地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

ヤラセ

【ラスベガス銃乱射事件は偽旗(ヤラセ)事件 】なぜか事件が起きる前からGoogle上に事件の記事が存在!

ラスベガス銃乱射、部屋の写真が流出 銃や弾薬 メモらしきものも

2017/10/4(水) 11:25配信

2017-10-04_235435

【AFP=時事】米ネバダ(Nevada)州ラスベガス(Las Vegas)で起きた銃乱射事件で3日、容疑者が銃撃を行ったホテルの部屋の写真が流出した。写真にはスコープが取り付けられた複数のアサルトライフルや弾薬、薬莢(やっきょう)が散らばった床、テーブルの上に残されたメモとみられるものが写っていた。

ラスベガスのジョゼフ・ロンバード(Joseph Lombardo)保安官によると、カジノホテル「マンダレイ・ベイ(Mandalay Bay)」の32階から銃を乱射したスティーブン・パドック(Stephen Paddock)容疑者がいた部屋には、複数のカメラも設置されており、そのうち1台は廊下から部屋に近付く人がいないか監視するために設置されたものとみられている。

ロンバード保安官は、捜査当局はテレビ局「ボストン25(Boston 25)」と 独紙ビルト(Bild)が公開した部屋の内外の写真を調査していると述べた。

写真の一枚には、パドック容疑者とみられる遺体の傍らに二脚に据え付けられたアサルトライフル2丁と、足元付近のテーブルの上に置かれた手書きとみられるメモが写っていた。

別の写真にはきちんと積み重ねられた大量の挿弾や椅子の上に置かれた複数のライフルが写っていた。

部屋の前の写真には、部屋のドアを貫通した銃弾による複数の穴が写っていた。ドアの前に立つホテルの警備員たちにパドック容疑者が発砲し、警備員1人が脚を撃たれた時にできた穴とみられる。

ロンバード保安官によると、パドック容疑者は1日夜、32階の部屋の窓から合計で約9分間にわたって音楽祭の聴衆約2万2000人に向かって銃を乱射し、これまでに59人が死亡した。

部屋の前に廊下に置かれたルームサービスワゴンにはカメラ1台が取り付けられていた。パドック容疑者は部屋に近づく人間を監視していたとみられている。ロンバード保安官は「(映像を)送信していたのかは分からないが、複数のカメラが設置されていた」と述べた。【翻訳編集】 AFPBB News

参照元 : AFPBB NEWS

2017-10-04_235514


米銃乱射、容疑者と親しい女性がフィリピン出国し米国へ

2017年10月4日 15:33

2017-10-04_235809

米ネバダ州ラスベガスで発生した銃乱射事件の実行犯、スティーブン・パドック容疑者と日常的な付き合いがあったとされるマリルー・ダンリーさんの写真。ラスベガス市警提供(2017年10月2日公開)。

【10月4日 AFP】(更新、写真追加)米ネバダ(Nevada)州ラスベガス(Las Vegas)で起きた銃乱射事件で、実行犯とされるスティーブン・パドック(Stephen Paddock)容疑者(64)と親しく付き合っていたとされるマリルー・ダンリー(Marilou Danley)さん(62)が、滞在していたフィリピン・マニラ(Manila)を出国し、米国へ向かったことが分かった。フィリピンの移民局が4日、明らかにした。

移民局の報道官は報道陣に、ダンリーさんはフィリピン航空(Philippine Airlines)便で米ロサンゼルス(Los Angeles)へ向かったと明かした。また、別の航空業界関係者によると、出発は現地時間の3日夜だったという。

これに先立ち、フィリピン国家捜査局(NBI)は、米連邦捜査局(FBI)からダンリーさん捜索の協力依頼があったと明らかにしていた。

NBIのニック・スアレス(Nick Suarez)報道官は、「FBIはダンリーさん捜索のため国際刑事警察機構(インターポール、Interpol、ICPO)のフィリピン支局と連携している」と述べた。

またスアレス氏によると、先月フィリピンに入国したダンリーさんに対してパドック容疑者から10万ドル(約1100万円)の送金があったとの報道について、NBIが捜査をしているという。

