地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

ミステリーサークル

アマゾンで古代のミステリーサークルのような物が発見される!その数なんと450

アマゾンで450もの「古代ミステリーサークル」が発見される! 2千年以上前の叡智か?

2017.02.09

昨年NHKスペシャルでも取り上げられ話題になった、南米アマゾンのジャングル奥深くに暮らす、非接触部族“マシコ・ピロ族”。

2017-02-13_233811

■頻繁に出没するようになった”非接触部族”

これまで文明と接触することを拒み続けた彼らは、なぜか2010年ごろから近隣の村々に姿を現し、周辺の部族や住民と接触するようになったという。彼らは時に、攻撃的な態度で村に現れた。周辺部族には、襲撃を受け命を落とした者もいる。しかし、先住民との協働を目指す非営利団体やペルー政府は、彼らとコミュニケーションを取りつつ、双方が安全に暮らせるよう適切な距離感を模索している。

ブラジル、ゲルディ博物館の人類学者グレン・シェパード氏は、「彼らは、身を隠し接触を拒絶することに多大なる努力をしてきた部族です。でも今は、そこから抜け出そうとしている」と語っている。しかしなぜ彼らは、これまで守り続けた方針を変え、進んで“外”の世界と接触するようになったのだろうか。

今のところ、彼らの口からその理由が語られることはないが、いくつかの可能性が推測できる。食糧難や病気、部族間の争いといったマシコ・ピロ族内部に問題が持ち上がっている可能性。或いは、伐採者や違法採掘者らが彼らの領域に侵入し、彼らが生存の危機を感じているという外部的な要因も考えられる。そして、彼らの生活基盤である熱帯雨林が減少しているという事実も見逃せないだろう。

■森林破壊がもたらした思わぬ発見

世界中で毎年1500万haあまりの熱帯雨林が減少しているというが、南米アマゾンの森林破壊はとりわけ深刻だ。2016年末、ブラジル政府が発表したところによると、2016年の1年間で同国内の森林面積は前年より29%も減少したという。驚異的な速度で、アマゾンのジャングルは縮小の一途を辿っている。マシコ・ピロ族が、拒み続けた“外”の世界に出て行かざるを得なくなった背景には、我々”外”の世界が作り出した環境問題が横たわっていると考えられるのだ。他にも様々な影響を引き起こすことが懸念される、アマゾンにおける深刻な森林破壊であるが、思わぬ発見ももたらしたようだ。

何千年もの間、地面を覆っていた森林が消え去ると、はるか昔この地で暮らしていた狩猟採集民がつけたと見られる不思議な跡が、地上絵のように浮かび上がってきたというのだ。さらに、この遺跡を調査した結果、彼らは我々がイメージする狩猟採集民とはまるで違う生活を営んでいた可能性が浮上してきたという。2月6日付の科学系ウェブサイト「PHYS ORG」が伝えている。

■姿を現した450もの謎の“溝”……

2017-02-13_233917

ブラジル北西部に位置するアクレ州西部では、近年熱帯雨林が減少し、至る所で地面が露出してしまった。すると、周囲を取り囲むように、地面に掘られた“溝”の存在が明らかになったのだ。円形や丸みを帯びた四角形など形は様々だが、同地ではこうした“溝”の跡が、これまで450以上も確認されている。“溝”に囲まれた土地の総面積は、おおよそ13,000平方kmにも及ぶという。その規模の大きさから、この“溝”を作ったと考えられる今から2000年以上前にこの地で暮らしていた人々にとって、重要な意味を持っていたことが推測できる。

ミステリーサークルのような、この謎めいた“溝”の調査を実施したのは、英エクセター大学で博士号を取得した、サンパウロ大学の考古学・人類学博物館の研究者ジェニファー・ワトリング博士を中心とする研究チーム。彼らがこの“囲われた土地”を発掘したところ、不思議なことに遺物はほとんど出てこなかった。そのため、生活を営む村や集落であった可能性は考えにくいという。

場所によっては、厳重にも二重に土地を囲っている“溝”であるが、防衛目的で掘られた訳ではなさそうなのだ。生活感がまるでないこの場所には、宗教的な施設があったのではないか、と研究チームは考えている。宗教施設が450以上も集中するこの地は、儀礼などを行う古代の聖地だった可能性が高そうだが、今回の発見はさらに重要な事実を示唆しているという……。

2017-02-13_234012

■彼らは開拓していた……!?

