地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

中国

【仮想通貨】規制強化なのに中国資本がブロックチェーン目玉に都内でサミット

規制強化でも中国でブロックチェーンが注目され続けるワケ

2018/4/5(木) 12:15配信

2018-04-05_195645

世界最大級の仮想通貨取引所のバイナンスに、先月23日、無登録のまま国内で営業しているとして金融庁が警告を出した。営業を停止しない場合、刑事告発も辞さないとする厳しい対応のあった翌日、同社は香港にあった拠点をマルタ島に移すと発表した。一連のニュースは、警告を出す方針だという観測記事が22日に流れた段階から、中国で注目を集めた。さまざまな規制にもかかわらず、中国のブロックチェーンに対する熱量は下がりそうにない。

中国資本がブロックチェーン目玉に都内でサミット
「ブロックチェーンは単なるテクノロジーではない。人間社会に深遠な変化をもたらすものだ」

先月22日、東京大学のホールで中国でよく知られたエンジェル投資家の楊寧は、約400人の聴衆を前にこう熱弁をふるった。日米中の投資家とアジアを中心とするスタートアップの集うTEAMZビジネスサミットでの一幕。このイベントは、中国系企業のTEAMZ, Inc.が主催し、中国大手ポータルサイトの網易(ネットイース)が共催した。数十億円の投資額を用意したとされるピッチコンテストへの参加企業は、大半がブロックチェーンに関するもので、中国資本のブロックチェーンへの関心の高さを印象付けた。

中国では、昨秋から政府が仮想通貨に対する規制を次々と出しており、取引所が閉鎖され、ICO(仮想通貨による資金調達)が禁止されるなどしている。こうした規制に関する報道が多いため、中国で仮想通貨やブロックチェーンが下火になっていると勘違いする人もいるようだが、実際はそうではない。

マイニング(採掘)が禁止されるという報道のある一方で、中国国内では今も旺盛にマイニングが行われている。ビットコイン長者の動向も注目されているし、バイナンスをはじめとする中国で生まれた仮想通貨取引所が海外に拠点を移し、その後どう成長しているかも関心を集めている。

規制のために中国国内で仮想通貨関連の事業が難しくなった事業者が注目しているのが、日本だ。仮想通貨交換業の登録制度を設けているからで、日本で仮想通貨関連ビジネスをしたいと考えている中国企業は多い。こうした背景があって、都内でブロックチェーン関連のビジネスサミットが開催されたわけだ。冒頭のスピーチの2時間ほど後には、金融庁がバイナンスに警告する方針だという報道がされ、冷や水を浴びせられることになるのだけれども。

バイナンスの動向に日本以上に注目
バイナンスへの警告についての観測記事は、日本以上に中国で盛んに引用されることになった。共同創業者の何一が「(警告は)計画でまだ起こっていない」と火消しのためにコメントしているのが伝えられ、趙長鵬CEOの「(日経新聞は)無責任なジャーナリズムだ」というツイートも伝えられた。

2017年に設立され、破竹の勢いで取引量を拡大してきたバイナンス。中国での規制強化に伴い、2月に中国大陸のユーザーへの業務を停止すると発表していた。拠点を日本に移しているのではないかという噂は昨年からあった。そういう中での警告の報道に、日本がだめならバイナンスはいったいどこに行くのかと、今後を危ぶむ反応も多かった。23日には実際に警告が出され、その懸念が的中したかに見えた。しかし、翌24日には同社が本拠をマルタ島に移すと発表し、マルタの首相が歓迎の意向を表明――という急展開で、窮地に陥ったかに見えたバイナンスが盛り返した格好だ。

「バイナンスは日本で再び挫折し、マルタ島へ転戦。チャンスか挑戦か」という自媒体「区塊錬(ブロックチェーン)研究院」の記事は、中国に次いで日本でも挫折したバイナンスのマルタ島移転を新たなチャンスと捉えている。バイナンスはマルタへの移転に伴い、従業員200人を新たに雇用するとしている。 ところで、このところバイナンスは組織の分散化を強調してきた。金融庁が警告を出す見込みだと報じられた際も、何一は業務はすでに分散化しているとコメントしていた。十数の国や地域で業務をしているとされ、その中でも特に日本が重要な位置を占めていたようだ。

「バイナンスはなぜいつもプランBがあるのか」という自媒体「区塊錬(ブロックチェーン)投資内参(内部参考ニュースレター)」の記事は、窮地に追いやられたはずのバイナンスがマルタへの本社移転を表明して危機を切り抜けた、その世渡りの上手さをほめたものだ。中国当局の規制や3月上旬のハッカー攻撃などの危機を乗り越えられた理由を、「安きに居りて危うきを思う」というマインドと、嗅覚の良さと視野の広さにあるとしている。

関心は仮想通貨からブロックチェーンそのものへ
今のところブロックチェーンといえば仮想通貨ばかり注目されがちだ。だが、ブームが続くのもそう長くないと言われる仮想通貨に代わって、ブロックチェーンそのものの今後の展開に注目が集まっている。ブロックチェーンによるイノベーションには政府も、JD.com(京東商城)のような民間企業も注目している。

中国では、ブロックチェーンによる技術革新について、起業家や投資家らが議論を繰り広げる「午前3時スリープレス・ブロックチェーン」という名前のWeChat(微信)のグループチャットが話題になった。仮想通貨に陰りが見える一方で、ブロックチェーン技術自体はまだ夜明け前にあるといえ、期待が高まっている。

冒頭のスピーチで、楊寧は「もともとネットの世界は(すべての人がフェアな立場になれる)ハッピーワールドのはずだった。ところが大企業がデータやユーザーアセットをカットするようになってしまった」「これまでのフリーというのは偽物のフリーだった。ブロックチェーンは真のフリーを実現しうる」と語った。関心は、仮想通貨で稼ぐというところから、ブロックチェーンでどういう真のイノベーションが起きるのか、それにどう関われるのかというところに移ってきている。

山口亮子 (ジャーナリスト)

参照元 : Wedge





【中国】両腕がない美女の生活が凄い

中国にて、両腕がない美女の生活が凄すぎると世界中で話題になっています。

2018-03-29_151206

2018-03-29_151313

2018-03-29_151151

まるで足を手のように使いこなす彼女。服を着たり、自動販売機で買ったり、料理を作ったり、ボートを漕いだり。なんでも不自由なく器用にこなす彼女に世界中から凄いの声。







【衝撃映像】トラックの荷台から落ちてきたセメントボードに歩行者2人が押し潰され即死

中国で歩行者2人が、トラックの荷台から落ちてきたセメントボードに押し潰されて死亡するという衝撃映像。

2017-12-20_193009

歩行者2人は即死。



▼アップ映像



中国で根強く支持されている禁断の予言書「2017年日本は中国に消滅させられる」

「2017年日本は中国に消滅させられる」禁断の書『推背図』が予言! 日中開戦で日本滅亡、李鵬元首相も発言!

2017.05.30

■脅威の的中率で禁書

「日本が消滅する」と中国のノストラダムスは予言していた……!