ダンリーさんはオーストラリア出身。豪政府はダンリーさんがラスベガスで働くため、20年前に米国へ移住したことを認めている。(c)AFP

参照元 : AFPBB NEWS


【映像】ラスベガス銃乱射 タクシーが捉えた現場の混乱

2017/10/4(水) 17:15配信

2017-10-05_000142

米ネバダ州ラスベガスで1日夜に発生した銃乱射事件で、容疑者が発砲拠点としたホテルに居合わせたタクシー運転手のボディカメラが、銃撃された音楽祭の会場付近の混乱を捉えていた。

タクシー運転手の女性は事件発生時、容疑者の発砲拠点となったホテル「マンダレイ・ベイ」におり、「警察はどこ?ちょうどホテルの玄関にいる。ここは正常にみえる」と同僚や会社に状況を無線で知らせた。

聴衆が逃げ惑う音楽祭の会場付近で、脚を負傷したと訴える男女のカップルがタクシーに乗り込み、早急に発進すよう指示。男性は「できるだけ早く運転してほしい」と要望した。

カップルはパニック状態で、「みんな死んでしまった。いい加減にして」などと憤慨しており、運転手は2人の話を丁寧に聞くなど落ち着かせようとしているようだ。

映像は約18分。その中にはカップルの女性が親族に電話し、2人の無事を伝える声も確認できる。運転手は2人を宿まで送り届けた。

地元警察はこれまでに58人が死亡、527人が負傷したと発表している。

(アメリカ、ネバダ州ラスベガス、撮影:2017年10月1日 映像:Newsflare/AFLO)

参照元 : XFLO

2017-10-05_000220

2017-10-05_000246

2017-10-05_000322


乱射は9〜11分間 見張りカメラも

2017/10/4(水) 15:41配信

アメリカ・ラスベガスの銃乱射事件で、自殺した容疑者の男が、9分間から11分間にわたり銃を乱射し、部屋の内外に見張り用のカメラを設置していたことがわかった。

現地警察は3日、記者会見し、スティーブン・パドック容疑者(64)の関係先から、これまで47丁の銃を押収し、連射を可能にする「バンプストック」と呼ばれる特殊な装置も12点発見したことを明らかにした。

また事件当時、パドック容疑者がコンサート会場に向けて連射した時間の長さが、9分間から11分間だったほか、パドック容疑者が、見張り用のカメラを廊下に2台、ドアののぞき穴に1台とりつけていたことを明らかにした。

警察はまた、警察官が装着しているボディーカメラの映像を公開し、発生当初の混乱した状況について説明した。

一方、大量の銃の入手経路についても関心が集まっている。

パドック容疑者は、自宅に近い銃販売店でも銃を購入していた。

合法的に購入するのに問題はなかったという。

この銃販売店によると、パドック容疑者が銃を購入した際、犯罪歴の調査などで、問題は一切なく、銃の所持について不安要素となる事柄は、なかったとしている。

再び、より厳しい「銃規制」を求める声が上がる中、トランプ大統領は、ホワイトハウスの記者団に対し、「いつか議論をする時が来るかもしれない。でも今ではない」と述べた。

参照元 : ホウドウキョク









▼事件が起きる前に ↓ 既にGoogle上に事件の記事が存在

2017-10-11_042525

















【関連記事】
●【衝撃映像】米ネバダ州ラスベガスのコンサート会場で銃乱射事件 59人死亡、527人が負傷

【閲覧注意】米ラスベガス銃乱射事件!TVでは放送出来ない映像や画像が流出(R18指定)

イギリス・ロンドンのテロ事件はヤラセ(偽旗テロ事件)、目的はネット規制だった!?

