地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

ロシア

【恐ろしあ】ロシアで違法駐車した車はこうなる

常識では考えられないお国柄のロシアで違法駐車した車がどうなるのか、実に分かりやすい光景です。

2018-03-03_231528

2018-03-03_231538

2018-03-03_231548

2018-03-03_231558

2018-03-03_231608

2018-03-03_231624

2018-03-03_231638

2018-03-03_231658

2018-03-03_231708

2018-03-03_231719

2018-03-03_231729

2018-03-03_231742

恐ろしあ。。。。



【衝撃映像】ロシアの道路で交通事故後に炎上!民間人が炎上する車から間一髪救出

ロシアの道路で交通事故発生!周りの人達がかけつけて、炎上する車から救出。

間一髪のタイミングで事故車からケガ人を救出する衝撃映像。

2017-07-21_024443

2017-07-21_024456

2017-07-21_024511

Elderly man rescued people from burning car 

People trapped are rescued by a group of civilians from burning car



【ロシア地下鉄爆破事件】死者数は14人、49人が現在も入院中!実行犯はキルギス生まれのロシア人

ロシアの地下鉄爆破事件、死者14人に

2017年04月04日 21:27

2017-04-05_190450

【AFP=時事】(更新)ロシア第2の都市サンクトペテルブルク(St. Petersburg)で3日に発生した地下鉄爆破事件で、同国の保健相は4日、事件による死者が14人に増えたことを明らかにした。

ベロニカ・スクボルツォワ(Veronika Skvortsova)保健相は報道陣に対し、死者数は14人で、さらに49人が現在も入院中であると発表した。当局はこれまで死者数を11人と伝えていた。

一方、ロシア捜査委員会は、事件を「テロ行為」として捜査していると発表したが、同時に爆発が他の原因によるものだった可能性についても調べを進めると強調した。

またキルギスの治安当局は4日、同国出身の人物が「自爆犯」だったと明らかにし、犯人が1995年生まれでロシア国籍を取得したアクバルジョン・ジャリロフ(Akbarjon Djalilov)であると発表した。首都ビシケク(Bishkek)でAFPの取材に応じた治安当局の報道官は、「(自爆犯は)ロシア市民だ」と明らかにした上、「ロシアの治安当局と連絡を取っている」と語った。

ロシア当局は容疑者の身元について一切発言しておらず、死者数に自爆犯が含まれているのかどうかについても不明のままとなっている。

その一方で、ロシア政府は同日、爆破事件が同国のウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領を含む、全てのロシア人に対する「挑戦」であると非難した。

ロシアのドミトリー・ペスコフ(Dmitry Peskov)大統領報道官は報道陣に対し、「国内で起きるあらゆるテロ行為は全てのロシア人に対する挑戦であり、元首であるわれわれの大統領もそれに含まれる」と語った。【翻訳編集】 AFPBB News

参照元 : AFPBB NEWS


2017-04-05_190504

img_e3f8040b573952d1e126ddc6b865596c145854


ロシア地下鉄爆破、実行犯はキルギス生まれのロシア人=治安当局

2017年04月04日

2017-04-05_190529

[ビシケク 4日 ロイター] - ロシア第2の都市であるサンクトペテルブルクの地下鉄で起きた爆破事件について、キルギスタンの治安当局は4日、キルギス生まれのロシア人が実行犯とみられると明らかにした。

治安当局の報道官によると、実行犯は1995年オシ生まれのアクバルジョン・ジャリロフ容疑者。詳細は明らかにされていない。

3日に発生した事件では11人が死亡し、45人が負傷している。

参照元 : ロイター


Russia confirms identity of St Petersburg suicide bomber

The suspected suicide bomber who killed 14 people and injured 50 in the St Petersburg underground has been identified by Russian authorities as 22-year old Akbarzhon Jalilov, a Russian of Kyrgyz origin.

Fragments of his body were found on one of the train carriages and his DNA was also discovered on a second bomb defused shortly after the blast.

“Forensic experts have also discovered Jalilov’s genetic traces on a bag containing an explosive device left at Ploshchad Vosstaniya metro station. This evidence as well as the surveillance cameras give us reason to believe the person behind the terrorist act in the train was the same who left that bag at Ploshchad Vosstaniya station,” said Svetlana Petrenko, spokeswoman for the Russian Investigative Committee.

The bomb went off between two stations and the driver of the train, Alexander Kaverin, has been praised for his decision to keep the train going until the next station to make evacuation easier.

“I had no time to be afraid, I just had to do my job,” he told reporters.

When asked whether passengers panicked, he replied: “No, people didn’t panic. When the doors of the first carriage opened, they were all there trying to understand what had happened. They did not even leave the carriage.”

Russia has been on high alert after the so-called Islamic State threatened revenge attacks in reprisal for its military intervention in Syria. The hardline group has been linked to recent attacks elsewhere in Europe.


ウクライナの首都キエフで、ロシア人の著名ジャーナリストが運転する車が爆発!即死

ロシア人の著名ジャーナリスト死亡、車が爆発

2016年7月21日11:02

2016-07-21_230100

ウクライナの首都キエフで、20日、車が爆発し、運転していたロシア人のジャーナリストが死亡しました。捜査当局は、車に爆弾がしかけられた可能性があるとみて捜査を進めています。

20日午前、ウクライナの首都キエフの中心部で、ロシア人のテレビジャーナリスト、パーベル・シェレメト氏が車を運転していたところ、爆発が起きました。車は炎に包まれ、シェレメト氏は即死したということです。捜査当局は、何者かが車に爆弾を仕掛けたとみて捜査を進めています。

車は、シェレメト氏の上司で、内縁の妻だった女性が所有するもので、犯行がこの女性を狙ったか、シェレメト氏を狙ったものかはわかっていません。シェレメト氏はロシアでテレビキャスターを務めた経験もある著名なジャーナリストで、去年2月に射殺されたロシアの野党の有力指導者、ボリス・ネムツォフ氏の友人としても知られていました。

参照元 : TBSニュース

2016-07-21_230113

2016-07-21_230129

2016-07-21_230149

2016-07-21_230159




ロシアが世界中どこにでも2時間以内で到着する核ミサイル搭載の超音速爆撃機「PAK-DA」を開発中

世界中どこにでも2時間以内で到着します。核ミサイル搭載の超音速爆撃機「PAK-DA」が開発中(ロシア)

2016年07月18日

73b96af9

かつて「宇宙を制する者は世界を制する」と言われた。ロシアのプーチン大統領はどうやらこれを実行に移そうとしているようだ。宇宙からの核ミサイル攻撃能力を保有する超音速爆撃機の開発を目論んでいるというのだ。

エンジンの完成時期は2020年を目処としている。機体名はPAK-DA。完成すれば、通常の基地から離着陸し、世界のどこにでも2時間以内に到着できる飛行性能が実現する。必要とあらば核弾頭を搭載して宇宙空間まで上昇し、核攻撃を加えることもできる。

試作エンジンは9月にモスクワ近郊で開催されるARMY-2016 国際軍事テクノロジーフォーラムでお披露目される予定で、すでに組み上がり、試験も無事終えているという。試作エンジンの開発は戦略ロケット軍アカデミーだ。



戦略ロケット軍アカデミーによれば、エンジンには2種のモードが設定されており、通常のケロシン燃料による飛行と宇宙空間用のメタンと酸素による飛行を使い分けることができる。ちなみに超音速、すなわちマッハ5とは、音速の5倍以上の速度である。
 
38e95fd2-s

イギリスの企業リアクション・エンジンズ社もまた2020年までの超音速エンジン開発を進めており、欧州宇宙機関もおよそ8億7,000万円の投資をする。

このSABREエンジンは通常の滑走路から離陸し、世界各地に4時間以内に到着できる。またロケットモードでは液体酸素と液体水素を燃焼させて、軌道にまで到達可能。このときの速度は音速の25倍に達する。さらにエンジンに進入する空気を1,000℃からマイナス150℃にまで冷却して、液体酸素を作成できるという。この間、わずか100分の1秒と瞬きよりも早い。

欧州宇宙機関が開発を進める新型機。画像はイメージ図。
 
625ed487

アメリカの当局はまだ次世代爆撃機が超音速飛行性能を有しているのかどうか発表していないが、2007年にコスト削減のため亜音速機となる可能性が高いであろう旨の発言をしている。