これまで、鬱蒼と生い茂るアマゾンの熱帯雨林は、(開発が進む近代に至るまで)手付かずの原生林だと考えられていた。しかし先住民たちは、ジャングルの恩恵をただ享受するだけでなく、積極的に自然を変容させていた可能性が浮上してきた。それというのも、“溝”が掘られた時代、この地が熱帯雨林に覆われていたなら、今回発見された無数の“溝”は、森林を切り開いた後に掘られた可能性が考えられるのだ。

研究チームはこれを裏付けるため、“溝”に囲まれた2つの土地を対象に、過去6000年の植生、そして火がいかに使用されていたかを明らかにしようと考えた。土壌サンプルを取り出し、シリカ(ケイ素)が含まれる微小植物化石を分析。その結果、先住民たちは何千年にもわたり、火を使って竹林を大々的に変容させていたことが判明。やはり“溝”は、一時的に開拓された土地に掘られていたのだ!

さらに先住民たちは、自分たちにとって経済的価値の高いヤシなどの木を集中的に植えることによっても、周囲の森林環境を変え、豊かな暮らしを送っていたという。2000年以上前、熱帯雨林に覆われたこの地域は、さながら「先史時代のスーパーマーケット」の様相を呈していたというのだ。それはもはや、“採集”ではなく長期的な計画に基く“栽培”であり、農業なのではないか?

縄文時代前〜中期の大規模集落跡、三内丸山遺跡では、野生種とのDNA比較によりクリが人為的に栽培されていた可能性が指摘されている。本格的な農耕が伝わるはるか以前に森林で生きていた人々は、その恩恵を最大限に引き出すために創意工夫をこらし、自然に手を加える知恵を持っていたのかもしれない。それは近年、より深刻化している森林破壊とはまるで違う手の加え方であると、ワトリング博士は強調する。

破壊するのではなく、「より持続性のある、効率的な土地利用を目指す古代の素朴な知恵」に我々が学ぶところは多そうだ。しかし、その知恵が明らかになったのが、歯止めが効かない森林破壊の結果というのはなんと皮肉なことか。

(坂井学)

参考:「PHYS ORG」、「EXPRESS」、「NATIONAL GEOGRAPHIC 日本版」、ほか

参照元 : TOCANA


STONEHENGE SHOCK: Hundreds of strange monuments found in the AMAZON RAINFOREST

HUNDREDS of ancient ‘earthworks’ similar to that found at England’s Stonehenge have been discovered in the Amazon, proving for the first time that some of the first settlers in Brazil cleared large swaths of the rainforest.

By SEAN MARTIN
PUBLISHED: 12:39, Tue, Feb 7, 2017 | UPDATED: 15:52, Tue, Feb 7, 2017

Many believed large scale deforestation was a relatively new concept, exacerbated by the industrial revolution at the end of the 1800s and beginning of the 1900s.

But the discovery of earthworks that are roughly 2,000 years old in the Amazon proves that deforestation has been around since the year zero.

While the regrowth of trees had blocked the trees for centuries, recent deforestation has allowed some 450 earthworks, known as geoglyphs, to reemerge, discovered by scientists from the UK and Brazil flying drones over the areas.

The scientists behind the discovery are unsure what purpose the geoglyphs, which are spread out over a 13,000 kilometre squared region serve, but feel that they were probably used for rituals or religion.

2017-02-13_235333

Jennifer Watling, a post-doctoral researcher at the Museum of Archaeology and Ethnography, University of Sao Paulo, although she carried out during her time at the University of Exeter, said: "The fact that these sites lay hidden for centuries beneath mature rainforest really challenges the idea that Amazonian forests are 'pristine ecosystems`.

"We immediately wanted to know whether the region was already forested when the geoglyphs were built, and to what extent people impacted the landscape to build these earthworks."

2017-02-14_001418

However, she warned: “Our evidence that Amazonian forests have been managed by indigenous peoples long before European Contact should not be cited as justification for the destructive, unsustainable land-use practiced today.

“It should instead serve to highlight the ingenuity of past subsistence regimes that did not lead to forest degradation, and the importance of indigenous knowledge for finding more sustainable land-use alternatives.”

参照元 : express

オーストラリアの砂漠の大地に新型ミステリーサークルが大量出現か!?

オーストラリアの砂漠で“妖精の輪”が大量出現! 新型ミステリーサークルか?

2016.03.24

オーストラリアの観光名所“エアーズロック”を擁する広大な内陸の砂漠地帯が「アウトバック」だ。この砂漠の大地に最近、“妖精の輪”が大量出現していたというのだが……。

■ナミビアの乾燥地帯に大量出現する“妖精の輪”

“妖精の輪”とはもちろん俗称で、植物やキノコ類が円を描いて生い茂る現象だ。ドーナツの輪のようにリング型になる場合もあれば、まるでゴルフ場のバンカーのようにぽっかりと円形の地表が現れるケースもある。