やはりイギリスでの偽旗テロ事件の目的はネット規制 / ロンドン警察「ロンドンでの最近のテロの原因は国内にある」 〜大勢は既に決している状況〜

2017/06/06 9:53 PM

2017-07-04_094937

竹下雅敏氏からの情報です。
やはり思った通り、イギリスでの一連の偽旗テロ事件の目的は、ネット規制のようです。西側の支配層にとって、ネットは深刻な脅威なのです。大手メディアはほぼコントロールできているにしても、彼らにとって特に問題なのは、真相を暴露する代替メディアです。

WikiLeaks、スプートニク、RTにはほとほと手を焼いているのだと思います。なので、こうした偽旗テロを起こしてネットを規制しようとしているのだと思いますが、残念ながら、彼らの敗北は時間の問題だと思います。軍事的にロシア、中国、イランを制圧することは、もはや不可能です。彼らがいかにネットを規制したとしても、10年もしないうちに、各国の言語を自動翻訳する人工知能が現れます。要するに、世界中のネット情報が母国語で誰もが読める時代が、目の前に迫っているのです。これでは、情報の隠しようがありません。彼らの敗北は確定しているのです。

人々の目覚めは加速度的に進行して行き、悪人の精神の破綻も同様です。今年のビルダーバーグ会議は、ヘンリー・キッシンジャー氏が仕切ったようです。彼は大手メディアをフェイク・ニュースだと断言しているトランプ政権を、事実上仕切っている人物なのです。大勢は既に決している、と言える状況だと思います。

2つ目の記事は非常に意味深で、この3カ月間に発生したイギリスでのテロ攻撃が“すべて国内にその原因”があると、警視総監が言っているのです。わかる人にはわかる、ビミョ〜な言い回しです。立場上、偽旗テロとは言えませんからね。

(竹下雅敏)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ロンドンテロ メイ首相、ネット規制が必要と訴える
転載元) Sputnik 17/6/5

4日、英国のメイ首相は、「我々が直面している脅威の性質が、特にインターネット上ではより複雑に、より断片的に、より表に現れなくなっているため、戦略はこれらのプロセスに遅れをとってはならない」と述べた。

スプートニク日本

メイ首相は、テロに関係した犯罪行為を厳罰化する可能性も示唆した。

またメイ首相は、テロや過激主義との戦いにおける「サイバースペースの規制に関する国際合意に達するために、民主的政府とともに作業する」ことが必要だと述べた。

メイ首相によると、現時点で英国には「過激主義に対するあまりにも多くの寛容さ」が存在しているが、テロ対策の策定は「複雑で、時にデリケートな会話を必要とする」。

メイ氏はまた英国社会に対し、結束を維持し、このような脅威を背景に「個別の社会」に分裂しないよう呼びかけた。

この前、英ロンドンで3日夜、複数の襲撃事件があり、うち2件は正式に新たなテロ事件として認定された。

————————————————————————

ロンドン警察、「ロンドンでの最近のテロの原因は国内にある」
転載元) ParsToday 17/6/5

ロンドン警察が、最近ロンドンで発生したテロの原因は国内にあるとしました。

ロイター通信によりますと、ロンドン警視庁のディック警視総監は5日月曜、「この3ヶ月間に発生したテロ攻撃は、全て国内にその原因があり、現在イギリスが直面している脅威の大部分は、国外から誘導されているものではない」と語りました。

3日土曜に発生した、イギリスの最近のテロ攻撃では、ロンドン橋で自動車が歩道に乗り上げて歩行者をはねた後、人々がナイフで刺され、7人が死亡、数十人が負傷しました。

このテロ事件についてはテロ組織ISISが犯行を認めています。

参照元 : shanti phula


事実であれば衝撃的…RTがマンチェスター偽旗テロ事件の事前収録映像を公開

2017/05/26 8:58 PM

2017-07-04_095119

竹下雅敏氏からの情報です。
とんでもない映像をRTが公開しました。どうも、マンチェスターでの偽旗テロ事件を事前に収録した映像のようで、クライシスアクターたちが床に横たわり、犠牲者のふりをしています。この映像が編集され、世界中の主要メディアに送られ、それがテロ事件の映像として公開されたらしいのです。もしこれが事実であれば、この公開映像は衝撃的なものということになります。マンチェスターで起きたとされるテロ事件が、偽旗テロである決定的な証拠になるからです。