イギリスでもBAEシステムズ社によって、ロシアの超音速爆撃機に似たステルスドローン開発が極秘で進行中だ。これはタラニスと呼ばれ、276億円が投じられている。超音速無人爆撃機部隊の中核を担う予定で、ステルス性を備え、相手の高度な防衛網さえも突破することができる。ただし大気圏外での活動はできないようだ。

イギリス国内で現在最速のジェット機は、最高速度マッハ2のユーロファイター タイフーンである。イギリス空軍筋の話では、アメリカ空軍の技術力について、どうみても30年はロシアより進んでいるとのこと。ロシアが本当に問題の機体を開発しているのであれば、アメリカはとっくに実現しているはずだという。

1957年、ソ連のよる世界初の人工衛星スプートニクの打ち上げ後、アメリカの上院議員だったリンドン・ジョンソンは、「宇宙を制する者は世界を制する」と懸念を表明した。1983年には当時のロナルド・レーガン大統領が通称スターウォーズ計画を発表。これは人工衛星によって核ミサイルを迎撃するという戦略防衛構想であった。計画は進められたが、技術的な困難さから結局は実現にいたっていない。

via:dailymail/ translated & edited by hiroching

参照元 : カラパイア 不思議と謎の大冒険


ロシアが世界を仰天させるプランを打ち出す!「今後20年以内にテレポーテーション技術を確立する」

ロシア「2035年までに“200兆円”つぎ込んでテレポーテーションを実現する」→国営メディアが急遽全否定する異常事態に発展!

2016.06.26

177631

環境汚染や資源の枯渇が危惧される現代において、国家が未来に向かって持続的発展を遂げるためには「科学・技術立国」以外の選択肢はありえない。世界中の国々が、科学技術の振興を競争力向上の決定的要素と位置づけており、その成否によって将来の明暗がわかれることは間違いないだろう。

そのような中、ロシアが世界を仰天させるプランを打ち出した。なんと、「今後20年以内にテレポーテーション技術を確立する」というのだ。早速詳細についてお伝えしよう。

■テレポーテーション技術は夢物語ではない

今月22日、英紙「The Telegraph」が報じたところによると、“テレポーテーション計画”はロシアの国立科学研究機関が打ち出した科学・技術立国プラン「国家技術イニシアティブ」に含まれているという。
 
2016-06-29_205844

空間を物理的に動くことなく、一点から一点へと瞬時に移動するテレポーテーション技術など、SF作品だけの夢物語だと考えている読者がいるかもしれない。しかし、これまでトカナが何度も報じているように、世界中の研究機関が“本気で”テレポーテーションの実験を行っている。

2014年5月には、デルフト工科大学(オランダ)の研究チームが「量子もつれ」を利用して“100%の精度で”瞬時に情報を転送することに成功した。さらに米中の共同チームは、この「量子テレポーテーション」の技術を応用して微生物を瞬間移動させることを試みている。まだまだ物質を転送することの課題は山積みだが、テレポーテーションは決して夢物語などではなく、実現すべき目標として日夜研究が行われているのだ。

そして、クレムリン肝いりの「国家技術イニシアティブ」では、2035年までにテレポーテーション技術を確立するため、総額200兆円もの予算がつぎ込まれる予定だ。計画の責任者であるアレクサンダー・ガレツキー博士は、ビジネス紙「Kommersant」(22日付)のインタビューに次のように答えている。
 
359409

「現代の私たちを取り巻くテクノロジーのほとんどは、20年前のSF映画からの引用のようなものですよ。テレポーテーションだって、今後20年で達成される」

近年、ロシアの科学技術は国家による戦略的支援のもと目覚ましい向上を遂げており、今後数十年のうちに量子コンピュータや神経インターフェイス(人体とコンピュータを直接繋ぐ技術)の分野において、同国がトッププレイヤーの地位に上り詰めることも十分に考えられるとのことだ。

■ロシア国営メディアが即座に否定!

もしも人類がテレポーテーション技術を手にしたら、日常生活が一変するのみならず、安全保障の分野にも相当なインパクトがもたらされることになるだろう。そして、まるでそれを物語るような事態が進行中だ。今回の「国家技術イニシアティブ」が西側メディアによって報道されると、その直後に、ロシア側がテレポーテーション計画を否定しはじめたのだ。

101386

ロシアメディア「スプートニク」(旧:「ロシアの声」)は、英紙「Telegraph」の記事が配信されると、計画筋の話として「それは量子情報通信の話であって、量子テレポーテーションのことを指しているわけではない」と報じている。

まさに、テレポーテーション技術の開発競争に拍車がかかることを防ごうとしているような印象を受けないだろうか? 実質的なロシア国営メディアが、これほど早いタイミングで否定記事を配信すること自体、裏で何らかの意図が働いている可能性が高い。

数十年前、世界各国が他国より1日でも早く原子爆弾完成を完成させようと水面下でしのぎを削っていた構図が、再現されることになるのか? テレポーテーション技術をめぐる各国の“駆け引き”からも目が離せない。

(編集部)

参考:「The Telegraph」、「The Daily Mail」、「Sputnik」、ほか

参照元 : TOCANA




ロシアで中世の武器が発見される

ロシアにあるバイカル湖のスポットに中世の武器が発掘されました。イルクーツク国立研究工科大学の教授アルトゥールKharinskyは、"我々がこれを発見したことは幸運です。

我々は破壊から古代冶金のこれらの異常な遺跡を発見し、保存することができた。 第二に、我々は約1000ADにさかのぼる高度な冶金技術の証拠を発見しました。

Medieval Weapons Forge Found In Russia

2016年6月27日

Archeologists walking to a beauty spot on Lake Baikal chanced across the 'unique' ancient furnaces after noticing slag and clay coating on a rough road used by tourists to access the shoreline. Tests with geophysical equipment confirmed the presence of underground structures. Two furnaces made of stone were unearthed, believed to have been used to smelt iron ore for weapons such as knives, arrowheads and quiver hooks as well as parts for harnesses, stirrups, sickles, and belt buckles. Professor Artur Kharinsky, of Irkutsk National Research Technical University, said: 'We are lucky to find this. Firstly, we managed to find and save these unusual remains of ancient metallurgy from destruction.

2016-06-29_122503

2016-06-29_122518

2016-06-29_122529

2016-06-29_122541

2016-06-29_122552

2016-06-29_122603

2016-06-29_122622

2016-06-29_122636

Secondly, we found evidence of advanced metallurgical technology dating back to around 1000 AD. We will get a more precise age of the finds after radiocarbon analysis.' The furnaces may have belonged to the Kurykan people, known as skilled blacksmiths. 'Apart from the furnaces, we found the slacks, pieces of ore and parts of a clay cover which also prove the existence of a metallurgical workshop.' The site is located on a hill several dozen metres from the lake. It seems to have been chosen for optimum wind need for the combustion process. Had the excavation not gone ahead, tourist traffic could have destroyed the site.

参照元 : liveleak

ロシアに亡命中のエドワード・スノーデン氏がニコニコ生放送で日本の危機を指摘

亡命中エドワード・スノーデン氏、日本の危機を生中継で指摘

2016年6月4日 19時40分

2016-06-07_022824

アメリカ国家による国民の監視の実態を内部告発し、世界を震撼させたエドワード・スノーデン氏が4日、亡命先のロシアからネット回線を使い、東京大学(本郷キャンパス)で行われたシンポジウム「監視の“今”を考える」に出席した。個人情報の大量収集が市民社会にもたらす影響や、近年の日本政府による情報コントロールの危険性について鋭く語った。



冒頭で、生いたちを聞かれ「父も祖父も、政府や軍で働いていたので、国家に貢献するのは当たり前と思って育ち、政府を疑うなど思いもよらなかった」と幼少時を振り返ったスノーデン氏。アメリカの二大情報機関、CIAとNSA(国家安全保障局)の職員となり「市民のすべての通信を傍受し監視できるNSAの実態を知って、国民の総意で成り立つはずの民主主義国アメリカが、国民をスパイするとはどういうことなのか」と疑問を持ったのがそもそもの始まりだという。

「9.11以降、テロ対策やセキュリティの名目で監視が強化され、“隠すことや悪いことをしていなければ、怖れる必要はないでしょう”と、政府は説明して、私たちにプライバシーを差し出せというわけですが、結果、テロに関係ないであろう弁護士やジャーナリスト、人権活動家、さらにドイツのメルケル首相までが盗聴の対象になっている」と話すスノーデン氏は、「NSAは大手IT企業のサーバーに直接アクセスできるので、ネットで誰が何を検索したか、携帯で誰と話し、どこへ移動したか、すべてのデータが蓄積され、無差別の監視が可能です」と説明した。