『推背図(すいはいず)』というものをご存知だろうか? これは中国で根強く支持されている禁断の予言書である。

『推背図』は7世紀半ば頃、唐の時代に作られた。作者は、李淳風(りじゅんぷう)と袁天罡(えんてんこう)の2人である。李淳風は、天文学や陰陽学を得意とした学者で、袁天罡は随王朝に仕えた占い師であり、則天武后が女帝になることを予言・的中させた予言者であった。

▼最後の第60象の図には、袁天罡が推すものを李淳風が止める。つまり、1人の人物がもう1人の背中を押しているという絵が描かれている。。画像は下記サイト「大紀元」より参照

2017-06-01_094453

2人が予言書を第60象まで作った時、袁天罡は「この先も予言を続けよう」と言った。だが、李淳風は、予言が的中して人が死んだり国が滅びるなど不吉な事が起きると、逆に自分たちの命が危険にさらされるため「この辺りでやめておこう」と言ったという。このやりとりから、予言を推し進める「推」と、予言を止める「背」意味を組み合わせた『推背図』という予言書が生まれたという。

『推背図』は全篇にわたり、謎めいた図と漢文で記されている。この予言書はその後、歴代の朝廷にも重視され、皇帝が読んでこの予言に基づいて皇子の名前が決定されたといわれる。そして唐の時代を経て宋王朝になると一般にも流布された。だが、あまりの的確な予言に恐れをなした宋代の太祖は、これを禁書として封じるのである。

禁書となるほどの『推背図』には一体何が書かれているのだろうか? 唐王朝の建国から滅亡、楊貴妃の死、チンギス・カンの中国侵攻、文化大革命など、主に中国を中心とした予言が多く載せられている。だが、第一次世界大戦、第二次世界大戦、湾岸戦争など、他国の数々の重要な予言についてもピタリと当てているからすごいのだ。

■1300年前から予言されていた太平洋戦争と日本の敗戦

2017-06-01_094808

『推背図』の中で特に有名なのが、「第42象/原第39象」の予言である。

讖曰
鳥無足 山有月
  旭初升 人都哭

頌曰
十二月中氣不和
南山有雀北山羅
一朝聽得金鶏叫
大海沈沈日已過

図には次のような漢詩が記されている。これを読み解いていこう。

●日本の中国侵攻

図では、一羽の鳥が見下ろすように崖の上に止まっており、崖の下からは太陽が覗いている。旭初升(旭初め昇る)は、日出る国の日本のことであり、昇るように勢いが良いという意味である。これは戦争で日本が快進撃を続けている状況。そして、人都哭(人みな哭く)は、日本に攻められた中国人が泣いているという意味である。

●太平洋戦争勃発

十二月中氣不和(十二月中の気は和やからず)は、1941年12月8日、日本がハワイ島真珠湾を奇襲、太平洋戦争に突入する開戦を暗示している。

●日本の敗戦

また、一朝聽得金鶏叫(金鶏叫ぶを聞けば)は、酉年を表している。大海沈沈日已過(大海は沈沈として日はすでに過ぐ)。「大海は静まり日が沈んでいった……」つまり1945年は酉年に日本が敗戦したという意味である。

■第三次世界大戦勃発!?

2017-06-01_095028

ここからは、『推背図』の驚愕の未来予言を紹介しよう。「第43象/原第56象」の図に描かれている未来予言である。

「第56象」の図を見ればわかるとおり、2人の男が槍を持って向かい合って口から火を吹いている。空中に向かい合う二羽の鳥、海で向かう4匹の魚。これは戦いの図に他ならない。

讖曰    讖に曰く
飛者非鳥  飛ぶものは鳥にあらず
潜者非魚  潜るものは魚にあらず
戦不在兵  戦う兵にあらず
造化遊戯  造られたバケモノが遊戯する

「飛ぶものは鳥にあらず、潜るものは魚にあらず」という文章からは、飛行機や潜水艦のことを連想させる。

「戦う兵にあらず」は、戦いに兵士が必要なく兵士以外の何かが戦うということだろう。これはパイロットが乗っていない無人戦闘機や乗組員がいない小型潜水艦、あるいはドローンやロボットなどが戦っている様相を指しているとは言えないだろうか。そして「造られたバケモノが遊戯する 」は、これらの人造のバケモノ機械が、まるで遊んでいるかのようにゲーム感覚で戦いを繰り広げることをあらわしているように読み取れ、現代のハイテク戦争そのもののように受け取られる。

まさしく第三次世界大戦の様子を表現しているかのようだが、ここで注目したいのが、図に、己未(きのえひつじ)が示されているため、未年(ひつじどし)つまり2015年のことではないかという点だ。

2015年、ローマ教皇が「11月13日に起こったパリ同時テロは、第三次世界大戦の一部だ」と第三次世界大戦について言及していると話題になった。ゆえに、2015年の時点で第三次世界大戦が始まっていたと解釈するなら、『推背図』の予言は当たっていたと言えるだろう。1300年先の未来の戦争まで予言していたとは、まったくもって恐るべき『推背図』だ。

■2017年日中戦争が始まる!

中国では『推背図』を特別な予言書として全国民が注目している。そして、中国のテレビ番組「驚爆新聞線」では、『推背図』の2017年予言を専門家が予想する番組が放送された。番組のなかで、文学歴史研究者である楊蓮道瓩陵集世肪輒椶靴燭ぁ





楊氏が指し示している図は、「第44象/原45象」の予言である。

2017-06-01_095109

讖曰   讖に曰く
有客西来 客の西より来たり
至東而止 東に至りて止るあり
木火金水 木火金水
洗此大恥 この大恥を洗う

頌曰      頌に曰く
炎運宏開世界同 炎運宏く聞きて世界同じく
金鳥隠匿白洋中 金鳥隠匿す白洋の中
従今不敢称雄長 今より敢えて雄長を称せず
兵気全消運已終 兵気全く尽き運すでに終わる

これを読み解くと、太平の世にあって戦火が起こることを意味する。

中国を欺く国家があり、軍隊を中国に向けて派遣するという。しかし、軍隊は上陸する前に消滅させられ、以後中国を侵略することはなくなる。攻め入ろうとする国とは東の隣国日本のことであると解釈するのだ。

そして、楊氏は、「今年2017年こそ日中開戦する!」と解説している。

実は、日本では反日感情を煽るという理由で語られていないが、中国ではまことしやかに『推背図』に書かれた「日本が消滅する」という予言が信じられているといわれている。その証拠に? 1995年には、中国の李鵬元首相がオーストラリア訪問の際、ハワード豪元首相と会談中、「後20年も経てば日本は消滅する」と語ったという。これも『推背図』の「日本消滅予言」にからめた発言である可能性は否定できまい。

1995年から20年後といえば、ちょうど今この時期である。今年2017年、日本は消滅の危機を乗り越えて生き延びられるだろうか?
(文=白神じゅりこ)

参考:『古代中国の大予言書「推背図」開封 (超知ライブラリー)』佐藤六龍(著)/徳間書店
『未来仏ミロクの指は何をさしているか―2012年・25年・39年の秘予言』五島勉(著)/青萠堂
「日刊大衆」

