地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

世界

英・ロイズ銀行グループのシンクタンクが過激なレポート公表!35年後の地球の姿「世界中の皆が餓死」

経済どころではない、世界中のみんな餓死! 英大手銀行の過激レポート「35年後の地球の姿」が波紋呼ぶ

2015.07.17

激甚化する自然災害――。ここ数年の台風の猛威は凄まじく、これからの季節は特に警戒を怠ることができないのはいうまでもないが、今後も自然の猛威は勢いを増していくのだろうか。先日、英・ロイズ銀行グループのシンクタンクからショッキングなレポートが公表された。

■世界規模の気候変動で農作物生産が危機に

2015-07-19_083341

「Food System Shock(食品流通危機)」と題されたこのレポートは、昨今の世界規模の気候変動が今後の農作物生産に深刻な打撃を与えることを予測している。そしてこれによって引き起こされる食糧不足が各国の政情を不安にし、ビジネスや交通機関にも影響を及ぼして現在の文明社会を崩壊へと導くというのだ。

ロイズ銀行のシンクタンクとアングリア・ラスキン大学の研究によって作成された今回のレポートは、あくまでも今後の世界経済の見通しを主に、保険業界へ向けて解説するために書かれたものであるが、そのショッキングな内容から世界に警鐘を鳴らすものとなったのだ。

今後の食糧供給の上で自然災害の劇症化とともに問題視されているのが、今後の世界人口の急激な増加であるという。

人類はこの200年の文明の中で60億人まで人口を増やしたが、今後その増加ペースが急激に上昇し、35年後の2050年には90億人に達すると予測している。そして人口増加に比例して高まる食糧需要に応えていくには、2050年までに食糧生産の総量を現在の2倍にしなくてはならないという。革新的な農作物生産技術が生まれない限り、あと35年で2倍にするというのは至難の業であると言えそうだ。

この人口増加の問題だけでも食糧危機の大きな原因となるが、これに追い討ちをかけるのが、気象変動による農作物収穫量の減少である。2002年〜03年にかけて深刻な干ばつに襲われたオーストラリアのような例が今後、世界各地で発生すれば確かに食糧の増産どころの話ではない。

そして度重なる異常気象の末に、世界各地で現在よりもシビアな水不足に見舞われるという予測も示されている。あと10年後の2025年までには、世界人口の3分の2にあたる人々が何らかの形で水不足の影響下で生活することを余儀なくされるとあるのだ。つまり、世界的に見れば水が不足した地域の方が当たり前の状況になるということである。そして当然、水不足は農作物生産に大きな影を落とす。

■穀物価格の上昇は免れない

このような農作物収穫量の減少リスクを伴う危うい生産状況下での、人口増加による農作物需要の拡大は、また当然の帰結として穀物価格の上昇を招く。

レポートによれば穀物の価格上昇はすでに各地で進行中で、昨年秋にはアルゼンチンの大豆とオーストラリアの小麦は共に不作を受けて、2000年前後の約4倍もの値をつけており、米にいたっては5倍もの価格に跳ね上がっていたということだ。そして、今後も穀物価格の高騰傾向は続くと見込まれていると「News.com.au」の記事は伝えている。日本でもこの6月に小麦などが値上げしており、一部ではパンや麺類などの価格にも影響しはじめているのはご存知の通りだ。

2015-07-19_083441

■世界中で食糧をめぐる争いが勃発する

そして、食糧と水の不足が招くことといえば、政情不安だ。

穀物価格上昇の結果、食糧の入手が困難になった中東や北アフリカ、ラテンアメリカの一部の国では都市部での暴動が珍しいものではなくなってきている。

食品流通を守るために軍隊を動員しているケニアでは“食糧強奪テロ”も各地で起っており、これを理由に国民の渡航の自由が禁じられ、首都のナイロビではバスや博物館での同時爆破テロの発生に歯止めがかかっていない状況である。北アフリカではほかにも南スーダン、ナイジェリア、カメルーンなどの国々で食糧を狙ったテロ事件が続発している。