「日本社会の現状をどう見るか」との質問が出ると、同氏は「特定秘密保護法以降、安倍政権の静かな圧力、インセンティブ(見返り)を伴う圧力がメディアにかかり、危機的な状態では? 視聴率のいいニュース番組のアンカーマンが降板させられている」と指摘したうえで、「ジャーナリズムの役割は政府のいい点、悪い点を評価し、いつ権力の逸脱や乱用があったか、国民に知らせることにあって、それがなければ民主主義の議論は成熟しない」と議論を展開した。

インタビューの最後、さらにスノーデン氏は「結局、プライバシーとは、あなたが公開したくないことは公開しなくていい権利、あなた自身である権利だと思う」と切り出し、「無制限の監視ではプライバシーは社会のものになり、人権侵害の問題に行き着く。政府の方針に任せるのでなく、市民が社会の主役となり、監視のリスクを議論すべきです」と力説した。

また、今月11日から「スノーデン事件」の一部始終を収め、第87回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞した映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』が公開される。彼が“シチズンフォー”というコードネームで同作の監督ローラ・ポイトラスにメールで接触したのを発端に、香港のホテルでジャーナリストを前に驚くべき証言を明かし、そのスクープ記事が「スノーデン事件」として世界を揺るがす過程が、リアルタイムで記録されている。

(取材/岸田智)

映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』は6月11日よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

参照元 : シネマトゥデイXマネーモンスター





【関連記事】
元CIA職員(元NSA局員)エドワード・スノーデン氏「6月2日、米国で自由法が採択された。米特務機関は、この先も大衆監視を続ける」

スノーデンが再び暴露「NSAはネット監視活動だけでなく、人的諜報を目的としたターゲット攻撃を行っており、北京にはその前線基地が存在する」

米政府が作成したテロ関連の機密文書が流出 「第2のスノーデンが現れた」と波紋広がる

元CIA職員エドワード・スノーデンが地底の高度文明と地底人の存在を暴露?

元CIA職員エドワード・スノーデン容疑者が暴露!自民党もアメリカ情報機関に盗聴されていた

NSA=アメリカ国家安全保障局による情報収集活動の実態を暴露したエドワード・スノーデン容疑者「私は使命を果たした、すでに勝利した」

アメリカの情報機関「NSA・国家安全保障局」が極秘に大量の個人情報を収集していた事が発覚

【仰天ニュース】大きなヒグマと一つ屋根の下で20年間仲良く暮らすロシアの家庭

ロシアの家庭、ヒグマと20年間仲良く生活

japanese.china.org.cn | 30. 05. 2016

d02788e9b6b918b63e700a

大きなヒグマとひとつ屋根の下で暮らすとはどのような感覚だろうか。一般人には想像できないことだろう。イギリスの『デイリー・メール』はこのほど、ロシアの家庭と体重140キロのヒグマの共同生活の物語を伝えた。「ステパン」という名前のこのヒグマは今年23歳で、生後3カ月の時にこの家に来てスベトラーナさん・パンテレエンコさん夫妻と生活するようになった。

「ステパン」は家族の一員であり、畑仕事も手伝い、花の水やりを担当している。一番の好物は練乳で、驚く程の量を食べ、1食で25キロの魚類、野菜、卵を食べる。また、サッカーが大好きで、サッカーをしたり観戦することが一番の楽しみである。

参照元 : 中国網日本語版(チャイナネット)

d02788e9b6b918b63e7001

d02788e9b6b918b63e7002

d02788e9b6b918b63e7003

d02788e9b6b918b63e7004

d02788e9b6b918b63e7005

d02788e9b6b918b63e7007

d02788e9b6b918b63e7008

d02788e9b6b918b63e7009

d02788e9b6b918b63e7006

▼他にもヒグマと暮らすオジサンが居た。




【感動する話】人間のように生きたクマ。人の言葉を理解できて一緒に暮らしたクマの一生。

ヴォイテクは、1963年に動物園で生涯を終えます。20年ほど生きたことになります。幸せだったのかどうかは分かりませんが、兵士たちとは不思議な縁であるし、まるで人間のように生きたクマの一生は不思議なおとぎ話のようです。



伝説のアーク(聖櫃:せいひつ)である古代プラズマ兵器「ガブリエルの箱舟」が発見される!ロシアのプーチンが南極に輸送中!

古代プラズマ兵器「ガブリエルの箱舟」ついに発見される!? 現在プーチンが南極に輸送中!

2016.03.21

現在、「ロシアが国家最高レベルの大艦隊を組み“あるもの”を南極へ輸送している」と、世界中のオカルト愛好家らが注目しているという。それもそのはず、ロシアの大艦隊が輸送しているのは、なんと伝説のアーク(聖櫃:せいひつ)である「ガブリエルの箱舟」だというのだ。

■「ガブリエルの箱舟」とは

「ガブリエルの箱舟」とは何か――。古代イスラム教写本によると“大天使ガブリエルがイスラム教創始であるムハンマド(モハメッド)に託した強大な力を持つアーク(聖櫃)”のことだという。これは世界の終わりを意味する「キヤマハの日」の開示まで、崇拝所である“神殿”に埋めるよう大天使ガブリエルが啓示を下したといわれているものだ。
 
2016-04-01_091452

そんな伝説の「ガブリエルの箱舟」がなんとイスラム教で最も神聖なマスジド・ハラームの大聖堂(モスク)の地中から発見されたというのだ。これが事実なら歴史的にも大きな発見であり、とりわけイスラム教徒にとっては重要な意味を持つ遺跡であることは間違いないだろう。

しかし、なぜこの箱舟をロシアが輸送することになったのだろうか――。それは昨年9月のイスラム教の「メッカ大巡礼」にまでさかのぼる。イスラム教で最も神聖な場所マスジド・ハラームの大聖堂(モスク)の改修工事中に起きた、暴風によるクレーン倒壊事故を覚えているだろうか。巡礼中のイスラム教徒ら107名もの犠牲者を出したモスク史上最悪と呼ばれる事故である。

この事故について英メディア「Daily Star」は、このクレーンの倒壊事故は報道にあるような“暴風”のせいではない、と主張しており、「大聖堂(モスク)の改装工事中に発見された『ガブリエルの箱舟』を掘り起こそうとしたためである」と報じているのだ。
 
2016-04-01_091544

事故のあった9月11日、大聖堂の地中深くから神秘的な箱を発見した作業員らは、作業を進めるためその箱を掘り出そうとしたところ、強烈なプラズマバーストが発生し15名の作業員が即死、その強烈なプラズマにより作業クレーンが倒壊した結果このような大惨事となったということだ。

その後9月24日にも再度発掘を試みるも、またもや大規模なプラズマが発生しモスク巡礼中だったイスラム教徒ら4000人以上が死亡、数万人がパニックに陥ったのだ。この事実をサウジアラビア当局は「メッカ巡礼の教徒らが殺到し、将棋倒しになった圧死事故」と発表しており、真実の公表は一切していないということだ。

■ロシアの最強艦隊に守られ南極へ

しかしながら、この事態を重く見たマスジド・ハラーム大聖堂の代表らは、この巨大な力を持つ「ガブリエルの箱舟」について、迫害を受けていたイスラム教をカトリック十字軍から守ったとされるロシア正教会に相談したという。ロシア正教会キリル総主教はこの事態をロシアのプーチン大統領に連絡すると、大統領はすぐさまロシアの海軍調査船「Admiral Vladmirsky」へ南極任務を命じただけではなく、3日後にはシリアのイスラム国テロリストをターゲットした爆撃を開始するのだ。

ロシアの海軍調査船がサウジアラビアのジェッダ港に収集された理由について、ロシア当局の正式な説明はなされていない。しかし、ソヴレメンヌイ級駆逐艦、ミサイル巡洋艦、大型海上給油艦そして海賊対処部隊の救助曳船までもがジェッダ港へ召集されてることに対しロシア海軍のスポークスマンは「船の乗組員の休息と、食料と水の補給のため立ち寄った」と発表している。