アフリカ南西部のナミビア共和国の草原は、この妖精の輪が無数にあることで知られている。欧米ではその名の通り“妖精”の仕業にされているが、現地ナミビアでは古来からこの現象について「神様の足跡」であるとする説や、「地中に住むドラゴンが火を吹いた時の燃え跡」説、さらにはUFOが着陸した跡だという伝説まで、まさにおとぎ話のような言い伝えがいくつか残されている。ナミビアの妖精の輪は直径3、4mのものが多く、大きいものでは直径15mに及ぶものもあるという。

最近までどうやってこの現象が起こっているのか、科学的には解明されていなかったのだが、2013年にドイツ・ハンブルク大学の研究で有力な仮説が導き出され、“犯人”は地中のシロアリであることが濃厚になった。妖精の輪が形成される初期段階には常にシロアリの存在が確認され、巣を中心にして地中の草の根を食べ尽くしてしまうことで円形に枯れたエリアが形作られるということである。

2016-06-04_132633

砂漠のシロアリといえば、あの異様な「シロアリ塚(蟻塚)」が有名だが、ナミビアの砂漠では“妖精”の役もこなしていたとは驚きだ。そして草原のミステリーは一件落着ということになったのだが……。

■有力になった“サバイバル説”とは?

妖精の輪の“大量出現”はナミビアにしかない独特の現象だと考えられてきたのだが、なんとオーストラリアの内陸部の砂漠地帯「アウトバック」でも確認されたのである。数百キロ平方メートルにも及ぶ一帯に、多数の妖精の輪が形成されていることが発見され、研究者を驚かせている。もちろん、ナミビア以外でこのような妖精の輪の“大量出現”が確認されたのは初めてのことだ。ではやはりこのオーストラリアでもシロアリが“犯人”なのだろうか。

2016-06-04_132720

ドイツのヘルムホルツ環境研究センター(UFZ)のチームがさっそくオーストラリア・ニューマンから南西15kmのアウトバックへ赴き調査をしている。調査チームは確かにここでも土壌中のシロアリの存在を確認したのだが、ナミビアの草原とは明らかに地質が違い、近くには鉄鉱石鉱山もあることから、全体的に硬い地質であることが明らかになった。“シロアリ説”の有効性が揺らぐものにはならないのだが、調査チームは新たな仮説をさらに詳細に検討することになった。その仮説とは草の“サバイバル説”だ。

砂漠に近い過酷な環境で育つこのイネ科の草(Triodia属)のサバイバル能力はきわめて高く、この妖精の輪は時折降る雨や地中の養分を最大限効率的に摂取するための“布陣”であるというのである。いわばこの円形のバンカーは植物たちが生き残りをかけて自ら作り上げた貯水池=ダムなのだ。

オーストラリアとナミビアの地質は大きく異なるのだが、どちらのケースでもこの“サバイバル説”は適用できるという。アウトバックのようなほとんど水を通さない硬い地質では、地表を流れる水を効率的に“囲い込む”ために、一方で水が染み込みやすいナミビアの地質では、地下水脈へと向かう雨水を最初に“吸い上げる”ために、この円形の布陣を敷いて雨を待っているのだという。個々の草たちの間の競争も熾烈で、もちろん円形の布陣の最前列を占めることができた個体が最も繁殖に有利になる。後方に追いやられた個体は、写真をみてもわかるように残念ながら枯れ果てていく確率も高いようだ。

いずれにしてもこの“サバイバル説”も“シロアリ説”もさらなる調査・研究が必要だが、もしこの2カ所以外の場所にも妖精の輪の多発地域が発見されれば、大きく研究が前進するということだ。トカナ的には“UFO着陸跡説”も大いに気になるところだが、近所の空き地や雑木林などひょっとすると身近な場所で妖精の輪を発見できるかもしれない!?

(文=仲田しんじ)



参考:「New Scientist」、「Unexplained Mysteries」、ほか

参照元 : TOCANA


Mysterious 'fairy circles' found in Australia

Posted on Tuesday, 15 March, 2016 | Comment icon 14 comments

2016-06-04_133706

What creates these mysterious circles ? Image Credit: CC BY-SA 3.5 Stephan Getzin Strange circular, grass-ringed patches have been discovered over hundreds of square kilometers. The phenomenon, which was previously thought to be exclusive to the deserts of Namibia, has for the first time been spotted thousands of miles away in a remote part of the Australian outback.

A conclusive explanation for these anomalous circles has proven elusive for decades, however this latest discovery could prove invaluable in helping scientists get to the bottom of the mystery.

The circles themselves have been part of myths and folklore for years with the local people of Namibia attributing them to everything from dragon burn marks to the footprints of the gods.

The most popular conventional explanation at the moment is that the circles are formed by ants or termites feeding on the roots and pushing the grass back from their nests in a circular pattern.

In Australia however there was little evidence of insect nests in or around the circles.

Another possible explanation is that the plants are 'organizing' themselves in an effort to maximize their access to water and nutrients in these hot and dry environments.