4分6秒の所に出てくる2人の女性の写真は、確かに同一人物ですね。ところが、左側の女性はテロ事件の犠牲者として紹介され、右側の女性はテロの目撃者として紹介されたようです。このことからも、この事件が演出されたもので、本当のテロ事件ではないことを示します。

おそらく死者は出ていないのではないかと思われます。今回の偽旗テロ事件がこれまでとは違うのは、このような事前映像がこのタイミングで公開されたことです。陰謀論の世界では偽旗作戦は常識の範囲内ですが、こうした映像が流出する事で、一般人が事の真相を知るようになれば、闇の連中はこうした手段を使えなくなってきます。今回の件でも、政府の関与を疑う人々が増えれば、アメリカのトランプ大統領のように、イルミナティのメンバーではない者が首相の座に就くことが出来るようになるかも知れません。

(竹下雅敏)

----------------------------------------------------------------------------------------------------

引用元) 日本や世界や宇宙の動向 17/5/26

False Flag Filmed, Ready For Release: London

(概要)

5月25日付け



イギリス、マンチェスターで起きた偽旗テロ事件の準備状況をお見せします。

(中略)

(1:07〜)こちらはRT(ロシアTV)が公開した偽旗事件の映像です。ご覧の通り、何かが爆発しました。そしてヘッドホンを装着した大勢のクライシスアクターが床に横たわり犠牲者のふりをしています。

(中略)

(2:00〜)大勢のクライシスアクターが呻きながら床にばたっと倒れています。これがマンチェスターで偽旗テロ事件を起こすための事前映像です。

(中略)

このように事前に撮影された映像は、アメリカが出資するデーモンと呼ばれるプログラムを介して委託会社に送られ、その後、世界中の各主要メディアに送られます。映像が完成すると、その数日後に偽旗事件が決行されることになります。今回はイギリスでした。

(中略)

(4:06〜)こちらの2人の写真をご覧ください。左側はマンチェスターの偽旗テロ事件の犠牲者であり、右側の女性は事件現場(悪魔的なコンサートを行っていた会場)の目撃者として事件の悲惨さを泣きながら伝えています。しかしこの2人は同一人物です。

(以下略) 

参照元 : shanti phula


ロンドンのテロ襲撃事件はまたもや偽旗事件:警官が現場で着替え… / 2日前に同じ場所で予行演習 〜英国民のプライバシーを制限しインターネットを規制する目的か〜

2017/06/05 10:00 PM

2017-07-04_094252

竹下雅敏氏からの情報です。
ロンドン中心部でテロ事件があったということですが、これまた偽旗のようです。冒頭の動画の1分20秒〜2分10秒をご覧ください。事件現場のすぐ近くで、警官が着替えているのです。イギリスの警官は、現場で着替えるのですね。警官の制服が、この場所にあらかじめ置いてあったのでしょうか。それとも、彼らは警官ではなくて、クライシスアクターなのでしょうか。なんとも不可解な映像です。

ヘンリー・メイコウ氏によれば、 2日前に同じ場所で同じシナリオで、予行演習があったようです。こうした偽旗のテロ事件を引き起こす理由は、英国民のプライバシーを制限しインターネットを規制する目的があるようです。英国はネットを警察の監視下におきたいようです。

一連のテロ事件が、日本での共謀罪の成立と監視社会への強化の追い風になっているのは確かです。 国民の自由を剥奪し、最終的には奴隷にしようとしている連中が、難民を作り出し、偽旗テロを起こしているということに、何時になったら人々が気づくのかが問題です。

(竹下雅敏)

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

引用元) 日本や世界や宇宙の動向 17/6/5

London False Flag, Fake Suicide Vests, Police Changing Clothes, No Wounds

(概要)

6月4日付け

(前略)



こちらのビデオをご覧ください。

6月3日にロンドン中心部で起きたテロ襲撃事件の現場の映像です。通行人が携帯で撮影したようです。

現場のすぐ近くで警官らが着替えているのが分かります。なぜ?