2016-04-01_091634

その発表に対し「Daily Star」紙はサウジアラビアとロシアの国際関係が悪化している今、そのようなことはありえないと一蹴、「ガブリエルの箱舟」を乗せた調査船を護衛するため、このような大艦隊がジェッダ港に召集されたのだ、と報じているのだ。現在この「ガブリエルの箱舟」はサウジアラビアのジェッダ港を出発し、ロシアの大艦隊に守られ南極へ向かっているという。しかし輸送されているものが何なのか正式な報道は一切許されていないという。ただ、ロシアがサウジアラビアから“何か”を南極に移動する支援をしているのは事実だということだ。

この「ガブリエルの箱舟」は、映画インディ・ジョーンズシリーズで知られる失われた伝説のアーク「契約の聖櫃(せいひつ)」を想起させる。雷のような力を持ち、それを手にしたものは世界を征するといわれている伝説のアークである。今年2月にはロシア正教会のキリル総主教の南極入りもニュースになった。何かが南極で始まろうとしているのは間違いないようだ。

(文=遠野そら)

参考:「Disclose.tv」、「Daily Star」、「What Does It Mean」、ほか

参照元 : TOCANA


Russia Begins Transport Of Saudi Arabia’s Mysterious “Ark of Gabriel” To Antarctica

December 6, 2015

By: Sorcha Faal, and as reported to her Western Subscribers

A mind-boggling report circulating in the Kremlin today prepared by the Ministry of Defense (MoD) states that the sudden launching yesterday by Aerospace Forces (AF) of two satellites are for the protection of the Federation naval research vessel Admiral Vladimisky—which has just departed the Saudi Arabian Port of Jeddah after taking on board a mysterious object described as the “Ark of Gabriel” whose importance is deemed so vital that President Putin has further ordered naval warships guided missile cruiser Varyag, the Sovremennyy-class destroyer Bystry, Boris Chilikin-class fleet oiler Boris Butoma, and the powerful salvage tug Alatau that upon the ending of their current mission in India, they are to rendezvous with the Admiral Vladimisky in the Southern Ocean providing it protection as it sails to Antarctica.

rnf1

According to this report, the unprecedented mission being undertaken by the Admiral Vladimisky research vessel began on 6 November when it departed from Kronstadt on the Federation’s first Antarctica expedition in 30 years—and described by the MoD as having such “critical military-religious” significance its cargo includes capsules with Russian soil which will be placed in the areas of military glory and burial sites of Russian sailors at selected ports of call.

To what spurred this astonishing mission, this report explains, was the contacting on 25 September of His Holiness Patriarch Kirill of Moscow by representatives of the Custodian of the Two Holy Mosques in Mecca, Saudi Arabia, regarding a mysterious ancient “device/weapon” discovered under the Masjid al-Haram Mosque (Grand Mosque) during what has turned into a very controversial construction project begun in 2014.

rnf2

Gravely raising the concerns of the Grand Mosque emissaries, this report continues, was when this mysterious “device/weapon” was discovered on 12 September by a 15-man tunnel digging crew—and who in their attempting to remove it were instantly killed by a massive “plasma emission” so powerful it ejected from the ground toppling a construction crane killing, at least, another 107 people.

Catastrophically worse, this report notes, was that barely a fortnight after the first attempt to remove this mysterious “device/weapon” was made on 12 September, another attempt was made on 24 September which killed over 4,000 due to another massive “plasma emission” which put tens-of-thousands in panic—but which Saudi officials then blamed on a stampede.

rnf3

rnf4

rnf5

Though this MoD report mentions virtually nothing about the conversations held between His Holiness Patriarch Kirill and the emissaries of the Grand Mosque in regards to this mysterious “weapon/device”, it does stunningly acknowledge that when President Putin was first informed about this grave situation, on 27 September, he not only immediately ordered the mission to Antarctica for the Admiral Vladimisky research vessel, he, also, further ordered 3 days later, on 30 September, Aerospace Forces to begin bombing Islamic State terrorists and targets in Syria.

As to what this mysterious “weapon/device” actually is we are not allowed to report on due to the strictures we have to abide by in being allowed to publish even the merest glimpses of what happens behind Kremlin walls we are currently permitted to do.

This also pertains to why Russia is helping Saudi Arabia move it to Antarctica—but with both of these nations soon to be at war with the fascist governments of the West, one need only watch the following video [or click HERE] of some of Russia’s top military officers explaining what they know of Antarctica, and its past, to figure out for oneself how critical, indeed, these times really are that we are living in.



December 6, 2015 c EU and US all rights reserved. Permission to use this report in its entirety is granted under the condition it is linked back to its original source at WhatDoesItMean.Com. Freebase content licensed under CC-BY and GFDL.

[Ed. Note: Western governments and their intelligence services actively campaign against the information found in these reports so as not to alarm their citizens about the many catastrophic Earth changes and events to come, a stance that the Sisters of Sorcha Faal strongly disagrees with in believing that it is every human beings right to know the truth. Due to our missions conflicts with that of those governments, the responses of their ‘agents’ against us has been a longstanding misinformation/misdirection campaign designed to discredit and which is addressed in the report “Who Is Sorcha Faal?”.]

Adele’s High Castle In Mali Prompts Scandal

They Are Going To Come For You…Why Are You Helping Them?

参照元 : What Does It Mean

プーチン大統領元側近、米首都で暗殺された可能性

米首都で死亡のプーチン大統領元側近、殺害された可能性が浮上

2016年03月12日 10:04

img_0ad560d9dc8b4721d1280f89b0769c8b189412

【3月12日 AFP】米首都ワシントン(Washington D.C.)のホテルで昨年11月5日にロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領の側近だったミハイル・レーシン(Mikhail Lesin)元情報通信相(57)が遺体で発見された事件で、ワシントンの検視当局は11日、レーシン氏の死因が先に公表されていた心臓発作ではなく、鈍器による打撃で頭部に受けた外傷だったと発表した。

検視当局によると、レーシン氏は頭部のほかに首や胴体、手足などにも外傷を負っていた。レーシン氏が殺害されていた可能性も浮上した。米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)は、同氏が滞在していたホテルに戻る前に「なんらかのいさかい」で生じたものだと伝えている。

この発表を受け、プーチン大統領の報道官は11日、レーシン氏の謎めいた死に関する「詳細で正式な情報」を、米国がロシア政府に提供することを期待していると述べた。ウクライナやシリアの情勢をめぐり米政府との関係が悪化しているロシア政府は、この事件の扱いについて不快感を示した。

レーシン氏の死因については、先にロシアの国営メディアが遺族からの情報として心臓発作だったと伝えていた。レーシン氏の死をめぐりロシアではさまざまな陰謀論が語られたが、ワシントンの警察は、検視当局は同氏死亡の経緯はまだ不明だとしているのであり、現時点で結論を出すのは時期尚早だと強調した。

レーシン氏は1999〜2004年にプーチン政権で情報通信相を務め、その後は大統領顧問などを歴任し、報道の自由を制限したとして批判された。2013年には国営ガス企業ガスプロム(Gazprom)のメディア部門ガスプロムメディア(Gazprom-Media)の最高経営責任者に就任したが、「家庭の理由」で翌年辞任した。ロシアの英語テレビネットワークRTの設立にも関わった。

レーシン氏は、ロシア政府で働いていた間に、米ロサンゼルス(Los Angeles)で2800万ドル(約32億円)の不動産を持つなど、米国と欧州で財産を築いたとされている。(c)AFP

参照元 : AFP BB NEWS




ボリショイタク山の洞窟で惑星ニビルから来た宇宙人の頭骨が?ロシアで発見されたナチス時代の謎めいた3種類の遺物

惑星ニビルから来た宇宙人の頭骨か! ロシアで発見されたナチス時代の3つの謎のアイテム

2016.01.16

頂に雪を残すコーカサスの山々のふもとで、ヒトラー率いるドイツ軍の研究組織が暗躍していた!? 続々と発見される不思議な遺物とナチスドイツの関係性ついて、海外メディアが報じている。

■謎めいた3種類の遺物

黒海からカスピ海へ、全長1200キロにわたり連なるコーカサス山脈は、ヨーロッパ最高峰エルブルス山を擁する雄大な地形である。その山脈の西端に位置するアディゲ共和国で、ある奇妙な遺物が発見された。