また西アジアでは、インドが食糧価格を高騰させていると非難するパキスタンのナショナリストたちが、インドのクリケット試合会場を爆撃する事件も起きた。

今回のレポート作成を主導したアングリア・ラスキン大学のアレッド・ジョーンズ博士は「もしこのまま何も手を打たなければ、これ(北アフリカや西インドの状況)が我々の運命になることは疑いようがない」と言及している。つまり人類の多くが現状のスタイルの生活を続けていれば近い将来、世界中で食糧をめぐる争いが勃発するというのだ。

■政情不安から国際的商取引の低迷、海や空の交通機関のリスク増大

さらにこれだけでは終わらない。まさに目下の緊急事態であるギリシャ危機で、仮にギリシャがEUから脱退した場合は遂に食糧収奪を目的にした暴動がアテネで起こり得ると予測している。豊かなはずのヨーロッパで“食糧一揆”が起ることなど、これまで誰が考えただろうか? そして同じような“一揆”はほかにもアルゼンチン、サウジアラビア、リトアニアなどでも起こり得るという。

2015-07-19_083532

このような暴動のリスクが国家の政情不安を招き、その結果、国際的なビジネス取引を低迷させ、さらには海や空の交通機関にも深刻な影響を及ぼすという。

食糧の輸出入が減ることで、運輸業者は安全に費やすコストが上昇し、さらなる食品価格の上昇スパイラルを引き起こす。また荷揚の少なくなった商用の港は強盗団の格好の標的になるということだ。

人口増加と気候変動がもたらした食糧危機が、人類がこれまで経験したことのない新たな崩壊へ導くという、まさに“悪魔のシナリオ”が民間銀行のシンクタンクから提出された意味は大きいだろう。ジョーンズ博士が指摘するように、今までと同じ生活は続けられそうにないことだけは、そろそろ肝に銘じておいたほうがいいのかもしれない。そしてこれらの問題に今後どう取り組むのか、まさに人類の叡智が試されているのだ。
(文=仲田しんじ)

参考:「News.com.au」ほか

参照元 : TOCANA


Bye, bye birdie: Civilisation will collapse in 2040, apparently

26 DAYS AGO JUNE 23, 2015 3:15PM

724148-94c44b1e-190b-11e5-9c5f-a3fcf311867f

The end of civilisation as we know it will end in a dramatic weather events that will lead to world
hunger. Source: News Corp Australia
FLOODS, fire, famine. The collapse of industrial civilisation. The end of the world as we know it. Scientists predict a global catastrophe in the next 30 years if we don’t change our ways now — and Australia won’t be spared.
With the world’s population set to hit nine billion by 2050, demands on the Earth to meet food and water supplies could be stretched so tightly humankind will implode on itself; causing civil wars, relentless terrorism and heightened weather events that will leave the world in tatters.
Supported by the British and US governments the Food System Shock report, released by Lloyds this week and developed by Anglia Ruskin University’s Global Sustainability Institute in the UK, suggests a cataclysmic series of events will sweep the world, triggered by a combination of climate change, food and water shortages, energy loss and political instability.
The report, written for the insurance industry, was published in order to assess the risks associated with a global food supply shortage, which is “considered plausible on the basis of past events” and “heightening political instability”.
The theory focuses on the world’s agricultural model and the “increasing pressure” to match supply to demand, as the global population peaks at 9 billion by 2050.
“Global demand for food is on the rise, driven by unprecedented growth in the world’s population, which is expected to surpass 9 billion by 2050. To meet the increased demand for food driven by these factors, the FAO (UN Food and Agriculture Organisation) projects that we must more than double global agricultural production by 2050.
But our “chronic pressure” to keep up with food supply “heightens the system’s vulnerability”.

724200-c07f9274-18f5-11e5-be24-42d1c440f308

Heightened weather events: Lightning strikes over the Greek Island of Pserimos on June 03, 2015. Picture: Dan Kitwood Source: Getty Images

The report predicts an increase in the “intensity and frequency of extreme weather events” including flooding, droughts and wildfires, coupled with the spread of agricultural pests and disease, will leave the global food supply on shaky ground.
“This is further exacerbated by the growing issue of water scarcity, which is accelerating at such a pace that two-thirds of the world’s population could live under water stress conditions by 2025.
“Volatile food prices and increasing political instability are likely to magnify the impacts of food production shocks, causing a cascade of economic, social and political impacts across the globe.” “Severe drought affects eastern and south-eastern Australia and Southeast Asia. Australian wheat is reduced by 50% by drought,” it states, noting Australia’s most sever drought in 2002 “coincided with a 21 per cent decrease in summer monsoon rainfall”.
“Eastern and south-eastern states of Australia experience well below average levels of precipitation, which overlap the majority of the nation’s wheat-producing areas. The effects of the drought ripple from the agricultural sector through to urban areas and the broader Australian economy.”