参照元 : TOCANA

米紙「中国当局が2010年末から2年間にわたり、CIAに機密情報を提供していた政府関係者らを殺害したり、収監したりした」

中国、CIA諜報活動を破壊=情報提供者を殺害・収監―米紙

2017/5/21(日) 9:40配信

【ニューヨーク時事】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は20日、中国当局が2010年末から2年間にわたり、米中央情報局(CIA)に機密情報を提供していた政府関係者ら18〜20人を殺害したり、収監したりしたと報じた。

CIAはその後の数年間、中国内での諜報(ちょうほう)活動が不可能になったという。

同紙がCIAの元当局者らの話として報じたところによると、殺害された関係者は少なくとも12人に上った。そのうちの1人は政府ビルの中庭で、同僚の前で撃たれたとされる。

CIAが中国内で構築した諜報(ちょうほう)ネットワークが事実上破壊されたこの事件をめぐっては、CIA内に二重スパイがいたという疑いが浮上。連邦捜査局(FBI)が捜査に乗り出し、元CIA工作員に嫌疑が掛けられたが、証拠がなく逮捕に至らなかった。 

参照元 : 時事通信



【中国・上海】公園のコクチョウを食べた容疑者2人を逮捕「あまりおいしくなかったので、半分しか食べなかった。残りは捨てた」

公園のコクチョウが行方不明に、食べられていたことが判明―上海市

2017年5月11日(木) 12時0分

20170510-04694010

10日、上海で市民からの通報により公園のコクチョウが盗まれていたことが発覚した。もともとは5羽いたが4羽に減っていたという。

2017年5月10日、中国メディア・北京時間によると、上海の公園からコクチョウが盗まれた。

市民からの通報により、上海徐家匯公園のコクチョウが盗まれていたことが発覚した。もともとは5羽いたが4羽に減っていたという。通報を受けた警察は捜査を進め、容疑者2人を逮捕した。

供述によると、容疑者らは4月22日夜、公園に忍び込んだ。池の魚を捕っておかずにしようという算段だったが、警備員がいたので実行に移すことはできなかった。仕方なく辺りをぶらぶらしていると、コクチョウが歩いているではないか。

これ幸いと捕まえて持ち帰ったという。野菜と一緒に焼いておつまみにしたが、あまりおいしくなかったので、半分しか食べなかった。残りは捨ててしまったという。(翻訳・編集/増田聡太郎)

参照元 : recordchina

2017-05-11_164911

2017-05-11_164938

2017-05-11_164925

【衝撃映像】中国の交差点でバイクがトラックに突っ込んだ瞬間に炎上

トラックに突っ込み、その瞬間…バイク炎に包まれる

2017/05/10 17:30

2017-05-11_154328

防犯カメラが事故の瞬間を捉えた。交差点で左折しようとしたトラックに突っ込んできた1台のバイク。その瞬間、バイクが炎に包まれた。

慌ててトラックの運転手も飛び出し、救助に駆け付ける。バイクの男性はすぐに病院に運ばれ、一命を取りとめた。

参照元 : テレ朝ニュース



2017-05-11_154338

2017-05-11_154349

2017-05-11_154401

2017-05-11_154414

2017-05-11_154432


【衝撃映像】中国とラオスの国境にある険しい山脈の上空をドラゴンが飛んでいた!?

謎の映像は中国の山脈の上空を横切るドラゴン。YouTubeにアップロードされた映像は、中国とラオスの国境にある険しい山々の上を飛ぶ神秘的な生き物「ドラゴン」を撮影したものらしい。

スマホで撮影された映像は激しいソーシャルメディアの議論を巻き起こし、一部の視聴者は唖然としたが、他の人はフェイクだという反応の声も多かった。ドラゴンは中国の民俗学の伝説的な生き物であり、その映像が本物であると信じる多くの人々を導いている。




Is this proof dragons exist? Footage appears claiming to show mythical beast flying over Chinese mountain range - but is it all as it seems?

By Nelson Groom for Daily Mail Australia
PUBLISHED: 15:27 GMT, 22 October 2016 | UPDATED: 23:41 GMT, 2 November 2016

Mysterious footage has surfaced showing a 'dragon' flying across a mountain range in China. The vision, uploaded to YouTube, appears to show the mythical creature soaring over rugged a landscape on the border of China and Laos. The mobile phone video has sparked a fiery social media debate, with some viewers stunned but others less convinced.

Scroll down for the video

399B9

Dragons are legendary creatures in Chinese folklore, leading many to believe the footage is authentic. The clip, uploaded by ApexTV, has been viewed over a million times and met with a range of comments.

'Creatures that were as myth and legend are about to become real again,' wrote one commenter. But others cast doubt on the credibility of the footage, claiming the focus on the camera gives it away.

399

The vision appears to show the mythical creature soaring over rugged mountains on the border of China and Laos

The mobile phone video has sparked a fierce social media debate, with some viewers stunned but others were less convinced 'It's a cell phone device camera, so it's pan focused and can't focus on particular object,' wrote one commenter. Others speculated whether the footage was in fact part of a scientific conspiracy theory involving drones. 'I've read some articles about how scientists and engineers have combined knowledge and discovered the natural movement and aerodynamics of a bird so perhaps they have tried to replicate it on a machine,' the user wrote.

参照元 : dailymail

【衝撃映像】中国の高速道路でUFO出現!周囲は騒然!

【動画】ドライブレコーダーが「漆黒のUFO」をバッチリ激写! 高速道路で10人以上が同時目撃、周囲は騒然!=中国

2016.10.06

東アジア随一のUFO多発国である中国で、またしても衝撃の映像が撮影された。なんと、道路上空に不可解な飛行物体が出現、10人以上が目撃したというのだ!

問題の動画は中国広州市の高速道路で今年4月に撮影されたというが、今まで英語圏には紹介されていなかった。そのため、台湾在住で中国語を解するウェアリング氏が自身のサイト「UFO Sightings Daily」で取り上げる運びになったようだ。

それでは早速、問題の映像をご覧頂こう。



動画の冒頭から異様な光景が映し出される。高速道路にもかかわらず、確認できるだけで10人以上が車を降りて、上空に向けてスマホをかざしている。そして彼らが撮影している方向には、ユックリと移動する漆黒の円盤がハッキリと映っているではないか!

2016-10-20_073606

かなり距離があるため、惜しいことにドライブレコーダーの画質では詳細な形状が分からない。撮影者の男性は、しきりに「飛碟!」(フェイディエ、中国語でUFOの意)と叫んでいるが、一体この物体は何なのだろうか?

2016-10-20_073929

専門家のウェアリング氏は「巨大UFO」だと断言。そのため本物のUFOである可能性はかなり高いと思われるが、ネットユーザーからはまるで映画の撮影のようだと否定的な意見が寄せられている。

「何かを撮影してるみたい」
「映画かテレビの1シーンだろ」
「何かの広告じゃないか? 全員がスマホで撮影しているのも怪しい」

言われてみれば確かに、全員が一様にスマホを取り出して撮影している姿にやや違和感を覚える。それに、これほど多くの撮影者がいたなら複数の動画がネット上に公開されていて当然のはずだが、他の動画は今のところ見つかっていない。これはあまりにも不自然ではないだろうか?