2016-02-22_031418

その遺物というのは、古ぼけたブリーフケースと、年号の刻まれた指輪、見慣れない形をした2つの頭骨である。ブリーフケースと指輪についてはごく最近森の中で発見されたものであり、2つの頭骨については約2年前に山の洞窟で発見されたものだ。
 
元は別々の場所で発見されたこれらの遺物であるが、今は地元の研究組織が一手に保管しているという。一見して、何の共通点も持たないように見える遺物がなぜ、まとめて保管される必要があるのか? その答えを探るためには、75年の歳月をさかのぼらなくてはならない。

■コーカサスに執着したドイツ軍

第二次世界大戦の真っ最中である1941年――。電撃戦の成功によって、すでにヨーロッパからフランス・イギリス両軍を駆逐していたドイツ軍は、かねて結ばれていた不可侵条約を一方的に破棄し、ソ連への侵攻に踏み切った。

侵攻後は破竹の勢いでモスクワに迫ったドイツ軍であったが、その途上で手中に収め、敗戦の直前まで支配権を争うこととなったのが、コーカサス山脈を含む黒海沿岸地域であった。

手つかずの自然が多く残るコーカサスを支配下に置いたドイツ軍は、周囲の調査を精力的に行ったと研究者は指摘する。遺物が発見されたアディゲ共和国の領土についても、ドイツ軍の手によって同年に地図が製作されており、その精度と完全性には驚くばかりであるという。

戦略上重要な工業地帯でもなければ、多くの作物を生産する穀倉地帯でもないこの地へ、ドイツ軍はなぜそこまで執着したのであろうか?(例外的に、カスピ海周辺の油田や鉱山は重要性が高かった)

一説によれば、1917年から1923年まで続いたロシア内戦時に紛失したコサックの財宝“黄金のクバンラダ”を捜索していたともいわれるが、研究者の見解では、アディゲ共和国の領内に残されていた石積みの古代遺跡に加えて、キシンスキ(Kishinski)渓谷で高い自然放射能が観測される原因に興味をもった可能性があるという。そうして、実際に調査にあたっていたのは、SS――悪名高いナチス親衛隊のメンバーなのだ。

■75年前のマッチが使用可能? 驚異の保存状態

ここで、前述の遺物について再び目を向けてみよう。森の中で発見されたブリーフケースと指輪は紛れもなく、アディゲ共和国の領内をかぎまわっていた親衛隊にまつわるものである。

くたびれた皮の持ち手が付属したブリーフケースには、剣をあしらったエンブレムのようなものと、角ばったルーン文字が確認できる。これはアーリア人の優秀性を知らしめるため、親衛隊の指導者であったハインリヒ・ヒムラーが設置した、秘密結社めいた研究機関「アーネンエルベ」が用いたものだ。

2016-02-22_031528
指輪についても、1939、1941との年号がはっきりと確認でき、穿った見方をしない限りは、当時のものとして扱うことができるはずだ。

2016-02-22_031550

ただし、発見の経緯について考えるなら、少しミステリアスな部分があることを否定できない。ブリーフケースと指輪の所有者である女性は、森の中の小屋に住んでいるというのだが、誰も正確な場所がわからないという。行方不明の彼女に会うことができない海外メディアの記者は、「彼女はどのようにして森の中の秘密の隠し場所を発見できたのだろう?」という疑問を払拭することができなかった。

また、遺物の保存状態が極めて良好な点についても不思議が残る。ブリーフケースに同梱されたマッチは、今日でも使用することができるほどである。この点について記者は、遺物の所有者である女性が「森の中で“特別な”場所を発見したに違いない」と推理している。

■頭蓋も顎もない頭骨…ふくらむ憶測

では、残る2つの頭骨はどうだろう。

2年前、ボリショイタク山の洞窟で、洞窟探検を行っていたグループが発見したと主張する頭骨は、民族誌学者であるウラジミール・メリコフ氏の元へ届けられた。探検家たちは当初、動物の化石だろうと考えていたようだ。メリコフ氏は頭骨について、詳細に分析を行った。

「頭の下部にある、太い指ほど大きさのある、丸い穴を見てください」メリコフ氏は頭骨の一点に指を当てて続けた。

「ここが背骨の付け根です。そして、位置関係から、この生物が二本足で移動していたことが示されています。また奇妙なのは、頭蓋と顎が備わっていないことです。口には、いくつかの穴が円形に分布しています。眼窩は非常に大きく、それぞれ別の形状に成長した角をもっています。さりながら、顔面の骨はヒト科の動物のように平坦なのです」(ウラジミール・メリコフ氏)

探検家たちから見ても、発見した頭骨は異常なものだった。側に並べられた熊の骨と比較しても、それは明らかであった。

風変わりな頭骨は憶測を呼ぶ――。ある神話学者は、その名前が「天から来た」と翻訳される、角を持ったシュメール神話の神である“アヌンナキ”ではないかと指摘した。

アメリカの作家、故ゼカリア・シッチンによれば、コーカサスに住むアゼルバイジャン人の起源は、太陽系に存在すると仮定されている惑星ニビルにいる宇宙人であるという。そうして、その宇宙人の正体こそ、シュメール神話に登場するアヌンナキなのだ。

2016-02-22_031618

もっとも2つの頭骨が、本当に宇宙人の、またコーカサスに住む人々の遠い祖先のものであるという確証はない。とはいえ、これらの頭骨が特別なアーティファクト・コレクターであるアドルフ・ヒトラーの手に渡っていたに違いないというのが、研究者たちの共通した見解である。

■ヒトラーが夢見た神秘の力

混迷を深めてゆく大戦争のなかで、ヒトラーは絶対的な力の秘密をさぐり、UFOとの接触さえ求めていたという。ヒトラーは新兵器の開発に熱中し、手厚い教育を受けた科学者や専門家たちを、惜しげもなく研究機関「アーネンエルベ」へ送り込んだ。そこで生み出された収穫のひとつが、今回脚光を浴びることとなった2つの頭骨というわけだ。

ここへきて、記事の前半で扱ったブリーフケースと指輪は、ようやく2つの頭骨と一本の線で結ばれる。両者を結ぶのは、チベット、南極、コーカサスと世界をまたにかけ、神秘的な発見を追い続けたナチス・ドイツという国家なのだ。

遺物が発見されたコーカサスに、ドイツ軍が残していったものがもうひとつある。現在自然保護区となっているピツンダ山と、リッツァ湖をつなぐ街道だ。戦争が始まる数年前、ソ連に対する国際協力を目的として、ドイツ軍の建設隊が整備したものだという。

やがて戦争が始まり、戦争が終わり……。今日では観光客たちが、かつてドイツ軍が建設したトンネルを通過し、リッツァ湖へ群がっている。つまるところ、ヒトラーの夢見た神秘の力は、決して戦局を動かすことはなかった。ヒトラー肝いりのアーネンエルベは、2つの頭骨に何を見出したのか?

残念ながら、発見された物証をもとに想像をめぐらせるほかには、事の真相を突き止める術は残されていないのである。

(文=Forest

参考:「Before It's News」ほか

参照元 : TOCANA


The Mystery of the Strange Briefcase and Two Mysterious Skulls Discovered in the Mountains in Russia

Sunday, January 3, 2016 7:33

An Exclusive You Have To See: The Last Frontier of Free Press Is Here! No More Censorship, Unlike YouTube and Others!

Discovered in the mountains of Russia a strange mysterious briefcase and two skulls. According to the journalists of the newspaper “Komsomolskaya Pravda” and “Rossiyskaya Gazeta” briefcase it has written a strange logo “Ahnenerbe” This case was recently found in the mountains of Adygea.

In the mountains of the Caucasus region of Adygeya they were found two skulls belonging to an unknown creature for science with the emblem of the Ahnenerbe, probably the most secret society within the SS, dedicated to the study of the occult and the supernatural forces .

big(2)


According to researchers, it is likely that members of the SS were interested in the mysteries of the ancient dolmens and the causes of high natural radioactivity in the region of Kishinski canyon. It is also possible that they should seek the golden Kuban Rada, lost somewhere in the region during the Russian Civil War (1917-1923).

Researchers have also found a German map of the territory of Adygeya, held in 1941, and have been amazed by the accuracy and completeness it is. These found objects have aroused great interest among specialists.

ady1(1)

Historians know many details of the operation of the Wehrmacht Edelweiss, which planted Nazi banners at the peak of Elbrus, the highest mountain in Europe, located in the republic of Kabardino-Balkaria in the Russian Caucasus. However, what it was the purpose of this secret organization in the mountains of Adygea?

