceptional Functions of The Human Body in the People’s Republic of China(中国における人体の例外的機能に対する近年の関心についての年表)」は、70〜80年代に中国で大規模に行われていた“超能力”や“サイコキネシス”の本格的研究をまとめたもので、複数の中国人被験者とその能力の概要が全5ページに渡って詳細に記述されている。概要はおおよそ次の通りだ。

2016-12-12_180658

1979年、中国の主要科学ジャーナル「Ziran Zachi(ネイチャー・ジャーナル)」が“非―視覚的パターン認知”に関する研究論文を掲載。その中で数多くの人体の例外的機能が認められたため、「ネイチャー・ジャーナル」誌の監督のもと、非公式組織が超能力を研究するようになる。80年代に入ると、「ネイチャー・ジャーナル」誌と「中国人体科学協会(Chinese Human Body Science Association)」が、「超心理学(Parapsychology)」の学会発表を上海で実施するなど、遠隔視、テレパシー、サイコキネシス、予知能力を対象とした研究が活発に行われるようになり、一時は100を超える研究センターが組織されたそうだ。

2016-12-12_180734

興味深い研究成果は早くも82年4月に報告されている。北京師範大学の中国共産党国立科学委員会が、超心理学肯定派・否定派の共同トライアルを実施したところ、ほぼ全ての実験結果が否定されたものの、2、3人の被験者は本物の“超能力者”として認定されたというのだ。その1人が当時24歳のZhan Baosheng(張寶勝)氏だ。

「中国身体科学ジャーナル(Chinese Journal of Somatic Science)」(1990年8月)によると、Zhan氏は、物体を触れずに動かすサイコキネシスにおいて抜群の能力を発揮したという。一例では、密閉された木製の箱(120cm×180cm×60cm)に入っている数枚の紙と板を一切箱に触れることなく動かし、箱の扉を開閉する様子が観察されている。また、Zhan氏は、錠剤やペーパークリップなど小さな無機物だけでなく、生きた昆虫まで遠隔操作することができたそうだ。

海外メディア「Collective Science」(11月11日付)によると、今回機密指定が解除された文書以外でも超能力の研究成果はいくつも報告されており、なんと精神を集中するだけで植物の種の成長を促進することができる女性まで存在するというのだ。

2016-12-12_180810

2000年に「アメリカ中国医学ジャーナル」に掲載された論文によると、気功の使い手Chulin Sun氏は精神をコントロールすることで、通常は3、4日かかる植物の発芽と成長を20分に短縮するという驚愕の離れ業をやってのけたという。さらに、彼女の能力は世界中のあらゆる大学や研究施設でも披露され、論文が執筆された当時でさえ、すでに180回も成功していたというから驚きだ。まるで時間を操っているかのような彼女の離れ業に科学者らも困惑するばかりであったという。

この他にも、超能力の研究は世界各地で行われ、一定の成果が報告されているそうだが、今日に至るまで科学のメインストリームからは無視され、世間的にも“似非科学”あるいは単なるトリックや虚偽として嘲笑の的になるばかりである。しかし、科学の歴史を紐解けば、現在では常識となっている事柄が、かつては非合理的だとされ非難されてきた例はいくらでもある。たとえば、現在では物理学の中心的理論となっているニュートンの「万有引力の法則」でさえ、物体が直接触れることなしに影響し合うという、ある種サイコキネシス的な面があったことから、ニュートンと同時期に微積分法を発明した天才学者ゴットフリート・ライプニッツは、重力理論は非合理的だとして棄却している。

このように当時の天才学者でさえ、時代の常識に囚われ真実を見逃してしまうことがある。もしかしたら、100年後にはZhang氏やChulin氏が持つ超能力が常識になっているかもしれない。驚くなかれ、現代科学には超能力を受容するだけの素地がすでに準備されつつあるのだ。

■量子論で明らかになる超能力の可能性

2016-12-12_180857

量子論の世界では、最も基本的な思考原理である矛盾律(AがB、かつ非Bであることはない)が通用しない状態である「量子の重ね合わせ」が長らく世界中の科学者を悩ませてきた。有名な「二重スリット実験」では、2つのスリット(細長い穴)を通った電子が壁に衝突して作る痕跡をもとに電子が波なのか粒子なのか確定されるはずだったが、観察者がいない場合、電子は波の性質に見られる干渉縞を作り、観察者がいる場合、粒子に見られる痕跡を残すという “非科学的な”事態が生じたことで大問題となる。つまり、電子は「波であり、波じゃない」、「粒子であり、粒子じゃない」という矛盾する性質を抱えていることが判明したのだ。

ここで問題となるのは何より「観察者」の存在だろう。物理的世界に直接の影響力を持ちそうもない「観察」という“意識的な”行為が、どういうわけか量子レベルでは大きな影響力を持ってしまっているのである。このことを量子論の生みの親であるマックス・プランクは、「意識は物質よりも根源的で、物質は意識の派生物に過ぎない」と驚きを持って受け入れ、ノーベル物理学者を受賞した理論物理学者ユージン・ウィグナーも「意識に言及することなしに、量子論の法則を定式化することは不可能だった」と語っている。

このように、量子レベルにおいては“意識”という非物質的存在が、物質世界でも重要な役割を担っている。そう考えると、サイコキネシスなど、超能力者の意識が物質世界に影響を及ぼす現象があっても全くおかしくないのだ。また、超心理学の世界では9.11などのショッキングな事件が起こった際、我々“一般人”の集合意識が乱数器の出力の偏りを生み出すともいわれている。ゆえに、これは超能力者に限った話でなく、我々の意識は日常の至るところで物質世界に量子的作用を及ぼしているということをつけ加えておこう。量子論はまだまだのびしろがある比較的新しい研究分野である。今後の研究次第では意識と物質世界の関係や、超能力が解明される日が来るかもしれない。

(編集部)

参考:「CIA」、「Collective Evolution」、ほか

参照元 : TOCANA


CIA DOCUMENT CONFIRMS REALITY OF HUMANS WITH ‘SPECIAL ABILITIES’ ABLE TO DO ‘IMPOSSIBLE’ THINGS

ARJUN WALIANOVEMBER 11, 2016

2016-12-12_181247

Cases of mind influencing matter have been reported throughout history and across many cultures, more specifically in regard to ‘supernormal’ abilities which include telepathy, psychokinesis, and other phenomena that lie within the realms of parapsychology. This is evident in ancient literature, from the Vedic texts and the yoga sutras, to Jesus, Moses, Milarepa, Mohammed and more.

Modern day evidence is suggesting that these abilities are much more than folklore.

Fast forward to today and scientists have been exploring the mind/matter relationship for more than a century. We have established that consciousness, or factors associated with consciousness, do in fact have observable effects on what we call the physical, material world, albeit very small effects.