ウェアリング氏はそれにも理由があるという。

「中国はUFO映像を国防に関わる機密として扱っているため、ネット上にそういった動画を公開するには危険が伴います」

つまり、多くの撮影者は当局に拘束される危険を考慮して、動画の公開を断念したというのだ。確かに中国が厳しい情報統制を敷いていることはよく知られている。米国と同じようにUFOや宇宙人の情報を隠蔽していてもおかしくないだろう。

2016-10-20_074114

近年、中国は宇宙ステーション「天宮2号」の打ち上げや、世界最大の電波望遠鏡の稼動など、猛烈な勢いで宇宙開発を進めている。もしかしたら、そのこととUFOの出現には深い関係があるのかもしれない……。

(編集部)

参考:「UFO Sightings Daily」、ほか

参照元 : TOCANA

China, Guang


【閲覧注意】中国のゲーム依存症ニートが父親にゲームを取り上げられて激怒!親父の首を切断し殺害(R18指定)

【超・閲覧注意】ゲーム依存症のニート、ゲームを取り上げた父親にブチ切れ→スパッと斬首=中国

2016.08.23

2016-08-24_045638

日本貿易振興機構(JETRO)が発表した2014年の「中国ゲーム市場調査」によると、中国全土におけるゲームの市場規模は1,148億元(1兆7,000万円)で、前年比37.7%の増加と急成長を遂げている。しかしその一方で、寝食を忘れてゲームに夢中になった若者が過労死するなど、“ゲーム依存症”が社会的な大問題にもなっているようだ。

そんな中国で、ゲーム依存症の少年が父親の首を切り落とすという惨たらしい事件が発生した。今月4日に掲載された「LiveLeak」の情報によると、学校にも行かず一日中ゲームに没頭していたニート状態の息子から、父親がゲーム機を取り上げたところ、息子は大激怒して蛮行に及んだという。

■東アジアで広がるゲーム依存症

ゲーム依存症が社会問題となっているのは、中国だけではない。今年3月に韓国で発表された「韓国国民の健康を害する5大中毒」では、アルコール・依存性薬物・インターネット・賭博、そして5つめの中毒として初めてゲームが認定され、薬や酒と同様の依存症と見なされることに。政府は、青少年のオンラインゲームへの接続を規制する“シンデレラ法”を導入し、16歳未満の青少年は午前0〜6時までオンラインゲームへの接続が禁止されることとなった。

日本にも500万人以上存在するといわれているゲーム依存症。最近ではスマホゲームの普及によって、ネットゲーム依存者も増加中だ。ゲーム依存症になると、「キレやすい」人間ができあがるというが、今回の中国の事件を思うと、その通りなのかもしれない。

(文=北原大悟)

■息子に首を切られた父親

2016-08-24_050043

2016-08-24_050101

逮捕された息子

2016-08-24_045945

参考:「LiveLeak」、ほか

参照元 : TOCANA

ボカシ無し(R18指定)はこちら

2016-08-24_050011

2016-08-24_050026

2016-08-24_045926

中国・北京にあるサファリパークで車内で口論になった2人の女性が車を降り、トラに襲われ1人死亡、1人負傷(映像アリ)

サファリパークでトラに襲われ女性1人死亡 中国

2016年7月25日 15時35分

2016-07-25_235209

【AFP=時事】(写真追加)中国・北京(Beijing)にあるサファリパークで23日、車内で口論になった2人の女性が車を降り、トラに襲われ1人死亡、もう1人が負傷する事故が起きた。中国メディアが24日、報じた。

中国の国営通信社・中国新聞社(China News Service)の電子版によると、事故が起きたのは八達嶺野生動物世界(Badaling Wildlife World)。

トラは車から降りた女性に襲い掛かり、それを見たもう1人の女性も襲われた女性を助けようと、車から降りた。だが、別のトラに襲われ女性は死亡し、トラは遺体を運び去ったという。

車には女性たちの他に男性1人、小さな子ども1人も同乗していて、男性は女性たちを救出しようとしたという。2人にけがは無かった。この動物公園は「是正」のため閉鎖命令を受けた。

ニュースポータルサイト「捜狐(Sohu)」が報じたところによると、まもなく動物園の職員らが駆け付けたが、1人しか助けられなかった。負傷した女性は病院で治療中で、快方に向かっているという。

この野生動物園は、園内を自家用車で見て回ることのできるサファリパークスタイルを取っているが、車から降りないよう来園者に注意を促していた。

【翻訳編集】AFPBB News

参照元 : AFPBB News


Yesterday afternoon, several visitors from driving into as Beijing Badaling Wildlife Park, a woman got out and was towed behind a tiger, then, the two with the car, to catch to save a woman, they are also a tiger attack.

Incident caused 1 dead, 1 injured.

It is understood that the relevant parties had signed letters of responsibility for visitors, which explicitly states that self-driving into the park, to lock car doors and windows, non-stop.

Tiger kills one and injures one in park



米国のバイデン副大統領「日本は事実上、一晩あれば核兵器を製造する能力を持っている」

米副大統領「日本は一晩で核兵器を製造できる」

2016年6月23日(木)9時45分配信

20150207-04

米国のバイデン副大統領は中国の習近平・国家主席に対し「北朝鮮の核開発をこのまま放置し、その結果日本が核武装したらどうするのか」などとして北朝鮮に圧力をかけるよう求めていることが分かった。

バイデン副大統領は20日(現地時間)、米国のPBS放送に出演した際、中国側に上記のような論理を突き付けている事実を明らかにした。バイデン副大統領は「われわれは習主席に対し、北朝鮮がハワイやアラスカはもちろん、米本土まで攻撃できる核兵器の開発を進めている事実をはっきり認識するよう求めた」「それに対してわれわれが防衛システムのレベルを上げようとすれば、習主席はそれに反対し、米国が中国を包囲していると考えるようだ」などとも話した。バイデン副大統領が語る防衛システムとは、韓国と米国が韓国国内に配備を検討している高高度防衛ミサイル(THAAD)のことだ。

バイデン副大統領はさらに「われわれは中国に対し、日本が明日にでも核武装をすれば、どのようなことが起こるか理解しているのか問い詰めている」とした上で「日本は事実上、一晩あれば核兵器を製造する能力を持っている」との見方を示した。

参照元 : 朝鮮日報日本語版


中国が太陽より3倍も熱い「人工太陽」を開発中

太陽より3倍も熱い「人工太陽」を中国が開発中! 4900万度の加熱で、融合炉が溶けない理由とは?