The finding in the forest

In Belovodie ethnographic complex located in the village of Kamennomostsky, the enigmatic skulls and occult secret briefcase SS saved.

ady2

“Increased local man brought me a large brown suitcase with leather handle and the emblem of the secret society Ahnenerbe in the top explains the owner of Belovodie Vladimir Melikov-. It’s a real hermit, living in a cabin in the woods, but nobody knows exactly where. Then I wondered if she had found a secret hideout in the forest. In addition, all items were in good condition. For example, the matches can still be used today. Find a place so exceptional. “

ady3

We note the lid of the case, clearly showing the official emblem of the Ahnenerbe, consisting of runes.

ady10


But what they are sought in these places?

ady5


Ahnenerbe, whose full name is “Society for Research and Training in the German Ancestral Heritage”. This organization existed in Germany between 1939 and 1945 and was created to study the traditions, history and heritage of the “Aryan race”.

ady6


An Exclusive You Have To See: The Last Frontier of Free Press Is Here! No More Censorship, Unlike YouTube and Others!

Ring found near the briefcase that is possibly a soldier.

They are investigating everything that was mysterious and unknown in the world, made expeditions to Tibet, Antarctica and the Caucasus, and sought contacts with UFOs for the secret of absolute power. Hitler’s Germany was actively engaged in developing new types of weapons capable of changing the course of the war. In the Ahnenerbe 350 specialists worked: they were experts with a brilliant education, a great scientific career and several degrees.

Few know that, some years before the war began, specialists in mountain roads a German military construction organization offered help to the USSR to build the road between Pitsunda and Ritsa (from the Black Sea coast a nature reserve mountain, now in Abkhazia), allegedly for reasons of international cooperation. After completing the work, the German specialists found a tragic death, as their car plunged into the gap in a curve. Until today, tourists flock to Lake Ritsa through the tunnels built by the Germans.

ady8


An Exclusive You Have To See: The Last Frontier of Free Press Is Here! No More Censorship, Unlike YouTube and Others!

”Living Water” Ritsa

It later emerged that the reasons for building this strategic road were different. It turned out that hydrologists Ahnenerbe had established that the composition of the water taken from a source located in a cave under the lake Ritsa was ideal for making human blood plasma.

“The” living water “from Abkhazia in silver containers, was transported first to the coast, then by submarine to the bottom of Constance, and finally by plane to Germany,” explains Bormotov, professor of the department of economics and management companies in Maikop State Technological University. There were even plans to build tunnels for the submarine from the sea to Ritsa, but were interrupted by the war.

With regard to Adygeya, it is known stay in Maikop the 49th Mountain Corps of the Wehrmacht, who made the ascent to Mount Elbrus. In the valley of the Belaya River near the Cossack village of Dajovskaya, the SS regiment Westland stood, and between rivers Pshish Psheja and tank regiments Germania and settled Nordland.

8150_1012309868792316_1330394580416435856_n

In autumn 1942, the airport of Maikop 3rd Squadron 14th reconnaissance group, which had twin-engine reconnaissance aircraft FW-189, equipped with the most sophisticated instruments of intelligence and time essentially consisted of flying laboratories was installed .

“That was more than enough to protect undercover investigations possibly performed the Ahnenerbe in the mountains of Adygea” says Bormotov. “Maikop was the city where the Wehrmacht had its headquarters. From there the command of all German military campaign in the Caucasus was exercised. In autumn 1942, in the mountains of Adygea it was no defense line defined and we know cases where isolated groups of German soldiers penetrated deep into the mountains. It is not clear why troops were deployed on Mount Pshekish in August 1944, when the frontline had already moved far to the west. What the Nazis did not have time to finish on Mount Pshekish? Is not this be related to the investigations of specialists Ahnenerbe? “The expert asks.

ady7

An Exclusive You Have To See: The Last Frontier of Free Press Is Here! No More Censorship, Unlike YouTube and Others!

According continues, we may assume that the Nazis were interested in the dolmens, to consider “constructions of prehistoric Atlantis” and “the gateway to parallel worlds.” Even today are still talking about unusual events in the area. Recently in the local press he spoke of unearthing the skeletons of three meters belonging to an unknown human race in Georgia Borjomi canyon.

Skulls of the gods

About two years ago, a group of cavers led the ethnographer Vladimir Melikov two strange skulls with horns which they claimed had been found in a cave on Mount Bolshoi Tjach. They seemed fossilized animals. But when he began to examine in detail the findings made her skin crawl.

“Watch the round hole of a thick finger at the bottom of the head,” said Melikov, showing one of the skulls. “It is the base of the spine. And his position indicates that this creature moved on two legs. Another strange thing is the absence of cranial vault and jaws. A mouth, several holes distributed in a circle. The eye sockets are unusually large, and they two separate growths shaped horns. However, the facial bones are flat, as in hominids. “

10274064_1012309832125653_6507144359974192053_n

Really they look atypical findings. Even when compared with the skull of a bear next door. It is very tempting to think that you have in your hands the remains of an alien.

Photographs of the findings paleontologists were sent from the capital, but they did not react enthusiastically. Just acknowledged that they had never seen anything like it, and hinted cautiously, perhaps it is a sheep skulls were long in a flow of water with sand and were very deformed? But if a deformation is assumed, it was synchronized, as foreign elements are the same in both skulls.

Researchers assume that such findings could also fall into the hands of Hitler’s “magicians” who were looking for extraordinary artifacts.

By the way, mythologists, noting the findings, which were immediately clear. This is the Annunaki of ancient Sumer: horned deities whose name is translated as “come from heaven”. In Sumerian mythology, they participated in the creation of the world.

ady9


The American writer Zecharia Sitchin Azeri origin identifies the Annunaki with the inhabitants of Nibiru, a hypothetical planet in the solar system with an eccentric orbit. Because of the astronomical movements, this planet appears in our range of vision once every 3,600 years. According to Sitchin, in this period the inhabitants of Nibiru descend to Earth and contact with Aboriginal, that is, us.

vlcsnap-2016-01-04-04h01m39s535

“We can build all kinds of versions and conjectures, but the remains found in the mountains of Aguideya will force you to think,” he said by way of farewell academic Ivan Bormotov.

by the way In the summer of 2015 in Elbrus hunters warehouse found another suitcase “Ahnenerbe” from the country of origin of the skull, presumably belonging to the huntsman of the German division “Edelweiss”, a ring and a set of Nazi uniforms. On the ring depicts a profile of a soldier in a mountain caps to which are attached oak leaves. At the bottom of the flower edelweiss. And last year, in the same places the locals reported that excavated the burial of hundreds of bodies of two German Jaegers, which probably covered the avalanche of many years ago.

10606193_164885340540837_3646810633302511103_n




An Exclusive You Have To See: The Last Frontier of Free Press Is Here! No More Censorship, Unlike YouTube and Others!



An Exclusive You Have To See: The Last Frontier of Free Press Is Here! No More Censorship, Unlike YouTube and Others!



An Exclusive You Have To See: The Last Frontier of Free Press Is Here! No More Censorship, Unlike YouTube and Others!



