サウジ、メナーの死者の数が4000人超であることを認める

2015/09/29(火曜) 22:11
 
dbda12443c79c27298cd589608101c62_L

サウジアラビアのメッカ巡礼儀式の中で、巡礼者が将棋倒しになって亡くなった事件から6日が経過し、サウジアラビアは死者の数が4000人を越えたことを認めました。

プレスTVによりますと、サウジアラビアの公式筋は、数時間前まで、亡くなった巡礼者の数を700人と発表していましたが、29日火曜、少なくとも4173人の巡礼者が、この惨事で亡くなったことを認めました。

なお、これまでに確認されているイラン人の犠牲者の数は、239人となっています。29日にも、犠牲者の遺体を収容した数個のコンテナが、これまでの21個のコンテナに加えられました。

それぞれのコンテナには150人から200人の遺体が収容されていると言われています。サウジアラビア政府は、今年のメッカ巡礼儀式で管理不足を露呈し、巡礼者の安全を確保できなかったため、世界の国々から批判を浴びています。

参照元 : iran japanese radio