2016.02.18

無限のクリーンエネルギー。石油・石炭・天然ガスなどの化石燃料への依存から脱却し、誰もが次のエネルギーを探し求めていることに異論はないであろう。「核エネルギー」というと途端に拒絶反応を示す人も少なくはないが、2月9日に英紙「Express」に掲載されたレポートによれば、中国科学院合肥物質科学研究院において、水素ガスを使用した核融合実験で、なんと太陽の中心温度の約3倍に近い4900万度の高温を維持することに成功したとの発表があったという。

■水素ガスを4900万度まで加熱し102秒間維持することに成功

2016-02-23_110627

高温度の核融合炉にはいくつかの型があるが、今回は「先進型超電導トカマク型実験炉(通称EAST)と呼ばれるもので、ドーナツ型の形状と電磁石を用いて強力な磁場を発生させ、プラズマを閉じ込める装置が使用された。実験結果は、水素ガスを約5000万ケルビン(摂氏4900万度)まで加熱し、それを磁場の力で炉内に留め、102秒間維持することに成功したとのこと。

この温度は、中規模の熱核爆発と同等であるという。これまでは、ドイツでの実験が最先端であると知られていたが、そのドイツの実験の結果は、2メガワットのマイクロ波を利用した水素ガスの加熱で、温度こそ8000万度に達することは成功したが、持続時間はほんの一瞬とのことであった。

■目標は、1億度を17分間

ヨーロッパの科学者たちの間では、これほどの高熱では、炉自体を溶かしてしまう恐れがあるという見解が一般的であったが、今回の実験では強力な磁場を利用し浮遊させ、炉の壁から離れた位置での反応を維持することができたために、この温度を長時間維持することができたという。また、中国においての目標は1億度を17分間維持することとのこと。

現在、各国で国際的な協力下のもと、さまざまな実験が繰り返し行われているが、この中国での実験の成功は、フランスにある国際熱核融合実験炉ITERでの次へのステップアップのきっかけになると捉えることもできる。しかし、まだこの技術は巨大な実験室の中で行われているもので、実際の利用は、実験が順調に進んでいったとしても、数十年先のことになるであろうと言われている。

2016-02-23_110706

確かに、化石燃料と比較して大きなエネルギーをクリーンな方法で取り出すことを可能にする技術なのかもしれないが、まだまだ技術面で飛躍的な進歩や、それにともなうさまざまな課題がのこされているようである。

(文=高夏五道)

参考:「Express」ほか

参照元 : TOCANA


End of fossil fuels? China close to creating 'ARTIFICIAL STAR' three times hotter than sun

SCIENTISTS in China are a step closer to creating an 'artificial sun' using nuclear fusion, in a breakthrough that could break mankind's reliance on fossil fuels and offer unlimited clean energy forever more.

By TOM BATCHELOR
PUBLISHED: 07:00, Tue, Feb 9, 2016 | UPDATED: 07:30, Tue, Feb 9, 2016

nuclear-641884

Scientist working in a French nuclear fusion chamber
Chinese experts last week successfully produced hydrogen gas more than three times hotter than the core of the Sun.

Crucially, the scientists were able to maintain that temperature - 50 million°C - for 102 seconds.

The experiment means nuclear fusion experts are a step nearer to replacing depleting fossil fuels with limitless nuclear energy powered by the ultra-high temperature gas.

97956

Until now, Germany has been at the forefront of the quest for nuclear fusion after physicists there used 2 megawatts of microwave radiation to heat hydrogen gas to 80 million°C - but only for a fraction of a second.

Last week's experiment in China, which took place at the Institute of Physical Science in Hefei using a magnetic fusion reactor, heralded a massive leap in atomic research.

The reactor, officially known as the Experimental Advanced Superconducting Tokamak (EAST), heated hydrogen gas to around 50 million Kelvins (49.999 million degrees Celsius), which is equal to a medium-scale thermonuclear explosion.

This compares to the interior of the Earth's sun, which is calculated to be around 15 million Kelvins.

Scientists in Europe have so far reached temperatures higher than that but only for short periods of time because of fears that the gas would melt the reactor.

Chinese physicists achieved 50 million°C for well over a minute by employing a powerful magnetic field to keep the gas suspended inside the doughnut-shaped chamber.

nuclear-459114

Inside a nuclear fusion reactor

fossil-459116

The development could reduce mankind's reliance on dirty fossil fuels

atomic-459118

A computer illustration of an atomic reaction
The magnetism is achieved by superconducting coils surrounding the structure while driving an electrical current through the plasma.

Their goal was to reach 100 million Kelvins for over 1,000 seconds (nearly 17 minutes).

Despite the achievement, it may still be a few decades before physicists have perfected the technology to make fusion power a reality.



China has propelled itself to the front of the race to perfect solar energy harvesting.

But the technology developed in Hefei could help the International Thermonuclear Experimental Reactor (ITER) being built in France finally crack the code.

Elsewhere in Europe, Germany's €1billion (£770million) "stellarator" achieved another milestone in December by heating plasma to around 1 million degrees Celsius for one-tenth of a second.

参照元 : Express

【衝撃映像】中国で高層ビルから飛び降り自殺をした男がクッションに直撃

中国にて、高層ビルから飛び降り自殺を図った男が救助クッションの上に直撃!

運よくクッションの上に落下したものの、かなり衝撃。

男性の安否は不明。

2016-02-23_101951

Survivability is unknown.

Man jumps off high rise building to commit suicide



客にタトゥーや刺青を彫った彫り師が、「医師法違反容疑」で摘発される例相次ぐ 中国では不衛生タトゥーが原因で悪性脳腫瘍を発症

施術中の彫り師の横で弁当タイムもザラ!? 中国“不衛生タトゥー”が原因で悪性脳腫瘍を発症!

2016.02.16 火

irezumi1

全国の公衆浴場や海水浴場で、タトゥーや刺青を排除する動きが進むのと同時に、彫り師への規制も強化されている。医師免許を持たずに、客にタトゥーや刺青を彫った彫り師が、医師法違反容疑で摘発される例が相次いでいるのだ。

昨年8月には、大阪府のタトゥースタジオの代表と彫り師ら男女計5人が、11月には名古屋市のタトゥースタジオ経営者と彫り師ら男女計4人が検挙されている。

その一方、女性客3人にタトゥーを入れたとして医師法違反で略式起訴された大阪府の彫り師の男性が、無罪を訴え法廷闘争に踏み切るなど、職業としての彫り師の正当性に対する議論が盛り上がっている。

そうした議論のひとつの材料となりそうな事件が、中国で起きた。

陝西省西安市に住む22歳の男性が、背中に彫ったタトゥーから細菌感染したことが原因とみられる、7つの脳腫瘍を発症したのだ。

「新華網」(1月29日付)によると、男性は2014年の年末、街中のタトゥースタジオで、背中に大きな龍のタトゥーを入れた。しかしその後、間もなくして微熱が出るようになったという。近くの病院で風邪と診断され、5日間の点滴で熱も治まったため、気にもかけなかったが、翌15年の6月に再び熱が出ると、それから半年間、高熱を繰り返し、ひどいときには40度を超えることもあったという。

その後、地元の別の大学病院に入院した彼は、腰椎穿指(脳脊髄液圧検査と,液採取のために行う穿刺法のひとつ)と頭部CTを受けた結果、脳が細菌感染していることが判明。脳内に、大小7つの腫瘍が発見された。
 大学病院の教授は、タトゥーを彫る際に使用した針から細菌に感染したことを原因とする見方を示しており、不衛生な場所で安易にタトゥーを彫らないように注意を呼びかけている。