Ecologist Stephan Getzin believes that this is most likely to be the case given the evidence.

"You should never claim to put an end to the mystery," he said. "We致e just made one significant step forward in solving the problem."

The hunt is now on for fairy circles in other countries to help confirm this theory once and for all.

-

参照元 : unexplained-mysteries


Mysterious fairy circles now discovered in Australia’s desert

DAILY NEWS 14 March 2016

brad-howe_heliwest-group_aerial_1-1200x800

By Jane Palmer

Deep in the Australian outback, circular, grass-ringed patches of earth stretch for several hundred square kilometres across the red, ancient soil. This is the first time these “fairy circles” have been spotted outside the Namibian desert, where their formation has evaded explanation for decades. The new discovery could help resolve the long-standing mystery of how they form.

“It shows that the fairy circles of Namibia do not exist on their own,” says Stephan Getzin, an ecologist at the Helmholtz Center for Environmental Research in Leipzig, Germany.

Getzin and his team visited the site 15 kilometres south-east of Newman, Australia, to measure the circles and analyse the conditions on the ground after an environmentalist working for an iron ore mine nearby sent them an aerial shot of the formations.

“From the bird’s-eye perspective the pattern becomes clear, and you see the regular features indicative of the fairy circles,” Getzin says.

The team’s investigations found clues to the circles’ origins, a mystery that has defied explanation for decades (see video above).

In Namibia, local legends have explained the circles as the footsteps of the gods, burn marks from the breath of underground dragons, or even landing spots for UFOs.

The most popular scientific theory is that ants or termites nibble on the roots of grasses, so the plants die back in a circle from the site of an insect nest.

More recently, however, another theory has emerged that says the circles arise when the plants compete for water and nutrients and “organise” themselves to maximise access to scarce resources. The latest theory suggests such circles should be discovered in other arid regions of the world, too.

The Australian rings back up this self-organisation hypothesis. Getzin’s team found few ant or termite nests within, or near, the circles and no correlation between rings and locations of the nests that did exist.

But they did find that the hard soil crust within the circles was almost impermeable to rainfall – all the water pouring into this area flowed towards the periphery, where the thirsty plants await. “That gave us clear hints that the gaps serve as a source of water for the vegetation,” Getzin says.

More water around the circle edges means more biomass and roots, which leads to the soil becoming looser. The less dense soil allows more water to penetrate and feed the vegetation, creating a feedback loop supporting the plants at the edge of the circle.

The exact mechanism for how the circles arise is different in Namibia. There, the circles actually soak up more water and act as underground reservoirs for plants growing around the edges (see graphic, below).

fairy-800x747

The dominant grasses of the Triodia genus found in direct vicinity to the fairy circles in Australia also form other typical drought patterns such as stripes, labyrinths or spot patterns with individual plants surrounded by bare earth.

This provides strong evidence that the fairy circles also arise due to competition for water, Getzin says, though he doesn’t claim to have solved the origin of the circles.

“You should never claim to put an end to the mystery,” he says. “We’ve just made one significant step forward in solving the problem.”

“It’s pretty good evidence for the self-organising theory,” says Michael Cramer, a biologist at the University of Cape Town in South Africa. “There is still a long way to go to make it conclusive, but I think the evidence is mounting.”

Journal reference: PNAS, DOI: 10.1073/pnas.1522130113

Read more: What is making mysterious fairy circles appear in the desert?

参照元 : newscientist

ドイツの麦畑に突如現れたミステリーサークル

深まる謎…独の麦畑に現れた「ミステリー」

2014年07月31日14時24分
 
71f1a_1110_20140731_0044

ドイツの麦畑の中に30日、あるものが突如現れ、多くの見物客でにぎわっている。

ドイツ南部・バイエルン州の麦畑に突如現れた「ミステリーサークル」。ロイター通信などによると、直径は75メートルで、先週、上空で熱気球に乗っていた人が発見し、インターネット上で瞬く間にうわさが広まったという。麦畑には多くの見物客が詰め掛け、中には座り込んで瞑想(めいそう)する人もいた。

見物人「ひと晩でこれを作るのは不可能だ。こんな精巧な模様をどうやって作るのか」

麦畑の持ち主は「自分が作ったものではない。学生が作ったのではないか」と話しているということで、謎は深まるばかりだ。

参照元 : 日テレNEWS24


写真は、イギリスで発見されたミステリー・サークルのうち、最も複雑な物の1つ

1991年、イギリスの老人2人組がミステリー・サークルの最初の製作者として名乗りを上げ、簡単な道具と人力によって立派なミステリー・サークルが比較的短時間で作れることを実演してみせた。この実証により、現在ではミステリー・サークルは人間によるイタズラと見なされるようになった。

Crop_circles_Swirl


最新記事
Amazon




楽天トラベル


人気ブログランキングへ

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