724226-2947784e-18f6-11e5-be24-42d1c440f308

The hypothesis predicts rice prices will increase by a whopping 500 per cent. Picture: Nicolas Asfouri Source: AFP

The hypothesis predicts wheat, maize and soybean prices will “increase to quadruple the levels seen around 2000,” while rice prices increase by a whopping 500 per cent.
From there begins the domino effect: “Significant negative humanitarian consequences and major financial losses worldwide” are followed by political turmoil, terrorism, and war.
“The increase in grain prices causes difficulties for some countries and food riots break out in urban areas across the Middle East, North Africa and Latin America.
“On the back of the deployment of the military in Kenya to manage food distribution, several terrorist attacks take place across the country, resulting in travel bans, and simultaneous bomb blasts occur on buses and in museums in Nairobi.
“A coup breaks out in South Sudan. In Nigeria, food shortages are seen as a further move by the government to control food supply into the north of the country and Boko Haram launches a major offensive. The capital city experiences running battles while the main ports are captured by rebels. Looting is widespread. Violence spreads further into Cameroon.
“African troops are deployed into Nigeria but fail to stop the country from falling into civil war.
Tensions between Pakistan and India rise as the Pakistani media and nationalist politicians blame India for exacerbating the crisis and forcing further food price inflation on Pakistan. A bomb explosion at an Indian Premier League (IPL) cricket match is claimed by the Lashkar-e-Taiba terrorist group in retaliation for India’s aggression against the Pakistani people.
“All IPL matches are suspended pending the completion of a security review.”

725576-cc3dc1e8-18f6-11e5-be24-42d1c440f308

Children between the ages of four and five suffering from malnutrition are pictured in a nursery in Anpyon County, Kangwon province in hunger-stricken North Korea. Floods that devastated much of the North's farmland and industrial bases in 1995 and 1996 worsened already severe food shortages. Picture: Kathy Zellweger Source: AP

Considering population growth has grown by six billion in just 200 years, the strain on our Earth and the consequences surrounding it is a very real prospect.
According to Insurge Intelligence, who initially reported on the scientific model, Anglia Ruskin University’s Global Sustainability Institute (GSI) Director Dr. Aled Jones confirmed if there is no change in the ways we operate, there is no doubt this will be our fate.
Preparation and change, they believe, is key.
It comes as musician Anthony Hegarty fired up on Q&A last night, accusing politicians and spin-masters of ignoring climate change.
Mr Hergarty said 50 per cent of the world’s species will be extinct in the next 70 years and that unless governments “changed track” we were “all doomed”.
“You’re doomed, I’m doomed and your children will be doomed,” he added.
Now there’s some food for thought.

724280-7fd8ae48-18f7-11e5-be24-42d1c440f308

Happening already: Indian children of boatmen run as they attempt to catch severed kites in a dry river bed area as the water level of Ganga recedes due to extreme hot weather and short water supply from Tehri dam, in Allahabad on June 3, 2015. Picture: Sanjay Kanojia Source: AFP

参照元 : NEWS.COM.AU

【アホノミクス】先進国の中で日本人の「幸福度」は最下位だった

日本人の「幸福度」は先進国で最下位 「幸せはお金で買えない」国民性なのか

2014年11月9日(日)11時45分配信
 
1153903p

米シンクタンクのピュー・リサーチセンターが2014年に世界各国の「幸福度」を調べたところ、国民1人あたりのGDPが向上した新興国における幸福度の伸びが顕著ということが分かったそうです。

英タブロイド紙のデイリーメールは、この調査結果を「幸せはお金で買えることが証明された(More money DOES make you happier)」という刺激的な調子で報じています。