もう少し発見が遅れていれば、運動、知覚、思考などに影響を及ぼす可能性があったという男性だったが、直後に行われた手術が功を奏し、快方に向かっているという。

広東省在住の日本人男性は、中国のタトゥースタジオの衛生状態についてこう話す。

「商店街や住宅街の一角で、『紋身(タトゥー)』という看板を掲げている店をよく目にします。中をのぞくと、ソファに客を寝かせて施術していて、その横で別の従業員が弁当を食べていたりする。彫り師もマスクなんてしてませんから、衛生観念なんて皆無でしょうね」

日本での彫り師の在り方や、タトゥーや刺青の露出の是非については、さらに本格的な議論がまたれるところ。しかし、タトゥーや刺青の施術が、生命に関わる事態となる可能性があることも事実である。
 
(文=牧野源)

参照元 : 日刊サイゾー

2016-02-17_081416

tatoo_born_500


【中国】慢性感染症、喫煙、大気汚染などの原因で、中国人の癌患者数急増 1日7500人と推計

中国のがん死者、1日7500人と推計 最新調査

2016年1月27日(水)11時10分配信
 
2016-01-27_201744

【AFP=時事】中国では、慢性感染症、喫煙、大気汚染などが原因で、がん患者数が急増しているとの調査結果が26日、発表された。2015年のがんの新規診断例は430万例、死者数は280万人に上ると推計されるという。

中国・北京(Beijing)にある国立がんセンター(National Cancer Center)の陳万青(Wanqing Chen)氏率いる研究チームが、米国がん協会(ACS)発行の学術誌「CA: A Cancer Journal for Clinicians」に発表した研究報告書によると、中国のがんによる死因の第1位は肺がんだという。

報告書によると、約13億7000万人の人口を有する中国では、がんが公衆衛生上の重大な問題になっているという。今回発表された最新報告書は、国内に72か所ある地域のがん登録所で2009年〜11年の期間に収集された、全人口の6.5%にあたるデータに基づくものだ。

研究チームはこのデータを用いて、2015年の中国における浸潤性がんの新規診断例を429万2000例と推計した。

これは、がんによる新規診断例が毎日1万2000例近くに上り、7500人が日々命を落としていることに相当すると考えられる。

報告書によると、男性に最も多くみられたがんは、肺がん、胃がん、食道がん、肝臓がん、大腸がんなどだった。女性では乳がんが最も多く、中国人女性の新規患者全体の約15%を構成していた。乳がんに次いで多かったのは、肺がん、胃がん、大腸がん、食道がんなどで、これらが女性がん患者の大半を占めていた。

中国人男性のがん死亡率は女性より高く、人口10万人当たり166人で、女性の死亡率の約2倍だった。

がん死亡率は2006年以降、男性と女性の両方で著しく低下している。だが報告書によると、人口の高齢化と急激な増加が原因で、がんによる全体的な死者数は、同時期に74%増と大幅に増えているという。

がんによる全死亡の3分の1近くが、胃、肝臓、頸部(けいぶ)などの慢性感染症を原因とするものだった。喫煙は、がんによる全死亡の約4分の1の原因とされた。

「世界最悪レベルと考えられている屋外大気汚染、石炭や他のバイオマス燃料を使用した暖房や調理による屋内大気汚染、土壌や飲料水の汚染などは、中国の住民が多くの環境発がん物質にさらされていることを意味する」と報告書は指摘している。【翻訳編集】 AFPBB News

参照元 : AFP=時事ニュース


中国の喫煙に起因する死者、30年までに年200万人 研究

2015年10月09日 11:57

img_1bf54251cbb4207c3fb06c4268059df7177243

【10月9日 AFP】中国では喫煙に起因する死者の数が、2030年までに年間約200万人に達する見込みとの研究報告書が9日、発表された。この数字は2010年時点の約2倍となる。世界最多の人口を抱える同国では、早死にする人が急増していると、研究チームは懸念を示している。

英医学誌ランセット(The Lancet)に掲載された論文によると、現在の傾向から判断すると、若い中国人男性の3人に1人は、将来喫煙が原因で死亡する可能性があるという。ただ、女性の間では喫煙者が減少しており、それに伴う死者も減少しているという。

中国では、世界全体のたばこ生産量のうちの3分の1以上が消費されており、喫煙に起因する死者の数は、世界全体の6分の1を占める。

研究チームは、「中国で禁煙が広がらなければ、喫煙に起因する年間死者数は、2010年の約100万人から2030年には約200万人に、2050年には約300万人に増加するだろう」と指摘している。人口約14億人を抱える中国での2010年の喫煙関連の死者数は、男性が約84万人、女性が約13万人だった。

喫煙者の死亡率は、喫煙経験が一度もない人に比べて約2倍となっており、肺がんや脳卒中、心臓発作などのリスクが高まる。

研究チームは、40〜79歳の中国人男性のうち、喫煙が原因で死亡した人の割合は、1990年代前半の約10%から現在の20%へと2倍に増加したとしている。

また同誌に掲載された、米アトランタ(Atlanta)エモリー国際保健研究所(Emory Global Health Institute)のジェフリー・コプラン(Jeffrey Koplan)氏とマイケル・エリクソン(Michael Eriksen)氏のコメントによると、中国は世界最大のたばこ消費国であるだけでなく、原料となるタバコ栽培やその後の製造においても世界最大であるという。

「国営たばこ企業『中国国家煙草公司(Chinese National Tobacco Corporation)』は、たばこの販売から得た利益と税金を通じて、中央政府の歳入7%以上を提供している」と両氏は説明している。(c)AFP/Mariette LE ROUX

参照元 : AFP BB NEWS



中国研究チーム「クローン人間をつくる準備は整った」

【クローンの未来】「人間をつくる準備は整った」中国研究チームの発表、倫理的にはOK?