参照元 : Before It's News

ロシアの元石油王ミハイル・ホドルコフスキー氏に殺人容疑 代理人が「政権の茶番」と批判

元石油王に殺人容疑=大統領の政敵−ロシア

2015/12/08-18:18
 
66d7a1f3

【モスクワ時事】ロシアの元石油王ミハイル・ホドルコフスキー氏は7日夜、1998年の殺人事件の容疑者として当局から出頭要請を受けたと発表した。代理人は8日、要請に応じないと述べた上で「(政権の)茶番」と批判した。

同氏はプーチン大統領の政敵。2003年から脱税容疑で逮捕・収監され、13年12月に恩赦で釈放後、海外で事実上の亡命生活を送っている。

恩赦時に「政治に関わらない」と約束したが、独立系選挙監視団を組織し、統一地方選などを通じて政権の不正・腐敗を追及している。政権は大統領選の前哨戦となる下院選を16年に控え、再び強硬な態度に転じたとみられる。

インタファクス通信は8日、捜査関係者の話として、ホドルコフスキー氏が指名手配されたと伝えた。国際手配される可能性もあるという。

参照元 : 時事通信

igrXxJUQyevk

786e873b

isSaEb5rMfwU


イスラム国がロシアのスパイを殺害する映像公開

“ロシアのスパイ殺害” 「イスラム国」が映像公開

2015/12/03 11:52

2015-12-03_211604

過激派組織「イスラム国」は、ロシア国籍のスパイを殺害したとする映像を公開しました。ロシアが「イスラム国」の拠点などへの空爆を開始して以降、初めてのことです。

「イスラム国」は2日、インターネット上にロシア語で「チェチェン共和国のグロズヌイ出身で情報機関の指示で『イスラム国』に潜入した」などと話す囚人服を着た男性を殺害したとする映像を公開しました。「イスラム国」はこれまでにも、「ロシアのスパイ」とする人物の殺害映像を公開してきましたが、ロシアがシリア領内での「イスラム国」への空爆を開始して以降、初めてのことです。この映像についてロシア側は、今のところコメントしていません。

参照元 : テレ朝ニュース

2015-12-03_211541

2015-12-03_211554

2015-12-03_211627


プーチン大統領「テロリストと血まみれのビジネスを行ってはならない。この取引にエルドアン大統領が家族ぐるみで関与している」

「テロリストとビジネス」プーチン大統領トルコ非難

2015/12/03 18:47

2015-12-03_205632

ロシアのプーチン大統領は演説で、緊迫するトルコ問題について語りました。

ロシア、プーチン大統領:「テロリストと血まみれのビジネスを行ってはならない。私たちは知っている。誰がトルコで自分たちのポケットを膨らませているかを。テロリストたちにシリアで盗んだ石油を金に換えることを許している。その資金でテロリストたちは傭兵(ようへい)を集め、武器を買い、非人間的なテロ行為をロシア国民に対し、行っている」

参照元 : テレ朝ニュース



2015-12-03_205725

2015-12-03_205655

2015-12-03_205707

2015-12-03_205739


ロシア・プーチンVSトルコ・エルドアン 攻防まとめ

2015/12/03 16:21

2015-12-03_205327

ロシアとトルコの対立は先月、トルコ軍によるロシア軍機の撃墜が発端でした。プーチン大統領とエルドアン大統領がここから非難合戦を展開します。それまで経済などで強い結び付きがあった両国ですが、溝は深まり、撃墜から3日後に会談を呼び掛けたトルコに、ロシア側は「謝罪の用意がない」とこれを拒否しました。

さらに、ロシアはトルコの農産物などの輸入を止める経済制裁を打ち出しました。そして、プーチン大統領は「ロシア軍機の撃墜は『イスラム国』からトルコへの石油密輸ルートの確保が目的」だったと非難。

これにエルドアン大統領が「事実でなければ大統領を辞める覚悟はプーチン氏にあるのか」と激しく反論しています。その一方で、今月2日、エルドアン大統領は事態の沈静化に努める考えを示しました。そうしたなかで、両国の外相が会談することが決まったと伝えられています。

参照元 : テレ朝ニュース



2015-12-03_205342

2015-12-03_205403


「イスラム国」密輸…ロシアが証拠映像でトルコ批判

2015/12/03 10:35

2015-12-03_204810

ロシアは、過激派組織「イスラム国」の支配地域からトルコに石油が密輸されていると改めて主張し、その証拠とする映像を公開しました。

ロシア国防省は2日、「イスラム国」の石油タンクローリーがシリアからトルコ国境に入ったとする映像を公表しました。また、「イスラム国」側からトルコへの密輸ルートは3つあると説明しました。そのうえで、この違法な取引にトルコのエルドアン大統領が家族ぐるみで関与していると改めて批判しました。

一方、エルドアン大統領は「トルコはテロリストから石油を買うほどモラルを失っていない」と改めて否定しているということです。こうしたなか、ロシアのラブロフ外相は、3日にトルコのチャブシオール外相と会談する意向であることを明らかにしました。実現すればロシア軍機の撃墜以来、初めての外相会談となります。

参照元 : テレ朝ニュース



2015-12-03_204827

2015-12-03_204837

2015-12-03_204847

2015-12-03_204858


ロシア軍のシリア空爆による死者数2371人 このうち403人が民間人、180人が子供

ロシア空爆、1300人以上死亡=シリア

2015年11月20日(金)22時26分配信

2015-11-21_025155

【カイロ時事】在英のシリア人権監視団は20日付の声明で、ロシア軍がシリア空爆を開始した9月30日以降、同軍の攻撃による死者数は1331人に達したと発表した。

監視団は「このうち403人が民間人」と指摘している。

戦闘員では、国際テロ組織アルカイダ系の「ヌスラ戦線」など反体制派547人が死亡。過激派組織「イスラム国」のメンバーは381人が命を落としたという。

参照元 : 時事通信






ロシア、巡航ミサイル100発以上発射 シリアで

2015/11/21 1:12

【モスクワ=古川英治】ロシアのショイグ国防相は20日、カスピ海と地中海に展開する艦隊から巡航ミサイルを発射し、シリアの標的を攻撃したとプーチン大統領に報告した。爆撃機からの攻撃を含めて過去4日間に100発以上の巡航ミサイルを発射したなどとしている。カスピ海と地中海の艦船計10隻を作戦に参加させ、爆撃機は69機に倍増したという。タス通信などが伝えた。

参照元 : 日本経済新聞




ロシア空爆で2300人死亡=シリア

2015年12月30日(水) 23時28分掲載

【ベイルートAFP=時事】在英のシリア人権監視団は30日、ロシア軍による9月30日以降のシリア空爆で、2371人が死亡したと明らかにした。(時事通信)

参照元 : 時事通信

監視団によると、死者のうち過激派組織「イスラム国」(IS)の戦闘員は655人。ISと敵対する国際テロ組織アルカイダ系ヌスラ戦線や、米国などが支援する反体制派の戦闘員も924人が殺害された。一方、民間人792人も空爆で命を落とし、うち180人が子供だった。


『ロシアの戦略爆撃機が巡航ミサイルと誘導爆弾でISIS(ユダヤ国)の拠点を攻撃』

Russian strategic bombers hit ISIS positions with cruise missiles, smart bombs (VIDEO) 19 November 2015

Published time: 19 Nov, 2015 12:55

564dc37ec36188227a8b4575

ussia’s Defense Ministry has released new videos of retribution attacks on Islamic State (IS, formerly ISIS) with strategic bombers launching smart bombs and cruise missiles.

Strategic aviation was scrambled shortly after confirmation that the Russian passenger plane that crashed in Egypt's Sinai Desert on October 31 was downed by a terrorist bomb.



The footage was apparently recorded on the morning of November 19 and collected as technicians prepare the Russian long-range bombers to fulfill their missions.



The Tu-160 ‘Blackjack’ long-range bombers are based in Engels, near the city of Saratov in southern Russia, while the Tu-22M3 ‘Backfires’ and Tu-95 ‘Bears’ are stationed in Mozdok in the North Caucasus.






イスラム国がロシア打倒を宣言!ISのアブ・モハメド・アドナニ報道官「ロシアは敗北する」

IS、ロシア打倒を宣言 イスラム教徒に攻撃呼び掛け

2015年10月14日(水)8時31分配信

2015-10-14_135404

【AFP=時事】イスラム過激派組織「イスラム国(Islamic State、IS)」は13日、シリア領内への空爆を続けるロシアを攻撃し打倒すると誓う音声声明を発表した。

ISのアブ・モハメド・アドナニ(Abu Mohamed al-Adnani)報道官はインターネット上に投稿した音声メッセージで「ロシアは敗北する」と語った。さらに、「あらゆる場所にいるイスラム教徒に対し、ロシア人と米国人に対する聖戦を開始する」よう呼び掛けた。

ISはシリアのバッシャール・アサド(Bashar al-Assad)大統領を退陣に追い込むだけでなく、同国内で国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)系のシリア武装組織「アルヌスラ戦線(Al-Nusra Front)」の優位に立ちたいという狙いもある。

ロシアは同日、自国の空軍が過去24時間にシリア領内の「テロリスト」の標的86か所を攻撃したと発表した。ロシアが先月30日にシリア空爆を開始して以来、1日に攻撃した数としては最多。ロシアは、そのうちの一部がISの標的だとしている。【翻訳編集】 AFPBB News