上位にはイスラエル、米国、ドイツ、英国
 
この調査は世界43か国の国民に対し、アンケート形式で実施。「生活の満足度」をはしごに例え、考えうる中で「最も良い生活ができている場合」は10段目、「最悪な場合」は1段目を選ばせ、7段目以上と回答した人の割合で「幸福度」を算出しています。

2014年の「幸福度」では、イスラエルが75点、米国が65点、ドイツが60点、英国が58点といった国が上位を占めています。

一方、前回調査の2007年から最も「幸福度」が伸びたのは、インドネシアで35ポイント(23点→58点)。次いで中国(26ポイント)、パキスタン(22ポイント)、マレーシアとロシア(ともに20ポイント)と続きます。経済成長が著しくGDP(国内総生産)が上昇した国が目立ちます。

経済や社会が比較的成熟してGDPも高い先進国は、「幸福度」では上位を占めていますが、欧米諸国の不景気の煽りをあまり受けなかったドイツを除き、「幸福度の伸び率」の動きはほとんどありませんでした。

GDPの高さと幸福度がほぼ比例していることから、デイリーメールは「幸せはお金で買えることが証明された」と報じていますが、その一方で、

「お金がなくても幸せな家族はいるし、お金持ちでも夫婦喧嘩が絶えず子どもがドラッグに走る家だってある」

というベトナム人のコメントを掲載するなど、お金が幸せの全てではない、という見方も一応フォローしています。

インドネシアを大きく下回る「日本の幸福度」
 
タブロイド紙のデイリーメールらしい拝金主義を煽る品のない記事ですが、寄せられたコメントには「健康」や「愛」といったお金以外の幸せの要素について触れているものが多く見られました。

「お金はモノを買うためだけのものじゃない。ストレスを減らしたり健康的な生活を保障するものでもある」 「お金があったって早死にする億万長者だっている。お金で健康が買えないこともあるよね」 「そんなに健康じゃなくても、真実の愛があれば人生は豊かになるでしょ」

しかし中には、こんな皮肉を言う人もいます。

「『お金で幸せは買えない』なんて言うのは、すでにお金を持っている人だけだ」

また記事によると、2014年の日本の「幸福度」は43点で、韓国の47点やイタリアの48点、フランスの51点を抑えて先進国最下位となっています(EU加盟国ではギリシャの37点がありますが)。これはインドネシアの58点をも下回っています。

日本は2002年が驚異の39点ですから、そこから見たらだいぶ回復したのかもしれません。とはいえ日本のGDPは、米国と中国に次いで世界第3位のはず。「幸福度はGDPに比例する」という推論を真っ向から否定する結果となっています。

GDPは高いのに、幸せを感じられない日本人。もしかすると「幸せを感じられないお金持ち」の皮肉が最も当てはまるのは、私たちなのかもしれないですね。

(参考)More money DOES make you happier (Daily Mail Online) / People in Emerging Markets Catch Up to Advanced Economies in Life Satisfaction (Pew Research Center)

参照元 : キャリコネ

Satisfaction-60

Satisfaction-61

Satisfaction-08

Satisfaction-09

Satisfaction-07

世界で糖尿病が急増!13年では1位が中国でインド、米国と続き、日本は10位

糖尿病が世界で急増 「たばこより脅威」

2014年9月2日9時57分
 
img_diabetes04

糖尿病が世界で急増している。各国の糖尿病関連団体でつくる国際糖尿病連合(IDF)によると、2013年の世界の糖尿病人口(20〜79歳)は3億8200万人で、1億9400万人だった03年から倍増。35年には5億9200万人に達する見込みだ。経済成長に伴い中国やインド、アフリカでも年々深刻化しており、欧米では糖尿病や肥満の対策として糖分を多く含んだ清涼飲料などに課税する動きも出始めている。

IDFによると、糖尿病人口の約80%は中低所得国の人々。13年は1位が中国でインド、米国と続き、日本は10位だ。35年までに中国では約1・5倍、インドで約1・7倍に、サハラ砂漠以南のアフリカでも倍増する見通し。13年の糖尿病による世界の死者は510万人で、喫煙による死者約600万人に迫る。低所得国では資金不足で治療を受けられない患者も増えると懸念される。