2015.12.16

1997年2月にクローン羊のドリーが発表されてから約19年になる。この間に、クローン技術を含む様々なバイオテクノロジーは加速度的に進化して、今や人間のクローンさえつくる技術が確立されているという。

■クローン人間誕生の「テクノロジーは既にある」

アメリカの「Discovery News」のレポートによれば、中国のバイオテクノロジー企業のボヤライフ(Boyalife)社は、フランスのAPF通信社に「人間のクローンをつくる準備は整っている」と発表し、世界中の研究機関やバイオ関連企業に衝撃を与えている。

現在、ボヤライフ社は中国・天津市に巨大なバイオプラントを建設中で、7か月後に完成予定のそのシステムでは、2020年まで100万頭の牛のクローンを生産する狙いがあるという。ボヤライフ社のCEOであるシュイ・シャオシャン氏によれば、クローン家畜の生産は、ほんの始まりでしかないとのこと。優秀な競走馬や、愛するペット、操作能力の高い鼻の利く警察犬などのクローンの生産は、建設中のプラントの一部ですでに進められている。

2015-12-16_164248

プラントには、遺伝子バンクも併設し、絶滅危惧種の将来的な再生のために500万種に及ぶ細胞サンプルを冷凍保存することも可能にする計画もある。また、ボヤライフ社は、既に韓国のバイオ企業・Sooam社や中国科学院との共同研究を始めており、病気の研究に使われる実験動物のクローン生産の準備も進めている。

シュリ氏は、「テクノロジーは既にここにあり、ボヤライフ社より優れた技術を持つ企業はない」と言い、猿から人へのステップアップに必要な技術は生物学的にはわずかなもので、残された課題はモラルと倫理論議の問題のみであると主張。現在ボヤライフ社が人間のクローン研究をしていないのは、自主規制によるものであるとしている。

シュイ氏は同性婚の例を挙げながら、社会的な価値観は時代とともに変化することも指摘し、将来的に母親、父親の双方から50%ずつ遺伝情報を受け継ぐ子ども以外に、100%母親から、100%父親からの遺伝情報によって生まれてくる子どもの可能性を示唆し、子どもをつくる選択肢がひとつから3つに増えるとも発言している。

■未来の食卓には食用クローン牛が並ぶ!?



一方、ボヤライフ社のパートナー企業である韓国のSooam社は、2005年のES細胞の不正論文疑惑で問題となったものの、世界で初めて犬のクローンをつくり出すことに成功したファン・ウソク博士が創立した企業で、すでに一体当たり10万ドルで、亡くなったペットのクローンをつくる企業としても知られている。

2015-12-16_164803

韓国の東亜日報によれば、ファン博士は、韓国内では人間の胚を使った実験が禁止されていて、今後の実験の進行過程で、人間の胚を使うことになった際に問題が起きる可能性があるために、それが可能な中国での研究を進めているとのことである。

またシュイ氏は、ボヤライフ社は世界で最初のクローン牛のサプライヤーになるであろうとも語っている。均一の遺伝情報を持つクローンは、食肉を生産する上で有益な手段であり、神戸牛のような上質な牛肉を安く、早く、大量に生産する鍵になるであろうとしている。現時点では、ヨーロッパではクローン動物を食肉とすることは禁じられているが、アメリカでは安全であるとしている。国連食糧農業機関では、まだどちらとも答えを出すには至っていない。

ほんの30年前は、クローン人間などはSF映画やコミックの中で活躍する、遠い未来のバイオ技術であったような気がしないでもないが、未来の技術がすぐそこまで来ていることに驚きである。シュイ氏はAFP通信社に「クローン技術は、大衆が思っているほど狂気じみた科学でもなんでもなく、それに携わる科学者も変人ではない」と言ってはいるが、その技術進化と、それに伴う社会や人間の倫理観の変容とのスピードの差は開いていく一方のような気がしてならない。

(文=高夏五道)



参考:「Discovery News」、「Daily Mail」ほか

参照元 : TOCANA


中国の科学者がヒト受精卵に遺伝子操作 欧米で激しい論争に

2015.09.19 07:00

中国の科学者がヒト受精卵に世界初の遺伝子操作──タブーを冒したこの実験について、欧米では学術誌からマスメディアまで、その是非をめぐり大論争となっている。

世界を驚愕させたその実験は今年4月に生物学・生物医学の学術誌「プロテイン&セル」に掲載された論文で明らかになった。中国広東省にある中山大学の黄軍就副教授らの研究チームがヒト受精卵の「ゲノム編集」を行ったというのだ。ゲノム編集とは何か。サイエンスライターの島田祥輔氏が解説する。

「ゲノムはあらゆる生物がもつ、いわば設計図です。生物の身体を料理に例えるとゲノムはレシピにあたり、そこに書かれた情報を基に生物のかたちができあがる。ゲノム編集とは、人為的にこのレシピを書き換えることで生物のかたちを変える技術の一種です。従来の遺伝子組み換えより簡単で、成功率の高い優れた技術です」

ゲノム編集の有益性は高く、農作物の品種改良や新薬の開発、遺伝子治療など様々な分野に応用できる。米国ではHIVに感染したヒトの体細胞からウイルスを取り除く臨床研究が始まっている。

今回の実験が問題視されたのは、世界で初めてヒト受精卵にゲノム編集を施したからだ。欧米ではタブー視される行為であり、激しい論争を巻き起こした。

なぜ、ヒト受精卵のゲノム編集は問題なのか。目や髪の色、筋肉の質や量などの遺伝的特質を人為的に操作して「設計」された「デザイナーベビー」の誕生につながるからだ。個人のさまざまな特質や能力の元となるゲノム情報を「書き換える」ことで、「ヒト作り替え」が可能になる。

さらに問題なのは、ゲノム編集した受精卵から生まれた子供の遺伝子が永遠に受け継がれる点。これにより、現時点でわかっていない副作用などが将来世代に及ぶリスクがある。

「ゲノム編集技術を用いれば、目の色や体質だけでなく、運動能力や体格、IQ(知能指数)すら思い通りに操作できるようになります。SF世界のような“強化人間”も技術的には可能です。しかし、どこまで人間のレシピを書き換えていいのか、そもそも書き換えていいのかという”境界”の議論は世界的に進んでいません。線引きが曖昧な状態のまま中国の論文が発表され、科学界に大きな衝撃が走りました」(島田氏)

今回、中国の研究チームは胎児に成長する能力のない受精卵を使っており、科学的・倫理的な問題点はクリアしたと主張するが、この研究が「ヒト作り替え」の最初の一歩となりうることは間違いない。欧米の科学者は中国の「暴挙」に激しく反発した。黄副教授に電話インタビューを行った英「ネイチャー」誌のデービッド・シラノスキー記者が言う。

「黄副教授はとてもオープンで意思疎通のできる研究者でした。しかし、欧米の人々はこの実験を好意的に見ていない。反対派は将来的に生殖目的でゲノム編集が行われることに危惧を抱いています」

※SAPIO2015年10月号

参照元 : NEWSポストセブン

【衝撃映像】中国・上海の路上で複数の自動車が突然、宙に舞い上がった怪事件はワイヤが原因か?