(中略)

イスラム教徒がテロをやっているのではないのです。テロ事件の全てがねつ造であり、偽のイスラム教徒が権力者たち(政府、軍、警察、そしてテロ事件のお蔭で繁栄する産業界、金融界も含む)の巨大な利益のために、台本通りに偽旗テロ事件を決行しているのです。

(中略)

偽旗テロ事件を頻発させることでその国を警察国家にし、人々の自由と権利を奪うことができるようになります。

以下省略

————————————————————————

配信元) Twitter


ツイートの翻訳
「奴らは二日前にも完全に全く同じ場所で、全く同じ筋書きの訓練をしていたではないか」


ツイートの翻訳
「私はいわゆる“テロ”なるものを認めない。移民流入には反対するが、“テロ”とやらはどれもこれも、諜報機関によって組織化されている。イスラム教徒に対するヒステリーを生み出すためだ」



参照元 : shanti phula





米テレビ局の生放送中に銃撃、2人が死亡した事件は別視点映像の分析から、でっちあげ事件バレバレ

米 テレビ生放送中に銃撃事件

2015年8月26日 22時26分

2015-08-27_044815

アメリカ南部のバージニア州で、地元テレビ局が屋外で放送を行っている最中に、何者かに記者とカメラマンが銃撃されて死亡する事件があり、警察が犯人の行方を追っています。

事件が起きたのは、現地時間の26日午前7時前(日本時間の26日午後8時前)、南部バージニア州のモネタで、地元のテレビ局が屋外で生放送を行っている最中に、何者かにテレビ局の記者とカメラマンが銃撃されました。2人は死亡したということです。

地元の警察によりますと、銃撃した犯人は男とみられ、現在も逃走中だということで行方を追っています。 現場は首都ワシントンの南西、およそ350キロの場所にあるショッピングモールです。

参照元 : NHKニュース








なぜか銃撃した実行犯がスマホで撮影してます。銃を持って記者に近づいてるのに、気配を感じない、振り向かないのも不自然だし、至近距離から数回、発砲してるのに血が出てないどころか、記者は普通に、走って逃げてます。

あの至近距離なら一発当たった瞬間、倒れます。そして血が飛び散るはずなのに、全く出ていないし、カメラマンの倒れ方も不自然。これは明らかに玉が入ってない、空砲ですね。

おそらく、アメリカ市民の暴徒化を恐れた支配者が銃規制の口実作りに演出したヤラセ事件だろう。

▼こちらが別視点映像。



ハッカーグループが「ジョン・マケイン」同僚のフラッシュドライブから、ISによる茶番ヤラセ人質処刑ビデオを流出させる

ハッカーグループ:「IS」による処刑リハーサル・ビデオをマケイン上院議員の同僚のフラッシュドライブから公表

2015年07月11日 23:12

2015-07-15_091017

ハッカーグループ「キーベルベールクト(サイバーイヌワシ)」は、映画館で撮影されたイスラム過激派戦闘員(「IS(イスラム国)」のメンバーとされる)による人質処刑場面が映っていると思われるビデオを公表した。



「キーベルベールクト」によれば「その価値を評価してもしきれない」と言われるビデオは、ジョン・マケイン上院議員の同僚の1人が、ウクライナに行った時に持って行ったフラッシュドライブから見つかったという事だ。なおこの人物の名前を、ハッカー達は明らかにしていない。

「キーベルベールクト」の代表は、さらに「親愛なるマケイン上院議員! 次回外国へ御旅行なさる際は、特にウクライナへお越しの際は、極秘文書をお持ちにならないようお勧めする」と付け加えている。

むむ、本当? オバマ大統領が「米国はイスラム国のトレーニングを行なっている」

2015年07月09日 21:19

オバマ米大統領は中東のテロ問題をテーマにしたブリーフィングで、米政権は「イラクとレバントのイスラム国(ISIL)」軍のトレーニングを早める」と発言した。



「我々はあまりにゆっくり前進していたが、(これからは)ISIL軍のトレーニングを早める」 ブリーフィングのあと、ホワイトハウスのサイトに掲載されたショートハンドではISILの部分が「イラク」に置き換えられていた。どうやらオバマ大統領は米国はテロリストらではなく、イラク軍のトレーニングを早めるといいたかったらしい。