世界保健機関(WHO)は13〜20年の「行動計画」で、糖尿病を含む非感染症の死者を25年までに25%削減する目標を掲げている。国連のデシューター特別報告者(食料問題担当)は今年5月、高カロリーで栄養バランスが悪いジャンクフードなど不健康な食品は「たばこより大きな健康上の脅威」と警告、規制を急ぐよう各国に促した。

メキシコは糖分を含む清涼飲料やファストフードなど高カロリー食品への課税を今年1月から開始。清涼飲料への課税はフランスやハンガリーでも既に導入されている。

米メディアによると、カリフォルニア州では2月、州内で売られる糖分を多く含んだ清涼飲料や栄養ドリンクなどに「肥満や糖尿病、虫歯の原因になります」との警告文掲載を義務付ける法案が提出された。6月に州議会で否決されたものの、票差はわずかだった。

サンフランシスコ市では7月、加糖飲料に課税する条例の賛否を11月の住民投票で問うことが決まった。

大手清涼飲料メーカーは「清涼飲料だけをやり玉に挙げるのは不公平」と強く反対。飲み物に加える砂糖の量は以前より減らしていると説明するなど防戦に躍起だ。(共同)

参照元 :
日刊スポーツ



【珍走族】竹槍バリバリな日本の族車が高速道路を爆走する動画に世界中からツッコミ「漫画かよ」「クソだっせえ」

【暴走族】高速道路を激走する竹槍バリバリな日本の族車に世界中からツッコミ続出 「虫かよ」「排水管の大会に行こうとしてんじゃねえのか」

2012年6月20日

crazy-customized-japanese-cars-dragon-ball

以前、「日本の族車が大集合する動画が話題に」なる記事をお伝えした。爆音をまき散らしながら走る族車に対し、とある海外ユーザーは「下痢便サウンド」と見事な表現をし、日本のネットユーザーも妙に納得させられたのは記憶に新しい。

そんななか、またも日本の族車映像が動画サイトにアップ&様々な動画サイトに転載されており、世界中のユーザーから様々なコメント、ならびにツッコミが相次いでいる。

今回話題になっている動画の内容は、竹槍マフラーが何本も付いている族車たちが高速道路を激走……である。YouTubeにも転載されており、「Crazy Customized Japanese Cars Dragon ball」というタイトルが付けられているが、数ある動画サイトのなかでも特に過激なユーザーの集まるサイトに寄せられたコメントを意訳してみると……

「なんてこった……」
「クソだっせえ」
「狂っていやがる」
「マジで意味がわかんねえ」
「ああ、これ暴走族だろ」
「コーンフレークの箱みてえなクルマだな」
「虫かよ」
「漫画かよ」
「トランスフォーマーかよ」
「ガンダムかよ」
「なんなんだよこのパイプはよぉ」
「排水管の大会に行こうとしてんじゃねえのか」
「俺は日本でピカチュウカーを見たことがあるぞ」
「ピカチュウカー期待してたのに出てこねえじゃねえかよ」
「マッドマックスを思い出したよ」
「mad japx」
「わりとクールじゃねえか」
「でもよ、暴走族って礼儀正しいらしいぜ」
 
などなど、直管……ではなく直感的なツッコミが相次いでいる。それにしても「排水管の大会」とは、「下痢便サウンド」に続き、これまた見事な表現である。いずれにしても、美しいモノとしては見られていないようだ。

参照元 : Youtube/CleosThoughts
参照元 : ロケットニュース24



人参を皆で囲んで食べるプレーリードッグが超カワイイと世界中で話題に

ニンジンうまそー! ニンジンをおいしそうに食べるプレーリードッグが可愛すぎて世界で話題に

2012年6月15日

prairie-dog-001

これはニンジンのCMに使える! それくらいニンジンがおいしく見える、キュートな動画が現在世界で話題になっている。福岡県・海の中道海浜公園で撮影された「人参を囲んで食べるプレーリードッグ(うみなか)」というこの動画には、ニンジンのスライスをとてもおいしく、そして可愛く食べるプレーリードッグが映し出されており、多くの人がその姿に胸キュンしている。 プレーリードッグたちは、ニンジンの取り合いをすることもなく平和にニンジンを食べており、動画のなかでは見物人から「行儀がいいや!」という声も上がっている。