It’s important to note that these effects aren’t always seen by the observable eye, but they are known at the quantum level.

If you want to learn more about that, a great place to start is with Dean Radin, the Chief scientist at the Institute of Noetic Sciences.

The most commonly used experiment to illustrate the connection between consciousness and our physical reality is the quantum double slit experiment, which shows that observation “not only disturbs what has to be measured, they produce it.” (source)

At the end of the day, our pioneering physicists, as Max Planck (he originated quantum theory) said, regard consciousness as “fundamental” and matter as “derivative from consciousness.”

Eugene Wigner, a physicist and mathematician sat that “it was not possible to formulate the laws of quantum mechanics in a fully consistent way without reference to consciousness.” (source)

You can read more about that topic in a little more detail here.

The CIA Document

The document is titled “Chronology of Recent Interest in Exceptional Functions of The Human Body in the People’s Republic of China.” In the document, it outlines the Chinese governments’ interest in parapsychology (remote viewing, telepathy, psychokinesis, etc). The US government also openly had, and probably still does, an interest in parapsychology which is most evident within their Stargate program.

That program lasted more than two decades before the public became aware of it.

Here is another one titled “Research into Paranormal Ability To Break Through Spatial Barriers.” that touches upon the same thing. This is elaborated on later in the article.

This particular document, which was declassified through a Freedom of Information Act request (FOIA), outlines specific people with very special abilities and how they’ve been studied by thousands of scientists and governments around the world for a very long time.

The document is on the CIA website, but only seems to be accessible from the Internet Archives, a San Francisco–based nonprofit digital library with the stated mission of “universal access to all knowledge.”

These facts were also outlined in a declassified US Air Force report on teleportation, which was made available through the Federation of American Scientists.

Below is a brief outline of the document:

In 1979, a major Chinese science journal, Ziran Zachi (Nature Journal), carried a report on “non-visual pattern recognition” in which numerous accounts of exceptional human body function were confirmed. As a result, an unofficial preliminary organization to study this type of thing under the watch of Nature Journal In 1980, the Journal and the Chinese Human Body Science Association held a parapsychology (remote viewing, telepathy, psychokinesis, clairvoyance and more) conference in Shanghai with participants from over 20 research institutes and universities In 1981, over 100 centres to study children with purported exceptional abilities and mental capabilities were formed with the cooperation of more than 100 formally trained scholars In 1982, the Chinese Academy of Sciences sponsored a public hearing in Beijing that more than 4000 scholars attended regarding cases of parapsychological abilities within humans. They called for “fair but strictly controlled” tests to lead to a final judgement The document outlines how many of these scholars agreed that the scientific evidence for the ‘paranormal’ was not sufficient enough to make any conclusions. The next point is arguably the most important one disclosed in the document.

In April of 1982, a joint trial was arranged by the Party’s National Committee of Science at Beijing Teacher’s College. Proponents of both sides attended. The results were mostly negative, with the exception of a few, one of them being Zhang Baosheng After this happened, two Chinese scientists, Chen Hsin and Mei Lei, gave a speech on it at the joint convention of the Parapsychological Association and the Society for Psychical Research held at Cambridge University.

Shortly after that in 1983, “a series of PK experiments with the subject Zhang Baosheng were conducted by 19 researchers led by Prof. Lin Shuhang of the physics department of Beijing Teachers college.”

He was able to do some special things, which is elaborated on later in the the article.

After this become known, as written in the document, “in 1984, Zhang Baosheng became a full-time subject of the military-run psi research team.”

What Was Zhang Baosheng Able To Do?

One of Zhang’s accomplishments involved moving sealed objects in and out of sealed containers.

Lin Shuhuang, as mentioned above who is from the physics department of Beijing Teacher’s College, studied this man for six months and described experiments where small pieces of paper were placed in a sealed test tube.

After five minutes, with scientists observing and video taping from various angles, the pieces of paper somehow appeared outside the tube despite the fact that the test tube was still sealed and undamaged.

He went on to do the same thing with other small objects like paper clips and even live insects.

In 1987, the researchers at the Institute of Space-Medico Engineering, also mentioned in the CIA document earlier in the article, made public a fraction of their work in the form of a film showcasing their work and what they had accomplished.

The film showed a medicine pill moving through an irreversibly sealed glass vial, which occurred in three frames of a 400 frame per second film. (source)

Another release (about Zhang) from the CIA (Research Into Paranormal Ability To Break Through Spatial Barriers) states:

A wooden cabinet 120 by 180 by 60 centimeters was used as a sealed container. Sheets of papers and boards with one of a kind markings were used as the target objects and placed inside the cabinet on the upper shelf. Without damaging the cabinet or opening the door, the person with ESP was able to remove the target objets and also was able to put them back inside. This demonstrates that even when using especially large container it is possible to completely break through spacial barriers, however, the success rate was much lower and was exceptionally difficult. (Source)(source)

Apparently, Zhang Wasn’t the Only One

According to Eric Davis, Ph.D, FBIS, from a declassified US Air Force document obtained via the Federation of American Scientists, Shuhuang reported that ‘gifted children’ were responsible for the teleportation of small, physical objects from one place to another. Some of these objects included watches, horseflies, other insects, radio micro-transmitters, photosensitive paper and more. The participants never touched the objects beforehand. The experiments were done under both blind and double-blind conditions and the researches involved came from various colleges and sectors of the Department of Defense. This is an exceptional case because it was deemed necessary that an unclassified Intelligence Information Report be prepared for public viewing. (source)

According to Dr. Dean Radin, Chief Scientists at the Institute of Noetic Sciences conducted an experiment involving mental teleportation of bits of paper out of a sealed plastic film container. This was documented in a report published in 2010 by retired research chemist Dong Shen. What’s even more fascinating is that these methods were taught to others and the success rate was 40 percent.

This information comes via one of his books, Supernormal.

Dean Radin, the Chief Scientist at the Institute of Noetic Sciences, states:

“Evaluating the details and credibility of these studies have been difficult because many of the papers appear only in Chinese. The techniques have not yet been reported outside of China, and the experimental methods employed in conducting such tests do not appear to be as rigorously controlled as compared to typical Western methods…”

According to Eric Davis, however,

“The results of the Chinese Teleportation experiments can simply be explained as a human consciousness phenomenon that somehow acts to move or rotate test specimens through a 4th spacial dimension, so that specimens are able to penetrate the solid walls/barriers of their containers without physically breaching them.” – Eric Davis, Ph.D, FBIS (source)

Another great example comes from a study published in the American Journal of Chinese Medicine, as seen in the the US National Library of Medicine. The stuy demonstrated that a woman with special abilities was and is still able to accelerate the germination of specific seeds for the purposes of developing a more robust seed stock. As the study states:

Chulin Sun is a woman with exceptional powers (Shen and Sun, 1996, 1998; Sun, 1998). A member of the Chinese Somatic Science Research Institute, she is a practitioner of Waiqi. Waiqi is a type of qigong that teaches the practitioner to bring the qi energy of traditional Chinese medicine under the control of the mind. Chulin Sun can induce plant seeds to grow shoots and roots several cm long within 20 min using mentally projected qi energy (Fig. 1). This has been demonstrated on more than 180 different occasions at universities as well as science and research institutions in China (including Taiwan and Hong Kong) as well as other countries (e.g., Japan, Thailand, Malaysia, etc.) (Ge et al., 1998; Qin et al., 1998; Lee et al., 1999). We took part in and repeated the qi germination experiments seven times, and five of them succeeded (Ge et al., 1998). This remarkable effect on seed development has drawn widespread attention (Tompkins and Bird, 1973; Lee, 1998), but the biological mechanisms that underlie this phenomenon are unknown.(source)

Pretty remarkable isn’t it? How does Sun do it? Apparently, she enters into a deep, trance-like state and from this place, she is able to advance the time required for sprouting dry seeds from their usual 3 to 4 days to 20 minutes, generating a sprout growth of 3-4 inches. After a genetic analysis, scientists confirmed this to be the case, hence, the using of the word “rapid” in the title.

The abstract of the study also states,

It was thought preliminarily that qi energy changed the structure of a germination-correlated gene site speeding up expression and advancing it in time.

Qi is believed to be everywhere on Earth; when you’re healthy, Qi is flowing freely through you, whereas when you’re unhealthy, you either have a blockage from Qi or your “Qi tank” is low. Perhaps Sun has learned how to harness universal energy, allow her to essentially speed up the growth process of the plants. This would make sense if you believe in the concept of oneness, that we are all fundamentally connected to one another including the plant life around us.

Among the most marvelous, most frightening and certainly most unbelievable possibilities suggested by psychic folklore is that human beings may be able to exert an observable influence upon the physical world — simply through the power of conscious intention; or unconscious intention, or; by some accounts, through the assistance of spiritual intelligences; 0r as a result of a mysterious principle known as synchronicity. Some scholars – such as Stephen Braude, professor of philosophy at the University of Maryland — take such reports very seriously, claiming that no honest person can examine the case study reports and easily dismiss them.

– Jeffrey Mishlove, from his newest book, The PK Man: A True Story of Mind Over Matter Nina Kulagina is another example. Many have examined Kulagina, and for the last 20 years of her life she was subjected to academic research by the USSR. There are multiple videos of her on YouTube. You can read an article we published on her earlier in the year here. Regardless of whether or not you believe any of these people possess the aforementioned ‘superhuman’ capabilities, this subject is clearly worth studying. If this didn’t merit further research, do you really think government organizations would be studying these people and trying to hide these programs from you?

Which brings me to my next point.

What Does This Tell Us?

These report, among many others, clearly proves that there are cases of individuals with ‘supernormal’ abilities and that the CIA is well aware of them and has further researched this subject.

These revelations prove that not only do these ‘super-humans’ exist, but mainstream science cannot further investigate parapsychology and refuses to fund the research and even shuns it. However, this subject is still heavily studied by the secretive military industrial complex.

Think about that for a second.

For example, the report states that:

“The decision was announced by Hu Yaobang, the Party’s General Secretary. Exceptional functions of the human body was rejected as an approved subject of scientific research, but a minority group of scientists was to be allowed to continue their research and report it in an internally circulated publication for the consideration of interested scientists. The media were requested not to publish on the topic. Formal university research and government funding was halted.”

After you read the above quote, then ask yourself, why did Zhang Baosheng become “a full-time subject of the military-run psi research team”? Why do they get to do all of the research and receive all of the funding?

Clearly this topic is taken very seriously within these programs, but why the ridicule within mainstream science then?

The cutting of these programs is not because there is no interest, but because that interest lies in the world of secrecy, otherwise known as the Black Budget.

World of Secrecy

In the United States, the Stargate Program was a great example of a Special Access Black Budget Program (SAPs). This means that all of the information and findings within these programs remains secret and unknown to the mainstream world.

From these (SAPS) we have unacknowledged and waived SAPs. These programs do not exist publicly, but they do indeed exist. They are commonly referred to as ‘deep black programs.’ A 1997 US Senate report described them as “so sensitive that they are exempt from standard reporting requirements to the Congress.” (source)

There is a lot of evidence to suggest that these programs are not using billions of dollars, but trillions of dollars that are completely unaccounted for in the books. Here is a statement given by Canada’s former Minister of National Defence, Paul Hellyer, in 2008:

It is ironic that the U.S. would begin a devastating war, allegedly in search of weapons of mass destruction when the most worrisome developments in this field are occurring in your own backyard. It is ironic that the U.S. should be fighting monstrously expensive wars allegedly to bring democracy to those countries, when it itself can no longer claim to be called a democracy when trillions, and I mean thousands of billions of dollars have been spent on projects which both congress and the commander in chief no nothing about. (source)

We are talking about large amounts of unaccounted-for money going into programs we know nothing about. There have been several congressional inquiries that have noted billions, and even trillions of dollars that have gone missing from the federal reserve system.

You can read about the black budget in more detail with more sources and information from a previous article we published HERE.

参照元 : Collective Evolution

覚醒剤約3キロ(末端価格2億円相当)を腹に巻き付けて、香港から密輸しようとした中国人の男逮捕

覚醒剤3キロを腹に巻き付け密輸か 中国人を起訴

2016/10/28 05:56

2016-10-31_212719

約3キロ、末端価格2億円相当の覚醒剤を腹に巻き付けて、香港から密輸しようとしたとして中国人の男が逮捕・起訴されました。

中国人の徐偉明被告(25)は6日、覚醒剤約3キロ、末端価格2億円相当を香港の空港から成田空港に密輸しようとしたとして逮捕・起訴されました。東京税関などによりますと、徐被告は観光目的で入国していましたが、様子が不審だったため職員が検査したところ、腹にラップで巻き付けられた大量の覚醒剤が見つかりました。

逮捕後の取り調べに対し、徐被告は「違法な覚醒剤だと知っていたが、借金があり、金に困っていた」と容疑を認めていました。また、「香港で名前の知らない男に電話で依頼された」と話していて、警察は、徐被告の背後に密売組織が関わっている可能性もあるとみて入手ルートを調べています。

参照元 : テレ朝ニュース



2016-10-31_212730

2016-10-31_212738

2016-10-31_212746

2016-10-31_212819

2016-10-31_212826

2016-10-31_212836


【愛知・春日井市】はさみで中国人女性をメッタ刺し!中国籍の男を現行犯逮捕

<愛知・女性殺害>被害は中国女性 はさみ持つ中国人男逮捕

2016年10月23日(日)22時8分

◇県警春日井署、殺人未遂容疑で現行犯逮捕

23日午後6時20分ごろ、愛知県春日井市藤山台4の藤山台団地で、団地の一室に住む中国籍の会社員、陳冲さん(32)がはさみで切りつけられた。陳さんは首や腹などを刺され、病院に搬送されたが、約1時間後に死亡した。