参照元 : Sputnik

武装過激派テロ集団「IS」は、現在、世界の安全保障上の主要な脅威の一つとみなされている。戦闘員らは、日本人を含め、多くの罪もない人々を処刑している。

参照元 : Sputnik

B89GTjGIUAIDv8n




【関連記事】
【ISIS日本人拘束事件】安倍政権は湯川さん、後藤さんの殺害を望んでいた!?

ISIS元メンバー「ジハードのジョンが後藤さんを殺害するのを見た。撮影のためと騙し安心させ、犯行に及んでいた」

ISISがツイッターを脅迫!アカウント削除を逆恨み、従業員らの殺害を予告

ISISの崩壊始まる?石油価格の下落で資金不足?給与未払いなどが原因で離脱しようとした戦闘員は投獄もしくは処刑

【閲覧注意】ISISがスン​​ニ派部族民4人を公開処刑 背後から頭を撃って殺害

湯川遥菜さんが斬首される瞬間の画像が出てきた

ISISが殺害された一般市民から臓器を摘出し、それを売って資金を得ている可能性

【閲覧注意】ISISがエジプト人のキリスト教徒21人を斬首する動画を公開(R18指定)

ISISが公開したヨルダン軍パイロット焼殺動画はCGと人形だった?

イスラム国(ISIS)の原油の密売、アサド政権が大口の売却先になっていた!?

ISIS戦闘員の月給は約72万円、雇い主は米CIAとイスラエル(モサド)、金融ユダヤ資本CFR

【閲覧注意】戦死した兵士をゴミのようにポイポイ捨てるISIS戦闘員

【閲覧注意】イスラム国がヨルダン軍パイロットを焼き殺す動画を公開

【閲覧注意】複数のISIS戦闘員に押さえつけられ、フルスイングで首を斬られる男性(R18指定)

【閲覧注意】湯川さんに続き、後藤健二さんも殺害か!斬首された画像と殺害動画がネットに投稿される(R18指定)

【速報】湯川遥菜さんの首が切断された写真を持つ後藤健二さんの映像がネット動画サイトに投稿される

イスラム国関係者とみられる人物が「日本人2名を処刑した。動画は制作部門に送られた」とツイート

イスラム国・邦人拘束映像、2台のカメラを使って、外ではなくスタジオですべて撮影したのでは?

米国は国際テロ組織のスポンサーだった

【茶番劇】湯川氏とジャーナリスト後藤氏が「イスラム国」の人質になり、72時間以内に2億ドル支払わなければ殺害すると脅迫

【衝撃映像】イスラム教を風刺するイラストで物議!テロリストがパリの新聞社を襲撃、12人死亡

イスラム国を支援してるのは米CIA 「アラブ人=テロリストという印象操作」 米国の善悪二元論はウソっぱち

イスラム国(ISIS)がイギリス人を殺害する映像を公開 これも捏造の可能性?

イスラム国が米軍の武器使用 ISISのリーダーは偽ユダヤ人「米国とマッチポンプ」

【シリア邦人誘拐】テロ組織の資金源となる巨額の身代金ビジネス

シリアで拘束された邦人は今回で三度目の拘束だった!元の名前は「湯川正行」で湯川遥菜に改名

【閲覧注意】アレッポでイスラムフロント戦闘員2名が過激派組織「イスラム国」に斬首される(R18指定)

【閲覧注意】過激派組織「イスラム国(ISIS)」が米国人ジャーナリストを殺害する映像公開(R18指定)

【閲覧注意】イラク過激派組織「ISIS」が敵対する相手を車ですれ違いざまに射殺しまくる映像(R18指定)

【閲覧注意】イラクのテロリストがバイクを盗む方法がヤバすぎる

【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した男2人を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

最新記事






楽天トラベル




人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