そして現在この動画は日本だけではなく、世界中の人の心に癒しを与えており、次のようなコメントが動画に寄せられている。

「可愛すぎる!」(アメリカ)
「高貴で、マナーがしっかりしてる」(カナダ)
「ニンジンスライス、めちゃめちゃおいしそう!」(アメリカ)
「モグモグモグモグモグモグモグモグ」(スイス)
「これは何時間も見れるな」(アメリカ)
「0:07に映っているのは、ニンジンじゃない!」(ブラジル)
「お行儀がいいね! むさぼって食べるのではなく、ニンジンをしっかり持って食べてる。動物王国のなかで、最も素晴らしいテーブルマナーのひとつだね!」(アメリカ)※( )はコメント投稿者の国籍

ニンジンが無性に食べたくなってしまう今回のプレーリードッグ動画。もしかしたら野菜の一番おいしい食べ方を知っているのは、動物たちなのかもしれない。ということで今日は、このプレーリードッグみたいにニンジンをムシャムシャ食べて、ニンジン本来の甘味・旨味を楽しんでみてはいかが? (文=田代大一朗)

参照元:YouTube/capylife
http://www.youtube.com/watch?v=CitLj4e2YEo
ソース : ロケットニュース24
http://rocketnews24.com/2012/06/15/221153/

 


人気ブログランキングへ

元格闘家”須藤元気”率いるダンスパフォーマンスユニットの音楽ビデオが世界で大絶賛される

元気が出る動画! 須藤元気率いるダンスパフォーマンスユニットの音楽ビデオがまたまた世界で大絶賛される

2012年5月20日

元格闘家の須藤元気さんと6名の男性ダンサーで結成されたダンスパフォーマンスユニット「WORLD ORDER」が、以前世界に向けて力強いメッセージを発信し、ネット上で大きな反響を呼んだ。

そして今回、また彼らがやってくれた! WORLD ORDER の2ndアルバムに収録されている曲「AQUARIUS」の音楽ビデオをYouTubeで公開したのだが、それが世界中の人々から大絶賛されているのだ。

動画には「和」を思わせる家屋や木々を背に、華麗なダンスを見せるスーツ姿のWORLD ORDERが映し出されており、その背景が見せる「伝統」とスーツが見せる「現代」のコントラストがなんとも美しい。

この創造性あふれる音楽ビデオは、世界中の人々の心に感動をもたらしており、動画には次のようなコメントが寄せられている。
 
「元気が戻ってきてくれて、さらに再び感動を与えてくれた! 嬉しいなあ!」(台湾)
「WORLD ORDERの新ビデオ、キターー!」(ドイツ)
「また新たな傑作が生まれた! 歌も振り付けも素晴らしい! ただただ感動した! 頼むから、これからもこういった素晴らしい曲やパフォーマンスを続けていってくれ!」(アメリカ)
「彼らのアルバムの発売が待ち遠しい!」(オランダ)
「これを見るのが止められない。何回もリプレイボタンを押してしまう」(不明)
「私はブラジル出身の者です。私はあなたたちの映像作品と音楽がとても好きです!」(ブラジル)
「2:00 ナルト(漫画の題名)の印だ!」(カナダ)
「このビデオをアップしてくれて、(日本語で)”ありがとうございます”」(イタリア)
「この人たち凄すぎる!」(ドイツ)
「英語版のファンサイトを作ってくれ! 頼む!」(アラブ首長国連邦)
「エンターテインメントの新しい形」(バングラディッシュ)
「スゴイ! そして3:45に登場する可愛いおばちゃんが大好き」(アメリカ)
※( )はコメント投稿者の国籍
 
このように日本発の作品が海外で高い評価を受けているのを見ると、日本人としてすごく嬉しいし、なにより元気が出てくる! そう考えると、須藤元気さんはまさに名前の通り、「人を元気にする」天才なのかもしれない。

(文=田代大一朗)
https://twitter.com/Daiichiro1
参照元:YouTube/crnaviofficial-1
http://www.youtube.com/watch?v=MMSjOVkkQiE 
crnaviofficial-2
http://www.youtube.com/watch?v=r-qhj3sJ5qs 
ソース : ロケットニュース24
http://rocketnews24.com/2012/05/20/213588/





人気ブログランキングへ

最新記事






楽天トラベル



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