参照元 : AFP=時事


ロシアのシリア空爆、対象は全ての反体制派 専門家ら指摘

2015年10月02日 14:37

img_e17c4b0d0d585524e5dd778f3d2cf6a0187117

【10月2日 AFP】ロシアがシリアで開始した空爆について、専門家らは、最も大きな被害を受けたのは同国政府とイスラム過激派組織「イスラム国(Islamic State、IS)」の両者に対抗する反体制派勢力であり、バッシャール・アサド(Bashar al-Assad)大統領をあらゆる敵から守るというロシア政府の決意を示しているとの見解を示している。

また、ロシア政府の攻撃目標からは、アサド大統領を救うため、それが過激派であろうとなかろうと、全ての反体制派集団を攻撃する意図が読み取れると、専門家や監視団体は指摘している。

「ロシアがシリアに介入したのは、ダーイシュ(Daesh、ISのアラビア語名の略称)だけでなく、テロリストとみなす全ての集団を攻撃するためであり、これには湾岸君主国とトルコが支持する組織も含まれる」と、シリア専門家のファブリス・バランシュ(Fabrice Balanche)氏は説明する。

ワシントン近東政策研究所(Washington Institute for Near East Policy)に寄稿した分析記事の中で同氏は「ロシアの空爆の第1波は、アサド政権のアラウィ(Alawite)派中核地域を脅かしている反体制派の地域に集中していたとみられる。これは、ロシアが対テロリスト闘争よりもシリア内戦での主導権の獲得に重点を置いていることを示している」と指摘している。アラウィ派とは、アサド一族が属するシーア派(Shiite)の一派。 ロシア軍がここ2日間で実施した空爆の標的は、国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)系の武装組織「アルヌスラ戦線(Al-Nusra Front)」や、強力なイスラム系反体制武装組織「アフラル・シャーム(Ahrar al-Sham)」、そしてより小規模の穏健派勢力が掌握している地域だった。これら穏健派勢力には、米国やアラブ諸国から直接支援を受けているものも含まれる。

空爆は北西部のイドリブ(Idlib)県、沿岸部のラタキア(Latakia)県、中部のホムス(Homs)県とハマ(Hama)県で実施されたが、これら地域はいずれもISの活動地域とはされていない。

■目的は「アサド政権支援」

アナリストらによると、ロシア空軍は、ラッカ(Raqa)県のようなISが最も強い勢力を維持している地域ではなく、アサド政権が最も脅威を受けている地域に攻撃を集中させている。

独立系シンクタンク「国際危機グループ(International Crisis Group、ICG)」のピーター・ハーリング(Peter Harling)氏は「ロシアの目的は政権の防衛だ。この点において、非イスラム過激派の反体制武装勢力は最も差し迫った脅威となる」と述べている。

また、在英の非政府組織(NGO)「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」のラミ・アブドル・ラフマン(Rami Abdel Rahman)代表は、「ロシアは、アラウィ派地域が脅かされたり、攻撃されたりしているホムス、ハマ、ラタキアの各県で政権を支援するために空爆を行っている」と指摘している。(c)AFP/Rana Moussaoui

参照元 : AFP BB NEWS





在シリア・ロシア大使館が砲撃される!ラヴロフ外相「砲撃をテロとみなす」

在シリア・ロシア大使館 迫撃砲を受ける

2015年10月13日 18:22

2015-10-14_100046

在シリア・ロシア大使館が、同大使館の近くでロシアの行動を支持する集会が行われている最中に、迫撃砲による砲撃を受けた。

13日、大使館職員がリア・ノーヴォスチ通信に伝えたところによると、大使館職員に負傷者はいないという。 職員は、「2発の迫撃砲弾がダマスカスのロシア大使館領内に着弾した。大使館職員に負傷者はおらず、物的被害があっただけだ」と語った。

また目撃者がリア・ノーヴォスチ通信に伝えたところによると、シリアにおけるロシアの行動を支持する集会が行われていた場所の近くでも、数発の迫撃砲弾が爆発したという。

AP通信は、砲撃はシリア反政府勢力によるものだと報じた。

参照元 : SPUTNIK


シリアのロシア大使館に砲弾撃ち込まれる

2015年10月13日 21時02分
 
K10010268741_1510140204_1510140327_01_02

シリアにあるロシア大使館の敷地に砲弾が撃ち込まれ、アサド政権を支援してシリアでの空爆を続けるロシアに対して反発する反政府勢力による報復という見方が出ています。

ロシアのインターファクス通信は13日、シリアの首都ダマスカスにあるロシア大使館に向けて砲弾が撃ち込まれ、敷地内に着弾したと伝えました。大使館員にけがはないということですが、詳しい被害の状況は分かっていません。

当時、大使館の周りには、ロシアがアサド政権を支援して先月からシリアでの空爆に乗り出したことに感謝するため、アサド政権の支持者数百人が集まっていたということです。

この空爆について、ロシアは、過激派組織IS=イスラミックステートを壊滅することが目的だとしていますが、反政府勢力は、ISだけでなく、みずからも空爆の対象になっていると反発していることから、今回の砲撃は反政府勢力による報復という見方が出ています。

また、前日の12日には、ISとは別のイスラム過激派組織「ヌスラ戦線」の指導者がインターネット上に音声の声明を出し、すべての反政府勢力に対してアサド政権やロシアと戦うため結集するよう呼びかけるなど、ロシアの軍事作戦をきっかけにシリアの内戦は一層激化しています。

参照元 : NHKニュース


ラヴロフ外相:ロシアは在シリア・ロシア大使館への砲撃をテロとみなす

2015年10月13日 19:20

2015-10-14_095817

ロシアのラヴロフ外相は、在シリア・ロシア大使館が砲撃されたことについて、ロシアはこれを国際的なテロリズムと戦う闘士たちを脅すことを目的としたテロとみなしていると発表した。

ラヴロフ外相は、次のように語った−

「シリアのダマスカスにあるロシア大使館への砲撃だが、この報道は実際にロシア大使によって確認された。大使館領内に2発の迫撃砲弾が着弾した。これは、恐らくテロとの戦いを支持する人々を脅かし、彼らが過激派との戦いで打ち勝つことを許さないことを目的とした明らかなテロ行為だ」。

参照元 : SPUTNIK


ロシアの間宮海峡沿岸に数万匹のイワシが打ち上げられる!地元住民がバケツを持って集結

ロシア イワシ数万匹が岸に打ち上げられた

2015年10月11日 10時18分
 
13909174_980x1200_0

8日、ロシア極東サハリンの間宮海峡沿岸に数万匹ものイワシが岸に打ち上げられた。地元の住民がバケツなど手にイワシを拾った。
 
魚類専門家によると、数多くのイワシが岸に打ち上げられたのは水温の変化が原因だ。海水の温度が毎日に急激に変化し、午後は温かいが、夜になると温度が大幅に下がり、温度の急激な変化にイワシが適応できなくなり、大量のイワシが岸に打ち上げられた。

(翻訳 劉英)

参照元 : 新華ニュース

126110715

126110718

126110724

変形した大きい頭蓋骨と爪のついた細い脚を持つエイリアンのような死骸がロシアで発見される

小さいエイリアンなのか?ロシアで謎めいた形状のクリーチャーが発見される。

2015年09月03日

2015-10-03_064309

大きさは5センチほどだろうか。ロシア、ソスノヴイ・ボールの町にあるコヴァシ川の川岸で、変形した大きい頭蓋骨と爪のついた細い脚のようなものを持つ奇妙な形状の生物の死骸が発見された。

地元住民が先週日曜日に発見したもので、まるで小さいエイリアンのようだ。



大きな頭部と足のようなものが一本でているミイラ化した死骸。
どうやら体の一部は紛失しているようだ。

767bfaa5

発見者はこの死骸を持ち帰り、クラスノヤルスク生物物理学研究所の専門家によって鑑定されることとなった。

b3e3f48e

ぱっと見たところ、変異したニワトリだろうと思われていたが、鑑定を行った生物学者のイェーゴリ・ザドレフはこの生物の正体を明らかにすることはできなかった。地球上に存在するどの生物とも類似点は見いだせなかったというのだ。

a9ec2977

この町はレニングラード原子力発電所の労働者が住むために1958年につくられた町だそうで、一部の人々はその関連性を噂しているが果たしていったい?

a64da16f

今後この死骸はモスクワの大きな研究所に送られ、DNA検査を行うという。

via:mirror・.dailymailyahoo

参照元 : カラパイア 不思議と謎の大冒険


最新記事






楽天トラベル



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