【怪動画】複数の自動車が突然、宙に浮いた!! 謎のエイリアンの姿も写り込む!=中国

2015.11.30

現在、中国最大の都市・上海の路上で発生した自動車事故の映像に、世界中のメディアが注目を寄せている。それもそのはず、問題の映像には、事故を起こした自動車が突然宙へと舞い上がる信じ難い光景が収められていたのだ。これは一体、何がどうなっているのか? まずはあなた自身の目で、驚愕の瞬間を確かめてほしい。



まっすぐに伸びる、見通しの良い大通り。現場の交差点では自動車やバイク、自転車、そして歩行者が入り交じり、混沌とした交通状況だったようだ。そして画面奥から交差点へと進入してきた1台のワンボックスカーが、停止線付近に差し掛かった時、目を疑うような瞬間が訪れる。なんとワンボックスカーの車体が、何かに吊り上げられるようにしてふわりと浮き上がり、横倒しになってしまったのだ。しかも、隣の車線で停止していたワンボックスカー、さらに対向車線に右折進入してきたセダンまでもが謎の空中浮揚に見舞われている。

2015-12-02_094134

交差点に設置された監視カメラの映像が地元ニュースで報じられると、瞬く間にインターネット上で拡散、事故の原因についてさまざまな憶測が飛び交った。地中を走る電線の影響、路上にあった鋼鉄製のケーブルが画面右端の路面清掃車のブラシに巻き込まれたため、さらにはエイリアンによる攻撃ではないかという声まで巻き起こっているようだ。

しかし映像からは、路上に何らかの変化が起きていた様子を確認することができない。やはり、ここで考慮しなければならないのは今回の事故がエイリアンの仕業だった可能性だろう。実は世界に目を向ければ、走行中のトラックが突然強力なパワーによって空中に持ち上げられ、地面に叩きつけられるという事例が複数報告されている。しかも、事故後に運搬物がごっそりなくなっていることも多いのだ。



今回の映像を解析したUFO研究家スコット・ウェアリング氏は、事件直後に横倒しになったワンボックスカーの傍らを平然と歩き去った男の身長が2m近いことを指摘し、この人物こそがエイリアンであり、何らかの理由によって彼を激怒させたことが事故につながったのではないかと指摘している。果たして、事故の本当の原因は何だったのか? 真相究明のため、中国の交通当局にはさらなる情報の開示を求めたい。

(編集部)

参考:「The Daily Mail」、「UFO Sightings Daily」、ほか

参照元 : TOCANA



UF

UFO, (2)

UFO


交差点で車が浮いた…中国で驚きの事故

2015年11月30日(月)20時25分配信

2015-12-06_064325

中国・河北省で走行中の車が突然浮き上がり、横転する奇妙な事故が起こった。

中国・河北省で発生した奇妙な事故。交差点に走ってきた車が横断歩道手前で止まろうとした瞬間、停車していた車と一緒に突然、浮き上がり横転。さらに、反対車線を走っていた乗用車も浮き上がった。

中国中央テレビによると、事故当時、道路上には長い鉄のワイヤが落ちていたが、走ってきた清掃車のブラシ部分にこのワイヤが引っ掛かり、ワイヤが張られた状態になったことから車が持ち上がってしまったという。

参照元 : 日本テレビ系(NNN)



2015-12-06_064344

2015-12-06_064400

2015-12-06_064427

▼ちなみにドイツで起こったトラックが浮き上がり、積み荷が無くなっていたという怪事件の動画はパロディ映像の可能性あり!



【閲覧注意】電柱に登っていた男が高圧電流に接触し、丸焦げになってしまう映像

【閲覧注意】恐怖の「人間花火」になった男たち! 高圧送電線に触れて爆死!!

2015.11.29

2015-11-26_050451

2015-11-26_050503

世界各国で増加傾向にある犯罪、それは金属盗難だ。日本では平成17年の1年間で5,700件も発生し、被害は20億円に及んだという。マンホールの蓋、公園の遊具、公共施設の設備……など、街中で目にするあらゆる金属が狙われる。犯人は作業服を着て、昼間に堂々と盗みをはたらくため、気づかれないケースも多い。

さて、金属泥棒にとっては「電線」さえも宝の山に見えるようだ。今月17日には、福岡県田川市の太陽光発電施設で、太陽光パネルから延びる複数の送電線が切断されてなくなるという窃盗事件が発生している(被害総額は約1,000万円)。しかし、そんな電線さえも持ち去ろうとする金属泥棒たちを思いとどまらせることができるかもしれない(?)、恐ろしい映像が今月立て続けに動画共有サイト「LiveLeak」で公開された。

2本の映像のどちらも、捉えているのは電柱に登って何かを主張する男たちの姿だ。一方は人生への失望感から電柱に登った中国人の男、そしてもう一方は、(国は不明だが)裁判での判決を不服として電柱に登った男だという。しかし電柱に登るという行為は、たとえ意図せずとも自殺行為にほかならなかった。2人の男は、どちらも電柱に張られた高圧送電線に触れてしまう。そして見られた光景が凄まじかった。

人間が爆発的に燃え上がり、火の玉となっている。そして周囲に大量の火花が飛び散る様は、まさに「人間花火」としか喩えようのない“ド派手”かつ恐怖の瞬間だ。その後の男たちの安否は不明だが、彼らが生還できた可能性は低そうだ――。 トカナ読者に金属泥棒はいないと思うが、たとえイタズラでも電柱に登ることや電線に触れようとすることは、命を失う危険性を伴った極めて無謀な行為であるとお分かりいただけるだろう。

(編集部)

■高圧送電線に触れて「人間花火」になった男たち

The Human Firework ?

Some things don't mix .... like humans and high-voltage power lines, but thanks for the light show.

Apparently he was protesting at a recent decision against him.





参考:「部班泥棒大百科」、「西日本新聞」、ほか

参照元 : TOCANA


人間花火?電柱の上に上っていた男は説得に応じず、高圧電流に触れ感電死する映像。物凄い音と炎を上げて丸焦げになる男性。家族だろうか?男性の死を悲しみ、最後に泣きだす?

Man being burned by electricity on utility pole

He climbed up there for unknown reason and accidentally touched power lines.



南シナ海の人工島付近を米爆撃機が飛行したことに中国が猛反発

中国「主権、安全脅かす」 人工島付近に米爆撃機

2015/11/13 18:10
 
2015-11-13_211726

南シナ海の人工島付近を爆撃機が飛行したことに中国が猛反発です。

中国外務省は、会見で「状況は把握している」と述べ、アメリカのB52爆撃機2機が人工島付近を飛行した事実を認めました。そのうえで、「航行の自由を名目として国際法に違反したり、我が国の主権、安全や利益を脅かすことに断固反対する」と批判しました。アメリカは、「航行の自由を守るために強い姿勢を取る」と表明していました。

参照元 : テレ朝ニュース



2015-11-13_211736

2015-11-13_211747


米爆撃機、人工島近く飛行=中国管制官が退去警告―南シナ海

2015年11月13日(金)6時22分配信

【ワシントン時事】米軍のB52戦略爆撃機2機が先週末、南シナ海・南沙(英語名・スプラトリー)諸島で中国が造成している人工島付近を飛行し、中国の地上管制官から2度にわたり退去するよう警告を受けていたことが12日、分かった。

米国防総省のクック報道官らが明らかにした。

中国は今年5月、南沙諸島の人工島に接近した米軍のP8対潜哨戒機に対し、「軍事警戒地域」に近づいているとして退去を求めた。B52にも「われわれの島から離れよ」と無線で伝えてきたという。

報道官はこれに関し「B52は一帯の国際空域を常に飛行している。中国の管制官がB52と交信を試み、同機はそのまま任務を継続した」と述べた。米国防当局者によると、B52は「日常的な作戦」のため8日にグアムをたち、9日に帰還した。人工島周辺の空・海域の管理を強める中国をけん制する狙いもあったとみられる。

参照元 : 時事通信




最新記事






楽天トラベル



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