県警春日井署は、現場で刃渡り約15センチの裁ちばさみを持っていた中国籍で住所・職業不詳、曹恒生容疑者(28)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。曹容疑者も首や腕などにけがをしており、病院に搬送された。容疑を殺人に切り替えて調べる。

同署によると、曹容疑者は技能実習生として昨年11月に来日。陳さんは同12月に来日して春日井市内の縫製工場に勤めていた。

陳さんの同僚女性が事件を一部始終目撃し、別の同僚を通じて110番した。【道永竜命】

参照元 : 毎日新聞




会社員の男性宅に侵入して、火炎瓶を使って放火 無職で中国籍の、王選慶容疑者(53)を逮捕

火炎瓶で放火 中国籍の男逮捕

2016年3月8日(火)0時3分配信

2016-03-09_000813

去年12月、東大阪市の住宅に何者かが侵入し、火炎瓶を使って放火した事件で、警察は当時、現場近くで、全身火傷を負った中国籍の男を確保していましたが、男が回復したことを受けて、7日逮捕しました。

放火などの疑いで逮捕されたのは、東大阪市の無職で中国籍の、王選慶容疑者(53)で、去年12月、東大阪市御幸町の会社員の男性の住宅に侵入して、玄関付近に放火した疑いが持たれています。

王容疑者は、当時現場からおよそ1キロ離れたところで、全身火傷を負った状態で警察官に身柄を確保されていました。

王容疑者は、被害にあった男性の元同僚で、取り調べに対して「人間関係で悩んでいたので火をつけた」などと容疑を認めているということです。

玄関付近では火炎瓶が見つかっていて、警察は男性を狙った犯行とみて捜査しています。

参照元 : 毎日放送

2016-03-09_000828

2016-03-09_000835

2016-03-09_001136

2016-03-09_000857


別の事件で服役していた中国人の男を出所の日に殺人容疑で再逮捕

出所の日に殺人容疑で逮捕の男 容疑を否認

2016年3月3日(木)18時55分配信

2016-03-04_181602

別の事件で服役していた中国人の男が殺人の疑いで逮捕された。

中国人の楊暁春容疑者(50)は、2013年6月、千葉県習志野市で、会社員の広畠かをりさん(当時47)の首を絞めて殺害した疑いが持たれている。

現場から採取したDNAなどから別の事件で服役していた楊容疑者が浮上し、刑期を終えた3日、殺人の疑いで逮捕された。

捜査関係者によると、容疑を否認しているという。

参照元 : 日本テレビ系(NNN)

2016-03-04_181522

2016-03-04_181537

2016-03-04_181550



大阪・西成のシャッター街と化した商店街に中国人経営のガールズバー急増!都内では高層マンションを爆買いし「民泊」で荒稼ぎ

侵食する“爆買い”裏事情 大阪・西成に中国人ガールズバー急増、都内では「民泊」で荒稼ぎ

2016.02.13

o106

春節休暇で大挙来日。中国人観光客の爆買い現象が各地を席巻しているが、チャイナ・マネーが意外な場所にまで及んでいる。舞台は、労働者の街として知られる大阪・西成。シャッター街と化した商店街に中国人経営のガールズバーが現れだしたのだ。東京でも湾岸エリアの超高層マンションをキャッシュ買いするなど、とどまるところを知らない赤いカネ。激変の裏側を探った。

南海本線萩ノ茶屋駅(大阪市西成区)周辺は、日雇い労働者向けの簡易宿泊所が集中するエリアだ。かつては仕事を求めて集まった労働者たち相手の飲食店などが軒を連ね、活気にあふれていたが、いまや衰退が著しい。

「労働者の高齢化が急速に進み、その多くが生活保護受給者になった。“福祉マンション”という受給者向けの宿泊施設に商売替えする簡易宿泊所も増え、急速に勢いが失われた」(地元住民)

街の中心部に位置する「萩之茶屋本通り商店街」「今池本通り商店街」も、街の衰退とともにシャッター通りへ。しかし、閑散とした通りを歩くと、ところどころに派手なネオンに彩られた「カラオケ居酒屋」の看板が点在していることに気づく。

ドア越しに店内をのぞくと、若い女性が「お兄さん、どうぞ」とニッコリ誘いかけてくる。

「『居酒屋』をうたっているが、その実態は、カウンター越しに女性従業員が接客するいわゆるガールズバー。そこで働く若い女性のほとんどが中国人だ」(先の住民)

同じような業態の店はここ5年ほどで増え、「今ではこの界隈(かいわい)で100件以上の店が営業している」(同)。どの店もチャージ料はかからず、キタやミナミなどの繁華街よりも格安で遊べる。その評判を聞きつけてエリア外からやってくる客もいるという。

こうした「中国人ガールズバー」が急増した背景について、事情に詳しいライターの根本直樹氏はこう解説する。

「4〜5年前から中国資本の不動産会社が不採算で潰れる寸前の店舗の権利を軒並み買い始めたのが発端だ。経営者は福建省出身の夫婦で、即金で買い上げるのがポイント。目先のカネにつられて身売りする店が多い。買い上げた店舗は、中国人経営者に200万円程度の保証金と10万円ほどの家賃で貸し出す。改装や仕入れのノウハウも斡旋するため、『自分の店を持ちたい』という中国人女性が飛びついた」

現在も商店街の周辺には、「現金・即金買い取り」と書かれた看板があちこちに立てられ、「チャイナマネー」の勢いを感じさせる。

「豊富な資金力を生かして日本で事業を展開する中国人資本家は少なくない。都内では、豊洲(江東区)や晴海(中央区)などの湾岸エリアの高層マンションを投資目的で“爆買い”。買い上げた部屋をホテルや旅館がわりに貸し出す『民泊』で荒稼ぎする業者もいる。ほかにも歴史の古い地方の零細企業を買い取って技術力を吸い上げる例もある」(根本氏)

「赤い資本家」は列島各地を確実に侵食しつつあるようだ。

参照元 : zakzak


大阪ドヤ街に活気…西成・ガールズバーが急増するワケ

2015.12.06 16:00
 
55bca

かつて「日本で唯一、暴動が起きる街」と言われた大阪・西成のあいりん地区(通称・釜ヶ崎)だが、いまやその様相は大きく変わった。

「最後に暴動らしい暴動が起きたのは08年や。物騒な雰囲気は今もあるけど、昔ほどやない。暴動なんてもう起きへんやろな。今や完全に“福祉の街”になってしもた。それから、“チャイナ”な」

西成の“最深部”、萩之茶屋本通り商店街の商店主(60代)が言うように、かつては日雇い労働者向けの一杯飲み屋、雑貨店、洋品店がひしめき合い、多くの労働者たちが溢れ、活気が漲っていた通りも、今では7割はシャッターが閉められたままである。

そして、近隣のマンションやドヤ(簡易宿泊所)の入り口には「福祉の方歓迎」の文字が。“福祉”とは、西成用語で「生活保護受給者」のことである。

「西成全体で100店舗以上あるのでは」

閑散とし、すっかりシャッター街と化してしまった西成の街だが、よく見ると、シャッターを閉めた店舗の合間合間に、赤、ピンク、黄緑色といった、妙にけばけばしい原色の看板が立ち並んでいることに気づく。

どの店も「カラオケ居酒屋」と書かれているが、カウンターの中を覗くと若い女性が数人立ち、どう見ても“ガールズバー”の体裁である。これが、前出の商店主が言っていた“チャイナ”の正体だった。

「店名だけじゃわからへんけど、暖簾の真ん中の垂れ布2つ分くらいを上にあげてる店があるやろ。あれ、全部中国系や。いまでは日本の店より多いんちゃうか」(前出・商店主)

地元の不動産業者によれば「西成全体で100店舗以上あるのではないか」とのこと。それもここ4〜5年ほどの間に“爆増”したのだという。

これはいったいどういうことなのか? 労働者の数が減り続け、“福祉”の文字が溢れるシャッター街に、雨後の筍のごとく「中国人ガールズバー」が増殖し続けているというのは、どう考えても妙である。需要と供給のバランスを考えても、何とも不可解な現象ではないか。その背景には何があるだろうか。その謎に迫るべく、ぼったくりも覚悟で飲み歩いてみた。

夕方5時過ぎ。西成でも、もっとも中国系の店が集中しているといわれる“ディープエリア”今池本通り商店街と萩之茶屋本通り商店街をそぞろ歩く。車イスに乗りながらカップ酒をあおり、「憧れのハワイ航路」を気持ちよさそうに歌うオッサンが通りかかるなど、閑散としつつも、随所に西成らしさは残っている。自転車に乗った警察官の数がやたら多いのもこの街らしい。

たしかに、前出の商店主が言っていたように、暖簾の中央部だけを上にまくりあげている店がやけに目につき、その隙間からは通りを窺う女性の目がキラリと光る。目が合うと、すかさず「お兄さん、どうぞ」と声をかけられる。中国人女性だ。しかし、他の繁華街に見られるようなキャッチの姿は皆無である。

路上で酒を飲んでいた労働者風の男性は言う。

「以前は路上にたむろして、客にしつこくまとわりつく中国女のキャッチもけっこういたんやけど、このへんの客は荒いやろ。それに西成署もうるさいし、ヤクザも強い。中国人といえども、この街のルール守らんと、やっていけへん。そんなこんなで、いつの間にかキャッチの姿は目立たなくなったわ」

また、目が合った。「お兄さん、いらっしゃい!」の連続攻撃。そのうちの一軒に飛び込んでみた。萩之茶屋本通り沿いにある「居酒屋 芯ちゃん」である。

生活保護受給者が上客

「お兄さん、はじめてやね。このへんの人やないやろ?」

こなれた関西弁を話す、いかにも素人っぽい真面目そうな女性は、この店のママ、芯ちゃん。福建省出身の26歳だという。他にアルバイトの中国人留学生が2人働いていた。ママはいう。

「うちは4年目になるわ。家賃は10万円いかないくらい。最初に保証金が200万円。ミナミとか梅田なら、この何倍もかかるからお得や。暖簾? こうしとくとお客さんが通りかかったら、すぐにわかるやろ。日本人の店はやってないけど、逆に不思議やわ」

客はどこから来るのか?

「8割が地元・西成のお客さんや」

ここで労働者風のがっちりした初老の男性客が口をはさむ。

「俺は現在69や。いまも現場でバリバリ働いているが、客で多いのは、最近は福祉の客や。要は生活保護の受給者。奴らは毎月サラリーマンみたいに決まったカネが入ってくるから、いいお客さんなんや。ここいらじゃ、福祉の客を大事にせんとやっていけへんやろ」

ぼったくりはないのか? ママが答える。

「以前はけっこうあったけど、そういう店はすぐに消えてしまう。こういう街だから、常連のお客さん大事にしないと続かへんわ」

たしかに、一歩足を踏み入れてみると、意外なほど健全だ。この手の店に特有の“ヤバさ”は皆無である。

値段も相当安い。数年前までは一般的なガールズバーのように1時間3000円〜4000円のセット料金の店も多かったらしいが、現在は、チャージもかからず、ビール一杯飲むだけでもOKという店が大半だという。生ビールが500円、サワー類は400円、つまみは板わさ、漬物など簡単なものが中心で500円程度、カラオケは一曲100円が相場だ。つまり、ワンコインで、若い中国人女性を相手に、1時間でも2時間でも飲むことができるのだ。

営業時間は午後3時ごろから遅くも夜11時まで。最近は、格安で若い女性と飲めるといった噂が広まり、西成の外からやってくるサラリーマン客も増えているという。

「そういう人は格好でわかるから、ぼったくられることも多いから注意ね。うちはせんけど」(ママ)

それにしても、なぜ、ここ西成にこうした形態の店が急増したのだろうか? 後日、地元の不動産屋の社長がその理由の一端を語ってくれた。

「そもそも、このへんじゃ有名な中国系の不動産屋があって、そこの経営者夫婦が、これまで日本人が持っていた店舗の権利を“即金”で買い漁るようになったのがはじまりですわ。即金だから二束三文のカネでも飛びつく人も多い。そして、在日中国人向けの新聞なんかで一斉に募集をかけたんですわ」

いい悪いは別として、この中国人業者の目の付け所はなかなかすごいものがある。日本人の不動産業者社長もいう。

「まったく盲点やったわ。まさか、西成のシャッター街がこんなに“売れる”とは思いも寄らなかった。いまはまだ地元の客が中心やけど、そのうち“名所”として話題になれば、それなりの集客も見込めるんやないですか」

この街にはすでに「飛田新地」という名所があるが、客足は年々落ちており、この「中国人激安ガールズバーエリア」が新名所となる可能性も大いにありそうだ。

(取材・文/根本直樹)

根本直樹
1967年生まれ。週刊誌記者を経て、2001年よりフリーに。在日外国人犯罪、ヤクザ、貧困ビジネスから人物インタビューまで幅広く取材執筆。著書に『妻への遺言』(河出書房新社)、編著に『歌舞伎町案内人』などがある

参照元 : デイリーニュースオンライン


偽造したカードで高級ブランド品を購入し、転売していた疑いで中国人の男3人逮捕

中国人3人、偽造クレカでブランド品購入し転売か

2015/10/29 11:59
 
2015-10-29_184823

偽造したクレジットカードで高級ブランド品を購入し、転売していた疑いで中国人の男3人が逮捕されました。

史永科容疑者(37)ら3人は4月ごろ、名古屋市内で偽造クレジットカードを使い、高級ブランドのバッグなど約93万円相当を購入し、転売した疑いが持たれています。

警視庁によりますと、史容疑者らは転売の際、駅のコインロッカーなどを品物の受け渡しに使っていたということです。史容疑者らは容疑を否認しています。警視庁は、史容疑者らのグループが1200万円相当のブランド品を購入して転売を繰り返していたとみて調べています。

参照元 : テレ朝ニュース



2015-10-29_184832

2015-10-29_184841

2015-10-29_184852

2015-10-29_184902


イスラム国が拘束中の中国人とノルウェー人の写真を公開し、身代金要求

「イスラム国」が2人拘束 公開写真に「セール中」

2015/09/10 10:55
 
Fotolia_75278378_Subscription_Monthly_M

過激派組織「イスラム国」が、拘束中の中国人とノルウェー人だとする2人の男性の写真を公開し、身代金を要求していることが分かりました。

「イスラム国」がインターネット上に発表している機関紙の最新号には、黄色い囚人服のようなものを着せられた2人の男性の写真が掲載されています。2人はフリーコンサルタントの50歳の中国人と48歳のノルウェー人で、「イスラム国」が拘束しているということです。

顔写真の下には「セール中」との記載があり、「身代金を払いたい者は誰でも以下の番号に連絡しろ」とイラク国内の連絡先が記されています。また、中国政府とノルウェー政府は身代金の要求に応じなかったとしています。2人を拘束した経緯などは明らかにされていません。機関紙には「時間は限られている」との記載もあり、身代金が払われない場合は2人を処刑する可能性を示唆しています。

参照元 : テレ朝ニュース

不正に入手したキャッシュカード使い、犯罪で得た現金200万円を引き出した中国人の男3人逮捕

ネット不正送金で得た200万円引き出し 中国人逮捕

2015/07/21 19:30
 
2015-07-22_074536

横浜市のコンビニ店で、不正に入手したキャッシュカードを使い、犯罪で得た現金200万円ほどを引き出したとして中国人の男3人が逮捕されました。

中国人の林前平容疑者(24)ら3人は、去年12月から約3カ月にわたり、横浜市内のコンビニ店でATMを操作して、銀行口座から犯罪で得た現金合わせて200万円ほどを引き出した疑いが持たれています。警察によりますと、3人が現金を引き出していたのは、犯罪グループが管理している口座でした。

このグループは、他人のインターネット銀行の口座から不正に現金を抜き出すなどしていたということです。3人は容疑を認めています。警察は、これまでに4800万円余りを不正に引き出していたとみて全容解明を進めています。

参照元 : テレ朝ニュース



2015-07-22_074548

2015-07-22_074605

2015-07-22_074619

侵入した民家で中学の先生に諭され強盗断念 中国人の男を強盗未遂容疑で逮捕「中国に帰るために10万円が必要だった」

侵入民家で先生に諭され強盗諦め 中国人男を未遂容疑で逮捕

2015.6.14 00:05
 
B8fPwWKCMAIgmvF

千葉中央署は13日、強盗未遂の疑いで自称中国籍の住所不詳、無職、王鵬飛容疑者(25)を現行犯逮捕した。現金を脅し取ろうと入った民家で、住人の中学の先生に諭されて強盗を断念、取り押さえられたという。署が詳しい状況を調べている。

同署によると、王容疑者は13日午後4時半ごろ、千葉市中央区の民家で、一階の鍵の開いていた窓から侵入し、居間にいた無職女性(79)の頭を数回殴り、羽交い締めにして金を要求。2階にいた中学の先生で、女性の息子(53)が悲鳴に気が付き、王容疑者に強盗をやめるように諭したところ「中国に帰るために10万円が必要だった」と話し、犯行を諦めた。

2人にけがはなかった。王容疑者は果物ナイフのようなものを持っていたが、使わなかった。息子は「体力ではかなわないと思ったので諭した」と駆け付けた警察官に説明したという。

参照元 : 産経新聞


先生に諭され強盗諦め 中国人男を未遂容疑で逮捕

2015年6月14日 0時2分

千葉中央署は13日、強盗未遂の疑いで自称中国籍の住所不詳、無職王鵬飛容疑者(25)を現行犯逮捕した。現金を脅し取ろうと入った民家で、住人の中学の先生に諭されて強盗を断念、取り押さえられたという。署が詳しい状況を調べている。

同署によると、王容疑者は13日午後4時半ごろ、千葉市中央区の民家で、一階の鍵の開いていた窓から侵入し、居間にいた無職女性(79)の頭を数回殴り、羽交い締めにして金を要求。

2階にいた中学の先生で、女性の息子(53)が悲鳴に気が付き、王容疑者に強盗をやめるように諭したところ「中国に帰るために10万円が必要だった」と話し、犯行を諦めた。

参照元 : 共同通信


在日中国人は74万人弱に到達。200人に1人は中国人

2014/01/17

16日に北京で発売さ新華社北京1月16日(記者黄Xiaoxi ) 「華僑/華僑研究報告書( 2013年)のブルーブックは、「その2012年末までに736300の日本の中国国籍の集団では、 2013年に韓国で指摘中国国籍の人口は765000に達した。

報告によると、 「華僑ブルーブックは、 「海外、海外奨学金の形で中国の理論家の理論的な問題や開発の共同華僑大学の研究である。

「華僑ブルーブック/海外中国研究報告書( 2013 ) 」は、主に国のサイズに小計レポート記事、および中国語教育の海外同胞の記事、華僑、分布、構造、動向、およびグローバルな安全保障環境と生存Sheqiao中国の教育のように。

報告書は、 1980年代以降、日本では海外の中国だけでなく、他の中国人人口増加の大きさ、日本が中国人移民まで受け入れるために5カ国の一つとなっていることを指摘し、米国、カナダ、オーストラリア、韓国など、 残りの4カ国。日本最大の外国人人口グループ後の2007年に、中国国民の担当者。

報告書はまた、 2011年の統計や推計によると、唯一のシンガポール、マレーシア、タイ、フィリピン、インドネシア5カ国華僑は世界的に劉チェン、中国の合計数を占め、 3,000万人近くになる、と指摘した。

「華僑ブルーブック"エディタ、華僑大学の中国アカデミーの名誉会長は、秋ジン、韓国と中国は私たちの隣人であると述べたが、国際問題における重要な国、日本、韓国、中国の人々の数、ステータス、動向大幅に国家間関係の様々な影響を与える。

報告によると、 2010年のスタート以来、 「華僑ブルーブックは、 「毎年継続的に作品を発表、「華僑研究報告書( 2011 ) 」と「華僑研究報告書( 2012年) 、 「 2を公開しています。

参照元 : 大洋网




千葉県銚子市でスナック3店舗が摘発 経営者やホステスの中国人の女ら8人逮捕

ホステスら中国人の女8人逮捕 千葉・銚子市

2015/06/14 15:30
 
2015-06-15_185752

千葉県銚子市で13日夜、スナック3店舗が摘発され、経営者やホステスの中国人の女8人が入管法違反の疑いで逮捕されました。

李明枢容疑者(32)ら2人は、経営するスナック店で、在留資格が切れた中国人の女をホステスとして働かせた疑いが持たれています。また、ホステスをしていた中国人の女6人も逮捕されました。警察によりますと、李容疑者は去年10月から店を経営していて、10人ほどのホステスを雇っていたということです。

取り調べに対し、李容疑者は「ホステスが不法残留と知っていたが、それ以上は話せない」と容疑を認めているほか、残りの7人も容疑を認めています。また、入国管理局は、3店舗で働いていた別の中国人の女ら9人についても不法残留の疑いなどで調べています。

参照元 : テレ朝ニュース



2015-06-15_185828

2015-06-15_185859


眉毛などに色素を入れる「アートメイク」器具を無許可販売した中国人の男を逮捕

中国人の男、「アートメイク」器具を無許可で販売か

2015/06/11 18:06
 
2015-06-14_065304

眉毛などに色素を入れる「アートメイク」に使う器具を無許可で販売した疑いです。

中国人の范智星容疑者(54)は、美容サロンの経営者5人にアートメイクをするための医療器具を無許可で販売した疑いなどが持たれています。警視庁によりますと、范容疑者は、6年間で全国約1600の美容サロンに器具を販売していたということです。

范容疑者は「間違いない」と容疑を認めています。また、范容疑者から器具を購入し、医師免許を持たずに客にアートメイクを施したとして、美容サロンの経営者11人が書類送検されました。

参照元 : テレ朝ニュース



2015-06-14_065134

2015-06-14_065202

2015-06-14_065228

ドン・キホーテ八王子駅前店のおもちゃ売り場が修羅場に!中国人店員が男性客をボコボコに殴り、全治10日のケガ負わせる

ドンキで中国人店員が客をボコボコに 打撲で全治10日の診断

2015.06.02 07:00
 
77_big

3月31日の夜9時頃、ディスカウント量販店「ドン・キホーテ」八王子駅前店の3階のおもちゃ売り場は突如、修羅場と化した。
 
幼い子供連れの30代男性が商品の代金を支払おうとしたところ、レジの中国人店員と口論が始まった。それだけであれば些細なトラブルだが、店員は男性の顔を殴りつけた。さらにレジカウンターを乗り越えて男性を突き飛ばしたのである。目撃者の一人が語る。
 
「店員はうつぶせに倒れた男性に馬乗りになって、頭や背中を数十発殴り続けていました。周りにいた他のお客さんたちはあまりの出来事に唖然として、誰も手出しできない状況でした」
 
ミニ四駆のサーキットなどが配されたおもちゃ売り場のフロアで、突然客が店員にボコボコにされたのだから、周りが驚くのは当然だ。男性が連れていた幼児も、怯えたまま呆然と立ち尽くしていたという。
 
数分後にようやく別の店員が中国人店員を引き離したが、それまで男性は殴られ続けた。引き離された後、男性が「この野郎!」などと叫ぶと、店員も「今なんていった!」と言い返し、「子供のおもちゃ売り場とは思えない惨状」(前出の目撃者)になっていた。
 
その後、通報を受けて八王子署から警察官が現場に駆けつけた。捜査関係者が明かす。
 
「店舗の防犯カメラに一部始終が映っていた。レジにいた中国人店員は殴りかかる前から不機嫌な様子で、殴られた男性は子供のために仮面ライダーのグッズを買うところだった。店員が子供から渡されたおもちゃのバーコードを通した後、商品をレジ台に投げつけるように乱暴に置いた。

粗末に扱われたことに腹を立てた男性が謝罪を要求したところ、ふて腐れた態度で目も合わせなかったため店員の服を掴んで自分のほうを向かせた。すると店員が激高して、あとは一方的に殴り続けた」

男性のクレームのつけ方にも問題があった可能性は残るが、店員が常識的に対応していれば大ごとにはならなかったはずだ。殴られた男性の知人はこう語る。
 
「本人は、『確かに最初に胸ぐらを掴んだのは自分だ。それは警察にも正直に伝えた。でも、それ以外は何も手を出していない』といっていました。トラブルの起きた日に警察署に行って証言した後、パトカーで自宅まで送ってもらう車内で、警官から『防犯カメラの映像を見た。看板の陰になって少し見えにくいところもあったが、基本的にあなたの証言通りだった。ただ、店員のほうも先に胸ぐらを掴まれたと被害届を出した』といわれたそうです。
 
病院で診てもらったところ、打撲などで全治10日の診断で、『咳をしても痛い』と仕事もしばらく休んでいました。なかなか痛みが取れなかったそうですが、『子供も小さいから、あまり長く休むわけにもいかない』と無理して仕事に復帰した」
 
今もまだ胸に痛みが残っていて整骨院に通っているという。
 
●取材/松永達也(ノンフィクションライター)

※週刊ポスト2015年6月12日号

参照元 : NEWSポストセブン




偽物の金塊を見せて、知人から現金150万円をだまし取った中国人の男2人逮捕

偽物の金塊を見せて現金詐取容疑、中国人2人逮捕

2015年6月02日20:17
 
news2508326_6

偽物の金塊を見せて知人から現金150万円をだまし取ったとして、中国人の男2人が逮捕されました。

博多警察署で公開された偽物の金塊です。これらを使って先月、長崎県に住む中国人男性から現金をだまし取ったとして、いずれも中国籍の鐘瑞金(ショウ・ズイキン)容疑者(49)と朱友平(シュ・ユウヘイ)容疑者(45)が逮捕されました。

警察によりますと、2人は「宮崎県の工事現場で金塊を見つけた」と言って被害者(53)に偽物を見せ、「中国政府に届ければ謝礼金がもらえる。一部を前渡しで欲しい」と言って、現金150万円をだまし取ったということです。偽物の金塊は金属製ですが、鑑定が終わっていないため、成分はわかっていません。

取り調べに対し鐘容疑者は容疑を認めているということですが、朱容疑者は否認しています。

参照元 : TBSニュース




>工事現場で金塊拾ったから中国政府から謝礼出る

作り話の設定がカオスw

>中国政府に届ければ謝礼金がもらえる ← 鵜呑みにしたヤツもバカ過ぎるw

交際女性の韓国籍の家族ら4人を刺した中国籍の大学生(25)を逮捕 父親は死亡

中国人の25歳男が交際相手や家族を刺す 1人死亡 品川区

2015/05/23 17:45
 
mqdefault (2)

東京・品川区のマンションで23日朝、中国人の25歳の男が、交際相手の女性や家族を刃物で切りつけ、女性の父親が死亡、女性を含む3人がけがをした。

男は「別れ話をされ、殺そうと思った」と供述している。
 
懸命に走って逃げる、赤い服を着た女性。その後ろを追う男の左手には血、右手には包丁が握られていた。映像を撮影した人は「悲鳴を聞き、目が覚めた。女性がはだしで、家から飛び出し、刃物を持った血まみれの男性が追いかけるところを目撃しました。ちょっと怖かった」と話した。
 
男はこのあと、駆けつけた警察官によって取り押さえられ、この女性に対する殺人未遂の現行犯で逮捕された。
男の横には、座り込む女性の姿もあった。逮捕されたのは、女性の交際相手で、中国籍の大学生・徐海培容疑者(25)。
 
23日午前7時40分ごろ、交際相手の女性(21)が住むマンションの一室に、ベランダから侵入し、女性の父親(47)と母親(48)を包丁で刺した。目撃した人は「そこの2階から、女性がベランダから顔を乗り出して、『助けて、助けて』と、外の人に言っているんですね」と話した。
 
母親の悲鳴で男に気がついた女性は、いったん部屋から逃げて、近くの交番に助けを求め、警察官とともにマンションに戻った際に、男と鉢合わせとなった。

女性は走って逃げ、もみ合いになったところで刺され、その後、警察官によって保護された。男は、そのまま逮捕された。この事件で、女性の父親が死亡し、母親は重傷、女性と警察官も軽傷を負った。
 
除容疑者は、22日までのおよそ10日間、女性と同居をしていたといい、調べに対し、「別れ話をされ、別れるくらいなら殺して、自分も死のうと思った。殺すつもりで家に行った」と供述しているという。

参照元 : FNNニュース




交際女性の家族ら4人刺される 父親は死亡 男を逮捕

2015年5月23日11時53分

AS20150523000869_commL

23日午前7時45分ごろ、東京都品川区南大井3丁目のマンションで「ベランダに刃物を持った男がいる。助けて、という声が聞こえる」と110番通報があった。2階に住む家族3人が侵入してきた男に刺され、男性1人が死亡した。警視庁は、中国籍でさいたま市西区内野本郷の大学生徐海培容疑者(25)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。

組織犯罪対策2課によると、死亡したのはこの部屋に住む韓国籍の会社員李容旻さん(47)。ほかに40代の妻と、2人の娘で20代の女子大学生、駆けつけた大井署の女性巡査長(24)もけがを負った。女子大学生は首や手を切られ重傷。徐容疑者も手にけがをして病院に運ばれたという。徐容疑者は女子大学生と交際中だったといい、同課がトラブルの有無について調べている。

同課の説明では、徐容疑者は2階のベランダから室内に侵入。部屋にいた李さんらを持っていた包丁(刃渡り約20センチ)で次々に切りつけた。その後、部屋の前で徐容疑者を取り押さえようとした女性巡査長を振り切って女子大学生を追いかけ、近くの路上でさらに刺そうとしたという。駆けつけた別の署員が徐容疑者を路上で取り押さえた。

参照元 : 朝日新聞


<殺人未遂>家族ら切られ4人死傷、男逮捕 東京・品川

2015年5月23日(土)11時25分配信

mqdefault (2)

23日午前7時40分ごろ、東京都品川区南大井3のマンションの一室で、「刃物を持った男がいる。女性の声で『助けて』と聞こえた」と付近の住民から110番があった。警視庁大井署員が駆け付けると、この部屋に住む40代の男性が首付近を切られて心肺停止の状態で見つかり、死亡が確認された。40代の妻と20代の長女も刃物で切られ軽傷を負った。同署は、現場近くの路上にいた埼玉県在住で20代の中国籍の男を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

同署によると、男は包丁で切り付けたらしい。付近にいて通報で駆け付けた同署の女性警察官も手を切られて軽いけが。男は長女と交際していたといい、関係を巡りトラブルになった可能性があるとみている。

現場は京急電鉄大森海岸駅の北約500メートルの住宅街。現場近くの洋食店主の男性(41)は「店で仕込みをしていたら、日本語で『助けてー』という女性の叫び声が聞こえた。外に出たら、向かいのマンションのベランダから女性が身を乗り出していた」と言う。「その女性がもう一人の女性と2人でマンションから外に飛び出してきた。それを追いかける男の後ろ姿が見えた。女性の一人はショートパンツ姿で、足が血だらけだった。静かな住宅街で土曜は特に人が少ないので驚いた」と話していた。

別の近くの飲食店にいた店員男性は「この辺はマンションが建ち並ぶ住宅街で、普段は静かなところ。こんな事件が起きるなんて」と話していた。【山崎征克、神保圭作、大迫麻記子】

参照元 : 毎日新聞






ジブリ美術館の入場券をネットオークションで約3倍の値段で転売していた中国人の女を逮捕

毎月100枚?「ジブリ美術館」入場券転売の中国人女

2015/04/03 11:59
 
000047700_640

東京・三鷹市にある「ジブリ美術館」の入場券を転売目的で購入したとして、28歳の中国人の女が逮捕されました。

黄超容疑者は2月、目黒区内のコンビニ店で、三鷹の森ジブリ美術館の入場券4枚を転売目的で購入した疑いが持たれています。警視庁によりますと、黄容疑者は、名前を変えるなどして週末の入場券を毎月100枚ほど購入し、ネットオークションで1枚1000円のところを約3倍で転売していました。

去年8月以降、1カ月で約6万円の利益を得ていたとみられ、取り調べに対し、容疑を認めています。ジブリ美術館の入場者数は一日2400人に限定されていて、特に週末の入場券は入手困難となっています。

参照元 : テレ朝ニュース






技能実習生の中国人男性2人が何者かに包丁で切り付けられ、1人が死亡

包丁で切りつけられ中国人男性死亡 茨城・鉾田市

2015/02/23 05:56
 
mqdefault

茨城県鉾田市の路上で、技能実習生の中国人男性2人が何者かに包丁で切り付けられ、1人が死亡しました。容疑者は現在も逃走中です。

22日午後9時45分ごろ、鉾田市の路上で、中国人男性2人が突然、何者かに包丁で切り付けられました。このうち、孫文君さん(33)が胸を切り付けられていて死亡しました。警察によりますと、もう1人の男性(32)は肩を切り付けられていて、「容疑者は複数で車で逃走し、外国人のようだった」と話しているということです。切り付けられた2人は技能実習生で、警察は殺人事件として逃げた車の行方を追っています。

参照元 : テレ朝ニュース






最新記事
Amazon




楽天トラベル


人気ブログランキングへ

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